八幡 小説。 八幡「壁ドン?」

八幡は魔法科高校に入学する。

八幡 小説

こうして由比ヶ浜結衣は勉強することにした。 比企谷八幡が女子とメールしていたという話を聞き、あからさまに動揺する由比ヶ浜結衣。 比企谷に対する由比ヶ浜の心情が見て取れる。 由比ヶ浜は高校卒業後も奉仕部の二人と会うため、大学進学に向けた勉強を決意する。 しかし比企谷は中学の同級生との関係を切り捨てた経験から、人とは会わなくなると関係が自然消滅してしまうことを悟っており、人のつながりの希薄さを感じている。 比企谷八幡の女性関係が気になる由比ヶ浜結衣 由比ヶ浜は携帯電話に視線を落として気のないような感じで聞いてきた。 だが、不思議なことに高速で動いていた指先はすっかり鳴りを潜めてピクリともしない。 引用:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 2 まさか比企谷に女の子との交友関係があったとは思いもよらず、携帯を手から滑り落とすほどに動揺している。 由比ヶ浜は気持ちを悟られまいと平然を装ってはいるものの、携帯の操作が手に付かないほど気になっている様子がうかがえる。 比企谷はそんな由比ヶ浜の気持ちを知る由もなく、ただひどいリアクションをされただけと思っているようだ。 由比ヶ浜結衣のスキンシップに抵抗しない雪ノ下雪乃 ぽかぽかと雪ノ下の胸元を叩く由比ヶ浜。 それを実に面倒臭そうに受け止めながら雪ノ下は短いため息をついた。 引用:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 2 雪ノ下は由比ヶ浜のスキンシップに面倒臭そうに対応しているが、それでも避けたり跳ね除けたりはしていない。 表面上は嫌そうにしているものの、拒絶を見せないあたり、内心ではそうでもないらしい。 毎日メールのやりとりはするし、比企谷も知らないうちにずいぶん仲良しになったようだ。 比企谷八幡は人間どうしの繋がりの希薄さを感じている 同じカテゴリに属し、恒常的にコミュニケーションを交わしているからこそ、その親密性は保たれる。 そうしたシチュエーションに依存して人の関係性はようやく接続できるのだ。 引用:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 2 比企谷八幡は中学校での人間関係を清算するために、同級生の学力では追いつけないような進学校に行くことを決意した。 比企谷はコンタクトさえ断ってしまえばリセットできる人間関係を便利に思いつつも、そうでもしないと繋がりを保てないような関係自体について疑問を持っているようにも感じられる。 比企谷は表面的なコミュニケーションに頼らずとも、心で繋がっていられるような関係を望んでいるが、そんなものは無いと半ば諦めてしまっているのかもしれない。 きっと、比企谷小町は大きくなったらお兄ちゃんと結婚する。 と俺は思っている。 奉仕部の三人がファミレスで勉強会をするお話。 由比ヶ浜結衣は偶然を装っているが、比企谷八幡と会うのを狙ったのではないだろうか。 ドリンクバーの使い方を知らなかった雪ノ下雪乃は、世間一般の高校生と自分との差を感じてショックを受けているように見える。 偶然?ファミレスで会う比企谷と雪ノ下&由比ヶ浜 おお、奇遇。 やー、あたしとゆきのんも勉強をしにちょっとここまで……じゃ、じゃあ、一緒に勉強会、する? 引用:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 2 由比ヶ浜が雪ノ下に謝っていることから、もともと行く約束をしていた店には入らずに、別のお店に変更していることがわかる。 もともと行こうとしていたほうのファミレスが満席で入れなかったのか、それとも別の理由で行く店を急に変更したのか。 もしかすると、由比ヶ浜は比企谷が別のファミレスに向かったことを何らかの方法で知り、偶然を装って出会ったのかもしれない。 勉強会を開くことを決めた時点で初めから比企谷も誘うことができていればもっとカンタンなんだろうけど、比企谷に誘いを断られるのが怖くて言い出せなかったとも考えられる。 ドリンクバーを知らない雪ノ下雪乃が寂しそう 「……日本って豊かな国よね」 ふっとどこか陰った笑みを浮かべ、よくわからない感想を言いながら雪ノ下は俺に順番を譲った。 引用:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 2 ドリンクバーの使い方を知らないということは、雪ノ下雪乃はファミレスのような場所に来ること自体が初めてだったのだろう。 つまりは友達と一緒に来たことが無いどころか、家族と一緒にすら来たことが無いことになる。 一般的な高校生なら誰でも知っているようなことを自分は知らないことが、雪ノ下はちょっとショックだったのかもしれない。 