コロナしゅうそく 漢字。 「収束」と「終息」の違いと使い分けとは?宣言するのはどっち?

収束か終息か

コロナしゅうそく 漢字

新型コロナウイルスの感染拡大に関連してよく使われる、ともに「しゅうそく」と読む「収束」「終息」の2語。 いずれを使うか、あるいは使い分けるかはほぼ三分されました。 どちらも正しいが、意味には違いも 結論から言うと、例文のような「ウイルス流行の『しゅうそく』を目指す」という形であれば、いずれかを使うことで間違いになるということはまずありません。 個人の判断で、使いたい方を選んで構わないと考えます。 毎日新聞用語集は「悪疫が終息」という用例を載せています。 この例を採用している新聞社・通信社の用語集は多く、「新型肺炎の終息を宣言」のような形で載せている社もあります。 この伝でいくと「終息」が正しいように見えるかもしれませんが、話はそう簡単でもありません。 結局のところ「収束」と「終息」は意味の異なる言葉であって、使い分けが可能だからです。 例えば大辞泉(2版)は「収束」について「分裂・混乱していたものが、まとまって収まりがつくこと。 また、収まりをつけること」と言い、「終息」は「物事が終わって、やむこと」と説明します。 ウイルス流行の「収束」と言った場合には、事態は終わらないまでも混乱に収拾がつき、制御可能な状態になることを指すでしょう。 最終的な目標が「終息」であることは当然です。 従って、当座の目標として「収束」を目指し、究極的には「終息」を目指す、という使い方が考えられます。 「意図しておさめる感じを出したい場合」は「収束」、ブームは「終息」ではないか、とも。 「終息する」は自然に下火になって消えてしまう感じでしょうか。 一方で「収束する」は、自動詞・他動詞の両方として使われます。 「事態が収束する」だけでなく「(人が)事態を収束する」という形も取り得るということです。 自動詞のみの「終息する」に比べると、「収束」の方が人為的なニュアンスを帯びます。 政策や指導によって事態をおさめる、おさめよう、という場合には「収束」が選ばれることになるでしょう。 「終息」しても再発することも… 新型コロナウイルスの感染拡大は、東京オリンピックの1年延期を強いるなど、私たちの身の回りにも大きな影響を及ぼしています。 とにかくまずは爆発的な感染を防いで、事態を「収束」に向かわせることが望まれます。 そのうえで患者のいない状態に至り、感染症が「終息」してほしい。 ただし、回答から見られる解説でも触れましたが、コンゴ民主共和国のエボラ出血熱は、2018年7月に同国北西部の赤道州で5月に発生、7月に終息を宣言したものの、8月には同国東部の北キブ州で流行が宣言されています。 「終息」しても再発するというのであれば、それは「終息」なのかどうか。 コロナウイルスの場合も世界中に感染が拡大してしまっている以上、こちらで「終息」したつもりでもあちらでは流行中ということが起きうるでしょう。 3月28日の安倍晋三首相の記者会見でも「感染終息」についての見通しは語られませんでした。 当面はやはり、国内での「収束」を目指す、というのが表現としても中心的なものになりそうです。 (2020年03月31日) 新型コロナウイルスの感染拡大が続きます。 流行のやむことを願うばかりです。 感染症の流行があると、新聞は事態が解決することについて「収束」ないし「終息」の語をよく使います。 毎日新聞の記事データベースを検索すると、今年1月1日~3月7日の記事において、「コロナウイルス」と「収束」が同時に出てきた記事は57件、「コロナウイルス」と「終息」では32件がヒットします。 「収束」は、例えば政府の専門家会議が2月下旬に出した「これから1~2週間が拡大か収束かの瀬戸際となる」とする見解などに出てきます。 「終息」の例は「ワクチンが完成した頃には流行が終息している場合もある」のようなものです。 辞書の説明によると「収束」は「おさまりがつくこと。 おさまりをつけること」(岩波国語辞典8版)で、「終息」は「やむこと。 終わること。 絶えること」(同)。 最終的な解決は「終息」のはずですが、「収束」もよく使われるのは、差し当たり事態を制御可能な状態におさめることが現実的な目標だからでしょう。 新聞・通信社の用語集には「悪疫が終息」といった例を載せているものがありますが、エボラ出血熱のように当局が「終息宣言」を出すはしから流行が再燃するものもあり、簡単に「終息」を使えるものでもないように思います。 状況によって使い分ける言葉だと思いますが、いかがでしょうか。 (2020年03月12日).

