日本 の ペット ボトル 回収 率 いろは す。 【2019】日本のリサイクルの現状がヤバい!プラスチックの問題点「ペットボトルは燃やしてもリサイクル!?」

環境経済情報ポータルサイト 環境経済基礎情報:容器包装廃棄物

日本 の ペット ボトル 回収 率 いろは す

日本のペットボトルのリサイクル率は? 日本で清涼飲料用にペットボトルが使用され始めたのは1982年のことです。 それまで清涼飲料はガラス瓶に入っていましたが、ガラス瓶は重くて割れやすいという欠点があったため、 より軽く、より割れにくいペットボトルが採用されました。 使用が容認された当初はごみへの懸念問題から食品や飲料業界で自主規制を行い、1L以上のものだけに使用が限定されていましたが、1996年に自主規制が撤廃され、500mlのものに使用されだすと一気に広まっていきました。 2017年度のペットボトルの出荷本数は「227億本」という膨大なもので、国民1人あたりが年間に180本ほど消費していることになります。 そしてペットボトルが普及していく一方で、業界ではペットボトルのさらなる軽量化やリサイクルに取り組んでいます。 2017年度、 日本のペットボトルのリサイクル率は84. 8%となりました。 海外と比較すると、ヨーロッパは40%ほど、アメリカでは20%ほどという低いリサイクル率と比べると日本のリサイクル率は非常に高いと言えます。 (出典:) ペットボトルをリサイクルに出した後はどうなる? ペットボトルはリサイクルに出された後はどうなっていくのでしょうか? まず大まかな流れとしては 「分別回収」「再生処理業者に引きわたし」「再商品化」という流れになっています。 自動販売機の横、スーパーやコンビニに設置されている専用の回収箱、ごみの分別回収などによってペットボトルが分別回収されると、まず地方自治体のリサイクルセンターに集められます。 そこでラベルや塩化ビニールボトルなどが取り除かれていきます。 そして圧縮されたあとに再商品化事業者に引き渡され、細かく砕かれることになります。 この細かくされたペットボトルを「フレーク」と呼びます。 このフレークを原料として新しい製品を作っていくことになるのです。 (出典:公式サイト) (出典:公式サイト) ペットボトルのリサイクルで作られる商品 ペットボトルをリサイクルに出すことで、は繊維・シート・成形品など様々な商品が製造されています。 まずフレークを原料として新たにペットボトルを作るというものがあります。 高品質な原料で製造することになるので、品質の高いペットボトルを製造できます。 そのほか、それぞれの項目ごとに具体的に作られるものを挙げていきます。 シート系 ・卵パック ・透明な仕切り板 ・マウスパッド ・下敷き ・食品トレイ など 繊維系 ・カーペット ・スーツ ・防音材 ・ユニフォーム ・ランドセル など 成形品 ・回収ボックス ・ゴミ袋 ・結束バンド ・洗剤ボトル など これらのペットボトルを再利用して製造し、一定基準を満たしている製品には「PETボトルリサイクル推奨マーク」がついていることがあります。 (出典:公式サイト) 進化する日本のペットボトル それぞれの飲料メーカーでは自社及び業界全体でさらなるペットボトルの進化に取り組んでいます。 特に進められているのが「軽量化」です。 ペットボトルが採用され、使用され始めたときは1つあたり25~30gほどの重さがありました。 しかし軽量化が進められることで 近年では20gを下回るものが増えてきています。 中には11~12g程度しかないものもあり、 資源の最小化、環境配慮を強く打ち出しています。 そして清涼飲料メーカーなどの業界団体では2018年11月に「プラスチック資源循環宣言」 を出し、 2030年度までにペットボトルの100%有効利用を目指すとしています。 この宣言では「混ぜればごみ、分ければ資源」という考え方に従い、短期的、中期的、長期的な取り組みをそれぞれに設定することで資源循環の高度化を図っていくことが決められています。 日本のペットボトルのリサイクル率をさらに上げるためには? すでに積極的にこういった資源循環の取り組みを行っていることで、高いペットボトルのリサイクル率を誇っている日本ですが、現実的にはペットボトルがごみとして散乱しているという事実もあります。 そこでこれまでよりもさらに上のレベルの取り組みを行うことで、 再資源化とごみの減少を見込んでいるのです。 短期的な取り組みとしては自動販売機の横のごみ箱の改良です。 自動販売機の横の回収ボックスを「 自販機専用空容器リサイクルボックス」と名称を統一し、ペットボトルの回収を進めていくものです。 これは現状がペットボトル以外のごみが入れられていることが多く、リサイクルの大きな妨げになっていると考えられています。 また、関係のないごみが入れられることで本来入れるべきペットボトルが入らないということも起こっています。 これがごみの散乱につながっているのです。 そこで、ペットボトル専用と缶専用のリサイクルボックスを設置し、散乱状況、異物混入・分別状況を確認・検証することでさらなる効率化を図っているのです。 (出典:) ペットボトルの分別やリサイクルに協力しよう! ペットボトルは国内で大量に製造、利用されているものです。 それだけにペットボトルの有効活用は非常に大きな資源の再利用につながります。 分別回収やリサイクルに協力することで、ペットボトルの有効活用を行っていきましょう。

