塩もみ 大根。 塩もみ大根と豚バラのうまみ炒め

きゅうりの塩もみのやり方/レシピ:白ごはん.com

塩もみ 大根

塩もみ大根のツナマヨサラダ 調理時間 5分 費用目安 100円 調理器具 特になし カロリー 全量 394. 7kcal(1人分 197. 3kcal) 塩分 全量 3. 4g(1. 7g) 糖質量 全量 6. 2g(3. 1g) 実際は汁気を絞るので、もう少し塩分は少なくなると思います。 詳しい作り方はこちらの記事でご紹介しています。 色々な料理に使えて便利ですよ。 作り方 1、細ねぎは小口切りにする。

次の

きゅうりの塩もみのやり方/レシピ:白ごはん.com

塩もみ 大根

nhk. jp 番組内容 1つ目のワザは「塩もみ大根」。 大根まる1本を細切りにして塩でもむ。 作り置きすればサラダや和えものにも使える。 「大根のチンジャオロース風」は歯ごたえのよい大根とこっくりとした味付けが合う炒めもの。 2つ目は「レンジ大根」。 水分が多い大根をレンジ調理すると中まで柔らかく、味がしみ込みやすくなる。 マカロニの代わりに大根を使う「大根グラタン」はホワイトソースに大根の蒸し汁を加えると、大根の風味を楽しめる。 引用元:tv. yahoo. jp 冬野菜と言えば大根。 甘みが増して、一層美味しくなりますね。 今回はそんな大根をたっぷり食べるワザを紹介します。 大根を余すことなく使うためのおすすめ下ごしらえ2種類とアレンジ料理です。 スポンサーリンク 塩もみ大根のレシピ 大根を余すことなくたっぷり食べるワザ1つ目です。 塩もみ大根の材料• 大根1本 1000g• 重石1. 5kg 大根の1. 5倍の重さ ペットボトルに水を入れて作っても良い。 塩もみ大根の作り方• ピーラーで皮をむく。 葉を落とす。 斜めに5cm厚さに切る。 斜め切りしたものを何枚か重ねて千切りにして、棒状の形に切り出す。 繊維を斜めに断つことでほどよく歯ごたえのある食感になり、味のなじみも良くなる。 切った大根をボウルに入れる。 塩をふる。 塩もみストックには丁度よい。 手でかき混ぜながら揉み込む。 皿など平らなものを大根の上に置いて、その上に重石を乗せる。 すると1本500gの重石として使える。 室温で約2時間ほど、大根から水が出てくるまでおいておく。 大根がしんなりして水分が出てきたら完成。 しゃきしゃきとした歯ごたえも良く、噛み切りやすくて食べやすいです。 ごまやしそをふるだけでもさっぱりして美味しいです。 カサも減るので冷蔵庫でストックしやすいのも嬉しいポイント。 冷蔵庫で保存は1週間可能です。 スポンサーリンク アレンジレシピ「大根のチンジャオロースー風」 大根のチンジャオロースー風の材料• 塩もみ大根 200g• 牛もも肉 薄切り 150g• しめじ 1パック• にんにく つぶす 1かけ分• オイスターソース 小さじ2• 酒 小さじ1• 片栗粉• サラダ油• ごま油• 黒こしょう あらびき 大根のチンジャオロースー風の作り方• 塩もみ大根は水気をしっかりきる。 しめじは根元の硬い部分を切り落とす。 牛肉をボウルに入れて酒・しょうゆを加えて牛肉に揉み込む。 片栗粉を加えて混ぜ合わせる。 フライパンにサラダ油を引き、潰したにんにくを入れて強めの中火で熱する。 油に香りが移ったら、下味をつけた牛肉を加えてほぐし炒める。 しめじを加えて炒める。 しめじに油が回ってきたら、塩もみ大根を加えて炒める。 また食感もシャキシャキしたまま残る。 小さいボウルにオイスターソース・酒・砂糖・しょうゆを合わせる。 大根が熱々になったところで、合わせ調味料を加えてしっかり炒め合わせる。 ごま油とあらびきコショウをふって軽く炒め合わせて、香りを立たせたら出来上がり。 とてもご飯に合います。 大根の甘みも引き立って、ご飯のメインディッシュになります。 塩もみ大根があればあっという間にできてしまいます。 ぜひお試しあれ! スポンサーリンク レンジ大根のレシピ 大根は水分が多いため、レンジ調理にも向いています。 厚めに切ってレンジ調理してストックしておけば、柔らかい大根を使った料理をしたいときにすぐに使えます。 レンジ大根の材料• 大根1本 正味1000g• ラップ• 耐熱皿• 保存容器 レンジ大根の作り方• 大根は葉を切り落として皮をピーラーなどで剥く。 2cm厚さの輪切りにして、半量は半月切りに、残り半分はいちょう切りにする。 一緒にレンジ調理は可能。 耐熱皿に切った大根を並べて、ふんわりとラップをかける。 電子レンジの600Wで15分間加熱する。 ラップをしたまま冷ます。 保存容器に移す。 茹で汁も利用できるので、捨てずに保存容器に移す。 下茹でするよりも手軽で、栄養分が茹で汁に流れずに中に含まれているので、しっかり栄養を摂れます。 大根と豚バラの照り煮の材料• レンジ大根 300g• 大根の葉 適量• 豚バラ肉 焼肉用 150g• 酒 大さじ1• 塩 少々• しょうが 細切り 1かけ分• みりん 大さじ1• 小麦粉 適量• 大根の葉は食べやすい大きさに切る。 熱湯でサッと茹でてざるに上げて水気をきる。 豚バラ肉は食べやすい大きさに切る。 酒と塩を加えてもみ込む。 小麦粉をまぶす。 フライパンにごま油を引いて強火で熱する。 下味をつけた豚肉を両面こんがりと焼く。 半月切りのレンジ大根を加えて、薄く焼き色がつくまで炒める。 しょうがを加えて炒めて、香りを立たせる。 しょうゆ・みりん・砂糖・水を加えて中火にする。 水分がなくなるまで煮からめる。 大根の葉を加えてサッと炒め合わせる。 お皿に盛り付けて完成。 レンジ大根は水分を含めたまま調理するので、とてもジューシです。 小麦粉のとろみで味のなじみよく仕上がります。 お正月明けのこの時期に糖質オフしたい方におすすめです。 大根の甘みたっぷりで体も温まります。 調理に使うときには、軽く炒めるなどして温めてから調理につかうと味のなじみが早くなります。 大根グラタンの材料• レンジ大根 いちょう形 200g• エビ ブラックタイガー 無頭殻付き 150g エビ以外でも可。 白ワイン または酒 小さじ2• 牛乳 カップ2• ピサ用チーズ 30g• サラダ油 小さじ1• 塩 少々• こしょう 少々• バター 20g• 小麦粉 大さじ2• 大根の蒸し汁 大さじ3 大根グラタンの作り方• えびは殻を剥いて背ワタを除き、白ワインをまぶす。 フライパンにサラダ油をひき、中火で熱する。 下処理したえびをフライパンに入れて炒める。 色が変わってきたら、レンジ大根を入れて炒める。 温めると透明感が出る。 塩コショウで下味をつける。 具材が炒まったら、耐熱皿に移す。 今炒めたフライパンを使って、バターを熱して溶かす。 玉ねぎのみじん切りを加えて炒める。 玉ねぎの香りがたったら、火を弱火にする。 小麦粉を加えてまぜ炒める。 粉っぽさがなくなってきたら、大根の蒸し汁を加え混ぜる。 小麦粉と蒸し汁が混ざって固まってきたら、牛乳を少しずつ加える。 半分くらいまで丁寧に混ぜたら、あとは一気に加える。 塩コショウで味をととのえる。 炒めた大根とえびが入っている耐熱皿に、ホワイトソースをかける。 ピザ用チーズをまんべんなくふる。 オーブントースターで10~15分間、こんがりと焼き目がつくまで焼く。 オーブントースターから取り出して完成。 大根のコクのあるソースやえびの香りがなじんで、マカロニじゃなくても大根で十分においしくいただけます。 スポンサードリンク きょうの料理のテキスト 詳しい作り方とポイント、また他のアレンジレシピはテキストに掲載されています。

