吉田 拓郎 オールナイト ニッポン ゴールド。 「坂崎幸之助・吉田拓郎のオールナイトニッポンGOLD」 竹内まりやサンの女子会ノリ: 橋本リウ詩集

吉田拓郎、6年ぶりのオールナイトニッポン(コメントあり)

吉田 拓郎 オールナイト ニッポン ゴールド

シンガー・ソングライター吉田拓郎が、きょう10日から月に1回レギュラー放送するニッポン放送「吉田拓郎のオールナイトニッポンGOLD」(金曜午後10時)の初回収録を、自宅からテレワークで行ったことが10日、分かった。 新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言を受け、拓郎の発案で番組スタッフと協議して決めた。 自宅の仕事部屋で1人でマイクに向かい、2時間以上収録。 素材を番組ディレクターに送り、BGMやSE(効果音)を入れて完成させるスタイルで実施した。 自宅の部屋とあって、リラックスした様子の内容。 ギターで即興の弾き語りも披露している。 番組関係者によると、デジタル機器に詳しい拓郎らしく、届いた音源は技術スタッフも驚く品質だったという。 拓郎は「今は誰もが恐怖と闘っている。 でも心はひとつなんだ。 何も役には立たないけれど、その中でもやれることはやろう。 僕はこの方法を選んだ。 『よし! 自宅から番組を』。 マイク選び、録音ソフト…いろいろ試して『これならイケル』。 ディレクターのT君にファイル転送、聴いてもらった『OKです』。 皆さん今回は自宅の僕の部屋からお送りする吉田拓郎のオールナイトニッポンGOLDです」とコメントしている。

次の

吉田拓郎のオールナイトニッポンGOLD 2019年12月13日

吉田 拓郎 オールナイト ニッポン ゴールド

この節のが望まれています。 1974年9月から1975年12月まで約1年4か月間月曜1部を担当(実際には9月末まで。 10月から12月の間は泉谷しげる他が担当)した後、リスナーの要望にも応えるような形 で、1980年から金曜1部に復帰した。 1975年10月から12月までの月曜1部は、拓郎が急にやめたいと言い出して「やめるからお前やれ」と、無理やり後を継がされたとは話している。 金曜1部の最終回では、に対する不満を述べるような発言をした一方で、「また「元気だ! 」って言える再会を願っております」というメッセージを残した。 なお吉田拓郎は、10月から1年間『』()、4月から約2年間『』()のそれぞれのパーソナリティも務めており、当時の在京ラジオ局3局全てのレギュラーパーソナリティを務めたことになる。 1980年10月からの金曜1部復帰は、『セイ! ヤング』降板から約6か月後のことだった。 コーナー [ ] この節のが望まれています。 作詞・作曲の裏話 などを公開しながら、その話をしていた。 あこがれの対談 月に1回ほどの企画だったが、最低1時間は放送されていた。 番組内で起きた事件 [ ] 離婚の発表 [ ] 9月、月曜1部での放送で拓郎は最初の夫人であるとの離婚 を発表した。 週刊誌にウソを書かれる前に自分の口から伝えたい、と離婚原因やマスコミに対する持論、批判などを2時間使って話した。 これを聞いたマスコミがニッポン放送に殺到、自分たちを無視し、深夜の生放送で抜き打ち離婚宣言という手段に出た拓郎に記者たちは激怒。 放送終了後にもみあいとなり、拓郎が「あんたら地獄へ行くよ」と罵り大きな騒動となった。 マスコミが、取材される側からこれほどの罵声を浴びせられたことはかつてなかった。 一方的な形の離婚宣言だったため、女性誌などからは横暴な男として激しくたたかれた。 この騒動により番組は打ち切りとなり、結果的にこの回が月曜1部での最終回となった。 吉田拓郎死亡放送事件 [ ] 深夜の放送で、拓郎は風邪による発熱と胃けいれんで急遽出演できなくなった。 代役を務めたその日の宿直勤務のアナウンサーとディレクターが「何か面白いことをやろう」と発案し、標記のネタで放送した(・著『ミスター・ラジオが通る』()p. 148 ではこの出来事が「吉田拓郎死亡放送」と題されて掲載されている )。 ゲストにを迎えている中 、テーマ曲はに替わり、「特別番組 吉田拓郎さんをしのんで」というテーマで代役のアナが進行をした。 