じゃがいも お弁当。 日替わりお弁当メニュー

じゃがいものレンジでできるレシピ18選!おかずからお弁当まで紹介

じゃがいも お弁当

じゃがいもは日持ちがする野菜の1つです。 じゃがいもは煮物や揚げ物、サラダといったたくさんのおかずに活用することができ、お弁当のおかずにも適しています。 じゃがいもは、子供に人気のレシピによく登場する野菜です。 じゃがいもを使ったメニューは、 簡単に作れるものが多くあり、比較的作り置きに向いています。 コロッケやポテトサラダ、ジャーマンポテトなど、 お弁当を作るときにあまり時間がないという場合でも、前日にお弁当のおかずを作り置きをしておいても大丈夫でしょう。 作り置きでお弁当おかずを準備する場合は、加熱をしたり、少し濃い味付けにしておくと、より日持ちがするのでおすすめです。 お弁当おかずは加熱、濃い味付けがポイントです。 じゃがいもは常温保存に適している野菜ですが、冷蔵保存も可能です。 冷蔵庫にじゃがいもを入れて保存をすると、糖分が増し甘みが増す特徴があります。 そのため、 じゃがいもの煮物にはおすすめの保存方法です。 またポテトサラダなども甘みが感じられるのでおすすめです。 じゃがいものお弁当おかずを冷蔵保存すると、3~4日程度日持ちがします。 作り置きをしておけば簡単にお弁当におかずを入れることができ便利です。 またアレンジができるものであれば、一つの料理でもいくつかの種類のお弁当おかずが作ることができるので、重宝できそうです。 冷蔵保存をする場合は、1つ注意点があります。 そのままの状態で冷蔵庫に入れると、乾燥してしまうことが考えられるので、 新聞紙にくるんだりして乾燥から防ぐようにしましょう。 乾燥は皮のしわにつながり、おいしさを半減させる原因となります。 簡単にできる一工夫でじゃがいもの鮮度が保てるので、ぜひ実践してください。 じゃがいもは常温や冷蔵保存をすることが多いと思いますが、冷凍保存をすることもできます。 冷凍保存する場合は、そのままの状態で冷凍するのではなく、 マッシュポテトにした状態がおすすめです。 そのままの状態で冷凍してしまうと、解凍した時に味や食感が落ちてしまいます。 そのためそのまま冷凍はしない方が良さそうです。 マッシュ状にしたじゃがいもを冷凍する際は 急速冷凍モードを利用する、もしくは 金 属トレーを利用し、急速冷凍効果を引き出しながら冷凍すると、より鮮度を保ちやすくなります。 冷凍保存をすると、だいたい2~3週間程度日持ちがするので、冷凍も計画的に利用しながらお弁当おかずを作るようにすると良さそうです。 冷凍する際にマッシュ状にしておけば、 解凍したらそのままマッシュポテトとして食べてもOK、少しアレンジを加えて新たなお弁当のおかずを作ることもでき、時短でお弁当のおかずの準備ができます。 お弁当おかずを美味しく作っても、正しい保存方法でなければせっかく作り置きをしておいても、食べることができなくなってしまいます。 お弁当おかずを作り置きした際は、何点か注意すべき点がありますので確認してみてください。 注意点は6つあります。 1つ目は、 作り置きしたお弁当おかずを入れる容器を十分に消毒すること。 2つ目は、 作ったお弁当おかずを熱いうちにすぐに冷蔵庫に入れないこと。 3つ目は、 容器に入れたお弁当おかずを触るときは清潔な箸やスプーンを使うこと。 4つ目は、 作り置きしたお弁当おかずを作った日付と中身をわかるように記載しておくこと。 5つ目は 加熱をしっかりしたうえで、少し濃い味付けにしておくこと。 6つ目は、 ふたなどについた水滴をしっかりとふき取ること。 ここで紹介した点を気を付けることで、お弁当おかずを作り置きした場合も、おいしさを保ちやすくなります。 