美味しい おじや の 作り方。 お粥の作り方で美味しいのは?米からvsご飯から 冬至小豆粥

雑炊の作り方

美味しい おじや の 作り方

ごはん・・・100g(お茶碗1杯分くらい) 水・・・250ml(お茶碗1. 5杯分くらい) 塩・・・適量 卵・・・1個 だしの素・・・1袋• 水の中にだしの素を入れて、煮えてきたら、ご飯を投入。 弱火にして5分~8分くらい煮てから、お塩を入れる。 卵を溶き卵にしてから、ちょっとずつ菜ばしなどに伝わせながら、流しいれて、強火にする。 強火にしてから、5秒くらい菜ばしでかき回して火を止める。 これが基本的なおじやの作り方です。 すごく簡単に作れます。 薄い味付けが嫌な場合は、ご飯を煮立たせるときに お醤油を少し入れると、濃い味付けになります。 ご飯は冷凍したご飯でも炊いたご飯でもいいですが、冷凍したご飯を使う場合は、電子レンジなどでいったん解凍してから使いましょうね。 風邪の時におじやに入れたい具は? おじやはご飯と卵だけでなく、色んな具材を入れて作ることが出来ます。 特に風邪の時はできるだけ栄養のあるものをとった方が、体にとって良いので、おじやと一緒に色んな具材を入れて食べてみましょう。 おじやの具材その1:大根 大根はカルシウムやミネラルなど、栄養・滋養がたっぷりで、消化も良いので、おじやと一緒に食べるにはぴったりです。 食べる時は、粗めに刻んで入れるか、おろしにしてしまってもいいですね。 おじやの具材その2:白菜 おじやのような煮込む料理と相性ピッタリな白菜。 風邪の時に取りたいビタミンCも含まれるので、ぜひともおじやと一緒に煮込んで食べたい食材です。 ザクザクと適当に切って煮込むといいでしょう。 最初は多く入れていても、加熱するとともに小さくなってくるので、ちょっと多めに入れてもいいでしょう。 スポンサードリンク おじやの具材その3:お豆腐 お豆腐も消化に優しい食べ物でありながら、大豆からの植物性たんぱく質をとれるので、おススメの食材です。 お豆腐を入れる時は、おじやを煮立たせた後、醤油味のかつお節をおじやの上に乗せると、お豆腐と一緒に食べておいしいおじやになります。 おじやの具材その4:鶏肉 ご飯や卵だけだとなんだか味気ない。 そんな時は鶏肉を入れてみてはいかがでしょうか。 鶏肉を入れる時は、最初にだしを入れる所から入れてしまって、鶏肉から出るだしも味わいましょう。 アクが出てくるので、取り除きましょうね。 お肉は体のエネルギーになります。 食べると元気も出てきますよ! おじやの具材その5:白身魚 おじやにはお魚を合わせることもできます。 中でも白身魚は味付けも淡白なので、体にも優しいです。 白身魚を入れる時は、少し味付けを濃いめにするとよりおいしく食べることが出来ると思います。 おじやをアレンジして風邪でも美味しい味にしよう! 風邪の時はおじややおかゆがメインではありますが、毎日同じようなものだと飽きてきてしまうこともありますよね。 そんなおじやがなんとなく味気ないと感じる時は、おじやの味付けを塩だけでなく色々なものでアレンジして味付けを変えて楽しんでみましょう。 アレンジ素材1:みそ お味噌を入れると、コクが生まれて、塩やしょうゆよりも食べごたえが出てきます。 あまり入れすぎないようにしましょうね。• アレンジ素材2:しょうが 体を芯から温めてくれるしょうが。 すりおろしたしょうがをおじやの中に入れると、 しょうが特有の風味と辛みが癖になります。 風邪をひいた体にもとてもいいですね。• アレンジ素材3:梅干し 梅干しは煮込むときではなく、 食べる時に上にのせて、ちょっとずつほぐしながら食べていきましょう。 食欲がない時でも、梅干しとおじやの組み合わせなら、お箸がスイスイと動くこと間違いなしです!• アレンジ素材4:鮭フレーク おじやにフリカケは基本的に合わないんですが、 鮭フレークのフリカケだけは、おじやと合わせても美味しいです。 煮込む最中に入れるよりも、食べる時に使って混ぜて食べたほうが美味しいですね。 ちょっとしょっぱさが恋しくなったら試してみてください。 まとめ 今回は風邪をひいたときに食べたいおじやの簡単な作り方と、一緒に食べたい具材や味付けを変えるアレンジについてお伝えしてきました。 体が弱ってきて、なかなかご飯を食べにくい時だと思いますが、少しでも栄養があるものを食べて体を元気にしていきましょう。 ぜひ今回紹介したおじやレシピをもとに風邪を克服していってくださいね!.

