ゾッキ 蒲郡。 竹中直人×山田孝之×齊藤工が共同監督 大橋裕之原作の映画『ゾッキ』撮了

大橋裕之氏原作「ゾッキ」実写映画化!

ゾッキ 蒲郡

ついに情報解禁されました、映画「ゾッキ」 蒲郡市出身の大橋裕之さんの「ゾッキ」が実写化。 竹中直人、山田孝之、齊藤工という、非常に著名な3人が監督を務めることになり、2月から蒲郡市内各地で撮影がスタートとなります! 私も実行委員会の1人としてお手伝いしていますが、蒲郡市としては近年類を見ないビックプロジェクトなので、官民一体となっての映画ロケ支援とプロモーションが始まっています!近々、下で紹介する公式SNSのほかにも、実行委員会のSNSもオープンしますのでぜひのぞいてみてくださいね~。 ニュースの情報を以下でご紹介! 俳優の竹中直人、山田孝之、齊藤工が映画監督として、漫画家・大橋裕之の初期作品集「ゾッキ」を実写映画化することが16日、明らかになった。 竹中は映画監督として8作目、齊藤は長編映画監督として3作目、山田は映画作品で初監督を務める。 脚本は、『十二人の死にたい子どもたち』で知られる劇作家・演出家の倉持裕が執筆。 2021年の全国公開に向けて、原作者・大橋の生まれ故郷である愛知県蒲郡(がまごおり)市で2月より撮影がスタートする。 原作は、大橋が2017年に発表した幻の初期作品集「ゾッキ」(カンゼン)。 「謎漫画作品集」「週刊オオハシ」などの自費出版漫画集、漫画誌などに掲載された活動初期の作品を上下巻にわたって収録している。 「ゾッキ」の語源は「寄せ集め」「ひとまとめにした」という古本用語である。 2018年に竹中が大橋の漫画に惚れ込み、齊藤と山田に映画監督としてオファーしたことから、三人による共同映画制作がスタート。 監督として『無能の人』『東京日和』『サヨナラCOLOR』などを世に送り出してきた竹中は「まさかこんなときがくるなんて……大ファンだった大橋裕之さんの作品を映画にすることが出来るなんて……まるで夢のようなできごと……夢のまた夢のようなできごと……ぼくが感じた大橋さんの世界をどこまで映像化出来るのか……この思いに集まって来てくれた方々と夢中になって作ります! 」と嬉しさをあらわにする。 漫画家・大橋裕之の初期作品集「ゾッキ」 俳優・斎藤工として活躍する傍ら、監督として『blank13』を手掛けた齊藤は「監督陣がやや派手な門構えに見えるかも知れませんが、作品至上主義の映画人が集まっていて、大橋裕之さんの最高過ぎる原作に忠実に、かつ実写ならではの裏切りを行いたいと思っております」とコメント。 映画の初監督に挑む山田は「初めてゾッキを読んだ時の衝撃、感動、恐怖、希望。 それらを自分なりの表現で伝える。 怖くもあるけどゲボが出るほど楽しみです。 監督のイメージはあるものの監督をしたことがない僕ですが、竹中監督、齊藤監督と協力して心を刺激する作品に仕上げたいと思います」と意気込んでいる。 撮影は、大橋の生まれ故郷である愛知県蒲郡市で全編オールロケとなる。 蒲郡市は行政・企業・民間から組成される「映画『ゾッキ』蒲郡プロジェクト委員会(仮) 」を100名規模で設立。 撮影協力にとどまらず、委員会メンバーを追ったドキュメンタリー制作、出演者オーディションの開催、映画とコラボレーションした商品開発といった様々な取り組みを行う。 ——————————— 「ゾッキA」「ゾッキB」は、2017年にカンゼンより刊行された大橋の作品集。 自費出版された「謎漫画作品集」「週刊オオハシ」をはじめ、マンガ誌やミニコミ誌などに掲載された活動初期の作品が収められている。 このたびの実写映画化は、本書に惚れ込んだという竹中が実写映画化を熱望し、監督として山田と齊藤にオファーしたことから実現したもの。 脚本は、舞台演出家・劇作家の倉持裕が書き上げた。 竹中は「ぼくが感じた大橋さんの世界をどこまで映像化出来るのか…この思いに集まって来てくれた方々と夢中になって作ります!」とコメント。 また山田は「初めてゾッキを読んだ時の衝撃、感動、恐怖、希望。 それらを自分なりの表現で伝える。 怖くもあるけどゲボが出るほど楽しみです」、齊藤は「大橋裕之さんの最高過ぎる原作に忠実に、かつ実写ならではの裏切りを行いたいと思っております」と思いの丈を寄せた。 映画は、大橋の生まれ故郷である愛知県蒲郡市で全編オールロケを敢行。 また蒲郡市では行政・企業・民間から組成される「映画『ゾッキ』蒲郡プロジェクト委員会(仮)」を発起し、撮影協力にとどまらず、委員会メンバーを追ったドキュメンタリー制作や出演者オーディションの開催、映画とのコラボ商品開発、エコ・チャリティー活動などに取り組み、来年の公開に向けて映画「ゾッキ」を盛り上げていくという。 それらを自分なりの表現で伝える。 怖くもあるけどゲボが出るほど楽しみです。 監督のイメージはあるものの監督をしたことがない僕ですが、竹中監督、齊藤監督と協力して心を刺激する作品に仕上げたいと思います。 このプロジェクトの発起人である竹中直人さん、そして、この作品に関わるきっかけをくださった前野朋哉さんに心から感謝致します。

