文字 を おしゃれ に する 方法。 LINEの名前をおしゃれに!可愛い特殊文字で名前をおしゃれにする方法

丸囲み数字などの環境依存文字を使う方法 [ホームページ作成] All About

文字 を おしゃれ に する 方法

文字入りアイキャッチ画像を作るWordpressのプラグインはある? 結論としてこのケースに使えそうなワードプレスプラグインはなかったです。 はじめはWordPressのプラグインで、• 画像をアップして• その上に文字を入れられる ものがあればいいなと思ったのですが、プラグインでは思ったようなものが見つかりませんでした。 近しいものとしては、画像に著作権の印として透かし文字(watermark)を入れるようなプラグインなどがあったのですが、著作権対策の透かしのため、決まった文字や画像を透かしで入れるもので、毎回の記事の見出しとしては使いづらそうでした。 他にも文字入れのプラグインは見つからなかったので、今回はアプリやブラウザ上のサービスで、簡単に文字入れをして、オシャレな画像を作れるものを紹介します。 今回ご紹介する3つの方法 今回ご紹介する3つの方法は下記です。 スマホで簡単文字入れできるアプリ「Phonto」• ブラウザ上で高機能に文字入り画像がデザインできる「Canva」• ブラウザ上でシンプルに文字入り画像が作れる「文章を画像化できるWebツール!」 上記の3つの方法について、それぞれキャプチャ入りで詳しく解説しています。 さらには一番下にはデザイナー視点で文字入り画像を作る時のアドバイスも入れました! 盛りだくさんの内容になっていますので、飛ばし読みして気になる点だけ読んでもらっても大丈夫です。 では順に説明していきます。 お洒落な文字入りアイキャッチ画像を作成できるスマホアプリ「Phonto」 まずはじめにご紹介するのはスマホアプリの Phontoです。 スマホアプリですが直感的で非常に使いやすくなっています。 詳しく見ていきましょう! 「Phonto」の使い方 背景を選ぶ アプリを起動したらキャンバスのようなものが出ます。 真ん中下のカメラマークを押すと、背景に何を置くかを選ぶ画面が出ます。 「プレーンな画像」を選ぶと、地の模様を選べます。 鍵マークがついてるものは有料です。 上の画像の吹き出しで「Color(色)」と表示されている部分をクリックすると色を選べる画面になります。 既に用意された色から選ぶこともできますし、下のスケールを動かすと、自分で赤、緑、青の分量を調整してオリジナルの色を作ることもできます。 色を決めたら右上の「Apply(適用)」を押すと、前の画面に戻ります。 横長か正方形がスタンダードですが、テーマや目的に沿って好きに選んでください。 「Custum(自由に調整)」を選ぶと縦横好きな大きさにできます。 色とサイズが決められたら、右上の四角から矢印が出ているエクスポートボタンっぽいものを押すと下記のような画面が開きます。 文字を入れる 先ほどの画面で「Use(使う)」が入ったものを選んでいると、キャンバスの上に背景画像が敷かれた状態になります。 文字を置きたいところをタップすると文字入力画面(Add Text)が出ます。 Add Textをタップすると、文字内容入力画面が出ます。 入力画面の真ん中下「Align(行揃え)」のところで左揃え、真ん中揃え、右揃えが選べます。 文字入力画面一番下の列左の「Font」を押すとフォントが選べます。 「Symbol」で星やハートなどのマークが選べます。 右下の「Done(完了)」を押すと背景に文字が載ります。 一度入力を完了した後に、要素をタッチすると、もっといろんなオプションが出ます。 Text(テキスト)…テキストの打ち直しができます• Font(フォント)…フォントの選び直しができます• Style(スタイル)…色を変えたり、縁取りをつけたり、影をつけたり、下線を引けます• Size(サイズ)…スライダーで文字のサイズを変更できます• Tilt(傾き)…文字を傾かせることができます• Move(動かす)…縦横センター揃えに配置したり、オススメのレイアウトから配置箇所を選べます• Curve(曲げる)…文字をアーチ状にできます• 3D(立体化)…有料オプション• Erase(消す)…有料オプション 直感的にわかるようになっているので、ぜひ色々いじってみてください! 「Phonto」を使ってみた感想と制作例 フォントの種類が豊富で、文字を変えるだけでも簡単に可愛くできてとっても使いやすかったです。 難点としては、スマホアプリなので、パソコンでブログを書く場合はアイキャッチ画像だけスマホで作って送るのがちょっと面倒くさいという点でしょうか。 全体的にはめちゃおすすめアプリです。 フォントの種類がたくさん• 日本語フォントの種類も豊富で下にまとまっているので選びやすい• いい写真がなくても色だけの背景画像を選べる 気になるところ• スマホアプリだから、スマホで作ってPCでアップするという二度手間がかかる ブラウザ上で高機能に文字入り画像がデザインできる「Canva」 次にご紹介するのが Canvaです。 Canva こちらも有名なアプリで、ブラウザ上でデザインができるのでパソコンでもできます。 また、たくさんのテンプレが揃っていて、打ち変えるだけでかっこいいバナーが作れちゃいます! ブラウザ上の操作もかなり高度なことまででき、あまりこだわらないバナーだったらこれだけでも十分かもしれません。 あえてデメリットを挙げるとしたら、登録が必要で面倒くさい点と、 高機能すぎて深みにはまると難しい点でしょうか。 では早速使い方を見ていきましょう。 「Canva」の使い方 Canvaはかなり高機能なため、のめり込みすぎると際限なく時間をかけてしまうことができて危険ですw なので今回は一番迷いなくサクッと作れるよう、用意されたテンプレを打ち変える方法でご説明します。 その場合の流れはこんな感じです。 