山口百恵映画。 映画『古都』ネタバレ! 山口百恵が主演した前作の評判やあらすじ!

映画『潮騒 しおさい(1975)』ネタバレ・あらすじ・感想。「その火を飛び越して来い!」山口百恵&三浦友和が三島由紀夫文学で紡ぐ“リアル愛”。

山口百恵映画

この にはなが不足しています。 の提供に協力をお願いします。 存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的にあるいは有害となるものは すぐに除去する必要があります。 ( 2013年12月) やまぐち ももえ 山口 百恵 本名 三浦 百惠(みうら ももえ) (旧姓:山口) 別名義 横須賀 恵(よこすか けい) (作詞時のペンネーム) 生年月日 1959-01-17 (61歳) 出生地 (出身地:) 身長 161cm 血液型 A型 職業 元、元 ジャンル 活動期間 - 配偶者 (1980年 - ) 著名な家族 (長男) (次男) (義娘) 山口 百恵(やまぐち ももえ、(昭和34年) - )は、の元、。 活動時の所属事務所はで、レコード会社はに所属していた。 本名は 三浦 百惠(みうら ももえ、: 山口)で、芸能界引退後に三浦百恵名義でを行っている。 は俳優の(結婚)。 長男は・俳優の。 次男は俳優の。 以下、氏名の表記は特記を除き「百恵」で統一する。 略歴 [ ] 生い立ち [ ] に生まれる。 幼少時を、小学2年生から中学生でデビューするまでで過ごした。 時代に、に出場した。 芸能界デビュー [ ] 12月、番組『』で、の「回転木馬」 を歌い、準優勝 、20社から指名を受ける。 同番組への出演応募のきっかけは、同い年の森昌子がテレビで活躍しているのを見て「自分も森昌子さんのようになりたい」と思ったこと。 同番組では、審査員の阿久悠から「あなたは青春ドラマの妹役なら良いけれど歌手は諦めた方が良い」と言われる。 4月、『』に出演し、に同名の曲で歌手としてもデビュー。 ・と共に「」と呼ばれた。 デビューのは「大きなソニー、大きな新人」。 1973年、デビュー曲の発売される前日に横須賀店の屋上にあるステージで、地元でのお披露目として「」を歌う。 デビュー曲の「としごろ」は、スタッフの期待以下のセールスに止まったため、第二弾の「」ではイメージチェンジを図り、大胆な歌詞を歌わせる路線を取った。 これは「青い性路線」(「性典ソング」)と呼ばれるようになり 、それはの「」の大ヒットで大きく花咲くこととなった。 年端のいかない少女が性行為を連想させるような際どい内容を歌うという、この「青い性」路線で百恵は絶大な人気を獲得することになる。 歌詞の内容は際どかったが、や、あるいはに復活したなどのセクシー路線の歌手と違い、百恵は年齢が低くビジュアル面では純朴な少女というイメージだった。 歌とビジュアルのギャップ、それに伴うある種の背徳感が、百恵の人気を独特なものにしていったと言われる。 これは百恵のとしての資質によるだけではなく、所属事務所やレコード会社による周到なイメージ戦略の賜物でもあった。 「ひと夏の経験」を歌っていた時期のインタビューではたいてい「女の子の一番大切なものって何だと思いますか」と質問されたが、百恵は全て「まごころ」で通した。 同曲が大ヒットした1974年には文芸作品の名作『』に主演し、演技でも評価を得る。 この映画で共演した相手役のとはのでこの年の夏に共演済であった。 『伊豆の踊子』は一般公募で相手役を募集したが、このグリコCMを観た『伊豆の踊子』の監督、が最終選考の中に三浦の書類を入れたと言われている。 三浦とはその後もやCMでも共演し、共に絶大な人気を博し、二人は「ゴールデンコンビ」と呼ばれた。 百恵の映画初出演はレコードデビュー前にホリプロが制作した『としごろ』 、森昌子主演 で、新人の顔見せとしての出演だったが、『』以降、映画13作で主演。 そのうち12作は三浦との共演である。 「映画に関するかぎり製作者は彼女をリメイク女優以上に認識していなかった。 にもかかわらず西河は『』で、驚異的なまでのぶりを彼女に演じさせた」。 しかし1978年にはファンからの声の大きかった初のオリジナル作品『』がコンビ出演のグリコCMを撮り続けていた監督の演出で製作され、翌年にもコンビ主演10作品記念としてオリジナル作品『』が監督で製作された。 なお、これらの映画は東宝配給ながらすべて日活撮影所で製作され、監督やカメラマンも西河ら日活出身者が大部分を占めることもあり、往年の日活青春映画、文芸映画の後継的な意味合いも持っている。 最後の引退記念作品『』もやはり日活製作であり、東宝からカメラマンのら数名のスタッフを連れて20年ぶりに日活撮影所に乗り込んだ監督は、馴染みの薄いスタッフを粘りに粘って叱咤し引退作を撮りあげた。 市川は以前に何度か自分の作品に百恵の出演を依頼していたが、ホリプロサイドから断られており、この最後の作品で監督を務める喜びを制作記者会見で語っている。 テレビドラマでの初レギュラー出演は1973年10月スタート、大映テレビ制作TBS系の「顔で笑って」。 この作品でとの親子役が始まり、以降宇津井健を公私共に「お父さん」と慕った。 1974年10月からはのテレビドラマ(いわゆる)に主演し、「赤い疑惑」「赤い衝撃」では三浦友和と共演。 高い人気を集め、シリーズは6年にも及び、百恵のレギュラー出演作品は「赤い絆」引退記念作品の「赤い死線」まで6作品にもなった人気ドラマとなる。 にはの年間売上成績で第1位に輝いた。 この年リリースされた『』から・夫妻の作品を歌い、新境地を開く。 宇崎夫妻が手掛けた作品は大ヒットの連続で、百恵の世界を決定的に形作った。 この二人を作家として指名したのは、周囲のスタッフではなく百恵本人だった。 