推しが武道館いってくれたら死ぬ 配信。 【推しが武道館いってくれたら死ぬ】の動画配信情報!無料で視聴する方法はある??アニメ全話(1話~最終回)を見れるのはどこ??

アニメ『推しが武道館いってくれたら死ぬ』を配信している動画配信サービス

推しが武道館いってくれたら死ぬ 配信

しかし、運営の発表が遅いため、事前に情報を得ていたえりぴよたちは微妙な反応を返してしまう。 そんなファンたちを見て焦りを感じるメンバーだったが、れおに前向きな言葉をかけられてフェスへと思いを一つにし始める。 そんな中、舞菜の気持ちは一人揺れていて…。 推しが武道館いってくれたら死ぬ キャスト えりぴよ:ファイルーズあい 市井舞菜:立花日菜 五十嵐れお:本渡楓 松山空音:長谷川育美 伯方眞妃:榎吉麻弥 寺本優佳:和多田美咲 水守ゆめ莉:石原夏織 横田文:伊藤麻菜美 くまさ:前野智昭 基:山谷祥生 玲奈:市ノ瀬加那 推しが武道館いってくれたら死ぬ 音楽 OPテーマ 「Clover wish」 歌:Cham Jam EDテーマ 「桃色片想い」 歌:えりぴよ CV:ファイルーズあい 推し武道 アニメ 動画最終回12話ストーリー性 最終回なので、えりぴよさんと舞菜の思いが通じ合う展開を期待しています。 1話でえりぴよさんが『ChamJam』のステージを観て、舞菜に出会い、舞菜推しのオタクとしての生活が始まってから、ずっとえりぴよさんの舞菜愛は舞菜に届いていますが、舞菜の気持ちは全然届いていないんです。 初めは舞菜も心の中でいつも1人だけ自分を応援してくれているえりぴよさんへの感謝の気持ちは持っていても、言葉にはできないことが多かったです。 けれども、舞菜も少しずつ成長してえりぴよさんへの感謝の気持ちを握手会で伝えられるようになりましたが、本当の意味でえりぴよさんに伝わったことはないです。 えりぴよさんは現に、自分は舞菜に愛されていなくても推し続けるとずっと思っています。 そんな2人のすれ違いが報われる展開を期待しています。 それから、えりぴよさんといつも一緒だったくまささんや基さんもれおや空音とアイドルとオタクという関係性を保ちつつ、幸せな結末になってもらいたいです。 まさにウインウインの関係であり続けてほしいです。 最終回も、アイドルとオタクの最高のライブを観られることが楽しみで仕方ありません。 この物語は誰もが主役で、脇役なんていないと思える面白い話なので、最終回も期待大です。 推し武道 アニメ 最終回動画12話感想やネタバレ 地下アイドルのChamJamというグループの中の舞菜という子の猛烈なファンになったえりは、自分の財産をすべて処分しており、自分の洋服なども売却してしまったほどの入れ込みようです。 女の子のアイドルに女の子のえりが推しとか最初の頃は意味がわからないぐらいだったが、同じChamJamの推しをしているくまさや基といった仲間がいて、ここまで応援してきている。 最初の頃は、舞菜とえりはまったくすれ違いの状態で、えりが握手会などで、言葉を伝えてもまったく違う受け取り方をされるぐらいだったが、えりの強烈な応援により、途中から舞菜の意識も変わってきている。 逆に舞菜はえりと友達になりたいと思うようにもなってきている。 また、えりが骨折する事もあったが、それでもChamJamのライブに必ず通っていた。 ただし、えりが体調不良で喉を傷めてしまい、ライブにいけない事があったが、その時に諸事情により、舞菜は初めて前列で歌ってるのだが、舞菜はえりが来ていない事に残念がっていたぐらいな関係になっている。 そして、今回の最終回はえりと舞菜の関係はどこまでの事になるのか、武道館のライブは実現する目途が出てくるのか、楽しみである。 全オタクの人は観るべきです。 主人公、えりぴよの考え方や行動など一つ一つにめちゃくちゃ共感できます。 