番組中「死んだ」とは一言も言わなかったものの、「自殺の詩」や「どうしてこんなに悲しいんだろう」など追悼色一色の放送に、リスナーの問い合わせの電話は鳴り続け、マスコミも駆けつける大騒ぎに。 約30分後に「これは冗談です」と言った後、本当の事情を説明し、自宅で療養中だった拓郎と電話をつないでやりとり(当時芸能界を引退していたも電話口に登場)しはじめたが、今度は抗議の電話が殺到、翌日の朝日新聞にも「行き過ぎた深夜放送」「悪いシャレ」などといった記事が出た。 ちなみに、代役を務めたアナウンサーはその後フジテレビに転籍した、担当したディレクターは浅野啓児 で、現在はともに故人。 この時、編成だったは「あの辺から世の中、やっちゃいけないこと、放送タブーが出てきた」と話している。 後にがこのジョークをテレビに持ち込み、「さんを偲んで」を放送したが、やはり顰蹙を買ってしまった()。 放送時間 [ ] レギュラー放送 [ ]• 9月~12月(実際は9月末) 月曜1部 月曜25:00~27:00(火曜1:00~3:00)• 10月~ 金曜1部 金曜25:00~27:00(土曜1:00~3:00) スペシャル放送 [ ]• 2008年2月24日 内で復活放送 吉田拓郎のオールナイトニッポンGOLD [ ] 吉田拓郎のオールナイトニッポンGOLD 放送期間 2020年4月10日- 放送時間 毎月第2金曜日 22:00-24:00 放送局 パーソナリティ 公式サイト 2020年4月改編をもって、『 吉田拓郎のオールナイトニッポンGOLD』として、吉田拓郎名義でのオールナイトニッポンが1982年3月27日をもって終了して以来38年ぶりに復活する。 これは、2020年2月21日に放送された単発特番『吉田拓郎のオールナイトニッポンGOLD』で、ニッポン放送からの正式発表に先立ち、吉田拓郎本人から直接、発表が行われたもの。 実際、吉田拓郎は2019年12月13日と2020年2月21日の2回、単発で『』を担当していた。 また、『オールナイトニッポンGOLD』としては『』が2013年9月30日に終了して以来6年半ぶりの復活となる。 なお、吉田とオールナイトニッポンとの関係は1970年代から続いていて、今回の担当で1970年代・1980年代・1990年代・2000年代・2010年代・2020年代と、「6つの年代」でオールナイトニッポンのパーソナリティを担当することになる。 なお、第1回の2020年4月10日の放送分では、吉田拓郎の自宅からテレワークという形で録音されたもので、吉田は「今は誰もが恐怖と闘っている、でも心は1つなんだ。 何も役にはたたないけれど、その中でもやれる事はやろう。 僕はこの方法を選んだ「よし! 自宅から番組を」 マイク選び、録音ソフト・・色々と試して「これならイケル」 ディレクターのT君にファイル転送、聴いてもらった「OKです」 皆さん今回は自宅の僕の部屋からお送りする吉田拓郎のオールナイトニッポンGOLDです。 」とコメントしている。 番組の制作方法としては、吉田拓郎の自宅において、テレワークという形で録音を行い、その音源をディレクターに送り、音楽や効果音を挿入して、完成させたもの。 脚注 [ ]• セイ!ヤング&オールナイトニッポン70年代深夜放送伝説、&&、、2011年、オールナイトニッポン編p35、58• ちなみに、現在(2015年1月)の夫人であるは3人目にあたる• 吉田拓郎 挽歌を撃て、石原信一、八曜社、p106-115、• 「坂崎幸之助・吉田拓郎のオールナイトニッポンGOLD』内での発言より• 148• 2020年3月27日閲覧。 「」『フジテレビュー!! 』、2020年3月27日。 2020年3月27日閲覧。 「」『音楽ナタリー』、2020年4月10日。 2020年4月10日閲覧。 「」『ニッポン放送』、2020年4月10日。 2020年4月10日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• オールナイトニッポン 月曜1部 1. - 2. 青春の詩 - 3. - 4. - 5. - 6. - 7. - 8. 