レッド アイズ デッキ。 遊戯王 レッドアイズバーンデッキレシピレッドアイズ【ロック・バーン】

遊戯王 デッキレシピ 詳細

レッド アイズ デッキ

レッドアイズデッキを作ってみたので、デッキレシピ公開。 レッドアイズ・ブラックドラゴン、漢字で書くと「真紅眼の黒竜」。 子どもの頃、初めてカードイラストを見たとき、かっこよすぎて鳥肌がたった。 残念ながら、レガシーオブザデュエリストでは初期イラスト版は未収録。 本当に残念だ。 (コナミさん、レッドアイズに限らず、ブラックマジシャンとか、ブルーアイズとか、複数イラストのあるカードは好きなの選ばせてくれると嬉しいっす) いつの間にか「レッドアイズテーマ」が生まれ、たくさんの派生カードが登場していたので、めっちゃ驚いた。 強いし、使いやすいし、テーマとしての完成度はとても高い。 遊戯王よくわからないけど、面白そうなのでゲーム買ってみた!という 初心者にも自信を持って、オススメできるデッキ。 デッキレシピをマガジンにまとめました。 11ビッグ・アイ 1枚 No. 74マジカル・クラウンーミッシング・ソード 1枚 No. 107銀河眼の時空竜 1枚 真紅眼の鋼炎竜 2枚 リンクリボー 2枚 今日も日刊ムショクを覗きに来てくれて、ありがとう。 「黒炎弾」入れたら、城之内気分が味わえていいかも。 このnoteは「日刊ムショク」と題して、 無職の毎日をつらつらと綴る。 平日は7時ごろ、休日は9時ごろに更新予定。 また明日、時間があれば、覗いてね。