じゃがいも3個• ハム4枚• Aマヨネーズ80g• A顆粒コンソメ小さじ1• A牛乳大さじ2• 塩少々• こしょう少々• じゃがいもを一口大、にんじんはいちょう切り、玉ねぎはスライス、きゅうりは輪切り、ハム1cm各になるように、それぞれカットします。 耐熱ボウルにじゃがいもを入れ、ラップをかけて600Wのレンジで9分加熱します。 加熱が終わったら冷めないうちに潰します。 別の耐熱ボウルを準備し、にんじんと玉ねぎを入れ、ラップをかけて600Wのレンジで2分加熱します。 2に3と Aの調味料とハム、きゅうりを加えよく混ぜます。 塩こしょうを入れ味を整え、冷蔵庫で冷やせば完成です。 じゃがいも4個• ベーコン4枚• マカロニひとつかみ• 塩こしょう少々• マヨネーズ大さじ6• きゅうり1本• 半熟茹で玉子1個• ミニトマト3個• じゃがいもを皮をむいて4等分にカットし、耐熱皿に入れてレンジで加熱し柔らかくします。 きゅうりを薄切りにして塩もみします。 マカロニを茹でます。 フライパンに油をひき、ベーコンを炒めます。 柔らかくなったじゃがいもを温かいうちにボールに入れつぶします。 だいたい潰し終わったら 水色の材料をすべて入れ混ぜ合わせていきます。 味を見ながら薄いようであれば、塩こしょうを足して調整します。 6をお皿に盛り付け、食べやすい大きさにカットした半熟卵とミニトマトをのせれば完成です。 じゃがいも5個• きゅうり1本• 明太子1〜2腹• マヨネーズ適量• バター適量• 塩こしょう適量• お弁当用カップ個数分• じゃがいもの皮をむいて柔らかくなるまで茹でます。 柔らかくなったらバターと混ぜながら潰します。 この時つぶしたじゃがいもは、2つに分けます。 玉ねぎはスライス、きゅうりは薄切りにしてから塩もみをします。 玉ねぎ、きゅうりの水を切りじゃがいもが入ったボウルの1つ目に入れます。 ここでこしょうとマヨネーズで味付けをします。 2つ目のボウルには明太子とマヨネーズをいれ、味を調節します。 お弁当用カップに分けていき、タラモサラダにはパセリ、ポテトサラダにはあらびきこしょうを振りかければ完成です。 じゃがいも4個• カレー約おたま2杯分• コンソメ小さじ1• 黒コショウ適量• とろけるチーズ適量• 小麦粉適量• カレー粉小さじ1• 卵2個• パン粉適量• 粉チーズ適量• カレーをジップロックに入れ、具材をすりつぶします。 ジャガイモの皮をむき、レンジで加熱し柔らかくします。 柔らかくなったじゃがいもが熱いうちに、コンソメとこしょうを振りかけ混ぜます。 3に1を加え、しっかりと混ぜ合わせたらよく冷まします。 4の生地にとろけるチーズを入れて丸めます。 丸めたら衣付けをします。 小麦粉とカレー粉、パン粉と粉チーズを混ぜ合わせておきます。 小麦粉、溶き卵、パン粉の順番で衣付けをします。 油でカラッと揚げれば完成です。 じゃがいも3個• にんにく2片• 強力粉大さじ3• サラダ油適量• 塩こしょう適量• ローズマリー小さじ1• にんにくを輪切りにします。 じゃがいもは皮をむいて、8mm程度のスティック状に切ります。 スティック状に切ったじゃがいもには、強力粉をまぶしておきましょう。 フライパンに 水色の材料をすべて入れ、じゃがいもの半分程度のカサになるまで油を入れます。 中火にしてじゃがいもに火が通るまで揚げていきます。 だいたい6~8分程度です。 ジャガイモに火が通ったら強火にし焼き目をつけていきましょう。 焼き目がついたら熱いうちに塩とこしょうを振りかけ、よく和えれば完成です。 