にで行われた第6回で外国人アーティストが多数出演、受賞する中、日本人歌手として楽曲『夢先案内人』で銅賞を受賞した。 の『』で紅組トリを務める。 白組のと共にポップス歌手のトリは番組初のことで、10代の歌手が紅白のトリとなったのも百恵が初で、最年少記録は破られていない。 ホリプロが東京都に建てた自社ビルは、百恵の成功によるところが大きいことから「百恵ビル」と呼ばれることもある。 には、評論家のが『山口百恵は菩薩である』を著すなど、多くの文化人に現代を象徴するスターとして語られた。 写真家のは百恵のデビュー当時から被写体として何万枚も撮り続けて来たが、度々、印象的な写真を発表し、注目を集めた。 1970年代に篠山が最も多く撮影した女性は百恵であり、「それは時代が山口百恵を必要としていたから」とし、百恵を「時代と寝た女」と称した。 人気作詞家だったは、『スター誕生! 』の審査委員長を務めていたが、同番組出身である百恵には作品を一切提供していなかった。 その理由のひとつとして、「当時は桜田淳子に(詞を)書いていたから、同系統の歌手には書かないことにしていた」と阿久自身は述べている。 2008年に日本テレビ系で放送されたドラマ『』では、『スター誕生! 』のテレビ予選で百恵に対して阿久が「妹役のようなものならいいけれど、歌はあきらめたほうがいいかもしれない」と評したことで 、「そのことに傷ついた百恵は作品の提供を阿久に求めなかった」という話に脚色されているが、あくまでもドラマでの脚色で、阿久自身は著書『夢を食った男たち』で前述のオーディションでのエピソードについて記した上に、自らファンである事実と更に百恵の魅力についてもかつてのとの対談を差し挟んで語られている。 婚約発表・芸能界引退 [ ] 1979年、ので「私が好きな人は、三浦友和さんです」と、三浦との恋人宣言を突如発表する。 その後三浦も記者会見で「結婚を前提にして付き合っています」と語った。 そして、翌には三浦との発表と同時に、「我儘な…生き方を私は選びました。 (中略)お仕事は全面的に引退させて頂きます」と芸能界引退を公表する。 その一方で、迫り来る引退を視野に入れた形でのレコードのリリースや公演の予定を発表。 ので始まり、に解散ので定着した引退記念興行が大々的に展開されることになった。 引退直前同年9月に刊行された『蒼い時』 は、複雑な生い立ち、芸能人としての生活の裏面に加え、恋愛や三浦との初体験についても赤裸々につづられており、発売から1か月で100万部を超え、12月までに200万部を超える大ベストセラーになった。 また、同書の仕掛け人である出版プロデューサーのにも注目が集まった。 写真撮影は。 引退後の翌年1981年に文庫化されている。 1980年に日本武道館で開催されたファイナルコンサート では、ファンに対して「私のわがまま、許してくれてありがとう。 幸せになります」とメッセージを言い残し、そして最後の歌唱曲となった「」で堪えきれずに、涙の絶唱となった。 歌唱終了後、ファンに深々と一礼をした百恵は、をステージの中央に置いたまま、静かに舞台裏へと歩みながら去った。 ファイナルコンサートの翌日であるには、『』()にて引退特集番組が放送された。 司会者の・のほか、百恵と同じホリプロ所属の先輩だった和田アキ子、中三トリオの桜田淳子と森昌子、女性歌手仲間として仲が良かった・・・・・、男性歌手では「」の・・など が、百恵の最後の雄姿を見守っていた。 この放送は、後に『』として2010年6月30日にDVDが発売されている。 百恵と親しい間柄でもあった芳村はこの回の放送について、「いつもはスタッフ達の怒声も飛び交い、賑やかなスタジオであるはずが、この時はとても静かで、感動的だった」、「番組の放送が終った後も、皆去るのが辛く、VTRも回しっぱなしでお別れ会が続いた」と放送時のスタジオの様子を語っている。 現役歌手として最後のテレビ生番組出演は、放送の『山口百恵スペシャル ザ・ラスト・ソング』(、『』のとして放映)である。 正式な芸能活動の完全引退は、のホリプロ20周年記念式典で、その時に歌った曲は「」である。 式典の後同ホテル内において午後8時半過ぎに引退記者会見が開かれたが、記者の多さから開始直後、前列にいた百名近いスチール用カメラマンと後方のビデオカメラマンとの間で揉める場面もあり中断しかねない状態だった。 この会見はこの当日放送された『水曜スペシャル特番 山口百恵 今夜 旅立ち! 』(テレビ朝日)で番組の終わりに一部生放送され、これが事実上芸能人として最後のテレビ生出演となった。 引退時は21歳(22歳の誕生日の約3ヶ月前)で、芸能人としての活動はわずか7年半程だった。 引退までにシングルは31作の累計で1630万枚、LPは45作の累計で434万枚を売り上げ、1970年代最もレコードを売り上げた歌手だった。 現役時代にはホリプロとの確執があり、『蒼い時』でも意見の相違により社長の堀威夫と衝突があったと振り返っている。 当時の制作部長であった小田信吾とともに独立するつもりであったが、ホリプロ側が小田を説得して独立を阻んだため引退を決意したとの見解もある。 もし独立が成功していれば三浦との結婚がなかったかもしれず、女優としてその後も活躍していた可能性があったとの見方もある。 結婚 [ ] 結婚式は1980年に東京都港区赤坂のにてが牧師を務め、披露宴は・鳳凰の間で招待客1,800人が出席して行われた。 仲人は宇津井健夫妻で、友和側の主賓は社長の、百恵側の主賓はCBSソニー会長のがそれぞれ務め、百恵の父親代わりはホリプロの堀社長が務めた。 披露宴の司会はメインが、サブが(当時日本テレビアナウンサー)であった。 引退後 [ ] 引退後も常にマスコミやファンからの注目を集めているが、一貫して芸能界とは距離を置いており、原則メディア出演はしない。 