ファイナル ファンタジー ヒストリア 再 放送。 NHK BSの全ファイナルファンタジー大投票にファン歓喜 / 地上波NHKでの再放送を求める声 | バズプラスニュース

全ファイナルファンタジー大投票の見逃し配信を無料動画でフル視聴する方法は?再放送ある? | タノタビ

ファイナル ファンタジー ヒストリア 再 放送

ファイナルファンタジー 1987年 風、水、土、火……4つの力を象徴するクリスタルに支えられたこの世界は、いま、闇に飲まれ滅びようとしていた。 しかし、恐怖と不安にふるえながらも、人々はひとつの予言を信じて待ちつづけた。 やがて、4人の若者が長い旅の果てにコーネリアの地にたどり着く。 4つの力に導かれ、クリスタルに輝きを取りもどす伝説の勇者、光の戦士。 記憶も何もなく、自身が何者かもわからぬまま、彼らは予言に従い闇と戦う冒険に身を投じた。 小さなすれちがいのすえに、4つの力によって憎悪の化身となった男の想いが、世界を時の輪のなかに閉じこめていたのだ。 光の戦士たちは時を越えて、その憎しみに立ち向かう。 ゆがんでしまったクリスタルの力を、正しい方向に導く者として。 ファイナルファンタジーII 1988年 それは、はるかかなたの世界の物語——。 長くつづいてきた平和は、突如として打ち破られた。 パラメキア帝国の皇帝が、己が欲望を満たさんとし、魔界から無数の魔物を呼び寄せて世界征服に乗り出したのだ。 ディスト、カシュオーン、バフスク、サラマンド……世界各地の城や町は、つぎつぎと攻め滅ぼされ、あるいは支配下に置かれていった。 パラメキアの侵略に抵抗する反乱軍はフィン王国において立ち上がったものの、帝国の総攻撃により本拠地たるフィン城を奪われ、辺境の町アルテアへと撤退を余儀なくされてしまう。 帝国の襲撃により帰るべきところを失ったフィン王国の若者——フリオニール、マリア、ガイの3人は、反乱軍の指導者ヒルダとその側近ミンウに助けられたことをきっかけに、パラメキア帝国との闘争へと踏み出す。 それは、幾人もの同志たちの犠牲を乗り越えねばならない、つらく苦しい戦いのはじまりでもあった……。 ファイナルファンタジーIII 1990年 かつて人間たちは、4つのクリスタルの加護を受ける光の世界で、大陸を空中に浮かせるほどの超文明を築き、繁栄の極みにあった。 だが、彼ら古代人は、力の源として「光の力」を浪費した結果、大きな災いを招く。 暴走した光の力が氾濫して光と闇のバランスが失われ、世界そのものを無に還そうとする存在、「暗闇の雲」を呼び寄せてしまったのだ。 迫りくる危機を前に、クリスタルは光と闇のふたつの世界から戦士たちを選び出す。 光の戦士、そして闇の戦士たちは、暗闇の雲の撃退に成功し、世界は安定を取りもどしたのだった。 古代人の超文明が遺物となった世界に、ふたたび危機が訪れる。 突如、各地を襲った大地震によってクリスタルは輝きを失い、闇の力を得たモンスターが世界中に現れはじめたのだ。 荒廃の一途をたどる世界を救うべく、大地震で地中に沈んだ風のクリスタルはわずかに残された力で、いま一度、光の戦士に希望を託す。 ファイナルファンタジーIV 1991年 はるか昔、危機に直面した母星を離れ、青き星を目指した人々がいた。 彼らの多くは青き星の住人との共存を望んだが、ただひとりゼムスという者は侵略によって星を手に入れようと主張し、同胞の手で封印される。 そしてまた、共存を望んだ人々も青き星の住人の進化を待つべく、新たに作り出した月で長き眠りにつく。 このようにして、青き星はふたつの月を持つに至ったのだった。 幾多の歳月が過ぎ、青き星の人々は空飛ぶ船「飛空艇」を建造するほどの進化をとげる。 だが、それは戦乱を呼ぶ翼だった。 飛空艇軍団を組織したバロン王国が各国に戦争を仕掛け、世界に恵みをもたらすクリスタルをつぎつぎと奪いはじめたのだ。 復活をはかる邪悪な意思は、月の民の血を引く一組の兄弟を引き裂く。 ゼムスの手先となりクリスタルを狙う兄ゴルベーザと、正しき心でクリスタルを守ろうとする弟セシル。 兄弟が相争う姿を、月は静かに見下ろしていた……。 ファイナルファンタジーV 1992年 1000年もの昔、危険な「無」の力を封印するため、人々はこの世のバランスを保つ4つのクリスタルをそれぞれ分割し、世界をふたつに分けた。 そのときに生まれた世界のすき間、すなわち次元の狭間に「無」は封じこめられる。 こうして脅威は去ったかに思われたが、長い月日が流れ、「無」の力を手に入れようと画策する暗黒魔道士エクスデスが出現。 これを打ち倒そうとした暁の4戦士は、はるか昔に分かたれたもうひとつの世界にエクスデスを追いつめるも倒すことはできず、クリスタルの力を借りて封印するにとどまった。 その結果、闇の力の一部を取りもどしたエクスデスは、邪悪な意志で各地の人々をあやつり、クリスタルをつぎつぎと砕こうとする。 クリスタルに選ばれたバッツたち4人の戦士は、エクスデスの復活を阻止すべく、4つの心を胸に立ち上がった。 ファイナルファンタジーVI 1994年 かつて人間と幻獣を結ぶ絆が存在していた時代、人間たちは幻獣の力を借りて戦争を引き起こした。 悪夢のような大戦から1000年、ふたたび戦禍が大地を覆う。 鉄や火薬、蒸気機関によって復興をとげた世界において、世界征服をたくらむガストラ帝国の皇帝が、失われたはずの魔導の力を復活させたのだ。 その力で強大な軍隊を組織した帝国は、周辺諸国をつぎつぎと滅ぼしていく。 しかし、すべての者が帝国の横暴に甘んじているわけではなかった。 双方の衝突は、やがて幻獣をも巻きこみ、世界の存亡をかけた戦いへと発展していく。 魔晄を管理する神羅カンパニーは、またたく間に巨大企業となり、いまや世界の覇権をにぎっていた。 