育毛 限界。 ゴールデンシータを知ったら育毛剤とさよなら

育毛剤で薄毛を治す限界−女性の薄毛の対策の為に

育毛 限界

このページでは、 薄毛は皮膚科で治るかどうか、情報を徹底的にまとめています。 受けられる治療内容や処方薬を明らかにして、皮膚科で対応できること・クリニックに頼ったほうがいいことをハッキリさせています。 皮膚科が向かない人の傾向も解説しているので、病院とクリニックで迷っている人も一読の価値あり!です。 薄毛は皮膚科で治療できる? 薄毛の進行度合いにもよりますが、皮膚科で治療を受けることは可能です。 大きな病院に限らず、皮膚科が入っていれば 「町のお医者さん」のような近所の小さい病院でもOKです。 AGA専門クリニックだと下調べや相応の覚悟のような慎重さが伴いますが、 かかりつけの病院なら安心して飛び込めます。 身近な場所で薄毛治療を受けられるのは、 敷居の高さが気になるクリニックにはない嬉しい利点です。 「科」は皮膚科でいいの? 病院で薄毛を診てもらう場合、一般的なのはやはり皮膚科です。 髪の毛は医学的な分類で「皮膚」にカテゴリーされているからです。 ただ、薄毛の原因によって内科も候補にあがります。 「皮膚科か内科、どっちがいいか見当がつかないよ。。 」という人は 特徴をピックアップしているので、当てはまる項目の多さを検討材料にしてみてください。 皮膚科が適切な人• 薄毛の家系で遺伝を疑っている• 過去に甲状腺などの異常を指摘されたことがある• 薄毛以外の体調不良を抱えている 皮膚科の治療内容は風邪の診察に似ている 主に「診察」と「薬の処方」の2つです。 手の込んだ治療をほどこすわけではなく、 「風邪で病院に薬をもらいに行く」という感覚に近いです。 診察 問診や触診をして、症状の軽減につながるヒントを探ります。 薬の処方 診察で見つけた「頭皮トラブル」をおさえる薬を処方します。 ここで念を押しておきたいのは、「発毛」を促す薬ではないということです。 頭皮のかゆみや赤みが目立つならそれをおさえる塗り薬、 内臓系疾患が見られればその症状をよくする飲み薬などが処方されます。 皮膚科では「頭皮トラブルに対応するための処置」にとどまることだけ頭に入れておきたいです。 費用はどれくらいかかる? 1回あたり9,000円~15,000円くらいが相場になっています。 クリニックとちがって植毛や育毛メソセラピーのような高度な施術のラインナップはないので、 これ以上爆発的に費用がかかる心配はなさそうです。 基本的に保険は適用されない 皮膚科・クリニック問わず、薄毛の治療費は基本的に全額自己負担です。 薄毛の症状そのものは「病気」と診断されず、「美容整形」と同じ枠組みになることが理由です。 薄毛の原因となる何かしらの疾患が見つかれば話は変わってきますが、 そうでなければ「容姿の悩み」という扱いになります。 厚生労働省が定める「医療保険の適応される治療」を見ても、 AGAの薄毛治療は含まれていません。 皮膚科の育毛剤はちょっと特別 皮膚科にもよりますが、育毛剤を処方してくれる病院もあります。 薬局やスーパーで簡単に手に入るものとは違って、有効成分の濃度が高かったり、 医学的根拠のある成分・ミノキシジルを配合しているような「ワンランク上」の育毛剤です。 関連ページ 市販の育毛剤の大半は「医薬部外品」で「現状維持」が目的ですが、 皮膚科で処方される育毛剤は「医薬品」なので、効果や結果を出すことに長けています。 その分使い方を間違えると負担になるリスクがあるので、素人が簡単に手を出せないように、 病院やクリニック、薬剤師を介さないと買えないルールになっています。 (育毛剤の容量は、「1本で1ヶ月分」がスタンダードです) プロペシアを処方してくれる皮膚科もある AGA専門クリニックに限らず、取り扱いがあれば皮膚科でプロペシアを入手できます。 単刀直入に「薄毛を治す薬をください」と言えば、プロペシアを処方してくれるかもしれません。 ただ、プロペシアを処方できるからといって、その先生が薄毛に詳しいとは限りません。 「薄毛治療薬を扱っているならそれなりに知識があるのでは?」と思うかもしれませんが、 「目には目を歯には歯を」という感覚で「薄毛の患者さんだからプロペシア」 と機械的に処方しているだけの先生も少なくないです。 いろんな相談やアドバイスを聞きたいところですが、 薄毛まで専門分野にしている皮膚科医は数少ないので、過度な期待はしないほうがいいです。。 プロペシアをちょっとおさらい 「プロペシアって何?」と思った人のために、簡単に概要を説明します。 (知ってるよ!という人は読み飛ばしてください) プロペシアとは、「飲む育毛剤」とも呼ばれる薄毛治療の飲み薬です。 「あの芸能人の薄毛が治ったのは、プロペシアを飲んだおかげ?!」 とウワサされるくらいの実力で、薄毛患者にとってのスーパーアイテムです。 ミノキシジル入りの育毛剤が外用タイプの代表選手なら、プロペシアは内服タイプの代表選手です。 この二本立てが薄毛治療の基本になることが多く、プロペシアはもう一つの柱なので、 その意味で大きな存在感をもっています。 また、厚生労働省から認可を得ているので、安心感と信頼感は絶大です。 ただ、「医療用医薬品」という扱いで市場に全く出回っていない成分を含んでいるので、 医療機関でしか手に入らないようになっています。 入手難度の高さは効き目の高さを裏付けていますが、 同時に素人判断で飲むと副作用に苦しむ可能性も含んでいるということなので、 医師のアドバイスのもとで服用するのが鉄則です。 ちなみに報告されている副作用は、主に男性機能の低下です。 どんな検査をするかというと、遺伝子検査です。 遺伝子検査は病院でも受けられますが、来院の前に知らないと意味がないので、自宅で簡単に検査できるキットが流行っています。 ちなみに遺伝子解析を行う会社は国内唯一なので、 検査キットで済ませられるのは今のところAGAドックだけです。 いい皮膚科を見極めるポイント 理想に近い皮膚科や髪の毛に詳しい皮膚科医を見つけるには、 「院長の経歴」が手がかりになります。 院長の経歴は、皮膚科のホームページを見ればほとんど載っています。 「皮膚科なら大きな差はないんじゃないの?」