総武 線 運行。 中央線・総武線(各駅停車)運用情報

横須賀・総武快速線

総武 線 運行

JR東日本の横須賀線・総武快速線用車両E235系が8日、電気機関車EF64形に牽引され、高崎線を大宮方面へ走行した。 同車両は2020年度から順次落成予定とされ、11両編成を51編成、4両編成を46編成、合計745両を新造すると発表されていた。 横須賀線・総武快速線用の車両として新造されたE235系 E235系は次期通勤型車両のスタンダードとなるべく、列車情報管理装置「INTEROS」などの新規技術を導入し、エネルギーコスト低減・メンテナンス低減を実現するとともに、首都圏の通勤・通学輸送におけるサービス向上と安全性向上を図る。 すでに導入が完了した山手線に続き、今後は横須賀線・総武快速線用の車両が新造・投入される予定となっており、この日はグリーン車を2両連結した11両編成のE235系がEF64形1030号機に牽引され、大宮方面へ向かった。 横須賀線・総武快速線用のE235系は、既存のE217系でも使用される「横須賀色」 青色・クリーム色 を継承しつつ、車体前面は山手線のE235系にも共通するグラデーションを用いたカラーリングに。 普通車の車内はロングシートとし、E217系と比べて座席幅を拡大するほか、ドア上部・荷棚上部・妻部にデジタルサイネージも設置する。 グリーン車は各座席にコンセントを設け、無料Wi-Fiサービスも提供するという。 電気機関車EF64形1030号機に牽引され、高崎線を走行• 11両編成のうち2両がグリーン車となる この車両は横須賀線 東京~久里浜間 ・総武快速線 東京~千葉間 をはじめ、外房線 千葉~上総一ノ宮間 ・内房線 蘇我~君津間 ・総武本線 千葉~成東間 ・成田線 佐倉~香取間・成田~成田空港間 ・鹿島線 香取~鹿島神宮間 での運用も予定されている。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

