ヲシテ文字 意味。 ■ 縄文時代の文字、ヲシテと、歴史書ホツマツタヱ(1)、入門編。 縄文時代の文化、支配者の系図など。

ヲシテ(ホツマ文字)の、グリグリの「ア」や「ワ」の文字形のこと: 縄文文字 ヲシテ を 復活!

ヲシテ文字 意味

最近私のブームであるヲシテ文字のWSを友人と受けて来ました。 以前にある方に自分自身の名前を描いて意味を読み解いて貰いその時にヲシテ文字と出会い、興味が湧いています。 日本には文字が無かったと一般的にはそうですが、 古代文字の一つヲシテ文字は縄文時代の天皇と仕える大臣達が記録のために使用したと考えられています。 ヲシテ文字は一文字一文字に意味がある表意文字です。 ホツマツタヱという歴史書は古事記日本書紀の元になったのではと、言われています。 ホツマツタヱはどんな内容が書かれているかと言うと、 古代縄文後期中葉から弥生、古墳前期までの一千年の歴史が書いてあるそうです。 Wsではそのホツマツタヱという歴史書からお話しをしてくださってとても興味深い内容でした。 天皇家に全ての災いを受けさせてくださいというその時代の天皇のとの教えてとして書いて有りました。 現在の天皇を見ると日本で震災があると、被災地に駆け付けられて、労いの言葉をお掛けくださったりして、心傷まれます。 いつも日本や世界の平和を祈ってくださっています。 遙か昔から尊い教えがあったという日本の歴史に触れました。 ホツマツタヱという歴史書は日本のルーツが書き記されているようです。 もちろんヲシテ文字で書かれていたものです。 文字に宇宙的な意味があるのを知るのも面白いものです。

次の

22ページ。 濁音のヲシデは間違いです。清音のヲシテが正しいです。

ヲシテ文字 意味

ヲシテ・オシテ【押手】【璽】 ヲシテ・オシテ 押手。 1.=。 2.タミメを平面に押し写したもの。 3. 転じて しるし 璽。 に 璽。 何かを・特に皇位を 明らかにするもの。 その証拠の印。 おしで。 2.神璽。 三種の神器の一。 この「手」はを意味する。 文字の原点はタミメにあり、タミメを平面上に押し写したものがヲシテであると考える。 よく似ている。 『代々の掟と なる文は と 思ふ故 深き心を 添え入れて 上げ奉る 末にぞ』 『言ふ "は真 我が妻よ 君 去りますの あり"』 『清汚見れば 君を忘るる 百座と 母も二十座 犯するも の辱も 百と百 姫 蔑ろ 五十座と 総て三百七十』 『も ・も 霊 血 を抜きて に誓ひ 潮 浴びて 写す鏡に なお猿と と 影 あれば』 『その 九千と 民 九万 埋むの ぞこれ』 『には 化け物出でて 宮を建つれば 鎮まるに 賜わる 』 『または のと 賜ふ』 『が 清き真の はな振りて 道に阿も無し 添え 据えて ぞ』 『が 心を寄する 実の塵 放れば カハ消えて 賜ふは 』 『三十六人 委ね養せば 御言宣 賜ふは 』 『と の 伝え 受け 御内に居れば 賜わる 』 『汝 ワカヒコ 一振に と 名にし負え 賜ふは 』 『またミホヒコが 三十六子を 養す心は 実に応え 賜ふは 』 『またヤスヒコは 和々と 取り上ぐ事を 業となせ 賜ふは 』 『父は "チ・テ・ト" の なり』 『"タ" の 三光 円の 内に入る 足り助く法 天と父 上下 反す "ラ" のオシテ 地と母法』 『 創り 授くる あり 経は調ふる なり』 『その地 保つ 者あらば 末民とても 上の臣 必ず 賜ふなる 御歌なりけり』声の 'オ' は 'コワ' に収まる 'ヲ' の 野風に乗れる の 音は "コオコオ" 踏む跡の 野に人生みて 和るは 'ノ'』 『の はやる 群がるる 七十万九千の 妨げも 破るを 賜われば 程良く掃ふ 』『また厳乗を 年重ね 技 得給えば 御言宣 "" のを 賜ひけり』 『には "" の 賜えば 子も孫も 馬の君なり』『もし 継がば下接げ 上は根ぞ 根は立ち接がず "ム"の 軒より棟に 手を合わす "ム" 接ぎ "ネ" と成す』『は 矛は は これを用ひて に を得て ここに下り』 『全きは 別けて 神を生む これの 更の稜威 "の "と 賜わる』 『受け得て後の 御幸成る 喜びて ""と 賜わる』『 に 御言宣 に "これ の にぞなせ"』『諸御子も "然に いやちこ"と "先にの 答えつら 速やかに 御幸なせ"』 『 に 下るとき は持ちて は は に 授け置き』『 に 時 は に 母も 神となる は は に 預け置く』 『 褒めて と 賜わる 長く住む故 妹婿 を と 賜ふ』 『 が女の を に の 守』『が 姫のは に 扱ふ 仮典侍よ 六人 四人 三十人』『が を が に居て 守』『"これの なり 朝夕眺め 鑑みて 民を治めよ" 装いを 民に拝ませ』『仮典侍となる が姫 の 執る守』『教え受けずば 綻ばせ 賜り 軍立ち』『七月 背きて 貢せず 捧げて 巡幸り乞ふ 八月十五日より 御幸なる』『"辞む時 東西の使人と 父母に 仕え満てねど 神の八 手より 道受けて 生れ楽しむ"』『行き来の と 聞きて各々 染めけり』『初の巡りは 'あ' の 分かつ 形なり』 『人の初音も 'あ' に開きて 口塞ぎ 吹く 'いき' 蒸れて 鼻に通ひの 'うぬ' の音は 基'あ' が上る より 三つに分れて』 『御子の他所居の や 光輝く の は御子の ・和り』『の 遺して 隠れます』.