次の

真紅眼(レッドアイズ)デッキ回し方・大会優勝ガチデッキレシピ構築論【遊戯王OCG】

レッド アイズ デッキ

自分の手札・フィールドから「レッドアイズ」モンスター1体をリリースした場合にできる。 この方法による「真紅眼の亜」のは1ターンに1度しかできない。 そのモンスターをする。 この効果でしたモンスターが「真紅眼の」の場合、そのもともとの攻撃力は倍になる 新規カードを動画でチェック(海外ADS デッキレシピ 新規カードを動画でチェック デッキレシピ 動画でチェック デッキレシピ• 1 :このカードをリリースして発動できる。 デッキからレベル7以下の「レッドアイズ」モンスター1体をする。 2 :このカードが墓地に存在する場合、 自分の墓地のレベル7以下の「レッドアイズ」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターをデッキに戻し、墓地のこのカードを手札に加える。 常人では立ち寄ることのできない場所にたたずむ今にも生まれそうなの卵。 固い岩盤と同化した卵の外郭を突き抜けるほどの赤い光を放つ。 効果は自身をリリースし、レッドアイズモンスターをできる「真紅眼」の必須カード。 さらに墓地からの再利用もでき、何度も使いまわすことが出来る。 真紅眼は何度でも蘇る。 手札から「真紅眼の」1体をする。 生まれたての。 な瞳をしているが、さっそく黒い炎をはいている。 その戦闘力は「格闘戦士アルティメーター」をも上回っており、赤ちゃんだって舐めてはいけない。 性能としてはーマンのように手札からを出せるというシンプルな効果だが、現環境で採用は厳しいか。 デッキからレベル7以下の「レッドアイズ」モンスター1体をし、 墓地のこのカードを攻撃力300アップの装備カード扱いとして、そのモンスターに装備する。 2 :モンスターに装備されているこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。 自分のデッキ・墓地から、ドラゴン族・レベル1モンスター1体を選んで手札に加える。 元気に飛び回る幼竜。 戦闘力は高いとは言えないものの、幼竜に手を出せば親が現れるので注意。 まだまだ幼さは残るがそこは真紅眼、侮ることなかれ。 攻撃力のパンプは300と頼りないが、戦闘破壊された際の効果は強力。 レッドアイズの攻撃力を上げ、墓地へ送られた際もサーチできるなどかなり便利な効果。 伝説の黒石やガードオブフレムベルなどをサーチし展開につなげた。 1 :自分エンドフェイズに墓地のこのカードを除外し、 自分の墓地の「レッドアイズ」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターをする。 青年期の。 風のように飛び回り、相手を翻弄する。 黒鋼の鱗は赤い光を帯び、真紅眼のパワーが宿りつつある。 墓地からレッドアイズモンスターをできる便利な効果だが、通常召喚を行えない制約付き デュエルリンクスではおおあばれしたが現環境のスピードにはついていけないのは否めない。 このカードを手札から守備表示でし、 可能な限りその破壊されたモンスターを破壊された時と同じ表示形式でする。 2 :このカードをリリースして発動できる。 このターン、自分は通常召喚に加えて1度だけ、 自分メインフェイズに「レッドアイズ」モンスター1体を召喚できる。 仲間のピンチに激昂する若き真紅眼。 体全体に赤い模様が現れ、その力は真紅眼の仲間たちを保護する。 様々な経験を積み、1人前の真紅眼へと成長した。 相手のなどの全体除去に反応させたいカード。 展開次第では最大5枚のカードをできるその効果は強力無比。 さらにリリース時の召喚権を増やす効果も面白く、デュアルモンスターの多い真紅眼と合致した面白いサポートカード。 怒りの黒き炎はその眼に映る者全てを焼き尽くす。 その姿に幼いころの面影はなく もはや彼にかなうものはいなくなった。 黒き炎はすべてを焼き払い、敵を闇へと葬る。 真紅眼の始まり。 初期のは青眼に攻撃力はおとるものの、その拡張性能は健在でメタル・デーモン・メテオなど様々な名前を冠し、強烈にの可能性を広げた。 現在でも多くのプレイヤーが愛用し、長く愛されるモンスターの1枚。 2 :フィールドの通常モンスター扱いのこのカードを通常召喚としてもう1度召喚できる。 その場合このカードは効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る。 このカードの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。 「真紅眼の黒炎竜」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。 身を焦がすほどの猛攻を見せる。 炎を纏い猛進し、すべてを消し炭と化す。 自身へのダメージも相当深いはずだ。 デュアルモンスターの真紅眼。 ひとたびデュアル効果を発動できれば相手のライフの4分の1を奪う強烈な効果。 城之内の使うモンスターということもありバーン性能の多い真紅眼の中でも強力なモンスター。 比較的緩く多くのダメージを与えられるため強い。 自分フィールド上に存在する「真紅眼の」1体を リリースした場合のみする事ができる。 このカードの攻撃力は、自分の墓地に存在する ドラゴン族モンスター1体につき300ポイントアップする。 長い時を経て深い闇により濃く順応し、面影を残しつつも違う次元の存在になってしまった。 