ただしとして作品を提供したことがあり、にアン・ルイスに提供した「ラ・セゾン」がヒットしている。 マスコミは幾度となく復帰説を書き立てている。 引退直後の1980年の『』では「人気アンケート」で4位だったため番組側は出演交渉を行ったが、「既に引退しましたので辞退します」との本人回答となり、出場はなかった。 の『』、の『』でも番組側は出演交渉を行ったというが、出演はなかった。 家庭に入ってからは2人の息子をもうけた。 2人が小学校に在学中だった1994年、『』(TBS)に関する嘆願書 が、小学受験を行った保護者たちからTBSに送られた際、署名者の1人となっている。 1987年頃から独学で製作を始め、のちにキルト作家の鷲沢玲子に師事して作品を作り続けている。 作品が『東京国際キルトフェスティバル』等の展示会に出品されることもあり、にはから三浦百恵名義でキルト作品集『時間の花束』が出版された。 自宅に不審者が押し入る事件も発生したが、大事もなく解決している。 夫の三浦によれば百恵は、プライバシーが脅かされる生活に「私は、これ以上芸能界にいたことを後悔したくない」と漏らしたという。 長男の通園に備えて自動車教習所に通い始めた頃には、教習所の周りを百恵を狙ったカメラマンが囲み、苦悩したという。 夫がに助けを求めた翌日には、同局の注意喚起によりカメラマンは一人も来なくなった。 しかし長男の入園式の時に同局に対応を要請した際は担当者に断られ、結局マスコミが自宅、園を取り囲んだ中を強行突破する形となり 、さらには強引に中にいる子供にレンズを向けたため子供が怯える騒ぎとなった。 あまりの横暴に百恵は激怒、車を降りてカメラマンにまでしたという。 この出来事は翌週の週刊誌各紙に掲載された。 節目ごとに多くのが発売されている。 デビュー30周年にあたるには未発表曲1曲を含む24枚組『』が発売され、このヒットによりブームが再燃した。 1980年のシングル『』は、歌詞の中で連呼する「」という言葉が差別的表現であるとして1990年代後半以降レコード会社が発売を自粛した。 このためベスト盤CDやファイナルコンサートのDVD『』も不完全な形で発売されるようになった。 しかし発売の『』(全曲新アレンジで構成)に収録されたのをきっかけに、発売のCD-BOX『』に納められたファイナルコンサートのCD及びDVDには「謝肉祭」を含むノーカット版が収録された。 そして当時のシングル・バージョンも発売の廉価版CD『』に収録され、に『MOMOE PREMIUM』の改訂盤として通信販売限定で発売された『』および『』にも収録され完全復活を果たした。 引退25年・ホリプロ創立45年にあたる2005年、百恵の楽曲を使用した・『プレイバックPart2〜屋上の天使』が上演された。 、にちなんで行われる2011年度「母が選ぶ理想の母」のアンケートで1位となった(2位は、3位は)。 6月、女子はWeb上において山口を「去り際(引退)がいさぎよかった女性5選」の1人として選出・掲載をした。 ストリーミング配信 [ ] 、600曲以上の楽曲のストリーミング配信を開始した。 エピソード [ ]• 郷ひろみは「アイドル時代にマネージャーや周囲の目を盗み、山口百恵に電話番号を渡したが相手にされなかった」と語っており、当時既に夫となる三浦と交際し、結婚を意識していた百恵からしたら眼中にもなかったと言われている。 において、1973年6月4日付でデビューシングルの「」が75位に初登場してから1981年3月2日付で32枚目のシングルの「」が96位にランクインするまで、405週連続で100位以内にチャートインし続けた。 オリコンアルバムチャート レコードのみ において、引退後の1989年時点でアーティスト別セールス13位 251万枚 、TOP10総登場週数16位、TOP100総登場週数11位、と70年代アイドル歌手 男女共に では最も上位にランキングされている。 ファイナルコンサートでマイクを置くという演出は振付担当のの考案で、今では伝説的なアクションとしてさまざまな番組などでマネをされている。 タイトル 発売日 最高位 LP 最高位 CT 備考 1 1973. 01 3位 7位 「」「」収録 ナレーション入り 7 1975. 21 2位 12位 「」「」収録 初の宇崎・阿木作品「木洩れ日」「碧色の瞳」「幸福の実感」収録 9 1976. 01 3位 3位 「」収録 10 1976. 05 6位 14位 「」「」収録 11 1977. 21 3位 11位 初のコンセプトアルバム 全作詞・構成を阿木燿子が担当 12 1977. 21 3位 9位 ロンドン録音 「」の完全別アレンジ収録 13 1977. 05 7位 21位 「」収録 14 1978. 01 8位 24位 「」収録 15 1978. 01 6位 6位 「」「」収録 16 1978. 21 7位 7位 「」収録 自身最大ヒット・オリジナルアルバム 17 1979. 01 3位 8位 「」収録 NHK特集『』用に製作された曲を中心に構成されたアルバム 18 1979. 21 2位 4位 ロサンゼルス録音 19 1980. 01 5位 8位 「」「」「」収録 20 1980. 21 6位 5位 「」収録 21 1980. 21 6位 11位 「」収録 LP2枚組「百恵ちゃん祭り」オリジナル・ミュージカルの楽曲で構成されたアルバム(4面目に百恵のサインをプレス) 22 1980. 21 4位 15位 ラスト・オリジナル・アルバム テープのみの企画盤 [ ] タイトル 発売日 最高位 CT 備考 青い果実・禁じられた遊び 1973. 05 - 「」と表題シングルのA面・B面6曲に、LP『』より6曲の全12曲 春風のいたずら 1974. 21 - 表題シングルのA面・B面、LP『』より9曲、 LP『としごろ』より1曲の全12曲 ちっぽけな感傷・ひと夏の経験 1974. 