利用登録をする(無料)• テンプレートを選ぶ• 背景を変更する• 文字を打ち変える• 細かいあしらいを加える• ダウンロード まずはCanvaのウェブサイトへ行って利用登録をしましょう。 日本語に対応しているので、指示に従えば問題なくできると思います。 途中、「あなたの属性は?(デザイナー、ブロガーなど)」とか聞かれたりするのですが、なんでもいいので気にせず自分に近そうなものを選びましょう。 上のレイアウトから使いたいものを選んでクリックすると、 カンバスが現れます。 今回は「ブログバナー」というレイアウトを選びました。 左にあるレイアウトサンプルから好きなものを選んでクリックすると、カンバスにそのレイアウトが現れます。 文字を打ち変えるだけでそれっぽいバナーの出来上がり。 さらに、左の項目から色々要素を選んで追加できます。 こちらは線を入れて見たところ。 出て来たものから選んで当てはめるとこんな感じに。 満足するまで編集したところで、最後に画面右上に並んでいるボタンの中から「ダウンロード」を押すと画像がダウンロードできます。 「Canva」を使ってみた感想と制作例 テンプレをそのまま打ち変えるだけで素敵なバナーができて感動ですね! とても高機能なので、PhotoshopやIllustratorを持ってなくてもかなりのデザイン編集ができるのではないでしょうか?! 逆に制作ツールになれたデザイナーさんはちょっと使いづらいんじゃないかなと思いました。 テンプレがたくさん• 背景に無料写真をその場で選んで入れることができる• レイアウトを選んで打ち変えるだけなら簡単 気になるところ• 応用をきかせようとするとちょっと難しい• ブラウザ上でシンプルに文字入り画像が作れる「文章を画像化できるWebツール!」 上記の二つのサービスはオシャレな画像を作れるのですが、高機能すぎて難しいと思われる方もいるかもしれません。 さらにアプリをダウンロードしたり、登録したりする手間が面倒くさいという方もいらっしゃるかもしれません。 そこで、最後に、とにかくシンプルでわかりやすい文字入れ画像を作るWebサービスも紹介します。 文章を画像化できるWebツール! 「文章を画像化できるWebツール!」の使い方 あまりに簡単なのでキャプチャのみで説明してしまいますw 「文章を画像化できるWebツール!」を使ってみた感想と制作例 とにかく簡単です! 複雑な加工ができないというデメリットはありますが、 難しいこと考えずに文字入れ画像が欲しいという時はこれが一番ではないでしょうか。 単に文字が並ぶだけのこの場合、文字に太さやアクセントがなければとても単調になってしまいます。 その点「コーポレートロゴゴシック(太字)」は太いので広いプレーンな背景にも負けませんし、形がちょっと変わっているので、それだけでデザイン性があります。 デザインのポイント ここでせっかくなのでデザイナー視点で、かっこいい画像を作るポイントをお伝えします。 英字を2種類以上使うときは、全然違うイメージの英字を組み合わせるとオシャレになる 「Sunny day London」の「Sunny day」で筆記体を使ったら、 「London」の方はセリフ体にしています。 メリハリがついてかっこよく見えます フォントに大小の強弱をつけるとメリハリが出る 「ロンドンでおすすめの」を小さくし、 「カワイイ道」を大きくすることでメリハリを出します。 より重要なメインの文言を短く大きく見せると良いです。 さらに色も変えてメリハリを出しました。 文字色を背景画像の中にある色から取る 上の例では「カワイイ道」に色をつけましたが、その色は背景写真の赤いドアに使われている色を使いました。 そうすることで背景と文字がシンクロして全体としてまとまります。 また、この写真の場合、緑や青系の色が背景に多く、ドアの赤がポイントになっていたので、ドアの赤の色をとりました。 読んでほしい文字は読みやすい文字で書く 「Wordpress」は英語ですし、固有名詞なので、きちんと読まなくてもパッと見で雰囲気が伝わります。 なので、飾りとするべく、派手な筆記体調のフォントを使ってデザインしました。 一方「おすすめプラグイン10選」はいわば記事の内容なので、きちんと読んでもらえるように、可愛めのフォントを使いながらもシンプルに読みやすく仕上げています。 端っこを揃える 「Eye catchy」の頭と「Images」の頭が左端で揃っています。 さらに英字は1段目と2段目で印象の違うものを選んで動きをつけています。 「Images」の部分のフォントは筆記体で読みづらいですが、ここは読んでもらいたい場所というよりは飾りの部分なのであまり気にしません。 右下の日本語部分はきちんと読んでもらうために読みやすくしています。 (と言いつつ、これは失敗で、本当は1行にして下に置けばよかったなぁと思っている。 日本語に改行が入ってしまったので、英字2行、日本語2行になり、バランスが悪いです。 また左揃えで改行があるので読みにくいです。 ) まとめ 以上、簡単にオシャレなアイキャッチ画像を作る方法でした! まとめると、• 画像に文字入れするWordpressのプラグインはない• スマホアプリ「Phonto」の使い方• ブラウザアプリ「Canva」の使い方• ブラウザツール「文章を画像化できるWebツール!」の使い方• 早稲田大学卒業後、代官山のデザイン事務所に持ち込みをしてデザイナーとしてのキャリアをスタート。 その後26歳でロンドンの美大セントマーチンズに自費で社会人留学。 その後、イギリス企業にてWEBマーケティングや運用を担当したのち、日本に帰国。 楽天本社にて正社員としてWEBプロデューサーとして勤務。 2017年結婚。 シベリア鉄道横断、アイスランド、シンガポールやドバイでの海外ツアーなども経験。 現在はWEBを使って「自由に働き自由に旅するノマドガールを作る!」をミッションに、企業や個人事業主、これから事業を始めたい方などのWEB周りのサポート全般を請け負っている。 インスタフォロワー1万人。 インスタグラマーとしても活動中。

