保育 士 転職。 保育士が「働きやすい」職場とは?見つけ方は?保育士の転職のプロが徹底解説!

日々頑張る保育士さんのお仕事や求人探し、転職をご支援します

保育 士 転職

保育士の仕事内容とは? 0歳~就学前の子供たちを保護者から預かり、子供たちの発育に寄り添う保育士。 保育所、事業所内・病院内の託児所、認定こども園(都道府県が認定する幼稚園と保育所の機能を併せ持つ施設)、児童福祉施設など、保育士の職場は多彩に広がっています。 フルタイム勤務、時短勤務、地域限定勤務など、働き方の選択肢もますます増えています。 主な活躍の場となる保育所では、子供たちの年齢別に分けられたクラスをチームで担当します。 子供たちの身の回りのサポートはもちろん、お絵描きやごっこ遊び、歌などの遊びの考案や、お遊戯会や運動会、バザーなどの行事の企画・実施、保護者への連絡・報告などを幅広く担います。 表情や泣き声などからちょっとした変化も察知するなど、子供たちの健康や安全に気を配ることが最優先。 そのうえで、お箸の持ち方、着替え、歯磨き、うがい、あいさつなどの生活習慣を少しずつ身に付けさせ、集団生活や遊びを通して社会性、好奇心、感性などを引き出していきます。 また、子供たちと地域の交流を育むことも保育士の大切な役割。 地域の方々に園庭やカフェスペースを解放したり、イベントを通じて子供たちと触れ合う機会を作るなどの活動を取り入れている保育園もあります。 保育士のやりがいは? 日々、子供たちの成長を実感 発育盛りの子供たちの成長に間近で寄り添えることが、保育士の何よりの魅力です。 保育所で預かる子供たちは、毎日目に見えて成長していきます。 乳児がハイハイをできるようになったり、言葉を覚えたり。 あいさつができるようになったり、食事をキレイに食べられるようになったり。 昨日できなかったことが今日できるようになる。 そんなすくすくと育つ喜びを、子供たちや保護者の方々と一緒に分かち合うことができます。 保育のプロフェッショナルとして頼られ、社会に貢献 保護者の育児と仕事の両立をサポートするという社会的な貢献の大きさも、保育士にとって大きなやりがいです。 「子供が好き」「子供の発育の力になりたい」という気持ちが、一番の原動力になります。 加えて、保護者から大切な子供たちを預かる立場として、保育のプロとしての自覚と責任感も欠かせない仕事です。 専門性が高く、ニーズの高い仕事 国家資格である保育士は現在、各施設から引く手あまたの状況で、ニーズは今後もますます高まっていきます。 そのため、年齢を重ねても働くことができ、ブランクがあっても復職できることも保育士の魅力の一つです。 そうした活躍を支えるべく、待遇や福利厚生を手厚く整える施設も増え、社内研修などを活用しながら保育、食育、保育所運営などの専門スキルを高めていくことも可能です。 保育士になるために求められるスキルや資質は? 向いている人は? コミュニケーション力 子供たちの目線に立ち、子供たちが何をしたいのか、何を伝えたいのかをくみ取っていくことが保育士の仕事です。 そして、子供たちの気持ちに寄り添いながら、「こうしよう」をきちんと伝える心掛けが大切です。 また、保護者に子供たちの保育所での様子を共有したり、子育ての悩み事などにアドバイスを提供するシーンも多くあります。 そのため、子供・保護者双方に対して、相手を思いやるコミュニケーションが求められます。 気配りと責任感 国家資格の保育士は、育児のプロフェッショナル職です。 子供たちと一緒に楽しく遊ぶだけでなく、子供たちにきめ細やかに目を配り、予期せぬ事態が起きないように未然に対処する。 子供たちの表情や仕草から健康や気持ちの変化を敏感に察知して対応する。 保護者から安心して大切な子供たちを預けていただくためには、保育士にはそうした気配りと責任感が欠かせません。 