いこう かん ちゅう が っ こう。 環椎後頭関節(かんついこうとうかんせつ)

【後漢・三国時代の官職22】北軍中候(ほくぐんちゅうこう)

いこう かん ちゅう が っ こう

『四字熟語の百科事典』は、 小学校で習う簡単な四字熟語から 漢字検定1級に出題されるような非常に難易度が高い四字熟語までを、小学生や中学生でも簡単に分かるように解説しているサイトです。 四字熟語は私たちの毎日の生活にしっかりと根づいています。 それは、四字熟語を使うことにより、 表現がバシッと的確に決まるからです。 四字熟語は生き生きした表現を作る、だからこそ、 中学の入学試験、そして高校、大学の入学試験にまで出題されるのです。 四字熟語のもとになっている漢字は、一字一字が固有の概念を備えた「語」であり、一字が一音節で発音されるという特徴をもっています。 この漢語の特質を生かして、口ずさみやすい四字句、四音節の、しかも含蓄に富む意味内容を表現する漢語が 四字熟語です。 当サイトの逆引き検索はこちらをお使いください。 四字熟語一覧を50音別に検索 「あ」で始まる四字熟語• 「い」で始まる四字熟語• 【スポンサーリンク】 「う」で始まる四字熟語• 「え」で始まる四字熟語• 「お」で始まる四字熟語• 【スポンサーリンク】 「か」で始まる四字熟語• 「き」で始まる四字熟語• 【スポンサーリンク】 「く」で始まる四字熟語• 「け」で始まる四字熟語• 「こ」で始まる四字熟語• 【スポンサーリンク】 「さ」で始まる四字熟語• 「し」で始まる四字熟語• 【スポンサーリンク】 「す」で始まる四字熟語• 「せ」で始まる四字熟語• 「そ」で始まる四字熟語• 「た」で始まる四字熟語• 「ち」で始まる四字熟語• 「つ」で始まる四字熟語• 「て」で始まる四字熟語• 「と」で始まる四字熟語• 【スポンサーリンク】 「な」で始まる四字熟語• 「に」で始まる四字熟語• 「ぬ」で始まる四字熟語• 「ね」で始まる四字熟語• 「の」で始まる四字熟語• 「は」で始まる四字熟語• 「ひ」で始まる四字熟語• 「ふ」で始まる四字熟語• 「へ」で始まる四字熟語• 「ほ」で始まる四字熟語• 「ま」で始まる四字熟語•

次の

婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)公式ページ|漢方・中医学のイスクラ産業株式会社

いこう かん ちゅう が っ こう

おもしろそうだね、読み終わったら貸してくれるかな? 高位高官(こういこうかん)の例文• 昔の中国では、様々な王朝が栄えては滅んでいったが、ひとつだけ共通して言えることがある。 それは、どの王朝も末期になると、 高位高官が政治を牛耳り、好き勝手し放題になることだ。 今でこそ民間企業への就職希望者が多くなっているが、就職難だった時代は、公務員志望者の方が多かった。 公務員になって、あわよくば 高位高官に出世できれば安泰というものだったからだ。 江戸時代では、意外と知られていないが、 高位高官が政治の中枢で実権を握っていた。 高位高官と言えば、ヨーロッパよりも中国のイメージだ。 古代中国でも官吏の制度が整っていたため、役人の身分が保証されていたということもあるが、現代の中国でも、役人が強いイメージがある。 役人になった以上、 高位高官を目指したい。 そのためには、まずは仕事で手柄を立てて、上司に気に入られることが必要だ。 まとめ 「位」は位階を、「官」は官職を指し、そのどちらも高いことから、高位高官(こういこうかん)は、身分と階級のどちらも高い役人のことを意味する言葉となりました。 今の日本では高位高官(こういこうかん)と言われてもピンとこないところですが、それでも中央省庁の上位の役職はエリートで固められていて、まさに高位高官(こういこうかん)と言えるでしょう。