じゃがいも3個• ピザ用チーズ150g• サラダ油適量• 片栗粉適量• 溶かしバターお好みで• A塩適量• Aこしょう適量• Aバター3片• A片栗粉大さじ4• A牛乳大さじ1• じゃがいもの皮をむき適当なサイズに切ったら、耐熱容器に入れレンジで7~8分程度加熱し、じゃがいもを柔らかくします。 柔らかくなった1のじゃがいもをすりつぶし、 Aの調味料をすべて入れ弾力が出てくるまで練ります。 食べやすい大きさに分け、中にピザ用チーズを入れて丸めます。 形を整えたら軽く片栗粉をまぶしましょう。 フライパンに油を入れ、4をきつね色になるまで揚げます。 最後に溶かしバターをかければ完成です。 じゃがいも中4個• 塩小さじ1• チーズ20g• 牛乳大さじ2• ドライパセリ小さじ1• 塩小さじ1• こしょう少々• 豚ロース肉 薄切り 16枚• 溶き卵3個分• 薄力粉適量• パン粉適量• 揚げ油適量• キャベツ 千切り 適量• ウスターソース適量• 鍋に水を入れ乱切りにしておいたじゃがいもを入れ、15分程度茹でてじゃがいもを柔らかくします。 じゃがいもが柔らかくなったら湯切りをしてボウルにいれます。 じゃがいもをすりつぶし、 水色の材料をすべて入れよく混ぜていきましょう。 2を5cm程度の丸型にまとめ、豚肉をタテとヨコの両方向からしっかりと巻き付けます。 薄力粉をかるくまぶし、溶き卵、パン粉の順番で3につけていきます。 お好みでソースをかけてお召し上がりください。 じゃがいも200g程度• 鶏もも肉100g• 砂糖大さじ2杯• 醤油大さじ2杯• 酒大さじ2杯• みりん大さじ1杯• 水200cc• 油大さじ1杯程度• じゃがいもの皮をむきます。 皮をむいたじゃがいもを8等分にします。 切ったじゃがいもを5分程度みずにさらし、あく抜きをしていきましょう。 玉ねぎも8等分くらいのサイズにカットします。 鶏肉も食べやすい大きさにカットします。 水色の調味料をすべてボウルに入れ、よく混ぜ合わせます。 フライパンに油をひき、鶏肉を炒めていきます。 鶏肉にだいたい火が通ったらたまねぎも加え、一緒に炒めていきましょう。 鶏肉と玉ねぎにある程度火が通り、鶏肉に焼け目がついてきたらじゃがいもも加えます。 この時に水と 5で合わせておいた調味料をすべて入れます。 蓋をして10分程度煮詰めます。 蓋を開けて軽く混ぜて水分を飛ばせば完成です。 じゃがいも1個• 玉ねぎ1個• ベーコン4枚• 牛乳100cc• バター10g• 小麦粉大さじ1• コンソメ少量• 耐熱ボウルにバターを入れて、レンジで加熱し溶かします。 レンジはだいたい600Wで30秒が目安です。 1に小麦粉、牛乳、コンソメの順番で入れよく混ぜ合わせます。 2をレンジで1分程度温めます。 一度レンジから取り出し、混ぜます。 混ぜたら再度レンジに入れ30秒温めれば、ホワイトソースが完成します。 フライパンでじゃがいもと玉ねぎを炒め、少量の水を加え蓋をしてから蒸らします。 レンジを使って温める方法でもOKです。 じゃがいもに火が通ったらベーコンを入れ、ベーコンに焼き目がついてきたらホワイトソースを加え軽く煮込んでいけば完成です。 小ぶりなじゃがいも800g• 新栗 正味 200g• 豚コマ200g• A酒大さじ1• Aさとうひとつまみ• A塩ひとつまみ• 片栗粉大さじ1• しょうがの千切り少々• 本だし小さじ3• 砂糖大さじ2• 酒大さじ2• みりん大さじ2• しょうゆ大さじ3• 鬼皮と渋皮をむいた栗は、2回茹でこぼしざるにあげておきます。 じゃがいもは鍋に入れ、10分程度茹でていきます。 豚コマとAの調味料をよく混ぜ合わせ、ここに片栗粉も加えさらによく混ぜます。 よく混ざったら団子状に丸めておきましょう。 