デレステ 編成例。 【デレステ】イベント「不埒なCANVAS」攻略

【デレステ】放置編成の最適な編成方法は?

デレステ 編成例

ハイスコア狙いの編成 コンボが全く発生しない場合に比べて、フルコンボ達成時は約1. 41倍もスコアが大きくなります。 そのため、ランキング入りを狙うためにはフルコンボが前提条件になります。 僅差の争いでスコアを狙うなら、• 最適な編成 ユニット が組める• ライブでフルコンボを出せる ALL PERFECTが望ましい• スコアに影響するが最大限発動する など、複数の条件を満たす必要が有ります この項目では、スコアの期待値を最大化する編成を解説します。 基本的にはアイドルは制限せず、/ポテンシャルなどの育成は完了している前提での話となるため、自分の環境に合わせた編成を計算したい場合は「デレステ計算機」などのツールを利用してください。 センター効果「アンサンブル」「プリンセス」や「フォーカス」など、強力な代わりに「属性一致」編成でないと発動しない効果も存在します。 Vo、Da、Viのどれか一つの値が極端に高いアイドルを「特化型」と呼びます。 これに対し「平均型」もあります。 センター効果が「アンサンブル」「プリンセス」「ブリリアンス」だけの場合、属性さえ一致すればよく、この場合は特化型より平均型のほうが総アピール値では上のことが多くおススメです。 現在の理想編成によく使われるセンター効果「レゾナンス」をセンターかゲストで使う「レゾナンス編成」の場合、できれば特化も合わせておきたいです。 ただ、レゾナンス編成の場合、の強さや周期のほうが重要なことが多く、イベント補正がなければ特化より優先になることが多いです。 全タイプ曲の場合、「トリコロール」系 ボイス/ステップ/メイク のセンター効果/を活用するのが理想で、その場合3属性全てを入れる必要があります。 トリコロールは ゲスト含めて3色揃っていれば良いので、自分側2色+ゲスト1色でも効果が発動します。 その代わり、属性はゲスト含め3種類入れさえすれば良く、アイドルの揃っていない間はこのほうが組みやすいことは多いです。 通常、曲には特化指定がないですが、イベント「LIVE Groove」のburst補正やイベント「LIVE Carnival」のブース補正で特定アピール値のみ補正がある場合、その補正はセンター効果に比べてかなり大きいため、最優先して合わせる必要があります。 手持ち次第ではセンター効果は別の特化型が最適の場合もありますが、その場合でもイベント補正に合った特化型を優先して入れたほうがアピール値が高くなり、全体としても良いことがほとんどです。 特に両方を兼ねるものはそれぞれの倍率は低めなものの、合計すれば片方しかないの中で倍率の高いものと比べても更に高くなるため、非常に強力です。 単色の場合フォーカス、トリコロールの場合トリコロール・シナジーは必須で、ゲストありの場合ここが2人欲しいです。 コーディネイトは単色・トリコロールを問わず使える代わりフォーカスやトリコロール・シナジーよりは弱めですが、それでもほぼ確実に編成に入ります。 空いている1~2枠は強いSCOREボーナス系かCOMBOボーナス系を入れることになりますが、この辺りまで来るとの強さより周期合わせ優先になる場合もあります。 レゾナンス編成でない場合、SCOREボーナス系+COMBOボーナス系をそれぞれ最低2人以上、強化系 アンサンブルorトリコロール・シンフォニーorスキルブースト を1人入れた組み合わせにしましょう。 ライフ回復などこれらに含まれないを入れる場合、両方を兼ねるものを活用してでも両系統2人以上は確保したいです。 放置編成などの特殊編成では確保できないことも多いですが…。 ポイント3:周期を考慮する レゾナンス編成の場合、同時に発動している全ての効果は加算された上でSCOREボーナスとCOMBOボーナスが乗算されるため、周期はできるだけ同じ秒数に合わせたほうが良いです。 特に、効果を大幅に上げるアンサンブルやトリコロール・シンフォニーの効果を最大限発揮させるため、できるだけそれらと他のを同じ秒数にしたいです。 ただし、ポイント2で挙げた種類のほうが重要であり、それを満たした上ではどうしても秒数を合わせきれない場合も多いです。 レゾナンス編成でない場合、同じは複数同時に発動しても無駄になってしまい、が発動していない時間が多くなることになるので、同じ周期・系統 SCOREボーナス/COMBOボーナス 同士の組み合わせは避けましょう。 アクト系のは他アイコンの場合の倍率がかなり低いため、数に余裕があれば重ねておいたほうが良いです。 高確率は安定して点が出るが、期待値・理論値は少し劣る…という傾向があります。 ポイント4:スコアを極めたい場合、アピール値にポテンシャルを振り切った上で何度もフルコンする。 そででなければポテンシャル発動率を10にしてフルコンする。 発動率を上げていない場合、むしろ何万点も低い点が出るのが当たり前です。 そういう場合、基本的に理論値近辺はまず出ないものと思いましょう。 の良い発動を目指して、ひたすらフルコンプレーを繰り返す事で少しでも理論値に近づけますが、1位とか1桁順位を目指すのでなければ発動率10にして一発で理論値近辺を出すほうが楽です。 アピール値にポテンシャルを使わない分少し理論値が減りますが、金トロフィー程度の目標だとそれは誤差ですし、単にファン数稼ぎをしたい場合も平均点の高い発動率10がおススメです。 の重要なレゾナンス編成の場合に至っては、発動率10でないとあまりにスコアが不安定になり、ほぼ間違いなく理論値から遥かに外れることになります。 詳細不明 ライフスパークル使用時の最適ライフ値 ライフスパークルによるCOMBOボーナス値は、現在ライフによって影響を受ける。 ライフスパークル編成時に理想値を出すためには、によってライフ値を一定値以上にする必要がある。 ゲストあり、のみを基本として編成した場合のライフ量・ポテンシャルでの必要分は以下の通り。 オーバーロード使用時は減少分も加味して311以上にする。 アピール値へのポテンシャルがその分削られるので、COMBOボーナスのアイドルに変えた方がスコアが高くなる可能性がある。 ライフ回復以外の部分をにした場合 1人につき-5 も同様。 ゲストが使用できない場合やスパークル使用時などでどうしてもライフを305や311まで上げきれない場合、いくらまで上げれば有効かを検討する材料に。 属性一致系は全てのアピール値が均等に上昇するため、アピール値特化を編成に考慮する必要がなくなるのが利点。 は必ずフォーカスとなっているので、属性を統一しないとセンター効果もも発動しなくなる。 曲の属性は問わないので、全タイプ曲でも問題なく使用できる。 また、属性が一致しないアイドルは対象とならない。 は必ずアンサンブルのため複数人編成する必要はないが、属性曲・属性一致のセンター役として最適。 倍率は低いが、アピール値アップだけでなく、属性ごとに追加の効果が発動する。 はCOMBOボーナス。 全タイプ曲以外では、属性一致ボーナスが得られないアイドルが出てしまうのでスコアが下がってしまう。 アピール値が特化型のアイドルほど恩恵が得られる。 逆にいえば、属性・スキル発動間隔だけでなくアピール特化も考慮して編成する必要がある。 上記以外 レゾナンス 特殊 ゲストを含んで 5種類のが編成されていないと発動しない。 