次の

【Instagram】プロフィールの文字をおしゃれにする方法☺【PlainStyle|シャポ庫】

文字 を おしゃれ に する 方法

なぜ環境依存文字(機種依存文字)があるのか? 閲覧者の環境によっては全く異なる文字に見えてしまったり、文字としては表示されなかったりする可能性がある文字のことを、環境依存文字(機種依存文字)と言います。 異なる環境でも同じ文字に見えるかどうかが、閲覧者のOSやフォントなどに依存するため「環境依存」と表現されるのですが、古くは機器メーカー間で表示可能な文字に差があったことから「機種依存」とも言われていました。 例えば、全角カタカナの「ア」は8341、「バ」は836F、「ウ」は8345、「ト」は8367などのようにです。 人間には日本語の単語「アバウト」に見えていても、コンピュータは番号の羅列「8341・836F・8345・8367」として扱っています。 もし文字コードがUTF-8なら、「ア」はE382A2、「バ」はE38390、「ウ」はE382A6、「ト」はE38388なので、「アバウト」の4文字は「E382A2・E38390・E382A6・E38388」という番号の羅列で表されることになります。 あらゆる文字には1つ1つ番号が割り当てられている/文字コードが異なれば、割り当てられている番号も異なる UTF-8で「アバ」を表す番号「E382A2・E38390」をもしSHIFT-JISだと誤解して文字に変換すると、SHIFT-JISコードでは「E382・A2E3・8390」はそれぞれ「繧・璢・ヰ」なので、意図していた「アバ」というカタカナ2文字ではなく「繧璢ヰ」という3文字に文字化けするかもしれません。 または、SHIFT-JISコードでは「A2」が半角カギ括弧なので「E382・A2・E383・90」のように分解されて『繧「繝・』と表示されるでしょう。 このように、文字コードによって文字に割り当てられている番号が異なるため、誤った文字コードで表示すると文字化けが起きます。 Webページやメールなどの文書全体で文字化けが起きている場合は、単に表示に使われている文字コードを正しいコード名に指定し直すだけで文字化けは解消できます。 ブラウザやメーラにある「エンコーディング」などのメニュー項目から正しい文字コード名を選択するだけです。 しかし、困るのは一部の文字だけが文字化けしている場合です。 その点を次に説明します。 また、世界中の文字を単一のコードで表現可能にする目的で作られたUTF-8などのUnicodeでも日本語を表示できます。 本来なら、文字コードさえ同じならどんな環境でも同じ文字が表示できるはずです。 しかし、一部はそうではありませんでした。 5以降で名称に「N」が付くヒラギノフォントでは、日本語の文字セットを定義した新しいJIS2004規格が採用され、漢字の しんにょうの左上にある点が1つではなく2つになりました。 その結果、同じ「辻」という漢字でも、フォントによって左上の点が1つに見えたり2つに見えたりするようになりました。 「辻」という漢字に割り当てられている番号は同じ(SHIFT-JISなら92D2、UTF-8ならE8BEBB)ですが、その番号に該当する文字としてフォントに収録されている漢字の字形が異なるために、見た目も変わるのです。 例えば、MacOS X以降に標準搭載されているヒラギノフォントでは、Windowsと同じように表示できます。 このように、環境の差によって表示が異なってしまう可能性のある文字が、環境依存文字です。 しかし、HTML5以降のWebでは文字コードの標準がUTF-8になっていますから、環境依存についてはもはや気にしなくて良いとも言えます。 その点を以下に説明します。 HTML5では、文字コードとしてUTF-8の採用が推奨されています。 よほど古い環境ではUnicodeが表示できない場合もありますが、今となってはそのような環境は考慮しなくて問題ないでしょう。 