01 13位 表題シングルのA面・B面、LP『』より8曲の全12曲 1975. Best Hits 山口百恵ヒット全曲集 1975. 1976. 「愛に走って」までのシングル、アルバム作品からセレクト。 Best Hits 山口百恵ヒット全曲集 1976. 山口百恵 1977. THE BEST 山口百恵 -百恵物語- 1977. B面はテレビ・映画主題歌と、この盤の為にセリフと曲で構成された映画「泥だらけの純情」のサウンドトラック、全7曲。 1978. 21 8位 3位 未発表曲「プレイバックPart1」「たそがれ祭り」収録。 「プレイバックpart2」までの作品から、オリジナル・アルバム未収録のB面曲などで構成。 THE BEST 山口百恵 1978. ザ・ベスト 山口百恵 1979. 21 28位 8位 「横須賀ストーリー」〜「美・サイレント」までのシングル、アルバム作品からセレクト。 THE BEST 山口百恵 1979. Star Legend 百恵伝説 1980. 21 3位 15位 5枚組「としごろ」〜「ロックンロール・ウィドウ」までの全シングルと、 76年以降の全オリジナル・アルバム曲からセレクトされた60曲を「夢」「花」「炎」「愁」「愛」で構成したメモリアル5枚組アルバム。 カートン・ボックス仕様。 11,000円 歌い継がれてゆく歌のように '78〜'80 1980. 21 44位 46位 2枚組 ファン投票を元に構成されたベスト盤。 「乙女座 宮」〜「一恵」までのシングル、アルバム曲からセレクト。 歌い継がれてゆく歌のように '73〜'77 1980. 21 85位 60位 2枚組 ファン投票を元に構成されたベスト盤。 「としごろ」〜「赤い絆」までのシングル、アルバム曲からセレクト。 THE BEST Again 百恵 1981. 1982. 01 13位 23位 未発表曲「あなたへの子守唄」収録。 引退後初の未発表曲発売となった。 「横須賀ストーリー」以降の作品で構成。 PLAYBACK MOMOE 1973-1982 1982. カートン・ボックス仕様。 3650 Momoe 百惠十年 1983. シングルヒット、アルバムセレクション、 テレビ・映画主題歌サントラ、の3枚で構成されたベスト盤。 カートン・ボックス仕様。 テープのみの企画盤 [ ] タイトル 発売日 最高位 CT 山口百恵ベスト・ヒット 1974. 21 3位 山口百恵のすべて 1975. 01 4位 山口百恵全曲集 1976. 01 3位 山口百恵全曲集 1976. 01 2位 山口百恵 テレビ・映画主題歌集 1976. 05 - 山口百恵ベスト・ヒット 1977. 01 1位 山口百恵全曲集 1977. 01 3位 PLAY CASSETTE SPECIAL 1978. 01 27位 山口百恵ヒット全曲集 1978. 01 3位 山口百恵全曲集 1979. 01 4位 百恵・純愛 -映画TV主題歌・名場面集- 1980. 21 42位 山口百恵全曲集 1980. 01 3位 山口百恵全曲集 1981. 01 27位 百恵メモリアル VOL. 1 1982. 02 - 百恵メモリアル VOL. 2 1982. 02 74位 百恵メモリアル VOL. 3 1982. 02 46位 山口百恵全曲集 1982. 21 31位 百恵メモリアル VOL. 4 THE MOVIE 1983. 21 82位 百恵メモリアル VOL. 5 THE FINAL 1983. 21 - BEST SELECTION 1983. 01 - 百恵メモリアル VOL. 6 BACK-SIDE STORY 1984. 01 - BEST SELECTION 1984. 01 - BEST SELECTION 1985. 21 - 山口百恵ベスト・セレクション 1986. 01 - 同タイトルのLPのCD版。 ソニー初のCD発売ラインナップの1枚。 1983. 21 - 2枚組、全アナログシングルA面と「曼珠沙華」収録。 1985. 21 1986. 21 - 代表的なヒット曲を15曲厳選、85年版はライトケース仕様、 86年版は通常ケースでジャケ違いの再発売。 1992. 21 12位 篠山紀信監修、2枚組。 1992. 21 49位 アレンジを変え、ボーカルトラックを新たに選び直し製作されたリ・アレンジ盤。 1993. 21 82位 百恵回帰シリーズ第2弾。 1993. 01 - テレビ・映画主題歌、サントラ集。 1994. 21 60位 百恵回帰シリーズ第3弾。 1994. 01 - 2枚組 シングル作品からセレクトされたベストと同曲のオリジナル・カラオケ集の2枚組。 1995. 01 - The CD Club専用商品。 1995. 02 73位 全シングルA面・B面収録 収録時間の都合で曲によりエンディングがフェイド・アウトされている。 1995. 01 - The CD Club専用商品。 1997. 21 - 版ベスト、〜77年までのシングルからセレクト、MD同時発売。 1997. 21 - CD選書版ベスト、77年以降のシングルからセレクト、MD同時発売。 1997. 21 243位 2枚組 2000. 21 202位 85年リリースの「ベスト・コレクション」と同内容。 ジャケ、価格改正。 2002. 19 114位 LPベスト盤『PLAYBACK MOMOE 1973-1982』のCDリニューアル版。 「謝肉祭」がカットされており、「惜春通り」が新たに収録。 2005. 25 161位 百恵回帰シリーズ全曲をリマスタリングした2枚組、ハイブリッド盤。 2005. 25 - 1974年発売の4チャンネル・ステレオ・ベスト盤を初CD化 5. 