2の鍋に オレンジの調味料、1の栗、しょうがの千切りを加えます。 キッチンペーパーで落し蓋をしてから中火で煮込んでいきます。 煮汁が無くなるまで煮込めば完成です。 じゃがいも中3個• A醤油大さじ1. 塩こしょう少々• オリーブオイル大さじ1. じゃがいもを一口サイズより少し小さめにカットし、水にさらしておきます。 ブロッコリーは小房をさらに半分に分け食べやすい大きさにします。 しめじは石づきをカットしておきます。 じゃがいもとブロッコリーをレンジで加熱します。 じゃがいもはレンジで4分、ブロッコリーはレンジで2分程度が目安です。 フライパンにオリーブオイルを入れ、しめじを炒めていきます。 ある程度火が通ったら2のじゃがいもとブロッコリー、バターを入れて炒めましょう。 バターが全体に混ざったら、醤油と塩こしょうをして味を整えれば完成です。 じゃがいも1個• ウインナー6本• 卵3個• ピザ用チーズ適量• 塩こしょう適宜• お好み焼きソース、マヨネーズ適量• かつお節1パック• キャベツ、じゃがいも、玉ねぎ、ウインナーを細切りにします。 フライパンに油をひき、1の材料をすべて炒めていきます。 全体に火が通ってきたら塩こしょうをふり、火を止めます。 火を止めた状態でピザ用チーズを入れ、余熱でチーズを溶かします。 4を皿に移します。 フライパンを軽くふき溶き卵をいれてスクランブルエッグを作ります。 5を先ほどお皿に乗せた野菜の上に乗せます。 お好みでお好み焼きソース、マヨネーズ、かつお節をかければ完成です。 魚肉ソーセージ2本• じゃがいも中1個• マヨネーズ大さじ3• 小麦粉大さじ3• 油適量• 塩こしょう適量• じゃがいもをよく洗い皮つきの状態でラップに包み、レンジで加熱します。 少し冷ましてから1のじゃがいもの皮をむきます。 魚肉ソーセージを縦半分に切ります。 そのあとにさらに半分に切ります。 じゃがいもをボウルに入れつぶします。 マヨネーズと塩こしょうをいれよく混ぜ合わせます。 4を魚肉ソーセージにたっぷりと塗り、塗っていない魚肉ソーセージではさみます。 じゃがいもをサンドした魚肉ソーセージに、小麦粉をまぶします。 フライパンに油をひき、6を両面がこんがりするまで焼いていけば完成です。 じゃがいも2個• 牛乳大さじ3• A醤油大さじ1• A砂糖大さじ1• Aみりん大さじ1• A酒大さじ1• サラダ油適量• 片栗粉適量• 好きなチーズ好きなだけ• じゃがいもを小さく切り、耐熱容器に入れレンジで加熱し柔らかくします。 やわらかくなったらじゃがいもをつぶし、牛乳を加え、再度レンジで軽く加熱します。 温めている間にトレーに片栗粉を広げておきます。 マッシュポテトを食べやすい大きさに丸め、中にお好みのチーズを入れて包みます。 3に片栗粉をまぶします。 フライパンに油をひき、強火でカリッとなるまで焼いていきます。 Aの調味料を5に入れ、とろみが出てきたら完成です。 米3合• 鮭3切れ• 塩少々• じゃがいも2個• コーン缶1缶• A味噌大さじ3• Aみりん大さじ3• A酒大さじ1• A醤油小さじ2• A塩少々• バター20g• 米をとぎ、ザルにあけて30分程度置いておきます。 鮭には塩をふりかけ、じゃがいもは一口大にカットし軽く水にさらしたあと、水気をしっかりと切っておきます。 炊飯器に米と Aの調味料をすべて入れます。 水は3合の目盛よりも少し少なめに入れて軽く混ぜます。 3にじゃがいも、汁を切ったコーン、鮭の順番でのせ炊いていきます。 炊けたら鮭を取り出し、皮と骨をとり粗くほぐしてから再度戻します。 ここでバターも加えて軽く混ぜ合わせれば完成です。

次の

日替わりお弁当メニュー

じゃがいも お弁当