と思いがちですが、 治療内容は院長の方針で決められるので、同じ皮膚科でも院長次第でガラッと色が変わります。 皮膚の治療をトコトン極める院長もいれば、 皮膚トラブルより髪の毛の悩みに特化する珍しい院長もいます。 こういう違いは院長が何に重点を置いて研究してきたかに現れるので、 経歴を見れば院長の目指す方向が一目瞭然です。 意外と参考になるので、チェックしてみてください! 皮膚科でできること・できないこと 皮膚科でできること・できないことをざっくりまとめて、メリットとデメリットを比較します。 できること(メリット)• 頭皮トラブルの改善• 専門クリニックよりハードルが低い 皮膚科の先生はなんといっても「皮膚のプロ」なので、 かゆみや炎症、赤みなど皮膚のトラブルが薄毛の引き金になっている場合、 最も頼もしい味方になります。 皮膚のトラブルは自分で判別しづらく、なんとも思っていなかったことが実は大変なことだった、、 なんてことも珍しくないので、薄毛の原因がぼんやりしている人は、 皮膚科の先生が予想もしなかった要因を見つけてくれるかもしれません。 敏感肌や乾燥肌など体質にハッキリ悩みを感じている人なら、 クリニックより皮膚科の先生に相談したほうがきっと突破口が見つかります。 もう一つ、病院は基本的に「来るもの拒まず」なので、行動を縛られる心配がないのも強みです。 具体的に言うと、クリニックは治療によって同意書が必要(特に未成年)になったりするので、 治療を受けるまでに面倒な過程が増えたり、「親バレしたくない」と治療を断念する人も多いです。 その点、足を運べば何とかなる病院は未成年にやさしく、 専門クリニックに抵抗が感じている人にも寄り添ってくれます。 込み入った相談はできないかもしれませんが、 町のお医者さんのような身近なところでも診てもらうことができるので、 このハードルの低さは利用価値があるといくぞうはふんでいます。 できないこと(デメリット)• 専門的なアドバイスは望めない• 発毛の処置はできない あくまで「皮膚トラブルの改善」に徹するのが皮膚科の先生の仕事なので、 基本的に薄毛は専門外と思ったほうがいいです。 具体的なアドバイスやタメになる話を求めても、 「だったらAGA専門のクリニックに行ってよ」と心の中で思われてしまうかもしれないので、 相談相手になってもらう期待はしないほうがいいと思います。。 また、皮膚科で発毛の処置はできないので(それこそAGA専門クリニックのテリトリーです)、 髪の毛を生やすつもりで治療するなら、ハッキリ言って皮膚科では事足りないです。 時間とお金の無駄になってしまうので、フサフサになることが目標なら、 皮膚科は候補から外すべきだといくぞうは思います。 皮膚科の限界1:どこでも診察できるわけではない 「皮膚科で薄毛治療が受けられる!」と言いましたが、それは薄毛の診察がOKな場合です。 クリニックとはちがって皮膚科での薄毛は「おまけ」に近いポジションなので、 皮膚科なら全国どこでも診察できるわけではなく、 「薄毛はうちで診れません」と断られてもおかしくない話です。。 当てが外れるリスクがあるので、ちょっと面倒ですが皮膚科は事前の問い合わせが欠かせません。 それに、病院はいろんな患者さんが集まるので、薄毛と関係ない人ともたくさん顔を合わせます。 待合室で気まずい時間を過ごしたのに診てもらえませんでした、、なんてことは避けたいので、 自分を守る意味でも問い合わせして確認するのが得策です。 皮膚科の限界2:薄毛に対応できる皮膚科医はまれ 「男性型脱毛症の診療ガイドライン」というのを聞いたことがありますか? 薄毛治療をリサーチしている人は知っているかもしれませんが、 ちまたで言われる薄毛治療の効果を皮膚科医たちが評価して、 ガイドラインとして公表しているものです。 これを作成しているのは日本皮膚科学会で、 いわゆる「皮膚科のプロフェッショナル」が集って手がけています。 「だったら皮膚科の先生が最強じゃん!」と思うところですが、 皮膚科の先生なら誰でもガイドラインをつくれるほど薄毛に詳しいわけではありません。 むしろこのレベルの皮膚科医はごくごく一部で、 大半の先生は「皮膚」の範囲内で知識を極めています。 たとえば、モデルなのにガンガンバラエティー番組に出演する人がいますが、 モデルなら誰でも出るわけではないですよね(むしろ避けますよね)。 いくら自分を見てもらう仕事だといっても、 ファッションショーや雑誌のような「オシャレな活動」にとどまるのがふつうです。 それと同じで、皮膚科の先生もあくまで「皮膚トラブルに対処する」が専門であって、 範囲を広げて薄毛まで範ちゅうにするのはレアケースと言えます。 皮膚科の限界3:発毛はできない 繰り返しになりますが、とにかく皮膚科で髪の毛をフサフサにすることはかないません。 頭皮の炎症やかぶれなどを治せても、 発毛で重要な「毛母細胞を正常に機能する」ことは皮膚科ではできないからです。 (毛母細胞が分裂することで、髪の毛は生まれ成長します) 関連ページ 皮膚科が向かない人は、こんなタイプの人です。 こういう症状で治療を受ける場合、ハッキリ言って皮膚科では力不足です。 毛母細胞を正常に機能させるには、AGA専門クリニックの高度なワザが必要になります。 発毛が目的である以上、AGA専門クリニックが最も答えをつかめるルートと言えます。 皮膚科とクリニック比較表 あくまで相場ですが、ざっくり特徴をまとめてみました。 皮膚科が浅く広くのオールラウンダー、クリニックがとことん追究する職人といったイメージです。 病院の皮膚科 AGAクリニック 目的 皮膚トラブルの改善、現状維持 発毛 ドクター 頭皮トラブルに幅広く対応できる(にきび、炎症、乾燥など) 薄毛の知識に特化したプロフェッショナル 特徴 皮膚トラブルに強い 専門的な育毛治療ができる(メソセラピー、HARG治療など) 不安点 投薬治療以外の選択肢はほぼゼロ/薄毛じゃない患者さんとも鉢合わせる 敷居が高いイメージ(費用がかかりそう、余計な勧誘をされないか心配など) 通院頻度 1~6ヶ月に1回 月1回 費用 9,000円~15,000円/1回 30,000円前後/1回 「クリニックも視野に入れてみようかな、、」という人は、 下記のページで皮膚科とクリニックの違いを深掘りしているので、参考にしてみてください!.