アピール値が特化型のアイドルほど恩恵が得られるが、最も特化された「トリコロール・シナジー」持ちは最大でも2人までしか編成できず、ゲスト不可のライブでは、さらに編成が難しくなる。 特にGRAND LIVEは効果と仕様が噛み合っておらず、スコアを出せる編成の難易度が高い。 名称 倍率 解説 COMBOボーナス コンボナ 系 COMBOボーナス 18% 条件問わず多様な編成で使える。 限定とフェス限で効果は同じになった。 イベント報酬のコンボナは初心者Pの心強い味方である。 スパークルの登場により回復効果に積極的な意義が与えられたが、回復力・ライフ量の高い純粋な回復を入れたほうが良い場合が多い。 編成に制限のかかるシナジーと比べると、能力は下位互換になってしまう。 ライフスパークル 可変 ライフ値が多いほどコンボナ倍率が高くなるので、回復系の持ちと同時に編成する必要がある。 ベストパフォーマンスを発揮するにはライフ値のなどでの調整が求められる。 時々理想編成に入る場合があったが、現在はレゾナンス編成だとコーデ、レゾナンス以外でも単色だとアンサンブル2人、トリコロールならシナジーが有力。 のセンター効果:チアーはライフ量増加であり、ライブカーニバルのライフ量に応じてアピール値が増加するブースでのみ推奨。 イベント報酬のスパークルはセンター効果がトリコロール。 もでありながらライフ回復系が入ればコンボナ以上の倍率にもなり得る。 ライブカーニバルなどでフェス限コンボナが足りない場合の貴重なセンター要員になる。 チューニング 12% スコア倍率は低いが、のPERFECTサポートと同じ効果が付属しており、PERFECTサポート効果のあるとしてはカバー率が高い。 同じ発動間隔のコンセと組み合わせるとコンセの欠点を埋めながらコンボナも得られ、効率が良い。 のものはGREATでも効果を発揮する。 は入手しやすい割にCOMBOサポート効果がと同等のため、フルコン狙いなら育てる価値がある。 センター効果:レゾナンスで複数のオーバーロードを重複させると、MISSが発生してもコンボが継続するため、フルコンボ狙いに有効。 GREAT判定になるとコンセを含むほとんどのスコアボ系・回復系のが効果を発揮しなくなるため、スコアへの影響も思った以上に大きい。 縮小した判定でAPできる腕前があればオバロを上回る活躍も狙え、理論値としてはよく編成に入る。 同じ発動間隔のチューニングと組み合わせるとPERFECT判定の縮小が実質無効化されるため、常にAPできる人以外には併用を推奨。 事前にリハーサルや計算機などでスコア確認したほうがいい。 他のスコアボ系と比べ、同秒数・同確率の場合の継続時間が長く、7秒に至ってはスキブと並ぶカバー範囲。 その上、GRANDライブの譜面や、SMARTのTRICK譜面には過半数のアイコンがスライドのものがいくつもあるため、GRANDやSMARTのハイスコアを出すのにはスライドアクトは必須。 ただし、必要な特化アピール値も高く、特化が同じシナジー持ちを複数必要とする。 センター効果のレゾナンスには組み合わせ次第で通常の単色編成やトリコロール編成以上のスコアを出せたり、 従来とは異なる放置編成やフルコン用編成も可能なほどの力があるため、ゲストで用いられる場合が多い。 PARTYでもセンター効果は、条件がなくなる上、大きなポジションボーナスによりデメリットも気にならなくなり、スターエンブレムに対する特別ボーナスもあるため強い。 全タイプ曲以外ではセンターこそユニゾンに出番を取られるがほぼ必須、全タイプ曲でも各属性用の編成を使う場合はセンターに置くことになる。 少し低倍率ながらスコアボとコンボナを両立したであり、他のが発動しない時間の穴埋めや、レゾナンス編成での倍率上げに役立つ。 2人同時の起用も可。 通常編成でもスコアボよりもコンボナの倍率の方が高く、コンボナよりは高いため、コンボナ系が足りない場合の代用候補にはなる。 一部のセンター効果 〇〇アビリティ は放置編成に転用可能ではあるものの、同属性と全タイプの曲にしか使えず、トリコロール・アビリティを使ったものだとポテンシャル振りで各属性に対応可能なため、実用性は低い。 効果量は少し小さいがスコアボ・コンボナに加えライフ回復まで有する、万能。 トリコロール編成復権の象徴で、センタートリコロールに2~3人入れるのが理想編成だった頃もあり、 全タイプでの理想編成がプリンセスセンターレゾナンスゲスト+アンサンブルだった時期でもレゾナンスセンター+シナジー2を中心とした編成はそれに次ぐスコアが出ていた。 同条件で発動し、効果を非常に高めてくれるシンフォニーが出たことでトリコロール編成が理想編成へと返り咲いた今、再び必須の1つとなっている。 獲得ファン数が増えるのセンター効果「チャーム」も有用で、PARTYではレゾナンスとセットだとスコアも最高になるため非常にファン数を増やせる。 その他 スキルブースト スキブ 他のと同時発動する必要があり、レベルの低い間は効果を実感しにくい。 かつては1人必須であったが、今ではスコア編成の上ではアンサンブルかシンフォニーに譲ることになった。 のものはカバー率は他の同秒数・同確率と同じで、秒数としても他と同じ系統のためと同感覚では使えず、どちらかというと編成制限のない代わりすごく弱いトリコロール・シンフォニーとも言える。 どうにせよスコア狙いではセンターには置かないが、クリア・フルコン狙いの場合にセンターに置く編成もあり、今ではこれがスキブ独自の使い道。 アンサンブル スコアボ・コンボナ系のみにしか効果が無く、カバー率もスキブよりも低く他の同秒数・同確率と同じだが、その分効果が高い。 また、センター効果のユニゾンは同属性の曲においてプリンセスを上回るため、現環境では単色編成のハイスコア狙いなら必須と言える。 1人だとカバー率が低い故、ゲストなしの上特別なボーナスもないParadeイベントでは理想編成に2人入る場合もあった。 同属性のアイドルのみに有効なためスキブの単純な上位互換ではないが、全タイプ曲のトリコロール編成の場合でも、ゲストをうまく使いユニット内の他3人をアンサンブルの属性と合わせることで、スキブ編成のスコアを上回ることも。 これは他の秒数よりカバー率が高い代わり、レゾナンス編成を組めるような同秒数の種類が存在しない。 ゲストありの通常ライブや特別補正のあるイベントではその他の秒数でレゾナンス編成のほうが良いが、ゲストも特別補正もないLIVE PARADEでは特に活躍できる。 トリコロール・シンフォニー 効果だけ見ればスキブとアンサンブルのいいとこ取りだが、カバー率はアンサンブル同様低め。 現環境では全タイプ曲でのハイスコア狙いなら必須と言える。 トリコロール編成必須のためスキブの単純な上位互換ではないが、各タイプ曲でもゲストをうまく使いユニット内の4人を曲属性と合わせることで、スキブ編成のスコアを上回ることも。 ライフ回復 ライフが従来の2倍 :86、:88 へ修正された。 スパークルとの併用でクリア狙いに加えてスコア狙いでもそれなりに活躍可能。 の入手機会は極めて限られるが、入手の容易なでも代用は可能。 ダメージガード ダメガ にしか存在しない。 これもライフが従来の2倍 :86 へ修正された。 クリア狙いならばとても便利。 スキブやシンフォニーと同時発動時にPERFECTでライフが1回復する。 COMBOサポート コンボ継続 R・のみ。 フルコン狙いならば編成候補になるが、NICEにしか効果がなくカバー率も低めで秒数も10秒と12秒のものしかないため、オバロ+回復などのほうが良い。 