京都 河原町 映画。 河原町のおすすめ観光スポット19選!月3で訪れるリピーターが紹介

河原町の映画館情報

京都 河原町 映画

映画館を条件で絞り込む 条件に一致する映画館 1館• 車イス席あり( 1)• アルコールあり( 1)• 駐車場あり( 0)• 駐車場100台以上( 0)• 23時以降の上映( 1)• 3D上映対応( 1)• 4D上映対応( 0)• IMAX( 0)• Doly Atmos対応( 0) (21)• エレファント・マン• 風の谷のナウシカ• ゲド戦記• シネマ歌舞伎 東海道中膝栗毛<やじきた>• ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語• 千と千尋の神隠し• ソニック・ザ・ムービー• チア・アップ!• デッド・ドント・ダイ• 透明人間• ドクター・ドリトル• 美女と野獣• Fukushima 50(フクシマフィフティ)• ベイビー・ドライバー• METライブビューイング2019-20 ワーグナー「さまよえるオランダ人」• もののけ姫• ランボー ラスト・ブラッド• リトル・ミス・サンシャイン• レイニーデイ・イン・ニューヨーク• ワイルド・ローズ• 私がモテてどうすんだ.

次の

MOVIX京都(河原町)上映スケジュール・上映時間:映画館

京都 河原町 映画

この記事の目次• 1.新しいカルチャーの発信地!「出町座」 まず紹介するのは、 出町座です。 こちらは、2017年12月に出町枡形商店街でスタートした新しい映画館。 京都・河原町の元・立誠小学校の跡地で映画を上映していた 「立誠プロジェクト」が2017年7月に終了しました。 この「立誠プロジェクト」の流れをくみ、クラウドファンディングで始まったのが出町座です。 「出町座」誕生の中心となったのは、「立誠プロジェクト」元運営者の田中誠一さん、YUY BOOKSの小野友資さん、フィルムアート社の宮迫憲彦さんの3名です。 YUY BOOKSの小野友資さんにお話を伺った際の記事はコチラです。 出町座への思いも伺っていますよ。 50席未満のミニシアターを備え、こじんまりとしていて居心地が良いです。 また出町座では現時点で全国上映されている映画は基本的に上映されません。 やや昔に上映されていた良質な映画をチョイスして、上映されています。 話題作も上映されるので、嬉しいですね。 1階は本屋 「CAVABOOKS」。 新刊のほか古書もあり、店主が厳選した本が並びます。 また1階にはカフェ 「出町座のソコ」も併設しています。 カウンター席15席ほどで、フードやドリンク、アルコール類も楽しめます。 料金は学生1000円、一般1800円。 学生にとってすごく良心的な価格ですね! 出町座は出町枡形商店街の中にあります。 映画を観た後は、商店街の中を巡ったりして楽しむこともできますよ。 第二次世界大戦後の1961年7月に開館した歴史ある映画館で、 西陣地区最後の映画館として知られています。 開館当初は、「五番街東宝」として新築・開館し、主に東宝映画の新作を上映していました。 1963年6月に現在の「千本日活」に名称が変更されます。 1971年11月から「日活ロマンポルノ」の製作・配給が開始され、同館は 成人映画館に切り替わりました。 現在は2018年9月にあった台風の影響もあり、修復工事中で休館しています。 京都の数少ない成人映画館として親しまれています。 新東宝映画、大蔵映画(オーピー映画)、新日本映像(エクセスポルノ)の3本が上映されています。 また、入場料は1階席600円、2階席700円です。 通常の映画に比べてとても安い値段で見ることができますね! 千本日活は1961年に開館した映画館として長い歴史があります。 西陣地区最後の映画館として、歴史の重みを感じ取ることができます。 注意しなければいけないのは、現在 休館中であること。 2018年9月の台風の影響で、館内修復工事に半年以上はかかる見込みだそうです。 営業再開は、2019年の3月以降になりますね。 2005年6月に開業し、中京区の市民に親しまれています。 JR二条駅のすぐ近くにあるので、アクセスが便利ですね。 「BiVi二条」はレストランやカフェなどが集まった1Fの飲食フロアのほか、メダルゲームやアーケードゲームなどの2Fのアミューズメントフロアを備えています。 TOHOシネマズ二条で映画を観たあと、レストランでご飯を食べたり、クレーンゲームをしたりと楽しむことができます。 また、TOHOシネマズ二条は京都の千本通り沿いで JR二条駅からすぐ近くにあります。 JRがすぐ近くなので、電車で通いやすいです。 また千本通り沿いにあるので、バスもたくさん走っています。 このほか、大型の駐輪場も近くにあり、自転車で来た方も安心して停めることができます。 TOHOシネマズ二条は、京都で初めて 「MX4D」システムを取り入れました。 3D映像で座席が動く4Dシステムに風や香りなどの11種の特殊効果が加わり、実際に映画の世界にいるような臨場感を味わえます。 TOHOシネマズ二条はその名の通り、 東宝洋画・東宝邦画系のチェーン映画館です。 そのため、東宝映画の最新作をいち早く楽しむことができます。 両ひじ掛けで快適な「プレミアムシート」や、1200mmの座面幅で、恋人と二人で楽しめる「カップルシート」で贅沢な時間を過ごすことができちゃいます! またMOVIX京都は、 松竹系の映画館です。 松竹の子会社、松竹マルチプレックスシアターズが運営してるので、松竹映画の最新作をいち早く楽しむことができます。 こちらは京都文化博物館の館内にあるシアターです。 シアター前のロビーでは、上映作品に関連する資料や解説パネル等の展示も行われています。 古い映画がお好きな方は要チェックです! 入場料は、一般500円・大学生400円です。 高校生以下は総合展示入場料のみで鑑賞できるので無料です。 良心的な価格設定が嬉しいですね。 【京都文化博物館 3F映像ホール】 場所 〒604-8183 京都府京都市中京区 三条上ル東片町623ー1 高倉通 電話番号 050-6865-3125 料金 一般500円 大学生400円 高校生以下無料(総合展示入場料のみ) 営業時間 10:00~19:30(京都文化博物館) 席数 100席 ホームページ まとめ 京都の上京区・中京区にある映画館を紹介しました。 個性的な映画館がたくさんあり、さすが京都という感じですね! 京都に訪れた際、映画館へ行きたいと思った方はぜひ参考にしてください。