次の

イクオスの口コミは信じられるのか?ぶっちゃけどうなの?

育毛 限界

1』『かっこいい男が使う育毛剤No. 1』『40〜50男性がおすすめする育毛剤No. 1』を獲得しました。 1 かっこいい男が使う育毛剤No. 1 40〜50男性がおすすめする育毛剤No. 1 BUBKAは育毛の限界に挑戦し続ける男性用ヘアケアブランドです。 薬用育毛剤BUBKAはこれまで5度のリニューアルに取り組み、進化し続けてきました。 BUBKA ZERO(ブブカゼロ)は、シリーズ累計180万本以上販売されている薬用育毛剤BUBKAシリーズの 6代目となります。 BUBKA ZERO(ブブカゼロ)の特徴 ・ 発毛促進と抜け毛に効果的な薬用有効成分を3種配合 ・ 頭皮環境に着目してコラーゲンやヒアルロン酸などのうるおい成分を配合 ・ 頭皮ストレスへの配慮でアルコールを始めとする9つの添加物をフリーに ・ ベタつかず、無香料なので周りを気にせず使える使用感 ・ ポジティブに育毛に取り組めるお洒落なボトルデザイン 高い効果実感を目指すために土台づくりに着目したトータルケアを実現! BUBKAは育毛剤だけでなく、スカルプケアシャンプー、酵素サプリもラインナップしています。 育毛の土台となる頭皮や身体にも着目して、男性の髪の悩みへトータルでアプローチできるところが、BUBKAブランドの特徴です。 Sコーポレーション 住所 :〒107-0061 東京都港区北青山1-3-2 4F 担当:松浦 URL: 連絡先:info bubka. 彼氏・旦那に使ってもらいたい育毛剤No. 1 2. かっこいい男が使う育毛剤No. 1 3. 40〜50男性がおすすめする育毛剤No. 禁無断複写転載 ORICON NEWSの著作権その他の権利は、株式会社oricon ME、オリコンNewS株式会社、またはニュース提供者に帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。 また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。 各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。

次の

自毛植毛=増毛ではない!自毛植毛の限界

育毛 限界

育毛剤ってなに? 一昔前までは、TVCMや雑誌広告で必ず育毛剤の広告を見かけましたけど、今ではインターネットに広告の場所を変え、新旧含めいろいろな商品の宣伝を目にしてませんか? でも、意外と育毛剤について聞かれると、「毛の生える薬でしょ?」と思っている人が多と思いませんか? そこで、育毛剤っていったいどんな商品なの? 発毛剤とはどうちがうのか? など、疑問はつのるばかりですね。 育毛剤の歴史 今ではすっかり聞き慣れた単語になってしまってますけど、20年前頃は「毛はえ薬」とか「養毛剤」とかいろいろな名前で呼ばれていたようですよ。 柑橘系や昆布エキスの物から鉱物由来の粉の物まで、いろいろな商品があったようですよ。 それ以上に、効きそうにもない怪しい商品も沢山有りましたねw そもそも育毛剤っていつ頃からあったんですかね? その歴史を調べてみると、なんと紀元前1500年頃の古代エジプト時代でも育毛剤が頻繁に使われていた記録が残っていました。 古代エジプトは医学が発達してしたこともあり、いろいろ研究されていたみたいで。 さすがエジプト人! その医学書 『』 にもハゲ薬の記載がされていました。 その処方が..... ライオンの脂肪、カバの脂肪、ワニの脂肪、ネコの脂肪、ヘビの脂肪、岩山のヤナギの脂肪を柔らかな塊にし、はげ頭に塗る。 エドウィン・スミス・パピルスより引用 タマリンド、カヤツリグサ、タマリスク、カノコソウ、エンマー小麦の種子、油か脂肪、蜂蜜を混ぜて、それを頭に塗り包帯をする。 エドウィン・スミス・パピルスより引用 今では考えられない処方ですね。 なんでライオンやカバの脂肪が効くのか不思議であるうえ、こんな脂っこい物塗ったらかえって抜け毛が増えるのではって感じもしますが。 この時代の医学は、どちらかというと「呪術」に近かったと思われますので、いろいろ試しながら効果 結果 を見て結論に達したんでしょうね。 日本では、江戸時代後期から「毛生え薬」として養毛剤・発毛剤があったそうです。 古来、柑橘類のエキスを使った育毛剤が主流で、民間療法的な物から漢方薬を使って医者が処方するものもありました。 中にはトリカブトの成分も入った物もあったようですが、概ね自然にある物を組み合わせて使っていたようです。 なかでもすごい物としてこんな物もありました。 なにしろ不注意で指につけでもしたら、そこから毛が生えてしまう!という代物です。 育毛剤を通りこえて、危険物です。 そんな注意書きのついた育毛剤です。 材料は、びゃくし、しんしょう、せんきゅう、まんけいし、れいりょうこう、ぶしの6つです。 これを刻んで絹の袋に入れ、ごまの油に20日間ひたして、有効成分を抽出した育毛剤です。 原料はいづれも漢方薬です。 びゃくし(白止) セリ科のヨロイグサの根を乾燥させた生薬。 鎮静効果があります。 しんしょう(秦椒) ミカン科のフユサンショウの実。 せんきゅう(川芎(クサカンムリに弓)) セリ科。 刺激作用があります。 まんけいし(蔓剕) クマツヅラ科の子実。 古来より髪を長く、黒くする効果があるとされています。 れいりょうこう(零陵香) シソ科のカメボウキ。 ぶし(附子) キンポウゲ科のトリカブト。 猛毒のアルカロイドが含まれています。 塊根を乾燥させたものを用います。 理美容NEWSより引用 大昔より育毛剤・発毛剤は、直接頭に塗る形式がスタンダートだったようですね。 しかし20世紀に入ると、アメリカで初めて『飲む毛生え薬』が登場したのはご存じですよね。 そうです! あの薬ですよ!。 頭頂と前中頭部の男性型脱毛 AGA に効果のある薬(皆さんご存じなアレです)で、女性や子供にの服用は副作用などで禁止されています。 日本でもAGA治療として一世風靡し、個人輸入などで海外から輸入して服用する方も多かったようです。 しかし、その副作用から医師の正しい指導での服用されるようになりました。 その後医療の進歩と研究が進み、より副作用の少ない薬効成分の開発や、自然界に存在するハーブや柑橘系エキスを使った商品が開発され、使う方の目的にあった商品を選べるようになりました。 