金曜日の朝 - 9. (・) - 10. - 11. - 12. - 13. もうすぐ帰るよ - 14. カンパリソーダとフライドポテト - 15. - 16. - 17. - 18. - 19. - 20. - 21. - 22. - 23. - 24. - 25. - 26. - 27. - 28. - 29. (吉田拓郎・) - 30. - 31. - 32. - 33. - 34. - 35. - 36. - 37. - 38. - 40. - 41. - 42. - 43. - 44. - 45. - 46. - 47. - 48. - 49. - 50. 配信 コンサート・イン・つま恋 1975 - '79 篠島アイランドコンサート - '82 日本武道館コンサート 王様達のハイキング - '85 ONE LAST NIGHT in つま恋 - '89 TAKURO YOSHIDA IN BIG EGG - '90 日本武道館コンサート - '93 TRAVELIN' MAN LIVE at NHK STUDIO 101 - 1996年、秋 - 感度良好ナイト in 武道館 - 吉田拓郎 LIVE 〜全部だきしめて〜 - 101st Live 02.

次の

吉田拓郎のオールナイトニッポンGOLD 2019年12月13日

吉田 拓郎 オールナイト ニッポン ゴールド

略称 [ ]• 無印・・・2部制導入前など2部が存在しない場合• 1部・・・オールナイトニッポン1部、もしくは2003年4月以降の無印(通称1部)• com・・・• 2部・・・オールナイトニッポン2部• r、 R・・・• ZERO・・・• 夜10時台• SUPER・・・• いいネ・・・• GOLD・・・• M10・・・• サタデースペシャル・・・• ナイターオフ期に放送• DX・・・• プレミアム・・・• 月イチ・・・• 「」も参照 オールナイトニッポン [ ]• - 『』 - 月曜2部・1994年4月~6月/木曜1部・1994年7月~1999年3月/木曜SUPER・1999年4月~1999年9月/木曜com・1999年10月~2003年3月/木曜1部・2003年4月~2014年9月/木曜1部・2020年5月〜• - 『』 - 第4金曜日GOLD・2016年10月22日〜2018年12月28日/ 第3金曜日GOLD・2019年1月11日〜2019年4月12日/ 第1金曜日GOLD・2019年5月3日〜• - 2015年9月28日〜 - 月曜M10• - 2015年9月29日〜2020年3月24日 - 火曜M10/2020年4月1日〜 - 第1・第3水曜M10• - 2015年9月30日〜2020年3月25日 - 水曜M10/2020年3月31日〜 - 火曜M10• - 2020年4月8日〜 - 第2水曜M10• - 『』 - 第1土曜日ZERO・2018年10月〜• ここに記載のないRのスペシャルパーソナリティはを、0 ZERO のパーソナリティはを、GOLDのパーソナリティはをそれぞれ参照。 現在は2部制ではないので、1部とは言わないが、分かるもので25時台のものは1部と書く。 また、レギュラー放送前後の事前単発特番・復活特番などはこの項には含めず前項で扱う。 あ〜お [ ]• - 2010年9月20日• - 2017年5月27日土曜R/2018年5月5日土曜ZERO• - 2006年10月21日土曜R/2009年12月23日(オールナイトニッポンX'mas mu-moスペシャル)• - 2008年3月19日• - 2003年7月8日• - 『』 - 2004年3月14日• () - 『』 - 2004年9月29日• - 『』 - 2007年8月7日/2010年11月19日金曜R• - 2007年6月25日• - 1998年9月2日• - 2001年8月10日• - 2008年8月5日• - 2007年12月10日• featring. - 2009年3月25日• - 1998年8月31日• - 2006年6月19日/2007年9月24日/2010年11月22日月曜GOLD/2014年2月14日金曜GOLD• - 2012年4月14日土曜R/2018年4月27日金曜1部• - 2000年7月25日/2019年4月19日金曜GOLD• - 『』 - 1982年8月14日• - 