第五人格 特殊ルール。 第五人格が人気な理由はなぜ?本家のDBDとどっちが面白いしおすすめ?

第五人格について

第五人格 特殊ルール

「片思い戦」とは 「片思い戦」とは、最近流行している 独自ルールのカスタムマッチです。 サバイバー8人とハンター2人でゲームを行いますが、最大の特徴なのが 自身のパートナーを見つけて協力するという点です。 サバイバー同士がペアになる場合もありますが、サバイバーとハンターの場合は利敵もできる面白いルールとなっています。 今回は、「片思い戦」の一般的なルールや勝利条件などをご紹介します。 (主催者によっては、指定の場所に集合し、そこでアピールする部屋もあります。 ) アピール方法は、クルクル回ったり、エモートを使ったり、スタンプを張ったりと様々で、相手がそれに答えてくれればカップル成立です。 なお、棒立ちやスルーされた場合は、カップル不成立(フリー状態)になります。 この場合は、次の相手を探しに行きましょう。 煙玉の使用や指定台数の暗号機の解読などが開始の合図として指定されると思うので、ゲームが始まったら、解読やチェイス、救助をしつつ、脱出を目指しましょう。 ただし、救助及び回復はカップル同士でしかできないので、注意してください。 片思い戦のルール詳細 サバイバー・ハンター共通 片思い相手は変えてはいけない 待機画面で片思いする相手(ハンター同士は禁止)を決めますが、最初に決めた片思い相手は変えてはいけません。 ただし、パートナーになることを拒否された場合は、この制限がなくなります。 サバイバー側の制限 スキンが被らないようにする 同じ格好のサバイバーがいる場合、ゲームが始まると、健康状態以外での見分けがつかなくなってしまいます。 そのため、開始前にスキンが被らないように調整しましょう。 回復・救助 パートナー以外への 救助や回復は禁止されています。 そのため、フリー状態のままチェアに拘束されると、そのまま脱落するので、できるだけ早くパートナーを探し出しましょう。 利敵行為 ハンターとサバイバーがカップルになった時のみ、そのサバイバーには嘘の告白やチェイスの妨害など、サバイバーへの妨害行為が許されます。 他のサバイバーはこのような行為が禁止されているので、注意してください。 ハンター側の制限 攻撃・スキル ハンターは、片思い相手を見つけてアピールするまで一切の攻撃やスキルの使用が禁止です。 片思い相手に振られた場合は、この制限が解除されます。 ロケットチェアへの拘束 ハンターは、自分がダウンさせたサバイバー以外をロケットチェアに拘束することができません。 勝利条件 サバイバー同士のペア サバイバー同士のペアの場合、 2人で脱出することが勝利条件です。 ただし、1人で勝利になるルールの部屋もあります。 サバイバーとハンターのペア サバイバーとハンターのペアの場合、 他のサバイバーが全員脱落かつそのサバイバーが脱出することが条件です。 途中でサバイバーが脱落してしまった場合は、敗北となります。 片思い戦の派生ゲーム 平和片思い戦 平和片思い戦とは、 単純にその場を楽しむ(誰も脱落しない)だけの片思い戦のことを言います。 片思いの相手を変えない点やパートナー以外への回復が禁止されている点など、基本的なルールは片思い戦と共通です。 しかし、サバイバーはハンターに対してスタン攻撃(信号銃やタックルなど)することが禁止され、ハンターはサバイバーを攻撃できないなどの制限が課されています。 この制限は、カップルが成立し終わった後も継続し、各自解読したり、エモートやアイテムなどで遊びながら、平和に脱出を目指すのが平和片思い戦の目的です。 ただし、入る部屋によっては、サバイバーをチェアに拘束しないことがルールで、攻撃が許可されている場合もあるので、開始前に確認しておきましょう! ドロドロ平和片思い戦 ドロドロ平和片思い戦とは、 パートナーを変更できる平和片思い戦のことを言います。 サバイバー・ハンター双方に無意味な攻撃(信号銃やタックル、通常・スキル攻撃)が禁止されている点など、基本的なルールは平和片思い戦と共通です。 しかし、カップルが成立した後に以下のようなことが許可されています。 ) お持ち帰り ・ハンターがパートナーをロケットチェアで飛ばす。 ・同意がない場合は、強制お持ち帰りと言う。 浮気 ・パートナー以外のキャラにアピールする。 ・パートナー以外のキャラとカップルになる。 ・部屋によっては最低回数がルール化されているところもある。 等 略奪 ・パートナーがいるキャラにアピールする。 ・パートナーがいるキャラとカップルになる。 ・パートナーがいるサバイバーにハンターが攻撃する。 ・パートナーがいるキャラを投げ縄や隕石の磁石で引っ張る。 等 ストーカー ・特定キャラをずっと追いかける。 ・気づかれないように、少し離れた所から様子をうかがう。 等 自殺 ・永眠町の路面電車や黄金の石窟のトロッコ等に自分から轢かれに行く。 ・1人でそのまま失血死した場合、孤独死となる。 ・ペアでこれを行う場合は心中となる。 独身 ・カップルを解消し、1人になる。 監禁 ・相手を部屋の隅や隙間に追い詰めて、機械人形や自分の体で出られないようにする。 ・その状態でアピールする。 この他に、略奪を防ぐために泥や信号銃の使用が許可されている場合があります。 ただし、入る部屋によって細かいルールが異なるので、開始前に必ずルールを確認しておきましょう! 片思い戦の動画 片思い戦のルール解説・プレイ動画 平和片思い戦のプレイ動画 ドロドロ片思い戦のルール解説・プレイ動画 まとめ:主催者がルールになるぞ! 「片思い戦」のハンターと協力したり、他のサバイバーを裏切ったりできる点が、既存のゲームモードとは違って面白そうですね。 ただ、個人の連携や状況把握が非常に重要となるため、パートナー選びが勝敗に大きく影響するかもしれません。 しかし、 最も注意しなければならないのは、主催者によってルールが異なる点です。 ここに書いたものとルールが異なる可能性もあるので、 片思い戦に参加する際は、必ず主催者にルールを確認しておきましょう。