次の

世界を救え!ペットボトルのリサイクル率100%を目標にする企業6つ

日本 の ペット ボトル 回収 率 いろは す

国内では年間約230億本を生産 では日本国内で1年間に消費するペットボトルの本数はいくつでしょうか? PETボトルリサイクル推進協議会によれば、2016年度の 清涼飲料用ペットボトル出荷本数は227億本でした(PETボトルリサイクル推進協議会)。 上記は飲料用ボトルの数ですから、調味料やみりん・料理酒等のボトルも加えるともっと増えます。 2016年の国内ペットボトル販売量(59万6,056トン)のうち、清涼飲料ボトルは58万4,414トンですから(PETボトルリサイクル推進協議会)、清涼飲料用のPETボトルが全体の98%を占めています。 やはり圧倒的に多いのは飲料用ボトルです。 2016年の1年間に232億本ですから、 1日に約6,400万本、 1時間に約260万本、 1分間に約4万4千本、そして 1秒間に約740本のPETボトルが国内だけで消費されたことになります。 日本の人口は約1億2700万人(2016年)ですから()、単純に 1人あたり1年間に183本使っている計算になります。 地球を126周!? 国内で消費されるペットボトルを全部つなげると、どのくらいの距離(km)になるでしょうか? 500 mlボトルの高さを20センチ、2Lボトルの高さを30センチとして計算してみます。 日本の長さは南北で2,845kmありますから、国内1年分のPETボトルをつなげると、 日本の最北端から最南端までを889往復できます。 地球をぐるりと1周すると4万kmですから、 国内1年分のPETボトルで地球を126周できます。 小型ボトルを500ミリリットル、大型ボトルを2リットルと仮定し、さらに1箱あたりの本数を500mlボトルが1箱24本、2Lボトルが1箱6本と仮定すると、2016年上半期に出荷された500mlボトルは約93億本、2Lボトルは約21億本になります。 下半期の出荷数がわかりませんが、上半期における500ml ボトル数: 2Lボトル数の比率(4. 5:1)を2016年度の出荷本数232億本に単純にあてはめると、500mlボトル190億万本 、2Lボトル42億本になります。 未回収ペットボトル 26億本 では、232億本のPETボトルが消費されゴミになった時、どのくらいが回収されたのでしょうか? PETボトルリサイクル推進協議会によれば、2016年に販売されたPETボトル(59万6,056トン)のうち回収されたのは88. これは重量あたりの回収率ですが、本数にもこの回収率を単純にあてはめると、2016年に回収されたPETボトルの本数は206億本になります。 一方で、 回収されなかった残りは26億本にもなります。 自然環境へ漏れ出すペットボトル PETボトルの回収率は9割もあると喜んでいる場合ではありません。 販売されるPETボトルの数が極めて多いため、回収できなかった1割の数も年間26億本と尋常ではありません。 では、この26億本はどこへ行ったのでしょうか?一部はリサイクル用には回収されずに燃やすゴミ(または不燃ゴミ)として捨てられてしまったのでしょう。 しかし河川で回収される散乱ごみの上位に飲料ペットボトルがきていることを考えれば()、かなり多くのペットボトルがポイ捨てされたか、ゴミ箱からあふれて雨風に飛ばされた可能性があります。 これらはやがて海に流れ込みます。 ペットボトルの材質であるPET(ポリエチレンテレフタレート)は海水よりも比重が大きいため、ペットボトルは沈んで、海底に溜まっていきます。 海洋研究開発機構(JAMSTEC)が公開しているでは、日本周辺の深海底で撮影されたペットボトルの映像が公開されています。 それでも100%には程多く、我が国から毎年20億本を超す未回収ペットボトルが、単純にごみとなり、一部が環境中に漏れ出しているわけです。 環境に漏れている以上、これを野放しにしておくわけにはいきません。 回収率を劇的に向上するには「デポジット制度」を導入するのが効果的で手っ取り早いと言われています。 デポジット制度とは、ペットボトルの代金にあらかじめ少額の預け金(デポジット料金)を上乗せして販売し、あとで空のボトルを返却すると預け金が戻ってくる仕組みです。 