【総武本線・成田線・鹿島線】の「路線図・時刻表・運行状況(遅延)」と「料金(運賃)・定期」

総武 線 運行

JR新宿駅に停車する都内の大動脈である山手線。 この山手線が新宿駅から多くの人達を都内各所へと運んでいる環状線を割るように走っているのが中央線と総武線だ。 中央線と総武線は都内を横断するだけでなく、山手線の外へ東西に伸びて都市部まで行く為の足として重要な役割を持っている。 今や中央線と総武線は山手線と同じ位、都内の重要な交通手段となっていると言えるだろう。 しかし中央線と総武線は間違えるとと降りようと思っていた駅で降りれなかったり、まったく違う路線に行ってしまうこともある。 都内の電車に慣れていな人であれば尚更だろう。 今回はそんな中央線と総武線の違いについて解説していくとしよう。 スポンサード リンク• 1.中央線と総武線の違い まずは中央線と総武線について軽く触れておこう。 中央線は正式名称「中央線快速電車」というもので、東京から立川、八王子、高尾へと伸びている都内を代表する路線だ。 「真ん中通るは中央線」という某電器屋の歌詞「中央線」というのはこの路線の事を指している。 快速とついているが、中野より西側は基本的には各駅停車だ。 銀色の車両にオレンジのラインが入っているこの車両を利用しているという都内在住の人は多いことだろう。 なお「中央本線」という山梨県と長野県を通って、最終的には愛知県へと伸びている路線もあるが、こちらは基本的に特急なので今回は割愛させてもらう。 次に総武線こと「中央総武各駅停車」。 こちらは東のほうに伸びていて、千葉県の銚子のほうから船橋や両国を通って御茶ノ水で中央線に合流し、三鷹まで続いている路線だ。 中央線と同じく銀色の車両ではあるが、こちらは黄色いラインが車体に入っている。 この二つの路線は伸びている方向こそ違うが、三鷹駅から御茶ノ水駅までは運行区間が被っている。 駅によっては階段を上ったりすることもなく互いの路線に乗り換えることも可能だ。 ちなみに、御茶ノ水から新宿までかかる時間は中央線と総武線で1分しか変わらない。 三鷹から新宿までは乗り換えがなければ3分程度の差だ。 そんなに急いでいるというわけでないのであれば、どちらの路線に乗っても大差はないので、覚えておくといいだろう。 今この記事を読んでいる人の中にはもしかしたら「東京オリンピックをメインスタジアムで見たい」と思っている人もいるかもしれない。 メインスタジアムである新国立競技場は大江戸線の国立競技場駅が一番近いが、JRの千駄ケ谷駅からでも行くことができる。 千駄ケ谷駅は新宿駅から総武線で2駅行ったところだ。 この千駄ケ谷駅には総武線は止まるのだが、中央線は止まらない。 路線図などで見ると、総武線と中央線は御茶ノ水まで同じエリアを走っているため中央線も止まると勘違いする人もいるかもしれない。 だが現実は逆で、総武線が各駅に止まるのに対して中央線の場合新宿より先は四谷と分岐点である御茶ノ水にしか止まらない。 つまり、中央線ではオリンピックの会場には行けないのだ。 また今回オリンピックの会場にはなっていないが、東京ドームの最寄り駅である水道橋駅も中央線は止まらない。 誤って中央線に乗ると、窓の外に見える東京ドームに見送られることになる。 東京ドームやそのそばにあるプリズムホールでのイベントに参加する遠征民は覚えておくといいだろう。 3.特別快速と休日の停車駅にはご注意! 中央線で気をつけなければいけないポイントは他にもある。 その一つが「特別快速」の存在だ。 中央線には特別快速として、高尾方面へと向かう「中央特快」と青梅方面へ向かう「青梅特快」、そして「通勤特快」というものがあるが、特に注意してほしいのは「中央特快」と「青梅特快」だ。 この2つの特別快速は行き先の分かれる立川まで行く間に、国立、西国分寺、武蔵小金井、東小金井、武蔵境、吉祥寺、西荻窪、阿佐ヶ谷、高円寺といった駅を通過する。 立川から先は各駅停車なのは変わらない。 つまり特別快速に乗っていて中野駅で寝過ごすと、三鷹駅まで行かないと戻れないのだ。 そして注意すべきこととして、この中央特快は車両の外見も普段使う電車と何ら違いはない。 変わっているところをしいてあげるとしたら、行き先などの電光表示板くらいだ。 気付かずに別のものに乗ってしまっているという事が十分に有り得ることなので乗る前にはちゃんと確認しておいた方がいい。 また中央線は休日ダイヤで運行されている時も注意が必要だ。 休日ダイヤの時、中央線は平日であれば停車する西荻窪、阿佐ヶ谷、高円寺を通過してしまう。 平日ダイヤの感覚で乗っていると、これらの駅を通り過ぎてしまうので気をつけてほしい。 総武線では東京駅には行けない! これまでの説明から、中央線の各駅停車が黄色い色の総武線であると考えるのは半分正しい理解であるといえるかもしれない。 だが、残りの半分は間違いだ。 先も述べたように、中央線と総武線は三鷹駅から御茶ノ水駅までが共通区間だ。 そして御茶ノ水駅からは行き先がまったく異なる。 中央線の場合はこの後神田駅に止まって東京駅へと行くが、総武線は秋葉原、両国へと行ってしまい、そのまま千葉県へと行ってしまう。 総武線に乗っているときに東京駅へと行きたい場合は、必ず御茶ノ水駅で乗り換えるようにしないといけない。 スポンサード リンク まとめ というわけで今回は都内に来たばかりの人が間違えやすい中央線と総武線の違いについてまとめたがいかがだっただろうか。 新宿駅の場合、中央線と総武線のホームは同じという事はない。 なので、上がる場所を間違えなければ乗る電車に間違えるという事はないはずだ。 ちなみに中央線の東京方面は7番線8番線、青梅・高尾方面は11番線12番線だ。 対して、総武線の総武線の御茶ノ水・千葉方面は13番線、中野・三鷹方面は16番線だ。 中央線の東京方面行きだけ少し場所が離れているので注意してほしい。

次の

中央・総武緩行線

総武 線 運行

JR東日本の横須賀線・総武快速線用車両E235系が8日、電気機関車EF64形に牽引され、高崎線を大宮方面へ走行した。 同車両は2020年度から順次落成予定とされ、11両編成を51編成、4両編成を46編成、合計745両を新造すると発表されていた。 横須賀線・総武快速線用の車両として新造されたE235系 E235系は次期通勤型車両のスタンダードとなるべく、列車情報管理装置「INTEROS」などの新規技術を導入し、エネルギーコスト低減・メンテナンス低減を実現するとともに、首都圏の通勤・通学輸送におけるサービス向上と安全性向上を図る。 すでに導入が完了した山手線に続き、今後は横須賀線・総武快速線用の車両が新造・投入される予定となっており、この日はグリーン車を2両連結した11両編成のE235系がEF64形1030号機に牽引され、大宮方面へ向かった。 横須賀線・総武快速線用のE235系は、既存のE217系でも使用される「横須賀色」 青色・クリーム色 を継承しつつ、車体前面は山手線のE235系にも共通するグラデーションを用いたカラーリングに。 普通車の車内はロングシートとし、E217系と比べて座席幅を拡大するほか、ドア上部・荷棚上部・妻部にデジタルサイネージも設置する。 グリーン車は各座席にコンセントを設け、無料Wi-Fiサービスも提供するという。 電気機関車EF64形1030号機に牽引され、高崎線を走行• 11両編成のうち2両がグリーン車となる この車両は横須賀線 東京~久里浜間 ・総武快速線 東京~千葉間 をはじめ、外房線 千葉~上総一ノ宮間 ・内房線 蘇我~君津間 ・総武本線 千葉~成東間 ・成田線 佐倉~香取間・成田~成田空港間 ・鹿島線 香取~鹿島神宮間 での運用も予定されている。 予めご了承ください。 関連記事•

次の