PERFECTサポート パフェサポ 、判定強化 フルコンやParadeの公演目標クリアを狙う場合、編成候補になる。 とスキブやシンフォニーの併用でMISSまでPERFECTへ変えるようになり、フルコン狙いだけでなくクリア狙い・放置編成に使えるように。 アンコール 直前に発動したを繰り返す。 他の同士の発動周期によってどのを繰り返すかが変化するため安定した効果を望むのが難しい。 その上カバー率がPERFECTサポートと同レベルに低いため、特定のを繰り返すように調整してもそでスコアは伸びない。 レゾナンス単色編成においては、周期が一致しているのでコピー対象をセンターに固定できる、枚数制限があるため代わりにコピー元を入れればいいとはならないなどの理由からそれなりに有用。 他も同様。 普通にプレイする上ではSCOREボーナスとCOMBOボーナス、それらの組み合わせであるフォーカスやトリコロール・シナジーが有効です。 これらにはプレイ上のデメリットはなく、発動条件さえ満たすよう編成すればスコア上昇効果を充分に享受できます。 SCOREボーナスやCOMBOボーナス、特にSCOREボーナスには条件次第で多数上位互換になるものがありますが、プレイ上のデメリットを負うものや、譜面次第でかえって弱くなるものもあります。 トリコロール・シナジーを持つアイドルはアピール値がボーカル・ダンス・ヴィジュアルのどれか1つに極端に偏っているため、その偏りに合ったトリコロール編成ではアピール値も大きく伸ばせ、複数人入れるのが理想編成になるほどです。 モチーフも特定のアピール値を強く求められるため、トリコロール・シナジーとの併用、できればシナジー2人以上とが基本です。 コーディネイトは条件なしで両方を兼ねているものの、倍率、特にSCOREボーナスのが低いため、レゾナンス編成以外ではあまり強くないです。 のCOMBOボーナスよりは強い程度です。 オーバーロードはスコア面でもSCOREボーナス以上でコンボ継続もしやすいですが、理論上は最高スコアを出せるものではなくなりました。 オーバーロード1人だけならフルコン時最後までライフ0にせずプレイできることが期待できますが、オーバーロード2人入れると途中でライフを食いつぶして効果を発動しなくなるので、入れるなら1人だけにしておいたほうが良いでしょう。 回復系とセットならデメリットはないに等しいですが、そうでない場合は3ミス程度でライフが尽きてしまう危険も。 入れない編成でAPできるまでは考えないほうがいいですが、理論値という意味では11中ならオーバーロード7中以上になりました。 スコアを極める場合必須になることも…。 ライフスパークルは回復系の併用が求められます。 単体ではCOMBOボーナスより弱いものの、回復系との組み合わせだとCOMBOボーナスより強くなります。 ライフ量に気を付ける必要もあるものの、レゾナンス編成以外では同じ分類の効果は重複しないこともあり、その場合他にCOMBOボーナス系があればCOMBOボーナス2人より回復+ライフスパークルのほうが良く、これが理想編成に入っていることがあります。 今は全タイプ曲ではトリコロール+レゾナンス編成が理想なため出番は少なめですが、周期などの都合も含め、ノーツ数多めの譜面をプレイする際はコーディネイトの代わりに入れるといい場合もあります。 アクト系はスコア面では譜面依存が強いです。 一般的には対象のアイコンが3割弱程度あれば7中オーバーロードより強いです。 理論値的には11中コンセントレーションより強くなる譜面はかなり少ないですが、デメリットは特になく、他のだと中確率になる周期で高確率なため、安定度は高いです。 弱い秒数ほど相性のいい譜面の割合は低くなり、11高と9高はかなり拮抗していますが、7高が強い譜面はわずかです。 秒数が長いほど初回発動が遅く、その分実質のカバー率が下がる傾向にあります。 レゾナンス編成やアンサンブル、トリコロール・シンフォニーによって他のと秒数を合わせることが重要になってきたため、秒数合わせができないことが多い13高はこれらの編成では不利です。 4高は同一ので比較した場合は高確率で最も強いですが、新規には全く追加されないためごく一部のにしかありません。 中確率は高確率よりもカバー率が高く強力ですが、新規追加のには全く実装されないか、されても弱めの11中か6中のどちらかのみで選択肢があまりありません。 11中は11高と秒数合わせができますが、6中は秒数合わせができないため編成によっては高確率に劣ります。 フルコン狙い編成• が「COMBOサポート」「PERFECTサポート」「オーバーロード」「チューニング」のアイドルを採用しましょう。 特に毎回同じ地帯でコンボが切れるなら、ちょうどその地帯で効果を発動するものを採用するとよいです。 「スキルブースト」はオバロ以外を強化し、1段階下の判定までサポートしてくれるようになるため、所持していれば是非とも採用すべきです。 発動率にも楽曲タイプ一致効果があるのでなるべく楽曲と同じタイプのアイドルを採用するべきです。 オーバーロードは、特定の難所以外はミスしない方はそこに合う周期の1人を使用するのもよいですが、オバロを2人以上編成したり、BADを複数回出してしまう場合は回復役を入れるのが無難です。 高難度では高レベル回復1人でオバロ2人分以上回復してくれるので、オバロなしでクリアできるなら無問題です。 ゲストをレゾナンスにして、秒数一致のチューニングやオバロを2人入れる、オバロとCOMBOサポートを入れる、スキブ2人とチューニングやCOMBOサポートを入れるなどすると、チューニング、オバロ、COMBOサポートでMISSまでカバーすることが可能になります。 ゲストなしのLIVEでは同一を2つ入れることができず成立しません。 PERFECTサポート+スキブ編成でカバーできない箇所のMISSでもチューニングやオバロによってカバーできる可能性があります。 オバロとCOMBOサポートでMISSでもコンボが継続するようになりますが、ロング・スライドノートの始点でMISSすると終点が消失するためフルコンボになりません。 クリア狙い編成• 「ライフ回復」、「ダメージガード」、の「PERFECTサポート」と「スキルブースト」のセットを採用しましょう。 1枠のみ入れるのであれば「ライフ回復」が最も安定します。 「ダメージガード」は一度減ったライフは戻せないため、「スキルブースト」か他の回復効果のあるとセットで使うとよいでしょう。 「ライフ回復」は実質ライフを2~3倍以上にしてくれ、「ダメージガード」は曲の半分程度の部分でのダメージを無効化してくれるため、これらを組み合わせたユニットで普通にやっている限り、ライフが0になることはほぼありません。 「オールラウンド」、「トリコロール・シナジー」もライフ回復の効果はありますが、「ライフ回復」のものよりは効果がかなり低いです。 それでも実質ライフが倍近くにはなるので、何もないとぎりぎりクリアできない程度の場合は確実に足りるでしょう。 まだ少し足りない場合は複数組み合わせたり、「スキルブースト」による強化がおススメです。 「PERFECTサポート」は以下にもあるものの、それだとBAD以下はそのままなので、回復系とセットでなければクリア狙いとしての効果はほぼありません。 