不労所得。 セミリタイアを目指す資産運用ブログ

サラリーマンでも手軽に始められる「プチ不労所得」の作り方(石川 貴康)

不労所得

どうも、 元三井住友系の金融マン、稼ぎ隊の Co. 隊長()です。 大手金融機関で10年以上勤めた後退社し、その後は好きなことだけやりながら 月約10万円で細々と暮らしております。 おすすめと言っても、あなたの性格や金銭状況などによりますので、本記事ではタイプ別に整理させていただきます。 ご紹介するものは全て 私自身が経験してきた不労所得を得る方法です。 是非、あなたに合った方法の参考になればと思います。 それでは、見ていきましょう! 不労所得の3つのタイプ 不労所得とは、所得を得るために、 労働する必要がないものです。 あなた自身が働かなくても、 自動的に報酬が得られるものを指します。 不労所得と言っても、 タイプがいくつかあります。 分かりやすくするため、本記事では 下記のような3タイプに分けて、ご紹介させていただきます。 (例)• 不動産投資のための物件選び• ブログ記事の量産• 楽曲制作 など 投資型以外の2つ(努力型・才能型)は「 資産型労働」とも言われます。 要は、労働で作り出したものが資産となり、それが後々に不労所得を生み出す感じです。 「これだと労働と変わらないじゃん!」 と感じる方もいるかもしれませんが、普通にサラリーマンとして働いていたら、時間と労働を交換してるだけで、資産は何も残りません。 こうなると、いつまで経っても労働をしなければなりません。 資産型労働であれば、 資産が十分積み上がれば、それ以降労働する必要がなくなります。 具体例を見た方が、分かりやすいかもしれません。 投資型不労所得が向いてる人• 投資可能な資金がある人• リスクを取れる人 投資型はお金を出して、リターンを得ますので、 そもそも投資できる資金がなければなりません。 それでは、 投資型の不労所得をより具体的にチェックしましょう。 実物の不動産物件を購入すると、数千万円単位で資金が必要で、多くの人に再現性がありませんので、本記事では 少額不動産投資サービスをご紹介します。 不動産投資クラウドファンディングとは? 不特定多数の人が、インターネット経由で不動産物件に投資する行為。 群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語として、クラウドファンディングと呼ばれるようになりました。 みんながお金を出し合って、1つの物件を購入して、その家賃収入が毎月分配されますので、 大家になった感覚です。 <CREALの投資物件例> 実物不動産投資の平均的な利回りは4. CREALでの 口座開設は 無料です。 少額の不動産投資に興味があれば、どうぞ公式サイトご覧ください。 配当実施する企業の株を買って、持っておくだけ定期的にお金が得られます。 配当金は1株から得られますので、大金がなくても投資可能です。 私も利用してる少額株式投資サービスを1つご紹介します。 25〜) ネオモバ(SBIネオモバイル証券)は、ネット証券大手の「 SBI証券」とTポイント運営会社「 CCC」が協働して作った株取引サービスです。 日本初、 Tポイントを使って株式購入ができる点が大きな特徴です。 1株単位で買えるので、みずほFGなどの株価が安い銘柄は 100円台から購入可能です。 (2019. 29時点) 実際に みずほFGの株を買って、配当金GETしました。 9株(当時約1600円分)しか持ってなかったのに、 34円の不労所得が得られました。 投資額が少ないと配当も少ないですが、このように不労所得を得ることができます。 ネオモバは、月間50万円までの売買の場合、 手数料は月額200円(税抜き)です。 ただ、それと引き換えに 毎月200Tポイント得られますので実質、 手数料はほぼ無料です。 ご興味あれば、 公式サイト ご覧ください。 要するに、個人がお金を貸し出して、その金利を得る感じです。 本記事では、 最も手堅いソーシャルレンディングサービスをご紹介します。 《上場企業へ貸付!funds(ファンズ)》 投資種別 ソーシャルレンディング 主な投資先 上場企業への貸付など 最小投資金額 1円〜 想定利回り 2. 0〜6. 過去には、王将やアイフルへの貸付案件もありました。 <funds投資案件(例)> 貸付先が上場企業に絞られているので、とても手堅い投資です。 なんと1円から投資可能なので、お試しで始めるのアリかと思います。 また案件によっては、 優待・特典が付くこともあります。 直近の例では、王将ファンドの特典があります。 <大阪王将ファンド 1> 努力型不労所得が向いてる人• コツコツ毎日作業を継続できる人• 初期投資を抑えたい人 努力型は 誰でも平等にスタートできる権利があります。 初期投資も、ほぼかかりません。 その代わり 時間を投じて、たくさん努力する必要があります。 今ご覧の、 このサイトもブログです。 ブログも継続すれば、Googleからの広告やアフィリエイト収益が発生するようになります。 コツコツ毎日ブログを書けそうな方は、ブログでの不労所得を目指しても良いかもしれません。 ちなみに、 このブログの収益推移 は下記の通りです。 毎日記事を更新していたにも関わらず、 最初の6ヶ月間は、ほぼ収入が生まれてません。 長い時では、 1記事8時間近くかかってました… ブログ収益に関しては、こちらの記事で毎月更新していますので、よかったらご覧ください。 才能型不労所得が向いてる人• 自分の作品(商品)を作りたい人• 努力に加えて、価値ある商品を創造する才能がなければ、難しいでしょう。 ただ、商品と言っても 昔のように堅苦しいものではなくなっています。 個人でサクッと書いたノウハウ記事が普通に売買されていたりしますので、挑戦する価値はあるでしょう。 noteはブログのように記事が書けるだけでなく、 情報商材を自由に販売することもできます。 私も過去に貸株に関する記事を販売してみましたが、20,000円くらい売り上げました。 note以外でも、というサービスがあります。 ココナラにも商品を置いておけば、 不労所得装置の出来上がりです。 あとは、商品が売れるか否かです。 最も有名なサービスは「」です。 ただし、配信料もかかりますので、売れる商品でないとマイナスになってしまう恐れがあります。 私は「 Co. 慶応」という名前でお勉強のラップを作ってますので、こんな感じで音楽配信してます。 こちらも細々ですが、 月5千円ほど生み出しています。 おすすめ不労所得!投資型・努力型・才能型!3タイプ別に紹介のまとめ いかがでしたでしょうか? おすすめ不労所得について理解深まりましたでしょうか?.