チームワーク・協調性 複数名の保育士がチームとなって年齢別クラスを担当することが多く、チームで協力して子供たちの成長に寄り添っていきます。 「この子の去年の様子はどうだった?」「ここに気を配ってね」など、クラスを越えた保育士同士の情報共有も密接で、遊びや行事を企画・実施する際にも、保育士みんなでアイデアや工夫を出し合い、協力して作り上げていくことが大切です。 チーム一体となってより良い保育所づくりに力を注ぎますので、ヨコとタテのチームワークや協調性、人間関係を大切にする気持ちが必要になります。 保育士に必要な資格は? 資格取得方法や難易度は? 保育士になるためには、国家資格である「保育士資格」を取得することが必要です。 厚生労働大臣が指定する保育士養成の学校・施設(4年制大学・短期大学・専門学校ほか)で規定の過程を履修・卒業すれば、無試験で資格を取得することができます。 これらを卒業していなくても、一般社団法人全国保育士養成協議会が全国47都道府県で年2回実施する国家試験に合格すれば、資格を取得することが可能です。 試験には筆記試験と実技試験があり、筆記試験の9科目すべてに合格してから実技試験に臨みます。 予算や通学期間を考えると、厚生労働大臣が指定する短期大学(昼間2年・夜間3年)や専門学校(昼間2年・夜間3年)で学び、卒業と共に資格を取得することが近道だと言えます。 より専門的な知識を深めたいなら、同指定の4年制大学でじっくりと学ぶと良いでしょう。 通学することが難しいなら、通信講座などを活用して国家試験での資格取得を目指しましょう。 国家試験のハードルは高いですが、働きながら保育士資格を取得し、オフィスワークや接客業などから転職した人も多数活躍中です。 保育士補助として働きながら資格取得を目指す方法も 資格取得を目指している段階からでも、保育士の仕事をサポートする「保育士補助」として保育所勤務を始め、実際の職場を経験しながら資格取得を目指すこともできます。 通信講座の受講費や国家資格の受験費などの補助制度を設けている園も増え、保育士の先輩たちからアドバイスももらえるため、選択肢の一つとして検討してみると良いでしょう。 未経験者を募集している場合、前職を問われることは少ないですが、保育士への意欲に加え、コミュニケーション力やチームワークが選考通過のポイントになります。 そのため、公私を問わず積極的に人とのかかわりを持ち、気配りや協調性を磨いておくと良いでしょう。 未経験から保育士になるための自己PR例 子供向けスマートフォンのアプリ開発に携わるうちに、もっと直接的に子供たちと触れ合うことで、成長に寄り添いたいという気持ちが強くなり、通信講座を活用して保育士資格を取得しました。 POINT• 未経験からチャレンジする際には、保育士を志す理由や思いを伝えることが大切です。 資格取得がこれからの場合は、現在の勉強状況や合格科目の進捗状況を記載し、資格取得への熱意をアピールしましょう。 保育士で求められるスキルを自己PRでどう書く?• 接客業で培ったホスピタリティを生かせることも高く評価され、未経験からの入所が決定しました。 経験を重ねるうちに子供たちと直接かかわりたいという意欲が高まり、兄の子供たちと触れ合ってきたことも保育士を目指すきっかけに。 国家試験をクリアして資格を取得後、保育所に転職しました。 卒業後、保育所を多数展開する企業に転職しました。 入社後、産休・育休を経て復職し、自社の保育所に子供を預けながら時短勤務で活躍しています。 未経験から保育士へ転職する時の注意ポイント 保育所の理念や方針に共感できるか 保育所にはそれぞれに保育方針や理念があり、自分自身の思いとマッチする職場を選ぶことが大切です。 