パッチ アダムス 映画。 病院にユーモアを!映画にもなったホスピタルクラウンの始祖「パッチ・アダムス」をご存知ですか?

パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー

パッチ アダムス 映画

ネタバレ! クリックして本文を読む 実在するドクター、パッチ・アダムスの人生を基にした伝記映画。 主人公パッチ・アダムスを演じるのは名優ロビン・ウィリアムズ。 パッチのルームメイト、ミッチを演じたのはオスカー俳優のフィリップ・シーモア・ホフマン。 パッチ・アダムスとはクリニクラウン 臨床道化師 やホスピタルクラウンという、笑いで病気を治療するという概念を作った偉いお医者さんらしいです。 映画『ジョーカー』の中で、アーサーがやってたヤツですね。 実在の医師パッチ・アダムスをモデルにしてはいるが、物語は創作の部分も多い。 特に大きな変更点は年齢。 映画でパッチが医科大学に入学するのは中年になってからだが、実際は20代前半で医学を学び始めた様である。 このように変更した最も大きな理由は、やはりロビン・ウィリアムズを起用したかったからだろう。 この役のロビン・ウィリアムズは正にハマり役! もうパッチ・アダムス本人だとしか思えない程のリアリティがあります! ロビン・ウィリアムズ以外でこの映画を作ることは考えられなかったのではないでしょうか? 映画の冒頭、精神病院に入院したパッチが院内の患者と交流するうちに医師を志すようになるというシークエンスには感動します。 時間もコンパクトに纏まっており、非常に完成度が高い。 映画開始早々泣かされました…😭 何歳からでも学ぶことは出来るというメッセージは非常にポジティブだし感動的。 パッチの馬鹿みたいに明るい性格も、観ていて爽快感があります。 そして、道化の姿になって病気の子供たちを笑わせる姿にはまたも泣かされました😭 映画の前半は本当に感動的だし面白い。 個人的には満点です。 しかし、後半になるにつれて綻びが… まず、だんだんパッチがウザくなってくる。 流石にやり過ぎだろ。 周りの警告聞けって。 臨床出来るのは3年からって言ってんだろうが!! ミッチも言及していたが、パッチが熱心に勉強している描写がない。 コレで成績トップとか言われても真実味がない。 無免許での診療所開設は流石にまずいだろ。 史実ではちゃんと卒業してから開業しているのに、この改編は頂けない。 だいたい、学生の本分は勉強では? ただでさえ死ぬほど勉強しないといけないのに患者まで診ていたら落第すると思うのですが。 唐突な恋人の死。 あそこ絶対いらんやろ。 というより、この物語に恋愛要素いらんやろ。 やるのなら、恋人を殺した犯人は自殺しようとするも死ぬことが出来ず、その犯人に対する憎しみと医師としての本分との間で悩み苦しむ展開が必要だったのではないだろうか。 クライマックスの審問会も全然興味をそそられなかった。 だって全部パッチが悪いんだもん。 悪者っぽかった学部長もそんなに悪い人じゃないし。 やりたいことは色々あったがそれがうまく噛み合っていない映画という印象を受けた。 笑いによる治療、夢を叶えるのには年齢は関係ないというメッセージ、恋人の死というサスペンス要素、神に対する疑問、権威に対抗する反骨精神、etc。 こんなに詰め込まんでもよかったと思う。 一つ一つの味が薄い… 個人的にはパッチよりも断然ミッチの方に感情移入できた。 天才肌のパッチに対抗心を燃やす男。 自分の信念を持ち、良い医者になることを目指しており、自分の考えと相容れないパッチを嫌悪する。 しかし、最後にはパッチの才能を認め、辞めようとする彼を引き留め、彼から教えを請うまでに成長する。 無茶苦茶ミッチいいヤツ! フィリップ・シーモア・ホフマンの演技と相まって最高のキャラクターになっていた。 もっと出番を増やしてパッチのライバルとして描いていれば、この映画の面白みも増したのではないか。 後半には乗れなかったが前半は良かった。 ロビン・ウィリアムズとフィリップ・シーモア・ホフマンは素晴らしい役者だなぁ。 