各所に鈍く光る水晶体からの力を得る。 真紅眼をリリースしできるが、攻撃力アップの倍数も300とあまり大きな効果を期待できない。 見た目はめちゃくちゃかっこいいだけにもったいない1枚。 レベル9とメに次ぐレッドアイズモンスター。 1 :このカードが戦闘でアンデット族モンスターを破壊し墓地へ送った時に発動できる。 そのアンデット族モンスターを自分フィールドにする。 死んでもなお蘇る。 呪いは根深く、淘汰したアンデット達を操る力を持つ。 召喚コストがアンデット1枚ですむレッドアイズ。 相手のアンデットを戦闘破壊した場合に自分フィールドにする効果は強力だが、アンデットワールドが必須となる。 攻撃力は低いものの面白い効果を持つレッドアイズの1枚。 自分のデッキから「真紅眼の」1体をゲームから除外した場合にできる。 「Sin」と名のついたモンスターはフィールド上に1体しか表側表示で存在できない。 このカードが表側表示で存在する限り、自分の他のモンスターは攻撃宣言できない。 フィールド魔法カードが表側表示で存在しない場合このカードを破壊する。 SINの名を冠するレッドアイズモンスター。 デッキから真紅眼のを除外し、できるが フィールド魔法がないと破壊される制約を持つ。 レッドアイズ専用のフィールド魔法などが出てくれば新たな輝きを取り戻すかもしれない。 2 :フィールドの通常モンスター扱いのこのカードを通常召喚としてもう1度召喚できる。 その場合このカードは効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る。 このカードの攻撃力より低い守備力を持つ、 相手フィールドの表側表示モンスターを全て破壊する。 真紅眼の名を冠する【デーモン】 「デーモンの召喚」のリメイクカードだが、非常に強力な全体破壊効果を持つ。 自身の効果はもとより、さらに優秀な融合モンスターの素材として活きる。 真紅眼の力を手にしたデーモンの姿。 2 :フィールドの通常モンスター扱いのこのカードを通常召喚としてもう1度召喚できる。 その場合このカードは効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る。 大気圏に突入する流星竜。 赤熱した体表面がその落下速度を物語る。 「メテオ・ドラゴン」のリメイクカードとして扱われますが、真紅眼のサポートカードとしての性能を満たしています。 デュアル状態になったこのカードがいる限り、レッドアイズモンスターは戦闘効果で破壊されなくなる守りの「真紅眼」サポート。 さらに最強「真紅眼」融合体へのキーとして活躍してくれます。 2 :1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。 自分の手札・墓地から「レッドアイズ・ダークネスメラゴン」以外の ドラゴン族モンスター1体を選んでする。 2 :自分フィールドに「トゥーン・ワールド」が存在し、 相手フィールドにトゥーンモンスターが存在しない場合、 このカードは直接攻撃できる。 3 :1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。 手札から「レッドアイズ・トゥーン・ドラゴン」以外のトゥーンモンスター1体を 召喚条件を無視してする。 自分フィールドの、「メタル化・魔法反射装甲」を装備した 「真紅眼の」1体をリリースした場合にデッキからできる。 自分の手札・フィールドからこのモンスターを 攻撃力600アップの装備カード扱いとしてその自分のモンスターに装備する。 2 :このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。 デッキから「レッドアイズ」カード1枚を手札に加える。 その装備カードを破壊する。 その後、相手フィールドの魔法・罠カード1枚を選んで破壊できる。 2 :1ターンに1度、このカードに装備されている自分フィールドの装備カード1枚を墓地へ送り、 自分の墓地のレベル7以下の「レッドアイズ」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターをする。 1 :このカードが戦闘を行う場合、 相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。 2 :したこのカードが戦闘を行ったバトルフェイズ終了時、 自分の墓地の「レッドアイズ」通常モンスター1体を対象として発動できる。 墓地のそのモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。 その後、そのモンスターをデッキに戻す。 手札・デッキから「レッドアイズ」モンスター1体を墓地へ送り、 そのモンスターの元々の攻撃力の半分のダメージを相手に与える。 2 :このカードがモンスターゾーンから墓地へ送られた場合、 自分の墓地の通常モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターをする。 そのモンスターを攻撃力200アップの装備カード扱いとしてこのカードに装備する。 2 :自分フィールドのカードを対象とするカードの効果が発動した時、 自分フィールドの装備カード1枚を墓地へ送って発動できる。 その発動を無効にし破壊する。 3 :このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。 