そのためにも、各所がホームページなどで発信しているメッセージを確認するだけでなく、可能であれば園内見学を申し込んで保育所に実際に足を運び、保育士と子供たちとのかかわりや雰囲気に触れながら自分に合うかどうかを肌で感じとることをおすすめします。 自分がかなえたい働き方ができるか、福利厚生や制度で確認を 近年は福利厚生や研修・教育、勤怠管理に力を注ぐ保育所が増えていますが、より安心して働き続けたいなら、株式会社として保育所を運営し、働く環境の充実に取り組んでいる企業を中心に検討すると良いでしょう。 ただし、保育士の勤務スタイルは基本シフト制で、ローテーションによって早朝勤務や遅番勤務があります。 また、子供たちは想像以上に体力があり、一緒に遊ぶ保育士も大変な面があるということも踏まえておきましょう。 マイナビ転職 編集部 あした転機になあれ。 豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。 毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。

次の

【保育士の転職】履歴書の「志望動機」おすすめ例文集

保育 士 転職

関東 東京都• 23区から選ぶ• そのほかの市• 神奈川県• 横浜市• 川崎市• 相模原市• 厚木市• 海老名市• 小田原市• 鎌倉市• 座間市• 茅ヶ崎市• 秦野市• 平塚市• 藤沢市• 大和市• 横須賀市• 三浦郡• 埼玉県• さいたま市• 上尾市• 朝霞市• 入間市• 桶川市• 春日部市• 加須市• 川口市• 川越市• 北本市• 行田市• 久喜市• 熊谷市• 鴻巣市• 越谷市• 坂戸市• 狭山市• 志木市• 白岡市• 草加市• 秩父市• 鶴ヶ島市• 所沢市• 戸田市• 新座市• 蓮田市• 羽生市• 飯能市• 東松山市• 日高市• 深谷市• 富士見市• ふじみ野市• 本庄市• 三郷市• 八潮市• 吉川市• 和光市• 大里郡• 北足立郡• 北葛飾郡• 比企郡• 千葉県• 千葉市• 我孫子市• いすみ市• 市川市• 市原市• 印西市• 浦安市• 鎌ケ谷市• 鴨川市• 木更津市• 君津市• 佐倉市• 白井市• 袖ケ浦市• 館山市• 流山市• 習志野市• 成田市• 野田市• 富津市• 船橋市• 松戸市• 八千代市• 四街道市• 東金市• 茨城県• 水戸市• 日立市• 土浦市• 古河市• 石岡市• 結城市• 龍ケ崎市• 下妻市• 常総市• 高萩市• 北茨城市• 笠間市• 取手市• 牛久市• つくば市• ひたちなか市• 鹿嶋市• 守谷市• 筑西市• 坂東市• かすみがうら市• つくばみらい市• 小美玉市• 稲敷郡• 猿島郡• 栃木県• 宇都宮市• 小山市• 群馬県• 太田市• 前橋市• 高崎市• 近畿 大阪府• 大阪市• 池田市• 泉佐野市• 和泉市• 茨木市• 大阪狭山市• 貝塚市• 交野市• 門真市• 河内長野市• 岸和田市• 四條畷市• 吹田市• 摂津市• 泉南市• 大東市• 高石市• 高槻市• 豊中市• 寝屋川市• 羽曳野市• 東大阪市• 枚方市• 松原市• 箕面市• 守口市• 八尾市• 富田林市• 兵庫県• 神戸市• 姫路市• 尼崎市• 西宮市• 芦屋市• 伊丹市• 加古川市• 宝塚市• 三木市• 川西市• 小野市• 三田市• 加西市• 南あわじ市• たつの市• 京都府• 京都市• 滋賀県• 大津市• 彦根市• 草津市• 奈良県• 奈良市• 和歌山県• 和歌山市• 東海 愛知県• 名古屋市• 一宮市• 瀬戸市• 津島市• 豊橋市• 豊田市• 安城市• 蒲郡市• 江南市• 小牧市• 稲沢市• 東海市• 大府市• 尾張旭市• 豊明市• 日進市• 長久手市• 静岡県• 静岡市• 浜松市• 富士市• 岐阜県• 岐阜市• 大垣市• 各務原市• 三重県• 