空言 オーケストラ 歌詞。 空言オーケストラ

年下彼氏の主題歌「空言オーケストラ」発売日は?予約方法、初回特典、先行特典はある?|むびぱら

空言 オーケストラ 歌詞

カテゴリ• 見上げたあの夜空に 浮かぶ星達 ふと君の声が あの頃輝いてたかな? 今になっては ずっと分からないまま あの時 君がついた嘘 問いただせずに 泣いたあの坂道 この先 君と会えないの 離れ離れに 身を任せてた いつもの後悔が風に消えてく 誰にもみせないその姿を もうちょっとだけ 見てたかったんだ 時がそっと睨んでいる その手と手繋いで 笑いあった声 忘れはしないよ こんなにも流してた涙も 語る声も オーケストラ やがて訪れたよね さよならの声 忘れはしないよ あんなにも近くにいたはずが 今では繋がりなんて あの空だけ 夜空の 交換をしよう 馬鹿らしくなって 投げた午前3時 この先 君と何年も 時の流れに 身を任せても いつものジョークが街に消えてく 誰にも見せない僕の姿を もうちょっとだけ 見せたかったんだ 時がそっと睨んでいる この目と目合わせて はっきりとしたい もうできないかな こんなにもどかしくて 辛いのが 音を立てる オーケストラ どこで何をしてるの? 分からないのは 僕のせいなんだね 永遠にこんな日がくるなんて 神様イタズラなら 呪いたいぐらい その手と手繋いで 笑いあった声 忘れはしないよ こんなにも流してた涙も 語る声も オーケストラ やがて訪れたよね さよならの声 忘れはしないよ あんなにも近くにいたはずが 今では繋がりなんて この空だけ あの時 君がついた嘘 問いただせずに 泣いたあの坂道 この先 君と会えないの 離れ離れに 身を任せてた いつもの後悔が風に消えてく 誰にもみせないその姿を もうちょっとだけ 見てたかったんだ 時がそっと睨んでいる 一番Aメロ~Bメロです。 ここでは、「あの時君がついた嘘 問いただせずに泣いたあの坂道」「誰にも見せないその姿をもうちょっとだけ見てたかったんだ」など恋人と過ごした日々の記憶が描かれます。 そして、最後には「時がそっと睨んでいる」とあります。 時が睨むというのはあまり聞いたことのない比喩表現ですね。 既に恋人とは別れてしまっていることから、 交際していた当時に離別の時が近づいていることを感じていたことを表していると考えられます。 様々な思い出の蓄積こそオーケストラ その手と手繋いで 笑いあった声 忘れはしないよ こんなにも流してた涙も 語る声も オーケストラ やがて訪れたよね さよならの声 忘れはしないよ あんなにも近くにいたはずが 今では繋がりなんて あの空だけ 一番サビです。 ここで歌詞に「こんなに流してた涙も 語る声も オーケストラ」とタイトルである「オーケストラ」という言葉が登場します。 ここではオーケストラは恋人との思い出そのものを指していると考えられます。 そうすると「流してた涙」や「語る声」はトロンボーンやバイオリンなどの楽器に値するのではないでしょうか。 オーケストラが様々な楽器によって彩られる音楽のように、恋人との思い出も様々な思い出によって彩られる・・・。 壮大で美麗な比喩表現ですね。 そんな美しい日々を共に過ごした相手との繋がりが「今では繋がりなんて あの空だけ」というのは悲しすぎる結末です。 思い出はさらに浮かび上がる 夜空の 交換をしよう 馬鹿らしくなって 投げた午前3時 この先 君と何年も 時の流れに 身を任せても いつものジョークが街に消えてく 誰にも見せない僕の姿を もうちょっとだけ 見せたかったんだ 時がそっと睨んでいる 二番Aメロ~Bメロです。 一番と引き続き語られる恋人との思い出。 「夜空の交換」というのは 同じ夜空を見上げながら、共に同じ時間をすごしたことを表しています。 非常にお洒落な表現ですね。 「この先 君と何年も」という歌詞は共に夜空を見上げながら感じた当時の思いでしょうか。 しかしながらやはり一番同様に「時が睨んでる」と続き、その時が永遠のものとはならなかったことが示されています。 オーケストラの演奏は、悲しみは胸に響く この目と目合わせて はっきりとしたい もうできないかな こんなにもどかしくて 辛いのが 音を立てる オーケストラ どこで何をしてるの? 分からないのは 僕のせいなんだね 永遠にこんな日がくるなんて 神様イタズラなら 呪いたいぐらい その手と手繋いで 笑いあった声 忘れはしないよ こんなにも流してた涙も 語る声も オーケストラ やがて訪れたよね さよならの声 忘れはしないよ あんなにも近くにいたはずが 今では繋がりなんて この空だけ 二番サビ〜大サビです。 ここで着目したいのは「永遠にこんな日がくるなんて 神様イタズラなら 呪いたいぐらい」という歌詞。 過去を後悔し、「神様、どうか今が冗談であってくれ!」と祈るという描写はよく見かけますが、「神様、今がイタズラなら呪う」という描写はあまりお目にかかりません。 深く通じ合った恋人と別れたことによる悲しみ、辛さ。 もし今の状況が冗談であったとしても許さないと綴る歌詞から この悲しみや辛さがいかに大きいものであるかよくわかります。 そして訪れてしまった別れの瞬間を思い出しながら、できることは今恋人が見ているかもしれない空を見上げるだけと歌い『オーケストラ』は幕を閉じます。 終わりに 恋人との離別を巧みな情景描写と心理描写により描いた『オーケストラ』。 愛する人との別れを経験したことがある人であれば当時のことを思い出して胸が締めつけられる気持ちになるのではないでしょうか。 歌詞もさることながらメロディーも『オーケストラ』の切ない世界観を作り上げることに貢献しているので、歌詞の内容を理解し改めてこの曲を聞いてみましょう。 きっとよりあなたの心に残る一曲になるはずです。