最終的にその文字が表示可能かどうかはフォント次第なので、UTF-8で書けば絶対に表示できる保証があるわけではありません。 しかし、少なくとも「 」が「 」になるような、意図しない文字化けの心配はないと考えて良いでしょう。 そのような場合でも、HTMLソース中で数値文字参照という特殊な記述方法を使えば、文字コードがSHIFT-JISなどでも環境依存文字をWebページ上に表示できます。 次に、その方法をご紹介いたします。 数値文字参照を使って環境依存文字(機種依存文字)を表示する方法 Webページ(HTMLファイルなど)の文字コードがSHIFT-JISやEUC-JPなどのようにUnicodeではない場合でも、数値文字参照という記述方法を使えば、環境依存文字(機種依存文字)でも文字化けすることなく表示できます。 数値文字参照とは、文字を「数値と記号の組み合わせ」で表現する仕組みのことです。 主にキーボードから直接は入力できない特殊な文字や記号を表示したい場合に使われます。 これ以下では、まずは数値文字参照の書き方を簡単に紹介した後、数値文字参照での丸囲み数字とローマ数字の書き方を一覧でご紹介いたします。 HTMLソースにコピー&ペーストするだけで表示できますので、ご活用下さい。 数値文字参照で記述した部分が、丸囲みの数字に置き換わっている 以下のように記述すれば、丸囲みの数字が0~20まで表示できます。 数値文字参照で使われる数値は、部分的には連番ですが所々は飛んでいますから注意して下さい。 環境依存文字である「丸囲みの数字」を、HTMLソース内で数値文字参照を使って表示した例 なお、白の丸囲み数字に関しては、さらに21~50まで定義されています。 すべてが連番になっているわけではなく、35と36の間は番号が飛んでいますので気をつけて下さい。 丸囲みの数字 21~35: ㉑ ~ ㉟• 丸囲みの数字 36~50: ㊱ ~ ㊿ お使いのブラウザで表示を確認してみたい場合や、記号そのものをコピー&ペーストして使いたい場合は、サンプルページ「」をご覧下さい。 なお、文字コードがSHIFT-JISでも数値文字参照を使えば表示できることを示すために、このサンプルページは「文字コードにSHIFT-JISを指定して保存したHTMLファイル」として作成してあります。 ローマ数字1~12などを数値文字参照で書く方法 ローマ数字もよく使われる環境依存文字でしょう。 以下のように数値文字参照を記述すれば、ローマ数字が1~12まで表示できます。 ですから、文字化けするかどうかの問題ではなく、ローマ数字の11や12をSHIFT-JISコードなどで書かれたHTMLファイル内で使いたいなら、数値文字参照を使う必要があります。 上記の数値文字参照の各記述をブラウザで表示すると、下図のように見えます。 環境依存文字である「ローマ数字」を、HTMLソース内で数値文字参照を使って表示した例 ローマ数字には、さらに50、100、500、1000などもあります。 環境依存文字(機種依存文字)は、UTF-8か数値文字参照で表示 今回は、環境依存文字(機種依存文字)と呼ばれている文字でも閲覧環境に関係なく文字化けせずに表示できる方法として、UTF-8コードを使う方法と数値文字参照を使う記述方法の2つをご紹介いたしました。 Web上での標準的な文字コードはUTF-8ですから、これからWebページを作るなら文字コードにはUTF-8を採用しておきましょう。 そうすれば、環境依存文字かどうかを気にする必要なく、どんな文字でも直接HTMLソースに記述できます。 もし、どうしてもUTF-8にはできない(SHIFT-JISなどを使い続ける必要がある)のであれば、数値文字参照の記述方法を活用して下さい。 なお、丸囲み数字やローマ数字以外の特殊な記号を表示する方法としては、下記の関連記事もご参照下さい。 【関連記事】•