しかし、魔晄エネルギーとは星の生命そのものであり、魔晄を資源として使うことは星の命をすり減らす行為にほかならない。 危機感を抱く一部の者は反神羅組織を結成し、大都市ミッドガルを中心に、神羅への抵抗活動をくり広げていた。 凄腕の傭兵クラウドは、反神羅組織アバランチに雇われながらも、星の行くすえには無関心だった。 だが、星と対話する古代種の生き残りエアリスと出会い、また、星の脅威となりうるかつての英雄セフィロスの復活を知って、しだいに考えを改めていく。 星を救うべく集まった仲間とともに、故郷を奪った仇でもあるセフィロスを追うクラウド。 その旅は、彼が無意識に避けていた真実と向き合うことを余儀なくさせるものだった。 しかし、魔法の力と飛び抜けた科学力とを併せ持ち、圧倒的優位にあったはずのエスタは、ある日を境に完全に沈黙する。 長くつづいた「魔女戦争」は当事国が鎖国体制を敷いたことで終戦を迎え、人々は疑念に駆られながらも、訪れた平和な時代を謳歌した。 軍事大国となった西のガルバディアが、新たに世に現れた魔女イデアと手を結んで平和をおびやかそうとしていた。 傭兵養成学校バラムガーデンに所属する特殊部隊SeeDのひとりスコールは、ガーデンの級友たちやレジスタンスの少女リノアとともに、ガーデンを激しく敵視するイデアとの戦いへと否応なしに駆り出されていく。 それが、失った過去の記憶を取りもどし、未来を救う旅のはじまりになるとも知らず……。 ファイナルファンタジーIX 2000年 すべてのものは、星の核たるクリスタルから生まれてクリスタルに帰る。 命の記憶は受け継がれ、星を豊かにしていく……そんな命の理(ことわり)を乱す者たちがいた。 それでもテラの民は、長き眠りにつきながら、ガイアを自分たちの手に収める時を待っていた。 その都アレクサンドリアにて出会いを果たし、戦乱を止めるべく動き出すジタン、ビビ、ガーネット。 ファイナルファンタジーX 2001年 大いなる脅威『シン』に人々がおびえて暮らす、死の螺旋にとらわれた世界スピラ。 民はエボン寺院に心のよりどころを求め、召喚士たちは「命と引きかえに発動する究極召喚こそ『シン』を倒す唯一の手段」とする寺院の教えを信じ、スピラに平穏をもたらすべく旅に出る。 ビサイド村の少女ユウナも、ナギ節をもたらそうと決意した召喚士のひとりだった。 異世界ザナルカンドからスピラへと迷いこみ彼女と出会った少年ティーダは、見知らぬ世界にとまどいながらも、召喚士を守る「ガード」としてユウナに同行する。 ファイナルファンタジーXI 2002年~ 天晶歴862年、神々に祝福された世界ヴァナ・ディールに、大きな戦争があった。 2年にわたりくり広げられた未曾有の戦乱のすえ、闇の王は討ち取られ、アルタナ連合軍は勝利を収める。 しかし、平穏は長くはつづかなかった。 大戦から約20年が経過し、またもや獣人たちが各地で不穏な動きを見せはじめたのだ。 これに対し、かつての連合軍諸国は有効な手を打てずにいた。 ふたたび湧き上がった互いへの疑心から、正規軍の派遣を躊躇したためだった。 そんな時代に、人々の希望となる者たちが現れる。 各国はこぞって彼らに事件や問題の解決を依頼するようになり、冒険者たちが世界を動かす要となっていく。 彼らは立場を越えて互いに助け合い、それぞれの絆を育て、ともに世界を駆けた。 そしていま……またひとり、新たな冒険者がヴァナ・ディールの大地に、自身の足跡を刻みはじめる。 魔法が当たり前のように存在し、飛空艇が空を飛びかうこの世界はいま、東のアルケイディア帝国、西のロザリア帝国というふたつの軍事大国による戦乱の時代にあった。 二大国は勢力拡大を図って、周辺の小国をつぎつぎと併合。 かつてイヴァリースを統一した覇王の末流であるダルマスカ王国もまた、前バレンディア歴704年にアルケイディア帝国の侵攻を受け、滅亡してしまう。 アルケイディア帝国がダルマスカ王国に侵攻して2年。 ダルマスカの少年ヴァンと王女アーシェは、偶然の出会いをきっかけに、祖国再興と帝国への復讐を目指して旅立つ。 過去に心に負った傷ゆえに未来を見いだせずにいたふたりだったが、さまざまな人々との出会いを通じて気づかされる。 やがて、ふたりはそれぞれの未来に向けて歩み出す。 それは、イヴァリースに新たな歴史を築く一歩でもあった。 ファイナルファンタジーXIII 2009年 はるか昔、万能に近い力を持つ生ける機械「ファルシ」が天空に築いた球状の世界、コクーン。 楽園と呼ばれるその空間で、人間はファルシたちに養われ繁栄をきわめていた。 だが、ある日、コクーンを揺るがす事件が起こる。 コクーンの外に広がり「下界(パルス)」と恐れられる地グラン=パルスに属するファルシが、コクーン内で発見されたのだ。 コクーンの統治機関である聖府は、下界の汚染を避けるとの名目で、下界のファルシに関わった者すべてを追放する「パージ政策」を断行。 混乱のなか、元聖府軍の兵士ライトニングたちが聖府軍に刃向かい、下界のファルシと接触して、ファルシの道具「ルシ」にされてしまう。 伝説によると、ルシは定められた使命を果たさねば魔物同然のシ骸と化し、仮に使命を果たしたとしても、物言わぬクリスタルになるのが定め。 人類を飼いならす、偽りの神々に挑んだ。 その戦いは、世界を変えた。 全人類の殺戮をもくろんだ神々は、人間の意志に敗れ去った。 神々の力は失せ、人々の安住の地コクーンは空から堕ちて、魔獣がさまよう大地パルスと、ひとつに結ばれた。 神々の支配から解き放たれた、新しい時代の始まりだった。 戦いの終わりに、姿を消した。 そして3年。 突如飛来した隕石が、おだやかな日々を終わらせた。 時空が歪み、異次元の敵が襲来する。 