西太后 処刑。 西太后の美しさの秘訣~悪女というよりおばちゃんパワー炸裂

特集ドラマ「蒼穹の昴(吹き替え版)」

西太后 処刑

どうやら中国三大悪女の・呂雉(呂后)、・武則天(則天武后)、・西太后と混同しているよう(製作者も)です。 出典 呂后 - 世界の禁忌〜知らなきゃよかった -七花舎 「漢」の時代、威夫人という、特に劉邦皇帝の寵愛を受けていた美しい側室・成夫人を残酷な方法で殺した。 手足を切り落とし、目玉をくり抜き、鼻をそぎ落とすと、喉と耳を毒で焼いたのだ。 呂后は、自殺できないように舌を切り、声も出せず音も聞こえない上に、見るに堪えない姿の側室を、かつての美しさを知る者たちに見せて楽しんだ。 その後、側室は便所に捨てられ人糞を喰わせた。 これを「人間豚」と称して見せ物にしたという。 と、ここまで書けば呂后は文句なしの悪女ですが、 一面、呂后は糟糠の妻で夫の天下取りの中、項羽の人質にされたり苦労して皇后になった人で、彼女の息子が跡取りなのが当然なのに、夫が皇帝になってから作った若い愛人の戚夫人は、その呂后の息子を廃して自分の息子を次期皇帝にしようとした人間なので、殺され方自体は悲惨だけど、殺されて当然な人間でもあったわけです。 一方で呂后は庶民に対し大幅な減税、刑罰の緩和、思想の自由などの政策を行っています。 「唐」の時代永い中国王朝の中で唯一最初で最後の女帝であった「則天武后」も自分の出世のために自分の娘を殺し、罪を皇后に濡れ衣を着せ、自分よりも上位の側室達を次々に殺していきついには「唐」を滅ぼし「周」の皇帝にまでなりました。 (その後「周」は滅び「唐」は再興します) 問題の西太后は、息子の同治帝や甥の光緒帝を幽閉したり虐待して早死にさせています。 ライバルの東太后を毒殺しています。 夫であった咸豊帝(かんぽうてい)が愛したといわれる麗妃の手足を切断し、瓶に入れて生かしておいたという身の毛もよだつシーンがあります。 彼女は、悶え苦しむ麗妃の姿を見て満足したかったのでようです。 紫禁城内の冷宮に幽閉されいた光緒帝の愛妃だった珍妃を義和団の乱の最中に宦官に命じて殺しています。 珍妃が投げ込まれた井戸は紫禁城内に現存しているそうです。 、浅田次郎の小説。 『蒼穹の昴』の続編として、『珍妃の井戸』(ちんぴのいど)は書かれています。 この「珍妃」がしばしば漢」の時代呂后 に虐殺された「威夫人」と混同されるようです。 「麗妃」も「珍妃」も、女の嫉妬による犠牲者です。 (「威夫人」の「夫人」は「美人」と共に側室の位の一つです).

次の

特集ドラマ「蒼穹の昴(吹き替え版)」

西太后 処刑

どうやら中国三大悪女の・呂雉(呂后)、・武則天(則天武后)、・西太后と混同しているよう(製作者も)です。 出典 呂后 - 世界の禁忌〜知らなきゃよかった -七花舎 「漢」の時代、威夫人という、特に劉邦皇帝の寵愛を受けていた美しい側室・成夫人を残酷な方法で殺した。 手足を切り落とし、目玉をくり抜き、鼻をそぎ落とすと、喉と耳を毒で焼いたのだ。 呂后は、自殺できないように舌を切り、声も出せず音も聞こえない上に、見るに堪えない姿の側室を、かつての美しさを知る者たちに見せて楽しんだ。 その後、側室は便所に捨てられ人糞を喰わせた。 これを「人間豚」と称して見せ物にしたという。 と、ここまで書けば呂后は文句なしの悪女ですが、 一面、呂后は糟糠の妻で夫の天下取りの中、項羽の人質にされたり苦労して皇后になった人で、彼女の息子が跡取りなのが当然なのに、夫が皇帝になってから作った若い愛人の戚夫人は、その呂后の息子を廃して自分の息子を次期皇帝にしようとした人間なので、殺され方自体は悲惨だけど、殺されて当然な人間でもあったわけです。 一方で呂后は庶民に対し大幅な減税、刑罰の緩和、思想の自由などの政策を行っています。 「唐」の時代永い中国王朝の中で唯一最初で最後の女帝であった「則天武后」も自分の出世のために自分の娘を殺し、罪を皇后に濡れ衣を着せ、自分よりも上位の側室達を次々に殺していきついには「唐」を滅ぼし「周」の皇帝にまでなりました。 (その後「周」は滅び「唐」は再興します) 問題の西太后は、息子の同治帝や甥の光緒帝を幽閉したり虐待して早死にさせています。 ライバルの東太后を毒殺しています。 夫であった咸豊帝(かんぽうてい)が愛したといわれる麗妃の手足を切断し、瓶に入れて生かしておいたという身の毛もよだつシーンがあります。 彼女は、悶え苦しむ麗妃の姿を見て満足したかったのでようです。 紫禁城内の冷宮に幽閉されいた光緒帝の愛妃だった珍妃を義和団の乱の最中に宦官に命じて殺しています。 珍妃が投げ込まれた井戸は紫禁城内に現存しているそうです。 、浅田次郎の小説。 『蒼穹の昴』の続編として、『珍妃の井戸』(ちんぴのいど)は書かれています。 この「珍妃」がしばしば漢」の時代呂后 に虐殺された「威夫人」と混同されるようです。 「麗妃」も「珍妃」も、女の嫉妬による犠牲者です。 (「威夫人」の「夫人」は「美人」と共に側室の位の一つです).