次の

よみがえる日本語―ことばのみなもと「ヲシテ」

ヲシテ文字 意味

ヲシテの理解は、文字形の事ですが、 原文にその原理を知ることが出来ます。 <ユキノシタのハナです。 葉はテンプラが著名な料理法です。 二枚の大きな下側の花ビラが可憐です、ね。 要件はふたつで、 左旋回と、尻尾が上です。 また、 グリグリの「ワ」のヲシテ(ホツマ文字)は、 内から右回りに旋回して、尻尾が下に終わる形が原理に適(かな)っています。 要件はふたつで、 右旋回と、尻尾が下です。 <ドクダミ(十薬)のハナです。 本来の古名は何でしょうか?> ・ 何重に渦巻きのグリグリやるかは、 其処に思いを込めれるわけです。 和仁估安聡写本では、多い周など、いろいろあります。 すべて、グリグリ「ア」は尻尾が上。 グリグリ「ワ」は尻尾が下。 この原則は変わりません。 勢いよすぎて、上で終わらない文字例もありますが、 基本的に尻尾が上です。 ちなみに、ヲシテの標準文字形の「ワ」は、固まることを意味しているので、 四角くなり、尻尾がちょっと痕跡を残す、と言う形状なのでしょうね。 音韻の概念を表してるわけです。 <ヒオウギです。 水捌けの良い、こんな小さな場所に植えた、 とっても小さい苗木だけが元気です> ・ 「ヒヨのマニマニ」 「マモラセ」 「ハ」の言葉、 「ヒル」「ヨル」の、その生じさせてくる働きの…。 この言葉は、『フトマニ』の序文にあります。 「マモリ」「マモラセ」の言葉は、単に「守る」だけではなくて、もっと歴史的に深い意味合いが込められているようです。 また、 フ-4の3行目「カミ」は、「神」に直訳では誤訳でして、ヲシテ文字のイメージで考えるべき用例です。 「カ」の繋がり茫洋とする、「ミ」の生じてきて今其処に現れようとした、の意味合いです。 働きかけの具現と言った感じでしょうか? この用例での漢字概念の「神」当て付けは、大誤訳の代表例のそのものです。 ・ ヲシテ時代、つまり、漢字以前の時代の歴史を考える際に、 漢字以前に戻って、ちゃんとヲシテ(ホツマ文字・日本固有文字)で、 そうなんです、 アマテルカミのお使いであらせられた、尊いヲシテ文字で、 その、1万行にもゆうに余る大文献の、その本体に、ヲシテ文字で読むのが、 わたくしは当然のことだと思っています。 先程も、 ヲシテの読み書きを出来始めた人がおられまして、 メールを出しました所です。 問題ない程度に、修正して掲げます。 ・ ・ ・ ・ ・.

次の