アサシン クリード オデッセイ mod。 アサシンクリード オデッセイのチートMOD使用方法を解説

アサシンクリード オデッセイ

アサシン クリード オデッセイ mod

こんにちは、のっとぬん()です。 10月5日発売の来たりし「 アサシンクリード オデッセイ」に備え、すでに予約注文された方も多いかと思います。 でも、 エディションが沢山あって、どれを買えばよいのかわからない!という方もいると思います。 今回は、そんな方の決め手となる 「おすすめのエディション」とその理由についてお伝えしていきます。 買うならゴールドエディション 本作は全部で5つのエディションがあり、その詳細な比較については別記事で紹介してあります。 私がおススメするエディションは、ずばり「 ゴールドエディション」。 価格は 12960円 (通常版は9072円)とかなり高いが、その理由は「 シーズンパスの有無」。 シーズンパスとは、ゲーム本編の発売後、順次配信されていく有料の追加コンテンツを所有できるシステムのこと。 簡単にいえば「 追加コンテンツのまとめパック」のようなものなので、任天堂スイッチのソフト1個分くらいはお値段が張ってしまうわけです・・ ただ、本作のシーズンパスに含まれている内容は、もうめちゃくちゃ盛沢山なんです! 豪華すぎるシーズンパス 詳しいシーズンパスの内容については別記事で紹介してあるため、ここでは割愛しますが、本当にすごい内容なんです。 豪華すぎる内容 その1 「 最後の刃の遺産」「 アトランティスの運命」という2つの大型ストーリーが、およそ7か月にわたって配信されます。 (1ストーリにつき3エピソードで、1エピソードを6週間ごとに配信) 豪華すぎる内容 その2 過去作「 アサシンクリード3」と、「 アサシンクリード3 レディリバティ」の リマスター作品が無料で入手できるんです!! 2012年に発売され、18世紀アメリカ独立の頃を描いたこの作品は「賛否両論」という微妙な反応でしたが、PS4で蘇えってくると思うとうれしく思います・・ しかも、これも シーズンパスの内容の一つとしてついてくるわけですから、豪華すぎる・・! 以上がシーズンパスの内容になります。 シーズンパスとは別に、シーズンパス所有者でなくても楽しめる「 フリーコンテンツ」もあり、2018年12月ごろから2019年春ごろにかけて配信されるので、 飽きることなく長期間遊べる内容が盛りだくさんです! こういう人にゴールドがおすすめ! ヘビーユーザー アサシンクリードシリーズの ヘビーユーザーの方は、本作のゴールドエディションは見逃せません! ヘビーユーザーの方なら興味を持っているであろう「 古代文明」についても、大型ストーリ「アトランティスの運命」で深く掘り下げられるようなので必見。 触り程度のユーザー 「アサシンクリード4」からそれ以前の作品しかやったことのない方が本作をプレイしたら、 マップの広さやグラフィックの凄さに驚くはず。 比較映像などを動画サイトで見かけますが、実際にプレイしたときの壮大さは心に残ります! 思い切ってゴールドエディションを買うのもおススメですが、 旧作とはかなりシステムも変わっているので、まずは通常版から考えてみるのもアリ。 新規ユーザー 数多あるシリーズの中で初めて「アサシンクリード オデッセイ」をプレイする!という方にとって、 本作は非常に楽しめる作品! よく見かけるのが、シリーズの中途半端なところから始めて「 よくわからない」と言って飽きてしまう人。 長年続いてるシリーズ作品なので、プレイしていく中でシリーズ常連にしかわからない場面もいくつかあると思います。 しかし、今作は 「アサシン教団」ができるも~っと昔の話で、この作品から始めても十分に理解できる作品。 ゲームのトレーラーやプレイ映像を見て「面白そう!」と思ったのなら、 思い切ってゴールドエディションも十分にグッド! ゴールドエディションの他に、 アルティメットエディションや コレクターズエディションといった、もっと高価なエディションでもシーズンパスは含まれているので、興味のある方はそちらも検討してみてはどうでしょうか! ただし、デラックスエディションにはシーズンパスは付属していないので注意!.

次の

アサシンクリードオデッセイやってみた!