ニュージェネレーション ステージオブマジック ・ニューウェーブの「PERFECTサポート」は単品ではBADを消してくれるだけで、そで有効ではないです。 「スキルブースト」をの「PERFECTサポート」と組み合わせるとMISSも拾えるようになるため、クリア狙いの場合セットで使うことが前提でしょう。 発動率にも楽曲タイプ一致効果があるのでなるべく楽曲と同じタイプのアイドルを採用するべきです。 「ライフ回復」はにもあるものの限定にしかなく、「ダメージガード」はそもそもにしかないため、スコアはかなり下がることが多いです。 GRAND LIVEでは 秒数を合わせた同系統のを3つのユニットに1人ずつ入れることを意識しましょう。 秒数が違うと発動が被ってカバー率が下がります。 この場合、もう一方にアピール値を上げるセンター効果を持つアイドルを入れることで、MASTER以上の難易度でもスコアSが同時に狙えるようになる場合もあります。 放置編成• ここでいう放置編成とは、LIVE中に画面を全くあるいはほとんど操作せずにクリアしてSCORE Sを達成できるユニットを指します。 「PERFECTサポート」は「スキルブースト」と同時に発動することで、MISSをPERFECTへ変えてくれます。 したがって、画面を触ろうと触るまいとスコアが増加します。 これが放置編成の核心です。 「スキルブースト」で効果を強化し、「PERFECTサポート」でダメージを回避しながらスコアを稼ぎ、「ダメージガード」でダメージを防ぎつつライフを回復してSCORE Sを狙うのが放置編成の全体像になります。 センター効果「レゾナンス」と同一秒数の「チューニング」を2人入れるタイプの放置編成も存在します。 スキルブーストを入れない ゲストの方に起用 ためライフに余裕がなく、スコアSで死なずにクリアできる楽曲がPERFECTサポート+スキブ編成よりも減ってしまいます。 ParadeやCarnival、GRAND LIVEではゲストがないためこの編成は成立しません。 センター効果「トリコロール・アビリティ」または「キュートorクールorパッションアビリティ」を起用し、アイドルのが確実に発動するよう調整することで放置が確実に成功します。 ただし、最初にが発動する時間 ダメージガードの7秒 以前に被るダメージは防ぎようがありません。 ですから、が発動する前にライフが0になる楽曲を完全に放置することはできません。 基本編成例• 「トリコロール・シナジー」があるとなおよいです。 楽曲によってアイドルごとに必要な発動率のポテンシャルが変わります。 全タイプ曲とアイドルの同じ属性の曲は必要量は少なく済みます。 スコアを伸ばすため、ゲストは合計アピール値が1番伸びる物を選んでください。 1番高いアピール値を伸ばすトリコロールがいいでしょう。 ダメージガードは7中を使います。 カバー率が1番高く、発動も1番早いからです。 PERFECTサポートの片方1枚とトリコロール・シナジーはスコア的に9秒推奨ですが、他の秒数でもできます。 ただしシナジーの7秒はかなり不利です。 スキルブーストは8秒推奨ですが、10秒でも可能です。 ただしスコアと放置可能曲が減ります。 スキルブーストが7秒の場合は工夫が必要なので別編成で紹介します。 放置可能楽曲の一例• Mas• Mas• 単色編成• 「フォーカス」があるとなおよいです。 全員を同じ属性で所持している必要があるため編成難易度はむしろ高いです。 「トリコロール・シンフォニー」を使った編成• ゲストにアビリティ系のが必要なため、一部イベントでは放置できません。 ポテンシャルが必要になりますが、アピール値も伸ばせる「クール・クロス」が推奨です。 必要となるは「トリコロール・シンフォニー 9高 」「PERFECTサポート(9高)」「PERFECTサポート(12高・15高)」「トリコロール・シナジー 9高 」「ダメージガード 7中 」です。 やはり編成難易度は基本編成より高いです。 放置可能曲は多いですが、スコアが伸びにくいです。 放置可能楽曲の一例• Mas• メンバー次第でゲストがトリコロール・アビリティでもSランク放置が可能。 Mas• PERFECTサポート 12高 無しでも可能。 ゲスト無しでSランク放置も狙える。 PERFECTサポート 12高 無しでも可能。 センターをにすればゲスト無しでSランク放置も狙える。 その他・低資産編成• Groove等で回復系を入れる場合、SCOREボーナス系とCOMBOボーナス系の数をできるだけ合わせましょう。 例としては「SCOREボーナス2、COMBOボーナス2、ライフ回復1」や「フォーカス1、SCOREボーナス1、COMBOボーナス2、ライフ回復1」といった感じです。 あまりにアピール値が低いとハコユレが溜まり辛いです。 Grooveでオーバーロードを入れると、レベルが低くとも3+1曲終える頃には、10まで上げていれば2曲目の途中で、1ミスで死ぬほどライフが減ります。 回復との併用を激しく推奨します。 発動しないとスコアも上がらないので、Grooveではトリコロール・シナジーとセットでないとハコユレLv上げやスコアタにはほとんど使い物になりません。 昔は3曲目終盤でわざとコンティニューしたり、3曲終了後ジュエルによる回復を行ってのイベント曲の理論値狙いもあったようですが、Grooveでのスコアを大幅に上げるトリコロール・シナジーのある現状では、それなしでスコア狙いは意味がないため、もう行われていないはず…。 のCOMBOボーナス系抜きでスコア編成を組む場合は、基本的にイベント上位COMBOボーナスを2人使用します。 PaDa特化の例:、、、、• 昔はCOMBOボーナス系は限定のCOMBOボーナスしかなかったですが、今はのCOMBOボーナスよりスコア倍率も上のコーディネイトや、スコア倍率は少し落ちるものの少しの回復も得られるオールラウンドなど、にもあります。 回復系が入れられる場合、MASTER上位以上程度のノーツ多めの譜面ではスパークルもCOMBOボーナス並に活躍できる場合もあります。 そんなに持っていないと言う方は、更に妥協した編成になります。 CuVi特化恒常1人のみの例:、、、、• この時にのように全く同じ種類のの秒数周期が被る編成はイマイチです。 それらのアイドルしか居ない場合、能力が特化に一致していなくても違うのを入れる等した方が良いでしょう。

次の

[デレステ]シンデレラエールを用いたPLv上げ効率比較

デレステ 編成例