次の

おすすめ不労所得!投資型・努力型・才能型!3タイプ別に紹介

不労所得

不労所得とは? そもそも、不労所得とは何でしょうか?以下は、wikipediaからの引用です。 不労所得(ふろうしょとく、英: unearned income)とは、それを得るために労働する必要がない所得のこと。 労働の対価として得る賃金・報酬以外による所得を指し、働かずとも得られる収入または収入源という意味で用いられることが多い。 利子、配当、賃料収入など投資による収益を指す場合や、有価証券や不動産等の権利自体を売買しその売買差益を指す場合、あるいはその両方を含める場合もある。 (wikipediaより) このことから分かるように不労所得とは、労働の対価である給料や報酬などに対して、働かなくても入ってくる収入のことを言います。 不労所得とは何か?こちらの記事で分かりやすくまとめているので、ぜひ読んでみてください。 「不労」所得を作るための「労働」 不労所得とは、働かなくても入ってくる収入のことですが、そこにちょっとした落とし穴があります。 それは、 「働かなくても入ってくる収入=一切、働く必要がない」 と、思いこんでしまうことです。 事実、そのように思いこんでいる人が意外と多いようなのですが、これは残念ながら違います。 不労所得とは、収入が入ってくるための「しくみ」を作り、それが機能することで初めて得られるものであって、その「しくみ」を作るための労働は必要になります。 そして、後でご紹介する不労所得の種類によって内容は変わりますが、「しくみ」を維持するための労働も必要です。 「不労」所得と言っていますが、 継続的にそれを得るための「労働」が、多少なりとも発生するということです。 こちらの記事も、参考にしてください。 ネットビジネスと言っても、ヤフオクを代表とした オークションサイトを利用した転売、 Web制作、 WEBライティング、 コンサルなど、色々と種類がありますが、その中で 初心者でも簡単に始めやすいのは、ブログを使ったアフィリエイトでしょう。 アフィリエイトは、商品やサービスの広告を自分が運営するサイトに掲載して、ユーザーがその広告から商品やサービスを買った際に、その代金の一部が報酬として掲載元のサイト運営者に支払われるというものです。 よく似たもので、広告をクリックされるだけで報酬が発生するものもありますが、ここではそれも含めてアフィリエイトとします。 ブログアフィリエイトのメリットは、何と言っても初期費用が安いことです。 ブログには無料ブログと有料ブログがありますが ブログアフィリエイトをやるなら、断然に有料ブログがおススメです。 その理由の1つとして、無料ブログはサービスによって、クリックされるだけで報酬が発生する、クリック報酬型広告を掲載できないからです。 有料ブログを運営するにはドメインとサーバーが必要ですが、それにかかる年間の費用は多くても数万円です。 株や不動産などに比べたら、知れていますよね? とはいえ、ブログアフィリエイトでの不労所得を作るには、たくさんのアクセスを集める必要があります。 そのためには、ある程度の記事数が必要になります。 その記事も2、3行程度のものではなく、少なくても1000文字以上が望ましいです。 ブログアフィリエイトで不労所得を作るのは• 20代や30代などの資金力がほとんどない人• 1つのことをコツコツと地道に実践できる人 これらの人に、向いていると思います。 こちらの記事も、参考にしてください。 株式会社は、事業を始めるための資金を投資家たちから募り、会社は出資してくれた人たちに、その証明として株式(以下、株)を渡すわけです。 1株でも所有したら、その会社の株主になるのです。 株主は、持っている株を売ることはもちろん、会社が利益を出した時、その一部を株主に還元する「配当金」をもらうことができます。 この「配当金」は、会社が配当を実施している間、継続して受け取ることができます。 ここまで読んだ限り、株が魅力的に感じるかもしれませんが 当然ながら、株を買うための資金が必要です。 そして、株主になっている企業の業績が下がれば配当金も下がります。 業績が悪化して、赤字や倒産なんてことになったら 出資した金額が、全部パーになってしまうリスクもあるのです。 株に挑戦する場合は、そういったリスクを十分認識して、知識と経験をとにかく増やし 計画的に投資して、自己資金以上の投資を絶対にしないよう心掛けることが必要と言えます。 