お サイフケータイ pasmo。 【Android】かざして交通系ICカードや電子マネーを読み取る方法

「モバイルPASMO」2020年春サービス開始 Androidおサイフケータイで利用可能

お サイフケータイ pasmo

1月21日、突如「モバイルPASMO」が発表された。 出典:パスモ 鉄道・バス事業者などが出資する株式会社パスモは、首都圏共通ICカード「PASMO」のスマートフォン向けサービス「モバイルPASMO」の提供を2020年春にもスタートする。 1月21日の発表では、2020年3月初旬に詳細を公開するとしており、サービス開始時期や詳細については不明だが、以下の特徴について明らかにしている。 スマートフォン版も、カード版同様に電車やバスの乗り降り、買い物などが可能。 クレジットカードからのチャージや定期券の購入できる。 故障・紛失時などに窓口に行かなくても再発行が可能。 おサイフケータイ搭載のAndroid端末向けに提供される。 モバイルSuicaでは、「JR東日本以外の路線のみ」の定期券は取り扱えない。 出典:JR東日本 とくに首都圏の地下鉄や私鉄・バスの定期券購入者にとって、「モバイルPASMO」の登場は非常に大きな出来事だ。 モバイル向け交通系サービスと言えば、「モバイルSuica」が一般的だが、モバイルSuicaはJR東日本のサービスのため、JR東日本以外の路線の定期券は発行できなかった(乗り降りする駅にJR東日本の駅が含まれれば発行可能)。 モバイルPASMOで定期券を発行できる事業者はすでに公表されているが、対象の地下鉄や私鉄、バスだけを通勤や通学などに使う人は、PASMOを「モバイル化」できるというわけだ。 「iPhone」には非対応 「モバイルPASMO」が利用できない端末の代表例として、iPhoneがある。 撮影:小林優多郎 ただし、すべての「地下鉄や私鉄、バス利用者」がこの便利さを享受できるかと言えば違う。 それは「モバイルPASMO」がおサイフケータイ対応のAndroid端末のみに対応するからだ。 日本で多くの人が持つiPhoneおよびおサイフケータイ非搭載のAndroid端末では利用できない。 パスモは詳細について公表していないが、PASMOもほかの交通系ICカードもFeliCa技術をベースに開発されており、FeliCaチップを持つおサイフケータイ対応Androidスマートフォンに限定されるのは技術的に理解できる。 しかし、iPhoneも2016年発売の「iPhone 7」以降、FeliCaチップを搭載しており、Suicaや「iD」「QUICPay+」がApple Payを通して利用できる。 ハードウェア要件としては、PASMOも十分にiPhoneで利用できると思われる。 ただし、肝は「Apple Payを通して」という点だ。 Apple Payを経由するには、アップルが独自に定めるセキュリティや技術要件をクリアーする必要がある。 PASMOの意思決定をしているのは、株式会社パスモではなく、PASMO協議会だ。 出典:パスモ さらに、パスモは27の鉄道事業者および33のバス事業者が加盟する「PASMO協議会」からPASMOの運営開発を委託されている会社であり、あくまでPASMOの意思決定は、このPASMO協議会によるものだ。 予想の範囲になるが、規模や業態の違う会社がそろう協議会で、アプリ開発に伴うコスト負担や手数料の調整に時間がかかることは想像に難くない。 なお、PASMO協議会の広報担当者はBusiness Insider Japanの取材に対し、あらためて「 現状ではAndroidのみの対応。 iOSについては未定」と回答している。 キャッシュレスを取材する一記者として、スタートこそiPhone非対応という形になったものの、利便性の高まる今回の施策は大いに期待が高まる。 今後の動向に注目したい。