四日市• 桑名市• 鈴鹿市• 北海道・東北 北海道• 札幌市• 函館市• 宮城県• 仙台市• 塩釜市• 名取市• 岩沼市• 大崎市• 黒川郡• 福島県• 福島市• 郡山市• いわき市• 会津若松市• 青森県• 青森市• 岩手県• 盛岡市• 山形県• 山形市• 鶴岡市• 東根市• 秋田県• 秋田市• 北陸・甲信越 新潟県• 新潟市• 長岡市• 上越市• 長野県• 長野市• 石川県• 金沢市• 富山県• 富山市• 高岡市• 山梨県• 甲府市• 福井県• 福井市• 敦賀市• 中国・四国 広島県• 広島市• 福山市• 岡山県• 岡山市• 倉敷市• 山口県• 下関市• 島根県• 松江市• 鳥取県• 鳥取市• 米子市• 愛媛県• 松山市• 西条市• 香川県• 高松市• 徳島県• 徳島市• 高知県• 高知市• 九州・沖縄 福岡県• 福岡市• 久留米市• 北九州市• 熊本県• 熊本市• 鹿児島県• 鹿児島市• 鹿屋市• 霧島市• 長崎県• 長崎市• 佐世保市• 諫早市• 大分県• 大分市• 宮崎県• 宮崎市• 都城市• 延岡市• 佐賀県• 佐賀市• 鳥栖市• 三養基郡• 沖縄県• 那覇市• 沖縄市• 石垣市• 関東 東京都• JR東日本• JR東海道本線 東京~熱海• JR山手線• JR南武線• JR武蔵野線• JR横浜線• JR横須賀線• JR中央本線 東京~塩尻• JR中央線 快速• JR中央・総武線• JR総武本線• JR青梅線• JR五日市線• JR八高線 八王子~高麗川• 宇都宮線• JR常磐線 上野~取手• JR埼京線• JR高崎線• JR京葉線• JR成田エクスプレス• JR京浜東北線• JR湘南新宿ライン• 上野東京ライン• 東武鉄道• 東武東上線• 東武伊勢崎線• 東武亀戸線• 東武大師線• 西武鉄道• 西武池袋線• 西武有楽町線• 西武豊島線• レオライナー• 西武新宿線• 西武拝島線• 西武西武園線• 西武国分寺線• 西武多摩湖線• 西武多摩川線• 京成電鉄• 京成本線• 京成押上線• 京成金町線• 成田スカイアクセス• 京王電鉄• 京王線• 京王相模原線• 京王高尾線• 京王競馬場線• 京王動物園線• 京王井の頭線• 京王新線• 小田急電鉄• 小田急線• 小田急多摩線• 東急電鉄• 東急東横線• 東急目黒線• 東急田園都市線• 東急大井町線• 東急池上線• 東急多摩川線• 東急世田谷線• 京急電鉄• 京急本線• 京急空港線• 東京メトロ• 東京メトロ銀座線• 東京メトロ丸ノ内線• 東京メトロ日比谷線• 東京メトロ東西線• 東京メトロ千代田線• 東京メトロ有楽町線• 東京メトロ半蔵門線• 東京メトロ南北線• 東京メトロ副都心線• 東京都交通局• 都営大江戸線• 都営浅草線• 都営三田線• 都営新宿線• 都電荒川線• 日暮里・舎人ライナー• 埼玉高速鉄道• 埼玉高速鉄道線• 首都圏新都市鉄道• つくばエクスプレス• ゆりかもめ• ゆりかもめ• 多摩都市モノレール• 多摩モノレール• 東京モノレール• 東京モノレール• 東京臨海高速鉄道• りんかい線• 北総鉄道• 北総鉄道北総線• 神奈川県• JR東日本• JR東海道本線 東京~熱海• JR南武線• JR鶴見線• JR横浜線• JR根岸線• JR横須賀線• JR相模線• JR中央本線 東京~塩尻• JR成田エクスプレス• JR京浜東北線• JR湘南新宿ライン• JR東海• JR御殿場線• 京王電鉄• 京王相模原線• 小田急電鉄• 小田急線• 小田急江ノ島線• 小田急多摩線• 東急電鉄• 東急東横線• 東急目黒線• 東急田園都市線• 東急大井町線• 東急こどもの国線• 京急電鉄• 京急本線• 京急大師線• 京急逗子線• 京急久里浜線• 横浜高速鉄道• みなとみらい線• 横浜市交通局• ブルーライン• グリーンライン• 