2007年12月14日/2012年11月23日金曜GOLD• - 1990年11月8日• - 『』 - 2004年1月9日/2005年1月3日/2006年2月27日/2014年3月27日木曜GOLD• - 2007年1月9日• - 2002年9月12日• - 2000年9月9日• - 2007年5月15日/2012年10月26日金曜GOLD• - 2005年9月8日• - 2010年1月6日/2012年12月24日月曜ZERO• - 1996年12月30日• - 2008年7月30日• - 2008年12月12日• - 『w-inds. のオールナイトニッポン』 - 2003年12月26日/2005年6月11日/2007年11月6日/2008年1月1日/2010年3月19日金曜R/2011年7月4日/2016年4月29日金曜GOLD• - 2002年5月4日/2005年6月2日• - 2019年6月18日火曜1部• (ウッチャンナンチャン) - 2015年9月11日金曜GOLD(と)/2019年5月7日火曜1部• - 2019年10月16日水曜ZERO• - 『堤幸彦と浦沢直樹のオールナイトニッポン〜第2章スペシャル〜』 - (堤幸彦と)2009年1月30日• - 2011年7月6日水曜1部/2014年1月3日金曜GOLD• - 2013年3月23日土曜R/2014年9月27日土曜R/2015年4月4日土曜R/4月15日水曜1部 /2017年7月26日水曜1部 /11月1日水曜1部• - 『』 - 2010年7月10金曜R/2011年7月26日火曜1部/11月11日金曜R/2012年6月2日土曜R/10月6日土曜R/2013年1月26日土曜R/7月26日金曜GOLD/2014年3月22日土曜R/7月2日水曜1部 /12月2日水曜1部 /2015年3月25日水曜1部 /6月24日水曜1部 /2016年1月23日土曜R/8月17日水曜1部 /2017年6月21日水曜1部 /11月29日水曜1部 /2018年1月10日水曜1部(乃木坂46と) /7月4日水曜1部 /9月12日水曜1部 /12月5日水曜1部• - 2017年9月20日水曜1部 /2018年1月31日水曜1部 /7月18日水曜1部 /2019年2月13日水曜1部• - 『』 - 2011年7月22日, 10月21日, 2012年2月10日金曜R/5月12日土曜R/8月2日木曜1部/2013年6月29日土曜R/2014年10月8日水曜1部 /2015年3月4日水曜1部 /7月15日水曜1部 /2016年12月28日水曜1部• - 2017年7月5日水曜1部 /12月6日水曜1部 /2018年4月11日水曜1部 /10月3日水曜1部• - 2006年1月5日• - 1997年10月10日/2017年9月16日土曜R• - 2008年6月17日• - 2007年11月5日• - 2004年12月25日• - (柳美里と)2004年3月5日• (AUX BACCHANALES 原宿店から、とともに生放送)• - (山田親太朗と)2008年4月25日 か〜こ [ ]• - 2014年8月2日土曜R/2016年2月12日金曜GOLD• - 1980年7月3日木曜1部• - 『』 - 2007年7月13日• - 2016年2月26日• - 2000年9月7日• - 2009年8月19日水曜1部/2011年4月15日金曜R• - 2009年3月14日土曜1部• (と) - 2010年4月2日• - 2020年4月25日プレミアム• - 2002年9月10日/2004年5月28日(映画「」スペシャル)• - 2014年2月22日土曜R/2016年3月5日土曜R/2018年2月24日土曜R/2019年2月9日土曜ZERO• - 2000年9月6日• (SAYAKA) - 2003年8月12日いいネ/2004年10月1日金曜R/2015年1月16日金曜GOLD• (お笑い芸人軍団)• - 2017年7月25日火曜1部• - 1994年12月16日金曜2部/2017年12月8日金曜GOLD• - 2006年5月13日土曜R/2006年12月16日土曜R/2007年6月30日土曜R/2007年9月22日土曜R/2008年6月6日金曜R/2019年11月26日火曜1部• - 