次の

IdentityV 第五人格 紹介

第五人格 特殊ルール

「片思い戦」とは 「片思い戦」とは、最近流行している 独自ルールのカスタムマッチです。 サバイバー8人とハンター2人でゲームを行いますが、最大の特徴なのが 自身のパートナーを見つけて協力するという点です。 サバイバー同士がペアになる場合もありますが、サバイバーとハンターの場合は利敵もできる面白いルールとなっています。 今回は、「片思い戦」の一般的なルールや勝利条件などをご紹介します。 (主催者によっては、指定の場所に集合し、そこでアピールする部屋もあります。 ) アピール方法は、クルクル回ったり、エモートを使ったり、スタンプを張ったりと様々で、相手がそれに答えてくれればカップル成立です。 なお、棒立ちやスルーされた場合は、カップル不成立(フリー状態)になります。 この場合は、次の相手を探しに行きましょう。 煙玉の使用や指定台数の暗号機の解読などが開始の合図として指定されると思うので、ゲームが始まったら、解読やチェイス、救助をしつつ、脱出を目指しましょう。 ただし、救助及び回復はカップル同士でしかできないので、注意してください。 片思い戦のルール詳細 サバイバー・ハンター共通 片思い相手は変えてはいけない 待機画面で片思いする相手(ハンター同士は禁止)を決めますが、最初に決めた片思い相手は変えてはいけません。 ただし、パートナーになることを拒否された場合は、この制限がなくなります。 サバイバー側の制限 スキンが被らないようにする 同じ格好のサバイバーがいる場合、ゲームが始まると、健康状態以外での見分けがつかなくなってしまいます。 そのため、開始前にスキンが被らないように調整しましょう。 回復・救助 パートナー以外への 救助や回復は禁止されています。 そのため、フリー状態のままチェアに拘束されると、そのまま脱落するので、できるだけ早くパートナーを探し出しましょう。 利敵行為 ハンターとサバイバーがカップルになった時のみ、そのサバイバーには嘘の告白やチェイスの妨害など、サバイバーへの妨害行為が許されます。 他のサバイバーはこのような行為が禁止されているので、注意してください。 ハンター側の制限 攻撃・スキル ハンターは、片思い相手を見つけてアピールするまで一切の攻撃やスキルの使用が禁止です。 片思い相手に振られた場合は、この制限が解除されます。 ロケットチェアへの拘束 ハンターは、自分がダウンさせたサバイバー以外をロケットチェアに拘束することができません。 勝利条件 サバイバー同士のペア サバイバー同士のペアの場合、 2人で脱出することが勝利条件です。 ただし、1人で勝利になるルールの部屋もあります。 サバイバーとハンターのペア サバイバーとハンターのペアの場合、 他のサバイバーが全員脱落かつそのサバイバーが脱出することが条件です。 途中でサバイバーが脱落してしまった場合は、敗北となります。 片思い戦の派生ゲーム 平和片思い戦 平和片思い戦とは、 単純にその場を楽しむ(誰も脱落しない)だけの片思い戦のことを言います。 片思いの相手を変えない点やパートナー以外への回復が禁止されている点など、基本的なルールは片思い戦と共通です。 しかし、サバイバーはハンターに対してスタン攻撃(信号銃やタックルなど)することが禁止され、ハンターはサバイバーを攻撃できないなどの制限が課されています。 この制限は、カップルが成立し終わった後も継続し、各自解読したり、エモートやアイテムなどで遊びながら、平和に脱出を目指すのが平和片思い戦の目的です。 ただし、入る部屋によっては、サバイバーをチェアに拘束しないことがルールで、攻撃が許可されている場合もあるので、開始前に確認しておきましょう! ドロドロ平和片思い戦 ドロドロ平和片思い戦とは、 パートナーを変更できる平和片思い戦のことを言います。 サバイバー・ハンター双方に無意味な攻撃(信号銃やタックル、通常・スキル攻撃)が禁止されている点など、基本的なルールは平和片思い戦と共通です。 しかし、カップルが成立した後に以下のようなことが許可されています。 ) お持ち帰り ・ハンターがパートナーをロケットチェアで飛ばす。 ・同意がない場合は、強制お持ち帰りと言う。 浮気 ・パートナー以外のキャラにアピールする。 ・パートナー以外のキャラとカップルになる。 ・部屋によっては最低回数がルール化されているところもある。 等 略奪 ・パートナーがいるキャラにアピールする。 ・パートナーがいるキャラとカップルになる。 ・パートナーがいるサバイバーにハンターが攻撃する。 ・パートナーがいるキャラを投げ縄や隕石の磁石で引っ張る。 等 ストーカー ・特定キャラをずっと追いかける。 ・気づかれないように、少し離れた所から様子をうかがう。 等 自殺 ・永眠町の路面電車や黄金の石窟のトロッコ等に自分から轢かれに行く。 ・1人でそのまま失血死した場合、孤独死となる。 ・ペアでこれを行う場合は心中となる。 独身 ・カップルを解消し、1人になる。 監禁 ・相手を部屋の隅や隙間に追い詰めて、機械人形や自分の体で出られないようにする。 ・その状態でアピールする。 この他に、略奪を防ぐために泥や信号銃の使用が許可されている場合があります。 ただし、入る部屋によって細かいルールが異なるので、開始前に必ずルールを確認しておきましょう! 片思い戦の動画 片思い戦のルール解説・プレイ動画 平和片思い戦のプレイ動画 ドロドロ片思い戦のルール解説・プレイ動画 まとめ:主催者がルールになるぞ! 「片思い戦」のハンターと協力したり、他のサバイバーを裏切ったりできる点が、既存のゲームモードとは違って面白そうですね。 ただ、個人の連携や状況把握が非常に重要となるため、パートナー選びが勝敗に大きく影響するかもしれません。 しかし、 最も注意しなければならないのは、主催者によってルールが異なる点です。 ここに書いたものとルールが異なる可能性もあるので、 片思い戦に参加する際は、必ず主催者にルールを確認しておきましょう。

