氷川 きよし ジェンダー レス。 氷川きよしがジェンダーレス化でオネエに?自殺を考えるほど苦しんだ過去

氷川きよしはジェンダーレス!【フライデー】彼氏・松村雄基との熱愛発覚も!|ゆきのひとり言

氷川 きよし ジェンダー レス

雑感 2019. 19 2019. 23 niconews55 氷川きよしは性同一性障害ではなく「ジェンダーレス男子」解放の理由やファンの反応についても デビュー20周年を機に「新生・氷川きよし」を宣言しファンらから「キー kii 」と呼ばれるようになった氷川さん。 手入れの行き届いた肌、メイク、コーディネートから垣間見えるストイックな美しさへの注目は増え続けており、すでに性別や世代を超えて「かっこよく、美しい」と憧れられる存在として進化し続けています。 そんな氷川さんの変化は「性同一性障害」「ジェンダーレス男子」といった言葉で表現されることもあるものの、その定義には違いもあります。 氷川さんが自身を解放する前に「抵抗を感じてきた」内面と、解放のきっかけについてをまとめました。 一方で、これまで女性らしさだと認識されていた「綺麗でいること」「おしゃれを楽しむこと」といった 性差の垣根を超えた自由なスタイルを表す言葉に「ジェンダーレス男子」があります。 タレントやモデルで例える場合、「りゅうちぇる」や「りゅうたろう」らが該当。 一言で言えば「性別なんて関係ない。 自由に、思うままのスタイルを貫く」という点で共通しています。 「新生・氷川きよし」解放の理由は? 氷川さんが本来の自分を解放した背景には、母親の言葉があったと言います。 「母が『好きなように生きなさい』って言ってくれたんです。 『自分の人生なんだから、あなたの好きなように生きなきゃ』って。 子どものころから『きーちゃん』って呼んで、ずっと見ていてくれたから、一人で東京に出て、芸能界で頑張っている姿を見て心配していたんでしょうね。 母の励ましはすごく嬉しかったです」 出典: 演歌歌手の型に自分を当てはめてきたものの、「ありのままの自分」を伝えることは20年間応援し続けてくれたファンに対しての愛でもあり、ファンも喜んでくれるのではと考えたためでもあると言います。 自分の可能性を信じて、解放してみよう。 〝演歌歌手〟をやめるわけじゃない。 あらゆる可能性、シーンの中で演歌も歌う。 ジャンルやカテゴリーに関係なく人間・氷川きよし、歌手・氷川きよしでありたいし、それをきっとファンの皆さんも喜んでくださるんじゃないかと思ったんです」 出典: 抑圧の時代があった 幼少期から女の子らしさがあったという氷川さん。 いじめを経験して、自分を抑えてきた過去があったことが報じられており、演歌に関しても ファンが喜ぶ自分像の維持に努めてきたことが告白されています。 「男らしく」「演歌はこう」といった型にはめられることは氷川さんにとっては「自死」を考えるほだどのこと。 20周年を迎え自分を信じ解放することができたことで、ようやくその苦節の期間を世間が知るところとなりました。 小さい頃は、ナヨっとして女の子っぽかったから、よく「オンナ!」とか「オカマ!」ってイジメられて苦労したこともあった。 ・・だからデビューさせていただいてからも、演歌の世界で、男の世界で生きていこうとやってきた けれど、なにか違うと思っていて……。 私には私の生き方があるし、みんなはみんなの生き方がある、それでいいんじゃないかって。 お客様がいてくださっての氷川きよしですから、お客様がよろこぶ自分でありたいとずっと思ってきました。 出典:.