1997年/1998年/2003年10月31日• - 2017年1月4日/2018年1月3日/2019年4月9日火曜1部• - (MISIAと)2008年4月8日• - 2012年4月13日金曜GOLD/2018年12月31日月曜プレミアム• - 2003年7月3日いいネ/2010年11月17日• - 2000年10月6日/2004年3月26日『オールナイトニッポンスペシャル RADIO GLAY』/2013年12月6日金曜GOLD• - 2016年4月15日金曜GOLD/2017年9月9日土曜R• - 2003年1月9日木曜SUPER• - 2013年1月3日木曜GOLD/2014年1月4日土曜R/2014年7月12日土曜R/2015年1月24日土曜R/2016年11月26日土曜R• - 『』 - 2006年8月11日• - 2016年1月4日/1月30日土曜R/2月27日土曜R/3月26日土曜R/8月10日水曜1部/11月30日水曜1部/2017年7月19日水曜1部 /10月25日水曜1部 /2018年3月7日水曜1部 /8月15日水曜1部/2019年2月27日水曜1部• - 2011年8月29日月曜GOLD/2015年5月22日金曜GOLD/2017年1月28日土曜R(と)• - 2008年1月29日火曜1部• - 1976年7月30日• (テリー伊藤と)• - 2007年7月11日• - 1996年/2015年9月4日金曜GOLD• - 2004年3月19日• - 2003年9月23日 さ〜そ [ ]• - 2014年10月8日水曜GOLD/2016年12月3日土曜R• - 2018年8月1日水曜1部• 坂道グループ(乃木坂46・欅坂46・日向坂46) - 2019年10月16日水曜1部• - 2009年7月14日(つるの剛士と)/2010年8月13日金曜R• - 2000年9月5日• () - 2001年5月22日• - 2014年10月22日水曜1部 /2018年5月16日水曜1部 /2019年2月6日水曜1部• - 2002年9月13日• - 『』 - 2011年3月18日/2012年8月28日/2012年10月19日金曜GOLD/2013年3月14日木曜GOLD/2016年3月11日金曜GOLD• - 2014年11月22日土曜R/2016年1月9日土曜R/2018年6月2日土曜ZERO/2019年9月24日火曜1部• - 2012年11月10日土曜R/2014年7月5日土曜R/2018年2月16日金曜GOLD• () - 1998年1月21日• - 2004年3月5日/2005年5月27日• - 2007年10月29日/2008年6月16日• - 2008年4月18日• - 1987年• - 2005年7月19日/2006年12月1日/2011年1月10日月曜GOLD• - 1998年10月20日/1999年6月21日• - 『』 - 2009年4月4日/2009年7月29日• - 2004年10月26日火曜1部/2005年4月29日金曜R/2005年6月3日金曜R• - 2003年11月28日/2008年10月20日• - 2003年6月25日• - 2002年3月14日• - 2012年1月5日 た〜と [ ]• (、) - 2003年7月24日/同12月19日• - 2007年4月20日/同8月24日/同10月19日• - 2010年5月29日土曜R/2011年8月30日火曜GOLD/2012年9月7日金曜GOLD/2013年5月24日金曜GOLD/2014年6月27日金曜GOLD/2015年9月25日金曜GOLD/2016年9月3日土曜R/2017年10月7日土曜R/2018年3月24日土曜R• - 2014年9月26日金曜GOLD• - 2006年11月27日/2013年6月19日(KEITA名義)• - 2014年12月9日火曜GOLD/2015年1月2日 /2016年2月20日 /2017年1月3日 /2018年1月1日月曜プレミアム /2019年1月3日木曜プレミアム/2020年1月2日木曜M10• - 2000年11月15日水曜SUPER/2001年5月9日水曜SUPER/2004年2月6日金曜1部/同9月27日• - 