松浦勝人 黒い。 【エイベックス】A子が松浦勝人を告発した理由。偽装離婚や黒い噂|sonicブログ

松浦がプロデュースしたアーティスト、黒い噂とは?|yuyu自適

松浦勝人 黒い

略歴 [ ]• 1988年4月 エイベックス・ディー・ディー株式会社 現:エイベックス株式会社 設立、取締役に就任• 1991年3月 専務取締役に就任• 2004年8月 専務取締役および取締役を辞任。 直後に復帰し、執行役員に就任• 2004年9月 代表取締役社長に就任• 2005年10月 エイベックスネットワーク 株 (現:エイベックス・エンタテインメント 株 )代表取締役会長• 2007年6月 コンプライアンス委員長• 2009年1月 エイベックス・マネジメント 株 代表取締役社長• 2009年4月 エイベックス通信放送 株 代表取締役会長• 2010年4月 代表取締役社長CEO(現任)、社長室管掌(現任)• 2012年10月 株 UULA 代表取締役会長• 2013年7月 Avex International Holdings Singapore Pte. Ltd. 現:Avex Asia Pte. Ltd. 取締役 現任• 2013年10月 エイベックス・マネジメント 株 代表取締役会長• 2014年12月 AWA 株 代表取締役会長 現任• 2016年6月 エイベックス通信放送 株 取締役 現任 、当社グローバル・アーティスト戦略室管掌• 2016年12月 エイベックス・ベンチャーズ 株 代表取締役社長 現任 来歴 [ ] 伝記の記載を年譜形式のみとすることは。 人物の伝記は流れのあるまとまった文章で記述し、年譜は補助的な使用にとどめてください。 ( 2013年4月)• 、を経て、卒業。 実家は中古車販売業を営んでいた。 この時、一緒にアルバイトをしていたのが、現・エイベックス株式会社COOの林真司、元・取締役の小林敏雄であった。 林、小林は共に松浦と同じ横浜市立金沢高等学校の同級生である。 また、当時高校生だった後ののと出会っている。 奇遇にも彼も高校の後輩であり、以後、高校の学園祭にDJ役で顔を出したりして、親交を続けた。 代表取締役に就任。 後にでデビューするもアルバイトとして勤務しており、後に店長となる。 1988年4月11日、(現・エイベックス株式会社)を設立。 同社、取締役就任。 やの輸入卸売業を始めた。 1990年、レコードレーベル・を設立。 1991年にとなった。 1995年、モデルの原口香と結婚。 5(1996年1月発売)に収録された。 その後、離婚している。 1996年、後に歌手としてデビューをするとクラブで出会う。 その後、ニューヨークへ飛び、2年間にも及ぶレッスンやトレーニングを経て、1998年のデビューまでの準備に入る。 1998年4月3日から、プロデューサーズナイトで、3年半の間、月1回パーソナリティを務めた。 1998年12月、エイベックスのアーティストオーディションを行う為、テレビ東京のオーディション番組に出演した。 2001年2月、元会長のの助言により、松浦真在人に改名(後に2002年10月4日より、本名に戻す)。 2001年9月、アメリカのニューヨークで起きたをきっかけにと共に特別ユニットを作る。 2003年11月、モデルのと再婚(2004年3月31日に第1子となる女児が誕生。 2006年5月30日に第2子となる男児が誕生。 2007年10月24日に第3子となる女児が誕生)。 2004年9月28日、のエイベックス・グループ・ホールディングス(現:エイベックス株式会社)の代表取締役社長に就任。 2009年 第四回渡辺晋賞受賞。 2010年4月、エイベックス代表取締役社長CEOに就任。 2018年6月、エイベックス代表取締役会長CEOに就任。 2019年夏、浜崎あゆみの自伝「」で、浜崎と1996年〜1999年まで恋仲だった事が公表される。 2020年1月、畑田と2016年に離婚していた事が判明した。 2013年頃より別居していた。 2020年4月〜前年話題となった「M 愛すべき人がいて」がテレビドラマ化。 