推しにお金を使うために自分の服を買わない事なんて推しがいるオタクの人なら誰しも経験したことがあるはずです。 えりぴよの周りにいるオタクの人も良いキャラクターばかりです。 特にくまささんなんて現実世界に実際にいてもおかしくないような良いキャラクターです。 更にこの作品の魅力としては女の子のかわいさが挙げられます。 作品内のアイドルグループ「ChamJam」の女の子たちがとにかくかわいいです。 えりぴよの推しの舞菜だけでなく他のメンバーにもきちんと個性があり、そこを見ていても楽しめます。 そしてChamJamのダンスシーンや歌唱シーンのクオリティも非常に高いです。 ダンスシーンは中々作画も大変なため、出来るだけシーンを減らしているアニメも多いのですが、このアニメは一切の手抜きをせずに表現しているように感じます。 自分のオタクとしてここまでの情熱を注げるようになりたい、ここまでにはなりたくない、など考え方は様々だとは思います。 ですが1つの考え方としてある意味非常に勉強になるので、これからも楽しみに視聴していきたいと思います。 まとめ 地元が舞台のアニメということで期待しています。 有名観光地とか名物グルメとかもどんどん出てきてほしいです。 どうせなら声優さんにも地元民が出てくれれば、更に盛り上がる気がしますが残念ながらそういったことは無いようです。 作品そのものですが、まずはタイトルでインパクト大で誰かのファンをしている方だとかなり共感が持てるでしょう。 確かにそこまで上り詰めてくれれば死ねます。 オタクでなくても、全力で誰かを応援したいという気持ちやそれにこたえようと頑張る姿には納得できるのではないでしょうか。 絵がきれいでそこでも気持ちが入り込めました。 グッズもこれなら売れそう、というか自分も買ってみたいという気持ちにさせられます。 何となく能天気に楽しんでいるだけといったイメージも強かった地下アイドルですが、何しろその世界でそれなりに上に上がっていこうと思ったら狭き門です。 大変な世界なんだなと改めて気づかされました。 収入のすべてをつぎ込んで24時間思われて、そんな人がいれたら素晴らしいことです。 オタクもそこまで突き詰めて頑張っていたらスポーツ選手みたい、正に伝説です。 どちらも自分には馴染みのなかった世界ですが、面白そうです。 もともと原作を知っていたので、それの放送が始まったということで気になって見てみたのがきっかけです。 まずは印象的だったのは、イラストがとても綺麗でそこにまず、引き込まれました。 自分はそれほど声優さんに詳しい訳ではないのですが、声も嫌味がなく、すっきり入ってくる感じが見ていて好印象でした。 オープニングテーマもアニメのかわいい雰囲気を壊していなく、とても良い感じだと思います。 あとは、現代の時代の流れを大切にしているなという印象を受けました。 推し、という言葉もそうですし、推しに貢ぐ、という事も現代社会において、大きな現象だと思います。 そこで、面白いと思ったのは、主人公が女のコだということです。 普通なら男がファンになり、アイドルに貢いでいく、というのが普通のパターンだとも思うのですが、あえて、そこを無視しているような設定が、みていてあらためて何か意味がある、とか伝えたいことがあるのかなあ、などと思いながら見ていました。 思えばこの原作が始まったのは、けっこう前だったと記憶しているので、まさに時代を先読みしたような感じも感じました。 頭の良い作者さんなのだろうな、ということも感じました。 内容も面白かったので、やはりそのような作者さんの描くストーリーは面白いものになるのだな、と思います。 まずこのアニメの題名に入っている「推し」という言葉は、最近流行始めたものでわたし自信も身近に感じる言葉になりました。 