ペット保険 評判。 PS保険は保険料の安さと補償バランスで人気-落とし穴に注意?

ペット保険 口コミで比較 ~ご契約者様の声~: 楽天保険の総合窓口

ペット保険 評判

ペットには人間と違い公的健康保険がありません。 病気や怪我を動物病院で治療する際には、発生する金額の100%が自己負担となり、 手術であれば数十万円もの費用を払わなければならないケースもあります。 こうした負担を軽減する為にペット用の健康保険のしくみが始まりました。 保険金の支払い方法は契約によって違いますが、 本来は100%支払う必要のある診療費用を一定の割合で補償してくれます。 急な高額の出費に備えられるという安心感もあり、ペット保険は急速に広まっています。 スポンサーリンク ペット保険のトラブル、原因の1つは口コミ ペット保険の認知度が上がるにしたがってその加入者も増加傾向にありますが、 一方で保険金支払いに伴うトラブルも増えています。 何故このようなトラブルが多く起きているかというと、 保険契約を結んだ利用者がその契約内容をよく理解していないケースがとても多いからです。 ペット保険への加入を考えている時に、あなたはどのような点に注目されているでしょうか。 やってはいけないのは、ネットの評判が良い、或いは友達が勧めてくるから大丈夫だろうと、 よく調べないまま契約してしまうことです。 ペット保険というのは、保険金の支払い1つを取っても人間の健康保険より 細かく保険金が支払われる条件や、支払われない条件が決められており、 更に保険会社や保険契約の種類によってその条件も違いとても複雑な物になっています。 この為、お友達の所の子にとっては良い保険であっても、 あなたの愛犬、愛猫にも良い保険になるとは限らないのです。 月々の保険料、その値段だけに注目してはいけない 口コミや評判以外で、重要視するのは月々の保険料ではないでしょうか? 実はここにもトラブルの原因が潜んでいます。 確かに保険というのは利用しなくても月々の保険料が発生する物ですから、 この支払いを抑えられるのであれば安いのも大事な要素です。 ですが、あなたがまだ保険会社を比較する段階であるならば、 私はこの点については考えるべきではないと断言します。 保険会社はボランティアでペット保険をやっている訳ではありません。 月々の保険料が安いという事は、 保険金を支払わなくて良いケースを多く設定しているからこそ実現出来ている物なのです。 ですから、あなたはどういうケースでなら保険金を受け取れるのかをきちんと把握しておかなければいけません。 たとえ月々の費用がどんなに安くても、 肝心な時に保険金を受け取れないのでは意味のないものになってしまいます。 ペット保険を決める時一番注目するべき点は約款 ペット保険を決める時に、口コミや評判、または月々の保険料などは、 その判断基準とするべきではない、という事をここまででお話してきました。 では何を決め手にするのかと言えば、それは契約条項の約款です。 保険金がどういう時に支払われるのか、あなたの愛犬、愛猫が対象となっているのか、 これらを判断するには約款を読むしかありません。 逆に言えば約款には全て書かれているので、 これを各保険ごとに比べるのが一番確実です。 保険に詳しい人からすれば当たり前の事ではあるのですが、 慣れない人は値段や評判ばかりを気にし、この部分を疎かにしてしまっています。 まずは約款を読んでみて、 あなたの愛犬や愛猫が、本当に対象となっているのか確認する。 次に支払い条件がどのようになっているかといった補償内容の確認をする。 最後に月々の料金や保険金を受け取る際の手続きの利便性などを確認する。 