株式会社横浜シーサイドライン• 金沢シーサイドライン• 江ノ島電鉄• 江ノ島電鉄線• 湘南モノレール• 湘南モノレール• 箱根登山鉄道• 箱根登山鉄道鉄道線• 箱根登山ケーブルカー• 埼玉県• JR東日本• JR武蔵野線• JR八高線 八王子~高麗川• JR八高線 高麗川~高崎• 宇都宮線• JR埼京線• JR川越線• JR高崎線• JR成田エクスプレス• JR京浜東北線• JR湘南新宿ライン• 東武鉄道• 東武東上線• 東武伊勢崎線• 東武日光線• 東武野田線• 東武越生線• 西武鉄道• 西武池袋線• 西武秩父線• 西武狭山線• レオライナー• 西武新宿線• 東京メトロ• 東京メトロ有楽町線• 東京メトロ副都心線• 埼玉高速鉄道• 埼玉高速鉄道線• 首都圏新都市鉄道• つくばエクスプレス• 埼玉新都市交通• ニューシャトル• 千葉県• JR東日本• JR武蔵野線• JR中央・総武線• JR総武本線• JR常磐線 上野~取手• JR外房線• JR内房線• JR京葉線• JR成田線• JR成田エクスプレス• JR鹿島線• JR久留里線• JR東金線• 東武鉄道• 東武野田線• 京成電鉄• 京成本線• 京成千葉線• 京成千原線• 成田スカイアクセス• 東京メトロ• 東京メトロ東西線• 東京都交通局• 都営新宿線• 首都圏新都市鉄道• つくばエクスプレス• 新京成電鉄• 新京成線• 千葉都市モノレール• 千葉都市モノレール1号線• 千葉都市モノレール2号線• 流鉄流山線• 銚子電気鉄道• 銚子電鉄線• 東葉高速鉄道• 東葉高速線• 北総鉄道• 北総鉄道北総線• 茨城県• JR東日本• JR常磐線 取手~いわき• 宇都宮線• JR常磐線 上野~取手• JR鹿島線• JR水郡線• JR水戸線• 首都圏新都市鉄道• つくばエクスプレス• ひたちなか海浜鉄道• ひたちなか海浜鉄道湊線• 関東鉄道• 関東鉄道常総線• 関東鉄道竜ヶ崎線• 真岡鐵道• 真岡鐵道真岡線• 栃木県• JR東日本• JR東北本線 黒磯~利府・盛岡• 宇都宮線• JR烏山線• JR水戸線• JR日光線• JR両毛線• 東武鉄道• 東武伊勢崎線• 東武日光線• 東武宇都宮線• 東武鬼怒川線• 東武佐野線• 真岡鐵道• 真岡鐵道真岡線• 野岩鉄道• ほっとスパ・ライン• 群馬県• JR東日本• JR八高線 高麗川~高崎• JR高崎線• JR吾妻線• JR信越本線• JR両毛線• JR上越線• 東武鉄道• 東武伊勢崎線• 東武日光線• 東武佐野線• 東武桐生線• 東武小泉線• 上信電鉄• 上信電鉄• 上毛電気鉄道• 上毛電気鉄道上毛線• 近畿 大阪府• JR西日本• JR京都線• JR神戸線 大阪~神戸• 大和路線• 学研都市線• 大阪環状線• JRゆめ咲線• JR東西線• 阪和線 天王寺~和歌山• 羽衣線• JR関西空港線• JR宝塚線• おおさか東線• 近畿日本鉄道• 近鉄難波線• 近鉄南大阪線• 近鉄大阪線• 近鉄道明寺線• 近鉄奈良線• 近鉄信貴線• 近鉄長野線• 近鉄けいはんな線• 西信貴ケーブル• 南海電鉄• 南海本線• 南海空港線• 南海高師浜線• 南海多奈川線• 南海高野線• 南海汐見橋線• 京阪電鉄• 京阪本線• 京阪交野線• 京阪中之島線• 阪急電鉄• 阪急神戸本線• 阪急宝塚本線• 阪急京都本線• 阪急箕面線• 阪急千里線• 阪神電鉄• 阪神本線• 阪神なんば線• 北大阪急行電鉄• 北大阪急行電鉄• 能勢電鉄• 能勢電鉄妙見線• 大阪府都市開発• 泉北高速鉄道線• 水間鉄道• 水間鉄道水間線• Osaka Metro• 大阪メトロ御堂筋線• 大阪メトロ谷町線• 大阪メトロ四つ橋線• 大阪メトロ中央線• 大阪メトロ千日前線• 大阪メトロ堺筋線• 大阪メトロ長堀鶴見緑地線• 大阪メトロ南港ポートタウン線• 