宝くじ 当たる 前兆 手相。 宝くじが高額当選するときには前兆がある!?具体的な前兆を徹底解説!

【宝くじ高額当選】の前兆か予兆!? こんな経験をしたら買い時かも!

宝くじ 当たる 前兆 手相

宝くじが当たりやすい手相 神秘十字線 手の中央にある十字の線です。 この線が入っていると、金運に限らず強運の持ち主なのです。 そして宝くじで高額当選をする人によく入っていると言われている手相があります。 この線は数ある手相の中でもかなりの良い手相とされています。 スター線はとてつもない幸運が舞い込む予兆と言われています。 麒麟の田村さんもホームレス中学生を出した時にはこのスター線がくっきり入っていたそうです。 残念ながら今は消えてしまってホームレス中学生で稼いだお金もゼロですから…。 この2つの線が入っている人は宝くじ絶対買ったほうがいいですね。 その他にも面白い手相が紹介されていましたよ。 思いやりのある人に見られる手相 思いやりのある人に見られるとい線を紹介します。 ボランティア線 人差し指の下にある四角状の手相をさします。 この線があると自分の事を後回しにして人のことを優先させる精神の持ち主なのです。 そしてこの線は線が深く大きいほど良いとされています。 愛情線 親指の横に入っているヨコ線です。 線が深く数が多い人程、情に厚く面倒見が良いのだそうです。 ちなみに番組内では坂上忍さんが選ばれていました。 島田さんが言うには『坂上さんは人情あふれる愛の人格者』と言ってました。 逆に自己中で非情な人間はブラマヨの吉田さんでした。 そんな吉田さんに入っていた線は スポンサードリンク [ad] ナルシスト線 人差し指と中指の間に斜めに入る線で、線が濃いほど自信家で目立ちたがりやなのだそうです。 自分大好きで、自分さえ良ければいいということを表しているそうです。 さらに 謝りま線 感情線の下にある横線で、この線が濃いほど頑固で自己中心的になるのです。 ということで島田さんはブラマヨ吉田さんのことを「自分さえ良ければいい、他はどうでもいい、謝らない、めんどくさい、自己中なやべえ奴」になるそうです。 さらにこの謝りま線が入っていたのがボラン千秋さんでした。 ボラン千秋さんは他にもこの手相 エロ線が入っていたので、謝らないエロい人という結果になっていました。 スポンサードリンク [ad] 努力家に見られる手相 ベンチャー線 生命線から頭脳線に抜けるような縦線です。 この縦線が多い程、日々向上を目指す頑張り屋ということになります。 独立して仕事をしてもうまくいく人にみられる線だといいます。 ではではお待たせいたしました。 くじ運を5秒で上げる方法を紹介します。 島田秀平流くじ運を5秒で上げる方法 くじ運を上げる方法は超カンタンです。 後輩芸人に初めて馬券を買うときにスター線を書かせて買わせたところなんと174万円も当たったそうです。 1等が当たらなくてもいつもより高額の宝くじが当たる可能性も考えられますから。 [ad ad1].

