ひろゆき フェミニズム。 ひろゆき氏「フェミニストってネトウヨと同じ行動パターンになってるよね、、、」

[B! 増田] あまりにもひろゆきフェミニズムインタビュー記事が読めてない人が多い

ひろゆき フェミニズム

手に持ったで全部殴ってもはされねーぞ。 >で、なんで連載のノッケがなの?どういう人選? 中に"ので、はどう広がっているのか。 けどはでも二十歳過ぎたらができないと行き詰まるよな、という感じで。 」 そのは?って言ってる本分を正確に読むと 「うーん、は顔がある程度かわいければ、そこそこまともなができて一いっぱぐれない。 けどはでも二十歳過ぎたらができないと行き詰まるよな、という感じで。 そういう男の人には」 という男の人のを話しているのであって そしてこれはすると、それなりにいるの男だと前提されていて 、そういう男の人には 「女の人の生きにくさは見えていないし」 という仮説を話しているだけです。 そうした男の人がいる こそ等が発生しているがある というを前提として、それをするための前提共有なのに、何で「は?」なんですか?見えてないんですか?? >の母がそうに見えた : >は顔がかわいければできて食いっぱぐれないとか :というの男がいるという前提 >はを読まない :の持つ肌感か >が傾聴 :の 当然だがはできるではないし、ののを明示することはのの切っ先としてだし、 はただのでない それが本当かどうかは実際に見ないと分ないけど。 で、そうした現状を前にこうしたらか、というに対して、そんな現状を認めたくないという「を言ってるだけ」なのがだとしてか? >さんのがこの読んだら憤死すると思う そう思うのはだけど、がに行かないに比べてするが「にか見えていました」た、ってのが彼のだね。 が「はだったと思う」ってをに決めてない分、彼はとのがついてる。 >の親のプルを元に論を広げていて 中の「ただを見ているので、「そうは言っても女の人の方がだよね」ってのはどこある。 」というの歪みを見た上で、を含めて「のや本などできる人って少数派で、のしない人はやっぱり多いと思い」という傾向を話している訳で。 >の古いと 多分そうが捉えているところは、が「こういう人が多い」「こいうがある」といった例示であって、のやではないのでは。 このはににそんなに興味の無い、しその激化のとなったの元を呼んで、その激化の の を=前提の共有をしようとしているだけでは。 なので、でキレているのが聞きたい「今後はこうなるべき論」が出てこないのは当然。 現状のののため、つに近づくためのは、現状のと、そのに対するがなわけで、その現状を共有することすらしていたら話は進まないでしょ。 にはアーの方がやになので、この人がしてのをしつつが見えるか、になる。 あとのが軽装だ、多分これは秋頃の。 ついでに青識はクソな部分が多ら、もと同じを抱えているのが現状。 単にのような読解力の無いクソに突っ込んだだけで、なんでのことが好きだと思うんですかね。 する=好き? クソですね。 私はクソがクソすぎたので、のをしてるだけで、が正しいとしてないし、が好きとか偉いとかも書いてないんですよね。 そうやってに人のを決めつけるの、ほんとクソなんでやめた方が良いですよ。 読み込む云々は、1回読んで=読み込んでいなくて、みたらクソだったのでこの書いてみた、ってだけです。 みたいに人のでをしないので、書いてある内容はおおむね1回読んだら分かる人が世の中にるって知った方がいいですよ。 取って付けたように気取ってみた? 、のです。 で:出すとそれだけで態度決めるクソだよね、君は。 気に入らない:読解力に乏しく間違ったを指摘することに対する、 イキリ: な青識クソでの取って付けた:私、君たちと違ってに対してももしていないって、読んでも分ない?まあ分ないだろうなー このでの私のって、にとでなくて、にでも賛成でも反対でも無い訳ですよ。 そうした、敵か味方か、みたいなクソみたいなしてならな行動をとりがちになってるとした方が良いですよ。 そうしたクソを切り離した方が良い、というのは、を進めるためにはな手だと思うよ。 >丸出しのを何の的も無く混じりに紹介したら、当然にのになるよ。 偏った「」を無しで紹介して前提の共有?ただのじゃん。 じゃなくて、してませんか いつアーもも、あの前提にして? とは違いよ? あとアーももを進めることにはしていない、それどころかは今後を進める為の話をしている。 つ現状を変えるがあると、直接的では無いにせよ書いてある。 それを読「ま」ないのは、の「直接書いてなければ書いてない」っていうですよね。 そういう的なな身振る舞い、良くないと思い!.