次の

氷川きよしのジェンダーレスはいつから?ボヘミアン・ラプソディでカミングアウト

氷川 きよし ジェンダー レス

もともとの氷川きよしさんといえば、この画像のとおり、きりっとしたイケメン男性の容姿でした。 ルックスと歌唱力で、演歌界のプリンスと呼ばれ、おばさま方に大人気になりましたね。 そんな氷川きよしさんが、デビュー20周年を迎え、変化の時を迎えています。 メイクで中性的な見た目にしたり、服装も中性的になっています。 もともと顔立ちは中性的な顔立ちではありましたが、CDジャケットでは男性らしい表情をしていたものが多かったため、 そのギャップに世間を驚かせているようです。 特に注目を浴びたのが2019年8月の始球式に登場した時です。 氷川きよしさんはホットパンツ姿のユニフォームで美しい生足を大胆に露出し、 会場を驚かせました。 また、テレビ出演した際に、自分のことを「あたし」と呼び、大反響となったこともあります。 『週刊新潮』の2019年12月19日号のインタビューでは、 ご自身の変化について以下のように語っています。 「やっぱりデビューして20年経ったことが大きい。 自分の中で、10年じゃまだ生意気だけど、20年でようやく歌手として成人を迎えたような感じがしてきて。 これまでは、本当の自分を出さないように、出さないように生きてきた。 女性っぽさとか透明感とか、美について自分は色々な見せ方を持っていても、 出しちゃダメと思いながら、精一杯頑張ってきた。 けれど、素直な気持ちを言わず生きてきたって思いも募って……。 」 「みんなが求める「氷川きよし」に徹してきたけど、40歳を過ぎて、人としてもっと表現の幅を広げたいという気持ち。 そもそも演歌というのは様式美、つまり、こうあるべきという型がある。 日本独特の素晴らしい音楽だけれど、その中に収まらない「自分の性分」というものもあって」 ー『週刊新潮』の2019年12月19日号よりー 小さいころから、女の子らしいところをからかわれたり、芸能界に入ってからも男らしさを期待され、 自然体の自分を出すことができなかったようです。 確かに演歌界って、男性と女性ではっきり見た目が分かれてますよね。 これまで当たり前のように見ていたテレビの中の世界ですが、 そんな私たちの目線も、知らないうちに男らしさ、女らしさという価値観を求めていたのかもしれません。 演歌というジャンルにとらわれず、日本ではまだ一般的である、「男性と女性」という性のジャンルにもとらわれず、 氷川きよしさんは新たな表現をする生き方をすることを決めたのです。 氷川きよしさんはオネエなの? 女性のようにも見える美しい姿を披露している氷川きよしさん、 ネットでは、氷川きよしさんはオネエになった? という噂が目立ちました。 「オネエ」として一般的に想像されるのは、 マツコ・デラックスさんやミッツマングローブさんなど、 生物学的な特徴は男性の人が、女性らしさを強調したメイクやファッションを着こなし、 言葉遣いやしぐさも特に女性らしさを意識した表現をする人たちですね。 マツコ・デラックスさんやミッツマングローブさんが、 商業的なキャラクターとして「オネエ」を演じているのか、実際の自然な自己表現として「オネエ」なのかはわかりませんが、 氷川きよしさんは、自然な自己表現をした結果、一部の人からはオネエというジャンルに位置づけられた、ということなのでしょう。 氷川きよしさんは、ご自身が「オネエ」だと思っているのでしょうか? 『週刊新潮』の2019年12月19日号のインタビューで氷川きよしさんは、 女性らしい容姿になり、きれいだと言われることに対しては、うれしいと語っています。 また、インスタではご自身のことを「kii」と表現しています。 おそらく、男性らしさを前面に出すことは避けたいのかもしれませんね。 では、氷川きよしさんはゲイなのでしょうか? 以前、男性との2ショット写真が流出し、 ゲイなのかという噂が流れたことがありました。 ちなみに、オネエ=ゲイというわけではありません。 「オネエ」は生物学的に男性の人が女性らしさを強調した自己表現をする人であり、自己表現のジャンルのひとつです。 一方で、ゲイは自分が認識している性別と同じ性別の人に魅力を感じる人のことであり、自己表現がどうであれ、 自身を男性と認識している人が、男性にのみ魅力を感じるのであれば、ゲイということになります。 「オネエ」の見た目をしていても、自身を男性と思っている人もいれば、女性と思っている人もいますので、 オネエ=ゲイではないということなのです。 さて、そこで氷川きよしさんについてですが、 インスタグラムや氷川きよしさんのインタビューを見ていると、 おそらくご自身のことを男性、女性という二元論のどちらかに当てはめることをしたくないのではないでしょうか? 日本ではまだ、男性か女性かどちらかという認識が一般的に残っていますが、 性別というのはグラデーションのようなもので、女性らしい男性もいれば、 男性らしい女性もいて、女性でも男性でもない人もいるという認識が世界では徐々に広まっているようです。 もし氷川きよしさんが、ご自身のことを男性とも女性とも認識していないのであれば、 そもそも同性、異性という概念がないわけですから、「ゲイ 同性愛 」なのか「ノンケ 異性愛 」なのかという議論も ナンセンスなものになります。 氷川きよしさんはご自身のインスタで、以下のようにつづっています。 また、インスタのフォロワー10万人超えというのも、 自然体の氷川きよしさんを表現することで、これまでとは違う新たなファン層を獲得しているからということもあるようです。 また、氷川きよしさんの事務所の社長も、 「きーちゃんらしく生きていった方がいい」と言っていたそうで、 支援してくれているみたいですね。 まだまだジェンダーレスには生きにくさが残る日本で、 勇気を出して自然体を表現し始めた氷川きよしさん。 これまでと変わらず、ファンに対して真摯に向き合う姿が、多くの人から賛同を得る理由なのかもしれません。 今後の氷川きよしさんの活躍にも注目したいです!

