マクナニー 大統領 補佐 官。 米、新大統領報道官を正式発表 トランプ選対本部のマクナニー氏|静岡新聞アットエス

トランプ大統領報道官のケイリー・マクナニーさんがあまりにも美人なので内容がほとんど入ってきません。どういう経緯で報道官になった人なのでしょうか?

マクナニー 大統領 補佐 官

トランプ大統領の側近だったボルトン前大統領補佐官は政権の内幕を描いたとする回顧録の出版を前にABCテレビのマーサ・ラダッツ氏の独占インタビューに応じました。 この中でボルトン氏はトランプ大統領について外交・安全保障の一貫した方針がないとしたうえで、トランプ大統領が『フィンランドはロシアの一部か』と尋ねたという話しに触れ、「そのような質問をしてくる人間を相手にするのは非常に困難だ」として、基本的な知識に欠けると指摘しました。 さらに「職務を遂行する能力があるとは思えない。 自分の再選に有利かどうかだけが彼の指針だ」と述べて、重要な政策をみずからの再選に有利かどうかという基準だけで決定していると批判しました。 ボルトン氏はまたトランプ大統領がいわゆるウクライナ疑惑を否定していることについて「うそをついている。 こうしたことを明らかにすることが大切だ。 大統領は本に書かれたことを国民が知ることを恐れている」と述べました。 一方、議会で行われた弾劾裁判で自身が証言しなかった理由を問われると「召喚されれば証言する準備はできていた。 弾劾の進め方が間違っていた」と答えました。 ボルトン氏はインタビューで繰り返しトランプ大統領の資質や対応を問題視し、秋の大統領選挙については「彼が1期だけの大統領として記憶されることを願う。 1期なら乗り越えられるが2期となると不安だ」と述べて、再選されればアメリカを取り巻くさまざまな問題がより深刻化するという認識を示しました。 ABCテレビは、マーサ・ラダッツ氏によるボルトン前大統領補佐官の独占インタビューの一問一答をウェブサイトに掲載しました。 このなかでボルトン氏は、トランプ大統領がなぜこの本を誰にも読ませたくないのか問われたのに対し、「なぜならば、これが事実が詰まった本だからだ。 この本は告発でも感情的な対応でも理屈でもない。 私が試みたのはトランプ政権と国家安全保障において、どのように決定が下されているのか、その歴史と事実を500ページにまとめて書くことだ」と答えました。 そして、トランプ大統領がなぜ事実を知られたくないと思っているのかという質問には「それが彼が示したいと思っている決断力のある大統領というイメージと正反対だからだ。 そこにはドナルド・トランプの再選によいことかどうかということのほかに、何らの指針もない。 一貫した原則も戦略も哲学もない。 特に致命的になり得る国家安全保障の政策において、決定は無秩序なやり方でなされている。 これは危険だ」と答えました。 さらにボルトン氏は「私が知るかぎり、彼(トランプ大統領)はめったにものを読まず、インテリジェンスに関するブリーフィングは週に1回か2回だった。 本来は毎日、行われるべきで、これは異常だ」と指摘しました。 またラダッツ氏が「本のなかで、あなたは大統領が単に知識がないのではなく、驚くべき無知だと書いているが、どのようなことがあったのか」と質問したのに対し、「何度も何度も議論していることでも、ふに落ちていないように見えることがあった。 例えば、なぜ朝鮮半島が分断されたのかということだ」と述べ、朝鮮半島の歴史への知識が十分ではなかったことを示唆しました。 さらに本のなかで、トランプ大統領がフィンランドはロシアの一部かと質問したという出来事を紹介していることについて「確かにそう言っていた。 政策を議論している時にそのような質問をする誰かに対応して、どのように物事を進めるのか、その方法を見つけることはとても困難だ。 この種の出来事は何度も何度も繰り返された」と明らかにしました。 また、ボルトン氏は「大統領を間近で観察したことがない多くの人は、彼の集中力の欠如に不平を言うが、こと再選のこととなると彼の集中力は無限に続く」と指摘しました。 そして、中国との貿易交渉については「彼は中国がより多くの農産物を購入することに集中し、習主席に直接、手助けするよう話したが、これは私にとっては敵対的な国家の指導者に大統領が語る内容として、非常に驚くべき発言だった」と述べて、トランプ大統領が選挙に向けて農家からの支持を得るため、中国の習近平国家に農産物を購入するよう支援を求めたと明らかにしました。

