茶色ニットカーディガン コーデ。 【2020最新】茶色で大人っぽ♡『ロングカーディガン』季節別コーデ28選

茶色ニットコーデ11選|今買うなら、着回しやすいチョコ・モカ・キャラメルがおすすめ

茶色ニットカーディガン コーデ

ゆったりとしたドルマンニットにフレアスカート。 一見かわいいようで、ときに野暮ったく見えてしまいがちなコーディネートだけど、腰周りの引き締め感と縦の落ち感が秀逸なこのフレアなら問題なし。 ローゲージニットとスカーフの組み合わせは、ニットのカジュアルなムードを壊さないよう、エレガントなスカーフの主張は控えめに。 締め色のネイビーを首に巻いてちらりとのぞかせるなど、スカーフを徹底的に脇役にするのが鍵。 結び目の位置を前にずらして、収まりのいいポイントを見つけ、こなれ感をアピールするのを忘れずに。 [Domani11月号 69ページ] スカーフ¥16,000(アルアバイル〈マニプリ〉) ニット¥28,000(FUNInc. ショコラのように濃厚なブラウンが大人ピンクにぴったり!大きなラペルのジャケットやワンハンドルバッグといったクラシックなアイテムも、優しい配色だから堅くならない。 [Domani11月号 56ページ] 〝カバナ〟のジャケット¥89,000・〝アンボワーズ〟のベルト¥12,000/参考価格(アマン) ニット¥28,000(アングローバル〈イレーヴ〉) パンツ¥26,000(シップス 原宿店〈ラブ アワー デイズ〉) サングラス¥51,500(マイキータ ジャパン〈マイキータ〉) バングル¥2,100(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉) 8連リング¥42,000(H. コーヒーブラウンのトップスにオフ白のニットスカートを合わせたスタイリングは、それだけで小粋で華やか。 トップスはしっかりとハリのあるミラノリブ、スカートはしなやかな質感なので、ニットonニットでも間延び知らず。 [Domani11月号 44ページ] ニット¥19,000(スタニングルアー 青山店〈スタニングルアー〉) スカート¥38,000(ボウルズ〈ハイク〉) ストール¥49,000(CPR TOKYO〈ガシュロウ アンド コール〉) バングル¥15,000(goldie H. さらにカゴバッグで王道なスタイリングに。 襟ぐりの広さを利用して、白いタンクトップで抜け感を演出。 バッグもブラウントーンのチェック柄を選び、あくまでもなじませるスタイリングに。 落ち着いた印象でありながら、華やかさも漂わせる深いロイヤルブルーのコート。 上質ウールを贅沢に用いたコクーンシルエットの1着は、シンプルなハイネックニットとチェックのタイトスカートを合わせた旬のブリティッシュな装いとも好相性。 すぐに優雅さをまとった大人のトレンドスタイルが完成。 コーデュロイ素材のタイトスカートは、チアフルなオレンジ。 チョコレートブラウンのモヘアカーディガンやココアブラウンのカットソーなど、丸みのあるブラウンと合わせて、包容力のある着こなしに。 レースアップシャツでマリンテイストをさりげなく演出して。 [Domani2月号 43ページ] 〝アルダニー〟のカーディガン¥22,000・〝ウィム ガゼット〟のシャツ¥16,000(ウィム ガゼット 丸の内店) カマーバンド付きパンツ¥8,800(ミラ オーウェン ルミネ新宿2店〈ミラ オーウェン〉) リング¥90,000(アイワ〈カラットアー〉) 〝マルコ ビアンキーニ〟のバッグ¥16,000・〝ファビオ ルスコーニ〟の靴¥29,000(ELENDEEK).