2020年6月、エイベックスCEOを退任(代表取締役会長には留任)。 人物 [ ]• (を中心メンバーとしたエイベックス所属の女性アイドルによって構成されるチーム)の初代監督を務めた。 とは、エイベックスが本格的に音楽制作に参画した当初から公私に渡るパートナーであったものの、意見の食い違いにより、1990年代半ば頃から険悪化し、1997年から長期間絶縁状態にあった。 2008年に小室が逮捕された際、被害弁済から約6億5000万円を個人的に融資した。 やや等、エイベックスの礎は小室哲哉によって生み出されたものであり、小室哲哉無くしてやや等は誕生しえなかったと述べており、恩師としての小室を思い出し、今後の音楽活動に賭けてみようと決心したという。 また、弁済融資の他、社内に小室専用の部屋・制作スタジオも用意した。 小室は「レコード会社から驚異的な資産を生み出した、の2人に似ている」と称している。 2013年8月2日、で、日本の税制が富裕層の所得税や相続税が高過ぎて、「富裕層は日本にいなくなっても仕方ない」という記事を投稿した。 ・主催のに2014年春、2015年秋の二度に渡り、招待を受け出席した。 手掛けたアーティスト [ ] プロデュースやエグゼクティブプロデュース、スペシャリーコーディネイト等• 脚注 [ ]• 渡辺音楽文化フォーラム 2020年2月11日閲覧• ORICON NEWS oricon ME. 2018年5月11日. 2020年5月15日閲覧。 スポニチ 2020年1月2日. 2020年1月2日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2020年5月15日. 2020年5月15日閲覧。 2009年3月15日, at the. 関連項目 [ ]• 出典 [ ]• 外部リンク [ ]• maxmatsuuratwit -•

次の

エイベックス社長《現会長》松浦勝人氏の黒い噂がヤバ~い!なのでマトメてみた!

松浦勝人 黒い

「日刊ゲンダイ」11月13日付紙面より 日本大学名誉教授が指定暴力団山口組の元幹部から2000万円を借り入れていた問題は、2008年、その教授と元幹部の会食の席に日本オリンピック委員会(JOC)関係者の男性も同席していたことも発覚。 事態は広がりを見せているが、この件に関し、JOC関係者のみならず、ある大物芸人の名も取り沙汰され始めている。 それを伝えたのは、11月13日の「日刊ゲンダイ」。 記事によると、今から10年ほど前、この暴力団元幹部が出資する健康茶の広告塔として、東京出身の大物芸人Sが出演番組でしきりに推奨していたという。 結果商品は大ヒット。 暴力団関係者から出資を受けていた健康茶販売会社の社長はSにロールスロイスをプレゼントということだ。 この「S」とは誰なのか? 同紙によると、この芸人は「紳助以上の大物」。 巷ではなどの名前も飛び交っているが、その真偽はともかく、暴力団問題が芸能界にまで飛び火しそうなのは間違いない。 「芸能界」と「暴力団」といえば、日刊ゲンダイも引き合いに出していた島田紳介の事件も記憶に新しいが、この機会にその歴史について少し振り返ってみたい。 巷間知られている通り、もともと、「芸能界」と「暴力団」の結びつきは非常に強固なものだった。 山口組が田岡一雄3代目組長時代に設立した「神戸芸能社」がの興行を手がけていたことはあまりにも有名だ。 ちなみに、彼女の弟は山口組直系組である益田組に入り、1973年にはそのトラブルが原因となり美空ひばりは紅白歌合戦への出場を辞退している。 美空ひばりもそうだが、芸能界と暴力団のつながりというと、なんといっても演歌界ではその結びつきがことさらに強い。 そのなかでもよく知られているのは、だろう。 彼と稲川会との関係は深く、84年、稲川聖城総裁をモデルに製作された映画『修羅の群れ』の主題歌に「神奈川水滸伝」を提供、その曲は後に稲川会の会歌となった。 