昭和の頃には、ラジウム鉱山で働く鉱夫に薄毛がいないということで、ラジウムが体の錆びた部分を改善するという働きから、発毛に効果があるのではないと考えられて作られた商品や、頭皮に電極を指して低周波マッサージで毛根を刺激して発毛を促す商品などもありました。 その後は、シャンプーを主体とした商品が人気となり、現在では頭皮に塗る液剤やシャンプーが主流となってきています。 もちろん、AGA治療薬も人気です。 育毛剤と発毛剤の違いは? 育毛剤と発毛剤の違いについて考えてみましょう。 まず法律的な部分から見てみますと、医薬部外品か医薬品であることです。 医薬部外品は誰でも誰でも簡単に購入することができ、症状の予防や緩和などを目的としています。 対して医薬品はその名の通り「薬」になります。 疾患や症状を治療することが目的になります。 これらを考えますと、育毛剤は 抜け毛を予防して今ある毛を育て抜けにくくする働きがあるので「医薬部外品」に分類されます。 発毛剤は、髪の毛が生えてこないという疾患を改善して 毛が生えてくる働きがありますので「医薬品」に分類されます。 そもそもの目的が、育毛剤と発毛剤とでは大きく異なるのがわかります。 まだ髪の毛があり薄毛を目立たなしたい方には育毛剤を、髪の毛が抜けてしまって昔のように髪の毛を生やしたいという方には育毛剤を使います。 この違いを理解していないと、育毛剤を使えば毛が生えてくると勘違いをされる方が多いです。 実際クリニックなどでも、まず育毛剤を使用して、症状が改善されない場合には発毛剤を利用することを勧めているところが多いです。 もっとわかりやすく言えば、畑の作物に肥料をあげれば作物は元気に育ちますが、作物がないところに肥料をまいても何も生えてきません。 アンファー株式会社HPより引用 正しく効果的に育毛剤、発毛剤を使うには、しっかりとした知識が必要みたいですね。 なぜ薄毛になるのか? その原因は? 育毛剤を使うか? 発毛剤を使うか? いずれにせよ 今の頭皮の状態をしっかり把握する必要があります。 と同時に、せっかく育毛剤や発毛剤を使っても、薄毛になった原因を理解しないで使っても意味が無いと思いませんか? せっかく生えて来た、元気になった髪の毛が抜けてしまってはショックです。 毛根の数は、実は生まれる前から決まっていて、おおよそ7万~10万といわれてます。 そして、髪の毛が生えるサイクルが6年ほどなので、このサイクルが乱れれば後は引き算的に新しい毛が生えてこなくなって、薄毛になります。 そう考えると怖くないですか! 髪の毛が生えてこない原因としては、遺伝による物とライフスタイルによる原因が考えられます。 遺伝的要素については後述しますが、ここではライフスタイルによる原因についてリストアップしてみました。 お酒・たばこ 人間の細胞は、ほぼすべてが夜就寝中に活発化して入れ替わるのは知ってますよね。 当然髪の毛や頭皮も、夜に作られます。 しかし、毎晩遅くまで起きていたり、夜型の生活だったりすると、本来細胞が作られる時間に起きていることにより、細胞の活動が妨げられることになります。 髪の毛の場合、抜けたら次の髪の毛が生えてこないと、だんだん薄毛になっちゃいますね。 また、寝不足も薄毛の原因です。 十分な睡眠を取れない事でストレスがかかり、十分なリンパ球のが作られないことにより十分な細胞活動ができない状況に陥り、結果薄毛につながる原因ともなります。 システム開発の仕事をしていた頃は、午前様は当たり前で平均睡眠時間は4-5時間でした。 そんな状況であれば、頭皮にもいいはずはないですよね。 このときは、「白頭症」とよばれる頭皮がガチガチに堅くなって「ふけ」のように剥がれる病気になり、20代後半で若ハゲ寸前までなったことがありました。 ストレス これは説明するまでもないですが、ストレスは避けられるのであれば避けた方に超したことはないです。 ストレスがかかると、ノルアドレナリンやドーパミンなどの神経伝達物質が神経より放出され、これが血流を妨げてしまいます。 さらに、これらが一定以上の濃度になると細胞の活動が押さえられてしまいます。 ストレスの原因は人様々ですが、寝る前のゲームや携帯の注視なども、実はストレスになっていると知っていましたか? もちろん、夜遅くまでパソコンで作業をしたり、過度の飲酒などもストレスの原因になっています。 ストレスがかかると頭皮の血行も悪くなり、毛根に十分な栄養が行き届かず、神経伝達物質の影響で毛根細胞の活動が鈍くなってしまうこともあります。 そうなると、早めに寝ても体はストレス状態が継続しているので頭皮や毛根へのダメジーは避けられないです。 私が発症した白頭症も、ストレスが原因で、ビタミンCなどを処方されました。 食生活 食生活は、実は薄毛になる原因にものすごく関与しています。 肉中心の食生活やカップ麺など脂っこい食生活は、頭皮には絶対によくないです。 食生活が偏ったり乱れたりすると、「」という毛穴に住み着いている菌が増殖して、毛穴から出てくる皮脂を分解して「遊離脂肪酸」という物質を作り出します。 この物資は毛穴のつまりや頭皮を刺激する原因になり、頭皮が赤くただれたりかゆみのの原因となります。 もちろん、「頭がくさい」という臭いの原因にもなります。 毛穴が塞がってしまったり炎症が毛根まで達すると、最悪は毛根にダメージをあたえ、抜け毛の原因になります。 また脂肪分の高い食生活は、男性ホルモンの増加の原因となります。 「テストステロン」が増えると「ジヒドロテストステロン DHT 」が増加し、髪の毛の発毛サイクルが短くなり薄毛になりやすくなります。 飽食の時代の昨今、魚より肉、野菜より炭水化物、インスタント食品にコンビニ弁当など どうしても脂っこい食生活になりがちですが気をつけたいですね。 頭蓋骨の拡張 人は、常に頭蓋骨が成長してるって知ってましたか? 赤ちゃんの頭は軟骨みたいに柔らかく、骨のつなぎ目や頭頂部の大泉門が触ってわかります。 40代を過ぎるとだんだん骨が生長して頭蓋骨のつなぎ目が触ってもわからなくなってきます。 つまり、頭がでかくなっていると言うことなんです。 20代より40代、30代より50代の方で薄毛の方は、頭がおおきい方が多い事に気がつきます。 頭蓋骨は成長するのに対して、皮膚の成長は止まってしまっています。 そうなると、頭皮はどんどん内側から圧迫されて引っ張られ伸びていきます。 薄毛・ハゲている方の頭皮は、触ってみますと弾力は無く固く感じます。 