正しい選択をするにはこの順番で考えるべきですが、 殆どの方は3番から考えてしまい、しかも3番のみの比較で終わってしまっています。 これではトラブルが起きて当然です。 ペット保険の約款で注意しておくべきポイント 約款は保険契約の時に必ず読まなければいけない物です。 ここまで読んで来たあなたなら、その重要性を理解し疎かにするようなことはないでしょう。 とはいえ約款に書かれているややこしい文章を読むのは慣れた人でも大変です。 ですから、ここでは最低限抑えるべきポイントをお話しておきます。 あなたの愛犬、愛猫は対象となっているのか まずその保険をあなたの愛犬、愛猫が利用出来るのかどうかです。 年齢制限というのが真っ先に引っかかってくるでしょう。 約款には10歳を超える場合は保険に加入出来ないケースや、 入れてもあまり補償が出ないケースというのが書かれています。 また、保険によっては先天性(生まれながら)の疾患がある場合や、 後天性の持病を抱えているようなケースでは補償されない事があります。 特に生まれながらの病気がある為に保険金を貰えなかったというトラブルが多いので、 その点を含めあなたの子が保険の対象となるのかどうか、 きちんと確認しておいてください。 どの診療が補償対象になっているか 診療によっては補償の対象とならない物があり、これを免責条項と言います。 基本的にどの保険でも怪我や病気の診療が補償の対象となっており、 予防目的や美容目的の診療はその対象となりません。 また怪我でも小型犬の膝蓋骨脱臼など、 犬の種別によって頻繁に発生するような症状が、 補償の対象から外れているケースがあり注意が必要です。 妊娠や出産、不妊治療、 食中毒といった診療は対象外になっている場合が多いですが、 中には一部を補償対象としている保険もあるので 重要視するのであれば比較する際に確認してみてください。 補償金の支払い制限や限度 各契約によって補償する回数や日数、限度額が決められています。 年間何日まで補償、1日何万円まで補償といった事が細かく書かれており、 内容は保険の契約により様々です。 厄介な事に同じ病気の診療を一定回数以降は補償外とする、 というような契約条項もありますので、どのくらいの金額の補償が、 どの程度の回数受けられるのかをきちんと把握しておく必要があります。 保険会社ごとに保険料の違う契約がある場合、この補償限度の差になっていることが多いです。 契約更新の確認 契約によってはその年に受けた診療の病気を、 次の年からは補償対象外とするような物もあります。 その年の契約だけではなく、 契約の更新条件がどうなっているのかを確認しておいてください。 また年間の保険料を一括で払い込むのであれば、 解約の際にどの程度が払い戻されるのかも確認しておきましょう。 よく読まずに一括で払い込んでしまい「解約した時に全額払い戻されなかった」 といったトラブルが多いので注意してください。 結局ペット保険は利用するべきなのか? 少し難しく思えてきたかもしれないペット保険ですが、 利用した方が良いのかどうかという点でお話するならば 私は利用するべきだと考えます。 実はデータ的にもそれは裏付けられていて、とあるペット保険では 契約件数45万件のうち年間支払件数は200万件。 1契約当たりの支払いは、年4. 4件にも及ぶ。 というデータが公表されており、 1つの契約でかなりの回数が利用されている事が分かります。 金銭的にもそれほど損をせず、いざという時の為に備えられるのであれば 安心を買えるメリットは大きいです。 ペット保険契約で抑えるべきポイントを理解したあなたなら賢く利用出来るでしょう。 今回お話した点を踏まえて、あなたとあなたの子にとって 良い物が見つけられれば幸いです。 スポンサーリンク.

