宅配 弁当 消費 税。 軽減税率導入でコンビニ弁当の消費税は8%?10%?

飲食店における簡易課税制度の事業区分 【ガルベラ・パートナーズグループ公式サイト】

宅配 弁当 消費 税

当社は、事業所及び一般家庭に対し、ウォーターサーバーをレンタルしてレンタル料を受け取るとともに、ウォーターサーバーで使用する水を販売して販売代金を受け取っています。 このウォーターサーバーのレンタル及びウォーターサーバーで使用する水の販売は、軽減税率の適用対象となりますか。 また、「食品」とは、人の飲用又は食用に供されるものをいいますので、人の飲用又は食用に供されるウォーターサーバーで使用する水は、「食品」に該当し、その販売は軽減税率の適用対象となります(軽減通達2)。 出典:国税庁 基本、ウォーターサーバーで毎月かかるコストは、• ウォーターサーバーのレンタル代• 電気代 の3つを合計した金額となります。 最後に 消費税の軽減税率は、初めて導入されることから混乱が起こることが予想されています。 ウォーターサーバーについては、• ウォーターサーバーの取り扱い店については、消費税の導入をスムーズに行うためのと合わせて社内ルールの設定と従業員に周知徹底させておきたいところです。 その他、ややこしい軽減税率の対象商品・品目は、次の記事で紹介しています。

