君がいない日々生活。 「君がいない日々生活毎日は」おさるのうたの歌詞と声がカップル写真にマッチしててエモい

セイカツ 歌詞「おさるのうた」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

君がいない日々生活

曲名:セイカツ 歌:おさるのうた おさるのうたさんのYOUTUBEに動画が上がっていました。 TikTokで流行っていた曲のフルバージョンで「セイカツ」というタイトルの曲でした。 声がすっっごいいいですね。 ハスキーで揺れがあってちょっと不安定な感じもすごくいいなと思いました。 TikTokでカップルの日常の動画に使われててとてもエモい 1y3m。 もうすぐ卒業。 友達としても恋人としてもずっと一緒にいたから、これから毎日会わなくなると思うと寂しいです。 一枚だけ付き合ってない時の写真があります。 こちらの動画にたくさんのいいねがついています。 写真のぼかしなどがプロっぽいものすっごいいいですね。 日常が想像できるような、セイカツが切り取られたかのような写真に、おさるのうたさんの声と歌がぴったり合っていて、映画エンディングのようです。 TikTokの動画のコメント欄では、「なんだこのエモいカップル」「エモすぎて映画始まるかと思いました」「1枚1枚映画のワンシーンみたいで素敵」など動画を絶賛するコメントがたくさんありました。 とにかく写真が素敵すぎる!ということでスマホなのかちゃんとしたカメラなのか?と思い、投稿者さんのインスタへ飛んでみました。 おさるのうたさんの「セイカツ」の歌詞 おさるのうたさんの「セイカツ」の歌詞はYOUTUBE動画の概要欄に貼ってありました。 「セイカツ」 君がいない日々、生活、毎日は 僕は超えられそうにないから 何をするにも途切れ途切れ そんな生活の中で巡り会えた 行くたび立ち止まり行き止まり そんな事もなんか愛おしくて 交差する感情進む時間 孤独に潰されそうな日は多く 何を選びどこに進もう 募る期待と不安な僕 それでもどうか 食らいついて 君がいない日々生活毎日は 僕は超えられそうにないから きっといつかの日を思い後悔して また嫌になってしまうから 当たり前は偶然の連鎖で 毎日は生まれ変わりつつあって 何を見出しどこに行こう まだ幼い僕らだから それでもどうか 縋り付いて 君がいない日々生活毎日は 僕は進めそうにないから きっといつかの日を悔み俯いて またダメになってしまうから 君のいない日々生活毎日は 僕は超えられそうにないから きっといつかの日を思い後悔して また嫌にになってしまうから 君がいない日々生活毎日は 僕は進めそうにないから きっといつかの日を悔み俯いて またダメになってしまうから どうか素晴らしい日に.