じゃがいも簡単おかずの人気レシピランキング! まずはじゃがいものレシピで大人気の1位~5位までをご紹介します。 クックパッドでつくれ ぽ 1000越えの殿堂入りレシピです。 じゃがいもを1袋使ったじゃがいもガレット! チーズとウィンナーとも相性ばっちりの簡単に作れる子供も大好きな料理です。 おかずにもお弁当にもおすすめです。 じゃがいもはレンチンしてから炒めて時短に! 焦がしたくないときは、火を止めてからコンソメを入れるのがポイントうです。 じゃがいもを4~5個使って、コロッケが10個くらい作れます。 本にも掲載された人気レシピ。 簡単お弁当の人気検索で1位になったレシピです。 鍋にじゃがいもと調味料などを入れて煮るだけの簡単にできる煮物。 緑色が可愛いお弁当にぴったりなおかずです。 お手頃な鶏肉とじゃがいもを使っています。 ガリバタソースがおいしさのポイント。 コロコロとした形がかわいいじゃがいものおかずです。 まとめ じゃがいもを使った簡単にできるおかずレシピをご紹介しました。 じゃがいもだけを使ったガレットや簡単に作れる煮物など朝食や夕食に食べたいおかず、忙しい朝でも簡単に作れるお弁当に入れたいじゃがいもレシピなど。 ただし夏場は芽がでやすいので冷蔵庫での保存がおすすめです。 新聞紙にくるんでからポリ袋に入れ、冷蔵庫の野菜室で保存します。 じゃがいもはリンゴの約6倍のビタミンCが含まれていて、でんぷんに覆われているので加熱しても壊れにくいです。

次の

じゃがいも

じゃがいも お弁当

レンジでできる定番じゃがいもレシピ6選 普段のじゃがいもレシピは色々とあると思いますが、時間がかかったり下ごしらえが大変なレシピも多いと思います。 こちらではレンジを使うことでとにかく簡単にできるのがポイントです。 さらにレンジだけで作れるとは思えないほどに多くのアレンジメニューもあるので一年を通してじゃがいも料理を楽しむことも可能です。 さらにレンジで簡単に作れるレシピなので朝のお弁当作りをかなり助けてくれます。 レンジでできるじゃがいもレシピその1:王道ジャーマンポテト ジャーマンポテトはフライパンが必要なイメージですが実はレンジだけでも作れるレシピです。 じゃがいもレシピの中でもジャーマンポテトは人気のレシピの一つですが、味の素などを作るとかなり簡単に作れます。 もちろん、ジャーマンポテト自体も色々な味付けがありますが、レンジで簡単に作ろうと思えば味の素などを使うのが便利です。 プラスして味付けをするのも良いですが、シンプルな味付けで簡単に美味しく作ろうと思えば味の素は便利です。 引用: レンジでできるじゃがいもレシピその2:おかずになるじゃがいもバター じゃがバターはじゃがいもが好きな人の中でも特に人気のレシピの一つです。 じゃがいもとバターの相性は抜群の上にレンジを使えば簡単にできるのでお酒のおつまみとしても優秀です。 じゃがバターはバターと塩だけ準備しておけば良いので食べたくなったらいつでも手軽に作れるのがじゃがバターレシピの魅力です。 じゃがいもは火が通るのに時間がかかると思われがちですが、レンジを使えばすぐに火が通るので他の料理を作りながら片手間で作れます。 引用: レンジでできるじゃがいもレシピその3:レンチン玉ねぎも使った肉じゃが 肉じゃがは煮込み料理のイメージが強いですが、レンジでも簡単に作れるレシピの一つです。 じゃがいも以外のニンジンや豚肉、玉ねぎもまとめてレンジでチンすれば肉じゃがは完成するのでかなり簡単です。 肉じゃがといえば料理の基本のようなじゃがいもレシピですが、実はレンジでも簡単に作れるので人気が急上昇中のレシピです。 ほんだしなどを使えば他の調味料も調節しやすく、味の失敗も少なくなります。 