アイフォンからアイフォン 写真。 iPhoneの写真をiTunesでWindows PCへ転送する

iPhoneからプリンターに直接印刷するには

アイフォンからアイフォン 写真

従って、まずはiPhoneの写真をパソコンに移動する必要はあります(もし直接にiPhoneからiPhoneへ写真を転送したいなら、「2.転送ソフトAnyTrans for iOSで写真を転送」の方法をご利用ください): iPhoneの写真をパソコンに取り込む-方法2 方法2:iPhoneをUSBケーブルでパソコンに接続します > 「自動再生」のポップアップが出たら、「画像とビデオの読み込み」をクリックします。 読み込むが終わったらフォルダが自動的に開きます。 注:Macの場合は、iPhotoでiPhoneからMacへ写真を転送することができます:USBケーブルを使ってiPhoneをMacに接続します > iPhotoを起動します > 転送したい写真を選択します > 転送をクリックしてiPhoneからMacに写真を転送します。 iPhoto以外に、Preview、Image Captureまたはpertureも写真を転送することができます。 写真がフォルダからiPhoneに同期されます。 その場合、転送ツール - を利用するのをおすすめします。 全世界で1000万以上のユーザーが愛用するAnyTrans for iOSは、以下の特性を持っています:• 2台のiPhoneの間で、写真を直接に転送可能• iPhoneに既存の写真を上書きしない• 写真を一括転送することもでき、選択的に転送することも簡単• 写真だけでなく、や、ビデオ、、メモなどのデータを2台のiPhoneの間で転送することができるなので、機種変更の場合にお役に立つ• 購入する前に無料試用(3日間 1日30項目まで)が可能、購入した後でもが対応• 安心してご利用ください。 ウイルス検査済み ウイルス検査済み もしiPhoneがAnyTrans for iOSで認識されないなら、をご参考ください。 ステップ2、転送したい写真のあるiPhoneの管理画面に入ります > 必要な写真フォルダに入ります。 ステップ3、転送したい写真をチェックして、右上のデバイスへ転送のアイコン をクリックしてください。 以上の簡単な三つのステップで、iPhoneからiPhoneへ画像を転送することが完成できます。 そして、もし音楽やビデオ、着信音、連絡先などもiPhoneからiPhoneへ転送したいなら、AnyTrans for iOSが簡単に実現できます。。 ステップ2、「AirDrop」をタップして、「すべての人」(相手が連絡先に登録していない場合)または「連絡先のみ」(相手が連絡先に登録している場合)をタップします。 ステップ3、iPhoneの写真アプリに入って、転送したい写真を選択します。 ステップ4、左下のアクションアイコンをタップして、ターゲットiPhoneを選択します。 ステップ5、相手のiPhoneの画面にiPhoneから転送された画像・ビデオの受信通知が表示されるので、「受け入れる」を選択します > 写真が相手のiPhoneのカメラロールに転送されます。 iCloudでiPhoneの間で写真を転送するなら、三つの方法があります: 方法1、iCloudフォトライブラリで写真を同期 もし二台のiPhoneに同じiCloud IDをサインインしたなら、iCloudフォトライブラリを利用して写真を転送するのが一番楽です: ステップ1、二台のiPhoneに同じiCloud IDをサインインします。 ステップ2、iPhoneの「設定」 > 「iCloud」 > 「写真」に入って、「iCloudフォトライブラリ」をオンにします。 そのように設定したら、iPhoneで撮った写真がWi-Fi環境に自動的にほかのiPhoneに同期されます。 ご注意:「iCloudフォトライブラリ」をオンにしたら、iTunesからiPhoneに同期された写真が削除されます。 方法2、マイフォトストリームで写真を同期 マイフォトストリームも同じiCloud IDのiPhoneに写真を同期することができます。 iCloudフォトライブラリと違って、マイフォトストリームはiCloudの容量を使わず、最大1000枚の写真を一ヶ月内に同期することができます。 iCloudストレージがギリギリになった場合はマイフォトストリームで写真を同期しましょう: ステップ1、二台のiPhoneに同じiCloud IDをサインインします。 ステップ2、iPhoneの「設定」 > 「iCloud」 > 「写真」に入って、「マイフォトストリーム」をオンにします。 そのように設定したら、iPhoneで撮った写真がWi-Fi環境に自動的にほかのiCloudデバイスに同期されます。 ステップ2、写真アプリに入って、「共有」に入ります。 ステップ3、「新規ストリームを作成」をタップして、指示に従って共有アルバムを作成して相手のiPhoneと写真を共有します。 相手はiPhoneから写真を見る・ダウンロード・コメントするなどことができます。 ご注意:iCloud の写真共有にアップロードされた写真やビデオの容量は、iCloud ストレージを消費しません。 共有アルバムには、写真とビデオを合計 5000 件保存できます。 DropboxやGoogleドライブ、OneDriveなどを利用して、二台のiPhoneの間で写真を転送することができます。 クラウドサービスが多いので、ここではDropboxを例として転送方法をご紹介します。 ステップ1、iPhoneにDropboxのアプリをダウンロードしてサインインします。 ステップ2、Dropbox管理画面の右上の「…」をタップして、「アップロード」をタップします > 転送したい写真を選択してアップロードします。 ステップ3、ターゲットiPhoneに同じDropboxのIDでサインインして、写真を見る・iPhoneにダウンロードすることができます。 もしくは共有フォルダを作成して、ターゲットiPhoneにフォルダを共有することができます。 各クラウドサービスの無料で使える容量と料金はそれぞれ違うので、利用する前に自分の状況によって適切なクラウドサービスを選択しましょう。 従って、写真を自分のFacebookやLINE、Twitterのタイムラインにアップロードしたら、他人のiPhoneから写真を見る・保存することができます。 さらに、FacebookやLINEなどの一部分のSNSアプリはメッセージを送る機能があり、直接に相手に写真を転送することもできるので、非常に便利です。 従って、Lightning搭載USBメモリーは違うiOSデバイスの間でデータを転送することに役に立ちます。 iPhoneの間で写真を引き継ぎたい場合、Lightning搭載USBメモリーを使うと便利です。 市販のLightning搭載USBメモリーは数千円から数万円までの機械もあるので、お金に余裕がある方は自分の必要によって利用してみましょう。 自分の必要によって最適な転送方法を選択しましょう。 何か質問等ございましたら、気楽に。 もしiPhoneの写真をパソコンに取り込みたいが写真がパソコンで表示されないなら、を参考しましょう。 その場合、をご参考ください。 また、もしこの記事が気に入っていただけたら、FacebookやTwitterにシェアしてくれると嬉しいです。