次の

いぬとねこの保険の評判は?保険料は?口コミからわかったメリット・デメリットを紹介します

ペット保険 評判

10年連続ペット保険シェア No. (株)富士経済発行「ペット関連市場マーケティング総覧」調査• LINEで 「写真」や 「動画」を使って気軽に健康相談 ペットの様子を撮影した「写真」や「動画」を獣医師に送ることで、簡単かつ具体的な相談が可能です。 契約条件・加入対象 アニコム損保 に加入する条件をしっかり確認してから契約しましょう。 高齢になって病気になってしまう前に保険に加入しておくことが大切です。 「50%プラン」と「70%プラン」があり、「50%プラン」は保険の対象になる診療費の50%を保険会社が負担し、「70%プラン」は診療費の70%を、負担してくれます。 ウチの子はまだ若いので誤飲をしたり、少しのことでも体調を崩しやすいので、 安心のために70%プランにしました! ふぁみりぃ70%プランにしてよかった!! ウチの子は、なんにでも興味津々で、まず口の中に入れて確認をする子なので、誤飲で 病院にかかることが多く、一度入院となり、急なことで飼い主の私自身不安でしたが、 そんな時に保険で費用がかなり軽減したので本当に助かりました。 愛犬の体調不良などは突然のことが多いので、保険に入っていて本当によかったです!• この保険にしてよかったこと 入院や手術以外でも、保険の対象になるものが色々あって、皮膚病の薬や目薬なども補償してもらえたので助かりました。 このペット保険の口コミ 犬も人間と同じで、年をとるとあちこち悪いところが出てくるので、保険って大事だなと思いました。 痛いとか体の不調を言うことができない動物たち。 犬は我慢強くて、なかなかおもてに出さないと聞きました。 些細なことでも、保険に入っているという安心で、遠慮せず病院で見てもらえるようになりました。 私自身は実は以前は違う保険会社に入っていたのですが、対応がスローだったことなど信用できない部分があり、口コミで評判のよかったアニコム損保に変えました。 決めた理由としては• 多くの人が加入しており、友人、ネットからの評判も良かった事。 シェアがナンバー1ということで、保険金の支払いもきちんとされるだろうという予測。 実際に電話した際の対応の丁寧さ、迅速さ。 ペット賠償責任特約がきちんとあったこと。 (これは後で別に記します。 対応病院では窓口で精算が出来、また、対応病院ではなくても、インターネットから簡単に保険金請求書類がプリントアウトできて請求が簡単なこと。 我が家は大型犬がいることもあり、ペット賠償責任特約があることは必須条件でした。 例えば、• お散歩している時に自転車や小さなお子さんにぶつかってしまってケガをさせてしまった。 遊んでいる時に、よそ様の物を尻尾などで落として壊してしまった。 など、いろいろな場合が想定されます。 アニコム損保の場合、月払140円で1事故1000万円まで補償されます。 「どうぶつ健保」対応病院であれば、面倒な保険金請求の書類を揃える必要もなく、アニコム損保の「どうぶつ健康保険証」を提示すれば、窓口で精算ができます。 わんちゃんの写真を自分で選んで送ると、かわいいどうぶつ健康保険証となって返ってきます。 対応病院ではない場合には、別途、保険金の請求が必要ですが、インターネットのマイページから、自分が契約している内容が既に印刷されている書類を簡単にプリントアウトできるので、それに病気や手術の内容を書いて、病院からの領収書(原本)を添付してアニコム損保に送付することで請求が完了します。 簡単ですが、私の経験談と、実際利用しているアニコム損保について書かせて頂きました。

次の

楽天ペット保険の評判や口コミは?デメリットはある?猫の保険を解説!