混乱のさなかでセラを救ったのは、見知らぬ若者ノエル。 時を超えて流れついた狩人が、セラに告げる。 時空をわたる旅に出よう。 死と混沌の支配する世界で、滅びゆく女神を守る者。 かつてセラを救った、かけがえのない姉。 ファイナルファンタジーXIV 2010年~ 神々に愛されし地エオルゼア。 大地に色濃く流れるエーテルと、豊富なクリスタル資源を抱くこの地は、大陸に覇を唱えんとする北方の大国ガレマール帝国の侵略や、土着の蛮族たちが召喚する蛮神の脅威にさらされていた。 それに対抗すべくエオルゼアの諸都市国家は、軍事組織グランドカンパニーを結成。 同盟を結ぶとともに都市外から訪れる冒険者と協調し、帝国や蛮神に抗してきた。 だが、ガレマール帝国が発動したメテオ計劃をきっかけとして、未曽有の大災害「第七霊災」が発生。 それでもなお、エオルゼアは死に絶えてはいなかった。 霊災から5年の歳月を経て、各国はグランドカンパニーを中心として復興を図り、悲劇から力強く立ち上がろうとしていたのである。 そんなとき、かの地をひとりの冒険者が訪れる。 ファイナルファンタジーXV 2016年 はるか彼方の時代、六柱の神々が治めし星イオスは、輝ける魔石クリスタルを生み出した。 神々はクリスタルの魔力をあやつるための指輪を作り、特別な血族の人間に授ける。 そして、遠い未来、血族の末裔がクリスタルに選ばれ闇を払う日まで、クリスタルを守りつづけるよう使命を課した。 やがてクリスタルを中心に国が興され、指輪を受け継ぐ一族が王位に就く。 王の魔法により栄えたその国は、ルシス王国と名づけられた。 神話の時代は遠き過去となり、人の手で世界を統べんとするニフルハイム帝国が台頭。 圧倒的な軍事力を擁する帝国の侵攻は世界の大部分におよび、魔法大国であるルシスも敗北間近まで追いつめられていた。 しかし、帝国から停戦の提案が突然舞いこみ、和平の証として次期国王ノクティスと神凪ルナフレーナの婚姻が結ばれる。 隣国で執り行なわれる結婚式の準備のため、ノクティスは親友たちとともに祖国を発つのだった。 ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル 2003年 世界は瘴気に包まれた。 ひとたび触れると、もはや生命を保つ事が不可能な瘴気。 しかし、人々はその瘴気から逃れる術を得ていた。 クリスタル------------------。 その存在は、人々を瘴気から守る存在であった。 しかし、クリスタルの力も永遠ではない。 人々はその力を維持するために、年に一度ミルラの雫でクリスタルを清めなければならなかった。 そのため人々は毎年、それぞれの村からクリスタル・キャラバンと呼ばれる若者たちを送り出し、ミルラの雫を得る事を続けてきたのだ。 この物語は、そうしたとある辺境の村の、若者たちの物語である。 ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル クリスタルベアラー 2009年 はるか数千年の昔から、世界はクリスタルの理によって興亡を繰り返してきた。 新たな世界は4つのクリスタルにより創造された。 それぞれのクリスタルから生まれた4つの種族は異なる容姿と性格を持ち、 ときに助け合い、ときに反発しながらも、平和なときを過ごしてきた。 あるとき、リルティ族とユーク族の間に大きな戦争が勃発。 科学技術に優れるリルティと、魔法を操るユークの戦力は拮抗しており、 膠着状態を経て、いずれは平和的解決に向かうものと思われていた。 種族の存亡をかけた激しい攻防のすえ、 戦争はわずかな差でリルティの勝利に終わる。 平穏を取り戻した世界から、ユークという種の存在は消え去っていた。 時は流れ……。 ユークのクリスタルを失った世界は、 ゆるやかに、しかし確実に、バランスを崩しはじめていた。 突如現れた瘴気と魔物。 そして、滅びたはずのユーク族の再来。 次々と起こる異変の先に待つものは、破滅か再生か。 すべてはクリスタルの理によって導かれる。 ディシディア ファイナルファンタジー NT 2018年~ 機械を司る女神「マーテリア」と魔法を司る男神「スピリタス」により、滅びかけた世界は再び息を吹き返す。 戦いに導かれた戦士たちが闘争の果てに見る世界とは。 かつて調和と混沌を司る二柱の神々が繰り広げた闘争は、異次元より招かれた戦士達によって終止符を打たれた。 役目を終えた戦場は、次元の狭間に消えゆくさだめのはずだった。 しかし新たな二柱の神によって、滅びかけた世界は再び息を吹き返す。 機械を司る女神マーテリアと、魔法を司る男神スピリタス。 二人は世界に集う光を率いて、長きにわたる闘争の幕を開けた。 闘争の要は、歴代の戦士が神々に託した『力』。 戦士達はなぜ、一度終わらせた闘争の再開を望んだのか? すべての記憶を刻むクリスタルは、ただ静かに光を湛えている……• ファイナルファンタジー零式 2011年 人は生まれる時代も世界も選ぶことは出来ない。 しかし、どう生きるかを決めることは出来る。 鴎暦842年 水の月。 ペリシティリウム白虎を擁するミリテス皇国は、隣国である朱雀領ルブルムへの電撃侵攻を開始。 宣戦布告と同時に、国境付近へ集結させていた主力艦隊をルブルム各地へと進め、ベリシティリウム朱雀への奇襲を敢行した。 魔導アーマーを主戦力とする皇国軍に対し、ベリシティリウム朱雀は魔法と召喚獣を以てこれに応戦。 ファイナルファンタジー レコードキーパー 2014年~ 魔法と芸術の調和により栄華を誇るとある王国 この国には代々語り継がれるひとつの言い伝えがあった 偉大なる物語の「記憶」それこそが秩序と安定をもたらす 王国は世界の安寧を守るべく、偉大なる「記憶」を「絵画」に封印した 「ビッグブリッジの死闘」「大空洞」「ザナルカンド」... 