世界 の 市況。 新型コロナ影響、世界半導体市場予測108億ドル下方修正

世界の市況 :マーケット :日経電子版

世界 の 市況

雇用者数が予想に反して大幅に増えた5月雇用統計を受けて、V字回復への期待が高まるなか5日のNYダウは5日続伸。 この流れを好感して、週明け8日の日経平均は前週末比314. 37円高の23178. 37円と高値引けとなるなか6日続伸した。 一時1ドル=109円台後半まで振れた円安なども支援材料となった。 8日のNYダウは6日続伸し、ナスダック総合指数も過去最高値を更新したものの、9日の日経平均は7営業日ぶりに反落。 米長期金利の低下とともに為替相場が円高方向に振れたほか、前日に節目の23000円台を回復したことで利益確定売りが先行した。 9日のNYダウが7営業日ぶりに反落すると、10日の日経平均も一段安でスタート。 ただ、NYダウ先物の時間外取引での上昇が支援材料となり、前場中ごろからプラス圏へ浮上し小反発で大引けた。 10日のFOMC 米連邦公開市場委員会 では、市場の予想通り、当面の実質ゼロ金利政策継続の方針が示された。 ナスダック指数は史上初の1万ドル大台を上回って引けた。 11日の東京市場は、4-6月期大企業全産業における景況判断指数の悪化が嫌気されたほか、円高などを受けて、朝方から売りが先行。 日経平均は後場に下げ幅を広げ4日ぶりに23000円台を割り込んで大引けた。 11日のNYダウは1861. 82ドル安と、3月9日の2013. 76ドル安に次ぐ過去4番目の下落幅をみた。 FRB 米連邦準備制度理事会 が悲観的な景気見通しを維持して経済のV字型回復期待が後退したほか、ウイルス感染第2波を警戒した売りが先行した。 12日の日経平均も米国株安を嫌気して続落。 朝方寄り付き後に前日比685. 98円安まで下げ22000円台を割り込む場面もあった。 ただ、前日からの下げピッチが速いこともあり、大引けにかけては下げ幅を縮小させ、日経平均は167. 43円安の22305. 48円まで持ち直した。 12日のNYダウは477. 37ドル高と反発。 6月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値が予想を上回ったことなどが好感された一方、アメリカ疾病管理予防センター CDC が感染第2波に対する警告を発したことが警戒され、一時マイナスとなるなど荒い値動きとなった。 日米株式市場ともに前週は週後半にかけて波乱の展開となった。 米国では新型コロナウイルスの2次感染が広がっていることが懸念されて、V字回復期待が後退しリスクオフの展開に転じた。 パウエルFRB議長は10日、新型コロナウイルスの感染拡大により労働市場が回復するまで景気刺激策を継続する意向を示したが、経済回復が遅れるとの懸念が増す形となった。 東京市場では、相場の下支え要因として働いていた為替の円安が円高傾向に変化したほか、12日のメジャーSQに向けての買い戻しが一巡して、需給面でも転換期を迎えた。 また、日経平均はテクニカル的にみても、累積売買代金が多く利益確定売りが出やすい価格帯である23000円台を回復したことで、一段の上値追いにブレーキがかかりやすい。 米国などでの感染第2波拡大の懸念が抑えられるかが、ここからの相場センチメントを大きく左右してこよう。 このほか、11月の米国大統領選挙への影響も警戒される。 一方、15日から2日間の日程で日銀金融政策決定会合が予定されているが、相場に対してネガティブな材料が出てくることは予想されていない。 15日に中国、16日に米国の5月小売売上高の発表があるものの、米雇用統計、FOMC、メジャーSQといった金融・相場イベントを通過し、スケジュール面で見た波乱要因はここからは少ない。 新型コロナウイルスの感染拡大について都民に警戒を呼び掛ける「東京アラート」が11日に解除され、日経平均は下値抵抗力を試す展開に転じてくることになりそうだ。 18日の大引け後には5月半導体製造装置販売高の発表もあり、半導体関連株の動向がひとつの関心事となる。 一方、ここから月末に向けて3月期企業の株主総会が活発化してくる。 一般的に総会シーズンの相場は堅調というアノマリーがあり、個別株物色が高まりやすい傾向がある。 物色も方向性を模索する展開が予想される。 マザーズやジャスダックでは感染第2波の懸念からバイオベンチャー関連株が売買代金上位に増えてきた。 翌週24日からのIPO再開を見据えて、直近IPO銘柄にも物色人気が巡ってくる可能性がある。 一方、米国など海外主要スケジュールでは、15日に中国5月小売売上高・工業生産・都市部固定資産投資、米6月NY連銀製造業景気指数、16日に米5月小売売上高、米5月鉱工業生産・設備稼働率、米4月企業在庫、17日に米5月住宅着工件数、米5月建設許可件数、18日に米6月フィラデルフィア連銀製造業景況感指数、米5月CB景気先行総合指数、19日に米1-3月期経常収支の発表が予定されている。 <FA>• 株式投資やビジネスに役立つ最新の株式ニュースを個人投資家にお届けします。 ヘッドラインではみんかぶならではの注目ニュースを紹介しています。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

