イッテ q 祭り やらせ。 【イッテQ!やらせ疑惑】ラオス橋祭りは嘘?証言と動画・画像「打ち切りになったらヤバイ」

イッテQがやらせ捏造したお祭り全11リスト!カリフラワー以外にもこんなに!|Anogate

イッテ q 祭り やらせ

イッテQでやらせ?宮川大輔の祭り企画 日曜日の夜、日テレで放送される 世界の果てまでイッテQは 大人から子供まで幅広い世代に 親しまれている番組です。 そんなイッテQで人気なのが 宮川大輔を筆頭とする祭り企画。 宮川大輔が世界各地の祭りに参加し 優勝を目指すというもの。 しかし、そんな企画の中でやらせが あったと今話題になっています。 問題のやらせ疑惑の回はラオスで 行われた橋祭り。 次では、ラオスの橋祭りでの やらせとは一体どのようなもの だったのか、調べてみました。 イッテQ ラオス橋祭りがやらせ? イッテQで宮川大輔が参加した やらせ疑惑のお祭りは ラオスでの橋祭りというもの。 イッテQでは宮川大輔が 数々のお祭りに参加しており 今までやらせ疑惑があったことは ありません。 宮川大輔にとどまらず、内村や 手越も参加することのある企画で イッテQでは目玉企画となっています。 宮川大輔はいつも通りラオスでの 橋祭りに参加しているように 見える番組の内容は 自転車アクティビティです。 一本の板の上を自転車で駆け抜ける という内容で、障害物も現れる という競技内容。 宮川大輔のほかに祭りに参加したのは 地元のサッカー少年たちです。 肝心の本番は、宮川大輔が開始3秒で 姿を消してしまうあっけないもの。 優勝したのは地元の少年でした。 結果を見ると、やらせは勝敗ではない ということが一目で分かります。 イッテQは何をやらせにしたのでしょうか。 次では、イッテQのやらせの内容を詳しく 見て行きましょう。 スポンサード・リンク イッテQのラオス橋祭りがやらせ? イッテQで放送された宮川大輔が 参加したラオスの橋祭り。 結果は、宮川大輔は開始3秒で脱落し 結果そのものはやらせではないことが 分かります。 イッテQがやらせを疑われているのは なんと祭りそのものの存在です。 調べてみるとラオスで橋祭りという お祭りは過去に一度も行われた ことがないということが判明しました。 これは、ラオスに住む日本駐在員や ラオスの地元民の証言で 明らかになっています。 宮川大輔はこの事実を知って 番組に参加していたのでしょうか。 次では、ラオスでは何のお祭りが 開催されていたのか、調べてみました。 イッテQでのラオス橋祭りの真相 イッテQで放送されたラオスの橋祭りは やらせだということが ラオスに住む人々の証言で 明らかになりました。 ラオスでは、その日橋祭りではなく コーヒー祭りというものが 開催されていたことが判明。 橋祭りはその片隅でセットを組まれ 行われていたとのこと。 橋祭りに参加したラオスのサッカー少年も 事前に出演依頼を受けており 賞金まで用意されていたそうです。 ラオスの橋祭りはこの日限りだった ということが分かった今 イッテQのネタ切れが懸念されます。 ラオスまで飛んだ宮川大輔の徒労や 必死で橋祭りというやらせを企画したのに 視聴者に真相を暴かれてしまった イッテQの今後が気になります。

次の

イッテQやらせ疑惑の祭りとは?内容と11個のやらせ祭りをまとめてみた

イッテ q 祭り やらせ

イッテQに文春砲が炸裂してから数日後、また新たな疑惑が持ち上がりました。 最初の疑惑は、2018年5月20日放送回で紹介された ラオスの「橋祭り」が番組側の企画だったというもの。 2つめの疑惑は、2017年2月12日放送回で紹介された タイの「カリフラワー祭り」について、コーディネート会社が費用を負担し、実際には存在しない祭りを開催したという内容。 これに対して日テレは番組の意向でコーディネート会社が実質的な主催者となって開催したケースがあったことを認めました。 女性週刊誌の女性セブンは、イッテQの疑惑を払拭するために今まで放送されてきた全116個の祭りを取材やネットを利用して調べ上げた結果、 11個の祭りについて存在が確認できなかったと報じています。 日テレ側の初動が悪かったためにここまで大きく発展してしまったやらせ疑惑ですが、なんと11個も怪しい祭りが・・・! 高視聴率をキープし続けている番組なだけに大問題になってしまいましたが、 打ち切りの可能性などはあるのでしょうか。 やらせ疑惑が報じられた同局の人気バラエティー「世界の果てまでイッテQ!」(日曜、後7・58)の祭り企画について、「お詫び申し上げます」と謝罪。 疑惑問題について現在調査中とし、「当面、お祭り企画は休止といたします」と企画の休止を発表した。 一方で、やらせの意図は「まったくありませんでした」と強調した。 引用:デイリースポーツ 日本テレビの「!」問題で、大久保好男社長が謝罪しました。 最初の疑惑の段階で現地の人たちと視聴者に対してしっかり謝罪していればもっと小さな事件で収まっていたかもしれないのに。 日テレは責任逃れ丸出しの対応でしたから、これは身から出た錆ではないでしょうか。 news-postseven. html? タイの「水瓶祭り」• アイルランドの「農業5種祭り」• タイの「塩田祭り」• イタリアの「道路のソリ祭り」• タイの「カリフラワー祭り」• タイの「コブラだらけの水泳大会」• タイの「泥棒祭り」• ラオスの「橋祭り」• ラオスの「臼転がし祭り」• タイの「鍋祭り」 ラオスの橋祭りに関しては、他局の番組制作に関わる5人の知人に尋ねてみたところ全員が、「 あれは日本人スタッフが指示しないと作れない」と言っていたそう。 アジア近郊ばかりが目立ちますが、タイやラオスの現地の人間には企画をゴリ押しできる理由があるんでしょうか? 真相はどこにあるのか定かではありませんが、私が一番期になっているのは製作者側はもちろん不正に関して認識していたでしょうけど、演者たちは知っていたのかということ。 宮川大輔や手越祐也が不正を承諾して出演していたとしたらこれほどまでに悲しいことってないです。 ですが、番組でのあのガチンコにしか見えないパフォーマンスを見る限り把握していなかったと信じたいですね。 番組の打ち切りの可能性はある?? 現在では、ラオス政府も動き出す国際問題に発展しているほか、BPO(放送倫理・番組向上機構)も調査に乗り出しています。 打ち切りの可能性は充分にあるように見えますが、日曜日のゴールデン枠で年間視聴率を3年連続キープしているイッテQが本当に無くなるのか?という疑問もあります。 SNS上での意見もまとめてみました。 ニュース 打ち切り避けるために宮川大輔というシッポを日テレというトカゲが切り落とした感じか。 すぐに間違いを認めて謝る。 取り繕いにいかない。 責任転嫁をしない。 やらせと演出は明確にして放送する。 以上すべてが出来なかったのが原因。 まとめ 今回は、 イッテQお祭り一覧、11個のやらせ疑惑と番組打ち切りの可能性について調査しました。 存在が確認できないお祭りはタイやラオスといったアジア近郊が目立ちましたね。 打ち切りの可能性に関しては、賛成派と反対派の意見が真っ二つにわかれた結果となりました。 どこかのツイッター民が「真っ白な番組なんて少ない」と言っていましたが、そうかもしれないなと私も思いました。 人気になりすぎてマスコミに目をつけられた感じが否めません・・・。 イッテQが今後どうなるのか見守っていきましょう。 それでは最後までご覧いただきありがとうございました!.

