車 の エアコン が 冷え ない。 車のエアコンの運転席側の半分が生温い風しか出てこないんです。真ん...

信号待ちや渋滞している時エアコンの効きが悪く車内が熱くなる対策方法

車 の エアコン が 冷え ない

カーエアコンは走行中は冷える理由 ポイントはコンデンサーの冷え カーエアコンの冷え方をチェックする時、必ず確認するのがコンデンサーと呼ばれる車体の前側に付いている冷媒を冷やす装置のチェックです。 一般的に車のカーエアコンの場合はコンデンサーに電動ファンが装着されています。 これは家庭用のエアコンと全く同じ考え方で、ちょうど室外機にあたるものだと考えてください。 このコンデンサーに電動ファンが装着されていますがそれでも冷却が間に合わないとエアコンの効きが悪くなります。 ところが車が走り出して走行風が車体に当たることでコンデンサーの周りの空気が冷やされ、結果的にはエアコンの効きが良くなるのです。 そのため真夏の炎天下で車が渋滞にはまった時などは、走行風も当たらずなおかつ周りの車の熱気があるため、コンデンサがかなり冷えづらくなります。 このような条件になると、エアコンの効きがかなり悪くなります。 カーエアコンとして止まると暑いのは故障?正常? エンジンの排気量とエアコンの効きの関係 一般的に軽自動車はエアコンの効きが良くないと言われています。 なぜなら軽自動車はエンジンの排気量が660 CCしかないのでエンジンにそもそもの力がありません。 そのためエアコンのコンプレッサーを力強く回すだけのキャパがないわけです。 それに対して排気量の大きな2000 CC以上などのミドルクラス以上の車だとアイドリングの状態でもエアコンは結構効きます。 それはコンプレッサーの容量もエンジンの排気量に合わせて設計してありますのでアイドリングの状態でも十分な圧縮ができるようになっています。 どんな車でもアイドリングで冷える設計 もしもアイドリング中のエアコンの効きが悪いのであれば、たとえそれが軽自動車であったとしても正常な状態とは言えません。 なぜなら日本車としては、停車中にエアコンが効かないと言う事は熱中症にも関係してくる非常に重要な要素です。 エアコンの効きなどはその車にメインで乗っている人にとっては意外とその変化に気づきにくいです。 僕たち整備士もエアコンの効きを判断するときは自分の体感をあてにするのではなく温度計をエアコンの噴き出し口にセットし、噴出口温度が何度なのかということを数値で調べて判断しています。 もしもアイドリング状態でエアコンの能力を最大限にセットした状態で噴出口温度が13度を上回るようではエアコンの効としては正常とは言いがたいです。 スポンサーリンク 停車中だけカーエアコンの効きが弱い典型的なケースとは どの車も停車中は冷房はあまり効かない カーエアコンがしっかりと冷える条件として、「コンデンサーが適度に冷却されているか」ということがあげられます。 コンデンサーとは、家庭用のエアコンなら室外機の中に組み込まれていますが、車の場合は、フロントバンパーのすぐ後ろ側、ラジエーターと背中合わせのように付いていることが多いです。 コンデンサーとは? コンデンサーの役割は、コンプレッサーの中で圧縮されたフロンガスが、このコンデンサーの中を通過することで冷却され、液状になります。 液化したことでフロンガスはエキスパンションバルブという、まるで霧吹きのノズル部分のような絞り弁で一気に気化することで、エバポレーターという、ダッシュボードの奥にある部分を急速に冷やします。 いやゆる「気化熱」という現象を利用しているわけですが、コンデンサーを通過するときに、フロンガスがしっかりと冷却されないと、冷房としての効きがかなり悪くなってしまうのです。 このコンデンサーは電動ファンんなどで強制的に冷却されていますが、それでも真夏の炎天下などでは冷却が間に合わないこともあります。 さらに渋滞にはまったときや停車中などでは、コンデンサーに走行風がほとんど当たらないため、クーラーとして極端に効きが悪くなるのです。 夜になると冷房がよく効く理由 昼間の炎天下ではエアコンの効きが悪いのに、夜になるとかなりよく冷えるということがよくあります。 これは、車外の気温も昼間より下がることでコンデンサーも効率よく冷却されるので、結果的に冷房もよく効くのです。 本来の性能が発揮できない理由はガス不足 カーエアコンはガスが不足すると効きが悪くなるだけではなく、聞き方にかなりの村ができ始めます。 今回の記事でお話ししている走行中はそこそこ冷えるのに車が止まると家が悪い、と言う症状もエアコンのガスが不足していることが結構多いです。 あれこれ難しく考えるとトラブルシュートも余計に難しいほうにばかり考えてしまいますが、エアコンの冷えが弱いと言う診断は、まずガスの量を確認するということが大事になってきます。 電動ファンが回っていないケースも割とある エアコンの効きに大きな影響与えているのかコンデンサーをどれぐらい効率よく冷やせているかも大事な要素です。 コンデンサーを冷やすためのファンモーターが作動しない時はエアコンの効きが一気に悪くなります。 まずコンデンサが冷えないと、圧縮されて液化した状態のフロンガスが冷却されません。 するとフロンガスが異常なまでの高圧になり、配管内の圧力が高圧になることでエアコンのコンプレッサーへの電源をカットしてしまうように保護機能が働くようになっています。 この状態ではいかにフロンガスがしっかりと入っていてもエアコンは全く機能していません。 エアコンのトラブルとしては、ガスが少ないことが原因になることも多いのですが、ガスが入りすぎていたり、電装系のトラブルが原因であることもかなり多いです。 この場合は、ガソリンスタンドよりもエアコンの修理をしているような整備工場でしっかりとした診断をしてもらうことをお薦めします。