さらに86年には稲川会の新年会に出席していたことが問題となり、弟子のともどもその年の紅白歌合戦出場を辞退するという騒動も引き起こしている。 暴力団のテーマ曲というと、も同様にヤクザのために曲を提供していたと報じられた。 91年に歌われた、〈残侠一代 嵐か雨か 涙噛みしめ 武蔵野の 土に刻まん この命〉という歌詞の「道」は住吉会のためにつくられた曲であったという。 また、細川たかしは、2008年9月、山口組系後藤組・後藤忠政組長の誕生日ゴルフコンペに参加していたことが週刊誌にスッパ抜かれた。 この年は詐欺事件「円天騒動」に関与していたことも重なり、細川は紅白歌合戦の出場辞退に追い込まれている。 一風変わった騒動では、宇多田ヒカルがブレイクを果たした1999年に藤圭子が起こしたトラブルがある。 娘が新世代ディーヴァとして時代の寵児となりつつあったこの年、藤圭子が地方営業しているルポを「女性セブン」(小学館)が「娘の大ブレイクの陰で母親はドサ回りの日々」といった面白おかしい切り口で紹介。 そのことに藤圭子の興行に長年関わっていた暴力団が激怒した。 記事が掲載されていた「女性セブン」99年4月22日号はすでに印刷に入っていたのだが、輪転機をストップさせ内容を差し替えさせたという。 ここまで演歌界と暴力団のつながりを見てきたが、それ以外のジャンルのミュージシャンも、もちろん暴力団と無縁ではない。 そのひとりが松山千春だ。 彼は90年、稲川会の忘年会にメインゲストとして登壇、持ち歌まで披露した件が明るみになっている。 これについて「FRIDAY」(講談社)92年1月10日・17日合併号にて松山は〈つき合いに関しては否定しない。 ボクは、自分の人生の中で友達としてつき合ってきた。 カラオケは一緒に歌うし、食事もゴルフもする。 今後も友達としてつき合っていきます〉とコメントしている。 また、TUBEのボーカル・前田亘輝も同じく稲川会と交流があり、パーティーに出席していたことが発覚している。 記憶に新しいところでは、ASKAが覚せい剤を買っていたのは住吉会系ルートであったという報道をご存知の方も多いだろう。 暴力団との「黒い交際」はなにも音楽業界だけに限られたものではない。 「日刊ゲンダイ」があげた「大物芸人S」ならずとも、お笑い界もその結びつきは大変に強い。 本稿序盤であげた島田紳介が引退することになったのは、山口組系暴力団・極心連合会の橋本弘文会長との親密な関係であったわけだが、吉本興業にはもうひとり、暴力団とズブズブの関係にある芸人がいる。 中田カウスだ。 彼は山口組5代目の渡辺芳則組長はじめ暴力団関係者と深くつき合うことでトラブルの解決役を引き受け、吉本興業内での影響力を高めていった。 ただ、吉本芸人と暴力団との付き合いはこの二人に限った話ではない。 たとえば、間寛平は山口組系組長と親密な交際にあり、結婚資金を援助してもらったうえ組長を式に招待したり、また、逆に組長の結婚式に出席したといった過去があることを週刊誌に明かされている。 そして極めつけは、横山やすしだ。 彼は、中野会幹部と兄弟杯まで交わし、その盃を交わした際のツーショット写真も残されている。 芸人といえば、吉本所属ではないが、綾小路きみまろのことも忘れてはならない。 彼は長かった下積み時代のことを漫談のなかで「潜伏期間30年」と自虐して笑いに変えているが、その潜伏期間を支えたのは暴力団であった。 彼は稲川会や、山口組系後藤組など幅広く交際。 パーティーでは司会も務め、前出の松山千春も出席する会合でマイクを握っているビデオテープも残されているという。 ここまでは、「芸能人」と「暴力団」の関係について見てきたが、実は、もっと関係が深いのは「芸能プロダクション」だ。 芸能プロは交際というレベルではなく、ビジネス上の構造的癒着がある。 たとえば、演歌界の老舗事務所であり、今でも氷川きよし、水森かおり、岩佐美咲(AKB48)といった売れっ子を擁する長良プロダクションの長良じゅん社長は興行のため暴力団との交際が幾度も噂されてきた。 また、AKBの運営会社にも疑惑は囁かれている。 