雪ノ下雪乃の勉強法 「そもそも勉強というもの自体が一人でやるようにできているのよね」 雪ノ下が何か悟ったように言った。 これには俺も同意だ。 引用:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 2 周りからの嫉妬にさらされ、友達のいなかった雪ノ下にとって、勉強においても頼りにできるのは自分自身だけだったに違いない。 そのやり方で今まで学年トップの成績に君臨しつづけてきたのだから、誰かと一緒に勉強などという発想にはならないのも当然だ。 比企谷八幡も、誰かとテストの成績を見せ合って気持ちをはぐらかすことなく、自分の成績とたった一人で真正面から向き合ってきたのだと、1巻のテニス対決の際に漏らしている。 「勉強は一人でするもの」という発言には少なからず共感するところがあったのだろう。 比企谷八幡のシスコンが発覚 あまりの衝撃にもう勉強どころではない。 俺の妹が知らない男とファミレスにいるなどあってはならないことだ。 引用:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 2 比企谷小町をファミレスで目撃してからの発言の端々から、比企谷八幡の妹に対する深すぎる愛情がひしひしと伝わってくる。 そのシスコンぶりには由比ヶ浜や雪ノ下も盛大に引くほど。 普段の会話では小言や攻撃的なことを言うことも多いが、内心ではかなり気にかけているようだ。 家に帰ってから、ファミレスでのことを聞けないあたり、嫌われたくはないらしい。 いつでも葉山隼人は整えている。 クラス内で発生したトラブルを解決するため、葉山隼人は奉仕部に依頼してくる。 周りの人間を信用しない比企谷八幡や雪ノ下雪乃とは対照的に、人の良いところを信頼し、つねに周囲と良好な関係を築こうとする葉山。 葉山の異常なまでの善人ぶりには、何か特別な理由があるのではないか。 比企谷八幡は休み時間がツラい 休み時間ほど心休まらない時間もあるまい。 引用:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 2 みんなにとってはリラックスするための時間でも、比企谷八幡にとってはそうではないらしい。 授業中であれば授業に集中しなければならず、行動が制限されるため、周りと話さず静かにしていてもいたって普通。 しかし休み時間となるとそうは行かない。 各々が自由に席を立ち、友達と会話したりする。 周りの同級生たちが友達と楽しそうに会話しているなか、自分だけがひとりぼっちで取り残されている状態は、比企谷八幡にとっても耐えがたいものがあるのだろう。 トラウマが多すぎる比企谷八幡 訓練されたぼっちは二度も同じ手に引っかかったりしない。 じゃんけんで負けた罰ゲームの告白も、女子が代筆した男子からの偽のラブレターも俺には通じない。 引用:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 2 女性に対する比企谷八幡の警戒心はとても強いものになっているが、二度も同じ手に引っかかったりしないという発言は、それぞれ一度目があったことを物語っている。 勘違いの失恋だけにとどまらず、罰ゲームの告白も偽のラブレターも経験済みなのだ。 比企谷八幡が「負けることに関しては俺が最強」というからには、これまでに数え切れないほど負けまくってきたに違いない。 比企谷は警戒心が強いどころか、警戒心が無さすぎたせいで、さまざまなトラウマを抱えるに至ったのだろう。 比企谷八幡は葉山隼人に嫉妬している? そういう恥ずかしい真似がスマートにできる葉山に軽く尊敬しつつも、ちょっと……イラッとする。 引用:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 2 葉山隼人が女子を下の名前で呼ぶのは前々からのことで、現にクラス内では三浦のことも下の名前で呼んでいたりするけれど、そのことには特に不快な反応をしていない。 比企谷は、葉山が相手を下の名前で呼ぶ行為にイラッとしたのではなく、由比ヶ浜を下の名前で呼ばれたからイラッとしたのではないか。 別段、葉山が由比ヶ浜に対して特別な感情を持っているわけではなく、比企谷もそれは知っているだろう。 単純に、由比ヶ浜と親しくできる葉山が羨ましいのだと思う。 由比ヶ浜結衣はどうして焦ったのか 「ちょ、ちょっと!あたしもやるよ!そ、その、ヒッキーに任せてなんておけないし!」 由比ヶ浜は顔を赤くして語尾をもにょらせながらも、次の瞬間には拳をぎゅっと握った。 引用:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 2 雪ノ下雪乃からクラス内の調査を頼まれたとき、由比ヶ浜はためらいを見せている。 けれども、比企谷八幡が自分がやると言い出したとたんに焦り出している。 