次の

【クルマのエアコンが効かない! 冷えない!!】カーエアコン不調の原因と修理代金

車 の エアコン が 冷え ない

カーエアコンが効かない 車に長年乗っていると、急にカーエアコンが効かなくなったり、冷えない、暖まらないなど、故障トラブルはつきもの。 そこで今回は、カーエアコンが故障かどうか見極めるための、簡単にできるトラブルシューティングをご紹介します。 <Index>• カーエアコンの故障?まずはコンプレッサーが動いているか確認 コンプレッサーは大抵エンジンの下の方、ちょっと奥まった部分にあります。 そのため車種によってはちょっと点検しづらいかもしれません 前回までの記事でエアコンが効かなくなる最大の原因であるガス漏れについて、そのやなどについて取り上げてきました。 ですが、実はそれ以前の問題として、エアコンが効かない本当の原因は何なのか、という部分を突き止める必要があります。 そこで今回はエアコントラブルの原因を見極める簡易的な方法をご紹介します。 エアコンの効きが悪くなってきた、冷たい風が出てこない、という時には、まずエアコンのコンプレッサーが作動しているかどうか確認してみて下さい。 コンプレッサーはエンジンに取り付けられた補機で、ファンベルトによって駆動しています。 その外見は直径20cmほどの丸い筒状のもので、電力を発電するためのオルタネーターに似ていますが、ガスが出入りするための2本の太い配管が接続されているのが特徴です。 さて、このコンプレッサーが作動しているかどうかをチェックする方法ですが、普段から注意深くクルマの様子を観察している人でしたら、エアコンを作動させた時にエンジンルーム内でカチッと作動音がするのを聞いたことがあるのではないでしょうか? それがコンプレッサーが作動を開始した音です。 同時にアイドリング時のエンジン回転数が上がるアイドルアップの制御が入るのもポイントです。 そうした細かい変化が分かりにくい場合には、エンジンルームを開けて直接コンプレッサーの作動を確認することができます。 まずエンジンを切った状態でコンプレッサーの位置を確認し、ベルトが掛かっているコンプレッサープーリーの状態を見ておきましょう。 エンジンが掛かっていませんから、当然ベルトもプーリーも止まっている状態です。 次にエアコンはOFFの状態で、エンジンを始動します。 ベルトが回転し、それに合わせてプーリーも回り始めますが、よく見るとプーリーの中央部は回っていないことに気づくはずです。 そしてエアコンのスイッチを入れます。 正常な状態であれば、カチッという音とともにプーリー中央部も回りはじめます。 エアコンの状態によっては、コンプレッサーが作動しないこともありますので、まずはその作動を確認することが第一段階です。 カーエアコン故障の原因 コンプレッサーが作動する場合 エアコンサイクル内のガス量を確認するためには、サイトグラスを活用します。 汚れている場合は、まずきれいに拭きましょう さて、まずはコンプレッサーが作動しているケースですが、この場合、エアコンのシステムはとりあえず作動しており、十分な量であるかはともかくガスも最低限の量は残っていると判断できます。 次にサイトグラス(システム内のガスの流れが確認できる窓)があるクルマでは、その中の様子を見てみてください。 液体が流れ、たまに気泡が見えるという状態であれば、とりあえずガス量は十分です。 この状態で冷気が出ないというのであれば、システム内に詰まりなどが発生し、内部の圧力に異常がある可能性がありますので、専用のゲージを使ってガス圧を確認する必要があります。 