次の

しば漬けの作り方!美味しい自家製野菜レシピ [毎日の野菜・フルーツレシピ] All About

美味しい おじや の 作り方

最近、巷で大ブームのレモンサワー!シュワっと心地良い飲みごたえと飽きのこない味は、「爽やかで飲みやすい!!」と若い世代や女性にも大人気。 色々な料理と楽しめるクセのない味わいも、幅広い層に受け入れられている理由です。 もし、お店で飲むあの味を自宅で簡単に再現できたなら……とってもうれしいですよね。 そこで今すぐできる"とっておき!美味しいレモンサワーの作り方"をプロに聞いてきました! 教えてくれるのは、レモンサワーブームを牽引する東京・恵比寿の人気居酒屋「晩酌屋 おじんじょ」の渡辺慎一郎店長。 常時6種類以上もの個性溢れるレモンサワーで多くの人を魅了している、大評判のお店です。 レモンサワー党をじわじわ増やしているともっぱらのウワサなんです。 さて、いざ作り方を聞いてみると……拍子抜けするほど簡単でとっても美味しい!たった数点のコツを守るだけで、爽快でしみじみ美味しい1杯があっという間にできてしまいました。 これでアナタも今日から"レモンサワーの達人"です!! 教えてくれる人:渡辺慎一郎さん (「晩酌屋 おじんじょ」店長) 渡辺さん :レモンサワーはお酒なので、ベースアルコールである甲類焼酎にこだわることが美味しいレモンサワーの必須条件です。 「おじんじょ」では6種類以上のレモンサワーをメニュー化していますが、それぞれの特長を活かすべく、求める酒質に合わせて甲類焼酎をかえています。 お店では宝焼酎「純」と宝焼酎「レモンサワー用焼酎」を使用しています。 やはり、宝酒造の甲類焼酎はおススメですね! 自分自身、甲類焼酎の味わいの違いを知ったときは驚きでした。 すっきりとクセのない飲み飽きないものから、レモン風味を活かすもの、芳醇でコクのある甲類焼酎といっても幅広い味わいものがありますよ。

次の

意外に簡単! 「天ぷら」をサクサクに揚げる作り方&温めなおしのコツ&美味しいレシピ

美味しい おじや の 作り方

最近、巷で大ブームのレモンサワー!シュワっと心地良い飲みごたえと飽きのこない味は、「爽やかで飲みやすい!!」と若い世代や女性にも大人気。 色々な料理と楽しめるクセのない味わいも、幅広い層に受け入れられている理由です。 もし、お店で飲むあの味を自宅で簡単に再現できたなら……とってもうれしいですよね。 そこで今すぐできる"とっておき!美味しいレモンサワーの作り方"をプロに聞いてきました! 教えてくれるのは、レモンサワーブームを牽引する東京・恵比寿の人気居酒屋「晩酌屋 おじんじょ」の渡辺慎一郎店長。 常時6種類以上もの個性溢れるレモンサワーで多くの人を魅了している、大評判のお店です。 レモンサワー党をじわじわ増やしているともっぱらのウワサなんです。 さて、いざ作り方を聞いてみると……拍子抜けするほど簡単でとっても美味しい!たった数点のコツを守るだけで、爽快でしみじみ美味しい1杯があっという間にできてしまいました。 これでアナタも今日から"レモンサワーの達人"です!! 教えてくれる人:渡辺慎一郎さん (「晩酌屋 おじんじょ」店長) 渡辺さん :レモンサワーはお酒なので、ベースアルコールである甲類焼酎にこだわることが美味しいレモンサワーの必須条件です。 「おじんじょ」では6種類以上のレモンサワーをメニュー化していますが、それぞれの特長を活かすべく、求める酒質に合わせて甲類焼酎をかえています。 お店では宝焼酎「純」と宝焼酎「レモンサワー用焼酎」を使用しています。 やはり、宝酒造の甲類焼酎はおススメですね! 自分自身、甲類焼酎の味わいの違いを知ったときは驚きでした。 すっきりとクセのない飲み飽きないものから、レモン風味を活かすもの、芳醇でコクのある甲類焼酎といっても幅広い味わいものがありますよ。

次の