ライン 公式 アカウント 作成。 難しくない!LINE公式アカウント(旧LINE@)のID作成方法

難しくない!LINE公式アカウント(旧LINE@)のID作成方法

ライン 公式 アカウント 作成

そうすると プロフィール設定の画面が表示されます。 アカウント名• メールアドレス• 業種 大業種と小業種 それぞれについて 以下で解説していきます。 アカウント名 ここで入力した名前が あなたのLINE公式アカウントの アカウント名となります。 あなたのビジネスに合わせ 最適な名前を選んでください。 ちょっとした豆知識ですが このアカウント名の部分に• 「LINE」• 「ライン」 など、LINE関係の言葉を 使用することができません。 もし入力して先に進もうとしても 「入力された内容が正しくありません。 」 と表示され次に進むことができません。 安心してください。 この「アカウント名」は 初期設定の際に決めた名前を 後から変更することができます。 なのでまずは時間をかけず ささっと決めて次に進んでもOKです。 ただし、注意点ですが 承認済みアカウントの場合は アカウント名を変更する際に 手間がかかる可能性があります。 LINE公式アカウントの作る際、 承認アカウントを開設するのか 非承認アカウントを開設するのか 迷ってしまう方も多いかもしれません。 基本的にどんな業種の方でも 最初は「非承認アカウント」を 作成することをおすすめします。 「承認済みアカウント」ではなく 「非承認アカウント」であれば、 LINE公式アカウントを作成した後に すぐ利用を開始することができます。 LINE公式アカウントの使い方になれるためにも まずは「非承認アカウント」でアカウントを作り その後「承認済みアカウント」へ変更する流れがおすすめです。 大業種について• 小業種について それぞれ解説していきます。 大業種について 「大業種」には これから作成しようとしている LINE公式アカウントの 主となる業種を選択してください。 様々な種類のカテゴリーから 業種を選択することができます。 飲食店・レストラン• グルメ・食料品店• ショッピング・小売店• ファッション• スポーツ用品店• スポーツ施設・教室• 教育・習い事• 保育・学校• 美容・サロン• 医療機関・診療所• 専門サービス• 生活関連サービス• ペット• 冠婚葬祭• 宿泊施設• 旅行・エンタメ・レジャー• 自動車・バイク• 交通機関・サービス• 銀行・保険・金融• 寺院・神社・金融• スポーツチーム・団体• 公共機関・施設• 福祉・介護• 電気・ガス・エネルギー• 通信・情報・メディア• テレビ番組• ラジオ番組• ウェブサービス• 雑誌・本• ゲーム• 製造業• 水産・農林• 建設・土木• 印刷・出版• 運送・倉庫• 有名人• 個人 小業種について 「小業種」では 大業種で選択した内容について もっと詳しい内容を選択していきます。 例えば 「飲食店・レストラン」を選択すると 以下の副業種から選択することとなります。 イタリアン• フレンチ• 洋食・西洋料理• 中華料理• アジア・エスニック・カレー• 各国料理• 和食・郷土料理• そば・うどん• お好み焼き・もんじゃ焼き・たこ焼き• ラーメン・つき麺• 焼肉・ホルモン• 鉄板焼き・ステーキ• 焼鳥・串焼き• 肉料理 その他• 居酒屋• バー・ダイニングバー• スイーツ• パン・サンドイッチ• カフェ・喫茶店• 弁当・デリバリー• フォーストフード• 「アカウント名」などは 作成が完了した後だとしても 変更することができますが 「大業種」と「小業種」は 後で変更することができません。 アカウント名• メールアドレス この3つは後で変更が可能 ここで適当に大業種と 小業種を選択してしまうと 認証済みアカウントを作成することが できなくなる可能性が高まります。 なぜか? 「アカウントの認証」を行う際には 審査があり、その審査を通るために 「業種が何か」が重要だからです。 「アカウントの認証」の申請をするときに 「事業者情報」を入力する必要があります。 その際に 最初に選んだ「大業種」「小業種」と 内容が異なるのであれば 審査が落ちるリスクは高まるでしょう。 なので 後から変更のできない 「大業種」「小業種」は 最初にしっかりと 選択するようにしてください。 この部分が LINE公式アカウントを作成する際の 大きな 注意点の1つなります。

