やまや 明太子。 明太子

博多もつ鍋 やまや 四条烏丸店

やまや 明太子

福岡名物の明太子で知られる〈やまやコミュニケーションズ〉。 累計本数100万本を突破した〈やまやのめんたいチューブ〉も話題のやまやから、 常温でも持ち運びができる明太子 〈熟成乾造(じゅくせいかんづくり) やまやドライ明太子〉が発売されました。 ドライ明太子 パッケージ 〈やまやドライ明太子〉は、辛子明太子を乾燥したもの。 乾燥することで、コクと辛さが凝縮され、 新食感の味わいを少量で楽しむことができるのが特徴です。 そもそも乾燥は、長期保存を目的として、最も古くから行われている食品保存方法。 干しあわび・干し肉・干しエビ・カラスミ・するめ・凍り豆腐 ・干し柿・干しぶどうなどなど、多くの乾燥食品がありますが、 いずれも乾燥することで旨さが増し、生では味わえない風味と旨さが生まれます。 〈やまや〉ではここに着目し、乾燥明太子の開発に取り組みました。 このたび発売された〈やまやドライ明太子〉は3種類。 まずは、そのまま薄くスライスしたり、軽く炙って食べる 明太子1本入りの〈やまやドライ明太子〉(税抜1,200円)。 乾燥により旨みを凝縮した辛子明太子は、今までにない濃厚な味と食感で驚きの珍味。 お酒のおつまみにもぴったりです。 そしてこちらは、お湯をかけるだけでうまだしの出汁が滲み出る 〈やまやドライ明太子 うまだし茶漬け〉(2食入り、税抜600円)。 旨味たっぷりのお茶漬けが手間いらずで出来るのがうれしい! 次のページ めんたいぺペロンチーノがささっとできる Page 2 そしてパスタソースの〈めんたいぺペロンチーノ〉(税抜600円)も! オリーブオイル・ガーリック・唐辛子・ドライ明太子が入ったパスタソースで、 さっとパスタに混ぜるだけで本格的なペペロンチーノが完成します。 販売は直営店舗、福岡空港国内線・国際線、博多駅各売店などで。 お土産にもぴったりです!.

次の

「やまや」と「かねふく」の辛子明太子を食べ比べしてみた : NewsACT

やまや 明太子

やまやドライ明太子は何本入りですか? ドライ明太子は1本入りです。 やまやドライ明太子はカットされていますか? ドライ明太子はカットされておりませんのでお好みによって2~3mm程度の厚さにカット、あるいはスライサーなどで細かくしてお召しあがりください。 やまやドライ明太子の賞味期限はどれぐらいですか? 保存の目安は常温で約2ヵ月です。 開封後は冷蔵庫で保存し、お早めにお召しあがりください。 やまやドライ明太子は持ち歩けますか? はい。 常温保存が可能ですので、持ち歩きが可能です。 やまやドライ明太子はそのまま食べられますか? はい。 お酒の肴などとしてそのままお召しあがりいただけるほか、スライサーやおろし器などで細かくして料理のトッピング、パスタなどにもご使用いただけます。 うまだし茶漬けは何食入りですか? 2食入りです。 うまだし茶漬けはどのように食べるのですか? 大きめのお茶碗に、軽く一杯の温かいごはん(約100g)を盛り、具材とかやくをのせ、お湯(150ml)を具材にまんべんなくかかるように注ぎ、具材をほぐしてお召しあがりください。 めんたいペペロンチーノ【パスタソース】はパスタ以外にも使えますか? ご飯のお供や茹でたジャガイモ、ブロッコリーなどに和えてピリ辛味の温野菜サラダなどにもお使いいただけます。 めんたいペペロンチーノ【パスタソース】の辛さについて 刻み唐辛子が入っており、明太子独特のピリ辛さがございます。 YAMAYA BASE NAKASU 2312 福岡市博多区中洲2-3-12 TEL: 営業時間:11:00~19:00/定休日:月曜日・火曜日(祝日は営業) やまやマイング3号店 (Yamaya Jan Base HAKATA) 福岡市博多区博多駅中央街1-1 博多ステーションビル 名店街マイング1階 TEL: 営業時間:9:00~21:00/定休日:年中無休 ANA FESTA福岡国内ロビー店 福岡空港国内線ターミナルビル2階 南保安検査場前 TEL: 営業時間:6:30~21:00 BLUE SKY(ブルースカイ) JALUX国内出発ロビー店 福岡空港国内線ターミナルビル2階 南保安検査場前 TEL: 営業時間:6:30~21:00 福岡空港 国際線 南免税店/北免税店 福岡空港国国際線3階 出発待合ロビー内 営業時間:7:45~最終便出発まで.