新型コロナ影響、世界半導体市場予測108億ドル下方修正

世界 の 市況

雇用者数が予想に反して大幅に増えた5月雇用統計を受けて、V字回復への期待が高まるなか5日のNYダウは5日続伸。 この流れを好感して、週明け8日の日経平均は前週末比314. 37円高の23178. 37円と高値引けとなるなか6日続伸した。 一時1ドル=109円台後半まで振れた円安なども支援材料となった。 8日のNYダウは6日続伸し、ナスダック総合指数も過去最高値を更新したものの、9日の日経平均は7営業日ぶりに反落。 米長期金利の低下とともに為替相場が円高方向に振れたほか、前日に節目の23000円台を回復したことで利益確定売りが先行した。 9日のNYダウが7営業日ぶりに反落すると、10日の日経平均も一段安でスタート。 ただ、NYダウ先物の時間外取引での上昇が支援材料となり、前場中ごろからプラス圏へ浮上し小反発で大引けた。 10日のFOMC 米連邦公開市場委員会 では、市場の予想通り、当面の実質ゼロ金利政策継続の方針が示された。 ナスダック指数は史上初の1万ドル大台を上回って引けた。 11日の東京市場は、4-6月期大企業全産業における景況判断指数の悪化が嫌気されたほか、円高などを受けて、朝方から売りが先行。 日経平均は後場に下げ幅を広げ4日ぶりに23000円台を割り込んで大引けた。 11日のNYダウは1861. 82ドル安と、3月9日の2013. 76ドル安に次ぐ過去4番目の下落幅をみた。 FRB 米連邦準備制度理事会 が悲観的な景気見通しを維持して経済のV字型回復期待が後退したほか、ウイルス感染第2波を警戒した売りが先行した。 12日の日経平均も米国株安を嫌気して続落。 朝方寄り付き後に前日比685. 98円安まで下げ22000円台を割り込む場面もあった。 ただ、前日からの下げピッチが速いこともあり、大引けにかけては下げ幅を縮小させ、日経平均は167. 43円安の22305. 48円まで持ち直した。 12日のNYダウは477. 37ドル高と反発。 6月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値が予想を上回ったことなどが好感された一方、アメリカ疾病管理予防センター CDC が感染第2波に対する警告を発したことが警戒され、一時マイナスとなるなど荒い値動きとなった。 日米株式市場ともに前週は週後半にかけて波乱の展開となった。 米国では新型コロナウイルスの2次感染が広がっていることが懸念されて、V字回復期待が後退しリスクオフの展開に転じた。 パウエルFRB議長は10日、新型コロナウイルスの感染拡大により労働市場が回復するまで景気刺激策を継続する意向を示したが、経済回復が遅れるとの懸念が増す形となった。 東京市場では、相場の下支え要因として働いていた為替の円安が円高傾向に変化したほか、12日のメジャーSQに向けての買い戻しが一巡して、需給面でも転換期を迎えた。 また、日経平均はテクニカル的にみても、累積売買代金が多く利益確定売りが出やすい価格帯である23000円台を回復したことで、一段の上値追いにブレーキがかかりやすい。 米国などでの感染第2波拡大の懸念が抑えられるかが、ここからの相場センチメントを大きく左右してこよう。 このほか、11月の米国大統領選挙への影響も警戒される。 一方、15日から2日間の日程で日銀金融政策決定会合が予定されているが、相場に対してネガティブな材料が出てくることは予想されていない。 15日に中国、16日に米国の5月小売売上高の発表があるものの、米雇用統計、FOMC、メジャーSQといった金融・相場イベントを通過し、スケジュール面で見た波乱要因はここからは少ない。 新型コロナウイルスの感染拡大について都民に警戒を呼び掛ける「東京アラート」が11日に解除され、日経平均は下値抵抗力を試す展開に転じてくることになりそうだ。 18日の大引け後には5月半導体製造装置販売高の発表もあり、半導体関連株の動向がひとつの関心事となる。 一方、ここから月末に向けて3月期企業の株主総会が活発化してくる。 一般的に総会シーズンの相場は堅調というアノマリーがあり、個別株物色が高まりやすい傾向がある。 物色も方向性を模索する展開が予想される。 マザーズやジャスダックでは感染第2波の懸念からバイオベンチャー関連株が売買代金上位に増えてきた。 翌週24日からのIPO再開を見据えて、直近IPO銘柄にも物色人気が巡ってくる可能性がある。 一方、米国など海外主要スケジュールでは、15日に中国5月小売売上高・工業生産・都市部固定資産投資、米6月NY連銀製造業景気指数、16日に米5月小売売上高、米5月鉱工業生産・設備稼働率、米4月企業在庫、17日に米5月住宅着工件数、米5月建設許可件数、18日に米6月フィラデルフィア連銀製造業景況感指数、米5月CB景気先行総合指数、19日に米1-3月期経常収支の発表が予定されている。 <FA>• 株式投資やビジネスに役立つ最新の株式ニュースを個人投資家にお届けします。 ヘッドラインではみんかぶならではの注目ニュースを紹介しています。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