次の

グロい画像あり※[古代中国の死刑をまとめてみた]

西太后 処刑

日本で歴史上の悪女といえば、 北条政子や 日野冨子がよく挙げられますよね。 中国では 武則天(則天武后)、韓国では チャン・ヒビンなどが有名です。 呂雉(りょち) 呂雉(りょち) 呂雉(りょち、? ~紀元前180年)は、「項羽と劉邦」で有名な漢王朝の初代皇帝・劉邦の妻。 現在の山東省単県に名士の娘として生まれた呂雉は、貧しい役人だった劉邦に嫁ぎ苦労しながら1男1女を育てました。 秦王朝滅亡後の紀元前206年から約5年間にわたり繰り広げられた「楚漢戦争」で項羽を破った劉邦により、新たな統一王朝「漢」が成立。 劉邦が逝去し、息子が二代皇帝・恵帝として即位すると、呂雉は次第にその権力を振るい始めます。 まず呂雉が行ったのは、皇帝の寵愛を受けていた側室・戚夫人への復讐でした。 戚夫人を投獄して奴隷にすると、地方に赴任していた戚夫人の息子を呼び出して毒殺、さらに、戚夫人の手足を切り落とし、両目をえぐり、薬で耳と喉をつぶすと、便所へと放り込み「人豚」と称して見世物にしたそうです。 かつて中国の便所は排泄物を豚に処理させていたそうですが、あまりに残虐な仕打ちですね・・・。 皇帝の後見人として権力を振るい続けた呂雉でしたが、最期は病によって死去。 権力を掌握していた呂氏一族は、劉邦の遺臣らに皆殺しにされてしまいました。 西太后(せいたいこう) 西太后(せいたいこう) 西太后(せいたいこう、1835~1908年)は、清の第9代皇帝・咸豊帝(かんぽうてい)の妃で、第10代皇帝・同治帝(どうちてい)の母。 咸豊帝が亡くなり息子の同治帝が即位した後は、皇帝の背後から政治を操り、74歳で亡くなるまで事実上の皇帝として中国全土を支配しました。 ちなみに「西太后」とは、咸豊帝の正室であった「東太后」と対になる名称で、同治帝が即位したときに皇太后となったことで「西太后」と呼ばれるようになったのだそうです。 彼女の残虐さを伝えるエピソードで最も有名なのは、1900年に起こった「義和団の乱」で第11代皇帝・光諸帝(こうしょてい)の側室であった珍妃を、生きたまま井戸に投げ落として殺したというもの。 光諸帝の寵愛を受けていたことに加え、諸外国の軍勢に迫られて北京から脱出することを批判したために、気性の激しかった西太后の逆鱗に触れたと言われています。 その他にも、「正室である東太后を毒殺した」「咸豊帝の寵愛を受けていた麗妃の手足を切断し、生かしたまま瓶に詰めた」「自らが死ぬ前日に光緒帝を毒殺した」といったエピソードが伝わっていますが、これらは西太后=悪女のイメージによって作られた悪評なのだとか。 (麗妃の話を聞いた事がある方も多いと思いますが、これは映画「火焼円明園」のワンシーンが元ネタの完全なフィクションです)半世紀にも渡り女性が権力を振るい続けたことを考えると、こうした悪評も本当なのでは?と感じてしまいますよね。 関連記事:.

次の