さらには おでこの皮が引っ張られて生え際が後退するのもそのためです。 眉毛に手を当てて、生え際が指4本よりも後退している方は要注意です。 紫外線等 薄毛は遺伝する! なんてよく言われますが本当なんでしょうか? 答えは、ある程度は遺伝はあるそうです。 薄毛の原因は、男性ホルモン テストステロン が、頭皮に存在する5aリダクターゼという酵素と結びついて、薄毛の原因となるジヒドロテストステロン(DHT を作り出します。 5aリアクターゼは頭の上の部分に多く存在することがわかっており、耳のまわりや後頭部などにはあまり存在していません。 そのため、薄毛になる場合には圧倒的に頭頂部が多いのもわかります。 男性ホルモンが脱毛因子に変化する過程 遺伝で関係してくるのが、5aリダクターゼと男性ホルモンレセプタの感受性です。 5aリダクターゼ の活性化遺伝は優性遺伝のため、両親のどちらかがその遺伝子を持っていると、子供には確実に遺伝されます。 面倒ですね。 男性ホルモンレセプタの関する遺伝子はX染色体、つまり母方の遺伝子に存在することがわかっており、母方に薄毛の人がいると遺伝しやすいです 隔世遺伝。 薄毛になる遺伝の影響は、単純計算で50%という事になります。 父親が薄毛で、母方に薄毛の方がいる場合には、かなりの確立で薄毛になるとのではないでしょうか? 実は女性にも同じように、男性ほどではないですが遺伝することもわかっています。 でも、自分が薄毛の遺伝子を持っていると言うことがわかっていれば、あとは薄毛にならない、つまりDHTを作り出さないようにコンディションを保つように心がけるようにしたいですね。 インド人、ジャマイカ人、ネイティブアメリカンには薄毛がいない 世界中にはいろいろな民族がいますが、なぜかインド人、ジャマイカ人、ネイティブアメリカン、エスキモーにはハゲや薄毛がいない(全くいないわけではないですが)ことで有名です。 実際私の友人のインド人やネイティブアメリカンの人にも、薄毛の人は一人もいないです(100人に1人いるかどうかの割合みたいです)。 そこで、なぜ彼らには薄毛がいないのでしょうか? ちょっと気になりますよね! インド人の場合 インドの方の食生活とライフスタイルを見てみると、薄毛がいない理由がわかります。 まず、インドの方はシャンプーを使わない! 沐浴などで川で洗って終わり。 女性の方も同じです。 シャンプーではなく、石けんで頭を洗う方はいらっしゃるようです。 インドの石けんは余計な化学物質が入っていない純粋な石けんが多いので、石けんを使っても頭皮にはダメージを与えにくいと思われます。 食生活に見ても、豚肉、牛肉は食べません。 肉は主に鶏肉と魚だけ。 それにクミンやらサフランなどハーブ(香辛料)を使って味付けをするカレーなどがメインなので、食品添加物などは先進国に比べると少ないようです。 比較的脂っこくない食事(動物性タンパク質が少ない)、野菜、ハーブ、そして魚など頭皮にはいい食生活をしています(裕福層はわかりませんが)。 頭皮にダメージの少ないシャンプーを使わない、頭皮に良い食生活。 これが薄毛が少ない理由ではないでしょうか? ジャマイカ人の場合 ジャマイカと言えば、ボブマーリン。 ボブマーリンと言えば、ドレッドヘアです。 ドレッドへアの場合、毎日シャンプーで髪の毛を洗うことはできませんので、人にもよりますが週に1-3回程度です。 髪の毛にWAXを塗ってあるので、洗浄力の強いシャンプーは使えません。 ドレッドへアではない方も、町中で売っているシャンプーは天然素材の物が多く、所得も低いので比較的みなさん石けんなど界面活性剤が入っていないシャンプーを使っているようです。 食生活については、鶏肉がメインに食されてます。 そして天然のハーブを豊富に料理に使っています。 もちろん、ニンニクやこしょうなども、ジャマイカではハーブになります。 これらハーブの中には、血行をよくしたり頭皮にいい働きのあるハーブもあると思いますし、鶏肉も脂っこくないので頭皮にはよいです。 ジャマイカと言えば、ドレッドヘアですよね。 旅行した方の話だと、街中至る所にドレッドヘアの男女があふれかいるんですって。 このドレッドヘアを維持するのに欠かせないのが、CBD を使ったオイルなんです。 CBDは、血行をよくする働きや免疫を高める、細胞の抗酸化などの効果があることで有名です。 知ってました?。 そのため、海外ではCBDオイルを舌下に垂らすことにより、免疫を活性化させるなど様々な効果があります。 花粉症やハウスダストにも効果がありますよ。 当然ながら、髪の毛にもいい効果があることは、彼らは知っているんですね。 食生活も、ジビエ バッファロー、クマ、トナカイ等 やハーブ、魚など自然を中心としたオーガニックな食生活がメインです。 さすがに現代ではそれも崩れかけていますが、根本は変わってはいません。 ジビエは牛や豚とは異なり、 滋養強壮や血流促進にも効くものも多く、脂もギトギトしていません。 そしてノコギリヤシの入った強壮剤を彼らは常用していたこともわかってます。 ノコギリヤシには、薄毛の原因となるジヒドロステロンを抑える作用があります。 これもネイティブアメリカンの方々に薄毛がいない理由の一つだと思います。 そして彼らのライフスタイルの中で、 ユッカの根を原料に作られた無添加シャンプー を古から使っています。 ここでも頭皮に優しいオーガニックシャンプーを使っているのも薄毛がいない理由だと思います。 そのほか、イヌイット民族(エスキモー)やアイヌ民族にも薄毛が少ないと言われてます。 彼らの食生活も魚やオーガニックが中心なので、頭皮にストレスもかからないからなんだと思います。 特に青魚に含まれるEPAやDHAは、血液をさらさらにして血流改善の効果がありますので、結果的に薄毛、白髪予防にいいようです。 なかなか現代人の私たちには大変かもしれませんが、できるところは実行したほうがいいですね。 余談ですが、昭和の日本人のライフスタイルは添加物も少なく、界面活性剤の入ったシャンプーも使わず、魚中心の食生活でしたが、今では肉食やジャンクフードなど高タンパク高脂質、添加物たっぷりの食生活で、スマホとストレスの毎日。 となれば、薄毛も増えてきて当然ですね。 なぜ育毛剤は本当に効かないのか? AGAか薄毛かを見極めることが大切 育毛剤として認可を取っている商品は、実は円形脱毛症やストレスなどによる薄毛を対象としているんです。 