AKB48プロジェクトの創始者のひとりである、芝幸太郎は「週刊新潮」(新潮社)2013年5月30日号にて、山口組後藤組の後藤忠政組長の奥さんがやっていたお店の記念パーティーに出席。 その際に後藤忠政組長の妻はもちろん、山口組山健組系幹部らと撮った集合写真をスッパ抜かれている。 まだある。 エイベックスの松浦勝人社長は、株主総会を前に質問状を送ったコンサルティング会社の男を後日呼び出し。 暴力団組長を同席させたうえで「殺す」「埋めるぞ」といった言葉で脅した経緯が各週刊誌に暴かれている。 ただ、これらの業界関係者と暴力団との交際は、ひょっとしたらまだかわいいものと言えるのかもしれない。 芸能界と暴力団の関係を語るうえでの「本丸」は「芸能界のドン」こと、バーニングプロダクションの周防郁雄社長である。 ご存知の方も多いと思うが、バーニングプロダクションは小泉今日子・郷ひろみなどが所属する大手プロダクションである。 また、バーニングは「バーニング系」と呼ばれる多くの傘下事務所をもっていることが特徴で、新垣結衣・吉川ひなのが所属するレプロエンタテインメント、西内まりや等が所属するライジングプロダクション、宮根誠司のいるテイクオフ、藤原紀香らが所属するサムデイ...... etc、と多数の系列事務所を抱える。 人気タレントを多数抱えるバーニンググループを前に、多くのマスコミはバーニングのスキャンダルを取り扱うことができない。 芸能メディアにとって「最大のタブー」ともされている。 そんなバーニングは常に暴力団との付き合いを取り沙汰されてきた。 その一例が非指定暴力団・2代目松浦組傘下の民族派右翼団体・大日本新政會の総裁、笠岡和雄氏との関係である。 彼は01年から11年まで周防社長の用心棒をしていたという。 その間、周防は関連会社のある麻布十番のビルに彼らを呼びこみ、その「暴力」をさまざまなトラブル解決に利用していく。 みのもんたが社長を務める水道メーター販売会社・ニッコクが談合事件で右翼団体により街宣車の抗議行動を受けたときは、彼らの仲介が大きな力を果たした。 また、モーニング娘。 メンバーとの援助交際を暴力団関係者に盗撮され、そのビデオをダシに周防社長が脅迫されたときも、笠岡から山口組関係者を紹介してもらい話をつけたとされている。 しかし、なぜ周防社長は用心棒として笠岡を必要としたのか? その事始めは、2001年、5月8日(正確には5月9日午前4時30分ごろ)、赤坂にあるバーニングプロダクションの事務所に銃弾を撃ち込まれた事件がきっかけであった。 この事件については、なぜか被害者であるはずのバーニングが警察の捜査に非協力的であり真相は解明されていないのだが、いずれにせよ、このときに警察ではなく反社会組織の方を頼りにしたということは、いち企業として問題であるのは言うまでもない。 このようなズブズブの関係は、さきほど紹介した傘下グループにも同じことが言える。 ライジングプロダクションは01年に平哲夫社長が脱税で逮捕されているのだが、その公判のなかで驚くべき事実が明かされた。 なんと、社長自身が元ヤクザで小指を詰めた過去があるのだという。 また、同じ公判のなかで、コンサートの妨害を避けるためなど、ヤクザ対策費を支払っていた事実も明かされている。 ただ、バーニングが手を伸ばしているのは裏社会の人間だけではない。 警察も意のままに動かせるよう策を練っている。 「サンデー毎日」(毎日新聞出版)2000年12月10日号には、警視庁幹部との宴席に藤あや子を呼んで接待させていたといったエピソードが記されている。 他にも、検察、政界との深い関係が常にささやかれており、バーニングはこうした力ももっているがゆえに、「芸能界のドン」と恐れられ、暴力団との関係も不問にされてきたのだろう。 暴排条例の施行で表向きは暴力団との関係が社会全体で厳しく見直されるようになり、芸能人も暴力団との関係が発覚すると、活動を自粛せざるをえない状況に追い込まれるようになった。 しかし、芸能界はもっと根本的なところで暴力団とつながっており、その構造的癒着は何も変わっていないのかもしれない。 (井川健二).