由比ヶ浜が調査への協力を引き受けた理由として「雪ノ下の頼みだから」ということを強調しているあたり、本心は別のところにあるのだとうかがえる。 比企谷が雪ノ下の調査を引き受けると言ったとき、雪ノ下は期待していないと言いながらも微笑んだりして、ちょっと良い雰囲気で会話が進んでいる。 それを見た由比ヶ浜は、比企谷と雪ノ下の間に特別な絆が生まれつつあるのを感じ、自分が二人の間に入れなくなるのではと危機感を感じたのかもしれない。 葉山隼人はどんな悩みを抱えている? 「俺、今までみんな仲良くやればいいって思ってたけどさ、俺のせいで揉めることも、あるんだな……」 そう呟いたときの葉山はどこか寂しそうだった。 引用:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 2 葉山隼人は周りの人間関係をよくするためにいつも気を配っているが、それでも悪意や争いが生まれてしまうことに対して、自分の無力さを感じているように見える。 比企谷八幡も葉山は何かの病気だと感じるくらい、その善い人っぷりは異常なほどだ。 テニス対決のときも引き分けを提案したりするなど、とにかく揉めごとを避けようとする一面がある。 そこまでして周囲の人間関係にこだわるのは、何か特別な理由があるのだろうか。 いろいろあって川崎沙希は拗ねている。 比企谷家と川崎家と雪ノ下家、それぞれの兄弟や家族の話。 比企谷八幡と比企谷小町の兄妹仲の良さが至るところにあふれている。 比企谷家とは対照的に、弟とすれ違う川崎沙希と、家族との暗い関係を感じさせる雪ノ下雪乃。 果たして兄弟とはどのような存在なのか。 比企谷小町は八幡を信頼している 俺がそう言うと、小町はぷっと笑った。 「お兄ちゃんはほんと真面目だよ」 引用:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 2 比企谷小町が八幡のことを真面目だと言っているのは、勉強のことに限らない。 小町は川崎大志から相談を受けたことを何気なく八幡に話したのだろうけど、八幡は適当に話を流したりせずに、小町を心配して協力までしてくれようとしている。 普段は文句や小言ばかりを言いながらも内心では心配している、話を真剣に受け止めてくれる八幡に対して「真面目」だと言っており、小町の八幡に対する信頼が感じられる。 問題児が多くて嬉しそうな平塚先生 「まったく……このクラスは問題児が多くてたまらんな」 だが、その言葉には嫌悪感がなく、むしろ喜んでいるかのようにも見える。 引用:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 2 どうやら問題児が好きらしい平塚先生。 以前、比企谷八幡と職員室で話していたときにも、「最近の生徒は張り合いがない」と言っている。 自分を取り繕って周りと同調しながら生きるより、不器用でも自分なりの考えをもって行動する人間のほうが好きなのだろう。 平塚先生が『スクライド』好きなのも納得。 由比ヶ浜結衣は猫が苦手 その、猫っていなくなるでしょ?だから、ちょっと悲しくなるっていうか 引用:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 2 いつの間にかいなくなってしまうから、という理由で猫が苦手な由比ヶ浜。 そんな由比ヶ浜とは対照的に、雪ノ下は猫好きである。 雪ノ下自身もどこかしら猫っぽい一面があり、比企谷八幡も、自分に対して冷たいところが「うちの猫にそっくり」と述べている。 雪ノ下も、いつかは由比ヶ浜のそばから離れていってしまうという暗示だろうか。 由比ヶ浜の恋心、葉山隼人にバレる わかった。 そういう理由があるならしょうがない。 そんなに気は進まないけど、やるだけやってみよう。 ……結衣も頑張れよ 引用:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 2 由比ヶ浜は川崎沙希を更生させるために恋愛作戦を提案するが、相手となる男役に比企谷八幡を入れようとしない。 比企谷が他の女の子とそういう雰囲気になるのがイヤなのか、あるいは比企谷がこっぴどく振られるところを見たくないのか。 もしかしたら二人の間に本当に恋が芽生えてしまうかも!?とか恐れているのか。 いずれにせよ、由比ヶ浜の様子を見た葉山隼人は、由比ヶ浜が比企谷を好きなことに気づいたのだろう。 由比ヶ浜はチェーンメールの調査のために聞き取りをしたときも、三浦に好きな人について勘繰られていた。 恋愛の話が絡むと、由比ヶ浜は自滅することが多いのかも。 比企谷八幡と川崎沙希は似ている しかし、それは果たして本当に強さだろうか。 誰にもわかりはしないだろうと、そう叫ぶ言葉は理解されないことへの嘆きと諦め、そして理解してもらいたいという願いがあるように俺には思われてならない。 