アサシン クリード オデッセイ mod

本作は「アサシンクリード」シリーズの11作目にあたります。 舞台は古代ギリシャで、それだけ古いと「 アサシン関係なくね?」と思う人もいるでしょう。 まさにそのとおりなのですが、細かいことを気にしていてはいけません。 11作目にもなると、使える時代がかぎられてくるのです。 「 暗殺していればアサシン」というぐらいの定義です。 ゲームは過去の「アサシンクリード」シリーズからは打って変わって、レベルやスキル、武器の装備などがあり、ほぼ オープンワールドRPGといってもいいような内容になりました。 主人公も固定された人物ではなく、男性(アレクシオス)と女性(カサンドラ)から選択できるという自由度があります。 ゲーム中でも選択肢があり、これまでのように主人公の一生を追っていくという形式ではなく、自分の選択で物語を展開させていくというものに変わりました。 そして「経験値ブースト」などの 課金アイテムも登場。 そして当然のように レベルが上がりにくいです。 『』のほうでも課金アイテムが登場していますし、これからシングルプレイのPCゲームでも当たり前のように導入されてきそうです。 あまり好ましいことではありませんが。 ゲーム自体は「アサクリ要素のあるオープンワールドRPG」といった感じで、RPG寄りの内容です。 ボリュームはかなり多いですね。 ユーザーの評価 本作のSteamでの評価ですが、「 非常に好評(89%、46,191人中)」になっています。 本作の良かった点については以下のとおりです。 総評 本作はアサクリ要素のあるオープンワールドRPGであって、過去の「アサシンクリード」シリーズとは一線を画すものとなっています。 過去作をほとんど遊んだことがなく、オープンワールドRPGが大好きという人は、このゲームはあなたに適したゲームとなるでしょう。 一方、過去作を遊んできて、さくっとスタイリッシュに相手を暗殺したいというアサシン気質な人にとっては、「面白いことは面白いけど、アサクリかといわれると……うーん……」みたいな感じになるとは思います。 なんにしろボリュームのあるゲームですし、67%OFFの3,049円なら筆者的には買いだとは思います。 「アサシンクリード」シリーズが好きという人よりも、むしろ「Fallout」や「スカイリム」などが好きという人におすすめできるオープンワールドRPGです。

