松屋 オリジナルカレー。 松屋オリジナルカレー再販の可能性は?時期や値段・理由を考察

a.bbi.com.tw:松屋の「オリジナルカレー」は今だけ!やっぱり辛くておいしい!

松屋 オリジナルカレー

松屋で「オリジナルカレー」がテイクアウト限定で復活販売中。 こんにちは。 アスキーの食情報担当ナベコです。 みなさん、お腹いっぱい食べていますか? どういうわけか、うちの近くには牛めしの「松屋」がちょいちょいとあります。 徒歩20分くらいの範囲で2軒ほど。 そこで、黄色い看板に吸い込まれてしまい、たまに利用しています。 松屋は牛めしだけじゃなくて、ハンバーグや定食などもおいしそうで、メニューの選択肢が多いのがありがたい。 以前は店内でサッと食べて……という感じでしたが、最近はテイクアウトを活用しています。 松屋のほとんどのメニューはテイクアウトに対応。 現在は期間限定で、牛めし80円引き、定食のおかずのみを割引など、テイクアウト限定のキャンペーンもいくつか実施しているので要チェックですよ。 そんな松屋で今食べておかなきゃいけないメニュー。 それは「オリジナルカレー」です。 懐かしい、松屋「オリジナルカレー」が復活 持ち帰りのみ。 5月12日午前10時までです。 松屋が長いこと販売していた定番のカレー。 それがオリジナルカレーでした。 味が主張するので、支持者とそうでない人で割れるのもオリジナルカレーらしいエピソード。 そうなんです、人生いろいろ、カレーもいろいろ。 いろんな想いがありました。 ともかく特徴が立っていたカレーなのですが、2019年12月に終売となりました。 基本的に松屋の店内では販売がなくなったオリジナルカレー。 それが今だけ、テイクアウトでのみ販売されています。 懐かしくなって買ってみました。 あのスパイシーさが恋しくて食べてみました こちらがオリジナルカレー(テイクアウト)。 390円、並盛です。

次の

a.bbi.com.tw:松屋の「オリジナルカレー」は今だけ!やっぱり辛くておいしい!

松屋 オリジナルカレー

2019年11月27日に、松屋の公式Twitterで「オリジナルカレー」が終売になるというアナウンスがありましたね! その後のTwitterでは#松屋カレーショックなどと、定番のカレーが無くなること悲しむをツイートが相ついでいました。 ところが、松屋公式Twitterが翌28日には期間限定メニューだった『創業ビーフカレー 』定番化されるという発表をして話題になっています。 おいしいのかまずいのかもとっても気になりますね! もくじ• オリジナルカレーが390円でしたので、100円の値上げという形になってしまったのは残念ですが、それでもお手頃な価格ではありますよね! では、創業ビーフカレーの評判はどうなのでしょうか? 創業ビーフカレーの評判は?うまい?まずい? 気になるのがおいしいのかな?おいしくないのかな?ということです。 私は、かなり昔に食べたので味を覚えていないですし、現行のオリジナルカレーなのか創業カレーなのかも覚えていません。 おっさんレギュラーのカレーはただ辛いだけで旨味が感じられなかったから高くても創業カレーの方が嬉しいんだけど、味覚は人それぞれだしな。 味に関しては、好みの問題もありますよね! お値段も手ごろで、食べやすいカレーなのかな?ということが分かります。 Twitterを見ていると、ごろごろ煮込みチキンカレーも期間限定で出ていることがあるということでこちらもとても気になりました! スポンサーリンク 松屋の創業ビーフカレーとオリジナルカレーの違いとは? 創業ビーフカレーと、レギュラーメニューとして販売されていたオリジナルカレーの違いはなんでしょうか? 創業ビーフカレーとオリジナルカレーの違いは? 創業ビーフカレーとオリジナルカレーの違いについてリサーチしてみました! 創業ビーフカレーは、辛みがあまりなく、味が若干濃いめでコクもあるということです。 反対に、オリジナルカレーはスパイシーな感じで辛みが強いようです。 松屋のカレーは辛い。 もう一回食べたい。 — ざきやま arita64 創業カレーは甘いんだって。 甘いの好きな人向け。 — 狐蓋。 kitunebuta 創業カレーは甘めで甘いカレーが好きな人向けのようですね! ですが、甘い中にも辛みはあるようです。 こういった意見もありました! 松屋の創業カレーをたべてきた。 口当たりは甘い。 でも思ったより辛い。 ヒーヒーしながらも、ガツガツ食べました。 反対にオリジナルカレーは辛口で辛いのが好きな人におすすめ!といった感じのようですね。 カレーとしては、全く別物の扱いになりそうなので、オリジナルカレーが好きだった人には復活してほしいという声も多そうです。 創業ビーフカレーは辛い?子供でも食べられる辛さなの? 創業ビーフカレーは甘口ということが分かりましたね! では、子供でも食べられる辛さなのでしょうか? 松屋の創業ビーフカレーは、甘口ということですがやはりスパイスが効いているので、子供には食べられる辛さではないようです。 辛さもありつつ結構スパイス効いてるから小さい子供は度外視の松屋の創業カレー。 大人に合わせてくるところはさすがだ🍛美味い。 — R. Okano 🐻 ォカリン vibesbyvibes 辛めが好きな小学生の長男は食べられるけど、バーモントカレーの甘口が大好きな2歳と辛いのが苦手な6歳の次男にはちょっと辛いかもしれません。 辛さを選べるといいかもしれませんが、子供向けに作られているわけではないのでしかたがないですね。 まとめ 今回は、12月3日から490円で定番化された松屋の創業ビーフカレーについて、 ・評判はおいしいのかまずいのか? ・創業ビーフカレーとオリジナルカレーの違いや辛さは? ・子供でも食べられる辛さなのか? をまとめてみました! 創業カレーは、おいしいという評判がとても多く、期間限定販売の時には定番化を求める声も多く見られました。 子供でも食べられる辛さなのかについては、小さいお子さんにはまだお勧めできませんが、多少辛いものが食べられるお子さんには大丈夫そうですね! 出かけた先で食べる機会があれば是非食べてみたいな~と思います^^.