戦士たちの数々の戦いの記憶 王国の<歴史省>はその記憶を大切に保管していた しかし、突如として「絵画」に封印された記憶が失われ世界に異変が起こる…… 歴史省の権威であるDr. モグの指示のもと、 この異変から世界を守るべく、【戦いの記憶】を追憶し、取り戻してきたデシ。 さまざまな戦いを経験してきたデシたちだったが、ある時未知なる魔力を秘めた「崩壊画」を発見 そこに封じられていたのは、英雄たちの生き様が追憶される偉大なる【物語の記憶】そのものだった……• 君は、ここではない別の世界で生まれ育った人間だ。 これまで無数の戦いを経験してきたかもしれない。 だが何も思い出せない。 君の他にも、記憶のない異邦人たちが数多く漂着している。 過去をなくしたかわりに、君たちには未来がある。 パラミティアには、こんな予言が伝わっている。 未来をめざして戦い、パラミティアに希望をもたらしてほしい。 人々に絶望をもたらすカオスは滅び、そして希望をもたらす英雄も消えた。 そう、君の手によって。 記憶をなくして、人はささやく。 かつて美しい希望に満ちていた世界を、つくりかえた存在。 物語の絶えた世界は、新たな伝説を欲している。 WAR OF THE VISIONS ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス 幻影戦争 2019年~ 列強に囲まれしリオニスは小国ながらも、一目を置かれる存在であり続けていた。 その理由は、「翼ある者」に授けられた「指輪」にある。 だが、幾重にも交錯する残酷な運命は絆や愛、そして友情までをも静かに蝕んでゆく。 リオニスに生まれた双子の王子、モントとシュテルとて例外ではなかった。 彼らの確執は、長きに渡る幻影戦争の戦端を開くこととなるのであった。 群雄割拠するこの地でまばゆき光をたたえたクリスタルは果たして誰に微笑もうというのか。 聖剣伝説 -ファイナルファンタジー外伝- 1991年 雲の上まで 遙か高くそびえるイルージアの山… その頂上の神殿にはマナの樹が奉られている マナの樹は宇宙の全ての力を感じ取り それをエネルギーにして自らを成長させる 伝説では その樹に触れた者は永遠の力を得る事が出来るという… 殺戮と恐怖で 世界の征服を企むグランス公国のシャドウナイトもマナの樹の力を狙っていた 主人公たちはグランス公国の「闘うドレイ」としてシャドウナイトに使役されていた。 シャドウナイトの楽しみのために、「闘うドレイ」はモンスターと命懸けの戦いを強いられていた。 毎日牢屋から出されては必死に戦い、勝つことで与えられるわずかな食料でようやくその日を生き延びる。 しかし度重なる戦いによる負傷と、いえることのない疲労のためドレイ達は次々と倒れていった……。

次の

見逃し注意。『歴史秘話 ファイナルファンタジーヒストリア』本日27日夜放送

ファイナル ファンタジー ヒストリア 再 放送

管理人おすすめ!配信後、無料で「ファイナルファンタジーヒストリア」を視聴するならこちら! サービス名 配信状況 無料期間 配信可能性アリ 31日間無料! 2020年1月27日22:30よりNHK 「歴史秘話ファイナルファンタジーヒストリア」がBSプレミアムにて放送されました! NHK 「歴史秘話ヒストリア」では、歴史上の人物や事件にスポットを当てて紹介する情報番組ですが今回は、• 制作の中心人物であると天野喜孝氏や植松伸夫氏、坂口博信氏のインタビュー• 革新的ゲームシステム• 映画のようなグラフィックと音楽• 感動的な物語 これらのポイントから『ファイナルファンタジー』の魅力を解き明かされていき、FFシリーズの「名場面」や「名曲」。 そして、全FFシリーズの人気大投票の中間発表もされました。 投票カテゴリーは全部で4つで、• シリーズ 57作品• キャラクター約3300• ボス&召喚獣4400• 音楽2900曲 人気投票は、2月11日までで、結果は2020年2月29日に放送予定である3時間半の生放送で発表されるということで、FFファンにとっては非常に気になる投票ですね! 今回は、「 歴史秘話ファイナルファンタジーヒストリア」について、 無料視聴できる動画配信サービスや視聴方法について 調査した結果を紹介していきます! 動画共有サイトでの視聴は危険!• アニポ• アニチューブ• パンドラ• kissanime• デイリーモーション 上記のような動画共有サイトで視聴した場合、 安全性が確保されていません。 その為、海外のサイトに飛ばされたりして、 ウイルスに感染したという報告もされています。 また、これらの動画共有サイトでは無断で動画がアップされている場合が多いです。 動画を投稿している側はもちろんですが、視聴する側も違法となります! 動画共有サイトでの視聴は危険ですのでご注意を! とにかく安心・安全で高画質で 「 歴史秘話ファイナルファンタジーヒストリア」の動画を 無料で見たい!という方は、 「U-NEXT」がおすすめです! 2020年1月30日時点で配信はないのですが、近いうちに配信される可能性があります! 配信開始された場合、簡単に無料視聴できますので、ぜひ!以下の手順で無料視聴を楽しんでみて下さい! FF ファイナルファンタジー ヒストリア」を再放送情報! 歴史秘話 ファイナルファンタジー ヒストリア の再放送。 投票の中間結果も発表!」 — らいす母 ricehaha 1月27日の放送を見逃してしまった人にも朗報です! 再放送が実施されますので、見逃してしまった方は忘れずに視聴しましょう! 