2007年10月27日• - 2007年11月16日• - 2013年11月2日土曜R/2018年1月5日金曜プレミアム• - 2019年1月21日月曜1部• - 2008年8月25日/2012年8月27日/2013年3月29日金曜GOLD/2013年4月29日月曜GOLD/2013年5月31日金曜GOLD• - 2017年4月29日土曜R/2018年11月27日火曜1部• - 2019年1月2日水曜1部• - 2011年3月4日金曜GOLD/2013年10月25日金曜GOLD/2014年2月21日金曜GOLD• - 2019年1月1日火曜1部• - 2008年8月29日『映画「」スペシャル』/(浦沢直樹と)2009年1月30日『堤幸彦と浦沢直樹のオールナイトニッポン〜20世紀少年第2章スペシャル〜』/2009年8月29日• - 2009年9月21日『スペシャル』• - 2009年7月14日(崎本大海と)/2010年5月6日木曜GOLD/2016年2月26日金曜GOLD• - (堀内健と)2015年6月19日金曜1部/(同じく)2018年5月28日月曜1部/(同じく)2019年9月2日月曜1部• - 1987年1月1日• (TMN) - 1994年4月21日/2015年4月17日• - 日時不明(郷ひろみと)/2016年9月16日金曜GOLD/2016年10月14日金曜GOLD/2017年1月3日火曜GOLD/2018年11月30日金曜GOLD(と)• - 2019年10月18日金曜ZERO• - 2020年1月2日木曜1部• - 1994年8月5日金曜• - 1975年10月27日• - 2006年2月11日土曜R/2010年4月25日『スペシャル』 /2011年9月16日金曜R な〜の [ ]• - 1999年9月7日• - 2008年12月23日/2010年9月1日『オールナイトニッポンLIVEスペシャル』/2011年2月11日金曜R• - 2018年5月9日水曜1部 /6月13日水曜1部 /7月11日水曜1部• - 1992年4月27日月曜1部• - 2008年9月1日/2009年9月5日『SP』/2011年3月18日金曜GOLD『塔の上のラプンツェルスペシャル』• - 『』 - 2006年10月16日月曜1部/2009年1月1日木曜1部/2011年5月4日水曜1部 『小栗旬と長澤まさみのオールナイトニッポン 映画「」スペシャル」• - 2002年5月16日/2014年11月3日• - 2018年12月12日水曜1部/2019年7月30日火曜1部• - 2006年10月4日水曜1部/2007年1月4日木曜1部• - 2007年6月1日• - 2009年12月4日金曜GOLD• - 2019年12月16日月曜1部• - 2015年2月18日水曜1部 /2017年5月24日水曜1部/2019年10月23日水曜1部• - 『』 - 2005年4月25日/2007年11月14日• - 2010年12月29日水曜1部/2009年11月28日土曜R/2010年4月23日金曜R/2018年11月7日水曜1部• - 日時不明水曜2部 は〜ほ [ ]• - 2018年10月30日火曜1部• - 1990年2月16日/9月6日(伊集院光と)• - 1988年/1995年/1997年• - 2020年1月1日水曜1部• - 2014年6月20日金曜GOLD/2015年1月9日金曜GOLD/2019年2月26日火曜1部• - 2003年10月3日• メンバー - 2003年4月23日金曜• - 2011年12月1日/2016年9月19日• () - 2017年8月12日土曜R/2019年10月15日月曜ZERO• - 1998年12月28日/2006年12月11日• - 1996年1月1日• - 2012年8月31日• - 2018年1月4日• - 1992年10月14日/2003年9月22日/2005年3月19日• - 日時不明/2006年• - 2007年3月9日金曜1部• - 1988年12月• - 2012年7月16日• - 2018年6月20日水曜1部 /12月26日水曜1部 /2019年4月5日金曜GOLD/2019年7月20日土曜ZERO/10月12日土曜ZERO/2020年2月22日土曜ZERO• - 