また、エアコンシステムの温度調整機能がうまく働かず、暖房が混ざっていることも考えられます。 いずれにしても、プロによる診断を受けるべきでしょう。 次にサイトグラス内には白い泡のようなものしか見られないというケースですが、この場合、ガス量が足りていない可能性が濃厚です。 前回も紹介したように、まずはガスが漏れている場所を探し、その対策をした上で、ガスをチャージすればエアコンは正常に作動するようになるでしょう。 またコンプレッサーが作動しても何も見えないという場合は、可能性としては液体だけが流れていることが考えられます。 この場合は、ガスが多すぎることがその原因です。 ガスが多すぎる場合には、システム内の圧が上がり過ぎ、保護機能が働きコンプレッサーが作動してもすぐにカットされてしまい、結果としてエアコンが効かなくなるのです。 まずはガス圧を点検し、多すぎるようなら適正な量までガスを減らすといった作業が必要になります。 ただし、サイトグラスによるガスのチェックという方法は、あくまでも目安であり、車種や使用しているガスの種類などによっても、その状態は変わりますから注意が必要です。 そのため、これだけを目安にガス量を判断することは危険です。 あまりあてにしてはもらっては困る、というためか、最近のクルマではこのサイトグラスが付いていないものも見られます。 カーエアコン故障の原因 コンプレッサーが作動しない場合 エアコンを作動させても全くコンプレッサーが作動しないという場合は、様々な要因が考えられますので、原因の特定は難しくなってきます コンプレッサーが作動しない場合には、当然ながらエアコンは機能せず、冷気は全く出ません。 コンプレッサーが作動しない原因は、ガス量が少なすぎることが一番に考えられます。 整備方法としては、コンプレッションゲージを接続し、システム内の圧力を測定する方法が挙げられますが、機械的なトラブルの可能性が少ない場合にはとりあえずガスをチャージしてコンプレッサーが作動するか確認するという少々荒っぽい方法もあります。 ガスチャージでコンプレッサーが作動するということは、とりあえずシステム的には問題はなく、単なるガス漏れであると判断できます。 その場合は、前回ご紹介したようにガス漏れの位置を特定し、対策を行うことで今後のトラブルも防げるはずです。 ガスが入っているのに、コンプレッサーが作動しないという場合は、少々やっかいかもしれません。 それ以前にコンプレッサーから異音が出ていたりといった前兆があった場合には、コンプレッサーのメカ的なトラブルが疑われます。 また前述のプーリーとコンプレッサーを接続する電磁クラッチに不具合が発生しているケースもあります。 この場合、コンプレッサーの修理や交換が必要になることもありますので、プロに診断を依頼してください。 また電気的なトラブルによって、エアコンが作動しないケースも考えられます。 例えば、送風を行うファンの故障であったり、ヒューズ切れの可能性も考えられます。 その他にも、エアコンの制御というのは実に様々なセンサーによってチェックされていますので、そうしたセンサー類の不具合ということも考えられるのです。 その場合も経験のあるプロに点検整備を依頼すべきでしょう。 このようにエアコントラブルの原因というのは、実に多種多様です。 そのため、素人判断では通用しない部分も多々ありますので、簡易的なトラブルシューティングで原因がつかめない場合は、素直にプロに点検を依頼する方が結果的に早く、安くトラブルを解決できることでしょう。 【関連記事】•