次の

竹中直人×山田孝之×齊藤工が共同監督 大橋裕之原作の映画『ゾッキ』撮了

ゾッキ 蒲郡

com ニュース] 漫画家・氏の初期傑作集を映画化する「」の製作発表会見が2月3日、愛知・蒲郡クラシックホテルで行われ、監督として参加した、、のほか、大橋氏、プロデューサー・氏、蒲郡市長・鈴木寿明氏、蒲郡商工会議所会頭・小池高弘氏、映画「」蒲郡プロジェクト委員会実行委員長・水野順也氏が出席した。 企画発起人となった竹中は、「2年前に『火星のふたり』というさん作演出の舞台をやった時に、ゲストで出ていたの楽屋が向かいで、よくちょっかいを出しにいっていたのですが、楽屋の冷蔵庫の上に『ゾッキA』『ゾッキB』が置いてあって。 普段あまり漫画も読まないんですが、自分の楽屋で広げて読んだら、とても感動してしまって『うわあ、これ映画にしたい』とすごく思って。 でも自分ひとりの力では、年を取ってしまっていてこれ無理だなと思って、山田君、齋藤君を誘って。 そしたらやってくれるってなって『やったあ!』ってなりました」と経緯を説明。 大橋氏の生まれ故郷・蒲郡市については「本当に(映画の撮影に)理想的な場所ばかり」と意欲を見せた。 監督初挑戦となった山田は、原作漫画に衝撃を受けたことから「監督をするという気持ちは今まで1ミリもなかったんですが、これはどうしても参加したいということで初挑戦ながら、皆さんに助けてもらいながらならなんとかなるだろうという思いでやっていきます」と告白。 同市には既に3回ロケハンに来ているようで「地元の人と交流する機会もいただいて。 ロケハンしていてもこんなにワクワクするもんなんだなって。 大橋さんが育ったところで、この景色も『』に反映されているんだろうなって。 ロケハンでもビタっとハマるような場所がありました。 地元の人には何気ないものでも普段東京で生活していると、どう切り取っても素敵なところばかりです」と語っている。 劇場公開長編3作目となった齊藤は「日本映画の心臓部とも言える、お二方と新しい切り口の映画を作れること、非常に光栄です」としみじみ。 また、出産子育てをきっかけに映像業界を離れざるを得ないスタッフのため、蒲郡市子育て支援課と市が運営するファミリーサポートの協力で託児所が実現したことについて、発案者しての意見を述べた。 齊藤「個人的な考えから始まったんですが、出産子育てと撮影現場が乖離していることは日本映画の損失だと思っていました。 託児所があることで、監督やスタッフが映画に尽力することができるならばと考えていました。 自分の撮影現場でできるならばということで、昨年、自分のイニシアチブを取れる作品で高崎市で挑戦しました。 今回もプロデューサー、監督、蒲郡市も市長をはじめ地域の方たちの協力と快諾を得て小さなこころみではありますが実現できました」 原作者の大橋氏は「(実写化は)びっくりして、本当にうれしい。 ほぼ自費出版のところからスタートして、この作品はヘンな漫画だとよく言われるのですがヘンな漫画だと思ってもらえるなら僕はうれしいです。 実写化ですが監督には自由に撮ってほしい」と期待を込める。 「まさか生まれた蒲郡で撮影をするなんて思わなかったです。 びっくりしています。 昔からの建物や風景がどんどんなくなっていく中で、映画としてずっと残っていくのはうれしいです」とコメントを寄せていた。 「」は、本日2月4日にクランクインし、2月末まで撮影を行う。 2021年に全国公開を予定。 (映画. com速報)•

次の

愛知)蒲郡の「ゾッキ」ロケ終了 竹中監督らコメント:朝日新聞デジタル

ゾッキ 蒲郡

地元出身の漫画家大橋裕之さんの作品表紙に描かれたキャラクターが2021年の全国公開を知らせている。 看板は駅北側広場タクシー乗降口にある。 縦1・5㍍、横5㍍。 フラッグは縦90㌢、横40㌢で、駅南広場から生命の海科学館前までのポールにそれぞれ設けられた。 漫画「ゾッキ」の表紙にある女子生徒と男子生徒を描き、俳優の竹中直人、山田孝之、齊藤工さんの3人が監督を務めたことを説明する。 原作は大橋さんが駆け出しの頃に描いた約30編をまとめた短編集で17年に発表された。 竹中さんが2年前、「ゾッキ」を読んで実写映画化を思いつき、親交がある山田、齊藤さんに映画監督を要請。 共同で制作した。 脚本は舞台演出家の倉持裕さん。 撮影は2月4日からの21日間だった。 (安藤聡) 蒲郡市内で映画「ゾッキ」が撮影されたことをPRする看板とフラッグが27日、蒲郡駅の南北に登場した。 地元出身の漫画家大橋裕之さんの作品表紙に描かれたキャラクターが2021年の全国公開を知らせている。 看板は駅北側広場タクシー乗降口にある。 縦1・5㍍、横5㍍。 フラッグは縦90㌢、横40㌢で、駅南広場から生命の海科学館前までのポールにそれぞれ設けられた。 漫画「ゾッキ」の表紙にある女子生徒と男子生徒を描き、俳優の竹中直人、山田孝之、齊藤工さんの3人が監督を務めたことを説明する。 原作は大橋さんが駆け出しの頃に描いた約30編をまとめた短編集で17年に発表された。 竹中さんが2年前、「ゾッキ」を読んで実写映画化を思いつき、親交がある山田、齊藤さんに映画監督を要請。 共同で制作した。 脚本は舞台演出家の倉持裕さん。 撮影は2月4日からの21日間だった。 (安藤聡).

次の