このカードに装備されていたモンスターを自分の墓地から可能な限りする。 1 :このカードがに成功した場合、 このカード以外のフィールドのモンスター1体を対象として発動する。 このカードを攻撃力1000アップの装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。 2 :このカード以外のアンデット族モンスターが戦闘で破壊された時に発動できる。 自分または相手の墓地のアンデット族モンスター1体を選んで自分フィールドにする。 2 :X素材を持ったこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、 相手が魔法・罠・モンスターの効果を発動する度に相手に500ダメージを与える。 3 :1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、 自分の墓地の「レッドアイズ」通常モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターをする。 この効果は相手ターンでも発動できる。 1 :1ターンに1度、自分または相手が 「ロード・オブ・ザ・レッド」以外の魔法・罠・モンスターの効果を発動した時、 フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを破壊する。 2 :1ターンに1度、自分または相手が 「ロード・オブ・ザ・レッド」以外の魔法・罠・モンスターの効果を発動した時、 フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。 そのカードを破壊する。 1 :自分の墓地のモンスターまたは除外されている自分のモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに守備表示でする。 この効果でしたモンスターの効果は無効化され、フィールドから離れた場合に持ち主のデッキの一番下に戻る。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分はリンクモンスターをできない。 1 :自分の手札・デッキ・フィールドから、 融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、 「レッドアイズ」モンスターを融合素材とするその融合モンスター1体を EXデッキからする。 この効果でしたモンスターのカード名は「真紅眼の」として扱う。 1 :手札・デッキから「レッドアイズ」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。 デッキから「レッドアイズ・」以外の「レッドアイズ」魔法・罠カード1枚を手札に加える。 1 :手札からレベル7の「レッドアイズ」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。 自分はデッキから2枚ドローする。 その後、デッキからレベル7の「レッドアイズ」モンスター1体を墓地へ送る事ができる。 1 :自分の手札・フィールドから、 レベルの合計が4以上になるようにモンスターをリリースし、 手札から「の聖騎士」をする。 2 :自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外して発動できる。 デッキから「レッドアイズ」魔法・罠カード1枚を手札に加える。 この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。 このカードを装備カード扱いとして、そのモンスターに装備する。 装備モンスターは1度のバトルフェイズ中に2回までモンスターに攻撃できる。 2 :装備されているこのカードを墓地へ送り、フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。 その効果モンスターを装備カード扱いとして、このカードを装備していたモンスターに装備する。 この効果でモンスターを装備している限り、装備モンスターはそのモンスターと同じ攻撃力・守備力になる。 そのモンスターをする。 1 :自分フィールドの表側表示の「レッドアイズ」モンスターが戦闘・効果で破壊された場合、 破壊されたそのモンスター1体を対象として発動できる。 お互いのプレイヤーはそのモンスターの元々の攻撃力分のダメージを受ける。 1 :自分フィールドに「レッドアイズ」モンスターが存在する場合、 自分の墓地の通常モンスター1体を対象としてこの効果を発動できる。 そのモンスターをする。 2 :このカードが相手の効果で破壊され墓地へ送られた場合、 自分の墓地の「レッドアイズ」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターをする。 【真紅眼】レッドアイズモンスター25枚まとめ! の歴史と共に進化し続けてきた真紅眼モンスター達。 20年を超えさらなる進化を続けることは間違いないでしょう。 青眼の幼竜とかも見てみたいですね。 最後まで見ていただいて有難うございました。 最近の投稿• 最近のコメント• に hukuzawa wakuhei より• に BM より• に 三沢 より• に paulracerx6488 より• に paulracerx6488 より アーカイブ• カテゴリー• メタ情報•