引用:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 2 比企谷八幡が川崎の強さに疑問を感じているのは、川崎と自分に似たものを感じているからではないだろうか。 比企谷は人間関係でさまざまなトラウマを抱えた結果、人とのつながりに対して強く警戒するようになった。 その一方では材木座との間に真の友情を期待することもあったりして、完全に望みを捨て切ってはいない。 失望と希望が入り混じったような感情を比企谷が持っているからこそ、川崎の目を見ただけで感じ取れるものがあったに違いない。 比企谷が川崎に自分を重ねているのだとしたら、川崎を助けることは、比企谷自身の心を救うことにもつながるだろう。 由比ヶ浜の正体を知った比企谷八幡の気持ち 小町が心配げに覗き込んでくるが、俺は曖昧な笑顔を浮かべることしかできない。 ……少しだけ、いろんなことを考えてしまった。 そして、自嘲気味に笑った。 引用:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 2 由比ヶ浜結衣がお菓子の人だと知ったとき、比企谷八幡は何を思ったのだろうか。 交通事故の相手を比企谷と知っていながら、今まで言わなかったことについては、おそらく比企谷もそこまで気にしてはいない。 そんなことより、由比ヶ浜が奉仕部にやってきた経緯や、由比ヶ浜の優しさの理由について思いを巡らせたに違いない。 そして、これまで感じてきた由比ヶ浜の優しさは比企谷に対してではなく、「犬を助けてくれた人」に向けられていたのだと判断したのだろう。 比企谷が自嘲気味に笑ったのは、由比ヶ浜の優しさは無償のものであると信じていた自分を笑ったのではないか。 またしても、比企谷八幡は元来た道へ引き返す。 比企谷八幡が優しい女の子を嫌いなのは、優しくされると好きになってしまうから。 由比ヶ浜結衣が優しくしてくれるのは、事故の負い目があるからだとして、比企谷は由比ヶ浜の優しさを拒絶し、そのせいで由比ヶ浜と険悪になってしまう。 平塚先生はなぜ困っているのか いや……、一人扱いに困っている子がいてね 引用:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 2 比企谷八幡の言うとおり、不確定要素=由比ヶ浜だったと仮定して。 平塚先生はなぜ扱いに困っているのだろうか。 一対一の勝負から三つ巴に変更すればいいだけなら、何も困る必要はないのではないか。 平塚先生が困っている理由は、単純に由比ヶ浜を加えるだけでは、三つ巴にならないからだろう。 周りと協調する性格の由比ヶ浜は、二人とは対立せず、比企谷か雪ノ下どちらかの側につくことになるから。 由比ヶ浜がどちらに協力するにしても2対1の構図になってしまうため、勝負としてはバランスが悪くなる。 比企谷八幡はどうして苛立ってしまったのか 負い目に感じる必要も同情する必要もない。 ……気にして優しくしてんなら、そんなのはやめろ 引用:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 2 急に語気が強くなる比企谷八幡。 比企谷自身、自分が苛立っていることに苛立っている。 由比ヶ浜の正体がお菓子の人だったのが、相当ショックだったのだろうか。 しかし由比ヶ浜に対して怒っているかというと、多分違う。 比企谷八幡の突き放すような言い方には「もう優しくしなくても大丈夫ですよ」という遠慮ではない。 「頼むからもう優しくしないでくれ!」的な、拒絶のニュアンスが含まれているように感じる。 女の子の優しさに過敏に反応してしまう比企谷は、たとえ由比ヶ浜の優しさが事故の負い目からくるものだとしても、きっと由比ヶ浜のことも好きになってしまうと恐れたのではないだろうか。 気持ちがうまく伝わらない由比ヶ浜結衣 や、やー、なんだろうね。 別にそういうんじゃないんだけどなー。 なんてーの?……や、ほんとそんなんじゃなくて…… 引用:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 2 事故のことを負い目に感じて優しくするのなら、高校入学してからもっと早い段階で接触するのが普通だと思う。 その気持ちをわざわざ1年間あたためて、2年生になってからようやく奉仕部を通じて優しくするなんてやり方、ちょっと遠回りすぎるのではないか。 もしかしたら最初は事故のことを負い目に感じていたかもしれないが、今となってはそのような負の気持ちが占める割合はほとんどないだろう。 今の由比ヶ浜は負い目を感じて優しくしているのではない。 でも、比企谷に対して好意があるから優しくしているなんてことも言えない。 あんな風にキツい言い方で拒絶された後だから尚更である。 気持ちがうまく伝わらないし、伝えることもできない状況で、由比ヶ浜はどんなに辛かっただろうか。