引用: レンジでできるじゃがいもレシピその4:明太ポテトサラダ じゃがいものレンジレシピの中でも人気なのはポテトサラダのアレンジレシピです。 その中でも明太子を使うと簡単なうえに失敗が少ない人気の明太ポテトサラダを作ることが可能です。 明太子を使ったレシピは人気で子供も美味しく食べられるレシピの一つです。 子供がいるときは辛くない明太子を使うかマヨネーズを多めに使うと大人から子供まで美味しくいただける便利なレシピです。 引用: レンジでできるじゃがいもレシピその5:ツナのカレーポテサラ ツナのカレーポテトサラダは仕上げにフライパンを使う場合もありますが、下茹でをレンジで行えばぐっと調理時間を短縮できます。 じゃがいもの時短レシピの中でもカレーパウダーを使ったレシピは人気です。 何といっても失敗が少ないうえにカレーパウダーを振るだけなので簡単です。 他のポテトサラダのようにレンジでチンした後にカレーパウダーを混ぜるだけでも作れますが、フライパンで仕上げに軽く炒めるとさらに美味しくいただけます。 引用: レンジでできるじゃがいもレシピその6:ピーマンでも代用できるブロッコリーとポテトのガリバタチーズ焼き じゃがいものレンジを使ったレシピの中でもチーズを使った定番のレシピはガリバタソースを使います。 ガーリックとバターを基本に料理酒に砂糖、醤油、みりんを混ぜたソースを混ぜてかけます。 シリコンスチーマーを使えばじゃがいももブロッコリーも簡単に火を通せます。 レンジでじゃがいもとブロッコリーをチンした後にガリバタソースをかけてチーズを乗せるだけなのでフライパンなどは使わないうえに見た目も鮮やかで豪華に見えるおすすめレシピです。 引用: レンジでできるじゃがいものおかずレシピ12選 じゃがいものレンジレシピをまとめました。 具体的な作り方はリンクから各サイトにとんでいただければご確認できます。 お弁当にぴったりあうように冷めても美味しいじゃがいもレシピや朝の忙しい時間に簡単に作れる時短レシピが満載です。 またご飯がすすむように少し味付けがしっかりしたものが多いのも特徴です。 レンジでできるじゃがいもレシピその1:お弁当にもぴったり青のりポテト じゃがいもの簡単なレンジレシピは数あれど驚くほど簡単で美味しいのが青のりポテトです。 使う調味料は顆粒タイプのコンソメに青のりだけです。 切ったじゃがいもにコンソメをかけてレンジでチンして青のりを混ぜるだけです。 こんなに簡単なのに味がしっかりついているのでご飯のおかずとしても優秀でお弁当の見た目にも可愛いおすすめレシピです。 引用: レンジでできるじゃがいもレシピその2:お弁当の作り置きにポテトサラダ 最もベーシックなポテトサラダがじゃがいものレンジレシピの中でも人気です。 レンジでじゃがいもをチンしておけば、その間に玉ねぎやハムなどの材料を切っておけるので無駄なく調理を進められます。 さらにポテトサラダを作るときには大量に作っておけば作り置きの惣菜として大活躍します。 朝は時間がないという人は夜のうちや休日のうちに作っておけば、朝はお弁当につめるだけで使える人気レシピです。 引用: レンジでできるじゃがいもレシピその3:豚バラとじゃがいものレンジ中華蒸し じゃがいものレンジレシピには中華風の味付けもあります。 豆板醤も使えば少し辛味があり中華風のじゃがいもレシピが完成します。 切ったじゃがいもと細切れの豚肉を合わせ調味料とレンジに入れるだけなので他の料理を作りながら仕上げができる便利なレシピです。 普段のレシピに飽きてきたら豆板醤などを使ったピリ辛のレシピは子供にも人気です。 