次の

やまやの明太子がいろんな味で楽しめる「わたしとめんたい」10種食べ比べ!

やまや 明太子

マイナビムック『肉の都東京』に当ブログ管理人・猪原賽がコラムを寄稿! NewsACTでも紹介したお店を5店舗紹介しています。 しかも、明太子のブランドとしては有名な、「やまや」と「かねふく」2社の明太子を同時に! (写真は既に箱から出し、ひと口サイズに切ったものです。 ) 福岡土産として明太子は定番ですが、さすがに同時に2社(2種)というのはめったにないですね。 実生活、自家用としても、こういう買い方はなかなかしない。 というわけで、みんなで食べ比べてみようという会が開催されました。 まず一見して、その色合いがけっこう違うことに、驚きますね。 ……あ、どちらも社としてピンからキリまで、様々な明太子商品を扱っていると思います。 どちらも同じ価格帯……とも、確認はできません。 お土産ですので、値段をきくのも失礼な話ですよねw 冒頭に「詳しい分析はしない」「あくまで個人の感想」と書いたのには、そんな訳もあるのです。 こちらには、「匠のたれ」の小袋が添付されていました。 新鮮なたらこを、タレに漬け込むことによって味を染み込ませ熟成させ、おいしい辛子明太子ができます。 そのタレを、やまやでは「匠のたれ」と呼び、製品に添付。 お客の好みで、そのまま食べてもよし、タレをかけてよし、タレだけで他の料理に使ってよし、と、ひとつの製品で2度3度とおいしい仕様になっていました。 たらこを明太子たらしめるタレ(漬け込み液)から取って出したそのままのような、つゆだく感。 逆に「やまや」はこのタレを切り、別添の小袋で後からチャージできるようにしたということですね。 つまりかねふくの明太子は、オーソドックスなTHE 辛子明太子。 創業から50年近い大手メーカーとして、伝統は守るスタイルということでしょうか。 その場に居合わせたメンバーさん達にふるまうということで、辛子明太子2社分、各自1切れずつ。 ……え、少な〜いw そして、断面を並べて見ると、意外とどっちがどっちかわからなーいwww (左・やまや、タレがけ/右・かねふく) ひとりひとりの分配量は少ないが、その分じっくり味わい比べることができます。 食べ比べに参加した皆さんの感想をまとめると、以下のようになります。 【やまやの感想】• やわらかい• そのまま食べればマイルド、タレをかければコクと辛味が増す• 柚子由来の柑橘系のさわやかさが強い• 生たらこ独特の磯味が少ない 【かねふくの感想】• 粒がしっかりしている• 辛味がシャープ• 生たらこ独特の磯味がある かねふくの辛子明太子は、オーソドックスな辛子明太子。 辛味が利いており、海産物としての磯風味があります。 一方やまやの辛子明太子は「匠のたれ」に含まれる柚子の香りがかなり強く、それが、ともすれば苦手な人もいる磯風味を、巧みに消していると言えるかも。 なまものの生臭さが苦手だという方には、やまやの辛子明太子。 昔ながらの辛子明太子の旨味を求める人は、かねふくの辛子明太子。 そんな使い分けくらいは今後できるなー、というのが最終的な「個人の感想」です。 からお送りしました。 【Amazon】.

次の