荒野行動 タップ音。 【荒野行動】音だけで距離を測るコツ!マップには様々なヒントが隠されてる?

【荒野行動】ミニマップの見方と使い方を徹底解説!|ゲームエイト

荒野行動 タップ音

荒野行動 インターフェースとは?実況者は確認必須の項目! インターフェースとは? 荒野行動における インターフェースとは各種ボタンをタップした際のの設定です。 ゲーム中ではほとんど説明がなく、どんな設定なのか知らなかったという方も多いのではないでしょうか? そこで今回の記事ではその 設定方法やメリットをご紹介していきたいと思います。 インターフェースの変更方法 インターフェースの変更・設定は歯マークからいつでも変更が可能です。 基本的にインターフェースを変更しても有利不利などはなく、劇的に何かが変わるわけではないため変更しなくても全く問題なくゲームをプレイできてしまいます。 ですがオフにしてみるとわかるのですがオフからオンに変えるときにカチャというがするはずです。 そのがインターフェースの効果なので を引く際や ゲームモードを選ぶ際などのが消えてしまうと寂しくなってしまいます。 よほどボタンが気に入らない限りはインターフェースはオンにしておき、 プレイや押し間違え防止などのために大きめに設定してもいいのかもしれません。 インターフェースのメリット 動画などをとる場合画面の主量を下げ、マイクのがしっかりと入るように量調整することが必要です。 この際にインターフェースのだけはやや大きめにしておくと を引くときの効果、タップした際のなどがしっかりと入るためより飽きにくい動画になります。 まとめ インターフェースについての情報と設定方法をまとめてみました。 設定でサウンドの他の項目は理解できるけどインターフェースって何だろう?という疑問を抱いていた人は多いはずです。 もしも効果のことだったら大きくすれば相手のリロードが聞こえるかもと思う方もいたかもしれません。 残念ながらインターフェースをオフにしてもタップした時の効果、確認がならなくなるだけなのでできればオンにしておきたいですね。

次の

【荒野行動】音だけで距離を測るコツ!マップには様々なヒントが隠されてる?

荒野行動 タップ音

音の情報から敵を見つける 必ず音を聞いてプレイしよう FPSやTPSなどのゲームにて音は非常に重要。 目と耳による情報が勝率に直結すると言っても過言ではない。 スピーカーよりもイヤホンの方が、正確な音が聞き取れるのでおすすめだ。 音の大きさで距離を測る 銃声や足音、車両の音は 距離が近いほど大きく聞こえ、遠いほど小さく聞こえる。 相手 敵 との距離を測る上で非常に重要だ。 まずは音の大きさで敵が大体どのあたりにいるかを判断できるようにしよう。 音のする方向で敵の位置を予想する 銃声や足音、乗り物の音は大きさだけではなく、 場所によって聞こえてくる方向も変化する。 例えば右イヤホン スピーカー から音がしたなら右方向に音を出す対象 敵 がいるということになる。 上級編:どの銃を使っているかを判断する 武器の種類によって銃声が異なる。 各武器種の銃声を覚えることで、「どの武器を持った敵がいるのか」、「さらに違う銃声が聞こえた場合、敵が2人以上いる可能性が高い」などの状況把握ができる。 目で敵を見つける フリールックを駆使して移動する 上記画像が実際のキルログ。 内容は「Aが武器でBを倒した」というもの。 「AがS-ACRでBを倒した」というのがわかる。 S-ACR持ちのAが生存し、銃声を聞いていたならAの場所まで把握できる。 残り10人以下になったら意識しよう 慣れるまでは終盤戦の残り人数が10人ほどになったら、キルログを見るクセをつけると良い。 もちろん残り人数が多くても使える場面はたくさんあるので、早く慣れよう。 敵の数を把握する方法 気絶と死亡の違い 荒野行動には気絶と死亡が存在する。 気絶は仲間に助けてもらうことができれば、再び戦闘に参加できる。 死亡するとその演習でのプレイは終了し、味方の観戦に移行する ソロの場合は演習終了。 気絶と死亡は重要な索敵情報 相手のHPをゼロにした場合、気絶か死亡になる。 その決定は相手に仲間が残っているかいないかによる。 つまり救助できる仲間が相手にいる場合は気絶になり、いない場合は気絶せずに死亡となる。 気絶と死亡の索敵情報例 例えば デュオで敵を1人倒した時「気絶」となれば、敵の仲間がまだどこかに存在する。 逆に「死亡」となれば、同じチームの敵はもう存在しない。 スクワッドやクインテッドでは重要な情報源だ。