次の

【消費税】簡易課税の事業区分(2)飲食業

宅配 弁当 消費 税

言葉のとおり、物品を配送する際に配送業者が提供する配送サービスへの対価として支払う料金のことです。 ネットショップでよく設定されている送料のパターンには大きく5種類あります。 すべて送料無料• 注文額によって送料割引または無料 「10,000円以上の購入によって送料500円分割引」のように、設定した一定の注文金額を超えた場合に割引を行います。 全国一律料金 「発送先の住所によらず全国どこでも500円」のような価格設定です。 発送先によって異なる料金 たとえば首都圏への配送は500円、北海道や沖縄への配送は1,000円など出店側のお店から発送先までの距離に応じて料金を設定しているパターンです。 発送手段によって異なる料金 メール便などの場合と、宅急便などの場合で料金設定が異なるケースです。 送料の価格設定のコツや注意点 送料の価格設定はお店の売上を左右してしまうこともあるくらい、購入者目線では気になるポイントです。 比較対象となる競合の価格設定を参考に、慎重に設定しましょう。 ただし競合との優位性を取るために、とにかく送料無料や割引設定を取り入れるといった戦略には注意が必要です。 送料がお得になることで商品購入率は上がるかもしれませんが、実際に支払う送料はお客様負担ではなくなるだけであり、販売にかかった経費としてネットショップの出店者側が支払うことになります。 極端な例をあげると、仕入れ値が500円、販売価格が800円の利益がすくない商品を販売している場合、仮に送料が500円分かかるものを送料無料にしてしまうと、商品が売れた分だけ-200円ずつ赤字になってしまう、といった恐れもあります。 しかし、リピーター化できなかった場合、自社の蓄えが十分にないと金銭的に厳しい状況に陥りますので、期間限定でテスト的に送料を割引することでどれだけ購買数が増えるか、リピーター化できたかを確認して取り組むと良いでしょう。 送料に消費税はかかる? 結論から言うと、基本的に送料にも消費税はかかります。 国税庁によると、消費税の課税対象は 「国内において事業者が事業として対価を得て行う資産の譲渡、貸付け及び役務の提供と外国貨物の引取りです」 とあります。 (参照:) 前段に記載したとおり、送料は配送業者が提供する配送サービスの対価として支払う料金で、「対価を得て行う資産の譲渡」に該当するため、送料は消費税の課税対象に含まれます。 そのためネットショップで商品料金(税抜)1,000円、送料(税抜)300円と記載されていた場合、商品料金と送料どちらも税抜合計の1,300円に消費税がかかることになります。 仮にネットショップで商品料金(税抜)1,000円、送料(税込)300円と記載しておきながら、1,300円の消費税がかけて金額を請求した場合、送料の分だけ消費税の二重請求となってしまいます。 料金表示に間違いないか注意しましょう。 送料に軽減税率は適用される? 送料は軽減税率の対象外となります。 軽減税率の対象は「酒類・外食を除いた飲食料品」と「定期購読契約を結んだ週2回以上発行される新聞」に限定されるため、送料は標準税率が適用されます。 ただし、送る荷物が飲食料品であり、かつそれが送料込みの値段である場合、送料も含めた価格が軽減税率の対象となります。 逆に軽減税率対象の飲食料品の料金に送料が含まれておらず、別途送料を請求する場合には送料のみ軽減税率の対象外となります。 つまり、飲食料品にかかる消費税率 8% と送料にかかる消費税率 10% が異なる事例が発生します。 送料だけでなく、扱う商品によって軽減税率の対象とそうでないものに分かれることとなるため、ネットショップでは料金表示に関する注意書きを記載しておくと親切でしょう。 また軽減税率対象品目の売上や仕入れがある場合はネットショップ上の表示だけではなく、会計帳簿においても、消費税の区分を明記が必要になります。 現在利用している会計ソフトが消費税と軽減税率対策に対応しているかどうか確認しておくとよいでしょう。 送料の仕訳と考え方 ネットショップで商品を売り上げた際、送料に関しての仕訳方法はどのようにすれば良いのでしょうか。 前段で送料に消費税はかかるか、という疑問に対して基本的にかかると記載しましたが、例外もあります。 具体的には送料に限らず、課税売上高が1,000万円以下の事業者は納税義務が免除されます。 (参照:) また免税対象の事業所ではない場合も、会計上の処理方法で送料を課税売上から除外することが可能です。 たとえば、消費者から受け取った商品の税込代金のみを「売上高」として処理し、送料の税込代金のみを「預り金」や「立替金」、または「仮受金」として仕訳を行うやり方です。 その「預り金」はあくまで配送業者へ支払う代金を預かっているだけで、配送業者への支払いで相殺されるものになります。 この時、ネットショップの出店側では「預り金」の受け取りと「預り金」の支払いのみを行うため、この「預り金」が税込であったとしてもネットショップの出店側の会計処理には消費税に関与しません。 このような形でネットショップの出店側は消費税の節税を行うことができますが、経理処理が複雑になります。 なるべく時間をかけずに行うことができるのであれば、商品の売上と送料を分けて経理処理する方法も取り入れてみると良いでしょう。 面倒な会計処理を楽にする方法とは を使えば、手間のかかる経理業務に使う時間を大幅に短縮できます。 理由は大きく3つあります。 手入力を極力ゼロに 銀行口座やクレジットカード、ネットショップの売上明細などを自動で取り込みできるので、日付や金額、取引先などのデータを手入力する手間がかかりません。 自動で帳簿付けまで可能 取り込んだデータは「自動で経理」という機能で、freeeが過去の仕訳登録データや機械学習で仕訳を推測。 確認なしで登録も可能です。 簡単だから迷わない 手入力で入出金を登録する際にも、勘定科目にわかりやすい説明が付いているため、覚える必要はありません。 一般的な会計ソフトは玄人向けで使い方が複雑なものもありますが、会計freeeは家計簿をつけるような感覚で、経理の経験が少ない方でも安心して使えます。 会計freeeは手間を削減するだけでなく、も充実しているので、会計ソフトからいちいちデータをexcelに落として加工する必要もなく、freeeの中でデータ分析が可能です。 決算関連の書類作成にも対応しており、貸借対照表と損益計算書が即座に作成できます。 ネットショップに出店されている方への詳しい紹介はからご覧いただけます。 会計freeeを使ってみたい方は、からお試しできます。 決算書は初めてでも簡単に作成できます。 自動化させると日々の経理にかける時間は大きく削減されます。

次の

店内飲食・宅配・テイクアウト サービス内容で事業区分を確認|教えて熊王先生!消費税の落とし穴はココだ!