2人とも2014年に、非業の死を迎えたのが残念でならない… もう、何度も何度も涙が溢れて瞼が腫れてしまってる 彼が元気な時からその後も むしろその後の方がもっと悲しくて、でもあったかくて 今も昔もこの映画を見た時から私の中では1番の作品です 何故なんだろう、確かにロビン・ウィリアムズのことは大好きで他の作品も見ましたし彼が亡くなった時には悲しみと怒りと絶望などとても身近な人を亡くしてしまったような特別な感情になったことは確かです 彼が出る映画はいつも私の心を震わせます 『ジャック』『アンドリュー』『グッドモーニング・ベトナム』や『グッド・ウィル…』などなどなどなど もうキリがない、また泣けてきた 見てると辛くなるのに見ずにはいられません。 『ミセス・ダウト』を見てバカ笑いしなくっちゃ そう、彼の映画は私にとっての処方せんなのですね 思い出しレビュー39本目。 『パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー』 今入院してると、こういう映画がとても見たくなる。 笑いによる治療を実証させた実在の医師、パッチ・アダムスの伝記作。 入院してるとよく分かる。 明るさがいかに大事か。 いつまでも、痛い痛い、辛い辛い、しんどいしんどいばかり言ってては、治るものも治らない。 日に日に管やチューブが一本一本外れ、少しずつ良くなってるっぽいと感じるだけでも凄く気が楽になる。 また、面会人が来て他愛ない話するだけでも全然違う。 当たり前の事だけど、その当たり前の事がどれだけ大事か。 患者は単なる患者ではなく、人なのだ。 医師も単なる医師ではなく、人なのだ。 人と人が接する。 そこに壁は無い。 医師や看護師の朗らかさ、親しみ易さに患者は救われる。 確かに病気を治すのは、手術とか薬。 でも、その後。 病は気からとよく言う。 明るさや笑いが少しずつ癒していく事に偽りはない。 そして、医師と患者の関係。 周りに異端児と見られながらも、何よりも患者の事を思うパッチ・アダムスの治療法とその功績に、ただただ感服する。 まさしくロビン・ウィリアムスの為の役。 やはり、こういうロビンを今も見ていたかった。 映画はちょっとお涙頂戴に媚びてて、パッチを善、対する医師たちを悪と決め付け過ぎてる気もした。 そこら辺、もっとバランスよく、上手く出来なかったものか。 しかし今は、こういう良作を心地よく受け入れたい。 なので、採点は甘めに。 昼間、BSとかでやってくれないかなぁ~。 自殺未遂で精神病院に数日入院した事から人生の転機が訪れた。 入院患者らと過ごすうちに本当の意味での医療とは?病気ばかりを診て患者を診ない医療のあり方に疑問をもち医者を志すパッチ。 元々成績優秀なパッチは医大に合格したものの3年になるまで患者に接することが出来ない現状に痺れを切らし単独で病室を訪ねていた。 患者を笑顔にしたい!パッチの願いは入院患者にも喜びのある日常を送って欲しいという事だ。 QOLの向上そのものです。 看護師、患者にパッチは受け入れられていたが、担当の医師がパッチを退学に追い込む。 パッチは彼女を亡くし傷心していたが医師になるという強い決意を皆んなに伝え見事無事大学を卒業する。 患者は物ではありません。 きちんと人格に向き合って治療してほしいと思う。 病を治す事が大前提だけれど、いつかはみんな(死)を向かえる。 ならば、生きている間に(歓喜の瞬間)(生きている喜び)をどれだけ体感してもらえる様に導けるのか、嬉しい楽しい時間をどれだけ患者さん自身の中に、増やして行けるのかを、考え実行してしまうDr. パッチ。 患者さんの夢を、夢のままで終わらせない。 目の前の患者さん一人一人に、しっかり向き合ってくれる。 その気持ちは、患者さんだけでなく、周りの人達にもしっかり伝わって行く。 夢物語でもおとぎ話でもなく、実話なんです。 医師という垣根を越えた奇跡の人。 こういう人が本当にいる(いた)んだ。 って事が、もう奇跡だよね。 Life is beautiful!! そう叫びたくなる映画です。