2002年/2003年/2005年12月23日/2007年2月27日火曜1部/2008年3月10日• - 2018年9月19日水曜1部(映画「」スペシャル)• - 1997年4月22日• - 2010年11月22日• - 1997年6月20日• - 2000年5月11日/2000年12月27日/2005年11月1日/2006年8月1日/2015年7月30日金曜GOLD• - 2009年7月11日• - 2015年12月12日土曜R/2018年11月10日土曜ZERO• - 2005年1月6日• - 2003年6月27日/2010年10月18日• - 1999年11月18日• - 2013年7月16日火曜GOLD/2013年9月26日木曜1部/2018年1月1日月曜1部/2018年8月29日水曜1部• - 2012年12月7日金曜GOLD/2013年6月25日火曜1部• - 2017年12月30日土曜R/2019年6月22日土曜ZERO• - 2005年4月29日/2018年1月20日土曜R(と)/12月8日土曜ZERO• - 2009年11月30日• — 2013年10月7日月曜1部• - 2005年11月25日• - 1986年9月9日火曜1部• - 1976年3月18日・4月29日・6月10日・6月24日・8月19日・11月25日(以上、木曜2部の週替わり時代)/2017年11月14日火曜1部• () - 2015年11月7日土曜R/2016年11月10水曜1部 /2019年11月27日水曜1部 /2020年3月4日水曜1部 /2020年5月20日水曜1部 ま〜も [ ]• - 2005年1月25日• - 1989年• () - 2006年4月7日• - 2019年11月4日月曜1部• - 2003年9月25日• - 2015年6月10日水曜1部 /2019年4月27日土曜ZERO• - 2015年8月6日• - 2010年10月22日金曜R/2013年8月23日金曜GOLD/2015年3月27日金曜GOLD/2019年1月18日金曜GOLD• - 2012年4月7日土曜R/2013年3月1日金曜GOLD/2020年3月17日火曜1部• - 『』 - 2004年2月20日金曜1部/2007年2月7日水曜1部/(久保田利伸と)2008年4月8日/2009年12月25日金曜GOLD/2016年1月8日金曜GOLD/2019年1月4日金曜1部(HIDE()と)• - 2017年6月3日土曜R/2018年8月29日水曜ZERO• () - 2000年8月9日火曜1部• - 2006年5月6日土曜R/2013年5月10日金曜GOLD• - 2004年4月2日金曜1部• () - 2016年7月9日土曜R(山口隆と)/2017年7月30日(同じく)/2019年10月19日土曜ZERO(同じく)• - 2008年4月30日• () - 2018年8月28日火曜1部• - 2020年1月6日月曜1部• - 2006年1月14日土曜R/2013年7月3日水曜ZERO• () - 2017年1月5日• - 1998年9月10日/1999年7月29日/2012年7月28日土曜R/2015年1月2日金曜GOLD(モーニング娘。 '15名義)• - 2011年11月4日金曜R/2012年11月26日月曜1部/2014年6月26日木曜1部/2016年8月4日木曜1部/2017年8月3日木曜1部• - 2009年1月2日 や〜よ [ ]• - 2000年7月22日/同10月10日/2005年9月2日• - 『』 - 1984年6月9日土曜1部/2009年12月28日月曜GOLD• - 2007年9月20日• - (と)1987年2月11日• - 2014年3月28日金曜GOLD/2016年8月15日月曜M10• - 2016年11月5日土曜R/2018年5月11日金曜GOLD• () - 2019年10月17日木曜1部• () - 2016年7月9日土曜R(峯田和伸と)/2017年7月30日(同じく)/2019年10月19日土曜ZERO(同じく)• - 2015年3月31日• - 