ピンタレスト株価。 米国株の中で「株価10倍」が期待できるのは「ピンタレスト」と「ビヨンド・ミート」の2銘柄! 事業内容がユニークで、他社にはない強みを持つ銘柄が狙い目!|ダイヤモンドZAi最新記事|ザイ・オンライン

ウーバー、リフト、ピンタレストなど、注目の小型成長株の決算内容を総まとめ! 決算で注目すべき3つのポイントと「買うべき銘柄」をズバリ解説!|世界投資へのパスポート|ザイ・オンライン

ピンタレスト株価

ピンタレストの共同創業者らは、先日の決算発表後の株価急落で、資産を大幅に減少させた。 同社が10月31日発表した第3四半期決算は、売上がアナリスト予想を下回り、コストの増大も指摘された。 これを受けてピンタレストの株価は11月7日までに23%急落し、創業者でCEOのベン・シルバーマンの保有資産3億ドル(約327億円)が消し飛んだ。 現在37歳のシルバーマンの保有資産をフォーブスは12億ドルと試算している。 2012年に同社を去ったポール・シャラも2億5000万ドルの資産を喪失し、ビリオネアの地位を失い、保有資産は8億5000万ドルになった。 ピンタレストの売上は前年比47%増だったが、アナリスト予想をわずか1%下回った。 月間アクティブユーザー数は28%増の3億2200万人だったが、伸びの大半は1人あたり売上の低い海外のユーザーで、米国ユーザーの伸び率は8%にとどまった。 さらに、コストは前年から2倍近く上昇し、4億1300億ドルに達した。 ピンタレストの四半期あたりの最終赤字は1億2470ドルに達し、前年の6倍近くに膨らんだ。 株価下落の背景には、ウィーワークやウーバーらの厳しい状況が続き、投資家が赤字状態のテック系スタートアップに警戒心を抱いていることもあげられる。 今年4月に上場を果たしたピンタレストの株価は現在もなお、IPO時点の19ドルを上回っているが、8月の最高値36. 83ドルから約46%の下落となっている。 それでも一部のアナリストは強気の見通しを崩さない。 ドイツ銀行は同社の広告関連のテクノロジーに期待しており、「買い」指標をつけている。 「長期的視点から当社はピンタレストの成長性を確信している。 今回の決算発表後の下落をさらなる買い時とみなしている」 ただし、ドイツ銀行はピンタレストのIPOの幹事証券会社を務めていた。 ピンタレストは2010年に元グーグル社員のシルバーマンやシャラ、さらにエヴァン・シャープらによって設立された。 シルバーマンが最初にフォーブスのビリオネアリストに登場したのは、ピンタレストの企業価値が110億ドルとされた2016年のことだった。

次の

ピンタレストの決算発表【米国株式市場】

ピンタレスト株価

1位.【4659】エイジス 割安株ランキング1位はです。 エイジスはJASDAQ上場でややマイナーな銘柄ですが、 棚卸代行サービスにおいて、国内シェアNo. 1の会社です。 エイジスの株価は以下のようになっています(引用:SBI証券のホームページ)。 エイジスの株価は上下を繰り返しながら、5年前と比べて 約3倍に上昇しています。 一方、業績も拡大しているため、株価指標は割安な水準にとどまっています。 予想PER:9. 実績PBR:1. 8倍 エイジスは業務の繁閑差を減らすなどの改善により、利益率向上が続いています。 また、立ち上げ期は赤字が続いていた海外事業やリテイルサポート事業も黒字化できており、今後の成長が期待できます。 エイジスは業績・財務・株価の割安さの観点から、長期投資に適した銘柄と考えています。 オリジナル設計の株価チャート 2019年12月期は社員の福利厚生充実のための費用増で減益予想となっていて、2019年の株価はやや軟調でした。 しかし、来期の業績は増益が見込まれており、株価はやや上昇傾向になっています。 次に、オリジナル設計の投資指標は以下のようになっています。 予想PER:17. 実績PBR:1. 1倍 PERでみると、オリジナル設計はそれほど割安ではありません。 しかし、同社は業績が良好にも関わらず、PBRが1. 1倍となっており、 魅力的な資産バリュー株です。 オリジナル設計の事業領域である水道事業では、 老朽化に伴う更新需要が高まっており、今後も業績成長が見込めます。 オリジナル設計は長期保有に適した優良・バリュー株です。 兼松エレクトロニクスの株価チャート 兼松エレクトロニクスの株価は2016~2017年に大きく上昇したのち、一進一退を繰り返しています。 この間に業績は順調に成長していますので、割安感は少しずつ高まっています。 兼松エレクトロニクスの投資指標は以下のようになっています。 予想PER:15. 実績PBR:2. 0倍 兼松エレクトロニクスは 高収益・好財務、かつ配当利回りも高め(約3. また、情報産業は一般的に景気変動の影響を受けやすい業種です。 しかし、兼松エレクトロニクスはリーマンショック後でも減益幅が小さく、 不況時も比較的安心という良さがあります。 兼松エレクトロニクスは長期保有に適した優良な割安株です。 会社名 おすすめの用途 当ブログの評価記事 SBI証券 何でも 楽天証券 投資信託 () マネックス証券 米国株 松井証券 ロボアドバイザー () auカブコム証券 日本株 GMOクリック証券 日本株 () 岡三オンライン証券 日本株 ライブスター証券 日本株 SBIネオモバイル証券 日本株 () ストリーム(株アプリ) 日本株 () LINE証券 日本株 () 以下では、日本株投資で特におすすめな証券会社として、以下の4つを紹介します。 :1株から少額投資できて、手数料も格安• :操作性が良くて、はじめての投資でも使いやすい(1株から少額投資可能)• :株式の取引手数料が無料(従来型の委託手数料について)• :最大手のネット証券でオールマイティーに便利 関連記事:• 格安な手数料で、1株から少額投資したいならSBIネオモバイル証券 日本株の通常の取引単位は100株(1単元)です。 大金を一度に投資すると、失敗したときのダメージが大きくなりますし、そもそも投資資金が豊富でないと買えないという問題があります。 少額からリスク控えめに投資したいなら、 の単元未満株制度を使うとよいです。 なぜなら、 格安な月額手数料で、1株から何度でも売買できて便利だからです()。 SBIネオモバイル証券は2019年4月に営業開始した新興ネット証券ですが、ネット証券最大手のSBI証券とCCC(TSUTAYAやTポイントの運営会社)の合弁会社なので、 信頼感もあります()。