次の

かわいい文字を書く方法を大公開!プリクラや手紙、ミクチャで大活躍!【高校生なう】|【スタディサプリ進路】高校生に関するニュースを配信

文字 を おしゃれ に する 方法

Wordファイルでは、文書を開いたときにどんなフォントの文字を、どんな大きさの字で入力するか、規定のフォントが設定されています。 新規文書を作成するたびに、いちいちフォント変更をするのって面倒だけど、でも設定の仕方がわからないからその都度変えている……という人も多いのでは? ちなみに筆者の使っているMicrosoft Word2019では、「游明朝」&文字サイズ10. 5がデフォルトとして設定されているようです。 今回は、任意のフォントと文字サイズを常時設定にする方法をご紹介します。 お使いのOSやWordのバージョンにより、操作方法が異なる場合があります。 Wordの既定フォントを変更する方法 まず、Wordファイルを開いてみましょう。 これがWord2019の既定フォント「游明朝」です。 新規文書を作成すると、いつもこのフォントで入力されるようになっています。 ここから、[ホーム]タブの中にある [フォント]のダイアログボックス起動ツール(画像のななめ右下を向いた矢印)をクリックします。 「日本語用のフォント」のリストから、変更したいフォントに変更します。 ここでは「MS Pゴシック」に変更してみます。 文字のスタイル(斜体にするなど)や、サイズもここで設定できます。 選択し終わったら、下のほうにある[既定に設定]ボタンをクリック。 変更したフォントを、この文書だけに反映させたい場合は「この文書だけ」を、 今後新規の文書を作成するとき、すべてこのフォントを使いたい場合は 「Normal. dotm テンプレートを使用したすべての文書」にチェックします。

次の