キャンパス スクエア 追手 門。 高知県立高知追手前高等学校

仲間たちと冬を照らす、追手門学院大のキャンドルナイト

キャンパス スクエア 追手 門

ジャンルでさがす• これから出る本をさがす• フェア• ジャンルでさがす• ジャンルでさがす• 電子洋書• フェア• ジャンルでさがす• 和雑誌• 海外マガジン• これから出る本をさがす• 和雑誌• フェア• 海外マガジン• ジャンルでさがす• DVD• フェア• ジャンルでさがす• フェア• 北海道・東北• 北関東・千葉• 神奈川• 中部・北陸• 中国・四国•

次の

山桜会 会報102号

キャンパス スクエア 追手 門

ジャンルでさがす• これから出る本をさがす• フェア• ジャンルでさがす• ジャンルでさがす• 電子洋書• フェア• ジャンルでさがす• 和雑誌• 海外マガジン• これから出る本をさがす• 和雑誌• フェア• 海外マガジン• ジャンルでさがす• DVD• フェア• ジャンルでさがす• フェア• 北海道・東北• 北関東・千葉• 神奈川• 中部・北陸• 中国・四国•

次の

高知県立高知追手前高等学校

キャンパス スクエア 追手 門

新入生全員が、新キャンパスの主人公。 先進の学びスタイルと出合える。 全学部の新入生全員が、新キャンパスで学生生活をスタートします。 Wi-Fi環境を完備し、各フロアのラーニングスペースや開放的な図書館など、教室内外を問わず学び、議論できる空間を創出します。 地域や海外との新たな出合いの可能性も広がります。 2024年には全学部で茨木安威キャンパスからの移転を計画し、新しい教育・研究を実践していきます。 南西側交差点からの大学棟 新校舎を上空から見ると、正三角形の形をしています。 その1辺の長さは、2018年の学院創立130周年にちなみ、130m。 新キャンパス全体では、甲子園球場に相当する雄大な広さを誇ります。 そして、その広いキャンパスすべてが、学生の学びの場。 教室に限らず、さまざまな場所で学生は活発に議論し、学びを深めます。 1WILホール 1階の中央部には約250席を配したラーニングスペースとして使用しています。 イベント時には約1,000人収容のホールとして利用します。 2Global Studio 新教育WILの実践の拠点として、自由な討議やグループワーク、プレゼンテーションのしやすいコミュニケーションスタジオを設置しています。 英語学習や多文化共生に対応した課題に挑みます。 3PBL Studio 新教育WILの実践の拠点として、に自由な討議やグループワーク、プレゼンテーションのしやすいコミュニケーションスタジオを設置しています。 地域の課題解決に取り組み、多様な主体とともに考え行動し、新たな価値の創造をめざします。 4一般教室 約50人収容の小教室を18室配置しています。 壁面が全てホワイトボードになっており、可動式の机と合わせてグループワークやプレゼンテーションなどフレキシブルな授業展開が可能です。 5アラムナイライブラリー 大学校友会の寄付により整備された図書館です。 3階と3. 5階の二層構造のスペースに10万冊の図書を配架し、360席の閲覧席と8室のグループ学習室を設置しています。 大学の建物の中心に図書館が配置されているというのが特徴で、導線の中心にあることで、学生達が頻繁に図書館を通るしかけになっています。 65F屋上庭園 5階の中央部は開放感のある屋上庭園となっており、周りのテラスも含めて、学生が空き時間を過ごす交流の場として利用されます。 周りに伸びている柱は、これによって中央に浮かぶ図書館部分を支えています。 7食堂棟 中高大の学生、生徒が使う食堂とコンビニが入る建物です。 食堂は約600席を用意しており、追手門学院大学の卒業生の藤尾政弘氏が社長を務めるフジオフードシステムが運営しております。 藤尾社長が日本一の学食を目指して、かまど炊きのご飯や、スタッフの方の調理の姿が見えるオープンキッチンにこだわって作られています。 1中央棟 キャンパスの中央にそびえる地下1階、地上11階の本棟は、教員の研究室や、パソコン自習室などがあり、「学びのコミュニケーション」の場になっています。 2図書館 レポートや論文作成時に必要な資料収集にも活用できる、主体的な学習を支える空間です。 また、オーストラリアの図書を豊富に揃えたコレクションも設けています。 3将軍山会館 ガラス張りで開放感たっぷりのカフェスペースが1階にある学内交流スペース。 学生や教員はもちろん、卒業生や保護者の方も自由に出入りできます。 大学への誇りを養う自校教育の場としても活用しています。 41号館 2009年に完成しました。 教務部や学生部、就職・キャリア支援部などサポート窓口が1階にまとめられ、学生の使いやすさを重視しています。 56号館 約550名が授業を受けられるマルチメディア対応の大教室を備える6号館。 2階の「優駿ホール」(本学卒業生の宮本輝氏の作品から命名)は、各種イベントや学会会場として活用しています。 65号館 多彩なソフトウェアやネット環境が整い、大型スクリーンや同時通訳ブースを備えた教室やスタジオがある5号館。 ITとマルチメディアを活かした教育の拠点です。 7第1グラウンド サッカーコート1面が入る広さがあり、ウォームアップゾーンも持つなど、対外試合にも対応できる本格型グラウンド。 人工芝を全面に敷いているため、ケガの心配が少なく運動に取り組めます。 体育の授業や体育会クラブの練習場として使用されており、ナイター設備も完備しています。 8食堂棟 全国の学生食堂人気ランキングで2位に選ばれたこともある学食。 昼食時以外の授業の合間や、レポートの打ち合わせで利用する学生も多いです。

次の