1chハイブリッド盤、SACD層は4. 1ch仕様、紙ジャケ仕様、ボーカル別テイクあり。 2005. 19 237位 山口百恵のベスト盤ではなく、赤いシリーズに使われた楽曲のコンピ盤。 2007. 20 - 「」〜「」全シングルA面16曲。 2007. 20 - 「」〜「」全シングルA面16曲。 2007. 30 - CD-BOX『』購入者の為のアップデート盤 CD-BOX『』に追加収録された作品を収録。 2枚組、通信販売のみ。 2009. 19 60位 全シングルにリアレンジのCDシングル曲、B面収録の主題歌等6曲追加 と通常盤の2種類発売。 22 116位 全オリジナル・アルバム22枚からセレクト、「初恋時代」「プレイバック Part 1」追加収録。 11 38位 全シングルA面・B面を完全収録した4枚組 紙ジャケットシングルサイズ仕様、ボーナストラック「あなたへの子守唄」収録。 24 129位 春・夏・秋・冬のテーマごとに9曲ずつ収録。 CD-BOX [ ] タイトル 発売日 最高位 備考 REBIRTH/百恵全集 1984. 21 - 4枚組。 全シングルにアルバム曲をプラスの全70曲。 CBS・ソニー初の4枚組CD. 山口百惠全曲集 1993. 25 2003. 31 - 10枚組、通信販売のみ。 全シングルA・B面、アルバム曲のピックアップ、TV・映画主題歌と名場面集、武道館ファイナルコンサート全歌唱収録。 2003年に「」をカットしたものを再発売。 百惠神話 ONE AND ONLY 1973〜1980 1996. 21 - 9枚組。 1973~1980まで各年代別に1枚のディスクにシングル、アルバム曲、LIVE、TV・映画主題歌と名場面を収録したベスト盤。 百恵伝説II -STAR LEGEND II- 1999. 27 95位 5枚組。 1980年にアナログ5枚組でリリースした「百恵伝説」のCDリニューアル版。 全100曲。 カートン・ボックス仕様。 山口百惠 女優伝説 2000. 18 - アナログサウンド・トラックLPのCD化、紙ジャケ8枚+映画予告編を収録したDVD1枚。 カートン・ボックス仕様。 2003. 04 8位 全オリジナル・アルバム22枚をアナログLPのナレーション、SE等も復刻してCD化。 (一部アナログと異なる部分あり) 特典ディスク1: オリジナル・カラオケCD(リクエスト投票の中から選ばれた10曲) 特典ディスク2: 未発表曲1977年ロンドン録音「東京の空の下あなたは」 2005. 01 - 全オリジナル・アルバム22枚のハイブリッド版CD 初回盤・紙ジャケ仕様をBOXセットにして通信販売。 2006. 18 36位 全ライブ・アルバムを紙ジャケで復刻当時LPに未収録曲だった楽曲も追加収録。 のノーカット完全版DVDをセット。 2007. 30 - 『』の完全コンプリート版。 「MOMOE PREMIUM」に未収録のスタジオ録音発売作品を全てをプラスした、スタジオ録音作品完全コンプリート作品。 24枚組、通信販売のみ。 (「MOMOE PREMIUM」に収録のオリジナル・カラオケ盤は除く) 2008. 11 - LP-BOX『百恵伝説』とCD-BOX『百恵伝説II』に15曲追加した「百恵伝説」のコンプリート版、 6枚組、通信販売のみ。 ライブ・アルバム [ ] No. タイトル 発売日 最高位 LP 最高位 CT 録音日 1 1975. 01 10位 29位 1975. 30/ 第1回「百恵ちゃん祭り」 2 1976. 21 22位 - 1976. 29/新宿コマ劇場 第2回「百恵ちゃんまつり」 3 1977. 01 29位 33位 1977. 30/新宿コマ劇場 第3回「百恵ちゃんまつり」 4 1978. 21 27位 43位 1978. 28/新宿コマ劇場 第4回「百恵ちゃんまつり」 5 1979. 21 42位 56位 1979. 1 - 2/ 初のリサイタルを収録 6 1980. 19 3位 11位 1980. 5/ ファイナルコンサートを完全収録(LP3枚組) サウンドトラック [ ] タイトル 発売日 最高位 LP 音楽 備考 オリジナル・サウンドトラック 伊豆の踊子 1975. 21 23位 オリジナル・サウンドトラック 潮騒 1975. 21 24位 オリジナル・サウンドトラック 絶唱 1976. 25 11位 高田弘 1976. 21 7位 2005年6月22日に紙ジャケ仕様でCD発売 オリジナル・サウンドトラック 春琴抄 1977. 21 35位 オリジナル・サウンドトラック 泥だらけの純情 1977. 21 29位 高田弘 オリジナル・サウンドトラック ホワイト・ラブ 1979. 01 31位 主題歌「ホワイト・ラブ」(歌: eyes) オリジナル・サウンドトラック 古都 1980. 21 - 映像作品 [ ] 発売日 備考 1980. 1980. 19 ファイナルコンサートの中からセレクトされた90分を収録。 その後幾度も編集され発売されたが、現在はノーカット版がDVD化。 2009. 16 TBS系『』出演全122回よりミラーゲート登場シーン、トーク、歌を7時間収録。 プレミアムブックレット付き、5枚組DVD-BOXオリコンDVDチャート6位。 2010. 30 CX系『』出演のうち、フジテレビアーカイブスに現存している1975年6月23日〜サヨナラ企画が放送された1980年10月6日までの57回分、5年3か月分。 「夏ひらく青春」〜「さよならの向こう側」の歌唱シーンの他、OP(司会者トーク)やオープニングメドレー(一部未収録有)、歌唱前のトーク、一部EDと歌謡ドラマ(山口百恵登場シーンのみ)、その他企画なども収録。 