テーマが売れていないアイドルとそのファンという関係性が面白いと思いました。 主人公のえりぴよはアイドルを応援する活動、いわゆるヲタ活のために生きていると言っても過言ではないほどすごく熱心に応援している姿が、視聴者の気持ちを熱くさせます。 その中でも、グループ内の人気投票があった時期にえりぴよは怪我でバイトができなくなります。 でも人気投票で推しを上位にさせてあげたい、でも働けないという状況の時に「臓器売りたい」というセリフが印象的でした。 普通の人にとってみれば、他人にお金を使うのにそこまで?と疑問に思うかもしれませんが、まさにヲタクの鏡です。 それほど推しへの愛が強いのだとわかるシーンでした。 他にも生誕祭やクリスマスイベントなど、普通の生活をしてる人には味わえない楽しさがあるのが、このアイドルを応援するということだと感じます。 推しにこう思われたい、こんなこと伝えたい、ヲタクと推しの微妙な関係性がすごく細かく描かれているアニメだと思います。 わたしは今後、このタイトル通り武道館に行くのか、行くとしたら推しとの関係やずっと応援してきたファンの気持ちなど、いろいろな視点からの感想を期待しています。 岡山県を舞台にオタク女子にの面白おかしい青春劇が展開するのが面白いです。 アイドル達の日常やその中での葛藤や悩みを描き、同時にそれを応援するオタクたちの真に迫った心理も描写しています。 基本はギャグテイストですが、時には心に響く一幕もあってバラエティに富んだ楽しい作風になっています。 登場アイドルのスライブテージシーンはもちろん挿入されます。 かわいいアイドルたちが歌って踊る様は大変可愛いです。 人気投票企画で序列が決まるシビアな世界で活躍するアイドルたちのリアルな心情に迫っていくのがたのしいです。 主人公のえりぴよが青春のすべてを捧げてアイドルユニットの一メンバーである舞菜を応援するのが見どころです。 恋愛やおしゃれに使う金は残さず、舞菜にずべて積むという潔さも面白いです。 仕事をいくつも掛け持ちしてでも人気投票の投票券を買いにいく根性はすごいと思います。 アイドルオタクにも一流の矜持やマナーがあると分かる点も面白いです。 普通ならアイドルにスポットをあてるところを、ステージ下のオタクたちにこそスポットをあてるという意外性が大変おもしろいです。

次の

アニメ『推しが武道館いってくれたら死ぬ』再放送と見逃し動画の無料視聴方法!

推しが武道館いってくれたら死ぬ 配信

しかし、運営の発表が遅いため、事前に情報を得ていたえりぴよたちは微妙な反応を返してしまう。 そんなファンたちを見て焦りを感じるメンバーだったが、れおに前向きな言葉をかけられてフェスへと思いを一つにし始める。 そんな中、舞菜の気持ちは一人揺れていて…。 推しが武道館いってくれたら死ぬ キャスト えりぴよ:ファイルーズあい 市井舞菜:立花日菜 五十嵐れお:本渡楓 松山空音:長谷川育美 伯方眞妃:榎吉麻弥 寺本優佳:和多田美咲 水守ゆめ莉:石原夏織 横田文:伊藤麻菜美 くまさ:前野智昭 基:山谷祥生 玲奈:市ノ瀬加那 推しが武道館いってくれたら死ぬ 音楽 OPテーマ 「Clover wish」 歌:Cham Jam EDテーマ 「桃色片想い」 歌:えりぴよ CV:ファイルーズあい 推し武道 アニメ 動画最終回12話ストーリー性 最終回なので、えりぴよさんと舞菜の思いが通じ合う展開を期待しています。 1話でえりぴよさんが『ChamJam』のステージを観て、舞菜に出会い、舞菜推しのオタクとしての生活が始まってから、ずっとえりぴよさんの舞菜愛は舞菜に届いていますが、舞菜の気持ちは全然届いていないんです。 初めは舞菜も心の中でいつも1人だけ自分を応援してくれているえりぴよさんへの感謝の気持ちは持っていても、言葉にはできないことが多かったです。 