中華 丼 つくれ ぽ。 【クックドア】中華丼は、賄いから生まれたアイデアだった!?

中華丼の献立!付け合わせのおいしい副菜は?もう一品のおかず

中華 丼 つくれ ぽ

豚肉は幅3㎝位に切って塩と酒で下味をつける(10分~)。 白菜は葉と根元に分け、葉は3cmのザク切り、根元は3㎝のそぎ切りにする。 たけのこは熱湯で下茹でして、形を生かした薄切りにする。 さやえんどうはヘタ・筋を取る。 白ねぎは斜めの薄切りにする。 しいたけは石付きを除いて薄切りにする。 合わせ調味料は合わせて良く混ぜ溶かす。 水溶き片栗粉を作っておく。 鍋にごま油を熱して中火で豚肉をしっかり炒め、白菜の根元・たけのこ・にんじんを加え、強火でややしんなりとするまで炒める。 白ねぎ・椎茸・白菜の葉・さやえんどうを加え混ぜ、全体に油が馴染むようにさっと炒める。 うずらの卵・合わせ調味料を加えて強火でひと煮立ちさせ、器に盛り付けたご飯にかける。

次の

中華丼の献立!付け合わせのおいしい副菜は?もう一品のおかず

中華 丼 つくれ ぽ

実食 感想 レンジでさっくり中華丼が作れる「中華丼の素」が優秀です。 この手のレトルトは湯煎しないとダメだったのに、レンジで温まるのはいいですよねぇ。 作り方とともにレポートしていきますよ。 作り方は箱から出して、パウチのままレンジへ! この面を上にしてレンジにかけます。 500wで1分40秒!早い。 ドバーとご飯の上へ。 200gあるのでタップリ。 結構具だくさんですね。 ではいただきます。 うーん。 美味い。 濃厚な中華餡がいいんだよなぁ。 かなり濃い味。 ご飯にかけても薄まらないのは高評価。 しっかりとご飯に絡んでくれる。 美味いぞ。 中華麺にかけても十分絡まってくれそうだ。 これがレンジでさっくり出来るのはいいね。 時間通りにやれば冷たいところはないし、ホカホカアツアツ。 ご飯もアツアツにすればレトルトとは思えない。 なかなかのクオリティの中華丼が出来ました。 欲をいえば、卵が入ってるといいんだよなぁ。 うずらの卵。 あれがあるとなんかいいよなぁ。 それでもかなりのクオリティの中華丼です。 美味しいですよ。 オススメ。

次の

セブンイレブン 中華丼の素がレトルトなのに手軽で美味い。濃厚な中華餡が最高です。|セブンイレブンに魂を売った男

中華 丼 つくれ ぽ

中華丼のおかず!おすすめの献立は?• 餃子、シュウマイ、春巻き• 卵焼き(ニラ玉、かに玉、普通の卵焼きなど)• バンバンジー• 唐揚げ• 豚の角煮 中華丼のおかずで人気があるのは…やっぱ中華系メニューですね~ 餃子とか シュウマイは、組み合わせ的に絶対間違いがありません。 ただ、餃子とかシュウマイがお家にない場合は「 卵焼き」 がおすすめ。 具材として、ニラとか紅ズワイガニの缶詰なんかがあったら、都合がいいんですが・・・ ま、 普通の卵焼きでも全然 OK! バンバンジーとか 唐揚げも「もし、お家にあったら」採用してみてください。 もしくは、スーパーの惣菜をゲットしてくるとか。 あと「 豚の角煮」も合いますよ! トンポーロみたいな感じで。 スープ• 中華スープ(卵スープ、フカヒレスープ、ワンタンスープなど)• お味噌汁• わかめスープ スープは、お家で手作りしてもいいし「クノールカップスープ」みたいなやつで代用してもいいんじゃないでしょうか。 スーパーに行くと、いろんな中華系のスープが売っていますよね? 卵とか、 フカヒレとか、 ワンタンとか…いろんなスープがあります。 具材の食感は、手作りスープにはかないませんが「バリエーションを楽しむ」という意味では、カップスープ系も重宝すると思います。 ちなみに、中華丼に お味噌汁を合わせても 普通においしいですよ。 日本で広まっている中華料理は、日本人好みにチューニングしてあるので、お味噌汁や和食の料理とも相性が良いです。 サラダ• 春雨サラダ• ツナサラダ• 冷しゃぶサラダ• 玉ねぎスライス• ほうれん草のおひたし 中華丼の献立に サラダのメニューがあると、 見た目的にも華やか。 そして、 食べ合わせの変化も楽しめます。 中華丼に合わせるサラダとして、特に人気があるのは「 春雨サラダ」。 続いて「 ツナサラダ」とか「 冷しゃぶサラダ」の名前があがります。 僕のお勧めは「 玉ねぎスライス」。 玉ねぎをシャカシャカスライスするだけでできるので超簡単。 ただ、玉ねぎだけだと中華丼との食べ合わせで、お口の中が水っぽくなってしまうので・・・ 鰹節を多めにかけると、ちょうどよい感じになると思います。 そういった意味で「ほうれん草のおひたし」にも鰹節が欲しいところ。 酢の物や漬物• きゅうりとわかめの酢の物• もずく酢• 浅漬けとかぬか漬け• 普通のたくあん 酢の物や 漬物があると、中華丼の 箸休めになってくれます。 丼ものは、基本的にどんぶりの中が同じ味になってしまいますよね? そこで、酢の物や漬物があると酢の物やお漬物があると、食事にメリハリができます。 お口がきゅっと引き締まって、中華丼の味を引き立ててくれるんです。 普通の冷奴• 刻んだザーサイを乗っけた冷奴• 刻んだピータンを乗せた冷奴• キムチを乗っけた冷奴 冷奴も、中華丼の付け合わせに人気のある副菜。 中華丼で熱くなった口の中を、ひんやりした冷奴がほどよく冷ましてくれます。 お豆腐は、絹ごしでも木綿でも大丈夫。 もし、お家に「ザーサイ」とか「ピータン」があったら、細かく刻んで冷奴に乗っけてみましょう。 中華っぽい雰囲気になります。 あと、キムチなんかもいいですね。 もう一品の付け合わせ• 酸辣湯麺• チヂミ• かた焼きそば 酸辣湯麺とかチヂミは「 お腹いっぱい食べたい人」用のメニュー。 ノーマルの食欲の人だったら、ここまで入らないかも? でも、野球部学生とか大食い系の旦那さんがいるお家だったら、もう1品追加してあげるとすごく喜びます。 普通にたくさん食べるだけだったら、中華丼を大盛りにしてあげれば良いんですが・・・ 違う味のメニューがあると、 最後まで食べ飽きませんよね。 特に、 酸辣湯麺と中華丼の組み合わせはヤバくて…丼メニューが二つあっても、ノンストップで最後まで食べ続けます。 まろやか味の中華丼とすっぱ辛い酸辣湯麺は、対照的な味の組み合わせ。 しかも、食べ合わせ的に相性が良いので、胃袋がパンパンになるまで食欲が衰えない。 かた焼きそばは「 ご飯と焼きそばの違いだけじゃん」て思うかもしれませんが・・・ 二つ並んでると、大食いの人は必ず両方食っちゃう。 傍から見てると「同じようなものを二つも食べるのか?」って感じがします。 でも、食べてる本人からすると「一粒で二度おいしい」みたいなの感覚なんですね。

次の