次の

映画『パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー』どこまで事実通りなのか<ネタバレ注意>

パッチ アダムス 映画

ジョークを連発するユニークな療法で人々の心と体を癒す実在の精神科医パッチ・アダムスの若き日を描いたヒューマン・ドラマ。 監督は「ライアーライアー」のトム・シャドウイック。 製作総指揮はシャドウィック、「ミセス・ダウト」のマーシャ・ガーデス・ウィリアムス。 製作は「ニッキーとジーノ」のとマービン・ミノフ、「ロミーとミシェルの場合」の、「フェノミナン」の。 脚本は「ナッシング・トゥ・ルーズ」(監督も)の。 撮影は「マウス・ハント」の。 音楽は「イン&アウト」の。 美術は「ウルフ」の、編集は「ライアーライアー」のドン・ジマーマン。 衣裳は「モンタナの風に抱かれて」のジュディ・ラスキン=ハウエル。 出演は「グット・ウィル・ハンティング 旅立ち」のロビン・ウィリアムス、「コン・エアー」のほか。 映画のストーリー 結末の記載を含むものもあります。 1969年。 自殺未遂の果て、精神病院に入院したハンター・アダムス(ロビン・ウィリアムス)は、ジョークで患者たちを笑わせ、心を癒す能力に目覚める。 そんな彼に富豪で天才病の患者アーサー(ハロルド・グールド)は「パッチ(傷をなおす)」というニックネームをつける。 2年後、パッチは精神科医を目指し、バージニア大学医学部に入学。 同級生トルーマン(ダニエル・ロンドン)と白衣を着て病院に潜入し、患者たちの心を掴んでいく。 パッチの笑いの療法が次第に功を奏で、ベテラン看護婦たちも温かな目で見守ってくれるようになる。 しかし、学部長のウォルコット(ボブ・ガントン)はパッチを快く思わず、放校処分に。 常に成績がトップクラスのパッチに学長が理解を示し、学校に残ることが許される。 一方、冷淡な同級生カリン(モニカ・ポッター)へ思いを募らせるパッチは彼女の誕生日を温かく祝い、いつしか心を通わせるようになる。 パッチは病院や医療制度の理不尽さから無料の病院を作りたいと考えるようになる。 精神病院で患者同士として出会った富豪のアーサーの出資により、夢が現実となる。 トルーマン、カリンと共にさまざまな患者を無料で受け入れてきたが、ある患者がカリンを殺し自殺するという事件が起こる。 ショックから診療所を閉め病院もやめる決心をするが、再び患者の心を捉えたことをきっかけにやり直すことに。 しかし、そんな時、医師免許も無いうちに無料で診察していたことを理由に退校が申し渡される。 医師会の裁定に判断を仰いだパッチは、裁定の場で医者と患者は対等であることや心をほぐすことが何よりの治療になることを主張。 認められ無事大学を卒業し、独自の治療方法を広く伝えることになるのだった。

次の

病院にユーモアを!映画にもなったホスピタルクラウンの始祖「パッチ・アダムス」をご存知ですか?

パッチ アダムス 映画

『パッチ・アダムス』あらすじ 自殺未遂を繰り返すアダムスが、自ら精神病院へ入院するところから物語りは始まる。 入院した病院では、医者は患者とコミュニケーションを取ろうせず、形だけの診察をし威圧的に接してくる。 患者として、医療のあり方に不満をもつアダムス。 そんな中、笑わせることで入院患者達が心を開き、症状がよくなる事に気づく。 そんな彼に、入院患者の中にいた大富豪のアーサーは、「パッチ(傷を治す)」というニックネームをつける。 笑いやユーモアで病気を癒す医師になることを決意し、医科大学に入学。 患者に関わりたいと、大学付属病院に侵入し、入院患者を笑わせる。 最初は勝手な行動に看護師達も怪訝な顔をするが、病室に笑顔が増え投与する薬の量も減っていく状況に、次第にアダムスを快く受け入れるようになる。 アダムスは、「世界中からボランティアを集い、笑いで病人の苦痛を癒す病院」を立ち上げることを決め、手始めに仲間達と山小屋で病人を受け入れ始める。 ところがこれを許さなかったのは、患者に寄り添う事より、医者の威厳を重要視する医学部長だった。 アダムスの自由な行動が気に食わない学部長は、アダムスに退学命令を出す。 不当な処分だと憤慨するアダムスは、医師会に判断を要請。 アダムスの退学処分が不当であるかを審査する公聴会が始まるが・・・ 『パッチ・アダムス』感想 確かこの映画、小学生の頃見たのですが、ず~っと頭に残ってました。 好きな映画として。 同じくロビン・ウィリアムズ主演映画『ジャック』と並んで大好きな映画です。 内容を断片的にしか覚えていなかったので、30才になった今改めて見てみました。 いやー、やっぱりいいですね。 シリアスな展開もあるのですが、基本笑えます。 産婦人科の来賓を迎えるために、アダムスが講堂の入り口に施したアート(ちょっとここには書けません)とか、ユーモア最高です。 僕はこの映画を見て、『ライフ・イズ・ビューティフル』を思い出しました。 収容所の生活はどう考えても、辛い意外のなにものでもないはず。 どんな理不尽な扱いも、父親のユーモアで楽しいゲームに変わります。 命がけの父親の愛情が苦しいくらい胸に詰まってくる映画ですが、もう1つ強く感じたことがあります。 それは、「絶望の中を生き抜くために必要なのはユーモアだ」ということ。 笑いやユーモアは病気だけでなく、絶望を希望に変える力もあると。 とりわけ現代人は笑いを求めてますよね(僕もその一人)。 閉塞感が漂う社会で生きるため、笑いを本能的に求めているとも言えます。 最後に 笑いやユーモアが人に癒しや希望を与えること、そしてこの映画からもう1つ大切なことを教わりました。 アダムスは言います。 「彼ら(入院患者)を助ければ悩みを忘れられる。 僕は彼らを助け、大きな喜びを知った」と。 人間には他の動物にはない本能があるそうです。 それは「人が喜ぶ姿を見ると自分も嬉しくなる」というもの。 ステキな生き物じゃないか、人間。

次の