ちなみに、こちらのサイトは放置編成の種類が載っていて、 非常に参考になる。 もし、細かい情報が知りたい方はこちらを参考にしてほしい。 1 放置編成とは デレステには 放置編成というのがある。 これは、 ライブ中に一切画面に触れることなくライブのクリアを目指す編成のことである。 具体的な編成例として次のものがある。 (以下は、7中ダメガ・シナジー型放置編成と言われている編成である)。 5名のアイドルの特技は次の通り。 センター愛梨・SSRのスキルブースト 凜・SSRのパーフェクトサポート(12秒) 卯月・SSRのパーフェクトサポート(9秒) 琴歌・SRのダメージガード(7秒中確率) 美穂・SSRのトリコロールシナジー ゲストにトリコロール・ステップ(ボイス・メイク)のアイドル 放置編成のからくりは次のとおりである。 ・スキルブーストとパーフェクトサポートの重ね掛け(両方の特技が発動したとき)により 通常MISSになるノートをPERFECTに変換する ・ダメージガードによって MISSになってもLIFEが減らないようにする ・ダメージガードとスキルブーストの重ね掛けにより PERFECTになったときにライフを1回復させる ・トリコロールシナジーはNOTEがPERFECTに変換されたときのスコアアップとライフ回復に寄与する (トリコロール系のアイドルをゲストにすることで合計アピールポイントを増やす) 放置編成の場合、 スキルブースト・ダメージガード・パーフェクトサポートが要である。 そして、上の編成を組んだ結果は次の通りである。 注釈、 今回の編成ではスコアSになっているが、スコアはメンバーのアピールポイント・ポテンシャル・サポートメンバー・ゲストの能力にも依存するので、放置編成を使えば必ずスコアSが取れるものではない 例えば、今回の結果は所謂8秒スキブを使ったものだが、これを10秒スキブに入れ替えた場合スコアはSにならなかった(詳細は参照)。 今回の編成の詳細をこちらにアップしておく(これだけの編成と数値ならこの程度のスコアが取れるだろうという目安になる)が、スコアの数値自体は参考程度にとどめてほしい。 このように ライブでは一切指を動かさずに、スコアSを取ることができる場合がある。 おそるべき編成である。 この7中ダメガ・シナジー型放置編成の作り方は次の通りである。 私だって、 8秒スキブ+シナジーの放置編成を組めるようになったのはデレステを始めたから2年経った頃である。 一番最初に「SSRのスキルブーストをスカウトする」と述べたが、このハードルがそれなりに高い。 なぜなら、 8秒・10秒のSSRのスキルブーストのアイドルはSSRのフェス限アイドル(フェス限定ガチャでしか登場しないアイドル)だからである。 ところが、最近、 SRのスキルブーストのアイドルが出現した。 具体的には、イベントSRアイドルで卯月・あやめ・奈緒・蘭子などが登場している(20年6月現在)。 そこで、SSRのスキルブーストを用いず、SRのスキブのアイドルたちを用いて放置編成が作れないかと思い、色々試してみた。 今回、このNOTEで書くのはその試してみた結果である。 2 SRスキブに頼った放置編成 SRのスキルブーストの場合、特技(特技レベル最大の場合)の発動時間割合の発動率は低い。 次のサイトによると、特技の発動率は次の感じになる。 SSR8秒スキブ 8秒おき7.5秒間発動 SSR10秒スキブ 10秒おき9秒間発動 SR9秒スキブ 9秒おき6秒間発動 SR11秒スキブ 11秒おき7.5秒間発動 「n秒おきでm秒間発動」というから発動時間割合をm/nと定義した場合、 SSRのスキブの発動時間割合は90%近くあるのに対して、SRスキブは65%程度しかない。 とすると、カバー率(MISSノートがPERFECTノートになる割合)を上げるための工夫が必要になりそうである。 具体的には、SRスキブを2名使うとか。 または、SRスキブを1名にしてパーフェクトサポートを3名(発動時間はそれぞれ別のものを)選ぶべきか。 というわけで、SSRのスキブ抜き放置編成として次のものを考えてみた。 こちらは パーフェクトサポート3名+スキブ1名のものである。 具体的なアイドルを紹介すると次の通りとなる。 センター・卯月(グレートジャーニー)SR・11秒スキブ (センター効果はトリコロールアビリティ) パーフェクトサポート3名(9秒の卯月・12秒の凜・15秒の未央) 7中ダメージガード(瑞樹、特技のポテンシャルは10にしてある) ゲストにトリコロールボイス・ステップ・メイクを特技にもつアイドル これで マスターレベルのALWAYSをライブしてみた(レベル・親愛度・特技レベルは最大まで上げる)ところ、次の結果となった。 NOTEのカバー率は結構下がり、スコアもCランクである。 もうちょっと工夫できないかなと思い、次のパターンを考える。 こちらは パーフェクトサポート2名+スキルブースト2名の編成である。 具体的には次の通り。 センター・卯月(グレートジャーニー)、SR・11秒スキブ もう一人のスキブにあやめ(印象)、SR・9秒スキブ パーフェクトサポート2名(9秒の卯月・12秒の凜) 7中ダメージガード(瑞樹、特技のポテンシャルは10にしてある) ゲストにトリコロールボイス・ステップ・メイクを特技にもつアイドル こちらでも同様にマスターレベルのALWAYSをライブしたところ次のようになった。 NOTEのカバー率は結構増えた。 SSR・8秒スキブを使った場合に迫る勢いである。 他方、 スコアはBランク。 これは、 SRアイドルが3名いるのでアピールポイントが下がったこと、トリコロールシナジーの影響がないためスコアボーナス・コンボボーナスの効果が得られなかったためと思われる。 この点、マスターレベルのスコアランクは上の通りである。 しかし、 プロレベルであればスコアSが取れる場合もあるようである。 (以下、ALWAYSのプロレベルをライブした結果を表示する) プロレベルで放置編成を回すのであれば、イベントなどでも活用できるのかな、と思う次第である。 以上、色々と調べてみた。 その結果を備忘録としてまとめておく。 一応、 SRスキブ2名+SSR判定強化2名+7中ダメージガードの放置編成でもプロレベルであればスコアSを目指せる(場合もあるらしい)。 何かの参考になれば幸いである。 では、今回はこの辺で。

次の

デレステ、SSRスキブ抜き放置編成を試す|みーにん|note

デレステ 編成例

下記方法全てにおいて如何なる被害、損失が生じても私は一切の責任を負いません。 全て自己責任でお願いします。 お久しぶりの方もいるかもしれません。 ぴぃ です。 楽しいですね!最近は新しいアイドルの追加などどんどんコンテンツが進化してます!! そんな中で、皆さん一度はイベントで上位を取ってみたい!と思ったことはあるでしょうか? 今回の記事は自分の体験およびやったことを踏まえてイベントでの上位 一桁のこと や色段 1〜3位 はどうすれば取れるのかについて書いていきたいと思います。 まず皆さんはイベントで走る イベラン についてどう思っているでしょうか? 大変そう、お金がかかる、寝てないんじゃないか、は現実を見ろよ、イキリオタクキモい、などなど色々な意見があると思います。 中には、そんなに金と寿命を削ってまでイベントするとか馬鹿かよと思う人もいると思います。 むしろゲームをやらない人にとってはそれが正常です。 しかし今回の記事はイベランで上位や色段を取りたい人向けに書くので、価値観の違いということで以下の文章は読まずにブラウザバックを推奨します。 それでは解説 とその前に、 うい さんが作成したGrooveイベの記事もあります。 Grooveイベがメインですが、準備などは似ているところもありかなり参考になります。 ぜひ読んでみてください!!• 重要事項は 赤で書きます。 少しでもいい結果に出来るように準備をしっかりしよう! まずイベランするにあたって以下の2点がネックになっていると思います。 では、でのつながりがない人はどうするでしょうか? 答えは簡単、検索サイトなどで調べますよね。 しかし出てくるのは最新の情報ではないです。 下手したら間違った情報までも出てきます。 これによって1曲当たりの消費スタミナが60になります。 記事上でのスパイスパラダイス部分は「 GRAND VERSION のFORTE」に置き換えてください。 GRAND VERSIONのFORTEの曲(スタミナ30消費)における最速曲が時速曲となります。 