次の

「紳助以上の大物芸人S」にも暴力団幹部との交友が! 暴力団と「黒い交際」が囁かれてきた芸能人総まくり(2015年11月14日)|BIGLOBEニュース

松浦勝人 黒い

「日刊ゲンダイ」11月13日付紙面より 日本大学名誉教授が指定暴力団山口組の元幹部から2000万円を借り入れていた問題は、2008年、その教授と元幹部の会食の席に日本オリンピック委員会(JOC)関係者の男性も同席していたことも発覚。 事態は広がりを見せているが、この件に関し、JOC関係者のみならず、ある大物芸人の名も取り沙汰され始めている。 それを伝えたのは、11月13日の「日刊ゲンダイ」。 記事によると、今から10年ほど前、この暴力団元幹部が出資する健康茶の広告塔として、東京出身の大物芸人Sが出演番組でしきりに推奨していたという。 結果商品は大ヒット。 暴力団関係者から出資を受けていた健康茶販売会社の社長はSにロールスロイスをプレゼントということだ。 この「S」とは誰なのか? 同紙によると、この芸人は「紳助以上の大物」。 巷ではなどの名前も飛び交っているが、その真偽はともかく、暴力団問題が芸能界にまで飛び火しそうなのは間違いない。 「芸能界」と「暴力団」といえば、日刊ゲンダイも引き合いに出していた島田紳介の事件も記憶に新しいが、この機会にその歴史について少し振り返ってみたい。 巷間知られている通り、もともと、「芸能界」と「暴力団」の結びつきは非常に強固なものだった。 山口組が田岡一雄3代目組長時代に設立した「神戸芸能社」がの興行を手がけていたことはあまりにも有名だ。 ちなみに、彼女の弟は山口組直系組である益田組に入り、1973年にはそのトラブルが原因となり美空ひばりは紅白歌合戦への出場を辞退している。 美空ひばりもそうだが、芸能界と暴力団のつながりというと、なんといっても演歌界ではその結びつきがことさらに強い。 そのなかでもよく知られているのは、だろう。 彼と稲川会との関係は深く、84年、稲川聖城総裁をモデルに製作された映画『修羅の群れ』の主題歌に「神奈川水滸伝」を提供、その曲は後に稲川会の会歌となった。 さらに86年には稲川会の新年会に出席していたことが問題となり、弟子のともどもその年の紅白歌合戦出場を辞退するという騒動も引き起こしている。 暴力団のテーマ曲というと、も同様にヤクザのために曲を提供していたと報じられた。 91年に歌われた、〈残侠一代 嵐か雨か 涙噛みしめ 武蔵野の 土に刻まん この命〉という歌詞の「道」は住吉会のためにつくられた曲であったという。 また、細川たかしは、2008年9月、山口組系後藤組・後藤忠政組長の誕生日ゴルフコンペに参加していたことが週刊誌にスッパ抜かれた。 この年は詐欺事件「円天騒動」に関与していたことも重なり、細川は紅白歌合戦の出場辞退に追い込まれている。 一風変わった騒動では、宇多田ヒカルがブレイクを果たした1999年に藤圭子が起こしたトラブルがある。 娘が新世代ディーヴァとして時代の寵児となりつつあったこの年、藤圭子が地方営業しているルポを「女性セブン」(小学館)が「娘の大ブレイクの陰で母親はドサ回りの日々」といった面白おかしい切り口で紹介。 そのことに藤圭子の興行に長年関わっていた暴力団が激怒した。 記事が掲載されていた「女性セブン」99年4月22日号はすでに印刷に入っていたのだが、輪転機をストップさせ内容を差し替えさせたという。 