次の

iTunesなしで|iPhoneの写真をPCにバックアップする9つの方法

アイフォンからアイフォン 写真

iPhone内の写真や動画をまるごと新しいAndroidスマホに移したいときは、この方法が一番手軽。 写真の整理を兼ねたい場合はこの方法がお奨め iPhone内の写真や動画で必要なものだけAndroidスマホに移したい場合、インターネット上のサーバーに自分のファイルを保存できる「クラウドサービス」が便利です。 Googleは、Androidスマホに無料で15GBまで使える「Googleドライブ」のアプリを用意しているほか、スマホ内の写真や動画を無料で自動的に保存できる「Googleフォト」というクラウドサービスも提供しています。 ここではまず、写真データを例に「Googleドライブ」を使う方法を説明します。 動画データの場合も操作方法は同じです。 また、今後、新しいAndroidスマホで撮影した写真や動画はすべてクラウドに保存したいという場合は、を参照してください。 なお、クラウドサービスを利用する場合は、iPhoneの通信回線または、Wi-Fiでインターネットに接続できる必要があります。 インターネット接続ができない場合は、パソコンが必要です()。 「Googleフォト」は、Googleが無料・容量無制限で提供する、写真・動画専用のクラウドサービスです。 「Googleフォト」アプリでバックアップと同期の設定をオンにするだけで、端末内の写真や動画を自動的にバックアップし、他の端末やパソコンなどと共有することができます。 「Googleフォト」アプリはiOS版もあるので、これを使用してiPhone内の写真や動画をクラウドにアップロードすれば、Androidスマホでもすぐに閲覧したりダウンロードしたりできます。 「Googleドライブ」との一番の違いは、端末内の写真や動画はすべて自動的にクラウドにアップロードされてしまうことです。 また、写真は1600万画素以下に、動画は1080p以下に圧縮されます。 圧縮せずに保存したい場合は、15GB以上は有料になります。 クラウドに自動的にアップロードされたくないという場合は、「Googleドライブ」をおすすめします。 あとは、新しいAndroidスマホで「Googleフォト」を起動すれば、写真や動画を閲覧したり、ダウンロードしたりできます。 なお、詳しい使い方などは、を参照してください。

次の

7つの方法でiPhoneからiPhone XS/XR/X/8/7/6sへ写真を転送する

アイフォンからアイフォン 写真

iTunesでiPhoneに写真を送る まずはiTunesで送信する方法です。 カンタンに流れを説明します。 iPhoneでiCloud写真をオフ• iTunesで写真を選択• フォルダを選ぶ たったこれだけ! と言うことで、説明をスタートします。 まずiPhoneの設定アプリで自分のプロフィールを選択し、 「写真」を選択、 「iCloud写真」をオフにしておく必要があります。 上部メニューからiPhoneを選択し、左にあるリストの「写真」を選択します。 「写真の共有元」で、「ピクチャ」を選択して iPhoneに送りたい写真をまとめたフォルダを指定しましょう。 あとはiTunesとiPhoneを同期すればオーケー。 写真アプリにフォルダ名が付いたアルバムが作成され、写真や動画が送られています。 カンタンに流れを説明します。 iPhoneでiCloud写真をオン• iCloudのページに入って…• 写真をアップロードする iTunesよりもお手軽ですよね! これを利用するには、まずiPhoneの設定アプリで自分のプロフィールを選択し、 「写真」を選び、 「iCloud写真」をオンにしておく必要があります。 まずブラウザを開いてにアクセス。 Apple IDでログインしたら、「写真」をクリック。 右上にある 「アップロード」を選択しましょう。 まずiPhoneのWi-FiとBluetoothをONにしましょう。 そしてパソコンから写真を送りたいiPhoneのロックを解除しましょう。 すると、iPhoneが表示されます。 後は選択するだけで写真を送ることができますよ。 ということで、 以上3つの写真送信方法でした。 他にもサードパーティ製アプリを利用することで写真を送ることができますが、そういったものを使わないのであればこれらの方法が便利だと思います。 チェックしてみてください。

次の