次の

「収束」と「終息」のコトバの違いについて知っていますか?

コロナしゅうそく 漢字

コロナが落ち着くのは「収束」か「終息」か さて、そのコロナ騒動が落ち着いた後のことを見据えて、メディア上ではさまざまな記事が見られます。 「 アフターコロナ」「 ウイズコロナ」などという言葉も出てきていますね。 そんな中で私が気になったのは、コロナが落ち着いた状態を表す「 しゅうそく」という言葉。 メディアや記事によって、「 収束」という漢字が使われている場合と「 終息」という漢字が使われている場合があります。 個人的には「終」という漢字が使われている「終息」の方がふさわしいのではないかと思いましたが、これらの言葉の正しい意味と違いは何なのでしょうか。 気になったので調べてみました。 「収束」とは 例によって広辞苑によると、「収束」という言葉の意味は次のように書かれています。 1 おさまりをつけること。 おさまりがつくこと。 無限級数の和が有限確定の値をとること。 また、変数xがある値に近づくとき、関数f(x)がある有限確定値に限りなく近づくこと。 収斂シユウレン。 発散 コロナウイルスの影響による一連の騒動がおさまるということですので、言葉の使い方としてまったく問題なさそうです。 「終息」とは 「終息」の方も広辞苑で調べてみると次のように書かれています。 事がおわって、おさまること。 どちらも正しい? このように比べてみると、「コロナ収束」、「コロナ終息」どちらも正しいようです。 読み方が同じで、意味もほぼ同じようなので、どちらの漢字を使っても問題ないのでしょうね。 日本語の使い方って難しいですね。 早く終息させることができるように感染拡大の防止に気をつけましょう。

次の

同音異字

コロナしゅうそく 漢字

分裂や混乱していたものが、まとまって収まりがつくこと。 混乱した状態からいつもの状態に戻ること。 鎮静化すること。 落ち着きを取り戻すこと。 事態が収拾すること。 終は「終わる」息は「止む」という意味があり、完結の意味を持つ漢字を合わせ、強調している言葉です。 物事が完全に終わることを意味しています。 収束より終息のほうがより完結するという意味が強いです。 ・終息する ・終息を迎える 新型コロナウィルスの「しゅうそく」について 文脈的には両方とも使うことができます。 ピークをすぎて減少傾向になってきた状況が「収束」になります。 現在の自粛などの混乱した状況から普段の生活に戻って落ち着いていくこと自体は、新型コロナウィルスの騒ぎが収束に向かっていると言えます。 そのため、完全におさまって流行の終わりを宣言する場合には収束は使わず、終息宣言になります。 新たな感染者がほとんど出なくなったらもう「終息」です。 WHOなどの機関から出される宣言としてはこちらの「終息宣言」になります。 ほとんど感染者が出なくなってきたら終息宣言が出てくると思います。 ・wash your hands carefully 注意深く. そのため、「しゅうそく」というコトバも頻繁に耳にします。 ニュースの記事やSNSの投稿をみていると、「収束」と「終息」のどちらも使われているのですが、文脈によってどちらも正しいです。 新型コロナウィルスの流行のピークがすぎて新たな感染者が減少傾向で騒ぎがおさまっていくのが「収束」で、ほぼ新たな感染者が出なくなり完全に流行の終わりが見えてきたら「終息」です。 早く新型コロナウィルスが収束方向にいって、完全に終息することを祈っています。

次の