次々とGRAND LIVEの曲が追加になるのでそのたびに更新は めんどくさい。 適宜放置編成も更新されますがこちらも大体の編成をほかのブログさんやYoutuberの方が解説してくださっているので、そちらにお任せします。 理由としては、 もう自分がをやっていないため、間違った情報を流してしまう可能性があるからです。 ここに至っては未だに snow wingsだったり キミとボクのミライだったり、 などといったことが上でも言われてたりします。 もう一度言います。 最速曲は スパイスパラダイス TRUE COLORS GRAND VERSION の FORTEです。 (2分6秒ですがもらえるエンブレム数が多くなったので効率曲は上記の曲です。 ) また、最新の環境において最も処理が速いと言われている端末は Pro 第三世代です。 上位狙いならば端末に課金する必要はそこまでないですが、 色段狙いならば端末課金は必要だと思います。 ベースのの方が速いとの情報もありますが、自分が検証環境および知識を持っていないため検証できません。 楽曲は Master FORTEを選択し、スタミナ消費は常に2倍 60 にする。 イベント開始前にスタミナドリンクを100回復のもの以外消費しておく 100回復のスタドリは営業でのスタミナ回復に使えます• 必要な石はPレベ、イベント期間、イベント曲の長さ、イベント後半戦の期間などでかなり変わります。 色段狙いなら 多めに用意しておいた方がいいです。 途中で追加してるとその分遅くなります。 上位狙いなら足りなければ追加するでもなんとかなると思います。 また今回の効率曲の変更により多少必要な石の数は増えましたが、そこまで大きくは増えません。 ( エアプなので知ってる人教えて下さい)• 家の回線がものすごく遅い場合は回線業者を変えたり、携帯回線 4Gやなど でイベントを走る。 の設定で必ず押さえておくべきことは、Live設定の表示の欄にある 再開時のカウント設定をOFF、 モードの欄で2D軽量を選択しておく、 オプション欄のタップ音再生設定をOFFにしておく。 また、システム設定で環境の欄の ボイスをオフに、その下の方にある ボイスダウンロード設定をOFFにしておく。 気持ちの強さ 唐突ですが、イベランをする目的 理由 はなんですか? 担当イベだから! ランカーの気持ちを知りたい! イキリたい! 時間も金も余ってる!などなどあると思います。 実際理由なんてどうでもいいんです! ただし、 色段狙いならちょっと変わるので後述 ここで大事なのは どうしても上位や色段を取りたいという気持ち 気持ちが弱いと大体開始48時間以内に辛いし楽しくないしやめようかとなります。 自分も2回ほどそうなってやめたことがあります。 まずは 気持ちを強く持つ ここまでは事前の心の持ちようについてなのでこれ以上は触れませんし、他人に言われてどうこうできるものではないと思うので各自で頑張ってください。 準備編で書きますが、 色段狙いの場合は準備に時間をかけることが多くなり、担当イベだから色を取ろうと思ってもイベントのお知らせが来てからの準備だと間に合わない可能性があるのでそこのところは把握しておくといいかもしれません。 イベラン準備編 ここから本格的な解説に移ります。 まず記事タイトルにある通り、今回の解説はオトメモリ型の150時間イベについてがメインです。 自分語りですが、150時間イベで確実に1位が取りたかったため 準備には4ヶ月程度費やしました。 といっても、イベランの考察、研究等もあったので訓練的な意味では2ヶ月少しですね。 内容と自分のペース配分 ? は書きますがそこらへんは各自で調節してもらいたいです。 色段なら 停止30分以内が限界でしょう。 1位は停止0目安です。 これを達成するためにはどういったことを行えばいいのかについて書きます。 体力トグ まず必要なのが 強いカラダを作ることです。 イベラン中には十分な時間の睡眠を取ることができず体から疲れが抜けていきません。 ここで体自体が不調になったらイベランどころではないのでイベランに耐えれるカラダ作りをします。 内容としては ランニングと筋トレ等です。 専門家ではないのでどういう筋トレがいいのかはわからないですが自分は普段からやってる腕立てと腹筋を続けてました。 特に変わったことはしてません。 ランニングも自分のペースで30分〜1時間程度毎日やってました。 途中に休憩を入れたりもしてました。 ここまでは時間があれば誰でもできると思います。 放置編成について 次に スキブ睡眠の練習です。 見出しと違うじゃん いきなりスキブ睡眠と言われてもわからないと思うので 放置編成からお話しします。 放置編成とは、センターに スキルブースト スキブ を持ついわゆるール・アビリティ フェス限、フェス限のなど を置き、他の4つの枠に ダメージガード SR、SRなど 、 パーフェクトサポート 恒常、恒常大石泉など 、 シンデレラチャーム フェス限、フェス限など をバランスよく置くことで、 ライブ失敗をせずに放置にてライブクリアが可能になります。 それを考慮すると、特技ポテンシャルの振り方は・・・ 特技発動率が 高確率で 同じ属性ならば 振る必要なし。 高確率で 違う属性ならば 6振る必要がある。 中確率で 同じ属性ならば 4振る必要がある。 中確率で 違う属性ならば 9振る必要がある。 当然だが、どれも特技レベルは10 また、すでに知っていると思うが、ゲストは特技には関係ないのでゲストの特技ポテンシャルおよび特技レベルは気にする必要はない。 ポテンシャル振り方の例 画像では特技ポテンシャルの振り方がおかしかったりするが、これはスパイスパラダイスだけでなく、他の属性曲でも放置が出来るように調整してある また ライフ 体力 はライブ開始の画面において 361以上ないとライブ失敗になるため、ライフは SSR2人に10振り、残り SSR1人に8振りが最低でも必要。 ゲストがSRのールの場合はレベルマックスでもライフが39のためそれを考慮したらSR、どれか1人に7振りではなくSSR1人に8振りにしなくてはならない この編成で スコアS条件は合計アピール値がライブ開始前の画面で 255000以上です。 またこの際のゲスト選択のおいてールを効率よく選択させるための方法があります。 それは ールメイクを選択した状態で優先するステータスをボーカルにする こうすることによって、ボーカルのールとビジュアルのールの2種が優先して表示されるようになります。 自分が属性放置を揃えられていないためスクショはないです。 これによって特技発動率が 高確率ならば特技ポテンシャルを 振る必要はなく、 中確率のダメガには 6振る必要があります。 また、 属性放置においては5枠全てがでないといけません。 ライフに関しては上記のールverと同じく361以上振る必要があります。 詳しくは上記のそちらを見ていただきたい。 放置編成が変更になってます。 詳しくは別の記事で書きます。 ちなみに私は編成を持っていません これで、放置編成について分かったと思います。 ここからいよいよ、スキブ睡眠の練習についてです。 スキブ睡眠とは 放置編成を用いて、アラームを100秒 1分40秒 にセットして、 スパイスパラダイスに入ったタイミングで仮眠をとる ここでタイマースタート 、曲の終わりにアラームで目を覚ますといったことを指す もちろんアラームの時間は個人差があります。 