琵琶湖 大橋 通行 料。 4月1日から琵琶湖大橋の通行料値下げが決定!現在の回数券は使えなくなるのでご注意を

ETC通行について

琵琶湖 大橋 通行 料

琵琶湖大橋有料道路管理事務所 〒524-0101 守山市今浜町2539 TEL:077-585-1129 FAX:077-585-9091 建設目的・経緯 滋賀県の湖東と湖西を連絡することにより、均衡のとれた県勢の発展と、琵琶湖観光の開発に資するため建設されました。 昭和39年9月の開通以来、産業経済、観光発展において大きな役割を担い、滋賀県の大動脈となっている有料道路です。 昭和55年3月には琵琶湖大橋に自転車歩行者道を追加設置し、その後、交通量の増加に対応するため琵琶湖大橋の四車線拡幅事業を行い、平成6年7月に供用しました。 現在は、新たな事業として、琵琶湖大橋に近い区間の取付道路の四車線拡幅、琵琶湖大橋の基礎の耐震補強、ETCの整備(平成31年2月運用開始)に取り組んでいます。 区間・路線名 守山市洲本町から大津市真野普門町まで(国道477号) 守山市洲本町から栗東市林まで(県道守山栗東線) 延長 15. 4km(大橋1. その内容は、下記の3点となっています。 1)交通量増加に対応するため、琵琶湖大橋取付道路の一部区間を4車線に拡幅します。 上部工耐震補強工事とは、橋げたなど、橋の上半分を地震に強くするために行った工事です。 上部工耐震補強工事は、主にこの4種類の工事から成り立っています。 老朽化した部分を一新して、いっそう地震に強い橋になったんだよ。 その1 支承取替工 その2 伸縮装置取替工 橋けた(桁)を支える「支承」と呼ばれる部分を鉄でできた、今までのものからゴム製の強くて新しいものに取り替えたんだよ。 これで大きな地震にも強い構造に生まれ変わったんだよ。 道路の「継ぎ目」伸縮装置も取り替えたんだよ。 場所によっては、継ぎ目がめだたなくなって、快適に走れるようになったんだ。 その3 主桁連結工 その4 端横桁補強工 けた(桁)どうしも連結したんだよ。 地震の力を橋全体でうけとめることができるようになったんだ。 地震がおこって橋げたどうしがぶつかっても大丈夫。 橋げたのすみっこは、鉄骨で補強して壊れないようにしたんだ。

次の

徒歩でも渡れます

琵琶湖 大橋 通行 料

琵琶湖大橋の手前で道の駅へ さて「琵琶湖大橋」の西詰には、道の駅「」があります。 むかしはよく立ち寄って 鮒ずしを買っていたのですが、近ごろは駐車場がいつも満車でとんぼ返りばかりしていました。 ただその日は雨の日だったので、もしかするとと思って立ち寄ってみると、駐車場にわずかばかりの空きがあります。 ということで久しぶりに、道の駅「びわ湖大橋米プラザ」に寄ってきました。 回数通行券の払い戻しの貼り紙 ようやく駐車に自動車を停めて、建物の方へ歩いていくと、至るところに貼り紙があります。 貼り紙には「琵琶湖大橋の回数通行券を払い戻し中」のような文言が書かれていました。 「琵琶湖大橋」は 有料道路なので、よく通行する人のために 回数通行券があります。 そのとき道の駅「びわ湖大橋米プラザ」の 2階の払い戻し窓口では、琵琶湖大橋有料道路の 未使用の回数通行券が払い戻し中だったのです。 ただ、なぜ回数通行券が払い戻しになっているのかを、考えるべきでしたね。 いざ琵琶湖大橋を渡ってみたら さて「琵琶湖大橋」は料金所があるので、休日になると渋滞することもしばしばです。 ところがその日「琵琶湖大橋」を走ると、土曜日にもかかわらず意外と空いていました。 運転中に ETCカードを取り出して、ETC車載器に挿入するのは危険です。 琵琶湖大橋にETCシステム 「琵琶湖大橋」では料金を速やかに徴収して渋滞を解消するため、ETCシステムが導入されたようです。 それにより回数通行券が廃止され、未使用の回数通行券が払い戻されていたのです。 むかし高速道路に ETCシステムが導入されたときも、同じことがありました。 ボクがよく購入していた高速道路のプリペイドカードが、廃止になっています。 なお ETC を利用すれば、 通行料金が 20パーセントオフになるようです。 頻繁(ひんぱん)に通行する人にとっては、朗報でしょうね。 あとがき 「琵琶湖大橋」はかなり以前から有料道路のままで、今でもそれが続いています。 ただ近くにある「近江大橋」や「途中トンネル」は、とっくに通行無料になっています。 「琵琶湖大橋」の渋滞解消のために、ETCシステムを導入したようですが、料金を取ることそのものは止めるつもりがないようです。 道路公団には、たとえ 1本の有料道路の建設費が回収できたとしても、全国の有料道路を 1本とみなして、さらに通行料金を徴収し続けられる「プール制」という制度があります。 その制度のお蔭で、高速道路も含めて有料道路は、なかなか無料になりそうもありません。

次の

滋賀県道路公社

琵琶湖 大橋 通行 料

Photo by Wikipedia 滋賀県大津市と草津市を結び、国道1号線の重要なバイパスとなる近江大橋が1974年の完成から39年を経て本日無料化されました。 琵琶湖の南端、滋賀県の大津市と草津市を繋いで架かるが本日午前0時から通行無料となりました。 1974年の利用開始から39年を経て総事業費204億円を償還。 年平均1億4千万円かかる維持管理費については今年度から基金を設けてまかないます。 当初の通行料(普通車150円)の徴収期限は2002年9月であったものの、4車線化などの事業で2度延長されており、今回ようやく利用者にとっては待望の無料化が実現しました。 本件に関しては今年7月時点で滋賀県内の11市長から有料化継続を求める要請書が提出されるなど混乱が続いていましたが、この無料化で決着した形に。 大津市内の国道1号線は慢性的に渋滞がひどく、他に琵琶湖南岸に架かる無料の橋は有名なしかなかったのが現状。 琵琶湖から流れ出る瀬田川の京滋バイパスに並走する1号バイパスや南郷洗堰まで下ると京都方面へのアクセスが悪く使いにくかったため、今回の無料化に伴う渋滞の解消にも期待が寄せられます。 なお、琵琶湖の中ほど、大津市と守山市を結ぶもう1本の有料道路の琵琶湖大橋については2021年までの無料化が予定されていましたが、こちらはさらに有料期間が延長される可能性も残されています。 琵琶湖大橋の東岸には近年「生ける廃墟」一躍有名となったも位置しており、アクセス改善の必要もひしひしと感じられますがどのような結果になるのか、さらに注目されます。

次の