次の

【悲報】ひろゆき、初めて討論で負けそう

ひろゆき フェミニズム

1:ひろゆきと髙崎順子の発言とその問題点 「メディアが取り上げて、『 男女平等が当たり前だよね』と言い始めたのは、ここ10年くらいじゃないかな。 それもインターネットメディアが増えたからじゃないかな」 髙崎:これは私の理解なんですが、フェミニズムはまず「男と女は立ち位置が違っている」というところから始まっているのですよね。 もともとフラットな関係じゃない、 女性は社会的にマイナスな位置に置かれているという認識がまずある。 そして「上」に置かれた男性と、社会的な位置を等しくするにはどうするか?と考えます。 髙崎:西村家は半々ですが、日本の多くの世帯では、、 性別分業がまだまだ強固です。 まさにその、 社会の意思決定の場所に女性が少ないことが大きな原因で、日本はジェンダーギャップ指数が世界121位(2019年)になっています。 女性の政治家が少ない、なかなか増えない点は、どう考えてらっしゃいますか。 西村:そう。 女の人も、女性政治家を増やしたいんだったら、何も考えず女性候補に投票したらいい。 そうしたら論理的には、半数は女性になるはずじゃないですか。 髙崎:まず 女性の議員を半分確保する。 話はそれからだ、と。 髙崎:会話しながらずっと考えていたのが、「自分と違う人は見えない」という西村さんの(前編での)ご意見と、今私たちがいるフランスのことなんです。 西村:フランスの人は、そういう抽象的なことの理解が早いですよね。 ストに積極的に賛成ではなくても、「自分がいつかストをやるときに応援してほしいから、応援する」というのが成立している。 髙崎:私も不思議で、機会があるごとにフランスの人に尋ねるんですが、みなさん一様に 「教育」って答えますね 「自分と意見の違う他人がいる。 それを尊重しろって、小さい時から叩き込む! ここは 自由・平等・友愛の国なんだから! その理念に近づくためには、 教育が全て!」って熱弁されます。 髙崎:それを叩き込む授業が小学校から高校までの 「道徳」の時間だそうで。 今別件で取材中なのですが、草の根の教師から担当省庁のトップまで、みんなが同じように 「他者の尊重が一番大事」と言うんです。 その徹底ぶり、興味深いですよ。 この作業は、 今の日本にもっと必要だろうな、とお話しながら思いました。 そのためにできることを、考えていきたいなと。 フランス人にできることが、日本人にできないはずはないと、 上記の発言には、いつかの問題が存在する。 以下で、俺は彼らの問題について述べる。 1:男女平等はキリスト教〜日本左翼はキリシタン大名〜 ひろゆきと髙崎順子は男女平等を前提に話している。 しかし、彼らはまず始めに、男女平等がなぜ真理であるかを述べよ。 男女平等の平等は神の下では皆平等であるからきている。 だから、キリスト教徒でない東洋人は男女平等でなく、男女公平を重視する。 一部の日本人やその中間種は男女平等に反対する日本人男性を性差別主義者と呼んできた。 これは中世欧州における異端と同じである。 もし日本人女性がフェミニズムをやりたいならば、彼女らはキリスト教における平等について語る必要がある。 日本人は無宗教でなく、宗教の意味を理解できない。 男女平等を押し付けることは豚肉をイスラム教徒やユダヤ教徒に強制的に食わせているようなものである。 豚肉を食わない彼らを性差別主義者と呼ぶか? 2:女の議員は必要か?〜施しと慈悲とキリスト教 白人男性は女性は男性よりも劣等であると感じてきた。 しかし、彼らはキリスト教的な男女平等と可哀想な女性に対する慈悲を持って、女性政治家を上に押しやってきた。 欧州で、女性政治家の数が多いのはキリスト教的な男女平等と劣等な下等生物に対する施しの結果である。 東洋人はキリスト教徒でないので、平等も慈悲もない。 