次の

画像コレクションSNS? ピンタレスト【PINS】│株式投資(米国株+α)で資産1億円を目指すブログ

ピンタレスト株価

そのため2月以降株価は28%も下落し、IPO価格を下回っています。 デジタル広告の苦境は当面続くと思われますが、株価の下落とユーザー数の増加を考えると、長期投資家にとって同社はよい検討対象だと思われます。 類を見ないプラットフォーム ピンタレストは他のデジタル広告チャネルとは方向性が異なります。 グーグルやアマゾンは、ユーザーが興味のあるものについての広告を提供します。 一方、ピンタレストはユーザーに欲しいものを発見させます。 ピンタレストは結婚式、ファッション、フィットネスなどさまざまなテーマに関する情報を入手するために活用されています。 しかし、ユーザーは必ずしも特定のアイテムを探しているわけではありません。 ピンタレストのユーザーは新しい発見や刺激を受けるために利用しているのです。 総合金融サービス会社コーウェンの調査によると、ピンタレストユーザーの48%が同社のプラットフォーム上で商品を購入しています。 フェイスブックはわずか14%、インスタグラムが10%、ツイッターは7%です。 巨大な市場 近年の広告の最大の変化は、巨額の広告費が印刷物やテレビなどの従来メディアから、グーグル、フェイスブックやピンタレストなどのオンラインプラットフォームに移行したことです。 IT専門調査会社IDCによると、グローバル広告市場は2018年の6930億ドルから2022年には8260億ドルと年率5%の成長率で成長し、デジタル広告市場は2720億ドルから4230億ドルに成長すると予測されています。 新型コロナウイルスの影響で、一時的に成長率が低下すると考えられますが、ピンタレストには大きな成長機会があるといえます。 ピンタレストは急速に成長しています。 昨年の売上高は51%増の11億4000万ドル、月間アクティブユーザーは26%増の1億3500万人となりました。 成長の機会 広告ビジネスにとってはユーザー数が肝となります。 そのため、今後収益化できるようなユーザーを引き付けることが大事であり、ピンタレストは今まさにそれを実行しています。 第1四半期のピンタレストの月間アクティブユーザー数は、前年比で26%増、前四半期比で10%増の3億6700万人となりました。 サイトのリニューアルのおかげで、オーガニックショッピングコンテンツを利用するユーザーは44%増となりました。 ピンタレストは今のように困難な時期であっても広告主に対して価値を提供することができます。 そのため、他社と比べて競争優位性があるということができるでしょう。 広告市場は今後数か月間はゆるやかに推移する可能性が高いと思われます。 しかし、同社はこの期間にサイトをリニューアルし、ユーザー数を拡大しています。 景気が回復したときには、より影響力のある存在となっているはずです。 【米国株動向】ピンタレスト、第1四半期見通しがコンセンサス上回り、株価が上昇 More reading• 免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。 アマゾンの子会社ホールフーズ・マーケットのCEOであるJohn Mackeyは、モトリーフール米国本社の取締役会メンバーです。 Randi Zuckerbergは、フェイスブックのマーケティング開発部の元ディレクターおよび元スポークスウーマンであり、マーク・ザッカーバーグCEOの姉です。 Randiはモトリーフール社の取締役会メンバーです。 元記事の筆者Jeremy Bowmanは、アマゾン株、フェイスブック株、ピンタレスト株、ツイッター株を保有しています。 モトリーフール米国本社は、アマゾン株を保有し、推奨しています。 モトリーフール米国本社は、アマゾン株のオプションを推奨しています(2020年1月の1940ドルのショート・コール、2022年1月の1920ドルのロング・コール)。 Copyright The Motley Fool Japan 2020.

次の