「FF ファイナルファンタジー ヒストリア」を無料視聴する方法 NHK 「 歴史秘話ファイナルファンタジーヒストリア」の放送をもう一度見たい!あるいは見逃してしまった!なんて人もいるかと思います。 放送終了後でも、NHK 「 歴史秘話ファイナルファンタジーヒストリア」の動画を無料でできる方法を調査しましたが、 その無料で視聴するという方法が、 動画配信サービス VOD の無料お試し期間を利用する方法です! 現在、アニチューブ等にアクセスできなくなったり、 パンドラや デイリーモーションといったサイトを利用するのは危険となっている今、 全話、 高画質・高音質で安心安全に動画を視聴するには公式な動画配信サービスを絶対にお勧めします! しかしながら、動画配信サービスの無料期間を利用すれば無料視聴が可能なのですが、数多くの動画配信サービスが提供されており、 どの動画配信サービスを利用すれば良いのか分からない人も多いと思います。 そこでここでは、数ある動画配信サービスで 「 歴史秘話ファイナルファンタジーヒストリア」の配信状況をまとめ、特に私が自身をもっておすすめできる優秀だと思うサービスをを紹介します。 サービス名 配信状況 無料期間 配信可能性アリ 31日間無料! 配信なし 2週間無料! 配信なし 2週間無料! 配信なし 31日間無料! 配信なし 31日間無料! 「 歴史秘話ファイナルファンタジーヒストリア」の配信状況を調査しまとめたものが、上記の表となっています。 管理人がおすすめする動画配信サービスの中で、 「 歴史秘話ファイナルファンタジーヒストリア」は、 「UーNEXT」で 今後視聴できる可能性が高いです。 これ以外にも、NHKオンデマンドの 「U-NEXT」は、 アニメ配信数が多く、その他ジャンル 映画・ドラマ・キッズなど や漫画・雑誌が楽しめるサービスです! 「 歴史秘話ファイナルファンタジーヒストリア」の他にも多数のアニメやドラマ・映画を始めとした多くの作品を視聴することができます。 月額の料金が設定されていますが、 「U-NEXT」では、 31日間の無料お試し期間が設定されていて、 その お試し期間内に解約すると一切料金がかかりません。 実際には、「 歴史秘話ファイナルファンタジーヒストリア」が 配信された場合、U-NEXTで視聴する為には、ポイントを利用する必要があるのですが、無料トライアルに登録するだけで、 600円分のポイントが付与されます。 そのポイントを利用して、視聴可能ですので、一切料金がかからず視聴可能となります! 無料体験に登録して配信されている動画を無料で思う存分視聴しましょう! U-NEXTはこんな人におすすめ! U-NEXTには、他社から提供している 動画配信サービスと比較して メリット・デメリットがそれぞれあります。 動画配信サービスを選ぶ際、 観たい作品が配信されていることは大前提ですが、一体どの動画配信サービスを選べば良いか分からないと思います。 最終的には、それぞれのユーザーの生活にあった動画配信サービスを選ぶのをおすすめしますが、 まとめるとこんな人に「U-NEXT」は最適のサービスであるといえるでしょう。

次の

ファイナルファンタジーシリーズ

ファイナル ファンタジー ヒストリア 再 放送

ファイナルファンタジー 1987年 風、水、土、火……4つの力を象徴するクリスタルに支えられたこの世界は、いま、闇に飲まれ滅びようとしていた。 しかし、恐怖と不安にふるえながらも、人々はひとつの予言を信じて待ちつづけた。 やがて、4人の若者が長い旅の果てにコーネリアの地にたどり着く。 4つの力に導かれ、クリスタルに輝きを取りもどす伝説の勇者、光の戦士。 記憶も何もなく、自身が何者かもわからぬまま、彼らは予言に従い闇と戦う冒険に身を投じた。 小さなすれちがいのすえに、4つの力によって憎悪の化身となった男の想いが、世界を時の輪のなかに閉じこめていたのだ。 光の戦士たちは時を越えて、その憎しみに立ち向かう。 ゆがんでしまったクリスタルの力を、正しい方向に導く者として。 ファイナルファンタジーII 1988年 それは、はるかかなたの世界の物語——。 長くつづいてきた平和は、突如として打ち破られた。 パラメキア帝国の皇帝が、己が欲望を満たさんとし、魔界から無数の魔物を呼び寄せて世界征服に乗り出したのだ。 ディスト、カシュオーン、バフスク、サラマンド……世界各地の城や町は、つぎつぎと攻め滅ぼされ、あるいは支配下に置かれていった。 パラメキアの侵略に抵抗する反乱軍はフィン王国において立ち上がったものの、帝国の総攻撃により本拠地たるフィン城を奪われ、辺境の町アルテアへと撤退を余儀なくされてしまう。 帝国の襲撃により帰るべきところを失ったフィン王国の若者——フリオニール、マリア、ガイの3人は、反乱軍の指導者ヒルダとその側近ミンウに助けられたことをきっかけに、パラメキア帝国との闘争へと踏み出す。 それは、幾人もの同志たちの犠牲を乗り越えねばならない、つらく苦しい戦いのはじまりでもあった……。 ファイナルファンタジーIII 1990年 かつて人間たちは、4つのクリスタルの加護を受ける光の世界で、大陸を空中に浮かせるほどの超文明を築き、繁栄の極みにあった。 だが、彼ら古代人は、力の源として「光の力」を浪費した結果、大きな災いを招く。 暴走した光の力が氾濫して光と闇のバランスが失われ、世界そのものを無に還そうとする存在、「暗闇の雲」を呼び寄せてしまったのだ。 迫りくる危機を前に、クリスタルは光と闇のふたつの世界から戦士たちを選び出す。 光の戦士、そして闇の戦士たちは、暗闇の雲の撃退に成功し、世界は安定を取りもどしたのだった。 古代人の超文明が遺物となった世界に、ふたたび危機が訪れる。 