けれども、舞菜も少しずつ成長してえりぴよさんへの感謝の気持ちを握手会で伝えられるようになりましたが、本当の意味でえりぴよさんに伝わったことはないです。 えりぴよさんは現に、自分は舞菜に愛されていなくても推し続けるとずっと思っています。 そんな2人のすれ違いが報われる展開を期待しています。 それから、えりぴよさんといつも一緒だったくまささんや基さんもれおや空音とアイドルとオタクという関係性を保ちつつ、幸せな結末になってもらいたいです。 まさにウインウインの関係であり続けてほしいです。 最終回も、アイドルとオタクの最高のライブを観られることが楽しみで仕方ありません。 この物語は誰もが主役で、脇役なんていないと思える面白い話なので、最終回も期待大です。 推し武道 アニメ 最終回動画12話感想やネタバレ 地下アイドルのChamJamというグループの中の舞菜という子の猛烈なファンになったえりは、自分の財産をすべて処分しており、自分の洋服なども売却してしまったほどの入れ込みようです。 女の子のアイドルに女の子のえりが推しとか最初の頃は意味がわからないぐらいだったが、同じChamJamの推しをしているくまさや基といった仲間がいて、ここまで応援してきている。 最初の頃は、舞菜とえりはまったくすれ違いの状態で、えりが握手会などで、言葉を伝えてもまったく違う受け取り方をされるぐらいだったが、えりの強烈な応援により、途中から舞菜の意識も変わってきている。 逆に舞菜はえりと友達になりたいと思うようにもなってきている。 また、えりが骨折する事もあったが、それでもChamJamのライブに必ず通っていた。 ただし、えりが体調不良で喉を傷めてしまい、ライブにいけない事があったが、その時に諸事情により、舞菜は初めて前列で歌ってるのだが、舞菜はえりが来ていない事に残念がっていたぐらいな関係になっている。 そして、今回の最終回はえりと舞菜の関係はどこまでの事になるのか、武道館のライブは実現する目途が出てくるのか、楽しみである。 全オタクの人は観るべきです。 主人公、えりぴよの考え方や行動など一つ一つにめちゃくちゃ共感できます。 推しにお金を使うために自分の服を買わない事なんて推しがいるオタクの人なら誰しも経験したことがあるはずです。 えりぴよの周りにいるオタクの人も良いキャラクターばかりです。 特にくまささんなんて現実世界に実際にいてもおかしくないような良いキャラクターです。 更にこの作品の魅力としては女の子のかわいさが挙げられます。 作品内のアイドルグループ「ChamJam」の女の子たちがとにかくかわいいです。 えりぴよの推しの舞菜だけでなく他のメンバーにもきちんと個性があり、そこを見ていても楽しめます。 そしてChamJamのダンスシーンや歌唱シーンのクオリティも非常に高いです。 ダンスシーンは中々作画も大変なため、出来るだけシーンを減らしているアニメも多いのですが、このアニメは一切の手抜きをせずに表現しているように感じます。 自分のオタクとしてここまでの情熱を注げるようになりたい、ここまでにはなりたくない、など考え方は様々だとは思います。 ですが1つの考え方としてある意味非常に勉強になるので、これからも楽しみに視聴していきたいと思います。 まとめ 地元が舞台のアニメということで期待しています。 有名観光地とか名物グルメとかもどんどん出てきてほしいです。 どうせなら声優さんにも地元民が出てくれれば、更に盛り上がる気がしますが残念ながらそういったことは無いようです。 作品そのものですが、まずはタイトルでインパクト大で誰かのファンをしている方だとかなり共感が持てるでしょう。 確かにそこまで上り詰めてくれれば死ねます。 オタクでなくても、全力で誰かを応援したいという気持ちやそれにこたえようと頑張る姿には納得できるのではないでしょうか。 