次の

【Android】モバイルSuica⇔モバイルPASMO。おサイフケータイの交通系ICカードのメインカードを切り替える方法 ≫ 使い方・方法まとめサイト

お サイフケータイ pasmo

首都圏の私鉄沿線住民など、一部利用者に朗報となる「モバイルPASMO」サービスが3月18日スタートした。 、基本的な導入方法から注意事項をのほか、まであるので、事前にそちらを参照してほしい。 本稿では注意ポイントや気になる点について少し触れる。 にもあるように、現行で対応機種となっているのはXperia 1/5/8、Android One S6、Pixel 4/XLの実質6機種のみ。 モバイルPASMOでは各機種の対応状況をType 1/2/3の3種類で区別しており、併存可能なものがType 1、モバイルPASMOまたはモバイルSuicaのいずれか1つを導入できるものがType 2、モバイルPASMO未対応のものがType 3となっている。 おサイフケータイに対応しているほとんどの機種はType 2またはType 3であり、「両端にJR区間を含まない通勤定期」のようにPASMOが必須なケースを除き、基本的にはモバイルSuicaをそのまま利用し続けることをお勧めする。 グレーアウトはなく、こちらではメインカード切り替えの切り替えも可能(画像提供:平澤寿康) 注意点の2つめは登録可能なクレジットカードだ。 記名式PASMOの利用時でもクレジットカードの登録は必須ではないが、端末上でオンラインチャージができなければモバイルPASMOを利用するメリットがほとんどないため、基本的にはクレジットカードを登録して利用することになる。 American Express、JCB、Mastercard、Visaのカードが一通り利用できるが、登録にあたっては本人確認サービスである「3Dセキュア」が必須。 これに対応していないカードはすべて弾かれるため注意したい。 また、サービス開始直後にはエラーが頻発して「登録がうまくいかない」という状況が続いたが、これはアクセス集中などの理由でサーバが正常動作していなかったことが原因とみられる。 もし3Dセキュアの認証に失敗したといったケースでは、それに応じたエラーメッセージが出るので、もしエラーが続けて出てうまくいかないというときは時間を空けてやり直すといいだろう。 なお、「1円オーソリ」と呼ばれるカードの有効性をチェックする仕組みが登録時に動作するようなので、カードが事故で止まらないように注意したい このほか、クレジットカードを使わないチャージ方法として、駅の券売機やコンビニなどを活用することもできる。 現金チャージのみとなるが、JR東日本のチャージ専用端末でも問題なくモバイルPASMOのチャージが行えるので有効活用してほしい。 ヘルプページなど、随所にその名残はみられ、モバイルPASMO for AndroidのベースになっているのがモバイルSuica for iOSであることがわかる。 複数の情報源によれば、モバイルPASMOはPASMO協議会のメンバーの中のある大手1社が持ち出しの形でJR東日本に対してライセンス料を払い、モバイルアプリやバックエンドなど各種リソースを借り受ける形で実現したものだという。 2年半前にで、筆者は「政治的」「技術的」の2つの導入ハードルがあることに触れた。 政治的な課題とは「数億といわれるモバイル利用にあたって必要なライセンス料の支払いを、複数社の寄り合い所帯であるPASMO協議会が負担の分担についてどのように合議するのか」という問題であり、これを特定1社がほぼ肩代わりする形でモバイルPASMO導入を押し切ったというのが実情のようだ。 また、「モバイルSuica for iOSとモバイルPASMO for Android」が似ているというのも、単純に今回のベースとなっているのがモバイルSuicaアプリであり、ある意味で当然の話だ。 両者が酷似していることがわかる モバイルPASMO導入を押し切った特定1社のおかげで政治的問題は解決できたが、技術的問題は残る。 技術的課題とは「SuicaとPASMOでシステムコード(0003)の重複」「内部メモリの領域不足」の2つであり、特に前者はリーダーにカードを認識させるうえで問題となる。 技術的詳細は現時点で不明だが、今回のケースでは「メインカード」という概念を持ち出す形で表に出てくるカードをモバイルSuicaまたはモバイルPASMOのいずれかで切り替える方式を採用しており、そのために「おサイフケータイ」アプリの存在がなくてはならないものとなっている。 iPhoneのApple PayにおけるWalletアプリの役割をおサイフケータイアプリに持たせた形だが、少なくともこれでシステムコード重複問題は回避された。 次の問題が「内部メモリの領域不足」だ。 こちらはまだ推測でしかないが、既存の多くのおサイフケータイ対応機種では交通系ICカードは「モバイルSuica」のみの利用を想定しており、セキュア領域に別のアプリケーションが入ってくることを想定していない。 そのため、内部的に余裕を作ってある最新機種でない限り対応が追いついていないという考えだ。 このあたりをきちんと検証したいものの、Type 2の機種ではFeliCaのストレージ利用状況をおサイフケータイアプリから確認できるのに対し、Type 1のXperia 1やPixel 4でこの情報を見ると何も表示されない。 おそらくは、この「領域」に関する閾値がType 1とType 2を分ける分岐条件の1つになっていると筆者は推測する。 このあたり、もう少し状況が分かりしだい改めてレポートしたい。