また特典映像として『』の一部の映像・『』出演時の映像(三浦友和と共演)などを収録。 プレミアムブックレット付き、6枚組DVD-BOX。 オリコンDVDチャート3位、引退アーティストでベスト3入りは初の快挙となる。 トリビュート・アルバム [ ] タイトル 発売日 最高位 参加アーティスト 2004. 19 3位 、、、、、 、、、、 2005. 25 6位 、、、、、 、、、、 他の歌手への提供曲 [ ] 百恵自身の楽曲の作詞以外に、他の歌手への歌詞提供も行った。 横須賀恵名義• (1983年2月1日、シングル、作曲)• 百恵自身もラジオ・テレビ番組で歌ったことがあるが、レコード化していなかった曲。 そのため厳密には提供曲でなくカヴァーである。 LET ME BE LONELY(1980年、アルバム『喜・怒・愛』)• A・N・TA(1980年、アルバム『喜・怒・愛』) 三浦百恵名義• (1982年6月5日、シングル、作曲、オリコン3位)• I LOVE YOUより愛してる(1983年10月21日、シングル、作曲)• (1987年4月1日、シングル、作曲、オリコン65位) 出演 [ ] 映画 [ ] タイトル 公開年月日 監督 共演者 原作 備考 1973年4月14日 森昌子 、等が出演 百恵は助演 1974年12月28日 三浦友和 初主演 1975年4月26日 西河克己 三浦友和! 1 1979年10月 - 1980年3月 山口百恵 夢のあとさき 1980年4月 - 1980年10月 CM [ ]• (と共演)• (と共演)• アイスクリーム(と共演)• コロン、他商品• 中一時代、参考書• カオーフェザークリームシャンプー、リンス• 、(1979年)• デジタル時計 書籍 [ ] 著書 [ ]• 『蒼い時』 1980年9月25日初版//プロデューサー:• 『時間 とき の花束 Bouquet du temps』(三浦百惠名義) 日本ヴォーグ社 2019年7月26日初版/ 楽曲解説本 [ ]• 川瀬泰雄『プレイバック 制作ディレクター回想記〜音楽「山口百恵」全軌跡〜』、2011年2月25日初版/ 脚注 [ ] []• 、nikkansports. com、2009年1月15日20時35分• 大場弘行 [『おんなの時代:山口百恵さんの「原点」横須賀を歩く』 ]、毎日新聞、2014年12月31日• 後にを組むことになるも、同年、同じ『スター誕生! 』での曲「見知らぬ世界」を歌って合格していた。 百恵はこの時、「発表を聞く前に、私は歌手になれることをはっきり確信していた」という。 この決戦大会出場時の映像は現存していない。 その後千家・都倉コンビが作った楽曲は45曲に及ぶ• CBSソニーの・は「青い果実」をリリースする際、作詞家のに対して「より過激な表現」を求めつつ、「中学生にこんな歌詞を歌わせていいのか」と自問したものの、「ストレートに表現することも一つの行き方だ」と思い直したという。 『日本映画史110年』(. 199)。 実際はシングル「横須賀ストーリー」の2ヶ月前に発売されたオリジナル・アルバム『』に収録の「木洩れ日」「碧色の瞳」「幸福の実感」の3曲で宇崎夫妻の提供曲を歌っている。 その後、宇崎夫妻の提供曲はシングル、アルバムを合わせると69曲に及んだ。 日本テレビ『』 - 「独占公開! 巻末のあとがきは百恵自身のによる手書き原稿が印刷されている。 当日TBSで生放送され、案内役は『』の司会者であるが担当。 涙がこぼれてもぬぐわず、あごから涙をぽたぽた落とす状態で歌った。 ほか番組のフィナーレ前には・・ら歌手仲間が登場、特にから花束を受け取る際に百恵は感極まって涙を見せている。 また、コンビの、プロデューサーの酒井政利やディレクターのら仕事仲間の大勢も駆け付けた。 、nikkansports. com、2010年3月30日6時54分• 長男出産後の記者会見に三浦と共に出席したことはあるほか、『』(フジテレビ)より取材を受け、その模様が同番組で放映されたことがある。 『紅白歌合戦の舞台裏』• 「内容が事実と異なる。 保護者の誤解を与えるので内容の訂正と、お受験という言葉の使用中止を求める」というもの()。 ほとんど使われなかった「お受験」は、このドラマがきっかけで流行語になった。 1994年3月1日号• 婦人公論 2019年11月20日• 朝日新聞デジタル. 2019年6月7日閲覧。 三浦友和『被写体』• 「メディアインタラクティブ」の調査アンケート• 女子SPA! 編集部 2020年6月7日. 2020年6月8日閲覧。 音楽ナタリー 2020年5月29日. 2020年5月29日閲覧。 オリコンニュース 2020年5月29日. 2020年5月29日閲覧。 時事通信 2020年5月29日. 2020年5月29日閲覧。 2020年5月29日閲覧。 オリコン・ウィークリー(編)『小池聡行のオリコンデータ私書箱』オリジナルコンフィデンス、1991年、124-125頁。 オリジナルコンフィデンス 発行『オリコン チャートブックLP編昭和45年ー平成1年』、1990年、356-360頁。 とのデュエット。 系テレビドラマ「」主題歌。 映画「」主題歌。 TBS系テレビドラマ「」主題歌。 東宝映画「」主題歌。 TBS系テレビドラマ「」主題歌。 A面B面共に、TBS系テレビドラマ「」主題歌。 TBS系テレビドラマ「」主題歌。 TBS系テレビドラマ「」主題歌。 山口のペンネーム。 多くのデータベースで11月23日公開と記されているが全くの誤りである。 にて特別先行上映。 全国公開は12月20日から。 関連項目 [ ]• (ファンの一人、自身の作品であるに登場させている。 - 一時期「山口百恵」を名乗った• - 山口の大ファンと公言しているの街ブラ番組で、番組中のOP・ED曲含め、BGMはほとんどが山口の曲で占められている。 外部リンク [ ]• - (ソニーミュージック)• - 当時のディレクター・川瀬泰雄へのインタビュー等•