次の

【もう君はいない】半年前「コロナ禍」を知らずに逝った妻。笑顔と愛が消えた家で一人戦う日々~その1~

君がいない日々生活

どうやら僕の想像は甘かったみたいだ。 僕はある程度、この生活に慣れたつもりでいたらしい。 しかし、未だに目覚まし時計は朝に弱い誰かの為に本来起きようとしていた時間の十五分前に鳴り始める。 うっかりコーヒーを二杯分作ってしまう癖は、わざとそのままにしてある。 余った分は夜に飲むのに楽だから。 空のコップに、薄茶色の液体を黒々しい海になるまで注いで口の中へ流す。 あまり好きではない風味が鼻から抜けて、爽快とは言えない苦味を舌全体で引き伸ばす。 好きでもない物を朝から体に馴染ませることに違和感を覚えないのは、きっとそれが癖になってしまっているからだろう。 有限な生活に身を置く学生である僕にモーニングコーヒーの習慣なんて無かった。 彼女が止めてくれなかったら、朝食代わりの板チョコに冷蔵庫は占拠されていたかもしれない。 体内に気持ち程度のカフェインを取り込んだ僕は顔を洗って、ソファの上に放り投げていたパーカーと、淡い青色のデニムパンツに着替えた。 高校時代から愛着しているデニム生地は、刺々しさも角が取れ、もうすっかり肌に馴染んでくれていた。 去年の春は、とにかく目覚めが悪かった。 自分以外の体温を感じる布団の中はあまりにも誘惑的で、何度アラームが鳴り響こうとも、瞼が重たくて仕方が無かった。 彼女が朝に弱かったことも、僕の心の甘えを生んだ大きな原因だった。 少しだけ手を伸ばして彼女の手を握ってみると、決まって彼女の手は冷たかった。 「生きてる?」なんて意地悪く訊くのが好きだった。 もっとも彼女の目は閉じ切ったままで、僕の問いなど微睡みに消えていくだけに過ぎなかったのだが。 彼女の髪は長かった。 それは本人も自覚しているらしく、「早くショートカットにしたい」が彼女の口癖だった。 だが彼女は口でそう言うばかりで、いざ僕が美容院に連れていこうとするとやたら面倒くさがり、気づいた時にはもう彼女の腰辺りまで黒のカーテンが降りてきていた。 彼女の黒檀のような髪が風に混ざるのを、僕はしばしば呼吸を忘れてしまうほどに見つめていた。 振り返り、僕には真似出来ないほど優しく笑う彼女を、決して自分には手に入らないもののように感じていたのだ。 また、思い出してしまった。 僕の身体に穴でも空いていて、そこから無意識に漏れ出しているかのように、彼女はほんの一瞬の隙をついて姿を現す。 一度思い出してしまえば、僕には目の前に彼女が立っているのとさして変わらないほど鮮明にイメージが出来てしまう。 こういう時は頭を空にするのがいいと、僕の経験則的に理解はしている。 しかし何も考えないというのは、この状態になってしまってからではそう簡単に出来る芸当ではない。 もう既に、僕の目には彼女が見えてしまっているのだから。 絶対にそんな事象は有り得ないと理解していても、彼女は何度も何度も、僕の前に姿を現す。 現れる彼女は服装も髪の長さもてんでバラバラで、僕がその時思い浮かべた姿をしている。 何度名前を呼んでも何の反応も示さず、彼女からも何一つとして話しかけては来ない。 もういるはずのない彼女がそこにいる。 ただそれだけの事が、こんな幻覚が、ここまで僕の神経をすり減らすものだとは思わなかった。 「もう大丈夫だから、帰りなよ」 彼女は僕の言葉など意にもかいさずにこちらに歩み寄ってくると、そのまま僕の隣に腰掛けた。 二人がけ用のソファが定員いっぱいになって、自然と僕も端によって彼女が楽に座れるようスペースを作った。 彼女は向こう側の手すりにもたれ掛かるようにして、顔を突っ伏した。 黙々と支度を進める僕の横で分刻みの睡眠を得る彼女、まるで以前の僕達のようだった。 彼女はどうしたいのだろうか。 戻りたいと、思ってくれているのだろうか。 こんな風に僕に取り憑くことで、何か伝えたいことでもあるのだろうか。 それともこれは全て、現実を受け入れられない僕が作り上げた傲慢な幻覚に過ぎないのだろうか。 そんなことばかりを考えて、何にも辿り着けないまままでいる。 確か、今日の講義は三限からだったはずだ。 現在の時刻は午前八時。 まだまだ持て余すだけの時間はある。 カーテンの隙間から、暖和的な光が差し込んで来ていた。 今日は春一番といった天気になるだろうと、スマートフォンの画面にも映し出されている。 僕は昔から日光が苦手だった。 ベランダに続く大窓には、厚い遮光カーテンがいつも掛かっている。 彼女はそれを嫌い、人間らしくないと僕を叱った。 これに関して、僕に反論の余地など残されてはいなかったが、自分の根底から否定されたような気分から変に意地になり、よく言い合いになった。 今度二人で白レースのカーテンを買いに行くという約束が、数回の衝突の末に二人が導き出した妥協案だった。 「まだアレ、覚えてるの?」 もう春も終わるよ。 僕はそう付け加えようとしてやめた。 時間は都合の悪いように流れていき、それに付随する季節も決まって意地が悪い。 彼女のいない春が、もうすぐ終わりを迎えようとしていた。