だから、女性の数が増加しなくても、慈悲を必要としない。 さらに、上記では、彼女は道徳や教育という単語を使用した。 この単語はキリスト教的な教育と道徳である。 キリスト教の規範を押し付けても、うまくいかないだろう。 むしろ宗教戦争が発生する。 3:白人崇拝〜白人と対峙しろ〜 ひろゆきと髙崎順子は白人と対峙しろ。 その時、ひろゆきと髙崎順子は彼ら自身の価値観を白人の前で表現しなければいけない。 しかし、ひろゆきと髙崎順子はキリスト教の価値観を日本国で無宗教の東洋人に表現しているだけである。 ひろゆきと髙崎順子は白人と対峙できない。 なぜなら、彼らは白人を恐れる。 日本人の大部分はそれを見抜いている。 だから、誰もひろゆきと髙崎順子の発言を真に受けない。 どーぜ、白人の前では何も言えないでしょ? 2:なぜ日本人女性はフェミるか? 1:容姿が醜い 日本人女性も男性の肉体のデザインは劣等である。 だから、女は日本人男性に甘えて、当たり散らしている。 2:モンゴロイド人であるのが嫌〜当たり散らす〜 モンゴロイド人はどこ行っても、バカにされる。 しかし、日本人女性は白人男性に苦情を言えないので、日本人男性に当たり散らしている。 3:美人の白人女性になりたい 日本人女性は美人の白人女性になりたい。 しかし、彼女らは当然なれないので、そのイラつきを日本人男性にぶつけている。 3:髙崎順子の本音と間違い 渡仏16年、フリーライターの高崎順子さんは会社員の フランス人男性と結婚、 2児に恵まれた。 その子育ての真っ最中、保育園を経営する知人からフランスの保育園を視察したいと頼まれ、様々なリサーチをしたことが、本書誕生のきっかけとなったという。 髙崎順子はフランスの事情を引用してきた。 髙崎順子は寛容や平等という単語を好んでいるように見える。 俺は彼女の本音を察する。 彼女は白人を崇拝してきたが、なぜか日本にしがみつく。 日本が嫌いならば、彼女は国籍を放棄して、欧州で生きれば良い。 しかし、彼女は日本を欧州のようにしようとする。 彼女は日本人を白人のようにしようとする。 なぜなら、彼女は醜いからである。 女性の知的能力とは、白人ハーフの子供産んでちやほやされたいである。 白人ハーフの子供と白人夫を見せびらかしたい• 芸能界に入れて、自慢したい。 ちやほやされたい• でも、白人としての歴史的な義務や責任は嫌だ。 不安だから。 大陸東洋人との領土問題になったら、大和民族に戦って欲しい。 要するに、彼女は白人の夫と中央アジア的中間種の子供を日本人に自慢して見せびらかしたい。 そのための寛容であり、平等である。 彼女はその子供を日本人と呼んで、日本人が美男美女になった気分を味わいたい。 しかし、彼女は不安を嫌うので、白人の歴史的な義務や責任を一切負いたくない。 要するに、彼女のフェミニズムの活動は白人の夫を見せびらかしたい。 「 他者の尊重が一番大事」と言うんです。 その徹底ぶり、興味深いですよ。 この作業は、今の日本にもっと必要だろうな、とお話しながら思いました。 そのためにできることを、考えていきたいなと。 上記の発言の意味はこうである。

次の

logo

ひろゆき フェミニズム

続きを表示 「が取り上げて、『が当たり前だよね』と言い始めたのは、ここ年くらいじゃなな。 それもが増えらじゃなな」 「」の生みの親で、「」として知られる、の氏はそう語り。 、でもで目にする機会の増えた「」。 による不当な男女や、によるの生きづらさを考えるやを示す。 実際のところ、男女(ギャップ)の感じ方は、のやが大きく影響するため、をめぐる言説も「」と言われるほどに多彩です。 にはが一人歩きし、的に使われ、摩擦が生まれることも。 に「」を語る機会はないだろうか。 でなくても、より身近な「私ごと」として、このに触れられないだろうか。 そんな思ら、• ブックマークしたユーザー•

次の