次の

ふりむけば愛

山口百恵映画

続きまして、山口百恵・三浦友和版「潮騒」のあらすじを簡単にご紹介しましょう。 舞台となったのは伊勢湾の湾口にある「歌島」(ロケ地は「神島」)。 この「歌島」は人口はわずか千四百人。 そして、その殆んどが漁師と海女であるという。 その漁師の中に、一人の若者がいた。 久保新治。 三浦友和が演じる青年だ。 新治は中学を卒業してからすぐに漁師として船に乗り、母親と弟の生活を支えていた。 新治が18歳になった時だった。 新治は夕暮れの浜辺で、見慣れない少女と出会った。 少女は、一人でポツンと立ちすくみ、暮れていく海と空を見つめていた。 その翌日、新治は村の人からその少女の事を聞いた。 少女の名前は宮田初江(山口百恵)。 村の金持ちの宮田照吉の娘だという。 それから数日後。 強風のため海に出られなくなった新治は、山の観的哨跡に出かけた。 すると、そこで水汲みをしている少女に出会った。 初江だ。 水汲みに慣れない初江は、桶の水を下から登って来た新治にかけてしまったのだ。 二人は笑った。 新治と初江。 若い二人は、すぐに惹かれあった。 村は狭い。 すぐに噂が広がる。 新治と初江は、村の人の目から逃れるために、この観的哨跡を二人の秘密の場所とした。 新治に給料が出た日のことだった。 新治は、同じ村の川本安夫(中島久之)が初江の入婿になることが決まったという噂を聞いた。 初江の父照吉には一人息子がいたが、その息子が死んだ。 そのため、初江に婿を取らせるために、よその家に預けていた初江を歌島に呼び出したのだという。 新治は落ち込んだ。 そして、新治は帰り道で給料袋を落としてしまった。 弟を修学旅行に行かせるための大事なお金だったのだ。 あせった新治は、落とした給料袋を探しにすぐに浜に戻った。 すると、そこに給料袋を拾った初江がいた。 新治は、安夫の入婿のことを初江に問いただした。 しかし、初江は笑ってはぐらかした。 Sponsored Link その後も、二人は新治の休漁の日に、観的哨跡で人目を避けるように会い続けた。 お互いの想いは募るばかりだった。 嵐の日の事だった。 休漁になった新治は、二人の秘密の場所である観的哨跡に行き、初江を待っていた。 だが、そのうちにうとうとと眠ってしまった。 そこへやってきた初江。 激しい雨に降られて、全身がびしょ濡れだった。 初江は濡れた服を乾かすために、焚き火の前で服を脱いだ。 その時だった。 ふっと新治の目が覚めた。 新治の目の前には裸になって立ち尽くす初江。 「見んといて!」 慌てて部屋の端に逃げ出す初江。 「何で逃げるんや!」 「だって恥ずかしいもん!」 「ほなら俺も裸になる。 そしたら恥ずかしくないやろ!」 ふんどしを脱ぎ棄てた新治は、火を飛び越えて初江を抱擁した。 さて、ここから先は二人の中を引き裂こうとする村の連中がいろいろと絡んできて大変なのですが、そこは是非本作品を見て頂きたい。 新治が命がけで海に飛び込むシーンは見応えがありますよ! 「 」 関連ページ 昭和50年。 この年は正月から山口百恵はテレビ、ドラマ、コマーシャルに引っ張りだこだった。 山口百恵を見ない日はなかったと言って良い。 百恵は16歳で既に芸能界でトップスターの地位にいたのだ。 三島由紀夫は「潮騒」映画化の条件としてロケ地を神島に限定した。 それほどのこだわりがあったのだ。 そして、山口百恵はその「潮騒」の4作目の主演女優に選ばれた。 百恵と三浦友和の日を飛び越えるシーンは、その神島で生まれたのだ。 三浦友和が火を飛び越えて全裸の山口百恵を抱擁。 映画「潮騒」の名場面だ。 時を超え、このシーンはNHK朝ドラ「あまちゃん」の挿入歌「潮騒のメモリー」の一節として使われた。 ゴールデンコンビは永遠に人々の記憶に残っているのだ。 花の高2トリオと呼ばれるようになった山口百恵、桜田淳子、森昌子。 ついに3人が共演する映画が公開された。 「初恋時代」だ。 百恵、淳子、昌子が共演するテレビ番組は必ず高い視聴率を取っていたが、やはり映画も同様。 大ヒット作品となった。 山口百恵、桜田淳子、森昌子初共演の映画「初恋時代」。 有名デザイナーに会うために上京した3人の女子高校生。 ここで3人は冴えない中年男性に出会う。 その中年は仕事もせずに熱気球作りに没頭していた。 しかし、それにはある理由があったのだ。 何組ものカップル、夫婦を生み出した伝説の番組「ラブラブショー」に山口百恵と三浦友和も出演した。 だが、この当時の百恵はまだ16歳。 友和と交際していたわけでもない。 司会の芳村真理につっこまれても笑ってごまかすしかない百恵だった。 山口百恵ファンの夏休みの楽しみと言えば新宿コマ劇場の「百恵ちゃん祭り」。 引退するまでに5回開催されたこの祭り。 記念すべき第1回は昭和50年の夏だった。 山口百恵のミュージカルや歌謡ショーで大いに盛り上がった。 赤いシリーズ第2弾「赤い疑惑」で初めて山口百恵が主演女優となった。 恋人役には三浦友和。 友和は赤いシリーズに初出演。 百恵の父親役には「赤い迷路」に続いて宇津井健。 この3人の初めての揃い踏みが「赤い疑惑」だったのだ。 「赤い疑惑」で山口百恵が演じる17歳の少女大島幸子は放射線事故に巻き込まれ白血病に侵される。 その幸子を支えていた医大生の相良光夫(三浦友和)は、幸子の実の兄だった。 真実を知らされた幸子と光夫は死を選んで厳冬の湖へ・・・ 「赤い疑惑」で山口百恵の母親役として出演していた八千草薫が途中から突然消えた。 死去、病気が理由ではない。 山口百恵のスケジュールに合わせてドラマ撮影が進行されていたこと、山口百恵の影武者の背中に向かった他の共演者がセリフを言わされたことなどが降板の理由らしい。 山口百恵が歌手としても女優としてもトップスターとなった昭和50年。 山口百恵のファンクラブ誌が複数発行されることになった。 インターネットがなかったこの時代の若者にとって、会員だけに送られてくるファンクラブ誌は貴重な情報源だったのだ。 山口百恵と三浦友和のゴールデンカップルによる映画第3弾「絶唱」が昭和50年に公開された。 大江賢次のこの作品は過去に2度、浅丘ルリ子・小林旭、和泉雅子・舟木一夫のコンビで映画化されたが、百恵・友和の同作品はそれらを上回る大ヒットとなった。 山口百恵と三浦友和のゴールデンカップルによる文芸映画第3弾「絶唱」。 裕福な大地主の息子順吉(三浦友和)と貧しい山番の娘小雪(山口百恵)の悲恋を描いた作品で、死んだ小雪に花嫁衣装を着せて結婚式をする順吉のラストシーンが涙を誘う。

