アカウント と は 何 です か。 ユーザーアカウントとは

ユーザーアカウントとは

アカウント と は 何 です か

これって一体何なんでしょう? このデフォルトアカウントの中に入ると、メールアカウントを選択することができるのです。 でも設定したところで何も変わらない・・・。 しかし、意味がないなんてことは絶対ないはずです。 連絡先のデフォルトアカウントの設定を実際にやってみた 連絡先を新規で登録する時って、「連絡先」アプリから登録をしているかと思います。 みなさんが気づかないのは無理もないです。 デフォルトアカウントの意味を先に伝えておきますね。 もしも皆さんのiPhoneにGmailが選択の中に表示がない場合、それはGmailの設定をしていないことを意味します。 デフォルトアカウントをGmailにしたい場合は、先にGmailアカウントの登録をしておきましょう。 僕的にはデフォルトアカウントの選択は iCloudにすることをおすすめします。 その理由としては、iPhoneの場合であれば、iCloudにした方が連絡先の管理が非常に楽だからです。 これで、連絡先のデフォルトアカウントの設定は完了です。 続いてこの状態で連絡先の登録をしてみます。 連絡先を新規で登録してみよう 僕の連絡先の場合ですが、Gmailに紐づいている 保存されている 連絡先は殆どないです。 現在はこんな感じです。 上図の通り、現在Gmailに登録されている連絡先は2件です。 どうです? 連絡先が3件に増えましたね。 先ほど新規登録した「 UQちゃん」ていう連絡先が追加されているのが分かりますよね。 このように登録することで、自身の指定したメールアカウントに連絡先を登録することができます。 連絡先のデフォルトアカウント-まとめ- 連絡先って普段何気なく登録しているかもしれませんが、実はデフォルトアカウントっていうものが存在しているのですよね。 今回はその「 デフォルトアカウント」について解説しました。 この連絡先のデフォルトアカウントですが、既に登録してある連絡先については、デフォルトアカウントを変更したところで何も変わりません。 あくまでも、 これから新規登録する連絡先についてのみ 有効となりますので注意してくださいね。 最後にざっとポイントをまとめておきましょう。

次の

Googleアカウントは本名で登録すべき?途中で名前を変更する方法、苗字と名前が逆になった時の直し方まで徹底解説|@DIME アットダイム

アカウント と は 何 です か

スマホに変えたアナタが、これからひんぱんに目にすることになる「アカウント」。 「でも、このアカウントって何? なんで必要なの?」という方も多いのではないでしょうか。 今回は、このアカウントについてご説明します。 アカウントとは、そのサービスを使うための会員証のようなものです。 ユーザーIDとパスワードが一組になっていることが一般的で、これを入力することで、サービス側がアナタを「アナタ」と認識してくれます。 スマホで使用するおもなアカウントは2種類です。 これは、spモードメールやEメール、ソフトバンクメールなどのキャリアメールに使用されています。 もうひとつは、それぞれのOS(基本となるソフト)を作っているGoogleあるいは Appleの発行するアカウントです。 Androidスマートフォンなら「Googleアカウント」、iPhoneなら「Apple ID」がないとアプリがダウンロードできません。 また、とくにAndroidスマートフォンでは、Googleアカウントがないとプリインストールされて いるこれらの基本的なアプリを使うことができません。 ・Gmail ・Googleplay ・Latitude ・カレンダー ・トーク アカウントとパスワードは、スマホを利用しているとよく目にするものなので、すぐにわかる状態にしておくと便利です。 なるべく「自分には覚えやすくて、他人からはわかりづらいもの」に設定しましょう。

次の

a.bbi.com.tw:Microsoftアカウントって結局何? Q&A50連発!【その3】 (1/3)