なので、額のM字ハゲや天辺ハゲのようなAGA(男性型脱毛症)には効果がないんですよ。 AGAではない部分には効果があるかもしれませんが、進行しているAGAの部分には残念ながら効果が無いということになります。 育毛剤を選ぶときは、まずは自分がAGAであるかないかを確認することが重要です! 使うだけじゃ、毛は生えてこないぞ!-男性ホルモンを増やすことが大切- AGAでなければ 育毛剤でフサフサになるかというと、決してそうではなです。 やはり、使う人の努力が求められるんです。 育毛剤は、毛根細胞を活発化させて毛が抜けにくくする、毛が生えてくる手伝いをするのが目的です。 でも、頭皮の血流をよくして栄養を毛根に届けて元気にする必要があるんです。 年齢を重ねると、残念ながら男性ホルモン(テストステロン)の量は30歳前後をピークに減り続けていきます。 男性ホルモンは血流をよくする働きもありますが、DHTを生成する原因にもなります。 実は、このバランスがとても重要であることを知らない人が多いって知ってましたか? 毛根に運ぶ栄養量がDHTの量を上回れば、毛根は受けたダメージを回復して元気な髪の毛になりますが、DHTの量が上回ればダメージを回復できず、髪の毛が連鎖的に抜け続けてしまうことになります。 DHTの量は、育毛剤である程度抑えることができますけどね。 でも、ほとんど人はこの4つを実践していないので、DHTでダメージを受けた毛根が回復できずに毛が抜けてしまい、育毛剤を使っても効果が感じられないという結果になってしまいます。 広告でよく出てくる育毛剤は信頼できるのか?-広告にだまされるな- さてさて、星の数ほどある育毛剤、一体どれが本当に効果があるんでしょうか? 人間の心理として、一番広告などで目にとまる商品を選ぶ傾向にあります。 販売実績のデータを見る限り、チャップアップ、ポリピュア、BUBKA、ランブットなどがあります。 しかし、前述しましたとおり、自分に合う育毛剤はどれかと言うことを見極めることが必要です。 これら商品の信頼度はというと、残念ながら断言することは難しいと思います。 というのも、常にこれらのメーカーは、新しい商品やCM素材を作成・製造して市場に供給してます。 まったく効果のない物に、あれだけの宣伝広告費を使うことは考えられませんし、自分で使った感じでもそれなりの効果はあったと思います。 チャップアップとポリピュアは、使用感が同じなのでどちらか選べばいいと思いますが、その他の商品については、口コミやユーザーのレポートなどを見て、自信で判断するしかないと思います。 広告の法則からすると、膨大な広告費をかけている商品には手を出さない、自分にあった商品を自分で判断してチョイスする事が大切だと思います。 ちなみに、私は全種類試しましたが、どれも満足のいく結果は得られませんでした。 どのくらい使えば効果が期待できるのか? では実際にどのくらいの期間使えば効果が期待できるかという点について考えてみました。 ここからわかるのが、最低でも3ヶ月は使って結果を判断する必要があるのがわかりますね。 1ヶ月で使うのをやめてしまうと、休止期の毛根には何の変化もないので効果は期待できませんね。 最低でも3ヶ月以上、できれば半年から1年は使ってみて判断するのが最良だと考えてます。 正しい育毛剤の使い方 では、育毛剤をより効果的に使うためにはどうすればよいのでしょうか? 育毛剤は適正な使い方をしないと効果は期待できない 育毛剤は、正しく使わないとせっかくの効果も半減してしまいますよ。 商品ごとに適切な使い方があるとおもいますので、ここでは一般的な方法についてご紹介します。 自分にあった育毛剤を使おう 年齢や薄毛の状態などは人様々です。 また、薄毛なのかAGAなどかも知っておくことはとっても重要です。 ほとんどの商品はパッチテストなどでアレルギー反応などが無いように作られていますが、中には特定の物質に反応してしまうこともあります。 チャップアップ、ポリピュア、BUBKAなどは、少なからずアルコールが入っています。 これはネットで調べれば簡単にわかりますし、メーカーも原材料を公開しているので、そこで確認することができます。 アルコールがダメというわけではありませんが、中にはアルコールで皮膚炎を誘発してしまったり、毛根を痛めてしまうということがあります。 なので、できるだけアルコールを使っていない商品を選ぶことが大切です。 せっかく買ったのに、思いもよらない反応で使うのを断念したという話もよく耳にします。 その点についても、ユーザーレビュー(メーカーが作った隠れサイトではないサイトで 確認してみてください。 シャンプー選びは重要!-オーガニックの物を使いましょう- 意外と見落としがちなのが、シャンプーの存在です。 シャンプーは頭皮の汚れを落として、育毛剤の効果をより効かせるようにします。 普段使っているシャンプーは、よく泡が立って指通りがよく、いい香りのする物やメンソールやトニックが入っていてすっきりする物が多いかとおもいます。 でも、これらの商品は、科学物質が多く含まれていて、頭皮や毛根にあまりよくないものが使われていることが多いんです。 実際、発毛クリニックで使っているシャンプーも、同じような考えで作られています。 ネット通販やドラッグストアなどでも、オーガニックのシャンプーはたくさんありますので、自分に合うシャンプーを見つけてください。 髪の毛は優しく洗いましょう-ゴシゴシは頭皮を傷つけるだけ- 髪の毛をゴシゴシ洗うのは、男の証だ! などと考えてる方もいると思いますが、せっかく育毛剤で改善されてきた頭皮を傷つけたりダメージを与えてはナンセンスですね。 髪の毛はドライヤーでしっかり乾かす-熱風は禁物! 十分離して乾かす 商品によって塗布方法などは異なりますので、必ず説明書に従って塗布とマッサージを行ってください。 ちなみにチャップアップやポリピュアは30プッシュするように指導してますが、短髪の方はビショビショになってしまうので、 自分に合った方法で使うようにしましょう。 また頭皮のマッサージも、メーカーから効果のある方法について紹介されているので、それに従って最良の方法で行ってください。 夜は必ず使うように-細胞は夜寝ているときに働きます- どんなに忙しくても、寝る前には必ず育毛剤を使うように心がけましょう。 眠くてお風呂に入れない時でも、整髪料を使ってなければそのまま使っても大丈夫です。 