田中貴金属工業株式会社|マーケット市況情報

世界 の 市況

海外の市況のうち特にナスダック総合指数やNYダウ30種類平均をを含んだ米国の市況は翌日の日本の株式市場に影響を与えます。 米国がくしゃみをすると世界が風邪を引くとも表現される程です。 なかでも米国市場に上場している日本企業の証券(ADR)は特に日本の株価と連動性が高い為にADR銘柄の動向は注目されます。 SOX指数 フィラデルフィア半導体指数 とは、フィラデルフィア証券取引所の半導体の設計、流通、製造、販売を手掛ける19の代表企業株で構成される指数。 セミコンダクター(半導体)の先行きを占う指数として、とても注目度の高い指数です。 ラッセル2000指数とは、フランク・ラッセル社が毎年5月末に米国株9000社のうち時価総額上位3000社の株式をランク付けし、そのうち下位の2000 社でつくった株価指数がRussell 2000 と呼ばれ、米国小型株の代表的な指標とされています。 中南米 株価指数 ボベスパ ブラジル 22:00~ メルバル アルゼンチン 23:00~ IPC メキシコ 23:30~ BRICsやIBSACといった用語が注目されています。 新興市場国として将来が期待されている国の総称です。 【 BRICs】 <ブリックス> ブラジル(Brazil)・ロシア(Russia)・インド(India)・中国(China)の頭文字から経済成長が著しいブラジル・ロシア・インド・中国の 4 か国の総称。 レポートでは現状のまま経済が発展していくと,2050 年には世界の GDP 上位 6 位までにこの 4 か国が入ると予測されており,今後の世界経済の動向に大きな影響を与える新興大国群として注目されている 【 IBSAC】 <イブサック> ブリックスに対して・ロシアを除いて南アフリカ(South African Republic)を追加した 4 か国の総称。 原油市場の価格の変動要因には世界の景気動向、産油国の生産動向、最大の消費国である米国の在庫量、国際政治情勢などが挙げられます。 一般的に原油価格の上昇は、インフレ懸念から株安に影響します。 原油価格は世界経済に大きな影響を及ぼす商品でその影響は重要な株価変動要因のひとつとしてとらえることができます 金先物相場は外国為替相場がドル安円高になれば国内の金価格は一般に下落し、逆にドル高円安になれば国内の金価格は上昇するというドル相場と逆相関係にあるのが普通です。 また政情不安、インフレ、生産減少なども金価格の上昇の要因となります。 CRB先物指数は、Commodity Research Bureau社が算出する商品先物指数。 商品市況の指数では最も注目される指標であり商品市場への資金流入やインフレの傾向を計ることができます。 この指数を構成する19品目は、原油、無鉛ガソリン、暖房油、天然ガス、金、銀、銅、アルミニウム、ニッケル、トウモロコシ、大豆、小麦、綿花、生牛、豚、コーヒー、ココア、オレンジジュース、砂糖。 日経平均株価指数は、東京証券取引所1部上場銘柄のうち市場を代表する225銘柄で構成される株価平均指数です。 構成される個々の銘柄株価は業績好不調や企業への期待増加や失望などの要因により騰落し、日経平均株価は変動します。 日経平均の動向を予測するためには、各企業の株価の動向を知ることも大切ですが、株式市場全体に大きな影響を与える要因を把握することも重要です。 主な要因の例として急激な為替の変動(円高・円安)や原油価格の高騰、世界の株価指数の急落(ニューヨーク市場・NYダウの急落)などがあります。 このような日経平均株価に大きな影響を与える世界経済の市況は日頃からチェックをしておき、急な変動に対処できる準備が必要です。 このページを見れば本日の世界市況の流れが一目瞭然!というサイトを目指して世界の株価指数や主要指数の当日チャートを一覧にしました。 日々の株式投資、為替取引、先物取引 等のお役に立てれば幸いです。 リンクフリーです。 他サイトへの リンクは広告も含めて全て新しいウィンドウで開きます。

次の