ここまで演歌界と暴力団のつながりを見てきたが、それ以外のジャンルのミュージシャンも、もちろん暴力団と無縁ではない。 そのひとりが松山千春だ。 彼は90年、稲川会の忘年会にメインゲストとして登壇、持ち歌まで披露した件が明るみになっている。 これについて「FRIDAY」(講談社)92年1月10日・17日合併号にて松山は〈つき合いに関しては否定しない。 ボクは、自分の人生の中で友達としてつき合ってきた。 カラオケは一緒に歌うし、食事もゴルフもする。 今後も友達としてつき合っていきます〉とコメントしている。 また、TUBEのボーカル・前田亘輝も同じく稲川会と交流があり、パーティーに出席していたことが発覚している。 記憶に新しいところでは、ASKAが覚せい剤を買っていたのは住吉会系ルートであったという報道をご存知の方も多いだろう。 暴力団との「黒い交際」はなにも音楽業界だけに限られたものではない。 「日刊ゲンダイ」があげた「大物芸人S」ならずとも、お笑い界もその結びつきは大変に強い。 本稿序盤であげた島田紳介が引退することになったのは、山口組系暴力団・極心連合会の橋本弘文会長との親密な関係であったわけだが、吉本興業にはもうひとり、暴力団とズブズブの関係にある芸人がいる。 中田カウスだ。 彼は山口組5代目の渡辺芳則組長はじめ暴力団関係者と深くつき合うことでトラブルの解決役を引き受け、吉本興業内での影響力を高めていった。 ただ、吉本芸人と暴力団との付き合いはこの二人に限った話ではない。 たとえば、間寛平は山口組系組長と親密な交際にあり、結婚資金を援助してもらったうえ組長を式に招待したり、また、逆に組長の結婚式に出席したといった過去があることを週刊誌に明かされている。 そして極めつけは、横山やすしだ。 彼は、中野会幹部と兄弟杯まで交わし、その盃を交わした際のツーショット写真も残されている。 芸人といえば、吉本所属ではないが、綾小路きみまろのことも忘れてはならない。 彼は長かった下積み時代のことを漫談のなかで「潜伏期間30年」と自虐して笑いに変えているが、その潜伏期間を支えたのは暴力団であった。 彼は稲川会や、山口組系後藤組など幅広く交際。 パーティーでは司会も務め、前出の松山千春も出席する会合でマイクを握っているビデオテープも残されているという。 ここまでは、「芸能人」と「暴力団」の関係について見てきたが、実は、もっと関係が深いのは「芸能プロダクション」だ。 芸能プロは交際というレベルではなく、ビジネス上の構造的癒着がある。 たとえば、演歌界の老舗事務所であり、今でも氷川きよし、水森かおり、岩佐美咲(AKB48)といった売れっ子を擁する長良プロダクションの長良じゅん社長は興行のため暴力団との交際が幾度も噂されてきた。 また、AKBの運営会社にも疑惑は囁かれている。 AKB48プロジェクトの創始者のひとりである、芝幸太郎は「週刊新潮」(新潮社)2013年5月30日号にて、山口組後藤組の後藤忠政組長の奥さんがやっていたお店の記念パーティーに出席。 その際に後藤忠政組長の妻はもちろん、山口組山健組系幹部らと撮った集合写真をスッパ抜かれている。 まだある。 エイベックスの松浦勝人社長は、株主総会を前に質問状を送ったコンサルティング会社の男を後日呼び出し。 暴力団組長を同席させたうえで「殺す」「埋めるぞ」といった言葉で脅した経緯が各週刊誌に暴かれている。 ただ、これらの業界関係者と暴力団との交際は、ひょっとしたらまだかわいいものと言えるのかもしれない。 