ペット保険 評判

「PS保険」はペットメディカルサポートという、あまり聞かない会社のペット保険ですが、毎年、オリコン顧客満足度で上位にランキングされるペット保険です。 ここ3年は総合で1位をキープしていました。 ただ、2015年度はアニコムにトップを奪われ、惜しくも2位となっています。 ただ、今でも「保険プラン」、「支払い手続き・保険料」の項目では1位となっております。 《参考記事》 オリコンの顧客満足度調査というのが、どの程度メジャーなのか、イマイチよくわからないのですが、1位になるということは、ペット保険の利用者からはかなり好評を得ているのだと思います。 ざっと、調べてみると、「PS保険」は保険料の安さに加えて、補償内容の充実を一番の売りとしています。 確かに他のペット保険に比べると、保険料はかなり安い方です。 特にペットが高齢になったときの保険料は安いです。 保険料の安さに自信があるのか、請求資料の中でも「ペット保険 各社徹底比較」という資料があったくらいです。 確かにこの徹底比較表にある大手4社(アニコム、アクサダイレクト、アイペット、ペット&ファミリー)との比較では、保険料はダントツで一番安いです。 ただし、この資料の中では、FPC保険などの保険料の安いプランは含まれていませんでした。 この辺り、かなり意図的に思えるので、個人的には少し減点ポイントでした。 ということで、今回は「PS保険」について、よい点、悪い点についてまとめてみました。 「PS保険」の特徴とは オリコン顧客満足度のペット保険の総合で2012年から3年連続で1位になるほど、保険契約者からの支持はかなり高いペット保険です。 PS保険の公式ホームページを見ると、• 保険料の安さ• 補償と保険料のバランスの良さ• スピーディな保険料の支払い の3つのポイントを積極的にアピールしています。 個人的には保険料の安さが、特に気になる点なのですが、この3つのアピールポイントのついて、それぞれ詳しく見ていきたいと思います。 保険料の安さ 他社の保険料と比較してみると良くわかるのですが、確かにペット保険業界ではかなり安い方です。 ペット保険によっては、愛犬が若い時の保険料がものすごく安いペット保険がいくつかありますが、PS保険の場合には、高齢になってきたときの保険料の上昇率は低く、かなり安いです。 保険料については、以前に各社のプランを比較した記事がありますので、そちらも参考にしてください。 《参考記事》 補償と保険料のバランスの良さ 保険プランとしては、50、70、100%補償のプランがありますが、使用限度回数、支払限度額はすべて同じです。 特に100%補償プランは他社ではあまり見かけないプランであり、PS保険の特徴的なプランとなります。 肝心の補償内容に関しても、他社に見劣りするものはなく、特に入院時の補償は手厚い方です。 「PS保険」の補償内容• 通院での補償:1日あたり1万円(ただし、一保険契約で20日まで)• 入院での補償:1日あたり2万円(ただし、一保険契約で30日まで)• 」 PS保険では、同じ病気やケガでどんなに治療が長引いても、最初に病院にかかった日を規準として日数を計算します。 この基準日と使用日数は、たとえ契約年度が替わってもリセットされません。 このため、同じ病気が完治せずに長引いた場合には、最大で20日分しか保険適用されません。 (一度、病気が完治したと判断されれば、この使用回数はリセットされます。 ) スピーディな保険料の支払い 保険金の支払いが平均3.6日とかなり早いのも特徴です。 他のペット保険では保険金の申請をしてから、中々お金が振り込まれないのが一般的なのですが、3.6日での支払いはかなり早いです。 ただし、アニコムやアイペットなど、病院の窓口で保険金を清算してくれるペット保険に比べると、一旦は自分でお金を立て替えないといけない点はデメリットとなります。 ペットメディカルサポートはどんな会社 2004年にできた会社でまだ創立11年と若い会社です。 ホテルのレストラン運営や屋外広告、ペットセレモニー事業を事業主体とする株式会社デンソウシャという会社が親会社です。 少額短期保険業者として2008年に登録、「PS保険」の販売を開始しており、ペット保険会社としては比較的古株になります。 これ以上の情報はネット上では、あまりありませんでした。 「PS保険」の気になった点 同じ病気に対する免責事項 先ほども書きましたが、 PS保険では、同じ病気やケガに対して、一保険契約での限度日数(回数)が免責事項として設定されています。 これは、ワンちゃんが保険に加入している全期間中を通じて、同じ病気やケガで保険金がもらえる回数が決まっているというものです。 例えば、愛犬がアトピー性皮膚炎などの慢性的な病気になった場合、その同じ病気で保険金が支払われるのは、一生涯を通して20日までという免責事項です。 次年度に保険を更新してもこの日数はクリアされません。 (この点がかなり重要なので、何度も書いています) キチンと完治するような病気の場合には、完治した時点で一旦使用回数がリセットされ、次回保険適用時には、改めて1回目となります。 この免責事項が適用されるかどうかは、 その病気が一旦、完治したか、していないか、が重要になります。 