スキブ睡眠の練習• 眠たい状況になる。 自分はベッドに入ってウトウトし始めたらって感じでした• を起動してアラームをセットしてスキブ睡眠を始める。 眠気が取れるまでスキブ睡眠を続ける。 最初の方は寝落ちするかもしれませんが、そこは練習の繰り返しで• 眠気が取れたら1. に戻る• 慣れてくるとアラーム直前で起きれたり、どんな眠気でも1時間スキブ睡眠をすれば眠気が取れるようになる。 イベントを複数回経験しないとうまい走り方ができないというのはこの部分の練習をイベント中に自然とやるからだと思います。 初めてのイベントで結果を残したいならあらかじめ練習をしておくのがいいでしょう。 イベント中のスキブ睡眠の仕方、どのタイミングでやるかは、イベラン中編で書きます。 睡眠関係のトグ 続いても 睡眠トグです。 これは1ヶ月かけて行いました。 目的としては、とりあえずどんな状況でも最低でも起きていられるようにしようということです。 全て平日に行い、休日はその反動の分いっぱい寝ました。 1週目:1日1〜2時間睡眠で過ごす。 2週目:1徹おきに睡眠3時間で過ごす。 3週目:2徹おきに睡眠3時間で過ごす。 4週目:3徹して4時間睡眠して3徹して過ごす。 これはリアルが忙しかったらかなり厳しいと思います。 自分は大学生ですが、大学やバイトに行きながらなんとかこなしてました これはかなり極端なので、自分に合った方法で上記の週のうちどれかをやる、1週間おきにやるなどと各自工夫をするといいかもしれません。 期間とかペース配分は各自お任せします。 また、3週目以降の期間においては完全な徹夜ではなく眠たい時はスキブ睡眠1時間を1日3〜4回程度してました。 ごめんなさい。 これによって長時間起きているのが苦にはならなくなりました。 寝溜めについて また、 イベント開始日の5日前ぐらいから寝溜めも行うといいでしょう。 自分は1日約20時間程度はベッドの上にいました。 一般的には寝溜めは効果がないと言われていますが、やらないよりはやった方がいいと思います。 ひたすらベッドで寝る 最初の2日間ぐらいは可能• 眠れなくなってきたら、食事をとり満腹にして眠気を誘う• 深い眠りができなくても、目を閉じたまま体を十分に休める• の気持ちになるですよ イベント開始日の14時までこんな感じでずっと寝ていました。 食事について 続いては、 イベント中の食事に関する準備です。 イベラン中は途中で買い物のために外出するなどということは基本できませんし、しない方がいいでしょう。 そのためイベント期間分の食事をあらかじめ購入しておく必要があります。 また、食事以外にもや湿布なども買っておく必要があると思います。 これらについて説明します。 ここは自分なりにかなり考えました。 結果としてかなりうまくいきました。 色段狙いなら参考にしてください。 大前提として、食事をとったら眠くなります。 しかし、食事を摂らなかったらお腹が空いて体調が悪くなります。 したがって炭水化物は極力少なくしなければなりません。 また、空腹状態を避けるために常にお菓子を食べ続けるなども考えられますが、空腹を満たす量のお菓子を食べることはなかなか大変だと思います。 甘いお菓子を食べればその分食べる量も減りますが、これでは糖分を取ってしまうので眠気が来てしまいます。 これらを考慮すると眠気が起きず、お腹に溜まるものを選ばなければなりません。 もうお気づきですね!そうです、 食物繊維です!!!! ヤクルトさんの昆布にはかなりお世話になりました。 自分は食物繊維と最低限の炭水化物としてコーン缶をベースに、タンパク質で栄養補給をする食事を構成しました。 イベント中の食事としてはメイン3食構成で 朝:昆布 ヤクルト 、牛乳 前半戦のみ 昼:鉄分、サラダチキン 夜:コーン缶 、野菜ジュース としてました。 これにプラスして間食時にはほぼ常に昆布 ヤクルト となどの適当なお菓子を食べてました。 さらに時々といったチョコレート系を1日5個以内など自分で基準を決めて食べていました。 また、主な飲み物は水とキレートレモン。 2日に1回程度冷凍食品の唐揚げを食べてたりもしました。 食事については大まかにはこんな感じなのでこれを参考に自分で好きな食べ物を選んで買っておきましょう。 医薬品や健康サポート品およびあらかじめ用意しておくものについて 次に 食事以外の購入しておくべき物についてです。 主にイベントを支えるもので必要だと思うものを挙げておきます。 目薬 湿布 等 カフェイン錠剤 カフェイン飲料 系 酸素缶 酸素ボンベや携帯酸素と呼ばれるもの などなど、、、 目薬は眼の疲れを軽減してくれます。 また、長時間座ったり同じ姿勢でいたりするため痛みが出る箇所があり、そこに対応するために湿布薬も必要です。 カフェイン系についてはイベント中編で解説します。 はたりない栄養を補ったりや、体の疲れを軽減してくれたりします。 酸素缶は一気に酸素を取ることができるため、瞬間的な目覚ましや集中したいときに有効です。 全て薬局又はドラッグストアで購入できます。 酸素缶は登山系の店で買った方が確実かもしれません 当たりはずれが大きいため また、基本的な操作の メモを作っておくことも大事です。 記憶が飛んだ時に頼りになるのは自分で書いたメモだけです。 の練習 さて、準備編の最後は の練習です。 の練習??ってなると思いますが、正確にはタップの速さやタップ位置を覚えるというものです。 具体的な練習内容• スタミナ回復のタップの練習• コミュのスキップの位置を覚える• 曲に入る際のタップの練習• 営業の練習 まずは1. から これは普段のにおいて練習できます。 スタミナをジュエルを使って100回復する練習です。 速いタップを意識する上でライブ画面での100回復と営業画面での100回復のタップ間隔が違うことも頭に入れておくといいでしょう。 イメージではライブの100回復はタタタタッ、営業の100回復はタッタッタッタッ。 ライブは早くを意識、営業の方は早くというよりテンポ良くというのを意識して行いましょう。 次に2. について これも普段のにおいて練習できます。 なんでもいいのでコミュにいき、右上を押してスキップを押すという練習です。 イベント中はコミュは最初のオープニングの一回しか見ませんが、やっておくといいでしょう。 イベント中はスキップをした後にジュエルの取得画面が出て、真ん中の閉じるを押す必要があります。 そのあとイベントの流れ説明が入るので、右下の次へを連打する必要もありますね 3. について これはイベント時と通常時では異なるので、練習するなら走る予定のイベントの1ヶ月前のイベント時に少し練習するといいでしょう。 について これは通常時でも可能ですが、1ヶ月前のイベント時にやっておくのがいいでしょう。 ジャケットによる曲選択画面では、イベント曲は一番下にきます。 右側にある上下の矢印で一番上から一番下までを一気に移動できますが、途中でとめることもできます。 これによって真ん中付近にある スパイスパラダイスの位置で止められる程度になるように練習しておきましょう。 最後に5. について これは通常時でも可能です。 イベントにおいて営業ではやることが多いです。 営業選択をして、おすすめ編成を押し、スタミナで短縮、リザルト画面で再出発を押す、きちんとスタミナ回復をするなどしっかり練習をしておく必要があります。 営業だけで速い人と遅い人ではトータルで10分程度の差が生まれることもあります。 