FXとは 「外国為替証拠金取引」のことで、外国通貨の取引で為替差益による利益を得ることを目的としたものです。 「日本円からアメリカドルへ両替して、その後しばらくして、両替したアメリカドルを日本円へと変える」と言う具合に、各国の通貨を両替していくような感じになります。 自分が持っている通貨の価値が、買ったときよりも上がると利益が出るという訳です。 FXも株と同じようなことが言えると思います。 ある程度の金額の利益を出そうと思ったら、投資額もそれに比例して大きくなります。 マイナスになったからと言って、それを取り戻そうとヒートアップせずに 計画的な投資を心掛けることが必要です。 株やFXで共通して言えるのは• 仮に失敗しても問題のない、余裕資金がある人• 銘柄や為替の動向を、24時間細めにチェックしたりする、根気のある人• 自制心と決断力のある人 以上の人に向いている、といえるでしょう。 不労所得というと、この家賃収入を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。 たとえば、家賃月5万円で6部屋のアパートを所有しているとしたら、フルに埋まれば毎月30万円の収益です。 (維持費や税金などは抜いた、単純計算での数字です) 不動産も、当然ですが物件を買うためのお金が必要になります。 ただ、他の投資と違って ローンを組んで買うことが可能なのがメリットの1つと言えます。 ローンで物件を買い、家賃収入をローンの返済に充てることを繰り返して、家賃収入を少しずつ増やしていく。 と言うことが可能なのです。 なので、20代の会社員であってもローンを組んで不動産物件を買うことが可能です。 ただ、賃貸である以上、 空室ができることはどうしても避けられません。 その場合は、当然ですが収入は下がります。 そして、常に入居者を確保するためには、 定期的なメンテナンスも必要で、そのための費用も発生します。 そういったことを厭わずに地道に運営できる人 そして、いくらローンで買えると言っても• ある程度の余裕資金がある方が望ましいです。 そういった人に向いている、不労所得の種類と言えます。 こんな不労所得の種類もある 先ほどの不動産に関連しますが、自宅の駐車場に空きがあったり、車1台分ほどの空き地が敷地内にあるという人は、それを 駐車場として貸し出すことで収入を得る、という方法もあります。 生活ができるほどの金額にはならないまでも、 お小遣い程度の不労所得には十分なると思います。 空き地の有効活用ができるということで、駐車場のシェアビジネスは、今ちょっとした注目を集めています。 駐車場シェアビジネスで最近伸びているのが、株式会社akippa(アキッパ)が運営する『』というサービスです。 akippaは、 個人間での駐車場の貸し借りをネットで仲介するサービスです。 オーナー側は、お話ししたように 空き地の有効活用ができて、不労所得が得られること、借りる側は 事前に駐車場の予約ができて、一般のコインパーキングよりも安く駐車場が借りられる、というメリットがあります。 自宅の駐車場が広いなどで、空きがある人。 敷地内に空き地がある人 は、検討してみると良いと思いますし、それでなくても出かけた先などでの駐車場代を安く抑えたいという時にも、akippaはとても役に立つと思います。 興味がある人は、こちらをどうぞ。 民泊とは、簡単に言うとホテルや民宿ではない、一般の住宅に有料で宿泊することです。 文字通り、民間の住宅に宿泊するから「民泊」です。 一般の人でも、現在は使っていない持ち家やその一室を、宿泊施設として提供できるので、デッドスペースを有効活用できてお金も稼げるということで、注目されています。 というサイトの存在も、民泊が広まっていくのに一役買いましたね。 ただ、今までは法的な整備が進んでいなかったため、民泊自体がグレーゾーン扱いになっていましたが、 2018年6月15日より施行された民泊新法(住宅宿泊事業法)で、民泊が法的に認められました。 その代わりに、 民泊を始めるのに事前の認可が必要になり、 非常用照明器具の設置や避難経路の表示などが義務付けられるようになりました。 なので、今までのようなお手軽感はなくなり、ビジネスとしての側面が強くなったと言えます。 商品の仕入れ・販売・集客・採用など、ビジネスで重要な要素がパッケージ化されているので 業界未経験の人でも、しっかりとビジネスを展開できるのがメリットです。 