次の

宝くじが当たる前兆・予兆13選!高額当選の前触れの手相・夢・ジンクスも

宝くじ 当たる 前兆 手相

宝くじを当てて、臨時収入を得たいというのは、誰もが考えることではないでしょうか。 しかし、そう簡単に当たるものではありません。 宝くじが当たりやすい手相はありますが、高額当選するのか、末等で当選するのかは別となります。 これは金運の流れを良くして、当選に導く手相と言えます。 金運との関わりが強い手相には、財運線や太陽線があることが良く知られています。 さらに高額当選となると、覇王線、三奇紋などが知られています。 これらは、それなりに強烈な運気を引き寄せることになるので、大きな幸せを呼ぶと同時に一歩間違うと危ういことにもなりかねないパワーの強さがあります。 いずれにしましても、宝くじが当たる見込みがあれば、励みになります。 この宝くじの当選に影響する金運の強い手相についてパターンを挙げて説明していきます。 宝くじは不思議なもので、当たらない人は何度買っても末等すら当たらず、一方で1回どころか2回以上も高額当選する人もいます。 その違いは、強運を持ち、宝くじが当たりやすい手相になっているかいないかです。 この手相には、小指のつけ根の領域の水星丘に出る縦線の財運線、始点に関係なく薬指のつけ根の領域の太陽丘に向かって伸びる太陽線、これらが現れていると当選が期待できます。 この他、運命線から太陽線と財運線がほうき状に伸びる覇王線や三奇紋と呼ばれる強運の証があります。 さらに、生命線、知能線、感情線、運命線がM字に連なるラッキーM、短い3本以上の線が星状に交差する星紋、これらは、位置に関係なく単独で現れているだけでも当選が充分に期待できます。 それでは、金運の強い手相を1つずつ画像付きで、どのような運勢を持っているのかご紹介します。 金運の強い手相パターンで挙げた中でも覇王線は上位を争うものになります。 この覇王線は、運命線が短めだったり、太陽線や財運線も短めでも1本にまとまっていれば、金運は強く強運とされます。 しかし覇王線の中でも、財運線と太陽線が長く伸び感情線や知能線を越え、非常に濃い運命線が手首近くから始まり、中指の付け根のラインまで伸びているものは最強となります。 覇王線を構成している財運線、太陽線、運命線共に単独でも最良の意味合いを持ち、それが1本にまとまる相乗効果でより一層強い金運や幸運を呼び寄せる力を持つことになります。 このような形の覇王線がもたらす金運は、強烈なパワーがあるにも関わらず安定しているのが特徴的です。 金運の観点から見ても、かなり理想的な形と言えます。 金運を上げる方法には、風水などいろいろなやり方がありますが、ここでは、手相での金運上昇方法を説明いたします。 まず金運に関わりが大きい、財運線、太陽線、運命線を診る必要があります。 診ると言ってもこれらの線が現れていなかったり、薄いこともあります、その場合は、書き込んだり、常にお金のことを考えるようにして線が現れるように念じるしかありません。 またこれらの線がマイナス要因のものだった場合、それを改める行動を取ることで手相の変化を待ちます。 手相は、固定的なものではないので、考え方や気持ちの持ちようで、変化しやすいものです。 ですから、強くお金のことを念じていれば、良いのですが、無頓着にしていると、現れていた金運の手相が消えることもあります。 宝くじをどうしても当てたいと思った時、一つの手段として考えられるものに、手相を書き足す方法があります。 この書き足す手相には、小指のつけ根の領域の水星丘に出る縦線の財運線、始点に関係なく薬指のつけ根の領域の太陽丘に向かって伸びる太陽線、始点に関係なく中指のつけ根方向に向かって縦に伸びる運命線があります。 さらにこれらを運命線を主軸にして途中から一本にまとめて三奇紋とすれば、より強力な当選力が授かるとされます。 どの線を書き込むかはお好み次第となりますが、線を書くには金色の水性ペンが効果的とされています。 金色は財を表し、水性にすることで、頻繁に書き足すことになり、金運の手相を常に意識することができます。 手相を書く手は利き手となります。 これらの手相を書き足すことで、当選が期待できるでしょう。 金運に強いとされる手相を取り上げましたが、財運線と太陽線は、かなり重要な要素であることがわかります。 基本線の中では、運命線が豊かさとのつながりが深いものと言えます。 丘では、財を司るとされている水星丘との関わりが大きく、金運を高めるには、ここが発達しているとより一層効果的になるようです。 また金運が高まる手相になっていたとしても、それぞれに特徴があり、お金のつかみ方が異なります。 これは宝くじの買い方にも違いが出てきます。 一気に大金を手にするだけの強い金運の持ち主の買い方、コツコツとお金を貯めていく金運の持ち主の買い方があることになります。 いずれにしましても、金運を高めて、宝くじを当てたり、豊かな暮らしをしてみたいものです。