次の

Amazon

松屋 オリジナルカレー

「」より 牛丼チェーン大手の 松屋が11月27日に「オリジナル カレー」の販売終了を発表した。 また、28日には「創業ビーフカレー」の定番化を発表したが、ネット上では「実質値上げ」との指摘が相次いでいる。 その後のツイートでも「松屋の定番。 オリジナルカレー。 まもなく本当に無くなります」「オリジナルカレーをご愛顧いただいていた皆様には大変心苦しいのですが松屋オリジナルカレー。 本当に終売です。 食べおさめは今のうち」と告知していた。 ツイート翌日の28日に公式サイトで解禁された情報によると、オリジナルカレー関連メニューの終売に伴い、期間限定メニューだった創業ビーフカレーが定番メニューになることが明らかになった。 価格は並盛490円(税込み/以下同)、大盛590円。 発売日は12月3日午前10時となっている。 今年6月に限定メニューとして登場した創業ビーフカレーは消費者の間で好評を得ていただけに、今回の発表を受けて「定番化はうれしい」「また食べたかったからありがたい」と喜ぶ声は多い。 一方、前日のツイートでは創業ビーフカレーの発売について触れていなかったため、「松屋からカレーがなくなる」と受け止めた人たちからは「松屋ファンを騙すようなプロモーションはやめて」「創業ビーフカレーに切り替えるだけでしょう? 煽りすぎ」「炎上商法じゃん」といったクレームも相次いでいる。 また、オリジナルカレーは並盛390円、大盛490円という価格設定だったため、創業ビーフカレーになると100円高くなる。 そのため、「これって実質値上げですよね」「ただの値上げを『おいしくなって新登場』みたいに煽るのはズルいやり方だと思う」「値上げするための商品リニューアルだな」「松屋のカレーはコスパの良さが魅力だったのに、コスパ悪くなった。 もう食べない」などと厳しい意見も寄せられている。 関東圏で牛めしに代わって販売中のプレミアム牛めしは、2014年7月から順次投入されたメニューだ。 公式サイトでは牛肉・品質管理・タレへのこだわりが強調されているが、グレードアップにともなって価格もアップ。 そのため、松屋ファンからは「プレミアム牛めしの悪夢を思い出す。 同じ手口だよね」「結果的に牛めしもカレーも高くなったね」との指摘も噴出している。 前回、消費税率が5%から8%へ引き上げられたのは14年4月1日で、今回は10月1日に8%から10%へ引き上げられたばかり。 そのため、「わざわざプレミアム感を出さなくても、素直に値上げしますと言えばいいのに」「問題になった消費増税便乗値上げと何が違うの?」という声も上がっている。 波紋を呼ぶ松屋の商品展開。 オリジナルカレーの販売終了は、何を意味するのだろうか。 (文=編集部).

次の