次の

LINE公式アカウント(旧LINEアット)をパソコンで使う方法

ライン 公式 アカウント 作成

パソコンで使う管理画面について解説した動画です。 パソコンからLINEアットを使うには? LINEアットのパソコン用管理画面のことを、LINEアットマネージャーと言います。 2019年4月の情報によりますと、LINE公式アカウントマネージャーという管理画面となるようです。 管理画面の使い方、見方 LINE公式アカウントマネージャー(LINEアットマネージャー)が画像の通りで、左にメニューが並んでいます。 大きなメニュー• 1、メッセージ作成• 2、ホーム投稿• 3、1対1トーク(チャット)• 4、メッセージ• 5、ホーム• 6、クーポン・イベント作成• 7、ショップカード• 8、アカウントページ• 9、統計情報• 10、アカウント設定• 11、契約情報 それぞれ説明していきます。 1、メッセージ作成 新規のメッセージ(一斉配信)が作成できます 2、ホーム投稿 ホームというタイムラインに、投稿できます。 3、1対1トーク(チャット) いわゆるチャット機能です。 個人でLINEを使うときによく使う、例の機能です。 LINEアットでは、1:1トークと呼ばれていましたが、LINE公式アカウントに統合リニューアルされた時、「チャット」という名称に変更されました。 4、メッセージ メッセージ一覧の画面が表示されます。 予約や配信中のメッセージ、下書きや配信済みのメッセージが一覧で表示されます。 上の画像のように、 ・投稿一覧 ・新規作成 ・自動応答メッセージ ・キーワード応答メッセージ ・友だち追加時あいさつ など、小さなメニューが表示されます。 友だち登録時に自動で配信されるメッセージ設定は、「友だち追加時あいさつ」で編集可能です。 自動応答メッセージやキーワード応答メッセージは、自動応答モードをオンにしている時に使える機能をここで設定できます。 5、ホーム これまでのホーム投稿や予約したもの、下書きしたものが確認できます。 6、クーポン・イベント作成 クーポンや抽選ページ、リサーチ(LINEアットのみ)などが作成、確認できます。 新しく作ったり、これまでのものを確認できたりします。 7、ショップカード ショップカードを作成、編集できます。 アカウント紹介では、LINEアットのホームに表示される紹介写真とプロフィール紹介文が編集できます。 他に、メニューや基本情報や、ログの変更やカバー画像やボタンの変更がこちらで編集可能です。 9、統計情報 統計情報では、友だちの増減や友だちの属性(男女や年齢層)、ホーム投稿のページビューなどが確認できます。 10、アカウント設定 アカウント設定では、基本設定というプロフィール写真やアカウント名などが編集できます。 また、友だち登録ができるQRコードや友だち追加ボタンのhtmlソースが用意されていて、コピペできます。 ログインユーザー管理や、Messaging API設定もこちらで可能です。 11、契約情報 契約情報が確認できます。 プリミアムIDや有料プランへの変更などです。 まとめ 今回は、LINE公式アカウント(旧LINEアット)をパソコンから操作するための管理画面についてご紹介しました。 この情報が少しでも参考になれば嬉しいです。

次の

企業がLINEスタンプを配信する方法

ライン 公式 アカウント 作成

【目次】• LINE公式アカウントの友だちリストを確認する方法【公式LINEの友だち一覧の表示方法】 2020年4月23日に新しく 公式LINEの連絡先ボタンが追加。 じつは昔の公式LINE には この友だち一覧表示がありましたが 現在の公式LINEにはありませんでした。 2019年4月18日に最新版の公式LINEが誕生した後 2020年4月22日までは友だち一覧が無かったため LINE から移行した方で苦しんでいる人は多かった。 2020年4月23日、ついに 公式LINEの友だち一覧 連絡先 が復活。 公式LINEの顧客管理のコツを1つ挙げると LINE名をこちら側で変更して管理すること。 豆知識ですが「あいうえお順」のときは 「あ」よりも番号などの記号が優先されます。 そのため、LINE名の頭に番号をふると 思い通りに順番を操作することが可能。 たとえば私の場合は 誕生日などで順番を管理しています。 チャットタグオーディエンスの設定時なども この公式LINEの友だち一覧を活用することで スムーズに設定でき時間を大幅に効率化できます。

次の