アカウント と は 何 です か

マイクロソフトアカウントとは マイクロソフトのサービスを利用するのに必要な 会員登録のようなものです。 Appleの「Apple ID」や、Googleのグーグルアカウントのようなものですね。 Apple IDは「App Store」や「iTunes Store」でアプリや音楽などをダウンロードしたり、iCloudにデータを保存したりと、Appleが提供するサービスを利用する際に必要ですね。 MacやiPhoneユーザーの方にはおなじみだと思います。 Googleアカウントも「Google Play」でアプリをダウンロードしたり、「Gmail」でメールをしたり、「Googleドライブ」にデータを保存したりするのには、Googleアカウントが必要ですね。 実は「youtube」のコメントなんかもGoogleアカウントがないとできないって、ご存じでした? これらのサービスは、一度アカウントを作ってしまえば、以降どのサービスでも最初に作ったアカウントで利用できるようになります。 しかも、 アカウント自体は無料で作れます。 逆にアカウントを作らないと、これらのサービスは受けられません。 アカウントは、その会社が提供するサービスを利用できる権利なんですね。 大切なものなんだね。 マイクロソフトアカウントで何ができる? では、マイクロソフトアカウントはどんなサービスが利用できる権利なんでしょうか。 実は、 AppleやGoogleと似たようなサービスが、マイクロソフトにもあるんです! Microsoft store(マイクロソフトストア)でアプリをダウンロード AppleにはApp Store、GoogleにはGoogleプレイがありましたが、Microsoftにも 「Microsoft store」なるものが存在します。 スタートを押した際出てくる、Windowsマークが描かれた買い物袋のようなアイコンですね。 Microsoft storeの場所 クリックすると、マイクロソフトストアに飛べます。 これはマイクロソフトストアのホーム画面です。 マイクロソフトストアのホーム画面 ホーム画面にはいわゆる洋ゲーっぽいアプリが並びますが、見てみると いろんな種類のアプリがあります。 いろんなアプリがある ラインやインスタグラム、フェイスブックといった有名どころも、しっかりありますね。 Windowsをより便利で快適に使えるアプリがそろっているので、一度覗いてみるのもいいかもしれません。 OneDrive(ワンドライブ)でオンラインでデータが保存できる Appleのアイクラウド、Googleのグーグルドライブのような オンラインストレージだって、マイクロソフトにはあります。 その名も OneDrive(ワンドライブ)! こちらもスタートメニューの中にありますし、アプリ一覧にも「O」のところにあります。 ワイドライブの場所 インターネット上にデータを保存できるサービスなの。 いつもはパソコンにデータを保存していると思います。 そのパソコンが万が一壊れてしまったら……最悪の場合、大切なデータは二度と開けなくなるかもしれません。 そうでなくてもパソコンに保存できる容量には限りがあるので、たくさんデータを保存していると、容量がいっぱいになってしまうことも……。 パソコンが壊れたら…… そんな時に使えるのが、オンラインストレージです。 もしパソコンが壊れてもデータはオンラインにあるので、別のパソコンでログインすれば、問題なくデータが開けます。 また、オンラインに保存する分、パソコンの容量を節約できますね^^ OneDriveでは、 無料でも5GBまでデータを保存できます。 5GBってなかなかの容量ですね。 写真ならだいたい2,500枚くらい保存できちゃいます。 Outlook(Outlook)でwebメールもできちゃう AppleにはiCloudメール、GoogleにはGメールというwebメールが無料で使えます。 マイクロソフトにも、 Outlook(Outlook)という無料で使えるwebメールがありますよ。 メールはもともとインターネットにつながないとできないんじゃ? 今までのメールソフトは、パソコンにインストールして使っていたので、インストールしたパソコンでしかメールを確認したり送信はできませんでした。 携帯のキャリアメールもそうですね。 ドコモやau、ソフトバンクのキャリアメールは、その携帯でしか操作できません。 しかしwebメールなら、 インターネットにさえつながれば、どこからだってアクセスできます。 パソコンからでもスマホからでも、端末に制限はありません。 iCloudメールやGメール、Yahoo! メールなんかがそうですね。 マイクロソフトのOutlookも、これらと同じように使えるのです。 