とても魅力的と言えますが、たとえばコンビニなど、近所に競合店ができたことにより 売上が下がったとしても、ロイヤリティーは支払わなければなりません。 そして、加盟者は基本的に本部の方針に従わないといけません。 リーダーシップを発揮できる人• 本部の決められたマニュアルや方針に従って、ビジネスができる人 これらの人に、適していると思います。 フランチャイズオーナーというと、フランチャイズの加盟者側をイメージする人が多いと思いますが、不労所得という観点で見ると 加盟者よりも、フランチャイズシステムを提供する側の方が、合っているのではないでしょうか。 商品の仕入れ・販売・集客・採用などの要素を、誰が実践してもある程度の成果を上げられるようにシステム化されていないといけないので、知識や経験だけでなく そのシステムでの売り上げ実績なども必要になるでしょう。 フランチャイズシステムによる不労所得を作るのは、かなりハードルが高いと言えますが• ロジックに物事を考え、システム構築ができる人• もしくは、それが好きな人• アイデアを生み出して実行できる人 などには、向いている不労所得の種類だと思います。 プロミュージシャンや小説家などでなければ縁が遠いと思われがちな印税ですが、今はインターネットのおかげで 素人でも、印税をゲットできるチャンスが大きくなったと言えます。 その証明として、こんな実話があります。 アメリカのロックバンド。 バンド名は分からなくても、曲を聴くと「あぁ、これね!」と言うくらい効きなじみのある曲が多く、CDの総売り上げが8000万枚という まさに、ロックバンドの「レジェンド」です。 そんなJourneyの4代目ボーカリスト、 アーネル・ピネダはフィリピン人で デビュー前は、祖国フィリピンで活動していた無名のミュージシャンでした。 出典: 画像真ん中のヴォーカルの人物が、アーネル・ピネダです アーネルはJourneyの曲が得意でよくカバーしていたのですが、その時のYouTube動画が、ちょうど新しいヴォーカリストを探していたJourneyのメンバーの目に止まりスカウトされたのです。 YouTubeがきっかけで、無名の人が世界的バンドのヴォーカルに引き抜かれたのです。 このことは、YouTubeが生み出したシンデレラストーリーとして有名です。 不労所得の種類として、アーネルの話はたしかにレアなケースですが、それでもインターネットの存在でこうした才能が日の目を浴びる可能性は、一昔前に比べて高くなったと言えます。 自他ともに認める突出した才能がある人は、不労所得の1つの種類として、視野に入れてみるのも良いのではないでしょうか。 それに対してネットワークビジネスでは、会員登録した消費者がメーカーから直接商品を買うことができ、口コミによって商品を販売することができます。 その口コミによる商品販売の報酬が、不労所得になります。 系列の会員数と販売額が多いほど報酬が上がるという訳です。 ネットワークビジネスの企業としては、、、などが有名です。 ネットワークビジネスの特徴として• 市販されている商品よりも圧倒的にクオリティの高い商品が多く、それを売りにして成功すれば 年収1億円を稼ぐことも夢ではないこと• 過去の販売員の勧誘方法などが原因で、 世間での評判は最悪と言えるほど悪いこと が、挙げられます。 今は後者の特徴が災いして ネットワークビジネスで不労所得を作るのは、かなりハードルが高いと言えます。 ですが、可能性がゼロと言っている訳ではありません。 ネットワークビジネスで不労所得を作ろうとするなら、商品もしくはブランド愛が強いことだけでなく• たとえ味方がいなくても、目標をやり遂げる行動力と精神力を持った人• 強いリーダーシップを発揮できる人 これらの人に、向いていると言えます。 ネットワークビジネスについて詳しく知りたい方は、 こちらの記事も、参考になります。 それは、 治験というものです。 治験を初めて聞いた人のために簡単にご紹介すると、治験とは開発・製造された薬が、医薬品として認められるために、その 有効性や安全性を調べる臨床試験のことです。 「 治療の臨床試 験」を略して、治験と言われるそうです。 これだけを見ると、治験は人体実験のようで、「危険な副作用とか大丈夫なの?!」と思う人も多いでしょう。 ですが、治験で使われる薬やサプリメントは、 ほとんどがすでに安全性が確認されているものばかりです。 