次の

車のエアコンが冷えない原因と風が出ないときの対処&故障時の修理費用

車 の エアコン が 冷え ない

icon-tags アイドリング中にエアコンが効かない3つの原因• エンジンの回転数が少ない• アイドリングストップによるエンジン停止• エアコンガスの不足 エンジンの回転量が少ない エンジンの回転数が少ないとエアコンの冷風が出ない場合があります。 アイドリングと 走行状態。 どちらもエンジンは動いているのですが、決定的に違うのが 回転数です。 回転数が少ないと車の中の発電量が少なくなり、冷風を出すための部品が十分に働くことができません。 よって生ぬるい風になり、アイドリング状態ではエアコンが効いていないと感じるわけです。 車には、バッテリーと呼ばれる電気を蓄える部品が備わっています。 バッテリーが弱っている(充電が不足している)状態だと、 アイドリング状態での発電量ではエアコンの冷風を出すだけのエネルギーが足りず、結果として生ぬるい風になります。 ここで、簡単にエアコンの冷風が出る仕組みをお伝えします。 まず、周りに車や人がいないことを確かめてギアを「P」に入れます。 その状態でゆっくりアクセルを踏みます• 回転数を2,000回転まで上げます• 冷風が出ているか確認します もし冷風が出るのであれば、回転数が足りないため、発電が少なくコンプレッサーなどの部品が動いていない可能性があります。 なぜ2,000回転まで上げるのかと言うと、走行時と近い状態にする必要があるからです。 その状態で冷風が出れば、オルタネーターがしっかり作動し、バッテリーが充電されていることになります。 よって、エンジンの回転数があがらないアイドリング状態の時だけ冷風が出ないと言えます。 ちなみに、2,000回転の目安はメーターで見るとコチラの状態です。 アイドリング中はエンジンが停止する 最近の車には アイドリングストップという機能があります。 この機能が働くとエンジンが止まってしまうため、エアコンが効いていないと感じることがあります。 アイドリングストップとは? 燃費をよくするためや排出ガスを減らすために、一定時間が経てばエンジンが切れる仕組みのこと エンジンが切れると、エアコンの冷風を出すためのコンプレッサーやコンデンサーファンが動かなくなるため、エアコンが効かなくなるわけです。 アイドリングストップは交差点などで曲がる時によく作動したりしますね。 一定時間駐車しているとエンジンが切れるため、わかりやすい現象ともいえます。 エアコンガス(冷媒)の不足 上記の「エンジンの回転数が足りない」でも少しお伝えしましたが、 エアコンガスが不足していると空気を冷やす(熱を奪う)媒体がない事になるため、冷風を出すことができなくなります。 エアコンガスは 1年で3~5gずつ減少していくと言われています。 またエアコンガスの配管が破損しているとそこから漏れている可能性もあります。 アイドリング状態では走行時と比べて電気の供給が少ないため、エアコンガスが少なくなっていると空気を冷やす効率が悪くなり、生ぬるい風になることが考えられます。 ガスの残量はガソリンスタンドでもすぐにやってくれるので、給油の際にチェックしてみて下さい。 車のエアコンが走らないと冷えない場合の4つの対処法 ここまで、車のエアコンが走らないと冷えない原因についてお伝えしました。 ここからはそれらの原因に対する対処法をお伝えします。 icon-tags アイドリング中にエアコンが効かない場合の対処法• アイドリングストップの性能を切る• 充電を行う。 バッテリーの交換。 