次の

映画『潮騒 しおさい(1975)』ネタバレ・あらすじ・感想。「その火を飛び越して来い!」山口百恵&三浦友和が三島由紀夫文学で紡ぐ“リアル愛”。

山口百恵映画

「伊豆の踊子」「潮騒」に続く山口百恵の文芸シリーズ第3弾の映画が昭和50年の年末に公開された。 大江賢次の小説作品「絶唱」だ。 舞台は戦後間もない山陰地方。 裕福な大地主の息子と貧しい山番の娘の許されない恋を描く悲しい物語だ。 百恵の相手役はやはりゴールデンコンビの三浦友和。 この「絶唱」は過去に日活で浅丘ルリ子・小林旭、和泉雅子・舟木一夫のコンビで映画化されている。 そして、その2作品とも大ヒットした。 Sponsored Link 百恵・友和のそれまでの映画「伊豆の踊子」「潮騒」はいずれもリメイク。 しかも、いずれも大女優・名俳優が主役を演じ、映画界で高い評価を得たものだった。 しかし、プレッシャーを跳ね飛ばし、百恵・友和の「伊豆の踊子」「潮騒」は過去の作品をを上回るほどの大ヒットとなっている。 今回の「絶唱」も百恵と友和にとってプレッシャーはあったに違いない。 しかし、その反面、自信もあったはずだ。 山口百恵だけでなく、三浦友和も、世間が認める人気俳優となっていたのだから。 「絶唱」のストーリーは既に多くの日本人に熟知されていたはずだ。 しかし、それでも評判通り、百恵・友和による「絶唱」は大ヒットし、多くのファンの涙を誘ったのだ。 「 」 関連ページ 昭和50年。 この年は正月から山口百恵はテレビ、ドラマ、コマーシャルに引っ張りだこだった。 山口百恵を見ない日はなかったと言って良い。 百恵は16歳で既に芸能界でトップスターの地位にいたのだ。 三島由紀夫は「潮騒」映画化の条件としてロケ地を神島に限定した。 それほどのこだわりがあったのだ。 そして、山口百恵はその「潮騒」の4作目の主演女優に選ばれた。 百恵と三浦友和の日を飛び越えるシーンは、その神島で生まれたのだ。 三浦友和が火を飛び越えて全裸の山口百恵を抱擁。 映画「潮騒」の名場面だ。 時を超え、このシーンはNHK朝ドラ「あまちゃん」の挿入歌「潮騒のメモリー」の一節として使われた。 ゴールデンコンビは永遠に人々の記憶に残っているのだ。 三島由紀夫原作の「潮騒」が山口百恵・三浦友和のゴールデンコンビで映画化された。 百恵演じる宮田初江と友和演じる久保新治が小さな島で出会い、そして惹かれあうラブストーリー。 友和が火を飛び越えて百恵に向かって行くシーンが有名だ。 花の高2トリオと呼ばれるようになった山口百恵、桜田淳子、森昌子。 ついに3人が共演する映画が公開された。 「初恋時代」だ。 百恵、淳子、昌子が共演するテレビ番組は必ず高い視聴率を取っていたが、やはり映画も同様。 大ヒット作品となった。 山口百恵、桜田淳子、森昌子初共演の映画「初恋時代」。 有名デザイナーに会うために上京した3人の女子高校生。 ここで3人は冴えない中年男性に出会う。 その中年は仕事もせずに熱気球作りに没頭していた。 しかし、それにはある理由があったのだ。 何組ものカップル、夫婦を生み出した伝説の番組「ラブラブショー」に山口百恵と三浦友和も出演した。 だが、この当時の百恵はまだ16歳。 友和と交際していたわけでもない。 司会の芳村真理につっこまれても笑ってごまかすしかない百恵だった。 山口百恵ファンの夏休みの楽しみと言えば新宿コマ劇場の「百恵ちゃん祭り」。 引退するまでに5回開催されたこの祭り。 記念すべき第1回は昭和50年の夏だった。 山口百恵のミュージカルや歌謡ショーで大いに盛り上がった。 赤いシリーズ第2弾「赤い疑惑」で初めて山口百恵が主演女優となった。 恋人役には三浦友和。 友和は赤いシリーズに初出演。 百恵の父親役には「赤い迷路」に続いて宇津井健。 この3人の初めての揃い踏みが「赤い疑惑」だったのだ。 「赤い疑惑」で山口百恵が演じる17歳の少女大島幸子は放射線事故に巻き込まれ白血病に侵される。 その幸子を支えていた医大生の相良光夫(三浦友和)は、幸子の実の兄だった。 真実を知らされた幸子と光夫は死を選んで厳冬の湖へ・・・ 「赤い疑惑」で山口百恵の母親役として出演していた八千草薫が途中から突然消えた。 死去、病気が理由ではない。 山口百恵のスケジュールに合わせてドラマ撮影が進行されていたこと、山口百恵の影武者の背中に向かった他の共演者がセリフを言わされたことなどが降板の理由らしい。 山口百恵が歌手としても女優としてもトップスターとなった昭和50年。 山口百恵のファンクラブ誌が複数発行されることになった。 インターネットがなかったこの時代の若者にとって、会員だけに送られてくるファンクラブ誌は貴重な情報源だったのだ。 山口百恵と三浦友和のゴールデンカップルによる文芸映画第3弾「絶唱」。 裕福な大地主の息子順吉(三浦友和)と貧しい山番の娘小雪(山口百恵)の悲恋を描いた作品で、死んだ小雪に花嫁衣装を着せて結婚式をする順吉のラストシーンが涙を誘う。

次の