言ってみたら、名目上行なっているというだけなので、危険なことはほとんどありません。 治験はボランティアという名目で行われて、協力に対する謝礼という形で支払われます。 厳密にいったら不労所得ではないと、先ほどお話ししたのは、この部分からです。 治験は、治験を行う医療機関とあなたとを、治験の案件を取り扱っている会社が仲介する形で行われます。 治験の参加は、 案件を取り扱っている会社に登録し、そこで紹介される案件から参加したい治験案件を選び、 事前検診などを受けて問題なければ、治験に参加できます。 治験の会社は、実施歴10年以上の老舗が、案件も豊富だと思います。 治験は、不労の収入が得られるという側面だけでなく、• ニキビや高血圧などの疾患を、経済的に治したい人 なども、検討してみると良いのではないでしょうか。 あなたが女性なら、こういう方法もアリ? 最後にご紹介するのは、不労所得ではないですが、先ほどの治験と同じく 労働という労働を必要としないということから、加えてみました。 もしあなたが女性で、知らない男性と顔出しでお話しするのに抵抗がなければ、 チャットレディという方法もあります。 チャットレディとは、 ライブチャットサイトに登録している男性会員と、オンラインでチャットするお仕事です。 スマホがあれば場所を問わずにできて、ネットビジネスや不動産などのように経験も知識もほとんど必要ないので、 女性の在宅ワークとしても人気です。 チャットレディに登録して男性とお話をするだけで、その人と直接会う必要もありません。 それでいて、 一般会社員の給料以上の金額を稼ぐ人もいるので、顔出しで男性とチャットするのに抵抗がなければ、検討してみると良いと思います。 不労所得を作るのに適した人とは? ここまで、不労所得の種類とどんな人に適しているかをお話してきましたが、共通して言えるのは、不労所得を作るのに適した人とは 不労所得を作るために、時間とお金を最大限投資できる人だということです。 不労所得を作るには、その「しくみ」作り、そして「しくみ」をメンテナンスするための労働が必要です。 言い換えれば、そのために時間を投資する必要があるということです。 そして当然ですが、「しくみ」作りのための元手、ブログで言ったらドメインとサーバー、株で言ったら株券、不動産なら不動産物件など、それらを買ってメンテナンスするために、時間とお金の投資が必要です。 お小遣い程度の金額でも不労所得だけで生活するのでも関係なく 不労所得を作るために時間とお金を惜しみなく投資できる人は、挑戦してみると良いと思います。 さいごに 不労所得の 作り方で代表的な10 種類と、それに適した人を今回はお話ししました。 この記事が、あなたに最適の不労所得の作り方が見つかる、お役に立ってもらえたら嬉しいです。 今日も、最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。 こちらの記事も、参考にしてみてください。 人類は、どこへ向かっているか? 私が今のメンターに出会ったばかりの時、メンターに問われたことです。 不思議なことに、ほぼすべての人が、その時私が答えたことと、同じ答えを返してきます。 なんで、こんなことになっているのでしょう? みんな、その理由をすでに知っています。 それでも、自分たちが生きていくためには、しょうがない。 こんなこと書いている私自身、同じような考えで、そのことに目を向けようともしませんでしたが、 メンターとの出会いによって、今まで見えていなかった世界にたどり着くことができました。 実は、今のネット環境は、まさに今人類がたどっている状況と同じではないかと思います。 今のネット環境は、自分が稼ぐことだけを目的としている人たちによって、本来あるべき姿から、かけ離れているしまってように思います。 ネット環境は、ユーザーが問題や悩みを解決したり、それをきっかけに人生がプラス方向に変わったり、今まで思いもしなかった発見に出会ったりする、そんなきっかけをもたらす場所では、ないでしょうか? そんなネット環境の本来あるべき姿の、一翼を担って後の世の中に伝えていくことが、私たちの使命ではないかと思います。 この使命を追い求めて、このブログを書いています。 そして、このブログにたどり着いた1人でも多くの人に、この思いを伝えることができたら、こんなに嬉しいことは、ありません。