突如、各地を襲った大地震によってクリスタルは輝きを失い、闇の力を得たモンスターが世界中に現れはじめたのだ。 荒廃の一途をたどる世界を救うべく、大地震で地中に沈んだ風のクリスタルはわずかに残された力で、いま一度、光の戦士に希望を託す。 ファイナルファンタジーIV 1991年 はるか昔、危機に直面した母星を離れ、青き星を目指した人々がいた。 彼らの多くは青き星の住人との共存を望んだが、ただひとりゼムスという者は侵略によって星を手に入れようと主張し、同胞の手で封印される。 そしてまた、共存を望んだ人々も青き星の住人の進化を待つべく、新たに作り出した月で長き眠りにつく。 このようにして、青き星はふたつの月を持つに至ったのだった。 幾多の歳月が過ぎ、青き星の人々は空飛ぶ船「飛空艇」を建造するほどの進化をとげる。 だが、それは戦乱を呼ぶ翼だった。 飛空艇軍団を組織したバロン王国が各国に戦争を仕掛け、世界に恵みをもたらすクリスタルをつぎつぎと奪いはじめたのだ。 復活をはかる邪悪な意思は、月の民の血を引く一組の兄弟を引き裂く。 ゼムスの手先となりクリスタルを狙う兄ゴルベーザと、正しき心でクリスタルを守ろうとする弟セシル。 兄弟が相争う姿を、月は静かに見下ろしていた……。 ファイナルファンタジーV 1992年 1000年もの昔、危険な「無」の力を封印するため、人々はこの世のバランスを保つ4つのクリスタルをそれぞれ分割し、世界をふたつに分けた。 そのときに生まれた世界のすき間、すなわち次元の狭間に「無」は封じこめられる。 こうして脅威は去ったかに思われたが、長い月日が流れ、「無」の力を手に入れようと画策する暗黒魔道士エクスデスが出現。 これを打ち倒そうとした暁の4戦士は、はるか昔に分かたれたもうひとつの世界にエクスデスを追いつめるも倒すことはできず、クリスタルの力を借りて封印するにとどまった。 その結果、闇の力の一部を取りもどしたエクスデスは、邪悪な意志で各地の人々をあやつり、クリスタルをつぎつぎと砕こうとする。 クリスタルに選ばれたバッツたち4人の戦士は、エクスデスの復活を阻止すべく、4つの心を胸に立ち上がった。 ファイナルファンタジーVI 1994年 かつて人間と幻獣を結ぶ絆が存在していた時代、人間たちは幻獣の力を借りて戦争を引き起こした。 悪夢のような大戦から1000年、ふたたび戦禍が大地を覆う。 鉄や火薬、蒸気機関によって復興をとげた世界において、世界征服をたくらむガストラ帝国の皇帝が、失われたはずの魔導の力を復活させたのだ。 その力で強大な軍隊を組織した帝国は、周辺諸国をつぎつぎと滅ぼしていく。 しかし、すべての者が帝国の横暴に甘んじているわけではなかった。 双方の衝突は、やがて幻獣をも巻きこみ、世界の存亡をかけた戦いへと発展していく。 魔晄を管理する神羅カンパニーは、またたく間に巨大企業となり、いまや世界の覇権をにぎっていた。 しかし、魔晄エネルギーとは星の生命そのものであり、魔晄を資源として使うことは星の命をすり減らす行為にほかならない。 危機感を抱く一部の者は反神羅組織を結成し、大都市ミッドガルを中心に、神羅への抵抗活動をくり広げていた。 凄腕の傭兵クラウドは、反神羅組織アバランチに雇われながらも、星の行くすえには無関心だった。 だが、星と対話する古代種の生き残りエアリスと出会い、また、星の脅威となりうるかつての英雄セフィロスの復活を知って、しだいに考えを改めていく。 星を救うべく集まった仲間とともに、故郷を奪った仇でもあるセフィロスを追うクラウド。 その旅は、彼が無意識に避けていた真実と向き合うことを余儀なくさせるものだった。 しかし、魔法の力と飛び抜けた科学力とを併せ持ち、圧倒的優位にあったはずのエスタは、ある日を境に完全に沈黙する。 長くつづいた「魔女戦争」は当事国が鎖国体制を敷いたことで終戦を迎え、人々は疑念に駆られながらも、訪れた平和な時代を謳歌した。 軍事大国となった西のガルバディアが、新たに世に現れた魔女イデアと手を結んで平和をおびやかそうとしていた。 傭兵養成学校バラムガーデンに所属する特殊部隊SeeDのひとりスコールは、ガーデンの級友たちやレジスタンスの少女リノアとともに、ガーデンを激しく敵視するイデアとの戦いへと否応なしに駆り出されていく。 それが、失った過去の記憶を取りもどし、未来を救う旅のはじまりになるとも知らず……。 ファイナルファンタジーIX 2000年 すべてのものは、星の核たるクリスタルから生まれてクリスタルに帰る。 命の記憶は受け継がれ、星を豊かにしていく……そんな命の理(ことわり)を乱す者たちがいた。 それでもテラの民は、長き眠りにつきながら、ガイアを自分たちの手に収める時を待っていた。 その都アレクサンドリアにて出会いを果たし、戦乱を止めるべく動き出すジタン、ビビ、ガーネット。 ファイナルファンタジーX 2001年 大いなる脅威『シン』に人々がおびえて暮らす、死の螺旋にとらわれた世界スピラ。 民はエボン寺院に心のよりどころを求め、召喚士たちは「命と引きかえに発動する究極召喚こそ『シン』を倒す唯一の手段」とする寺院の教えを信じ、スピラに平穏をもたらすべく旅に出る。 ビサイド村の少女ユウナも、ナギ節をもたらそうと決意した召喚士のひとりだった。 異世界ザナルカンドからスピラへと迷いこみ彼女と出会った少年ティーダは、見知らぬ世界にとまどいながらも、召喚士を守る「ガード」としてユウナに同行する。 ファイナルファンタジーXI 2002年~ 天晶歴862年、神々に祝福された世界ヴァナ・ディールに、大きな戦争があった。 2年にわたりくり広げられた未曾有の戦乱のすえ、闇の王は討ち取られ、アルタナ連合軍は勝利を収める。 しかし、平穏は長くはつづかなかった。 