ありふれ た 職業 で 世界 最強 ピクシブ。 「ありふれた職業で世界最強」ポップアップストア『ハイリヒ王国雑貨店』

ありふれた職業で世界最強

ありふれ た 職業 で 世界 最強 ピクシブ

なろうのありふれた素材 異世界、ご都合、最強、チート、ハーレム、ロマン武器、暗殺、厨二、深淵、アビスゲートetc を上手く調理し、なろう特有のスカッとしたものもありながらギャグ要素もあり、キャラ個性的でブレずに芯の通った作品だと思う。 設定がご都合強めなので、「学生でありながら〜」を気にしてしまう人はオススメしない。 ある程度寛容できる人 設定の3〜4割はご都合頼りを気にしない人 はかなり楽しめる作品。 メインのアフターストーリーはギャグを強めにしてかなりふざけながらも、ストーリーはしっかりと練られているところが良い。 文章力も段々向上が感じられ、何より、所々作者が楽しそうに書いていることが想像できる文章が面白い。 作者自己満足漫画。 だからこそ、楽しく書けたからこそ、作者の力量が全て発揮されたのではないかと思える。 これからも今までのように楽しくこの作品を書き続けて欲しい。 光輝は、前半、どうしようもないクズだなあと思って見ていましたが、ハジメとは別の意味で・・・どんどん地に落ちていくその有り様に・・・涙なしには見ていられませんッッ!!! 幼馴染にボロカス言われてボコボコにされるあまりの痛々しさ、改心したあとの孤独な罪滅ぼし、挙げ句のはてには再び異世界召喚されて涙目になる始末。 いくら主人公枠で無いとはいえ、こんな酷い扱いの「勇者」、今まで見たことない!w ですが、そんな酷い扱いの、未練タラタラな人間臭い魅力を持ち合わせた光輝を、陰ながら応援しちゃってます! アフターの光輝編においても、ハジメとは未だに犬猿の仲ですが、内心ではどこか通じ合っている、そんな雰囲気を垣間見て、ドキッッ!!!と来ちゃいました!! 光輝には、ぜひともさらなる高みへと覚醒していただき、いつしかハジメと手を取り合って激アツバトルを繰り広げて欲しいなぁ・・・なんて期待していたりw ・平凡な人間が異世界に召喚される ・非戦闘向きが工夫した結果、最強 ・勇者が残念な方向 ・むしろ神が諸悪の根源 ・ハーレム ありふれた食材 設定 も調理次第で宮廷料理や家庭料理に変化するようにこの作品も独自のスパイスでユニークな仕上がりになっています。 本編以降のアフターが二度三度美味しい作品です。

次の

ありふれた世界で一方通行

ありふれ た 職業 で 世界 最強 ピクシブ

なろうのありふれた素材 異世界、ご都合、最強、チート、ハーレム、ロマン武器、暗殺、厨二、深淵、アビスゲートetc を上手く調理し、なろう特有のスカッとしたものもありながらギャグ要素もあり、キャラ個性的でブレずに芯の通った作品だと思う。 設定がご都合強めなので、「学生でありながら〜」を気にしてしまう人はオススメしない。 ある程度寛容できる人 設定の3〜4割はご都合頼りを気にしない人 はかなり楽しめる作品。 メインのアフターストーリーはギャグを強めにしてかなりふざけながらも、ストーリーはしっかりと練られているところが良い。 文章力も段々向上が感じられ、何より、所々作者が楽しそうに書いていることが想像できる文章が面白い。 作者自己満足漫画。 だからこそ、楽しく書けたからこそ、作者の力量が全て発揮されたのではないかと思える。 これからも今までのように楽しくこの作品を書き続けて欲しい。 光輝は、前半、どうしようもないクズだなあと思って見ていましたが、ハジメとは別の意味で・・・どんどん地に落ちていくその有り様に・・・涙なしには見ていられませんッッ!!! 幼馴染にボロカス言われてボコボコにされるあまりの痛々しさ、改心したあとの孤独な罪滅ぼし、挙げ句のはてには再び異世界召喚されて涙目になる始末。 いくら主人公枠で無いとはいえ、こんな酷い扱いの「勇者」、今まで見たことない!w ですが、そんな酷い扱いの、未練タラタラな人間臭い魅力を持ち合わせた光輝を、陰ながら応援しちゃってます! アフターの光輝編においても、ハジメとは未だに犬猿の仲ですが、内心ではどこか通じ合っている、そんな雰囲気を垣間見て、ドキッッ!!!と来ちゃいました!! 光輝には、ぜひともさらなる高みへと覚醒していただき、いつしかハジメと手を取り合って激アツバトルを繰り広げて欲しいなぁ・・・なんて期待していたりw ・平凡な人間が異世界に召喚される ・非戦闘向きが工夫した結果、最強 ・勇者が残念な方向 ・むしろ神が諸悪の根源 ・ハーレム ありふれた食材 設定 も調理次第で宮廷料理や家庭料理に変化するようにこの作品も独自のスパイスでユニークな仕上がりになっています。 本編以降のアフターが二度三度美味しい作品です。

次の

ありふれた世界で一方通行

ありふれ た 職業 で 世界 最強 ピクシブ

あらすじ 主人公の南雲ハジメは高校性。 自他ともに認めるオタクである。 徹夜でゲームをして、登校することも多い。 どうもクラス中から蔑まれ侮蔑されているようである。 かといって身なりが不潔だったり、言動が見苦しかったり、ましてやコミュ障というわけではないが、積極性もとりあえずあまりない。 単純に、創作物や漫画・小説、ゲームや映画が好きなだけだ。 (ちなみにハジメの父親はゲームクリエイター、母親は人気少女漫画家と言う事で、生粋のオタクである。 ハジメはオタク界のサラブレッドであるから、趣味を人生の中心に持ってくることに恥も遠慮もない。 両親ともの仕事をアルバイトとして手伝ったりもしている!) なぜ、そこまで一部の男子生徒からは直接罵られているかというと・・・ 学年一の人気の美少女:白崎香織から構われるからだ。 男子生徒の憧れのマドンナがオタクでパッとしないオタクに話しかける。 それだけで気にくわないのだろう。 ましてや白崎香織の幼馴染4人組のもう一人のひそかなマドンナ、八重樫雫も話しかけるとなれば、オタクの癖に!となるのは火を見るよりも明らかだ! 幼馴染4人組の残り二人は男で、正義感が強く女子からも人気のある天之河光輝と脳筋だが明るく頼りになる坂上龍太郎である。 そんな学年一ヒエラルキーの低い南雲ハジメのいるクラスが昼休みに忽然と消えた・・・ そう。 その瞬間に教室内にいた生徒すべてが一緒に・・・ 異世界トータスへの召喚! 異世界のピンチと言う事で、召喚された南雲のクラス一同(ごく一部の生徒は昼休みに教室にいなかったので召喚を免れた)。 世界を渡るときに、「言語理解」とそれぞれの特性の「職業(ジョブ)」が与えられていた。 白崎香織の幼馴染グループであり、もともと学年でも人気のある正義感溢れる男:天之河光輝が職業『勇者』だ。 基本情報 白米良氏の作品です。 コミカライズ版から読むとまた、イメージがしっかりと出来てより楽しめると思います!.

次の