次の

塩もみのやり方

塩もみ 大根

塩もみの方法 塩もみをする前に、大根を細切りや薄切りにしておきましょう。 切っておいた大根をタッパーなどに入れて、塩をかけます。 薄いお漬物程度の味がつきますので、さらに濃い味付けをする場合には塩を少なめにするなど調節してください。 次に、 満遍なく混ざるように、手でよくもみます。 その後は、5~10分程度放置して、タッパーの底に水が溜まったら手でよく絞りましょう。 強めに、水が残らないように絞るのが良いといわれています。 塩もみ後は水で洗い流さず、このまま調理してください。 常温・冷蔵での保存方法と期間 暖かい時期は1週間、冬場は1ヶ月、冷蔵保存では7~10日程度の保存が可能とされています。 大根を保存する際は、葉を大根本体から2㎝程度残して切り落としておきます。 そして、 新聞紙で包んで、風通しの良い冷暗所で立てて保存します。 夏場は冷蔵庫の野菜室での保存が良いと言われていますよ。 ちなみに、 常温で保存する場合は、泥は落とさずそのままにしておくと長持ちするようです。 スポンサードリンク 冷凍での保存方法と期間 冷凍の場合は、1ヶ月程度が保存期間の目安とされています。 冷凍の場合は、まず大根を良く洗い、皮を厚めに剥いて3~4㎝程度の輪切りにします。 そして、一つ一つをラップで包み、ジップ付きの冷凍袋に入れて保存しましょう。 解凍するとぐちゃぐちゃになってしまいますので、半解凍にして煮物などに使用するのが良いと言われています。 味がすぐに染みこむようで、お勧めです。 大根の葉の栄養 実は、大根は葉にもたくさんの栄養が含まれていると言われています。 疲労回復や美白効果が期待できるビタミンCや、貧血予防に効果が期待される鉄分もあるのだとか。 ただ、加熱するとビタミンCが失われてしますらしく、気になる方は生で食べるようにすると良いかもしれません。 まとめ いかがでしたか? 大根の塩もみや保存の方法など、食べる際に役立つことがあったのではないでしょうか。 普段は捨ててしまいがちな葉も、ぜひ料理に加えてみてください。

次の