次の

片思い戦とは?簡単にルールをまとめてみました。

第五人格 特殊ルール

【片思い戦の醍醐味】 通常の片思い戦では、イチャイチャすることだけを目的としていた平和片思い戦にちょっとしたゲーム性が追加されます。 よって、平和片思い戦ではあまり楽しめなかったという方も、 第五人格のゲーム性が好きな方であれば楽しむことのできる可能性が高いです。 平和片思い戦があまり楽しめなかったという方も、この機会にぜひ一度、片思い戦に参加してみたはいかがでしょうか。 【片思い戦の基本的なルール】~サバイバー編~ まず初めに、各マップで決まっている場所に集合します。 そこからゲームスタートです。 ゲーム開始と同時に他の異性キャラ 制限されていないこともあり。 にアピールをして、パートナーを作ります。 片思い戦では、カップルが成立してもゲームがスタートしません。 カップルが成立したら、ハンターと組んでいるサバイバーが暗号機を一台解読します。 因みに、ハンター同士のペアはルール上不可です。 暗号機が上がったらゲームスタートです! このタイミングからは、付き合っている子と一緒に行動しなければなりません。 治療や救助、解読もです。 解読も チェイスが始まってしまったら、思いっきり逃げるか、ペアの子を全力で守るかのどちらかです。 暗号機が全て解読済みになったらゲートをあけましょう。 【片思い戦の基本的なルール】~ハンター編~ ゲームが始まってからすることが、ハンターは少し違います。 ハンターのパートナーは、俗にい言う利敵をすることでハンターのチェイスの手助けをします。 ただし、ダウン放置はNGです。 また、サバイバーは味方のサバイバーがいないので、吊られてしまうと誰にも救助してもらえません。 その救済措置として、ハンター&サバイバーのペアへの攻撃は残り3台からです。 ハンターのペアの子が逃げられるのは、ほかのペアが全員逃げたor飛ばされてからになります。

次の