次の

【2020最新】茶色で大人っぽ♡『ロングカーディガン』季節別コーデ28選

茶色ニットカーディガン コーデ

contents• 茶色のカーディガンのレディースコーデ! 「定番アイテムのカーディガンを可愛らしくお洒落にコーデしたい!」 「どのスタイルにも合わせやすい茶色のカーディガンのレディースコーデを知りたい!」 そんな疑問にお応えすべく、 茶色のカーディガンのレディースコーデを紹介していきます。 ぜひ参考にしてみてくださいね。 jp ざっくりとした白のロングシャツとスリムな黒レギパンで、清楚なリラックスカジュアルです。 そこにやロングの茶色のカーディガンでナチュラルな雰囲気ですね。 白と黒の定番スタイリッシュカラーの組み合わせなので、 茶色が入る事で一気にナチュルなスタイルになっています。 リラックスモード溢れる、茶色のカーディガンのレディースコーデです。 jp エレガントな花柄の黒シャツマキシ丈ワンピースと黒ベレー帽子でクラシカルなコーデです。 黒の花柄ワンピースだけだと、セレブ感の強いコーデになってしまうので、茶色のブラウンが程度なカジュアルさを演出できています。 クラシカルな雰囲気の茶色のカーディガンのレディースコーデです。 jp こちらは ロング丈の茶色のカーディガンを、 ワンピースの様に着こなしています。 カーディガンとデニムパンツではシンプルな組み合わせですが、黒のベルト、黒のブーツでしっかりメリハリをつける事でワンランク上に仕上げています。 またデニムはロールアップをする事で、ワンピース風に着こなしたカーディガンを重さをうまくやわらげ、やわらかい印象にしているのもポイントですね。 jp 白Tシャツに合わせたGジャンとダメージ感がある黒ジーンズで、メリハリ感あるカジュアルコーデです。 優しい茶色のカーディガンを合わせる事で、可愛いボーイッシュスタイルに! デニムに黒スキニーの定番コーデも、 茶色のカーディガンを合わせるだけでレディースらしいやわらかい印象になります。 普段から使うコーデの方も多いと思いますので、ぜひデニム+黒スキニーに茶色のカーディガンをプラスしてみてください。 jp 黒色のニットワンピースとスムース素材の黒いブーティで上品なカジュアルコーデです。 ショート丈の茶色のカーディガンは色鮮やかなカラーをもってきて、トレンド感を演出しています。 全体的にバランスがいい茶色のカーディガンのレディースコーデです。 jp ベーシックな黒のTシャツと細身の白デニムパンツでキレイめカジュアルです。 ロング丈の茶色のカーディガンを合わせて、スリムなシルエットをキープしています。 上品なキレイめスタイルに仕上げた、茶色のカーディガンのレディースコーデです。 jp ニット素材の茶色のタンクトップとインティゴブルーのデニムパンツに、タンクトップとお揃いの茶色カーディガンでアンサブルスタイルに仕上げています。 少し秋っぽい色合いですが、足元に 白のパンプスを合わせる事で、一気に明るさがまし、春でも十分に着こなしができますね。 落ち着いた大人の春のカジュアルコーデです。 jp ふんわり清潔感ある白シフォンブラウスとダメージ加工をほどこしたジーンズに、茶色のカーディガンを羽織りストレートなシルエットに仕上げています。 大人カジュアルな茶色のカーディガンのレディースコーデです。 jp やわらかな白のタック入りパンツとダブルストラップサンダルで、季節感のある大人スタイルです。 細身の茶色のカーディガンを合わせる事で、レディースらしいシルエットをキープできます。 高級感があるセレブリティレディースコーデが完成です。 jp 優しげな白のニットにダメージ加工を施したジーンズとスニーカーで、ボーイッシュカジュアルです。 jp 黒地に白のボーダーTシャツとカーキのジョガーパンツで、深みのある大人スタイルです。 茶色のカーディガンはロング丈で、大人シルエットを加えています。 カジュアルの中にもセンスが光る、茶色のカーディガンのレディースコーデです。

次の

【2020最新】茶色で大人っぽ♡『ロングカーディガン』季節別コーデ28選

茶色ニットカーディガン コーデ

ニット(アストラット 新宿店〈アストラット〉)、スカート(ebure)、スカーフ・時計・レザーブレスレット・エナメルバングル・バッグ(エルメスジャポン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious1月号』小学館、2020年 チョコブラウンが醸す上品なこなれ感は、カジュアルスタイルの更新にも効果的。 たとえば、ファーのような風合いのニットと艶やかなレザーのスカートをワントーンにしても重く見えず、質感のメリハリがリッチな女らしさを演出。 さらに襟元のスカーフやバングル、バッグ、靴…とネイビーをちりばめることで、着こなし全体に動きが生まれて。 カフェでくつろぐ姿にいきいきとした個性が香ります。 ダークブラウンでシャープにまとめたインナーに、グレージュのロングカーディガンが自然体のこなれ感を与えて。 斜めがけにしたセージグリーンのバッグで、女らしい抜け感も意識して。 上半身のボリュームが重く見えないように、軽やかなダスティピンクの足首見せパンツをコーディネート。 温かみのある色調で統一すれば、パンツが浮くことなく颯爽とした知的スタイルが完成。 ニットの色に合わせたレザーのビッグバッグの上品な艶感が、着こなしの印象を引き締めるポイントです。 寂しくなりがちなビターチョコ色のシンプルな着こなしを、アイスグレーのムートンコートでボリュームアップ。 透明感のある華やぎが好印象の決め手に。 エアリーなプリントスカートを楽しむ日こそ、ほんの少しハードなテイストのライダースブルゾンで、おしゃれの掛け算を。 Cowichan〉)、タートルニット・スカート(アパルトモン 青山店〈アパルトモン〉)、ピアス・バングル(アガット)、ペンダント(プレインピープル丸の内〈レナール・ビジュー〉)、靴(ビルケンシュトック・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious2月号』小学館、2019年 カナダを発祥の地とするカウチンニットは、朴訥な表面感とエスニックな柄が印象的。 ローゲージのタートルネックニットとマキシスカートという全身を、シックなブラウンで統一すれば、余裕を感じさせる遊び着に。 マキシスカートとの優雅なバランス感も見逃せません。 ファーが味わい深い艶を添える、こくのある色味のグレージュカーディガンは、ざっくりとした編み方も含めて、とても今年らしいアイテムのひとつです。 ブラウンは最近のトレンド色でもあるので、こげ茶のニットでよりシックな配色に。 手元の美しいグレージュウォッチで、繊細なセンスを感じさせましょう。

次の