次の

短時間で通常試合で行うミッションをクリアする方法

荒野行動 タップ音

荒野行動 オクトパスの設定方法に要注意!完全解説ガイド! オクトパスとは? オクトパスとは正式名称をOctopusといい、 Google Playなどで配信されているコントローラー割り当てアプリのことを言います。 荒野行動では誤タップが即敵に見つかることにつながることがあり、 例えばダッシュしようとしたら銃を撃ってしまうたった1回の銃の発砲音で敵に方向がばれて撃たれてしまうということがあるわけです。 そんな誤タップをなくしたい方向けのアプリがこちらのOctopusというアプリになっています。 このアプリではスマートフォンに 外部出力コントローラーやゲームパッドを設定することができるのです。 簡単に言うとキーボードやPS4のコントローラーなどで荒野行動を操作することができます。 例えば PS4コントローラーの〇ボタンで銃を撃つなどと設定しておけば誤タップがなくなり移動する際もストレスなく移動できるので使いこなせれば非常に便利なアプリです。 今回はそんな誤タップを防いだり操作がしやすくなるアプリ オクトパス(Octopus)の設定方法や使い方についてご紹介していきたいと思います。 オクトパスの使い方 オクトパスのダウンロード方法はいたって簡単です Google Playで オクトパス(Octopus)と調べればたいてい一番上に表示されます。 そしてオクトパスを開いてみると オクトパスが対応しているアプリが検出されるのです。 その中に荒野行動が一覧の中に表示されるのでそこから荒野行動を起動します。 オクトパスアプリを開き、その表示から荒野行動を始めるだけという簡単なやり方になっています。 PS4コントローラーを使う場合には スマートフォンのBluetoothをオンにした状態でPS4コントローラーのシェアボタンとPSボタンを同時に長押しすることで コードレスで使うことが可能です。 オクトパスの設定方法 まずはオクトパスを起動すると 設定画面やたくさんのボタンが出てきます。 オクトパスにおいては ボタン設定が最大の難所といってもいいです。 まずはモードから PS4コントローラーかキーボードかを設定します。 ここを間違えるとエラーになってしまうので気を付けてください。 コントローラー、キーボード選択が済んだ後は普通にゲームを起動します。 そして普段の カスタムパネル設定を開いた状態で再びオクトパスを起動するのです。 オクトパスを開くと KeyやD-padなどと表示が出るので(コントローラーの場合)使いたいキーをアルファベットで入力します。 すると 荒野行動のボタン配置のような新しいボタンが出てきます。 そのボタン配置を 荒野行動の銃を撃つボタンなどに重ねることによってリンクが完了です。 しゃがむ、銃を覗くなど必要なボタンすべてを割り当て、荒野行動のボタン配置の上に重ねてください。 配置だけでなく、ボタンの大きさも合っていないと正しく反応しないので注意が必要です。 ボタンの大きさはオクトパスでも変更できますが荒野行動の方のオプション操作でオクトパスのボタンに合わせるのがおすすめです。 以上で オクトパスの設定、キー割り当ては終了となります。 気を付けるポイント 導入したものの反応が悪い、 一部のキーを割り当てたはずが動かないなどのトラブルもあるかと思います。 そんな時は 画面設定を3の設定にしてみると解決する場合がありますので試してみてください。 もう1つ気を付けるべき点は カメラ感度です。 タップを利用していた際はカメラ感度は気にならない方もいると思いますがゲームパッドを利用する場合 コントローラーのスティックを素早く動かしてしまうとものすごく感度が上がってしまいます。 ですのでエイムをする場合ゆっくりと適正な速さで スティックを動かさ課なくてはなりません。 こちらは残念ながら慣れで何とかするしかありません。 感度になれてくれば 指操作よりも安定する人もいるので導入した場合はぜひ何度もプレイしてみてください。 (動画 1分6秒~)キーの割り当てや使い方などについての説明 (動画 5分50秒~)実際にコントローラーで操作した感想 まとめ オクトパスの魅力はなんといってもv誤タップがない安定性だと思います。 スマートフォンが小さく操作しずらいことやスマホのタッチ感度が悪いなどの理由から コントローラーなどで正確に狙いたいという方向けのおすすめアプリです。 PS4のコントローラーが家にあり、使っているのがandroid端末ならばアプリを入れるだけで試すことが可能なのでエイムが安定しない方は一度試してみてはいかがでしょうか。 日頃PS4でFPSなどをされている方は一気に荒野行動でキルができるようになるはずです。 ボタン設定が一番の壁ですがそこを乗り越えると安定したエイムが手に入るかもしれないので一度試してみてください!.

次の