2012年3月2日/2020年4月25日土曜プレミアム(と)• - (オセロ松嶋尚美と)2008年4月25日• () - 2020年1月14日火曜1部• - 2007年4月27日金曜1部• - 2018年10月17日水曜1部• - 『ほぼ織田裕二のオールナイトニッポン』 - 2008年9月23日• - 2002年9月14日• - (と)2004年3月5日• - 1993年9月21日/2014年3月26日水曜GOLD• - 2015年9月2日/2016年12月13日• - 1999年9月6日/2003年12月5日金曜R(と)• () - 2018年8月9日木曜1部 ら〜ろ、わ [ ]• - 2005年7月8日• - 2015年11月11日水曜1部• (、) - 2006年10月26日木曜1部• - 1996年ごろ/2019年5月10日金曜GOLD• - 2006年1月10日• - 2006年5月16日• - 2004年1月23日/2004年10月22日金曜R• - 2018年1月6日土曜R/9月14日金曜GOLD• - 『』 - 1995年5月25日木曜1部/1998年3月13日金曜DX/2005年7月11日月曜1部/2010年4月29日木曜GOLD/2015年11月28日金曜GOLD その他 [ ]• オールナイトニッポン 2007年9月25日• オールナイトニッポン 創立20周年記念スペシャル 2008年7月22日• オールナイトニッポン スペシャル(2008年12月19日)• オールナイトニッポン 真夏のスペシャル2011(2011年7月29日)• 映画「」スペシャル(1984年4月20日)• 映画「」スペシャル〔、、ほか〕(2004年5月28日)• 映画「」スペシャル〔、、吉田尚記ほか〕(2005年7月29日)• 映画「」スペシャル〔、、、、、、、、、〕(2015年7月20日)• 新オンガク生活ラジオ オールナイトニッポン アーティストトークスペシャル Supported by 〔、倖田來未、、〕 (2009年2月7日)• オールナイトニッポン 09 スペシャル(2009年2月23日)• オールナイトニッポンX'mas スペシャル〔、、()、〕(2009年12月23日)• オールナイトニッポンディレクターズのオールナイトニッポン2〔桜井達也・福田大介・ディレクター〕(1998年3月14日)• (毎年12月24日 25:00 - 29:00)• (毎年のの開催日) 関連項目 [ ]• 脚注 [ ]• メインパーソナリティは。 AUX BACCHANALES原宿店から、とともに生放送• 当時スポーツ担当アナでナイターシーズンは当番組を休演していたため、1969年4月~10月初旬は亀渕昭信が担当• ネット局は初回のみで残りは週替わりパーソナリティー。 2020年5月14日からはコンビとして出演。 当初はSIRUPが担当する予定だったが、関係各所と協議の結果放送延期となった。 オールナイトニッポン50周年を記念して一夜限りの復活を遂げることになった()• 当初は3月まで放送予定だったが、2月29日・3月1日の福井サンドーム公演と3月7日・8日の愛媛県武道館公演がの拡散防止のあおりを受けて中止している状況等を踏まえ、所属事務所、レコード会社と協議の結果中止となった()。 タイトルは『 田中将大のオールナイトニッポン NY』。 タイトルの中の「NY」とはNew York・new yearという意味が込められているという。 放送時間は16時30分から17時30分で放送エリアは関東ローカル(ただし、radikoプレミアム加入者を対象にして全国に向けて発信)。 タイトルは『 田中将大のオールナイトニッポン NY』で放送時間は18:00-20:00。 タイトルは『 田中将大のオールナイトニッポンNY』。 ニッポン放送新春スペシャルとして11時から13時まで放送。 タイトルは『 田中将大のオールナイトニッポンNY』。 Specialとして19時から20時50分まで全国ネットでの放送。 タイトルは『 田中将大のオールナイトニッポンNY』で、放送時間は22時から24時まで。 ゲスト:。 皇室関係者がパーソナリティーを担当した唯一の事例となる。 ()、()、()、()、広瀬彩海()、小片リサ()が出演。 (公式)• (非公式サイト).

次の