きちんと練習しましょう! イベラン中編 いよいよイベント中の走り方についてです。 イベントでは平均時速という、1時間に安定してどれくらいのポイントを入れられるかが重要です 時速を落とさないためにはエンブレム イベント曲をするのに必要 を付近までためてそこからイベント曲をエンブレムがなくなるまで行うという作業を繰り返します。 日付が変わった際には営業を行いますが、営業のやり方も重要だったりします。 基本的な流れ では実際の流れを見ていきましょう! 例として、イベント開始を15:00、後半戦開始を24日15:00、イベント終了を26日21:00とします。 エンブレムがなくなったら、再び スパイスパラダイスを選択してエンブレムを9900〜9999個貯める イベント曲を選択して、エンブレム放出を行う。 初日にここまでうまくいくとエンブレム放出中に日付が変わる 21日 0:00 日付が変わってもエンブレムの放出を優先する。 エンブレムがなくなったら営業を入れる。 その後はひたすらエンブレムを9900〜9999個貯めて、イベント曲で全部放出を繰り返す。 日付が変わったらイベントトップでエンブレムが300個もらえるので忘れないように 24日 12:00 後半戦が15:00から始まるのでそのタイミングでエンブレムが9900以上になっているように調整を始める イベント曲を途中で行なったりなどして調整をする。 24日 15:00 後半戦スタート。 ここからは常に 4倍消費で行い、エンブレムの貯める数を9600〜9699にする。 まず エンブレム9600個を消費して、イベントトップに行きエンブレムを300個受け取る その後営業を行う そして再びエンブレムをためて、放出の繰り返し。 26日 18:00 ポイント調整をするならこの辺りで着地点を決める 26日 21:00 イベントEND 大まかな流れはこんな感じです。 後半戦で4倍消費を行った後にこの営業分のエンブレムを回収することで時速が出ます。 後半戦開始直後の流れをもう一度• 4倍消費でエンブレムを9600個放出• イベントトップでエンブレムを300個受け取る• 前日残しておいた営業分を回収• 24日分の営業を全て行う• イベラン中の諸注意について まず スキブ睡眠について イベント上位狙いなら寝落ちしない自信があれば、 眠くなってからやっても大丈夫です。 しかし、 色段狙いならば 眠くなる前に休憩を兼ねてやっておくべきです。 エンブレムを0からまで貯めるのに約3時間半かかります。 この間に 最低でも1時間はスキブ睡眠をしましょう。 自分はエンブレムを貯めている時は必ず1時間〜2時間スキブ睡眠をしてました。 また、疲れてくるとスキブ睡眠でも寝落ちしてしまうこともあると思うので、 最低でもアラームを3つかけておきましょう。 自分は100秒アラーム、非常時用の5分アラーム、本当に非常時用の15分アラームで使い分けていました。 また、 スキブ睡眠をするときの体勢も非常に重要です。 上位狙いなら確実に疲れのない体勢でスキブ睡眠をする必要があると思います。 その体勢とは 横になることです。 椅子に座ったままの体勢や、机に突っ伏した体勢では十分な休息が取れません。 したがって、ソファーで横になる、こたつで寝転びながら、ベッドで横になりながらなど十分に休める体勢で行いましょう。 そんなに休める体勢では寝落してしまうのでは?と思うかもしれませんが、準備編できちんとスキブ睡眠の練習をしていればまず大丈夫だと思います。 また、足を温めると眠ってしまいやすくなるため、 足の部分には保冷剤を置くなどして、足を温めないようにすることも重要です。 また後半になりがピークでどうしようもない時の寝起き時に 記憶が飛ぶといったことがあります。 今まで何をしていたか、これから何をすればいいかが全く分からなくなります。 こういったときに役に立つのが準備編で用意したメモです。 メモ通りに行動すれば、自分がやっていることがわからなくてもポイントを入れられる程度のメモを作っておいてください。 スキブ睡眠時には目を覚ました時に真っ先に見る位置にメモを置いておき、スキブ睡眠をする毎に必ずそれに目を通すように癖をつけておきましょう。 次に カフェイン系について 断言します。 前半からカフェインに頼っていたら勝てません!!! カフェイン系は疲れを先に伸ばす役目しかありません。 もし使うなら、後半戦に入ってからにしましょう。 自分の使ったカフェイン系はリポビドXとです。 前半戦の最後の方でリポビドXを1本 後半戦に入ってからリポビドXを4本と1錠のみです。 合計カフェイン量はおよそ350mgです。 かなり少ないと思います。 立ち回り方としては 前半戦はスキブ睡眠のみで十分です。 どうしても辛い時はカフェイン飲料を一本だけ飲むのもアリでしょう。 自分はリポビドXを1本だけ飲んでしまいました。 後半戦に入ったら寝たら終わりの状況やあと少しでイベントが終わる状況のためカフェインを完全解禁しました。 スキブ睡眠で寝落ちが怖かったため、 すごく眠い時にカフェインを摂取してからスキブ睡眠を行いました。 また カフェインを摂取した後は水を大量に飲んでなるべく排泄を促したりもしてました。 カフェインは体調不良になる原因でもあるため、取ったあとは出来るだけ早く排泄したほうがいいと思います。 イベラン終了後編 イベランが終わったあとはかなり 体調が悪くなります。 イベラン期間だけでなくその後に数日間休みを取るのがいいでしょう。 特に色段狙いで走ったなら がしばらく出ます。 自分は1ヶ月ぐらい1日12時間以上寝ないと疲れが取れない体になりました。 イベランに人生をかけてる方、ぜひ参考にしてみてください。 以上! 今やイベランは情報戦です。 実のところ私含め最上位は表に出さない情報をたくさん持っているのでもっと時速を出します。 ツールや回しにも負けなくなります。 最後に… しっかりと準備した人がきちんとした走り方をすれば、ほぼ確実に 勝てます 勝ちたいならそれなりに時間をかけて準備をしましょう! 指摘や、質問、気になるところがあれば、気軽に のDMへどうぞ。 個別に細かく説明、対応します。 鍵垢にしている時もありますがDMは常時解放しています。 何かあっても一切責任を取りません。 : スタミナドリンクがあるとスタミナ回復の際にタップする画面が一つ増えるため、遅くなります。 : 例えば150時間イベならば今までの198時間イベ分の石 : 目安としてはスタミナ4回復でイベント曲の長さ2:09の150時間イベント うち後半戦54時間 で50000個あって余裕で足りるぐらいです。 スパイスパラダイスを叩いた回数は約2500回でした。 : ネットの回線診断等で下りが3Mbps以下なら遅いと思います。 : 自分ではやってませんが当初は174時間イベを想定していたためうまくいけばギリギリ174時間イベでも対応できると思います。 198時間イベはこの方法だとおそらく無理 : ベッド等で寝る純粋な睡眠のこと : 12月だったため第4週目は冬休み期間のため可能でしたが、普通はまず無理でしょう : 例えばの起動法やのライブ画面への入り方など通常時に当たり前にやっている操作について : 9999でのため、9894以上の場合はそこでストップ : 下の順位の人に抜かれないような着地点を設定すること : エンブレムがたくさんもらえるもの : 寝る時と同じ体勢 : 自分ではアラーム用のの下 gonicoPi.

次の