引用: レンジでできるじゃがいもレシピその4:ニンジンも使えるジャーマンポテトの ガーリックバター醤油味 ジャーマンポテトはフライパンだけで作るとじゃがいもに火が通るのに時間がかかるので忙しいときには敬遠しがちなレシピです。 ですが、レンジでじゃがいもに火を通せばあとはフライパンで軽く火を通すだけで完成します。 ジャーマンポテトには様々なアレンジレシピが存在しますが、その中でもおつまみとしてもお弁当のおかずとしても人気なのはガーリックバター醤油です。 お弁当の時にはガーリックは加減したほうが良いですが、家で食べるときはしっかりとガーリックを効かせるのも人気です。 引用: レンジでできるじゃがいもレシピその5:マヨネーズのこってりジャーマンポテト レンジを使ったじゃがいもレシピの中でも子供に人気なのはマヨネーズをメインにしてウィンナーを使ったジャーマンポテトです。 少し多めにマヨネーズを入れたほうがお弁当のおかずとしてはぴったりです。 こちらのジャーマンポテトも事前にレンジで野菜に火を通しておくことでフライパンでの調理時間を減らせます。 レンジを使えば調理の時短が簡単にできます。 引用: レンジでできるじゃがいもレシピその6:鶏とトマトのレンジ肉じゃが レンジを使ったじゃがいもレシピの中でも鶏肉を使った人気レシピは鶏とトマトの肉じゃがです。 鶏肉からはだしも出るので各種の肉じゃがレシピの野菜と一緒にレンジで温めるだけで完成します。 味付けはベーシックな酒や醤油、みりんを使うだけでも鶏肉のダシが出るので普段の豚肉の肉じゃがとは一味違った仕上がりになります。 また、トマトと鶏肉との相性は抜群なので合わせて使うのはおすすめです。 引用: レンジでできるじゃがいもレシピその7:タラモサラダ タラモサラダとはたらことじゃがいもをあわせたレシピです。 かなり簡単に作れるレシピながら定番の美味しさです。 玉ねぎのみじん切りとたらこを合わせるだけなので簡単なうえに失敗の少ないレシピです。 引用: レンジでできるじゃがいもレシピその8:じゃがいものサラダ じゃがいものサラダには様々なアレンジレシピが存在します。 じゃがいもをレンジでチンするだけで、あとは和えるものを変えるだけで雰囲気が変わります。 こちらはブラックオリーブにオリーブオイルを使った少しイタリアンなレシピです。 引用: レンジでできるじゃがいもレシピその9:じゃがいものトマトソースがけ じゃがいものレンジレシピの中でも人気なのはかけるソースを変えるのも人気です。 なかでもじゃがいもにトマトソースをかけたレシピは人気です。 オリーブオイルにオレガノやニンニクを使えばワインにもあうじゃがいものトマトソースが完成します。 引用: レンジでできるじゃがいもレシピその10:新じゃがのねぎ味噌炒め 普段とは少し違ったじゃがいもレシピを作りたいときにはねぎ味噌炒めがおすすめです。 ネギ味噌は作っておけばトーストに乗せたりしても美味しい合わせ調味料です。 レンジで温めたじゃがいもと炒めれば手軽に普段とは違ったじゃがいもレシピが完成します。 引用: レンジでできるじゃがいもレシピその11:お弁当の箸休めじゃがいものピクルス 意外なじゃがいもレシピにはピクルスがあります。 ピクルスの液を作ればレンジでチンしたじゃがいもを浸けておくだけです。 ピクルスといえばキュウリやニンジンなどが多いですが、じゃがいももぴったりなのでおすすめです。 引用: レンジでできるじゃがいもレシピその12:じゃがいもの田舎煮 野菜が余っているときに作りたいのが田舎煮です。 じゃがいも以外の野菜もたくさん使えるので健康に気を使いたいときにも便利なレシピです。 レンジを使うことで煮込み時間を短縮できるので人気のレシピです。 引用:.

次の