絵がきれいでそこでも気持ちが入り込めました。 グッズもこれなら売れそう、というか自分も買ってみたいという気持ちにさせられます。 何となく能天気に楽しんでいるだけといったイメージも強かった地下アイドルですが、何しろその世界でそれなりに上に上がっていこうと思ったら狭き門です。 大変な世界なんだなと改めて気づかされました。 収入のすべてをつぎ込んで24時間思われて、そんな人がいれたら素晴らしいことです。 オタクもそこまで突き詰めて頑張っていたらスポーツ選手みたい、正に伝説です。 どちらも自分には馴染みのなかった世界ですが、面白そうです。 もともと原作を知っていたので、それの放送が始まったということで気になって見てみたのがきっかけです。 まずは印象的だったのは、イラストがとても綺麗でそこにまず、引き込まれました。 自分はそれほど声優さんに詳しい訳ではないのですが、声も嫌味がなく、すっきり入ってくる感じが見ていて好印象でした。 オープニングテーマもアニメのかわいい雰囲気を壊していなく、とても良い感じだと思います。 あとは、現代の時代の流れを大切にしているなという印象を受けました。 推し、という言葉もそうですし、推しに貢ぐ、という事も現代社会において、大きな現象だと思います。 そこで、面白いと思ったのは、主人公が女のコだということです。 普通なら男がファンになり、アイドルに貢いでいく、というのが普通のパターンだとも思うのですが、あえて、そこを無視しているような設定が、みていてあらためて何か意味がある、とか伝えたいことがあるのかなあ、などと思いながら見ていました。 思えばこの原作が始まったのは、けっこう前だったと記憶しているので、まさに時代を先読みしたような感じも感じました。 頭の良い作者さんなのだろうな、ということも感じました。 内容も面白かったので、やはりそのような作者さんの描くストーリーは面白いものになるのだな、と思います。 まずこのアニメの題名に入っている「推し」という言葉は、最近流行始めたものでわたし自信も身近に感じる言葉になりました。 テーマが売れていないアイドルとそのファンという関係性が面白いと思いました。 主人公のえりぴよはアイドルを応援する活動、いわゆるヲタ活のために生きていると言っても過言ではないほどすごく熱心に応援している姿が、視聴者の気持ちを熱くさせます。 その中でも、グループ内の人気投票があった時期にえりぴよは怪我でバイトができなくなります。 でも人気投票で推しを上位にさせてあげたい、でも働けないという状況の時に「臓器売りたい」というセリフが印象的でした。 普通の人にとってみれば、他人にお金を使うのにそこまで?と疑問に思うかもしれませんが、まさにヲタクの鏡です。 それほど推しへの愛が強いのだとわかるシーンでした。 他にも生誕祭やクリスマスイベントなど、普通の生活をしてる人には味わえない楽しさがあるのが、このアイドルを応援するということだと感じます。 推しにこう思われたい、こんなこと伝えたい、ヲタクと推しの微妙な関係性がすごく細かく描かれているアニメだと思います。 わたしは今後、このタイトル通り武道館に行くのか、行くとしたら推しとの関係やずっと応援してきたファンの気持ちなど、いろいろな視点からの感想を期待しています。 岡山県を舞台にオタク女子にの面白おかしい青春劇が展開するのが面白いです。 アイドル達の日常やその中での葛藤や悩みを描き、同時にそれを応援するオタクたちの真に迫った心理も描写しています。 基本はギャグテイストですが、時には心に響く一幕もあってバラエティに富んだ楽しい作風になっています。 登場アイドルのスライブテージシーンはもちろん挿入されます。 かわいいアイドルたちが歌って踊る様は大変可愛いです。 