次の

東京スカパラダイスオーケストラ 嘘をつく唇 歌詞

空言 オーケストラ 歌詞

カテゴリ• 見上げたあの夜空に 浮かぶ星達 ふと君の声が あの頃輝いてたかな? 今になっては ずっと分からないまま あの時 君がついた嘘 問いただせずに 泣いたあの坂道 この先 君と会えないの 離れ離れに 身を任せてた いつもの後悔が風に消えてく 誰にもみせないその姿を もうちょっとだけ 見てたかったんだ 時がそっと睨んでいる その手と手繋いで 笑いあった声 忘れはしないよ こんなにも流してた涙も 語る声も オーケストラ やがて訪れたよね さよならの声 忘れはしないよ あんなにも近くにいたはずが 今では繋がりなんて あの空だけ 夜空の 交換をしよう 馬鹿らしくなって 投げた午前3時 この先 君と何年も 時の流れに 身を任せても いつものジョークが街に消えてく 誰にも見せない僕の姿を もうちょっとだけ 見せたかったんだ 時がそっと睨んでいる この目と目合わせて はっきりとしたい もうできないかな こんなにもどかしくて 辛いのが 音を立てる オーケストラ どこで何をしてるの? 分からないのは 僕のせいなんだね 永遠にこんな日がくるなんて 神様イタズラなら 呪いたいぐらい その手と手繋いで 笑いあった声 忘れはしないよ こんなにも流してた涙も 語る声も オーケストラ やがて訪れたよね さよならの声 忘れはしないよ あんなにも近くにいたはずが 今では繋がりなんて この空だけ あの時 君がついた嘘 問いただせずに 泣いたあの坂道 この先 君と会えないの 離れ離れに 身を任せてた いつもの後悔が風に消えてく 誰にもみせないその姿を もうちょっとだけ 見てたかったんだ 時がそっと睨んでいる 一番Aメロ~Bメロです。 ここでは、「あの時君がついた嘘 問いただせずに泣いたあの坂道」「誰にも見せないその姿をもうちょっとだけ見てたかったんだ」など恋人と過ごした日々の記憶が描かれます。 そして、最後には「時がそっと睨んでいる」とあります。 時が睨むというのはあまり聞いたことのない比喩表現ですね。 既に恋人とは別れてしまっていることから、 交際していた当時に離別の時が近づいていることを感じていたことを表していると考えられます。 様々な思い出の蓄積こそオーケストラ その手と手繋いで 笑いあった声 忘れはしないよ こんなにも流してた涙も 語る声も オーケストラ やがて訪れたよね さよならの声 忘れはしないよ あんなにも近くにいたはずが 今では繋がりなんて あの空だけ 一番サビです。 ここで歌詞に「こんなに流してた涙も 語る声も オーケストラ」とタイトルである「オーケストラ」という言葉が登場します。 ここではオーケストラは恋人との思い出そのものを指していると考えられます。 そうすると「流してた涙」や「語る声」はトロンボーンやバイオリンなどの楽器に値するのではないでしょうか。 オーケストラが様々な楽器によって彩られる音楽のように、恋人との思い出も様々な思い出によって彩られる・・・。 壮大で美麗な比喩表現ですね。 そんな美しい日々を共に過ごした相手との繋がりが「今では繋がりなんて あの空だけ」というのは悲しすぎる結末です。 思い出はさらに浮かび上がる 夜空の 交換をしよう 馬鹿らしくなって 投げた午前3時 この先 君と何年も 時の流れに 身を任せても いつものジョークが街に消えてく 誰にも見せない僕の姿を もうちょっとだけ 見せたかったんだ 時がそっと睨んでいる 二番Aメロ~Bメロです。 一番と引き続き語られる恋人との思い出。 「夜空の交換」というのは 同じ夜空を見上げながら、共に同じ時間をすごしたことを表しています。 非常にお洒落な表現ですね。 「この先 君と何年も」という歌詞は共に夜空を見上げながら感じた当時の思いでしょうか。 しかしながらやはり一番同様に「時が睨んでる」と続き、その時が永遠のものとはならなかったことが示されています。 オーケストラの演奏は、悲しみは胸に響く この目と目合わせて はっきりとしたい もうできないかな こんなにもどかしくて 辛いのが 音を立てる オーケストラ どこで何をしてるの? 分からないのは 僕のせいなんだね 永遠にこんな日がくるなんて 神様イタズラなら 呪いたいぐらい その手と手繋いで 笑いあった声 忘れはしないよ こんなにも流してた涙も 語る声も オーケストラ やがて訪れたよね さよならの声 忘れはしないよ あんなにも近くにいたはずが 今では繋がりなんて この空だけ 二番サビ〜大サビです。 ここで着目したいのは「永遠にこんな日がくるなんて 神様イタズラなら 呪いたいぐらい」という歌詞。 過去を後悔し、「神様、どうか今が冗談であってくれ!」と祈るという描写はよく見かけますが、「神様、今がイタズラなら呪う」という描写はあまりお目にかかりません。 深く通じ合った恋人と別れたことによる悲しみ、辛さ。 もし今の状況が冗談であったとしても許さないと綴る歌詞から この悲しみや辛さがいかに大きいものであるかよくわかります。 そして訪れてしまった別れの瞬間を思い出しながら、できることは今恋人が見ているかもしれない空を見上げるだけと歌い『オーケストラ』は幕を閉じます。 終わりに 恋人との離別を巧みな情景描写と心理描写により描いた『オーケストラ』。 愛する人との別れを経験したことがある人であれば当時のことを思い出して胸が締めつけられる気持ちになるのではないでしょうか。 歌詞もさることながらメロディーも『オーケストラ』の切ない世界観を作り上げることに貢献しているので、歌詞の内容を理解し改めてこの曲を聞いてみましょう。 きっとよりあなたの心に残る一曲になるはずです。