次の

イッテQ「祭り企画」復活報道!やらせからの再開。世間の声は・・

イッテ q 祭り やらせ

A post shared by miyagawadai on Feb 3, 2020 at 1:41am PST しかし2018年11月に、番組内の祭り企画は、実際には存在しない祭りをでっちあげていると報道されたのです。 一説によると、日本テレビが委託したタイのコーディネート会社が、現地の方に お金を支払い、祭りの準備をしてもっらていたとか、 地元住民の夫がコーディネーターで、日本のテレビが来るから短い芝居をしたいと言われ、 お祭りを企画した、などと言われています。 世界中のお祭りですから、地元の方に聞くのが1番良いのかもしれませんが、番組制作上、コーディネーター任せになってしまっていたのかもしれません。 結果として、やらせ疑惑により多数の批判の声があがり、宮川大輔さんの祭り企画は 休止せざるを得なくなってしまったのです。 疑惑の出た祭り一覧 一体どのくらいの祭りに疑惑があるのでしょうか。 一覧を見てみると、116の祭りのうち、やらせ疑惑があるのは11の祭りです。 引用:newsポストセブン 見るとわかるのですが、企画開始5年くらいは、本当の祭りだったようですね。 それにしても、一生懸命お祭り企画を盛り上げようと、全力投球する宮川大輔さんが不憫でなりません。 スポンサーリンク 祭り企画の復活 内村光良が動いた!? やらせ疑惑により休止となって約1年以上が過ぎましたが、なんと! 2020年2月に、祭り企画が復活するというのです! すでに収録は終えているらしいので、今月には視聴できるみたいです。 「宮川さんはこの状況にとても心を痛めていました。 引用:NEWSポストセブン 宮川大輔さんのそんな苦しむ姿を見て、内村さんが番組側と慎重に話し合いを進めていたのです。 さすが イッテQの父と言われる男です。 祭りの現地広報担当者が話す。 「日本の番組スタッフから連絡があり、番組の内容や意図についてメールで何度もやりとりしました。 収録に参加したタレントは宮川さんだけでしたが、番組スタッフは15人ほどいましたね。 宮川さんは開催日前日にとても熱心に練習していました。 優勝したかって? それは言えないけれど、観客は彼のパフォーマンスに大笑いしていて、大会を盛り上げてくれましたよ」 引用:NEWSポストセブン 内村光良さんは責任感や優しさがあって、とても好感を持ちます。 きっとそう感じる方は多いのではないでしょうか。 放送が楽しみですね! 今後のイッテQはどうなる? 一時期、 番組が打ち切りになるのではないかという心配の声もありました。 しかし今回、無事に祭り企画は復活するのです。 当時、祭り企画を担当していたプロデューサーやディレクターは、実名を公表されてしまいました。 企画を休止に追い込み、番組の存続も危機にさらした方達が現在どうなっているのかはわかりません。 気持ちを改めて、健全に番組作りをして行って欲しいですし、そしてさらに長寿番組を目指して、お茶の間に笑いを届けてほしいものです。 スポンサーリンク まとめ テレビ番組を制作するというのは、作る側の創造する意欲とか情熱とかエンターテイメント性が大事だと思います。 一方で、長く企画などに携わっていると、気の抜ける瞬間が必ずあると思うのです。 良いことも悪いことも、色々な出来事を経て、人間や番組が育っていく、そんな瞬間を垣間見ることができたような、今回の出来事でしたね。 とにかく、人を楽しくしてくれる番組ですので、これからも応援したいですし、長~く続いてほしいと思います。 宮川大輔さんの、一生懸命な姿も早く見たいです! そして、 名物加工「キラキラ」も復活するのでしょうか? 参考 NEWS ポストセブン Twitter インスタグラム Wikipedia.

次の