次の

阪急河原町駅から徒歩で楽しむ京都!おすすめスポット10選

京都 河原町 映画

おしゃれ立ち飲み「すいば」は激安! 店内はいっぱいです お目当ての店「すいば」に到着です。 17時ごろ行ったら並んではいなかったけれど、店内は人でいっぱいでした! 1時間くらい飲んで店を出るころには長蛇の列。 人気店ですね。 立ち飲みですが、サラリーマン御用達みたいな感じではなく、おしゃれな雰囲気。 女性一人客も普通にいて、気楽でした。 ビールが300円!? メニューを見て、仰天。 想像以上に安すぎる! 300円ビールと、アボカドユッケ(300円)、牛バラグリル(600円、クリスマス限定メニュー)を注文。 おつまみも異常な安さです。 さらに、お通しなし、サービス料もかかりません。 ありえない!(歓喜) アボカドユッケ300円 牛バラグリル 盛り付けも女性好みなおしゃれさ。 もう一杯ビールをいただきます。 高くても600円くらい しかし、なんというか食べたいものがあまりない。 お酒が飲みたくなる感じが全然しないのです(2杯飲んでおいて)。 カフェぽいというか、こじゃれすぎているというか……。 長居する感じでもないので、ここでお会計です。 4品頼んで1500円(税込)……安すぎる! ひとりの飲みの一件目、サク飲みにはぴったりなお店です。 歩いて百練へ 雰囲気のいい小路 続いてのお目当ては「百練」さんです。 なかなか評判がよく、一人飲みもしやすいという口コミを見ていくことにしました。 名物はステーキとのことで、そちらも楽しみです。 まさかの肉かぶり……。 イイ感じ! 漬物 店内はガラッガラで、まだオープンしていないのかと思いました。 店員さんが面倒くさそうに「やってますよー」というので、地雷臭がしたけれどひとまずカウンターへ。 お漬物(500円)と瓶ビール(600円)、そしてステーキ(700円)を注文。 ステーキ 漬物おいしい! ステーキは味は普通ですが、量が多くて良心的。 しかし、何とも言えず居心地が悪い。 お客さんが少なかったこともあると思いますが、なんか全然歓迎されていない感じで気まずい。 出張先で、常連だらけの定食屋にうっかり入ってしまったときのアウェー感というかですね…。 そそくさと食べて、早々にお会計をして店を出ました。 しだれ柳がいいね クリスマスカラーの京都タワー 帰りはぶらぶら歩いてホテルに帰ります。 20分くらいかな。 今夜の満足度は40%といったところでした。

次の