次の

【こう】と読む漢字一覧表

いこう かん ちゅう が っ こう

(かいいすいしょく)• (かいいぬにてをかまれる)• (かいえきちっきょ)• (かいおうこうおう)• (かいがいきだん)• (かいかじしん)• (かいがらでうみをはかる)• (がいかんじてい)• (がいかんないめい)• (かいかんゆうえき)• (かいきょうかいそう)• (かいけいのはじ)• (かいげんえきてつ)• (かいげんくよう)• (かいげんせつりゅう)• (かいこういちばん)• (かいこうきでん)• (がいこうじれい)• (かいこうそうぐう)• (かいこうへんしょう)• (がいこつをこう)• (かいごのはな)• (かいざんそし)• (かいざんとうかい)• (かいししんろう)• (かいじゃきせい)• (がいしゅういっしょく)• (がいじゅうないごう)• (かいしんけんせい)• (かいしんてんい)• (かいせいさんめい)• (がいせいのき)• (かいそうめいぎ)• (がいだせいじゅ)• (がいだたまをなす)• (がいだんこうせつ)• (かいたんふけい)• (かいていろうげつ)• (かいてんかんち)• (かいとうかんめん)• (かいとうらんま)• (かいとうらんまをたつ)• (かいばかべん)• (かいはさんねんろはみつき)• (かいぶつせいむ)• (かいほうやこう)• (かいもんゆうとう)• (かいよりはじめよ)• (かいりょくらんしん)• (かいりょくらんしんをかたらず)• (かいろうどうけつ)• (かうんきほう)• (かえぎなしのはれぎなし)• (かえりがけのだちん)• (かえりみてたをいう)• (かえるのこはかえる)• (かえるのつらにみず)• (かおがうれる)• (かおがきく)• (かおがひろい)• (かおからひがでる)• (かおにどろをぬる)• (かおをかす)• (かおをつぶす)• (かかいはさいりゅうをえらばず)• (かがくじょうたつ)• (かかたいしょう)• (かかつのしん)• (かきのかわはこじきにむかせうりのかわはだいみょうにむかせよ)• (がきのめにみずみえず)• (がきもにんず)• (かぎゅうかくじょう)• (かぎゅうかくじょうのあらそい)• (かきゅうじんそく)• (かぎゅうのけい)• (かきょあっかん)• (かくがんかんか)• (かくこていしん)• (かくじいせい)• (がくしゃのとったてんかなし)• (がくしゃびんぼう)• (かくじゅせんざい)• (かくすよりあらわる)• (かくぜんたいこう)• (かくはつどうがん)• (かくぶつちち)• (かくほんぜんてい)• (かくめいのし)• (がくもんにおうどうなし)• (がくやからひをだす)• (かくりつきちょ)• (かくれたるよりあらわるるはなし)• (がくをこのむはちにちかし)• (がけいしゅうじゅく)• (かけいやち)• (かけうまにむち)• (かけつけさんばい)• (かげにいてえだをおる)• (かげのかたちにしたがうがごとし)• (かげをおそれあとをにくむ)• (かげんこうご)• (かこうぎい)• (かこうさいし)• (がこうとうぎゅうのおをあやまりてぼくどうにわらわる)• (かごかきかごにのらず)• (かごでみずをくむ)• (かごにのるひとかつぐひとそのまたわらじをつくるひと)• (がこるいく)• (かさとちょうちんはもどらぬつもりでかせ)• (かじあとのくぎひろい)• (かじあとのひのようじん)• (かじきとう)• (かししょうてん)• (かしのたま)• (かしょうこうせい)• (かじょうちゅうゆ)• (かしょのくに)• (かしょのくににあそぶ)• (かしょのくにのゆめ)• (かしょのゆめ)• (かしょばんきん)• (かしょばんきんにあたる)• (がしんしょうたん)• (がじんしんち)• (かじんはいながらにしてめいしょをしる)• (かじんはくめい)• (かしんほうぞう)• (かせいはとらよりもたけし)• (かせいもうこ)• (かせいをまつ)• (かぜがふけばおけやがもうかる)• (かせぐにおいつくびんぼうなし)• (かぜにそよぐあし)• (かぜはふけどもやまはどうぜず)• (かぜはまんびょうのもと)• (かそうさいり)• (かそうさけん)• (がぞくきょうしょう)• (かたいきはおれる)• (かたきをさきにしうるをあとにす)• (かたくちきいてくじをわくるな)• (がだてんそく)• (かたなおれやつきる)• (かたぼうをかつぐ)• (かたるにおちる)• (かちゅうぎひょう)• (かちゅうしゅりつ)• (かちゅうのくりをひろう)• (かちょうふうえい)• (かちょうふうげつ)• (かっかそうよう)• (かっきゅうしょうほう)• (かっけいぎゅうとう)• (かっこふばつ)• (かっこまんぷく)• (かっさつじざい)• (かつしていをうがつ)• (かつしてもとうせんのみずをのまず)• (がっしょうれんこう)• (かってかぶとのおをしめよ)• (かっぱくせいどん)• (かっぱにすいれん)• (かっぱのかわながれ)• (かつもくしてみる)• (かつもくそうたい)• (かつもまけるもときのうん)• (かつをきてたまをいだく)• (かてばかんぐんまければぞくぐん)• (がでんいんすい)• (かでんにくつをいれず)• (かでんにくつをいれずりかにかんむりをたださず)• (かでんりか)• (かとしへき)• (かどまつはめいどのたびのいちりづか)• (かとらくしょ)• (かなえのけいちょうをとう)• (かなえのわくがごとし)• (かなしいときはみひとつ)• (かなづちのかわながれ)• (かなわぬときのかみだのみ)• (かにのよこばい)• (かにはこうらににせてあなをほる)• (かねうけするともひとうけするな)• (かねがうなる)• (かねがかたきのよのなか)• (かねがこをうむ)• (かねがものをいう)• (かねにあかす)• (かねにいとめをつけぬ)• (かねのきれめがえんのきれめ)• (かねのひかりはあみだほど)• (かねのわらじでたずねる)• (かねはてんかのまわりもの)• (かねはわきもの)• (かねもちかねつかわず)• (かねもちけんかせず)• (かねもちとはいふきはたまるほどきたない)• (かねやたいこでさがす)• (かねをかせばともをうしなう)• (かねをくう)• (かねをねかす)• (かひつせいしょう)• (かひんこうし)• (かふくはあざなえるなわのごとし)• (かふくむもん)• (かぶとをぬぐ)• (がふらいめい)• (かぶをまもりてうさぎをまつ)• (かぶんしょうけん)• (がべいじゅうき)• (がべいにきす)• (かべにみみありしょうじにめあり)• (かほうはねてまて)• (かまをかける)• (かみあういぬはよびがたし)• (かみなりがおちる)• (かみはしょうじきのこうべにやどる)• (かみはみとおし)• (かむうまはしまいまでかむ)• (かめのこうよりとしのこう)• (かめのとしをつるがうらやむ)• (かもがねぎをしょってくる)• (かものみずかき)• (かもんをはじず)• (かゆいところにてがとどく)• (からすにはんぽのこうあり)• (からすのぎょうすい)• (からすをさぎ)• (かりてきたねこ)• (かりのつかい)• (かりはじん)• (がりょうてんせい)• (がりょうてんせいをかく)• (かりるときのじぞうがおなすときのえんまがお)• (かれきにはながさく)• (かれきもやまのにぎわい)• (かれもひとなりわれもひとなり)• (かれをしりおのれをしればひゃくせんあやうからず)• (かれんせんち)• (かれんちゅうきゅう)• (かろとうせん)• (かわいいこにはたびをさせよ)• (かわいさあまってにくさひゃくばい)• (かわこしてやどをとれ)• (かわだちはかわではてる)• (かわにみずをはこぶ)• (かわをきらせてにくをきりにくをきらせてほねをきる)• (かをさりてじつにつく)• (かんいせんけつ)• (かんうんやかく)• (かんおうちらい)• (かんおんたいとく)• (かんがいあいのぞむ)• (かんがいむりょう)• (かんがえるあし)• (かんがくいんのすずめはもうぎゅうをさえずる)• (がんかじふん)• (がんがとべばいしがめもじだんだ)• (かんかんがくがく)• (かんぎゅうじゅうとう)• (かんきんこぶ)• (がんくにんじょく)• (かんくふんとう)• (かんげんみみにさからう)• (がんこいってつ)• (がんこうけいけい)• (がんこうじくじ)• (がんこうしはい)• (がんこうしはいにてっす)• (がんこうしゅてい)• (かんこくかんのけいめい)• (かんこくけいめい)• (かんこつだったい)• (かんこどりがなく)• (かんこんそうさい)• (かんざんじっとく)• (がんしょ)• (かんじょうあってぜにたらず)• (かんしょうせんじょう)• (がんしょうにゅうち)• (かんしょうばくや)• (がんしろうそん)• (がんじんそうとく)• (かんじんたいど)• (かんしんのまたくぐり)• (かんぜんちょうあく)• (かんぜんむけつ)• (かんたんあいてらす)• (かんたんあいてらす)• (かんたんこえつ)• (かんたんのあゆみ)• (かんたんのゆめ)• (かんたんをくだく)• (かんちじゅっさく)• (かんちゅうきてん)• (がんちゅうのてい)• (がんちゅうのひと)• (かんてんきち)• (かんてんのじう)• (かんてんぼうき)• (かんとうのあい)• (かんなんしんく)• (かんなんなんじをたまにす)• (かんにんぶくろのおがきれる)• (かんのうちにまみる)• (かんぱこうじん)• (かんはつをいれず)• (かんばのろう)• (かんぴはくらく)• (がんぶつそうし)• (かんぺき)• (かんぺききちょう)• (かんぽうのまじわり)• (がんほこふく)• (がんめいころう)• (がんめいふれい)• (かんめいやくよう)• (かんらくあいじょう)• (かんらくきわまりてあいじょうおおし)• (かんりとうえき)• (かんわきゅうだい)• (かんをおおいてことさだまる)• (かんをもっててんをうかがう).

次の