次の

氷川きよしがジェンダーレス宣言まとめ!美脚やメイクが綺麗で衝撃的!

氷川 きよし ジェンダー レス

氷川きよしはジェンダーレス! 今さらなんだけど、年末の紅白できーちゃん見なかったこと後悔してる。 きーちゃんの今後の動向が気になるわ。 「オンナ!」とか「オカマ!」といじめられていたこともあったそうなんですが、今になってようやく本来の姿を出すことができた・・ということなんですね。 」と話しています。 確かに、「ジェンダーレス」という言葉がしっくりくるような、そんな写真になっていますよね。 「男らしく生きて欲しいと言われると自殺したくなっちゃう」 氷川きよしさんのお話の中には、こんなドキッとしてしまうような言葉もありました。 「きよしくんとはさよなら」 様々な葛藤はあったようですが、デビューから20年経った今、ようやく本来の自分を出して楽しく歌うことができるようになったそうですよ。 所属事務所の社長さんは海外で生活していたこともあるとても寛容な方だそうで、「きーちゃんらしく生きていった方がいいね」と受け入れてくれたそうです。 本当の自分の姿でいたくても、事務所の方に反対されてしまってはどうにもなりません。 ですが、氷川きよしさんの事務所の社長さんは、すんなり理解を示してくれたということで、本当に氷川きよしさんのことを考えてあげているだなぁということが分かります。 「きーちゃんらしく。 きよしくんとはさよなら。 」 これからは自分らしく頑張っていこうと決めて、こんなふうにコメントもしていましたよ。 氷川きよしさんファンの女性たちだけではなく、多くの人たちから「めちゃくちゃきれいになった!」と絶賛されていますよね。 その理由とは、いったい何なのでしょうか? デビュー当時からのメイクの変化 デビュー当時から現在までのメイクは、かなり大きく変化していますよね。 初めは男性らしい姿だったため、あまり目立ったポイントメイクをしている感じはありませんでした。 ですが、ここ最近の氷川きよしさんのメイクはかなり女性らしい感じのもので、 アイメイクやリップメイクもばっちりという感じですよね! 女性らしい今の雰囲気にぴったりな、艶っぽいメイクになっています。 顔は整形している? あまりにも雰囲気が変わってしまったので、一部では「整形したの!?」などと言われたりもしていますよね。 本人が整形したと話しているわけではないので本当のところはわかりませんが、昔に比べて多少二重幅に変化があったように感じますが、年齢によるものという可能性もあります。 メイクでガラッと変わってしまうこともあるので、整形ではないのかもしれませんね。 顔を変えた理由は? このように、デビュー当時と比べて氷川きよしさんの顔が変化しているのは、やはり「きよしくんとはさよなら」という気持ちの表れなんでしょうね。 本当の自分で生きていくためには、メイクで顔を変えるという必要があったのかもしれません。 名前:氷川きよし(ひかわきよし)• 生年月日:1977年9月6日• 年齢:42歳(2020年1月時点)• 身長:178㎝• 体重:62㎏• 血液型:A型 「箱根八里の半次郎」でデビューし、様々な賞を受賞。 たくさんのヒット曲がありますが、なかでも「きよしのズンドコ節」はとても有名ですよね! 紅白歌合戦は常連、その他にも映画やテレビドラマなどに出演したこともあります。 氷川きよしは性同一性障害? 男性として活動していた氷川きよしさんが女性らしくなったということで、性同一性障害なのではないか?という感じがしますよね。 ここの部分については氷川きよしさん本人からカミングアウトがあったわけではないので、確実な情報はわかりません。 ですが、 「年齢や性別なんて関係ない。 常にきれいでいたいし、ミステリアスでもありたい。 性別にとらわれることなく、自由にファッションなどを楽しみたいという感じなのでしょうね。

次の