大阪メトロ今里筋線• 大阪モノレール株式会社• 大阪モノレール線• 大阪モノレール彩都線• 阪堺電気軌道• 阪堺電軌上町線• 阪堺電軌阪堺線• 兵庫県• JR西日本• JR神戸線 大阪~神戸• JR神戸線 神戸~姫路• JR山陽本線 姫路~岡山• JR山陽本線 兵庫~和田岬• JR山陰本線 園部~豊岡• JR山陰本線 豊岡~米子• JR東西線• JR宝塚線• 福知山線 篠山口~福知山• JR赤穂線• JR加古川線• JR姫新線 姫路~佐用• JR姫新線 佐用~新見• JR播但線• 阪急電鉄• 阪急神戸本線• 阪急宝塚本線• 阪急今津線• 阪急甲陽線• 阪急伊丹線• 阪神電鉄• 阪神本線• 阪神なんば線• 阪神武庫川線• 京都丹後鉄道• 宮豊線• 能勢電鉄• 能勢電鉄妙見線• 能勢電鉄日生線• 神戸高速鉄道• 神戸高速東西線• 神戸高速南北線• 神戸電鉄• 有馬線• 三田線• 公園都市線• 粟生線• 神戸市交通局• 北神線• 神戸市営地下鉄西神線• 神戸市営地下鉄山手線• 夢かもめ• 山陽電気鉄道• 山陽電鉄本線• 山陽電鉄網干線• 北条鉄道• 北条鉄道北条線• 智頭急行• 智頭急行智頭線• 神戸新交通• ポートライナー• 六甲ライナー• 京都府• JR西日本• JR小浜線• JR関西本線 亀山~加茂• 琵琶湖線• JR京都線• JR湖西線• 大和路線• 嵯峨野線• JR山陰本線 園部~豊岡• 学研都市線• 奈良線• JR舞鶴線• 福知山線 篠山口~福知山• 近畿日本鉄道• 近鉄京都線• 京阪電鉄• 京阪本線• 京阪宇治線• 京阪鴨東線• 石清水八幡宮参道ケーブル• 京阪京津線• 阪急電鉄• 阪急京都本線• 阪急嵐山線• 嵯峨野観光鉄道• 嵯峨野観光線• 叡山電鉄• 叡山電鉄叡山本線• 叡山電鉄鞍馬線• 京都丹後鉄道• 宮福線• 宮舞線• 宮豊線• 京都市交通局• 京都市営地下鉄烏丸線• 京都市営地下鉄東西線• 京福電気鉄道• 京福電鉄嵐山本線• 京福電鉄北野線• 滋賀県• JR西日本• JR北陸本線 米原~金沢• JR草津線• 琵琶湖線• JR湖西線• JR東海• JR東海道本線 岐阜~美濃赤坂・米原• 京阪電鉄• 京阪石山坂本線• 京阪京津線• 近江鉄道• 近江鉄道本線• 近江鉄道多賀線• 近江鉄道八日市線• 信楽高原鐵道• 信楽高原鐵道信楽線• 奈良県• JR西日本• 大和路線• 奈良線• JR和歌山線• 万葉まほろば線• 近畿日本鉄道• 近鉄橿原線• 近鉄南大阪線• 近鉄大阪線• 近鉄吉野線• 近鉄天理線• 近鉄生駒線• 近鉄田原本線• 近鉄御所線• 近鉄奈良線• 近鉄けいはんな線• 近鉄京都線• 生駒ケーブル• 和歌山県• JR東海• JR紀勢本線• JR西日本• 阪和線 天王寺~和歌山• JR和歌山線• きのくに線• 紀勢本線 和歌山~和歌山市• 南海電鉄• 南海本線• 南海和歌山港線• 南海加太線• 南海高野線• 南海高野山ケーブル• 紀州鉄道• 紀州鉄道線• 和歌山電鐵• 貴志川線• 東海 愛知県• JR東海• JR中央本線 名古屋~塩尻• JR飯田線 豊橋~天竜峡• JR東海道本線 浜松~岐阜• JR武豊線• JR関西本線 名古屋~亀山• 名古屋鉄道• 名鉄名古屋本線• 名鉄豊川線• 名鉄西尾線• 名鉄蒲郡線• 名鉄三河線• 名鉄豊田線• 名鉄空港線• 名鉄常滑線• 名鉄河和線• 名鉄知多新線• 名鉄築港線• 名鉄瀬戸線•

次の

【2020年最新版】保育士の志望動機の書き方。転職や新卒など履歴書で活用できる例文集│保育士求人なら【保育士バンク!】

保育 士 転職