次の

#2 こうして比企谷小町は、比企谷八幡を受け入れる。

八幡 小説

来歴 [ ] 及びの門人。 の生まれ。 やに作品を出品した他、大正期に入ってから『新小説』のやのの木版口絵を描いており人物を大きく描く点が特徴であった。 作品 [ ]• 「花の山」口絵 『新小説』第18年第4巻 版 1913年(大正2年)• 「三怪人」続 口絵 江見水蔭作 版 1914年(大正3年)• 「探偵の娘」前 口絵 江見水蔭作 隆文館版 1915年(大正4年)• 「大正五人女」5枚 口絵 江見水蔭作 隆文館版 1915年(大正4年)• 「泣かぬ女」3枚 口絵 江見水蔭作 隆文館版 1915年(大正4年)• 「純子」前後 口絵 江見水蔭作 隆文館版 1915年(大正4年)• 「金色洞」3枚 口絵 江見水蔭作 隆文館版 1916年(大正5年)• 「蛮勇の人」前後 口絵 江見水蔭作 隆文館版 1917年(大正6年) 参考文献 [ ]• 山田奈々子 『木版口絵総覧』 文生書院、2005年.

次の

八幡「壁ドン?」

八幡 小説

評価:B 原作:やはり俺の青春ラブコメは間違っている ジャンル:クロスオーバー 主人公:比企谷八幡 投稿サイト:ハーメルン 比企谷家が四葉家の分家 中学の修学旅行がきっかけで、奉仕部に所属していた比企谷八幡は、心に深い傷を負う。 奉仕部をやめ、少しずつ傷が癒え始めたころ、魔法科第一高校に進学した。 しかし、そこにはかつての葉山グループとおまけが、彼の目の前に立ちはだかる。 いまだに成長しない彼らに、八幡はどこ吹く風でスルーを決め込むが……。 四葉家の分家である比企谷八幡が、妹のために、時に流され、時に立ち向かう物語。 比企谷八幡の中学時代は、「嫌な事件だったね……」と忘れ去りたい思い出でした。 中学時代の因縁ともさよならし、国立魔法科第一高校へと、見事合格し、これから奴らと関わらずにすむと、ほっとしていたのもつかの間、八幡は、いや四葉は、どうあがいても舞台の中心にたたなければいけない運命だったのです。 中学時代の知り合いは、見計らったように、八幡の目に映ってしまいました。 原因の問題児、葉山を中心としたグループが八幡を目の敵にしています。 八幡が本気を出せば、達也が排除する決断を下せば、すべて解決できるのに。 クールな八幡は彼らに対して、怒りが爆発するのは、いつになるのか。

次の