次の

「モバイルPASMO」2020年春サービス開始 Androidおサイフケータイで利用可能

お サイフケータイ pasmo

3月18日から「モバイルPASMO」が始まり、地下鉄の駅などには広告が掲示されるようになった。 撮影:小林優多郎 鉄道・バス事業者などが出資する株式会社パスモは3月18日に、スマートフォン向けサービス「モバイルPASMO」の提供を開始した。 スマートフォンの交通系電子マネーは、JR東日本の「モバイルSuica」が独占していたが、モバイルPASMOの登場により、ユーザーには第2の選択肢が生まれた。 今までモバイルSuicaでは発行不可だった「私鉄やバスのみの区間」などの定期券もスマホの中に入ることになる。 そんな突如現れたモバイルPASMOだが、どんな特徴や注意すべきポイントがあるのか。 7つのポイントにまとめてみた。 モバイルPASMOが使えるスマホはどれ? 一部端末では、モバイルPASMOもモバイルSuicaが共存できる。 撮影:小林優多郎 既にモバイルSuicaを利用している場合は、対応端末であっても、モバイルPASMOを利用できないケースがある。 上記以外の端末でモバイルSuicaが発行されている場合、モバイルPASMOの発行にはモバイルSuicaの退会・削除(アプリをアンインストールするだけではだめ)が必要だ。 モバイルPASMOの「記名PASMO」であれば、クレジットカードでチャージ可能。 モバイルPASMOは一部券売機での現金チャージとアプリ内でのチャージに対応。 アプリ内チャージではVisa、JCB、Mastercard、American Expressの4ブランドのクレジットカードが利用できる。 例外としては、各ブランドの本人認証サービス(3Dセキュア)に非対応のカードは利用できない。 例えばKyash Card Lite(旧Kyashリアルカード)のようなものが、それにあたる。 チャージは500円から1万円の間でチャージ可能(1000円以降は1000円単位で選択可能)。 チャージ上限は2万円だ。 「オートチャージ」はできるの? モバイルPASMOも物理PASMOと同じく、オートチャージ対応クレジットカードは限定的。 出典:PASMO 事前に設定した金額よりPASMOの残高が下回っている状態で対象の改札機で入出場したときに実行される「PASMOオートチャージ」サービスはモバイルPASMOでも利用可能だ。 しかし、物理カードのPASMOのオートチャージと同じく、オートチャージ可能なクレジットカードは前述の手動チャージのカードとは異なり、 PASMO協議会に参加する事業者の関連クレジットカードに限定される。 さらに、対象のクレジットカードがあればすぐ使えるわけではなく、申請後に審査がある。 モバイルPASMOホームページによると、審査結果は約3週間後にメールで届くので、「いますぐオートチャージを使う」ということはできない。 物理カードのPASMOからモバイルPASMOに移行できる?.

次の