人気投票企画で序列が決まるシビアな世界で活躍するアイドルたちのリアルな心情に迫っていくのがたのしいです。 主人公のえりぴよが青春のすべてを捧げてアイドルユニットの一メンバーである舞菜を応援するのが見どころです。 恋愛やおしゃれに使う金は残さず、舞菜にずべて積むという潔さも面白いです。 仕事をいくつも掛け持ちしてでも人気投票の投票券を買いにいく根性はすごいと思います。 アイドルオタクにも一流の矜持やマナーがあると分かる点も面白いです。 普通ならアイドルにスポットをあてるところを、ステージ下のオタクたちにこそスポットをあてるという意外性が大変おもしろいです。

次の

アニメ【推しが武道館いってくれたら死ぬ】1話~8話無料フル視聴できる方法やストーリー/原作も無料で読める

推しが武道館いってくれたら死ぬ 配信

さらに、FODは、アニメだけでなく、 ドラマや映画、バラエティは勿論、 数多くの韓流ドラマや海外ドラマを 配信しています。 さらに、動画コンテンツだけでなく、 雑誌見放題も会員サービスの目玉です。 「推しが武道館いってくれたら死ぬ」 を無料で見たい人は 、FODで見ましょう! 『推しが武道館いってくれたら死ぬ』を、Pandora、dailymotionで視聴するのがお勧めできない理由 ドラマ 『推しが武道館いってくれたら死ぬ』が 違法にアップロードされている動画再生サイトとして、Pandoraや dailymotionなどがあります。 しかし、 Pandora、dailymotionで配信されている『推しが武道館いってくれたら死ぬ』は、著作権を侵害したものであり、お勧め出来ません。 さらに、違法アップロードされているため ウイルス感染の危険性もあります。 やはり、 FODプレミアムの公式サイトから視聴するのが安全で、快適な環境で視聴可能できるのです。 FODのメリットはまだまだあります! FODは、フジテレビジョンが運営するインターネットテレビ・電子書籍配信サービスです。 アニメは勿論、ドラマ、政治、スポーツ、バラエティなど、様々なジャンルの番組を視聴することができます。 さらに、 アニメや動画だけではなく、マンガや雑誌も見ることが出来るのがお勧めポイントです。 しかも、 2週間は無料で視聴できるのです。 さらに、 お得なポイントが付くのも、とっても魅力的です。 たとえば、 FODプレミアムに登録すると、まず100ポイントが付与されます。 さらに、 「8」の付く日(8日、18日、28日)にはそれぞれ400ポイントゲットできるので、月に4回ポイントが付くと考えると、1200ポイントゲットでき、 全部でなんと1300ポイントも付与されるのです。 1300ポイントあれば、マンガや雑誌もさらに楽しむことが出来ますよ。 『推しが武道館いってくれたら死ぬ』をFODで無料で見る手順 FODで無料で見る手順はとても簡単です。 <FODプレミアム登録手順> 1:FODプレミアム公式サイトにアクセス 2:Amazonアカウントのメールアドレスとパスワードを入力 3:利用規約、購入内容を確認して「購入確定ボタン」をクリック それでは、実際の画像で登録手順を詳しく解説します。 1:FODプレミアム公式サイトにアクセス まず、 FODプレミアム公式サイトにアクセスします。 今すぐ 無料おためしのボタンをクリックしましょう。 2:Amazonアカウントのメールアドレスとパスワードを入力 Amazonアカウントを持っている方は、メールアドレスと、アカウントを使用すればすぐにログインできます。 アカウントを持っていない人は、「Amazonアカウントを作成します」をクリックしてアカウントを作成します。 「FOD」の利用規約を確認して、「次のページへ進む」をクリックしてください。 