小規模保育園を辞めたい保育士の理由とは?原因5つを解説 小規模保育園は本当に小さな施設です。 人数も定員も19名以下のところを指しており、認可を受けているため経営も安定をしています。 小さな園なのできめ細やかに見れる点はメリットなのですが、辞めたくなる理由もあります。 小規模過ぎて、私が子どもと関わってる姿、言葉掛けなどが丸見えです。 なので、沢山アドバイスくれるんですが、それは自分の為になるしと ても良いことだと思うのですが、アドバイスされ過ぎて保育者の目が気になってしまい、自由に保育や関わることができなくなりました。 (引用:ヤフー知恵袋「」) 一昨年から園長が、ころころ変わり、3人目です。 今の園長は新規の系列園で、園長をしていましたが、訳あって7月~うちの園長になりました。 初めは、良かったですが、段々、自分中心のシフトや、やり方になってきてそれも辛いです。 (引用:Yahoo! 知恵袋「」) このように狭い空間で少ない人数で見なければならないため、苦労をすることもあり「辞めたい」となることもあります。 その5つの理由を書いていきましょう。 職員が少なく人間関係がしんどい【最悪でストレス】 保育士の離職理由にも多い人間関係。 実は小規模保育園は働いている人の人数が少ないため、 人間関係がしんどくなると園全体がしんどくなってしまいます。 これは小規模保育園のデメリットですね。 人間関係がぎくしゃくすると、園の運営にも関わる問題となってしまいます。 少人数の先生たちの人間関係が最悪で、辞めたいという声がたくさんあります。 行事もなく単調な仕事に疲れる【会議・行事なし】 次に単調な仕事になりがちという点です。 小規模保育園は0歳~2歳までの乳児クラスの保育になります。 そのため、 大きな保育園のように行事に力をいれたりはしていません。 中には会議も行事もなしと言う園がたくさんあります。 そのため、毎日同じ生活となってしまうため単調で刺激がなく、いろいろやりたい保育士には物足りません。 保育士が少なく休みがとりにくい【体調不良・有給】 次に考えられることは、休みが少ない点です。 小規模保育園は園の規模にもよりますが、3名~5名程度の人数で保育をするのが一般的です。 少人数で保育をするのですが、 一人でも欠けるとしんどいです。 例えば、 体調不良、急な用事などでも簡単に休みが取れないのは大きなデメリットです。 有給も取れないので、辞めたいという保育士も多いですね。 乳児しか保育できないため物足りない【幼児はいない】 小規模保育園は幼児はいません。 つまり0歳児~2歳児までの乳児がメインで、 幼児クラスの子供達はいないのです。 そのため、保育士をしていろいろな年齢を見たい人には物足りません。 保育士の醍醐味といえば、5歳児のクラスを持つことですね。 しかし、保育としておもしろくなる3歳児~5歳児の幼児がいないため、物足りなさを感じて辞めたい保育士がいます。 大規模保育園のようなやりがいは少ない 大規模保育園や中規模保育園と呼ばれる80名~120名くらいの保育園。 この人数くらいになると、すごくやりがいも多いのですね。 行事も豊富にあり、いろいろな年齢の交流もあります。 しかし、それと比べて 小規模保育園は少人数の乳児をゆったりとみるということになります。 すごく、人数が少ないためやりがいが少ないと感じる保育士もいます。 小規模保育園を辞めたいときの対処法3選【転職の選択肢を持つべき】 小規模保育園を辞めたいと思う保育士はいます。 そんなときに、いやいや仕事を続けていたとしても、子供達にも悪いです。 転職という選択肢を持つことも考えるべきですね。 大規模な保育園へ転職する【求人は多い】 小規模保育園を辞めたいならば、転職を検討しましょう。 理由にもよりますが「幼児を見たい」「もっと行事やイベントをしたい」となると、 大規模な保育園へ転職をするしかありません。 もちろん、求人はたくさん出ていますので簡単に転職先も見つかるでしょう。 