次の

不労所得

不労所得

マネーの専門家である僕も実践している、最速で不労所得を作る「鉄板の流れ」をご紹介します。 誰でも簡単に不労所得を得られる? 大金持ちになりたい!とまではいかなくても、働かなくてもお金を受け取れる生活に憧れる方も多いようです。 案外知られていませんが、不労所得を作るのは思っている以上に簡単です。 最近では、月々100円から資産運用を始められるノーベル賞級の投資法もあります。 とはいえ、債券投資や不動産投資、株式投資など、不労所得を得る方法は幅広いです。 そこで、マネーの専門家である僕も実践している、最速で不労所得を作る「鉄板の流れ」をご紹介します。 ステップ1:固定費の節約不労所得を作るためには、「毎月、投資に回せるだけの家計の余裕」が不可欠です。 そこで下準備として、固定費の節約に着手していただくとよいでしょう。 投資に回せる資金を1カ月あたり5000円以上捻出するところから始めましょう。 保険料や通信費、光熱費など、固定費の削減から始めると、家計がだいぶスッキリするのでおすすめです。 他にも、家計を楽にする方法として、ふるさと納税があります。 控除対象となる金額の範囲内であれば、実質無料で返礼品を受け取ることができます。 返礼品を使って生活費を浮かし、浮いた生活費で不労所得の形成を目指しましょう。 ステップ2:生命保険料控除を利用し、貯金を加速する家計に余裕ができたら、ここからが本番です。 まず検討したいのが、生命保険料控除を活用した貯金のペースアップです。 貯蓄性のある保険の一例としてですが、「いつでも100%以上のお金が戻る積立保険」があります。 保険で積み立てたお金は、年末調整や確定申告のときに生命保険料控除の対象とすることができます。 つまり、「お金を貯金しながら税金が還付される」ということになるのです。 生命保険料控除の制度を利用して、貯蓄しながら節税もしてみましょう。 また、節税したお金をそのまま消費してしまっては意味がありません。 使う予定のないお金はどんどん節税制度に回し、不労所得を生み出すために使うのが得策です。 そこで次のステップとしては、iDeCoの利用を検討するとよいでしょう。 ステップ3:iDeCo口座を開設し、株式指数連動型投信に積立投資をする 次はiDeCoの口座を開設しましょう。 iDeCoとは個人向け確定拠出年金のことで、節税しながら資産運用を行える口座です。 iDeCoに拠出したお金は一定期間引き出せなくなりますが、その代わりに所得税や住民税の控除を受けることができます。 口座の開設が完了したら、株式指数連動型の投資信託を毎月買い付けます。 この積立投資法は「インデックス投資」と呼ばれており、ノーベル経済学賞を受賞したウィリアム・シャープ氏のCAPM理論に基づいて設計されています。 この投資法を使うだけでも、「プロ投資家トップ10%に匹敵するほどのパフォーマンスを達成できたぞ!」というデータもあります。 実践するにあたり専門知識が要らないうえ、手間もかかりません。 僕も愛用している投資法なので、利用を検討してみるとよいでしょう。 なお、株式投資は「高リスク・高リターン」の投資商品として有名です。 だから、「株を買うのはちょっと怖い」と感じるかもしれません。 とはいえ、今のような低金利な時代には、投資にお金を回さない限り不労所得は得られません。 一方、株式投資の平均利回りは金利よりも「年率4〜5%」良かったという調査結果があります。 長い目で見れば、利回りも安定してくると期待できますので、思い切って積み立てるとよいでしょう。 節税したお金は、さらにつみたてNISAでの資産運用に回せば、もっと早いペースで不労所得を増やせると期待できます。 下手な儲け話に乗るよりも手堅く、かつ良いパフォーマンスが得られると期待できます。 僕自身も愛用している鉄板の流れです。 まだ取り入れられていない部分があるという方は、ぜひ実践してみてはいかがでしょうか。

次の