再度Amazonアカウントのメールアドレスとパスワードの入力が求められますので、入力してログインしましょう。 3:購入内容を確認して「購入確定ボタン」をクリック 購入内容を確認し、普段使用しているクレジットカードが選択されているか確認します。 「お支払いにAmazon Payを利用する」にチェックを入れましょう。 最後に「購入確定ボタン」を押せば完了です。 購入が完了した時点で、100ポイントが付与されます。 お得ですよね。 ちなみに、 FODプレミアムでは、「8」の付く日には400ポイントがゲットできるサービスもあります。 初めて登録した方は、2週間で1300ポイントゲットできます。 ポイントだけで、有料の雑誌やマンガを読むことも可能です。 アニメ『推しが武道館いってくれたら死ぬ』キャストや声優 『推しが武道館いってくれたら死ぬ』キャスト アニメ『 推しが武道館いってくれたら死ぬ』の主なキャストを紹介します。 ファンはグループ内で最も少ない。 メンバーカラーとしてあてがわれているサーモンは好きでも嫌いでもない。 えりに対しては塩対応になっていることが多いが、実際にはえりのことを嫌っているということは全くなく、むしろ好意を抱いており、親しくなりたいと思っている。 五十嵐 れお(いがらし れお)声 — 本渡楓 メンバーカラー — ピンク ツインテールがトレードマークの最年長でリーダー。 以前は別のアイドルグループで活動していたが、突然の解散により、現在の事務所に所属してChamJam結成の際の主柱となる。 松山 空音(まつやま そらね)声 — 長谷川育美 メンバーカラー — ブルー 趣味はテニスで部活にも所属している高校生。 ファンレターをくれた基には一目で気づくなどファンを大切にしていて、人気も高く、1巻時点でいわゆる前列組で、れお・眞妃と共にトップ3に入っていた。 伯方 眞妃(はかた まき)声 — 榎吉麻弥 メンバーカラー — イエロー セクシー担当でEカップ。 メンバーで最も仲が良いのはゆめ莉というのは周知だが、それ以上に非常に親密な関係であることが窺える。 水守 ゆめ莉(みずもり ゆめり)声 — 石原夏織 メンバーカラー — パープル おっとりした性格だが、歌やダンスの実力は高い。 眞妃と非常に親密である。 人気投票の際には積極的に前列や人気上位になりたいとは考えず、むしろ眞妃の順位を気にしていたが、彼女の取り組みや計らいにより、ファンのために努力することを決意する。 寺本 優佳(てらもと ゆうか)声 — 和多田美咲 メンバーカラー — ホワイト 底抜けに明るい性格で、底抜けに記憶力が悪いが、ダンスなどは得意。 メンバーでは最年少。 空気が読めないタイプだが、その裏表のなさから一定の人気を持ち、人気投票では3位になった。 横田 文(よこた あや)声 — 伊藤麻菜美 メンバーカラー — グリーン 妹キャラでロリ枠と言われるように、年齢の割に小さくて幼い雰囲気を持つ。 愛称は「あーや」。 自ら応募してアイドルになっただけあり、上昇志向が強く、常にセンターを目指して努力してる。 出典元:Wikipediaより アニメ『推しが武道館いってくれたら死ぬ』ストーリー 1話 そんな舞菜を愛してる 岡山で活動するアイドル『ChamJam』のメンバー・舞菜を強烈に推す女オタク・えりぴよ。 バイト代の全てを貢ぎ、赤ジャージ着用でキンブレを振り続けるのは、全て推しの舞菜の尊さを全世界中に広めるため!しかし、当の舞菜はえりぴよに明らかな塩対応を繰り返していて・・・。 出典:FOD公式サイト 2話 いちばん好きでいたい おしゃれ人間が集うガールズフェスタに出演することになった『Cham Jam』。 れお推しのオタク仲間、くまさに誘われたえりぴよは返事を渋る。 なぜなら人気メンバーでもなく、事務所にも推されていない舞菜がランウェイを歩く可能性は低いから!