次の

宝くじが当たる前兆!手相・空・事故・ゾロ目・体調不良の特徴についても

宝くじ 当たる 前兆 手相

宝くじは当たる人は頻繁に当たり、中には高額当選している人も見かけます。 一方で、長年いろいろと宝くじを買っていても、一向に当たらない人がいます。 この違いは何でしょうか。 やはり宝くじ運というものがあるようです。 良く当たる人の掌には、何らかの宝くじが当たる前兆を示す手相が現れているとされます。 その絶好のチャンスに宝くじを購入しているから、大なり小なり当選するようです。 うっかり金運が低迷している時に宝くじを買えば、大量に購入しても当選は、まず望めないでしょう。 金運が上昇すると言われる手相が現れているからこそ、宝くじが当たると言えます。 それでは、この宝くじが当たる前兆の手相などについて詳しく解説していきます。 手相では、その人の金運が良くも悪くもどのような状態にあるかを読み取ることができます。 金運という形がないものを知るには、手相が一番手軽ではないでしょうか。 金運は、お金に好かれたり、金運を呼び寄せる生活態度やお金の管理などをしていると、自ずと手相にも反映されるとされます。 この金運がわかる手相では、財運線や太陽線が一般的ですが、ただ現れているだけでなく、ポジティブな意味合いを持たなければなりません。 また金運のみならず、全体的な強運によって大金をつかむ手相では、ますかけ線や覇王線といった絶大な力を秘めたものが知られています。 いずれにしましても、いろいろなお金のつかみ方を示すことになります。 自分の掌に金運が高まりを示す手相がある場合、宝くじなどを購入が功を奏するかもしれません。 当選はぐっと身近になるはずです。 宝くじが当たるという手相はいろいろとありますが、自分の掌にあるとは限りません。 ない場合は、掌に手相を書き込んでしまうと、その手相が現れるとされます。 今回、前項でご紹介した宝くじが当たる手相のいずれかを書けば、当選運が引き寄せられるわけです。 これらの手相は利き手に書くのが効果的とされます。 手相を書く際は「金色の水性ペン」が良いとされています。 消えやすい水性ペンでは、思いを込めて何度も消えては書きを続けることになり、これによって手相が現れやすくなるわけです。 この水性ぺんを使い、財運線や太陽線、知能線や結婚線などを、望む形や長さにして書き込みます。 また金運を呼び寄せるには、手を柔らかくすると良いとされます。 書き足した手が柔らかくなるようにマッサージをします。 これらのことをすると、宝くじが当たりやすくなるはずです。 風水的に金運に適っている環境にあり、金運を呼び寄せているという特徴があるようです。 風水では、金運は西から訪れて北に溜まるとされています。 これに基づいて 西から金運の流れを取り入れ、それが溜まる北に宝くじを保管すると当選しやすくなると言われています。 また金運を取り入れやすくしたり、運気の流れを良くするためには、自宅の西側や北側に位置する部屋や部分をきれいに掃除して必要があります。 この他、玄関やトイレもきれいにしておくと良いとされます。 宝くじが当たる人のイニシャルは、男性が「T. K」「K. T」「T. S」「M. K」「K. S」、女性が「M. K」「Y. K」「M. S」「K. K」となっています。 高額当選した人の多くが宝くじを保管している場所は、仏壇・神棚になります。 宝くじが当たる人と当たらない人の差は、手相を見ればわかる面があります。 当たる人には、たいてい宝くじが当たる前兆とされる手相が現れています。 ここから金運の状態がわかり、大金が引き寄せられたり、大金につながる閃きのあるなしがわかります。 ますかけ線、成り上がり線、覇王線は、絶大な強運によって大金がもたらされるので、宝くじが高額当選しやすいことがわかります。 金運に影響力が大きい財運線では、その伸び方で宝くじの当たりやすさが読み取れます。 太陽線では長さや濃さ、ほくろの位置や基本線のつながり方も、見極めの重要な要素になります。 またこれらの宝くじが当たる手相がない場合、掌に手相を書き足すことで、その手相が現れやすくなります。 宝くじを購入する際は、掌を見て今が買い時かどうか判断すれば、より高額当選に近づけるはずです。

次の