大戦から約20年が経過し、またもや獣人たちが各地で不穏な動きを見せはじめたのだ。 これに対し、かつての連合軍諸国は有効な手を打てずにいた。 ふたたび湧き上がった互いへの疑心から、正規軍の派遣を躊躇したためだった。 そんな時代に、人々の希望となる者たちが現れる。 各国はこぞって彼らに事件や問題の解決を依頼するようになり、冒険者たちが世界を動かす要となっていく。 彼らは立場を越えて互いに助け合い、それぞれの絆を育て、ともに世界を駆けた。 そしていま……またひとり、新たな冒険者がヴァナ・ディールの大地に、自身の足跡を刻みはじめる。 魔法が当たり前のように存在し、飛空艇が空を飛びかうこの世界はいま、東のアルケイディア帝国、西のロザリア帝国というふたつの軍事大国による戦乱の時代にあった。 二大国は勢力拡大を図って、周辺の小国をつぎつぎと併合。 かつてイヴァリースを統一した覇王の末流であるダルマスカ王国もまた、前バレンディア歴704年にアルケイディア帝国の侵攻を受け、滅亡してしまう。 アルケイディア帝国がダルマスカ王国に侵攻して2年。 ダルマスカの少年ヴァンと王女アーシェは、偶然の出会いをきっかけに、祖国再興と帝国への復讐を目指して旅立つ。 過去に心に負った傷ゆえに未来を見いだせずにいたふたりだったが、さまざまな人々との出会いを通じて気づかされる。 やがて、ふたりはそれぞれの未来に向けて歩み出す。 それは、イヴァリースに新たな歴史を築く一歩でもあった。 ファイナルファンタジーXIII 2009年 はるか昔、万能に近い力を持つ生ける機械「ファルシ」が天空に築いた球状の世界、コクーン。 楽園と呼ばれるその空間で、人間はファルシたちに養われ繁栄をきわめていた。 だが、ある日、コクーンを揺るがす事件が起こる。 コクーンの外に広がり「下界(パルス)」と恐れられる地グラン=パルスに属するファルシが、コクーン内で発見されたのだ。 コクーンの統治機関である聖府は、下界の汚染を避けるとの名目で、下界のファルシに関わった者すべてを追放する「パージ政策」を断行。 混乱のなか、元聖府軍の兵士ライトニングたちが聖府軍に刃向かい、下界のファルシと接触して、ファルシの道具「ルシ」にされてしまう。 伝説によると、ルシは定められた使命を果たさねば魔物同然のシ骸と化し、仮に使命を果たしたとしても、物言わぬクリスタルになるのが定め。 人類を飼いならす、偽りの神々に挑んだ。 その戦いは、世界を変えた。 全人類の殺戮をもくろんだ神々は、人間の意志に敗れ去った。 神々の力は失せ、人々の安住の地コクーンは空から堕ちて、魔獣がさまよう大地パルスと、ひとつに結ばれた。 神々の支配から解き放たれた、新しい時代の始まりだった。 戦いの終わりに、姿を消した。 そして3年。 突如飛来した隕石が、おだやかな日々を終わらせた。 時空が歪み、異次元の敵が襲来する。 混乱のさなかでセラを救ったのは、見知らぬ若者ノエル。 時を超えて流れついた狩人が、セラに告げる。 時空をわたる旅に出よう。 死と混沌の支配する世界で、滅びゆく女神を守る者。 かつてセラを救った、かけがえのない姉。 ファイナルファンタジーXIV 2010年~ 神々に愛されし地エオルゼア。 大地に色濃く流れるエーテルと、豊富なクリスタル資源を抱くこの地は、大陸に覇を唱えんとする北方の大国ガレマール帝国の侵略や、土着の蛮族たちが召喚する蛮神の脅威にさらされていた。 それに対抗すべくエオルゼアの諸都市国家は、軍事組織グランドカンパニーを結成。 同盟を結ぶとともに都市外から訪れる冒険者と協調し、帝国や蛮神に抗してきた。 だが、ガレマール帝国が発動したメテオ計劃をきっかけとして、未曽有の大災害「第七霊災」が発生。 それでもなお、エオルゼアは死に絶えてはいなかった。 霊災から5年の歳月を経て、各国はグランドカンパニーを中心として復興を図り、悲劇から力強く立ち上がろうとしていたのである。 そんなとき、かの地をひとりの冒険者が訪れる。 ファイナルファンタジーXV 2016年 はるか彼方の時代、六柱の神々が治めし星イオスは、輝ける魔石クリスタルを生み出した。 神々はクリスタルの魔力をあやつるための指輪を作り、特別な血族の人間に授ける。 そして、遠い未来、血族の末裔がクリスタルに選ばれ闇を払う日まで、クリスタルを守りつづけるよう使命を課した。 やがてクリスタルを中心に国が興され、指輪を受け継ぐ一族が王位に就く。 王の魔法により栄えたその国は、ルシス王国と名づけられた。 神話の時代は遠き過去となり、人の手で世界を統べんとするニフルハイム帝国が台頭。 圧倒的な軍事力を擁する帝国の侵攻は世界の大部分におよび、魔法大国であるルシスも敗北間近まで追いつめられていた。 しかし、帝国から停戦の提案が突然舞いこみ、和平の証として次期国王ノクティスと神凪ルナフレーナの婚姻が結ばれる。 隣国で執り行なわれる結婚式の準備のため、ノクティスは親友たちとともに祖国を発つのだった。 ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル 2003年 世界は瘴気に包まれた。 ひとたび触れると、もはや生命を保つ事が不可能な瘴気。 しかし、人々はその瘴気から逃れる術を得ていた。 クリスタル------------------。 その存在は、人々を瘴気から守る存在であった。 しかし、クリスタルの力も永遠ではない。 人々はその力を維持するために、年に一度ミルラの雫でクリスタルを清めなければならなかった。 そのため人々は毎年、それぞれの村からクリスタル・キャラバンと呼ばれる若者たちを送り出し、ミルラの雫を得る事を続けてきたのだ。 この物語は、そうしたとある辺境の村の、若者たちの物語である。 ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル クリスタルベアラー 2009年 はるか数千年の昔から、世界はクリスタルの理によって興亡を繰り返してきた。 新たな世界は4つのクリスタルにより創造された。 それぞれのクリスタルから生まれた4つの種族は異なる容姿と性格を持ち、 ときに助け合い、ときに反発しながらも、平和なときを過ごしてきた。 あるとき、リルティ族とユーク族の間に大きな戦争が勃発。 科学技術に優れるリルティと、魔法を操るユークの戦力は拮抗しており、 膠着状態を経て、いずれは平和的解決に向かうものと思われていた。 種族の存亡をかけた激しい攻防のすえ、 戦争はわずかな差でリルティの勝利に終わる。 平穏を取り戻した世界から、ユークという種の存在は消え去っていた。 時は流れ……。 ユークのクリスタルを失った世界は、 ゆるやかに、しかし確実に、バランスを崩しはじめていた。 突如現れた瘴気と魔物。 そして、滅びたはずのユーク族の再来。 次々と起こる異変の先に待つものは、破滅か再生か。 すべてはクリスタルの理によって導かれる。 ディシディア ファイナルファンタジー NT 2018年~ 機械を司る女神「マーテリア」と魔法を司る男神「スピリタス」により、滅びかけた世界は再び息を吹き返す。 戦いに導かれた戦士たちが闘争の果てに見る世界とは。 かつて調和と混沌を司る二柱の神々が繰り広げた闘争は、異次元より招かれた戦士達によって終止符を打たれた。 役目を終えた戦場は、次元の狭間に消えゆくさだめのはずだった。 しかし新たな二柱の神によって、滅びかけた世界は再び息を吹き返す。 機械を司る女神マーテリアと、魔法を司る男神スピリタス。 二人は世界に集う光を率いて、長きにわたる闘争の幕を開けた。 闘争の要は、歴代の戦士が神々に託した『力』。 戦士達はなぜ、一度終わらせた闘争の再開を望んだのか? すべての記憶を刻むクリスタルは、ただ静かに光を湛えている……• ファイナルファンタジー零式 2011年 人は生まれる時代も世界も選ぶことは出来ない。 しかし、どう生きるかを決めることは出来る。 鴎暦842年 水の月。 ペリシティリウム白虎を擁するミリテス皇国は、隣国である朱雀領ルブルムへの電撃侵攻を開始。 宣戦布告と同時に、国境付近へ集結させていた主力艦隊をルブルム各地へと進め、ベリシティリウム朱雀への奇襲を敢行した。 魔導アーマーを主戦力とする皇国軍に対し、ベリシティリウム朱雀は魔法と召喚獣を以てこれに応戦。 ファイナルファンタジー レコードキーパー 2014年~ 魔法と芸術の調和により栄華を誇るとある王国 この国には代々語り継がれるひとつの言い伝えがあった 偉大なる物語の「記憶」それこそが秩序と安定をもたらす 王国は世界の安寧を守るべく、偉大なる「記憶」を「絵画」に封印した 「ビッグブリッジの死闘」「大空洞」「ザナルカンド」... 戦士たちの数々の戦いの記憶 王国の<歴史省>はその記憶を大切に保管していた しかし、突如として「絵画」に封印された記憶が失われ世界に異変が起こる…… 歴史省の権威であるDr. モグの指示のもと、 この異変から世界を守るべく、【戦いの記憶】を追憶し、取り戻してきたデシ。 さまざまな戦いを経験してきたデシたちだったが、ある時未知なる魔力を秘めた「崩壊画」を発見 そこに封じられていたのは、英雄たちの生き様が追憶される偉大なる【物語の記憶】そのものだった……• 君は、ここではない別の世界で生まれ育った人間だ。 これまで無数の戦いを経験してきたかもしれない。 だが何も思い出せない。 君の他にも、記憶のない異邦人たちが数多く漂着している。 過去をなくしたかわりに、君たちには未来がある。 パラミティアには、こんな予言が伝わっている。 未来をめざして戦い、パラミティアに希望をもたらしてほしい。 人々に絶望をもたらすカオスは滅び、そして希望をもたらす英雄も消えた。 そう、君の手によって。 記憶をなくして、人はささやく。 かつて美しい希望に満ちていた世界を、つくりかえた存在。 物語の絶えた世界は、新たな伝説を欲している。 WAR OF THE VISIONS ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス 幻影戦争 2019年~ 列強に囲まれしリオニスは小国ながらも、一目を置かれる存在であり続けていた。 その理由は、「翼ある者」に授けられた「指輪」にある。 だが、幾重にも交錯する残酷な運命は絆や愛、そして友情までをも静かに蝕んでゆく。 リオニスに生まれた双子の王子、モントとシュテルとて例外ではなかった。 彼らの確執は、長きに渡る幻影戦争の戦端を開くこととなるのであった。 群雄割拠するこの地でまばゆき光をたたえたクリスタルは果たして誰に微笑もうというのか。 聖剣伝説 -ファイナルファンタジー外伝- 1991年 雲の上まで 遙か高くそびえるイルージアの山… その頂上の神殿にはマナの樹が奉られている マナの樹は宇宙の全ての力を感じ取り それをエネルギーにして自らを成長させる 伝説では その樹に触れた者は永遠の力を得る事が出来るという… 殺戮と恐怖で 世界の征服を企むグランス公国のシャドウナイトもマナの樹の力を狙っていた 主人公たちはグランス公国の「闘うドレイ」としてシャドウナイトに使役されていた。 シャドウナイトの楽しみのために、「闘うドレイ」はモンスターと命懸けの戦いを強いられていた。 毎日牢屋から出されては必死に戦い、勝つことで与えられるわずかな食料でようやくその日を生き延びる。 しかし度重なる戦いによる負傷と、いえることのない疲労のためドレイ達は次々と倒れていった……。

次の