わずかな希望を胸に、肩身の狭い思いをしながら会場に来たえりぴよが目にしたものは・・・。 出典:FOD公式サイト 3話 わたしのこと好きですか? 「テニス部はチャラい!チャラいはテニス部」空音推しのガチ恋勢・基が大騒ぎするのをスルーしつつ、今日も『ChamJam』の現場に向かうえりぴよ。 塩対応にもすれ違いにも負けず、舞菜を推す。 そんな中、えりぴよ以外に初めて舞菜列に並ぶオタクが現れて・・・ 出典:FOD公式サイト 4話 絶対、1位にするから 『ChamJam』で人気投票が行われることが発表され、色めき立つオタク達。 全国に3万人いると言われている在宅舞菜ファンはきっとあてにならない!そう思い、死ぬ気で頑張る決意を固めるえりぴよ。 一方、チャムメンバーもそれぞれ人気投票への複雑な想いを抱きつつ、運動会イベントを迎えて・・・。 出典:FOD公式サイト 5話 わたしは待つことしかできない 連日の人気投票イベントに張り切りながらも、疲労の色を隠せなくなってきているオタクたち。 中でも、足を骨折しバイトもできないえりぴよは、舞菜のために積むこともできず、自分の存在意義を見失いそうになっていた。 そんな時、くまさに誘われメイドカフェに行ったえりぴよが出会ったのは・・・。 出典:FOD公式サイト 6話 ぼくの全てが君だった 中学生の頃、たった一人の誰かをずっと特別に思うことなんかないと思っていた空音。 しかし、『ChamJam』メンバーになってからの日々は空音の気持ちをゆっくりと確実に変えていった。 れおを尊敬し、れおがセンターでい続けることを願う空音だったが、アイドルとして致命的な事件が起きてしまう・・・。 出典:FOD公式サイト 7話 舞菜のために走るんだ 骨折が治り、完全復活のえりぴよ。 しかし人気投票の締め切りはすぐそこに迫っていた!最下位の舞菜を一気に1位にしようと目論むえりぴよは、いつもより一層バイトに励む。 そんな中、ついに運命の人気投票最終日がやってきて・・・。 出典:FOD公式サイト 8話 わたしの未来にいてほしい 街はすっかりクリスマスの装い。 えりぴよたちは毎年恒例の『ChamJam』クリスマスライブに向けて心を躍らせる。 れおと空音のサンタ衣装を楽しみにするくまさと基。 今年こそ舞菜にサンタ衣装を着てもらうために積む決心をするえりぴよ。 一方、『ChamJam』メンバーはそれぞれが他メンバーの握手会の様子を観察していて・・・。 出典:FOD公式サイト 原作コミックもFODで読み放題 原作コミック「 推しが武道館いってくれたら死ぬ」も、今ならFODで無料で読むことが出来ます。 TVアニメを観たついでに、原作コミックも読みましょう。 みんなの評判と感想 「 推しが武道館いってくれたら死ぬ」の評判や感想がツィッターに載っていました。 アニメと原作、映画についての思いも載っています。 たぶん自分は、たいていのヲタクの皆さんは、えりぴよみたいなものだと思うので、この作品を客観的に見ていると自戒と喜びに包まれますね…しかし報われないのがヲタクだとも思います。 何故なら報われたらヲタクは死ぬ。 それがまさに「推しが武道館いってくれたら死ぬ」です。 見逃した方には、FODで見てほしいですね。 原作もあるので、アニメと原作を見比べると、また楽しみ方が深まります。 ぜひ、FODにアクセスして無料で楽しんでください! FODで他にも視聴できる作品 FODで視聴できる作品は、他にもたくさんあります。 画像引用より 今すぐFODプレミアム公式サイトにアクセスして、お得にいろんなTVアニメやドラマ見てくださいね。 このほかにも、マンガや雑誌も読み放題です。 まとめ 今回は、人気TVアニメ 『推しが武道館いってくれたら死ぬ』無料で見れる方法やキャスト・ストーリーなどを紹介しました。

次の