次の

ホワイトハウス報道官

マクナニー 大統領 補佐 官

現職者: 初代 設置日 1946年 無資格 (法律による規定なし) 公式サイト アメリカ合衆国大統領首席補佐官(アメリカがっしゅうこくだいとうりょうしゅせきほさかん、英:White House Chief of Staff)は、の職務を補佐する大統領補佐官である。 首席補佐官は、必要な時にはいつでも大統領に会うことができるなど、(西棟のこと。 ホワイトハウス行政府の通称)を実質的に取り仕切る職務であり、ホワイトハウス職員のトップに立つ人物である。 首席補佐官の下には数名の次席補佐官が置かれる。 首席補佐官の職務内容と歴史 [ ] 首席補佐官の職務内容は非常に広範囲にわたるが、一般的に首席補佐官は他のホワイトハウス職員を監督・統括し、大統領のスケジュールを取り扱い、大統領と訪問者との面会を調整する。 この大統領と訪問者の面会を調整するという職務ゆえに、首席補佐官は「大統領の砦」と呼ばれることがある。 非公式には首席補佐官は大統領と最も親しい政策アドバイザーの中の1人であって、また個人的にも友人であることが多い。 ただし、首席補佐官という職は(国務大臣)と兼任する日本のとは異なり、閣僚外の役職であり 、議会同意人事ではなく、にも入っていない。 ただ、前記のように大統領の補佐役として権力を握ることから、一般的にはとされてきたよりも実質的な権限を持つとも言われ 、ホワイトハウスの影のナンバー2と言われることもある。 必ずしも全ての大統領が公式に首席補佐官を置いたわけではない。 大統領は置かなかったし、大統領も任期のほぼ終わりまでは置かなかった。 大統領、大統領、そして大統領以外の大統領はすべて、任期の途中で首席補佐官を代えた。 なぜなら首席補佐官という職務は、高度のストレスを受ける職務であるからだと言われている。 それを示すように、首席補佐官の平均職務期間は2年と少しに満たないくらいである。 最も長く首席補佐官を務めたのは、政権下で6年間務めたである。 多くの首席補佐官は就任前より政治家としてのキャリアを積んでおり、その多くが退任後に他の更なる上級職の経歴を持つことになる。 その例としては、大統領の首席補佐官を務めた後にになる、大統領の首席補佐官を務めた後にを務めたやなどが挙げられる。 大統領首席補佐官 一覧 [ ] 首席補佐官 在任 大統領 1946年 - 1952年 1953年 - 1958年 1958年 - 1961年 不在 1961年 - 1963年 1963年 - 1968年 1969年 - 1973年 1973年 - 1974年 1974年 - 1975年 1975年 - 1977年 不在 1977年 - 1979年 1979年 - 1980年 1980年 - 1981年 1981年 - 1985年 1985年 - 1987年 1987年 - 1988年 1988年 - 1989年 1989年 - 1991年 1991年 - 1992年 1992年 - 1993年 1993年 - 1994年 1994年 - 1997年 1997年 - 1998年 1998年 - 2001年 2001年 - 2006年 2006年 - 2009年 2009年 - 2010年 (代理) 2010年 - 2011年 2011年 - 2012年 2012年 - 2013年 2013年 - 2017年 2017年 2017年 - 2019年 (代理) 2019年 - 2020年 2020年 - 脚注 [ ].

次の

大統領補佐官(だいとうりょうほさかん)とは

マクナニー 大統領 補佐 官

【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。 ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。 また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の