次の

Steam で 67% オフ:Assassin's Creed® Odyssey

アサシン クリード オデッセイ mod

購入したのは、もちろんダウンロード版! 値段はちょっと高いですが、ディスクを入れ替える手間を省くためには仕方ありません。 が、しかし。。。 Amazonでポチってしまったのは、まさかのWindows版。 誤爆ならぬ誤ポチです。 PS4版を購入するつもりが、うっかりハードを間違えるという大失態です。 DL版は購入後のキャンセルが不可のため、間違って購入したPC版でプレイするしかありません。 というわけで、初めてPC版アクションゲームをプレイする中で、いろいろ困ったことや考えたことを含めてレビューしていきたいと思います。 《2018. 21追記》メインストーリーをクリアしたのでレビュー記事を執筆しました。 半月ほど不眠不休で遊び倒しましたが、本当に 時間泥棒な良ゲーです。 クリア後要素の真エンディングや、追加コンテンツの配信もあるので、やめ時が分かりませんw 自宅PCが推奨環境を満たしていない 間違ってWindows版を購入するという大失態に自己嫌悪しつつ、まずはアサシンクリード オデッセイの推奨環境を確認するしかありません。 メーカー公式によれば、 フルHD・画質High・30FPSの推奨環境は以下のとおりです。 CPU: AMD FX-8350 4. 0 GHz, Ryzen 5 - 1400, Intel Core i7-3770 3. 5 GHz• グラボ: AMD Radeon R9 290 or NVIDIA GeForce GTX 970 4GB VRAM)• メモリ: 8GB RAM グラボに関してはGTX20XX世代が最近発売されたため、GTX970は2世代前のグラボですが、それにしても最近のPCゲームの要求水準は高いですね。 これに対して、自宅環境はこんな感じ。 CPU:Intel Core i3-8350K @ 4. 0GHz• グラボ :Asus Strix GTX960 2GB VRAM)• メモリ:16GB RAM CPUはCore i3でスレッド数は4ですが、第8世代なのでOKでしょう。 問題なのはグラボです。 いちおう、2世代前のミドルクラスとは言え、 VRAMが2GBでは解像度フルHD未満・画質LOWでプレイするしかありません。 やはり、PCで最新ゲームをプレイするなら、最低でも1世代前のミドルクラスのグラボは必須でしょうね。 本作の満足ラインはGTX1070以上かと思います。 じゃあ、推奨環境未満のPCでゲームをプレイするとどうなるのか? 実際の話、頻繁に落ちますw 数人の敵に追われる場面などは高確率で強制終了になりますし、負荷の少なそうな場面でも突然落ちたりします。 なので、本作はオートセーブですが、こまめな手動セーブを心がけています(ただし、敵拠点への攻略中の手動セーブはできないため、途中で落ちたら最初からやり直しです)。 かといって、グラボをGTX1070あたりに買い替えるくらいなら、XBOX One X本体を買ったほうが安いわけでして、本作のためにグラボを新調するのも難しいところです(しかも本作はXbox Play Anywhereに非対応なので、ソフトも買い直しになるジレンマ)。 ちなみに、拙宅で使用している サイコムのBTOパソコンについて、下記にて詳細レビューしていますのでご紹介まで。 サイコムではリピート購入させていただいてますが、とても専門性と満足度の高いショップさんです。 自宅PCでのベンチマーク結果 アサシンクリードオデッセイには、ゲーム内にベンチマークが付属しています。 自宅PCは推奨環境に達していないため、まずは最低環境で計測してみました。 ただし、最低が14fpsなので、強制終了は常に覚悟する必要があります。 こちらが、今現在のプレイ環境なんですが、 平均51fps、最低7fpsというところ。 上でも書きましたが、忙しく動き回る場面では普通に落ちます。 平均で30fps、最低が19fpsです。 このゲームのターゲットfpsは30に設定されていますが、さすがにプレイは厳しいと思いますね。 簡単ながらベンチマークは以上です。 いや、本当に、生まれて初めて、高性能なグラボが欲しくなっちゃいましたね。。 《2018. 21追記》ちな!とうとう物欲にまけて、2018年10月発売のハイエンドグラボ「Asus ROG Strix-RTX2070」を買ってしまいました。 最新グラボの性能は凄まじく、2K(WQHD)の最高品質でもヌルヌル動きます。 ベンチマーク結果など詳細は下記リンク先にまとめていますので、あわせてお読みいただけると嬉しいです。 PCゲームはプレイ前の準備が面倒 さて、推奨環境未満のパソコンでPCゲームを遊ぶのも無謀な話なんですが、とりあえず画質を落としてプレイ開始します。 ただし、PCゲームならではの 乗り越えるべき壁がいくつもあったので、代表的なものを列挙していきたいと思います。 プラットフォーム(Uplay)への登録 アサシンクリードオデッセイは、ユービーアイソフトの 独自プラットフォーム(Uplay)での提供となります。 PCゲームのプラットフォームと言えば、Steamが圧倒的に有名なんですが、 このところSteamでは買えない有名タイトルが増えた?気がします。 ゲームを買うごとに会員登録が増えていくのは厄介ですね。 その一方で、FIFAシリーズなどのEA作品(エレクトロニック・アーツ)は、同社が運営する で頻繁にセールをやっているので、大手開発元による自社プラットフォームは魅力的でもあります。 こういう部分は任天堂にも見習ってほしいですよねェ。 グラフィックボードのドライバ更新 PS4などの家庭用ゲーム機でも本体OSの更新が求められますが、Windows版アサシンクリードオデッセイを初回起動した際、 グラフィックボードのドライバ更新を求められました。 そんなん更新すればいいだけじゃん? と、思いますよね。 ただのドライバ更新だろと。 いやいや。。 グラボドライバの更新は、最悪の場合、画面出力ができなくなっちゃうんですよ。 なので、自分もグラボドライバはPC購入時のまま一度も更新してなかったんですが、今回は仕方なく更新しました。 もちろん、念のためWindowsのバックアップはとっておきましたが、特にトラブルは発生しませんでした。 でもヒヤヒヤしましたね。 コントローラーは何を使う? PS4やXbox Oneなどの家庭用ゲーム機の場合、コントローラーはもちろん各ゲーム機専用のコントローラーを使いますよね。 しかし、PCゲームの場合、基本的にはキーボードとマウスでプレイする前提なので、 「純正コントローラー」という概念がありません。 というわけで、とりあえず家にあったPS4のコントローラー(Dualshock4)を使用したところ、一部機能に難があったものの、普通にプレイすることができました。 なので、Windows版アサシンクリードオデッセイでは、Dualshock4が使えます。 ただし、Dualshock4でプレイの場合、以下の機能に問題がありましたので、念のため書き残しておきたいと思います。 (PC環境に依存する可能性もあるので、ご参考まで)• 一点目として、非常に困ったのが、 ワイヤレス(Bluetooth)で使用できなかったことですね。 Windowsとのペアリングは可能ですし、ゲーム設定画面でも認識しているのですが、なぜかコントローラーを動かしても無反応でした。 キーボードのスクショ(F12)を使えば問題無いんですが、なぜ動作しないのか気になります。 しかし、Dualshock4の有線接続で20時間ほどプレイしたところでギブアップしました。 やはりワイヤレスが当たり前の生活に慣れきってしまうと、ケーブルが肌に触れるのさえ邪魔臭くなりますね。 結局のところ、マイクロソフト純正のXboxコントローラーとワイヤレスドングルを購入したんですが、すこぶる快適です。 もちろんワイヤレスで使えます。 ワイヤレスドングルが無くてもBluetooth接続できますが、 専用ドングルを使うことで、コントローラーに音を飛ばすことができます。 ゲームプレイ時にヘッドホンを使う人には、専用ドングルを併せて購入することをオススメします。

次の