そして、朝も忘れずに育毛剤を使うようにしましょう。 朝と夜どちらかが大切かというと、夜です! まずは育毛剤のルーチンワークをご自身で作成して、それに従って育毛活動を行ってみてはどうでしょうか? 今まで使ってみた育毛剤・育毛シャンプー いろいろ沢山の育毛剤が発売されてますが、その中で僕が実際に試してみた育毛剤についてのレビューを紹介しちゃいます。 すべての方が同じ意見とは思えないかもしれないですけど、少しでも共有できる部分や参考になればいいかなって。 あくまでも個人的な感想なので、よろしく! ウルトラマンファミリーのCMで一世を風靡した育毛剤です。 最近ではあまりCMや広告を見かけることは無くなりましたが、インターネット上での広告は相変わらず活発です。 ランキングサイトを見てみても、必ずどちらかの商品が1位と2位に入っている物が多いのも謎ですね。 チャップアップは薄毛に特化した育毛剤であるために、残念ながらAGAにはあまり効果が期待できないという書き込みも多く見受けられます。 実際使ってみた感じですが、自分的には他の商品との大きな違いを感じることはできませんでした。 使ったときのインパクトは、正直BUBKAや他の商品に比べ、ガッツン! という感じがあります。 頭皮の洗浄と細菌の殺菌でアルコールが入っていますので、頭皮がすっきりする感じはあります。 1ヶ月たった時点で、半分以上残った。 メーカー曰く、沢山つけた方が効果があるので頑張ってくださいとのこと。 チャップアップとトップを二分する商品として快走をしている商品です。 また、レビューサイトやランキングサイトなどでも多く取り扱われているので、情報はチャップアップ同様に入手しやすいかと思います。 ポリピュアEXも、基本概念は他育毛剤と同じですので、これと言った決め手となる効果が謳われていない(薬事法で言えないというのもあるかもしれません)ので、自分でレビューなどを見て調べないとなかなか決めにくいかなと思います。 チャップアップ同様にアルコールが入っていますので、塗布した感じはスーっとする爽快感があります。 ここについては、チャップアップと同じ 3ヶ月ほど使いましたが、チャップアップと同じような感じの商品でした。 ちなみに両商品を透明なボトルに入れてみたら、色はほぼ同じ。 ポリピュアEXのほうが若干オイリーな感じです。 匂いは、チャップアップ同様あまり好きにはなれませんでした。 髪の毛の腰は、半端なく出ました。 自然に腰が出たというよりかは、ムースなどで髪の毛を固めたような感じに髪の毛がバリバリになる感じです。 猫っ毛で髪の毛が細い方は、髪の毛の腰がでるのでハリとボリュームがでるのでヘアスタイルなどが決まりやすいと思います。 使用時のインパクトを出すために、ポリピュアEXは髪の毛の腰、チャップアップは毛穴の爽快感と違うだけで、系列会社の商品なのかなと思うほど、似通っている商品です。 ノンアルコールの育毛剤として人気のある商品が、M-1です。 細胞内のミトコンドリアを活性化させて育毛促進シグナル(FGF-10 を活性化させる働きに注目して開発された商品です。 さらには、口コミを見ますと女性でも育毛の効果があるという優れた商品です(これについては検証をしていないのでなんともわかりませんが)。 ということで、興味津々で使用してみた結果は以下の通りです。 チャップアップやプロピュアEXのようなガツンとくるようなありませんが、使ってて優しい感じのする商品。 やはり、育毛剤の限界を突破することはできなかったと思いますが、自分が使ってみた育毛剤のなかでは優秀な商品だと思います。 ネットをみると、M-1で育毛を促進して、プロペシアで発毛を促すことがより効果があると書いてありました。 女性にも効果がある 脱毛症 ようなので、興味のある方はぜひ試してみてください。 スカルプDの後に使ってみた商品です。 このときは、ローションとシャンプーとサプリの3点セットで2年ほど使ってみました。 この当時は仕事のストレスで頭皮のコンディションが悪く、白頭症で悩んでいた時でしたが、状況的には改善があった商品です。 前側については、ゆっくり脱毛が進行(何もしないよりはまし)している感じ。 サプリも最初は効いていた感じがしてしましたが、あるときから効果は感じられなくなり、ノコギリヤシと亜鉛のサプリに切り換えました。 シャンプーは、なかなかいい効果がありました。 白頭症も改善し髪の毛も気持ち元気になった感じでした。 ビタミンCが入っているので2回洗うように説明書に書いてありましたが、自分には過剰洗浄気味だったので1回だけにしておきました。 元々整髪料などは使っていなかったので。 頭皮改善には効果のある商品だったと思います。 人気芸人やアイドルグループなどを起用してCMを展開してたことで有名な商品です。 通販だけでは無くヨドバシカメラでも売っていたので、使ってみました。 この商品を使う前までは、という商品を1年ほど使っていましたが、頭皮のコンディションが思わしくなかったのでスカルプDに切り換えてみました。 ローションなどもありますが、自分はシャンプーのみの使用でした。 ストレス性の白頭症などで、頭皮のコンディションの改善には結構頭を痛めてたんです。 薄毛もストレスとモニタから出るブルーライトのせいかなと思い続けてたのでまずは頭皮改善を目指して使用してみました。 使ってみた感じは、1週間ほどであれほど治らなかった白頭症が改善し、使っている間は皮膚科には1回も行くことはありませんでした。 スカルプDも2回洗髪する(1回目は髪の毛の汚れを落として、2回目で成分と毛穴の汚れを落とす)システムでしたが、ちょっと不安だったので結局最後まで1回の洗髪だけでも頭皮の改善は見られましたので、よし!としてました。 自分は、定期購入だと必ず貯まってちゃうのがわかってたので、いつもヨドバシカメラで購入してたので、自分のペースで使えるのはよかったです。 頭皮はおかげさまで改善して、その結果育毛にもいくばっかしか恩恵はあったと思います。 が! が!、しかしながら 薄毛は改善されなかったんですよ。 毛質は改善されたんですけど、毎朝鏡を見ながらドライヤーで髪の毛を乾かしていると、前の部分の薄毛がどうにもこうにも気になって、シャンプーが無くなった時点でBUBKAに切り換えました。 結局、シャンプーは育毛にはあまり効果が無いのかな? って感じました。 