求人はたくさんありますので、転職エージェントなどを使って探してください。 小規模ではない保育園へ異動願いを出す【法人内】 次に 法人内で異動を申し出るという方法です。 小規模な保育園を運営している場合、おそらく母体は大きな法人であるパターンがあります。 そのような場合は小規模ではなく、大規模な保育園へ異動をしたいということを伝えましょう。 法人内で人事異動があれば、人間関係もそのまま仕事ができますので、安定しますね。 保育士以外の仕事へ転職する【異業種へ】 小規模保育園を辞めたいから、そのまま保育士も辞めるケースです。 保育士から異業種へ行く人が多いです。 一種のあこがれのようなものもあるためですね。 小規模保育園での保育に疲れてしまったのならば、保育士以外の仕事へ行くという選択肢もあります。 母体は社会福祉法人が多いのですが、ほかにも株式会社も多数あります。 0歳児~2歳児までの乳児を受け入れて、3歳からは違う保育園へ行くというケースがほとんど。 他の園へ転園、母体に本園がある場合はそちらへそのまま通うなど様々なパターンがあります。 少人数の乳児をきめこまやかに保育できるというメリットはあるのですが、デメリットもありますので紹介していきましょう。 小さな保育園なので、子供達をゆっくりと見れる点は大きなメリットと言えます。 ・子供の人数が少ないためゆったりと関われる(手厚い保育ができる)。 ・少人数で子供をみるため、コミュニケーションも密に取れる。 ・駅近が多く通勤がラクである。 ・会議や行事が少なく保育に集中できる。 ・土日休みの保育園もある(パートは休み)。 小規模保育園のデメリット 小人数のデメリットがあります。 子供をこまやかに見れるのですが、物足りないと感じる先生もいますね。 ・職員が少ないため、人間関係がうまくいかないことも多い。 ・大規模保育園と違って時間がゆっくりと流れるので刺激は少ない。 ・園庭がなく戸外にばかりでるため危険も伴うことが多い。 ・職員が少ないため休めない環境が当たり前である。 ・幼児のスキルは身に付かない。 ・新卒には不向き(育てる環境にない) 小規模保育園の求人は人気!担任も少なく働きやすい そんな小規模保育園ですが、求人は人気です。 「ゆったりと子供を見たい」「乳児保育をしたい」「子供達とじっくり遊びたい」など。 少人数でこまかく子供を見たい人には、最適な保育環境なのです。 そのため、求人はたくさんあり、希望をする人も多いのですが、残念ながら辞める先生も多い現状があります。 小規模保育園を辞めたい保育士が多いまとめ【転職は考えてしよう】 小規模保育園を辞めたい保育士は多いです。 しかし、その環境を選んだのは自分ですし、小規模保育園だからこそ、こまやかに子供を見れる点がメリットです。 やめたいと思っても、きちんと3月まで仕事を全うし転職をすべきですね。 転職先はいくらでもありますが、不義理な辞め方だけはしないように注意をしましょう。 幼稚園、小学校受験に関しては知識あります。 今は元保育士として普通のサラリーマン(営業)をしています。 【簡単な紹介】 関西に住んでいる二人の子供がいるお父さんです。 趣味はキャンプと筋トレ、フットサル。 今はサラリーマンをしながら副業を実践中! ブログの複数運営やWEB関係コンサルや個別相談、WEBマーケ。 個別のブログ運用コンサルも実践中。 【サイトの運営目的】 子育てって難しくて悩みがつきません。 そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。 保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です! 実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

次の