次の

BiSH

空言 オーケストラ 歌詞

結局僕らは夢を追いかけた 叶うかどうかも分からないまま どうせ世界は夢うつつだから 嘘のような願いを打ち放った 希望で迷いを騙し続けて また明日へ明日へ明日へ明日へと切り開いていく 1人じゃ届かないだけど さあ、鳴らせ、響け、続け、明日へと空言のオーケストラ そして願いが光を纏った あの日から今日この場所まで 消えない痛みや忘れない涙 越えた僕らの確かな足音 ガムシャラに自分さえも騙し続けて また明日へ明日へ明日へ明日へと切り開いていく 不安で堪らない時だからこそ さあ、鳴らせ、響け、続け、明日へと空言のオーケストラ(オーケストラ) 今日僕らは嘘のような夢抱えて 理想と現実の交差点で どんな音で裏切ろうか、始めようか 響き渡る 結局僕らは夢を追いかけた そして僕らは未来(あす)を追い越した 希望で世界さえも騙し続けて また明日へ明日へ明日へ明日へと切り開いていく まだ見ぬ泡沫の夢の舞台へ また1人1人重ね叶える空言のオーケストラ 夢を夢を夢を夢を追いかけた 夢を夢を夢を夢を追いかけた 夢を夢を夢を夢を追いかけた 夢を夢を夢を夢を追いかけた 最初に聴いた時、この曲は昨年のMy Dreamsよりも前向きな曲だな、と思いました。 My Dreamsが『夢に向かって一歩一歩明日なんて考えられなくて 今を生きるのに精いっぱいなんだ』と言っているのに対して、 空言のオーケストラは『どんな音で裏切ろうか、始めようか 響き渡る』というように自分の意志で進んでやるという気持ちが伝わってくるような曲です。 しかし、やはり不安はつきもののようで、『不安で堪らない時だからこそ』という風に不安だから逆に前を向く、というように感じられます。 My Dreamsの時には『今を生きるのに精一杯』だったから『明日なんて考えられな』くて、言われるがままに『夢に向かって一歩一歩』歩くしかなかった。 でも今は『不安で堪らな』くても『夢を追いかけ』ることが出来る。 つい最近素顔4が家に届きましたが、もうあけおめから1年かぁ、と思いました。 あの時はみんな『室くん退所するの?』とか『そんぐらいの事じゃないと城ホールオーラスだからってあんなに泣かないよね?』とかが不安な文章でいっぱいだったのを覚えています。 私も城ホールのレポ待ち勢だったのでレポを見てびっくりしてしまいました。 『恐怖映像だった』と言っている人もいて全身に鳥肌が立ちました。 その後、じーこ()はへ、室くん()は俳優の道へ、と分かってしばらくしても未だにその事実を受け入れられない自分がいました。 じーこと室くんの関西jr. としての最後の仕事である映画少年たちを何度も見に行きました。 ですが、、のデビュー発表後、本当に前とはもう違うんだ、ということを直視できるようになりました。 2019年1月4日のあけおめから約1年。 今年は城ホールよりももっと大きな京セラでコンサートをしてくれた関西jr. は去年とは色々と違ったけれど、それでも君たちの背中は大きかった。 アイドルというのは確かに先が見えない仕事。 それでも続けてくれている関西jr. みんなにありがとう。 1年経ってもあたたかさの変わらない関西jr. が大好き。 marimotty67890.

次の