次の

超魔導竜騎士

レッド アイズ デッキ

以下の効果記述はより。 2 :自分フェに発動できる。 相手の1体を選んで破壊し、 その元々の攻撃分のを相手に与える。 この効果は1中に、こののとしたの数まで使用できる。 3 :1に1度、・・の効果が発動した時、手札を1枚捨てて発動できる。 その発動を効にして破壊し、このの攻撃をする。 超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズとは、に登場するある。 概要 発売の「Y BOX」にて登場。 自体は「」と「」がした夢の。 また、「」は族の効果で代用できる。 その内容は対に取られず、効果破壊されないという強固な耐性を持ちながら、相手のを対取らずに最大2回の破壊を行え、を与えることが出来、手札1枚をに相手の効果を効にして更に攻撃を出来るという、強な効果が詰め合わされたである。 一度を許した場合、等によるをするか、1回効を掻い潜って効果を使って対を取らない破壊以外の除去を行うか、上がっているの攻撃である00よりも高いで破壊を行うか、の効果を不可の「結界波」で効にしてから処理をする等の決して低くない要をするである。 これだけ強でありながら、名称1も生の制限もついておらず、自分の効果も効にすることが出来る。 1体は較的処理が行えるものの、2体の存在が級に近いためか、訂により制限化。 説明のために以降は「」とする。 真紅眼融合(レッドアイズ・フュージョン) 基本的にはこのでから「」と「」で出来る。 先攻初手で発動した場合、「」や「限泡」はこのがなために効果がなく、「浮」でから追い出す前にが出来てしまうため、「」でしか止めることができない。 召喚・特殊召喚に対する制限は(が出る前は 「」をして「炎弾」の効果を2回発動する、先攻1でも成立る1を成立させることくらいでしか「」1枚で止められるに合わなかったで)非常に厳しいが、この1枚で生み出されるテージは破格で、に妨を伏せることで強固な盤面が成立する。 なの方法の場合は「」扱いとなるが、自分の効果でも対にとれないため「炎弾」は発動できない。 むしろ 「」で相手ののになる原因となる。 訂により、このは制限となり、上記のか「」が制限となった。 先攻1を崩壊させるために構成を何かしら禁止にしたがるにしてはでにしなかったのが不思議でならない 円融魔術(マジカライズ・フュージョン) このはどちらかと言うとに特化しやすいで、2枚以降のを降臨させる。 自体が族なので利用できる。 ・の「」と「」を除外することでを行う。 また、「」をに「杯イムドゥーク」をしてからこのを使ったり、「」をサーチするためにに送った「」とにした「」をにこのを使うことでものを行える。 この場合、選んで破壊してを与える効果の使用回数は1回となる。 捕食植物 ヴェルテ・アナコンダ 効果2体という緩い定でされるで、の「」、「」の効果をするというもので、このに対しては逆に「」が効かず、その他の誘発が有効。 このの場合、「眼」をから引いていなくてもを行えるため、に使うことが出来るという強みと、を行うまで召喚・特殊召喚に制限がつかないこともあり、他の強なと共に並べたいという用途でもされた。 欠点としては、「眼」よりも誘発で止まりやすいことと、この自身の攻撃がと低いことである。 訂により、制限となった。 ドロドロゴン 汎用的なで出来る6の。 には限定されているものの、「眼」関係なしにが行え、この自身にも1体の代わりに出来る効果を持っている。 この場合、族の効果と「」として扱うこのですることになるため、選んで破壊してを与える効果は利用できない。 2020年1月環境で作られた主な使用デッキ(遊戯王OCG) ドラグーンビート 「眼」、「・」と妨が多く積まれている、特化の。 いちくを降臨させ、を多く敷くことで強固な盤面を作るというのがの。 また、処理を行われても、もう1度発動させたり、「円融」によるが可であった。 この場合、「テ・ダ」はどちらかと言うと的な意味合いのが強くなる。 ドラグーン出張1 「 テ・ダ」と「眼」と「」と「」を限の1枚ずつ採用する。 基本的に「眼」を引かないで戦いたいというに持ち込みやすく、登場初期は後述のものよりこちらのがになっていた。 ドラグーン出張2 前述のものに加えて、「眼」を2~3枚採用する。 が進むたびに関してはこちらのが流になっていた。 「眼」1枚から作られるテージが前述のものより重視されており、【】に寄せた形となる。 特にこの形となると、採用していないと採用を行うの2つに分かれ、どちらかの対策を強くするともう片方の対策が疎かになる可性がある。 こちらの場合でも「テ・ダ」は的な意味合いのが強くなってくるも存在している。 リリーサードラグーン 「テ・ダ」や「ドロドン」がに至るまでの特殊召喚・召喚の制限がついていないことを利用して、その横に「サー」をとした「スの」のを行い、と共に並べる。 これにより効果1回効の実質00のと共に相手の特殊召喚を封じる守備0のという強固な盤面を築くことが出来る。 この場合、手始めに特殊召喚を行わず、の効効果を掻い潜りながら「スの」を処理をしなければならない。 また、テ・ダを利用した場合、闇にする効果を使ってスを闇にしようとしたところを効果を効にすることで攻撃のテ・ダをから追い出して3体を耐性を視してする「-球体形」による除去を防ぎ、さらにを実質0のにすることが出来る。 ちなみに似たような盤面はでなくても成立するもあるためか、このの台頭により、「サー」が訂により入りを果たした。 2020年4月環境で作られた主なデッキ ので多くの大会にはてはいなかったものの、一部行われていた大会やで行われていた大会に基づき記述する。 ドラグーン出張1 の「1」と同じもの。 「眼」の制限により、前とべてこののも増加した。 また展開しきれなかった場合にテ・ダからのに生することでをかけているような構築も増加。 ドラグーン出張2 「・」を投入し、「」を2枚積んでいる。 「眼」1枚のテージを重視したで、の「2」を訂に合わせてされたもの。 前にも存在していた、【】がこのにされ、現でも引き続き続投している。 このはの部分に「」を採用しているような感覚にほぼ近い構築となり、「・」、「眼」でにを溜めることが出来る。 遊戯王TCG そんなこの。 発売の缶により、《- 》として登場することになっていたが、《- rk 》に名称が変更されることになった。 おそらく名称の見たに「」の要素を追加したかったためと思われる。 関連動画 関連商品 関連項目•

次の