一番お勧めの育毛剤 沢山の育毛剤がありますが、どれがお気に入りですか? ほとんどの方がいろいろ使ってみて効果が無いので、新しい商品が出ると試してみるの繰り返しだと思います。 実は、これが育毛剤ビジネスのおいしいところなんですよね。 ここでも説明しましたが、育毛剤は残念ながら一時しのぎでしかないんです。 なので、あまりにも過信や期待を持って使うと、がっかりする結果になります。 そんな中、何をさておき、絶対に使っていただきたい凄い商品が、この秋に発売されたのは知ってましたか? ゴールデンシータは、育毛剤の限界を超えた! その商品は、ゴールンシータという全く新しい考えで作られた商品なんです。 その名の通り、アンチエイジング理論に基づいて開発された、めちゃめちゃ効き目のある商品なんですよ。 でも、とにかく忙しい方が多くサロンに通う時間も無い方が多かったので、「いつでも何処でもサロンで使っているのと同じ効果のあるアロマオイル」として、メンバー向けに発売されたんです。 ここ重要なので、覚えてくださいね! さらには育毛剤じゃないので、薄毛対策からAGA 完全にハゲちゃってる場合も、産毛くらいは生え始めるみたいですよ にも効果があるんです。 つまり、これ一本で育毛活動はお任せ!って感じのめちゃくちゃ凄い商品なんです。 さらには、育毛だけでは無く老化防止などの凄い効果もあります。 こんな素晴らしい商品があったら、あなただったらどうしますか? 他人に教えちゃいますか? 僕だったら、絶対に教えませんね! だって、選ばれた人しか使うことのできない商品なので、セレブさん達だって教えてくないですよね。 ゴールデンシータの凄い点! それでは、ゴールデンシータの凄い点について、特別にこのページにたどり着いた方だけに教えちゃいます! 今、このページを見ているそこのあなた! あなたは、選ばれた方に仲間入りできるチャンスを今手にしかけてますよ! 今までの育毛剤は、DHTの発生を抑えて毛根がダメージを受けるのを防ぐ、どちらかというと現状維持の考えでしたよね。 しかし、ゴールデンシータは、頭皮や毛根をアンチエイジングすることにより若返らせて、男性ホルモンを増やして活力アップさせる事ができるんですよ。 今より、10歳頭皮の状態が若返ったらどうですか? 薄毛になる前の状態に戻れるんですよ! やばいでしょ!! 使いたくなっちゃいますよね。 でも、ちょっと信じられないかもしれないですけど、本当に若返っちゃうんです。 これは正直、ヤバイ! レベルです。 もしゴールデンシータが育毛剤だったら、ここまで毛は生えてこないと思います。 逆に、育毛剤じゃ無いから、毛が生えるんです。 ゴールデンシータを使ってみた それでは、実際に僕がゴールデンシータを使ってみた感想を紹介しましょう。 詳しいことについてはで紹介されているので、そちらも合わせて見てくださいね。 なので、ボトルの表面に純金の金粉が張り付いているのがわかります。 不思議なのが、いくらボトルを振っても金粉が落ちないで張り付いたままなんです。 なので、スプレーしても、ノズルが詰まったり金粉が吐出しないんですよ。 なので、使ってみて嫌な感じや違和感も無く、アロマオイルの成分が頭皮にしみこんでいく感じがしますよ。 防腐剤も必要最低限しか使っていないので、1ヶ月以内に使い切ってくださいね。 アロマオイルの成分、ジャスミンやラベンダーなども、産地や収穫時期を厳選した物だけ使っていて、そのときの素材のパワーを最大限発揮できるように調合されているので、いつでも最大限のパワーを体感することができますよ! 余談ですけど、前髪の際に塗布したときに目にゴールデンシータが入ったことがありましたけど、不思議とまったくしみることがなく、そのままでなんとも無かったのには驚きました。 僕の場合は、 ・髪の毛がしっかりと立つ ・頭皮に張りや厚みが出る ・頭の疲れが取れる ・頭皮 脳 のコンディションや体のコンディションがわかる などを感じました。 これは使う方によっても異なると思いますが、必ず何かしら違いを体感することができますよ。 頭皮への血流がよくなると、当然脳への血流もよくなりますよね。 となると、脳が活性化して、いろいろなアイディアが出たり、難しいことを考えても頭が疲れにくくなりましたね。 これには正直驚きました。 そこで、顔に塗ってみたらどうなるのか試してみたら、ご想像の通りきめが細かくなりシワが目立たなくなり、張りが出てきて、実年齢よりも若く見られるようになりましたよ。 でも、そんなときにゴールデンシータをプッシュして塗布すると、血流が改善されて疲れが取れました。 ゴールデンシータの持つ洗浄効果で、シャンプーすることなく、いつでもどこでも、好きなときに使うことができるのはうれしい限りです! もちろん、効果もバッチリなので、時間に追われるセレブやエグゼクティブの方達が手放せないのもわかりますね。 でも、お風呂に入ってゴールデンシータを頭にプッシュすると、疲れが残りにくくなったのがわかりました。 体が疲れると疲労物質などでプラスイオン化(酸化)されてしまいますが、ゴールデンシータの金粉のマイナスイオン化効果で、寝ている間に体がマイナスイオン化されて、朝すっきり起きれるようになりました。 どうですか! やばくないですか? まだまだ書き切れない事が沢山ありますが、全部紹介しちゃうとみんな欲しくなっちゃうので、続きはお楽しみに! 詳しくはで詳しく解説してますので、そちらを見てください。 これを見る限りだけでも、ゴールデンシータが他の育毛剤商品とは全く異なる商品で、薄毛やAGAにも対応できるということがわかった気がしますね。 総論! 育毛剤にがっかりしたくなければ、ゴールデンシータを使おう!! いくつもの育毛剤を使い続けて満足のいく結果が得られなかった方は、とても沢山いることだと思います。 自分もそのうちの一人でしたので、これを読んでいる人の悩みは凄くよくわかります。 でも、ゴールデンシータに出会ってからは、新しい育毛剤が登場しても目もくれず、これ1本で十分満足してます。 髪の毛だけならず、顔まで若返って見えるようになるなんて、半端ないです。 まだまだゴールデンシータには隠された凄い秘密がありそうですが、ヤングセレブやヤングエグゼクティブの方が密かに使い始めてるって事は、バリバリ仕事で頑張る人たちには必要不可欠な商品なんでしょうね。 おすすめ、まとめサイト情報 最近みつけた、ゴールデンシータについて紹介しているさいとのまとめサイトです.

次の