次の

君は古賀及子さんを知っているか

君がいない日々生活

このたび、セックスレスをテーマにしたコミック『「君とはもうできない」と言われまして』(KADOKAWA)を監修しました。 私が運営する「夫婦仲相談所」に寄せられた相談カルテを遡って読んだり、周囲の主婦の方々から極秘井戸端リサーチで「今どき主婦の寝室事情」を聞き込みしたりして……。 原案を考えるなかで見えてきた、平成の寝室事情と令和の寝室事情の違いをご紹介しましょう。 「セックスレスと浮気(不倫)問題」は、昭和の時代にも存在した現象です。 さらにこの数年、世界規模のセックス調査と日本国内限定のセックス調査がメディアを賑わし、芸能人の不倫ニュースが繰り返し報道され注目されるようになったため、この2つは男女問題の定番になった感覚があります。 結婚すれば、もれなくセットでついてくるこの問題。 「私たちは浮気なんて無縁」なラブラブ夫婦にとっては、気に留めることすらない話題のはず。 なのになぜ、他人のセックスレスと浮気問題が気になってしまうのでしょう。 これまで、寝室事情のお悩みは女性側から発することが多数でした。 夫は妻に拒否されると一瞬寂しいですが、動画を観ながらおひとりさまエッチもできるし、街のいたるところに発散できる場所はある。 妻を拒否する=女性の性を全否定するに等しい行為 女性側がセックスレスで悩むのは、単なる性的欲求だけでなく、愛を感じたい、癒やされたい、求められたい、おばあちゃんになる前にきれいな姿をアピールしておきたいなど複雑な「オンナ心」が溶け込んでいるのに、男性に「なんで今さらしたいんだ?」と首をかしげられてしまうからです。 よって「君とはもう、できない」と妻の誘いを否定するなんぞもってのほか。 「女性としてキラキラ輝くステージを君は降りたんだよ。 魅力ないよ。 色気ゼロ。 抱きたい衝動はなくなったよ」という、女性の性を否定するむごい言葉に変換されるのであります。 さらには傷口に塩を塗るかのごとく、 「脂肪でおなかがプヨプヨじゃないか」 「子供2人いるんだから、もう卒業しようよ」 などと追い打ちをかける夫たちもいます。 笑って「だよねー!」と返事する妻の心境を思いやれ、と私はいつも注意しています。 陳腐化した寝室事情を一新するときが来た さあ、では「withコロナ」の寝室事情はいったいどうなるのでしょうか? 家族の結びつきを強化して乗り越えなければならない時代です。 夫婦でいる時間が長くなると、マンネリ悪化のマイナス要因になります。 お互いに長時間、外で働いていてもマンネリ化するのは避けられない寝室事情。 男性側は、迂闊に妻を拒まないように。 棘のある言葉かどうか考えてから発してください。 そして、いつまでも拒み続けていいと思うなよ。 諦めてしまった妻は、輝きが失せていきます。 「妻がおばちゃんになった」とぼやくなかれ。 女性側は、「新しいセックス様式」をゼロから創造しようと夫に伝えていいでしょう。 今30代ならば、あと70年も夫と一緒に生きるのです。 色気なしの友達夫婦とか、家を守る同志でよしとせず、ロマンスを加味しましょう。 より日常がなめらかになるのは間違いないでしょう。 「おうち回帰」時代の到来です。 withコロナで生活様式も一新する時期。 試す価値はあります! 試してみたところで、命を落とす心配はないのですから。 勇気を出して「君をずっと抱きしめていたい」と、『愛の不時着』(大ブーム中の韓国ドラマです)並みのロマンスワードを今宵、妻に投げかけてみてください。

次の