よくスーパーの入り口に、空のボトルを回収するボックスがありますが、あそこにボトルをいれるとお金がでてくる(返ってくる)イメージです。 たとえば、環境先進国のドイツでは、スーパーなどにボトル返却機が置いてあり、返却するとレシートがでてきて、そのレシートをレジに持っていけば返金が受け取れる、あるいは買い物の支払い額からその分を引いて精算することができます(Bottle Bill Resource Guide)。 ドイツではペットボトル1本につき25ユーロセント(約33円)の預かり金が課金されます。 回収率は最高98. 5パーセントに達します(Bottle Bill Resource Guide)。 16(約18円)、0. 72(約81円)の預け金が課金されています(eunomia 2010)。 運良くペットボトルを拾えばそれがお金になるため、デポジット制度が定着している国ではペットボトルが落ちていることがほぼありません。 ごみ箱からわざわざ回収してそれを生活の糧にしている人もいるほどです。 ボトル返却機もよくできていて、指定されていないボトルや飲み物が中に残っているボトルをいれると自動的に跳ね返してきます。 こうすることで、回収されたボトルが資源として使いやすいように工夫をしています。 日本でもデポジット制度を導入すれば、回収率もさらにアップすると可能性がありますが、9割近い回収率をさらに上げるためにデポジット制を導入するにはコスト面で課題が残ります。 また日本のリサイクル用ペットボトルはきちんと洗浄されており品質が高いことが売りです。 仮にデポジット制を導入したら、いきなり汚い(中身の残っている・汚れている)ボトルの返却が増えるようでは意味がありません。 そこをどううまく両立するか(キレイなボトルをいまよりも多く回収するか)がポイントになるでしょう。 またデポジット制にしても預け金が低いと使い捨て感覚が拭いきれない可能性もありますので、ペットボトル1本あたりの預け金を30-50円と少し高めに設定するのがポイントかも知れません。 まとめ:回収してリサイクルするよりも削減の方がまし 仮にデポジット制度が普及してリサイクルが進んだとしても、リサイクルされたペットボトルが再びボトルに戻ること(ボトル to ボトル)は一般的ではありません。 技術的には可能ですがコストがかかるからです。 それに透明でクリアなボトルから再び透明なボトルを作ることはできません。 リサイクルの過程で不純物が混じり質が落ちるからです。 PETのリサイクルとは、大抵はぬいぐるみの中綿やフリースなどに使われるポリエステル繊維に変わるだけです。 これはリサイクルというより、ダウンサイクルといいます。 ある意味、ワンウェイです。 それに、ポリエステル繊維の衣服に生まれ変わっても、洗濯されればマイクロプラスチックファイバーを発生し、下水を流れ、結局は(一部が)海に流れる運命です。 さきほどリサイクルしたペットボトルはクリアな透明なボトルに生まれ変わることが難しいたと述べましたが、中身がクリアに見えるボトルでないと消費者は買ってくれないため、結局、(リサイクル品ではなく)新しいペットボトルが作られています。 リサイクルよりもまず削減(Reduce)が先です。 削減する手っ取り早い方法はペットボトルを買わないことです。 ペットボトルを買わずに、かしこくマイボトルを使うコツは以下の記事で紹介しています。

次の

日本国内で消費されるペットボトルの本数は何本?

日本 の ペット ボトル 回収 率 いろは す

容器包装廃棄物を削減する方策としては、リサイクル及びリデュースに主眼を置いた取組が行われています。 リサイクルにおいては、容器包装リサイクル法の制定により、消費者、市町村、事業者の3者に容器包装廃棄物の削減への取組を義務付けています。 また、リデュースにおいては、メーカーに対し、容器包装の削減に寄与する製品開発、パッケージ開発を進めることを求めています。 ここでは、各種容器包装廃棄物のリサイクル及びリデュースの状況についての各種統計や資料を整理しています。 [Excel 32KB]• [Excel 29KB]• [Excel 28KB]• [Excel 29KB]• [Excel 28KB]• [Excel 36KB]• [Excel 27KB]•

次の