宅配 弁当 消費 税

2.どのような食事が外食になるのか ひと言に「外食」といっても、その範囲は多岐に渡ります。 例えば、レストランでの食事、コンビニ弁当やスーパーなどの総菜を購入しての自宅での食事、出前を頼んでの食事など自炊ではなくお店で調理品を購入したら外食になります。 これらをひとくくりに軽減税率の対象から除いてしまうと、多くの人が利用するコンビニ弁当なども消費税10%となってしまい、軽減税率導入の目的から反れてしまいます。 そこで外食の中にも、軽減税率の対象になるものとならないものが次の通り定められています。 また、お客さんがお願いした場所に料理を持ってきてサービスを提供するケータリングや出張料理なども含まれます。 3.コンビニ弁当やお茶の税率は? 日々多くの人が利用している、コンビニの弁当やペットボトル入りのお茶などですが、購入後どこで食べるかによって軽減税率の対象となるか否かが決まります。 パターン別にみていきましょう。 (1)持ち帰って食べる場合 軽減税率の対象となり 8%となります。 自宅や勤務先などに持ち帰って食べる場合には、飲食設備を使うことも飲食サービスを受けることもないからです。 (2)コンビニ駐車場に停めた車内で食べる場合 軽減税率の対象となり 8%となります。 購入したコンビニ弁当等をそのコンビニの駐車場に停めた自分の車の中で食べる場合には、コンビニの敷地内ではありますが、車内であり飲食設備を使ったことにはなりません。 持ち帰って食べた場合と同様の考え方になります。 (3)イートインスペースで食べる場合 軽減税率の対象外となり 10%となります。 イートインスペースは飲食設備であり、そこを利用してコンビニ弁当を食べる行為は外食となります。 イートインスペースの屋内外は問いません。 ただ、コンビニ弁当などの会計は、イートインスペースで食べる前に行われるため、軽減税率の判断をするレジの時点では、そのお客さんが弁当を買った後に持って帰るのかイートインスペースに行くのかが分かりません。 これはもうレジで直接そのお客さんに聞くしかなく、イートインスペースで食べると答えた場合には10%での会計となり、持ち帰ると答えた場合には8%となります。 しかし、ほとんどのお客さんが持ち帰ることを前提にしているコンビニで、店員が会計のたびにいちいち食べる場所を確認するのは大変であり、労力の無駄遣いにもなります。 そこで、大手コンビニ業界では、「イートインスペースを利用される方は、お申し出ください。 (4)返却が必要な食器やトレーで提供される場合 軽減税率の対象外となり 10%となります。 コンビニの中にはレジでメニューを注文した食事が、返却が必要な食器やトレーに入ってイートインスペースで提供されるものがあります。 これはもうコンビニであってもレストランと同様であり、飲食設備で飲食サービスを受けていると考えられます。 (5)購入してすぐに店内で飲む場合 暑い夏は喉が渇きますので、コンビニで買ったペットボトル入りお茶などの飲料を、まだ店を出ないうちに飲む人もいるでしょう。 マナーの問題はありますが、イートインスペースではない店内で立ったまま飲むことも考えられます。 5.課税の抜け穴がある イートインスペースを利用するかもしれない飲食料品を購入する場合には、レジでイートインスペースを利用するかしないかの確認があります。 ここで「利用する」と答えた場合には消費税率は10%となり、500円のコンビニ弁当を購入する場合には550円となります。 反対に「利用しない」と答えた場合には8%となり、540円となります。 ここで問題となるのが、レジの時点ではイートインスペースを利用しないと答えて、会計終了後に気が変わってイートインスペースを利用した場合です。 本来550円を支払うべきなのに540円しか支払っていないことになっているのです。 しかし、店側にはそこまで追って確認する義務はなく、レジの時点で利用しないと言われればそれに沿った処理をすれば良いことになっています。 またお客さん側にも罰則はなく、わざと嘘をついて軽減税率の適用を受けたとしても何のおとがめもないのです。 いちおう、コンビニのイートインスペースには次のような張り紙が貼られていて、スペースを利用する場合は、会計時に申し出るように周知されています。 ただ、消費者のモラルに頼るだけのこの形は、課税の公平といえるのか疑問です。

次の