芸能界と暴力団の関係を語るうえでの「本丸」は「芸能界のドン」こと、バーニングプロダクションの周防郁雄社長である。 ご存知の方も多いと思うが、バーニングプロダクションは小泉今日子・郷ひろみなどが所属する大手プロダクションである。 また、バーニングは「バーニング系」と呼ばれる多くの傘下事務所をもっていることが特徴で、新垣結衣・吉川ひなのが所属するレプロエンタテインメント、西内まりや等が所属するライジングプロダクション、宮根誠司のいるテイクオフ、藤原紀香らが所属するサムデイ...... etc、と多数の系列事務所を抱える。 人気タレントを多数抱えるバーニンググループを前に、多くのマスコミはバーニングのスキャンダルを取り扱うことができない。 芸能メディアにとって「最大のタブー」ともされている。 そんなバーニングは常に暴力団との付き合いを取り沙汰されてきた。 その一例が非指定暴力団・2代目松浦組傘下の民族派右翼団体・大日本新政會の総裁、笠岡和雄氏との関係である。 彼は01年から11年まで周防社長の用心棒をしていたという。 その間、周防は関連会社のある麻布十番のビルに彼らを呼びこみ、その「暴力」をさまざまなトラブル解決に利用していく。 みのもんたが社長を務める水道メーター販売会社・ニッコクが談合事件で右翼団体により街宣車の抗議行動を受けたときは、彼らの仲介が大きな力を果たした。 また、モーニング娘。 メンバーとの援助交際を暴力団関係者に盗撮され、そのビデオをダシに周防社長が脅迫されたときも、笠岡から山口組関係者を紹介してもらい話をつけたとされている。 しかし、なぜ周防社長は用心棒として笠岡を必要としたのか? その事始めは、2001年、5月8日(正確には5月9日午前4時30分ごろ)、赤坂にあるバーニングプロダクションの事務所に銃弾を撃ち込まれた事件がきっかけであった。 この事件については、なぜか被害者であるはずのバーニングが警察の捜査に非協力的であり真相は解明されていないのだが、いずれにせよ、このときに警察ではなく反社会組織の方を頼りにしたということは、いち企業として問題であるのは言うまでもない。 このようなズブズブの関係は、さきほど紹介した傘下グループにも同じことが言える。 ライジングプロダクションは01年に平哲夫社長が脱税で逮捕されているのだが、その公判のなかで驚くべき事実が明かされた。 なんと、社長自身が元ヤクザで小指を詰めた過去があるのだという。 また、同じ公判のなかで、コンサートの妨害を避けるためなど、ヤクザ対策費を支払っていた事実も明かされている。 ただ、バーニングが手を伸ばしているのは裏社会の人間だけではない。 警察も意のままに動かせるよう策を練っている。 「サンデー毎日」(毎日新聞出版)2000年12月10日号には、警視庁幹部との宴席に藤あや子を呼んで接待させていたといったエピソードが記されている。 他にも、検察、政界との深い関係が常にささやかれており、バーニングはこうした力ももっているがゆえに、「芸能界のドン」と恐れられ、暴力団との関係も不問にされてきたのだろう。 暴排条例の施行で表向きは暴力団との関係が社会全体で厳しく見直されるようになり、芸能人も暴力団との関係が発覚すると、活動を自粛せざるをえない状況に追い込まれるようになった。 しかし、芸能界はもっと根本的なところで暴力団とつながっており、その構造的癒着は何も変わっていないのかもしれない。 (井川健二).

次の