万が一、愛犬が完治が難しい難病にかかった場合、20日を超えた分は、すべて実費となります。 他社のペット保険では、このような特殊な限度回数は設定されていないので、注意が必要です。 例え100%補償でも手術に対する補償は1回10万円まで 犬の手術については、近年、高度医療化がかなり進んでおり、費用も高額になるケースがよくあります。 そのため、1回の手術でその費用が10万円を超えるケースもよくありますが、PS保険の場合、1回の手術で10万円までしか補償されません。 この制限は、100%補償プランの場合に注意が必要です。 もし、仮に1回の手術で20万円の費用が掛かったとしても、10万円分しか補償対象とはなりません。 折角100%補償プランに入っていても、実質的には50%補償と変わりがなくなります。 ちなみに、アニコムの「ふぁみりぃ70%プラン」では、14万円までの補償があります。 アクサダイレクト、au損保、ペッツベストでは、通院、手術などの区別がなく、年間50万円までは補償範囲となります。 このように、高額となりがちな手術に対する補償面では若干不安があります。 「PS保険」について、ネットでの評判、口コミを調べてみました 「PS保険」の良い評判• あまり有名ではないですが、電話対応も良く、補償内容にも満足しています。 補償と保険料のバランスを考えると、良いと思います。 犬の年齢が高くなった時の保険料が他と比べて安い。 慢性疾患に関して限度日数がある点は気になりますが、保険料が安く、一般的な病気に対する備えとしては十分です。 「PS保険」の悪い評判• 年20回までの制限とは分かっていたが、1つの病気につきだとは。。。。 慢性疾患の補償が20回までなので、高齢犬には向かないです。 発病する前に他に乗り換えた方がよいです。 口コミに関する総評 ネット上での口コミを調べてみると、やはり、保険料と補償内容のバランスが良いということで、この保険を選択している方が多いです。 ただ、慢性疾患に対して、生涯で20回しか補償されない件について、契約前にキチンと確認していなかった人からは、悪い評判が多いです。 逆に、この免責事項について納得して加入している方からは、高齢犬になっても保険料が安くて良いと評判のようです。 「PS保険」はこんな人におすすめ• 100%補償プランもあるので、少しでも気になることがあれば気軽に病院にいきたい人• 保険料と補償内容のバランスを重視し、重い手術や慢性的な病気に対しては割り切れる人• 保険料の安さと引き換えに保険金請求の面倒はガマンできる人 会社概要• 会社名:ペットメディカルサポート株式会社• 業種分類:少額短期保険業• 上場先:非上場• 資本金:3億3275万円• 保険収入:10億3491万円• 経常損益:5816万円• ソルベンシーマージン比率:1285. 従業員数:20名程度 平成27年 3月31日 現在 少額短期保険業者であるため、大手に比べると従業員も20人程度と、かなり小さな会社です。 大手保険会社の安心感を求める人には向いていません。 毎年経常損益が出ている点が気になるますが、ソルベンシーマージン比率も高く、財務状況はそれほど悪くないようです。 まとめ 「PS保険」は個人的におすすめのペット保険です。 保険料と補償内容のバランスに重点をおいた保険のため、大きな手術や慢性的な疾病に対する補償が十分ではない点が、気にはなります。 ただ、その代わりに保険料の安さについては業界トップ水準です。 特に愛犬が高齢になったとき、この点はとても魅力的です。 「PS保険」には100%補償プランがあったり、病気特定のための検査費用もキチンと補償対象となるなど、気軽に病院に行けるようになることが最大のメリットになります。 安い保険料の割には、万一のときにも最低限の補償があると考えれば、とても魅力的な商品だと思います。 特に高齢犬に対する保険料の安さを考えると、今のところ「もなか」の保険として最有力候補です。 気になったら、まずは保険資料の請求から 自分にあったペット保険を見つけるには、各社の保険内容をよく調査することが大切です。 「PS保険」は少し注意する点はありますが、私が調査したペット保険の中では、おすすめの保険のひとつです。 ぜひ、ご自分で資料請求してその補償内容を吟味してみて下さい。 《資料請求はこちら》 ペット保険を選ぶときの参考になるので、皆さんからの口コミ情報をお待ちしております。 どんな情報でも良いのでぜひお願いします。 たしかに保険料は安いかもしれませんが1疾病1生涯につき20日の通院しか補償されませんよ! 更新してもですよ!それはほとんど更新時不担保と同じ事では!? ご指摘の点については記事でも書いているとおり、PS保険では完治しない病気に対して1生涯で20日しか補償しないという規約があります。 この規約を設けることで、保険料が安くなっているのです。 保険会社によっては、同じ疾病で何度も保険金をもらっていると、保険契約更新時に契約を更新しないケースや、その疾病だけを不担保にするケースもよくあります。 =>この点については、どの保険会社の規約にもはっきりと書いています。 その点、補償内容を明確にしているPS保険のほうが誠実ではないでしょうか。

次の