無料のOffice Onlineが使える Office Online 通常Officeを使う場合、Officeのパッケージ版を購入するか、Microsoft365という月額タイプのサブスクリプションを利用するかなのですが、実は 無料でOfficeが使えるってご存じでしたか? その名も、「」! ワードやエクセル、PowerPoint、OneNoteがweb上で閲覧、編集ができるのです。 送られてくるデータがワードやエクセルなので、閲覧するためだけに必要、なんて時にはぴったりですね! そのほかスカイプやワンドライブ、Outlookにもアクセスできます。 ログインした画面 試しにエクセルを開いてみました。 見た感じ、通常のエクセルと同じような感じですね。 Office Onlineのエクセル じゃあ無料版でいいじゃん。 ただ、もちろんOffice Onlineには制限があります。 たとえば、条件付き書式やデータの入力規則なんかは表現はできますが、ルールの作成はできません。 また、マクロが使えなかったり、一部の関数がうまく働かなかったり……。 ワードでも、図形やテキストボックスが作れなかったりと、通常版の簡素版という位置づけのようです。 しかし、 無料でつかえるものとしては贅沢すぎる内容ではあります。 マインクラフトを遊ぶのに必要 一時期かなりの人気を誇っていたマインクラフト。 youtuberがこぞって楽しく遊んだり、自慢の建造物を披露していましたよね。 実は、そんなマイクラ遊ぶのにマイクロソフトアカウント必要ってご存じでしたか? マイクロソフトアカウントはこういったゲームとも関係があるんですね。 マイクロソフトアカウントは知らないうちに持ってる可能性がある パソコンにログインするにはアカウントが必要ですが、このアカウントは「マイクロソフトアカウント」と「ローカルアカウント」の2種類があります。 この時に、マイクロソフトアカウントでセットアップしてログインしていれば、マイクロソフトアカウントを持っている。 ローカルアカウントという別のアカウントでセットアップしてログインしていれば、マイクロソフトアカウントは持っていない可能性があります。 マイクロソフトアカウントの確認方法 マイクロアカウントをすでに持っているのかを確認してみましょう。 スタートから設定を開く Windowsの設定が開くので、 アカウントをクリックします。 アカウントをクリック すると、ユーザーの情報が出てきます。 名前の下に メールアドレスが書いてあれば、マイクロソフトアカウントを使ってログインをしています。 ローカルアカウントの場合、ローカルアカウントと書かれています。 ローカルアカウントかマイクロソフトアカウントかを確認する方法 マイクロソフトアカウントにログイン(サインイン)してみる すでにアカウントを持っている方はそのアカウント、持っていない方は新しくアカウントを作成して、先に述べたようなサービスを使ってみましょう。 下記サイトにアクセスして、メールアドレスとパスワードを入力すればOKです。 マイクロソフトアカウントサインイン画面 1. サインイン マイクロソフトアカウントをお持ちの方はこちらから 2. Microsoftアカウントを作成 マイクロソフトアカウントをお持ちでない方はこちらから マイクロソフトアカウントを持っている場合 サインインをクリックするとサインインの画面に行くので、メールアドレスを入力して、次へをクリックします。 メールアドレスを入力する 次にパスワードを入力します。 パスワードはマイクロソフトアカウントを作った際に決めていると思いますが、忘れた場合は「パスワードを忘れた場合」をクリックすれば、先ほど入力したメールアドレス宛にメールが来るので、メールに指示に従えばOKです。 パスワード入力画面 無事、サインインできました! Microsoftのサイトにサインインできた! 新しくマイクロソフトアカウントを作る場合 Microsoftアカウントを作成をクリックすると、アカウントの作成という画面が出てきます。 ここに登録したいメールアドレスを入力してください。 メールアドレスを入力する この後は画面の指示に従って「パスワード」「名前」「国」「生年月日」と入力して進みます。 最初に指定したメールアドレスにMicrosoftアカウントチームからメールが来るので、中にある「セキュリティコード」を確認します。 生年月日まで記入したMicrosoftアカウントに戻ると「メールの確認」画面になっています。 そこに、先ほど確認したセキュリティコードを入力して、次へをクリックします。 これでマイクロソフトアカウントが作成されました! 以降は指定した メールアドレスとパスワードで、マイクロソフトのサービスを利用できます。 無料で作れてそれなりにサービスも充実しているので、気になる方はぜひのぞいてみてはいかがでしょうか? それでは、お疲れさまでした!.

次の