走行中は外気循環、アイドリング中は内気循環にする• ガスの補充 アイドリングストップの性能を切る アイドリング中にエンジンが切れることでエアコンが動かないのであれば、 アイドリングストップの機能を「OFF」にすることで問題を解決できます。 「OFF」にするのは簡単。 ボタンを一つ押すだけでOKです。 例えば、ホンダN-BOXの場合 こちらの「ECON」ボタンを押すだけでアイドリングストップシステムをOFFにすることができます。 アイドリング中は内気循環にする エアコンの効きが悪い場合、少しでも冷たい空気を外に出さないために 「内気循環」に設定することをおすすめします。 「外気循環」にすると換気を行うことになるため、せっかくの冷気も外に逃げてしまいます。 それを防ぐために「内気」にしておいた方が良いです。 元々はトンネルや渋滞などで汚れた空気を車の中に入れないための措置ですが、アイドリング中は車を動かしていないため外からの空気をいれる必要もないと思います。 充電する方法としては 30分以上車を運転することです。 運転すれば自然と回転数を上げた状態でエンジンを動かすことになるので、バッテリーにどんどん充電されていきます。 もし、それでも冷風がでない場合は、 バッテリー自体の性能が落ちてきているため交換する必要があります。 交換費用は アイドリングストップ対応のバッテリ-は普通のバッテリーよりも金額が高いので注意してください。 バッテリー本体の価格は 1. 5万円~2万円が相場のようです。 エアコンガスの補充、漏れの修理 エアコンガスがないと空気を冷やすことができないため、エアコンの効果が期待できません。 そのため、 エアコンガスが不足しているのであれば、補充する必要があります。 エアコンガスの補充はガソリンスタンドやカー用品店、ディーラーなどで行うことができます。 価格は約5,000円ほどで、10分から20分の作業で完了します。 エアコンガスは年々、自然と減少していくので年数がたっている車はチェックしてもらうことが重要です。 補充することで問題が解決すればよいのですが、配管からガスがもれている場合は補充してもすぐにへってしまうため、配管の交換・修理が必要です。 この場合 2~3万円の修理費用が見込まれます。 エアコントラブルに関する具体的は修理内容と費用についてはコチラをご覧ください。 結論:駐車中にエアコンが効かないのは電気が不足しているから ここまでアイドリング中にエアコンの効きが悪い場合の原因やそれに対する対処法をお伝えしてきました。 アイドリング中(駐車中)にエアコンが効かない原因はやはり発電する電気が少ないことが関係しているといえます。 なぜなら、走行中は冷たい空気が出るのであれば、部品やエアコンガスが原因の可能性は低いからです。 アイドリングと走行中の最も大きな違いはエンジンの回転数。 つまり発電量とも言えます。 エンジンの回転数が高いほどオルタネーター(発電機)に力が伝わり、発電量もupします。 そして当たり前ですが、 車を運転している時が最もエンジンが動いているときであり、発電量も多いわけです。 アイドリング中ではエアコンを動かすだけの電力をまかないきれないため冷風が出ないことに。 バッテリーの充電が不足しているのか、充電する能力が落ちてきているのか。 それらを疑ってみる必要があります。 他の原因だったとしても、 一度ディーラーやカー用品店などプロの整備士に見てもらうことをおすすめします。 そこでおススメなのが あなたのお車を一括査定してくれるサイトを利用すること。 一括で査定してもらって、一番高い所に売れば損する事はありません。

次の